ギャンブル好きの主人との離婚を考えるが、なかなか踏み切れず…

キムさんのご相談

以前、ギャンブルをする主人との今後について相談させていただきました。
コメントを下さりありがとうございます。
皆様の意見を聞かせていただきたく投稿しました。
あれから考え、悩んで実家に帰る方向に考えています。
でも子どもの事を一番に思い考えると決意ができなく悩んでいます。
離婚をすると子どもに辛い思いをさせ子どもが犠牲になるのではないかと思ったり、現在会話のほぼない状態なんですがそんな中仮面夫婦として子育てするのは良くないと思ったり。
答えがないのでなかなか決めれず毎日考えています。
私はこう言って子どもを言いわけにしてるんでしょうか。

主人とは実家に帰る方向で話をしています。
居てほしいと言われましたが、最近携帯料金高くなったと思えば手持ちのお金がないからとauウォレットカードで買い物をしていたり、主人の通帳に毎月入れる生命保険代を勝手に引き出していたりで金銭面などで何も改めてる所が見当たらないので考え直すのは難しく思ってます。


悩めるキムさんに
みなさまアドバイスお願いします!


カテゴリー: 夫婦, 子育て
スポンサーリンク

ギャンブル好きの主人との離婚を考えるが、なかなか踏み切れず… への15件のコメント

  1. たけやぶやけた より:

    前回も回答しています。

    大変お辛い状況だと思います。
    辛いのは手に入らないものを手に入れようとしているからだと思います。
    キムさんが手に入れたいのはギャンブルをしない、心を入れ替えた今の夫。
    きっぱりと断ち切ってあげるのも旦那さんのためになると思います。

    人は持ってなかったらあえて手に入れようとしないものでも、持っていると捨てるのが惜しく感じられるようです。
    旦那さん、結婚生活、執着を捨てることが肝要かと思います。

  2. ha より:

    こんにちは^^
    前回は「子供の為に離婚した方がいいですよね」と思われたのに、
    今回は「子供の為に離婚しない方がいいかも」となったのは、
    やはりお子さんの為ではなくて、ご自分が決断したくないからだけなのではないでしょうか?
    今のまま過ごしてたらご主人がギャンブルを辞めて平和な家庭が築ける、との
    希望的観測で、現実を見たくないのでは?
    前回のご自身のコメントで「私は子ども達の事を考えてる様で考えられてないのかなと思いました」とありましたが、今もそのままなんだなーと思いました。

  3. Aaron より:

    私も前回回答しました。
    そうですね、ご自分で決断が出来ないから、お子さんを理由にしていますね。
    でもそれもご自身でわかってますね。「でもでも、だって」はもうやめませんか?

    私は人生に一番必要なのは「一歩踏み出す勇気」だと思います。
    結婚した時にある程度見えていた未来から、全く予想できない方向に転換して一歩踏み出すのはとても勇気のいることです。怖いですよね。でもその勇気を出さなければ何も変わりません。今のまま方向転換をしないで、お子さんと一緒に暗闇を歩くくらいなら、方向を転換した方がいいと思いますけどね。

    思い切って、一歩を踏み出してください。
    何年か後には「あの時勇気を出して一歩踏み出してよかった」と思える日が来ますよ。

  4. はにー より:

    キムさん、こんにちは。
    ご相談覚えていますよ。私も回答させていただきましたが…。
    正直、まだそのままなの?と思ってしまいました。結婚までした仲ですから、良い時代もあったでしょう。でもそれは戻らないと思います。傷が深くなるだけじゃないかなと。ボロボロになって諦めつくまで食らいつくのもいいですが、お子さんがいれば話は別です。
    頭のどこかでは理解されているんですよね。それはわかります。人間は変化に弱い生き物です。たとえ虐待をされていたとしても、逃げて別の環境に行くのは非常にきついことなんです。ストレスもかかります。
    でも今決断しないと一生このままですよ。キムさんだけならどうぞ自己犠牲を思う存分発揮してくださいと言います。でもお子さんはどうなるでしょう。お子さんを施設に預けて、夫様と一生添い遂げる覚悟なら止めませんが。
    お子さんから父親を取り上げることになるのでは…と思われるのであれば、キムさんが父親役もやりましょう。ご実家や友人にその役割を託すも良しです。
    もう一度夫様と再婚することだってできます。色々な条件を付けて。それから復縁してもいいんですよ。本当に妻子が大事であれば夫様は性根を入れ替えるでしょう。
    踏ん張りどころですよ。女の意地、見せましょう!

  5. くりむ より:

    キムさん、はじめまして。

    わたしはギャンブル依存症の夫と離婚しましたが、子どもが小さなうちは可哀相だと思い、下の子が20歳になるのを待って離婚しました。待つ必要なんてなかったかな、と今は思っています。
    親の離婚は、子どもが大きくなってもいろんな意味で負担をかけてしまいます。子どもの結婚やその後に続く婚家関連の冠婚葬祭の席など、今でも随分子どもたちに気を使わせてしまっているようです。なので、子どもが小さくても大きくても辛い思いはさせてしまうということです。

    子どもたちはいずれ成長して巣立っていきます。そのときにパートナーとしてご主人と家計を共にして暮らしていけるか、ということだと思います。

  6. 小池 より:

    こんにちは。初めてコメントします。
    私の友人の話しですが……。

    私の友人のお父さんは、ギャンブル好きで、仕事はせず、お酒を飲んでは他所様と喧嘩して……友人の私物を勝手に売ってしまい……
    もう、呆れるや怒りを通り越して友人は面白おかしく話していました。

    ところが、数年前に突然、お母さまが脳梗塞で亡くなってしまい、問題のお父さんの世話を、友人がしています。
    それはそれは大変そうで、本当にかわいそうです。
    友人には言えませんが、お母さんがお父さんと離婚をしなかったことが、今の友人を苦しめているように思います。
    お父さんのことなんてほっとけばいいのに…と思ったりもしますが、警察や飲み屋から電話があれば、やはり友人が行くしかないわけで……

    キムさん、
    「子供の為に離婚しない」ということがいつでも正義なわけではありません。

    私自身もシングルマザーで育ち、めちゃくちゃ貧乏で不衛生な環境で大きくなりましたが、母を恨んだこともないし、今でも仲良しです。
    父がいなくても、貧乏でも、母がいつでも側にいてくれたことが私にとって幸せだったんだなぁって思います。
    頑張ってください!

  7. ゆう より:

    離婚てそんなにしてはいけない事ですか?
    キムさんが離婚せず旦那さんと一緒に居たければ居れば良い話です。悩む事も無いと思いますよ。
    子供の為って、子供が大きくなった時一番嫌がる言葉では無いですか。子供なんて、親が仲悪いのんか良く分かるし。
    本当に子供の事考えてくれたらなぁと思います。
    子供よりキムさんは自身が大事なのかもしれませんね。
    保身捨てないと。
    物凄い辛口で申し訳無いないけど、頑張って欲しい気持ちも有るのでごめんなさい(/ _ ; )

  8. みち より:

    キムさん、はじめまして。
    お悩み深いことと拝察致します。

    前回のご相談も拝見しました。
    皆さんのコメントと、それらへのキムさんのコメント、
    それを経ての今回のご相談。

    おそらく、今回のご相談で皆さんからどんなお答えがくるかは(無意識的にせよ)予想されていたのではないでしょうか?

    今回のご相談は、背中を押してほしい思いがおありだったのかなとも思いつつ…。

    どんなご選択にせよ、誰に何を言われたにせよ、答えはキムさんの中だけからくるのではないかなと思います。

    人生の岐路で、その時の状況を全面的に自分が引き受けて決断する覚悟を持つのは、しんどいものですよね。

    ごく短くてもご主人やお子さんと少し離れて一人になる時間をもって、まずは何か、小さくてもご自分の心が喜ぶことをなさってみてはどうかな… などと思いました。

    勝手な感想でごめんなさい!

  9. まー より:

    たぶんすでに、キムさんは「共依存」なので、

    キムさん自身の精神バランスを保つため、旦那さんを依存対象にした状態です。だから、「自分では離婚を選択できない」状態、「旦那さんがいないと生きていけない」状態です。
    自分では「離婚したくならない」状態です、空気すう並みに旦那さんに依存してるからです。

    でも、このままだと、皆さんが言うように、
    お子さんが生涯お父さんの面倒を見ることになるし、キムさんも搾取され続けるので、お子さんとキムさんが、ずーっと辛いまま何十年も過ごすことになります。

    旦那さんはギャンブル依存なので、自分で気づいて治そうとした場合でも、何年、何十年も時間がかかり、すぐには治りません。

    ここは頑張って、「旦那さん以外に依存するように、対象物を増やして、変えて」、「実家に帰る」のをがんばってやって下さい!何年かしたら、にこやかに話に出来る位になると思います。
    お子さんとキムさんの幸せの為に、頑張って下さい。

    実家に帰って、お子さんキムさんチームの生活が安定してきたら、キムさんも心療内科などにいって、市の女性相談室の(無料カウンセリングがあります)なども利用して、依存体質を治していってください。

    • まー より:

      キムさんの共依存を治すのも、ものすごい難しいです。
      旦那さんは「ギャンブル依存」、キムさんは、旦那さんという「人に依存してる状態」で、どんなに辛くても不利益こうむっても、辞められない状態です。

      だから、
      例えば、「特定の物を集める、タレントさんにはまる、趣味に走る、炊き立てのお米食べる事、お菓子作る事、映画を見る事に依存、お子さんと長距離を走る事、長時間煮込み料理を作ることにはまる」という感じに、

      複数の対象物があれば、依存も薄まっていって、多少気がまぎれると思います、体壊さない、お金と時間を減らし過ぎない程度に、「対象物を複数に増やす」
      これをやってみてください!

      詳しくはこちらをご参考に、、、。
      https://welq.jp/2096

  10. でん より:

    前の相談の時にどなたかが「子どもが父親を嫌いになる前に別れたほうがいい」みたいなことを書かれていたと思います。そのとおりだと思います。

    今なら「よく遊んでくれた大好きなパパ」の思い出を大事にできるのでは? 別れた理由はギャンブルだなんて言わなくても「事情があった」とだけ伝えればお子さんたちの中でのパパの印象は悪くならずにすむ。

    物が分かる年になったら、生活費を抜いてギャンブル三昧の父親を軽蔑するようになるでしょう。

    お父さんのせいで習い事もできない、みんなが持ってる物も買ってもらえない、と父親をうらむようになるでしょう。

    「子どものため」って言うなら、今、別れることこそが子供のためですよ。

    どうしても別れられない(上の方が書かれたように「共依存」という状態なのかもしれませんが)のだとしたら、せめて、子供を言い訳にするのだけはやめてあげてください。

    「あなたたちのために我慢した」なんて言われるお子さんがかわいそうです。

    ご実家で受け入れてくれるなら、とりあえず別居してみては? 本人と会わずにいたら、案外、「なんであんなに執着してたんだろう?」と目が覚めるかもしれません。

  11. ナナ より:

    キムさん
    はじめまして。

    初めてコメントします。
    前回の内容も読ませていただきました。

    私はギャンブル依存症の夫と離婚して14年になります。
    離婚した時は、長男が6才、次男は2才でした。
    仕事もありませんでしたが、実家の両親に助けてもらいながら、
    なんとかやってこれました。
    私はあの時に離婚して本当によかったと思っています。

    ギャンブル依存症以外は優しい人だったので、
    私も長男も離婚した時は大泣きしました。
    離婚を決断したのは、3回目の借金を告白された時です。
    キムさんのように迷われるお気持ちもわかります。
    私の場合は1回目の借金を両方の親に内緒で返済しました。
    その後は普通に暮らせると思っていましたが、2回目、3回目と
    ギャンブルにいっては借金を作ってきました。
    もう、だめだ、この人は病気なんだ。
    私の人生と子供たちの人生を守るためには、この人から
    離れないとだめだと思いました。
    離婚という決断がまだできないようであるなら、
    一旦別居してみてはどうですか?
    ご実家に帰れるというなら、少しご両親に甘えて、
    お仕事など探されるといいかと思います。

    ギャンブル依存症は、本当に怖い病気です。

    その後、彼は勝手に再婚して、子供を2人作って、新しい家庭を持って、
    「家計が苦しいから」という理由で養育費を払いません。
    そして、この前養育費の支払いことで、電話をしたら、
    またギャンブルで300万の借金を作って、どうにもならなくなっていました。
    奥さまは泣き崩れたそうです。

    16年たっても治りません。
    どれだけ人を傷つけても、自分のほうがかわいそうと
    思っています。
    ギャンブル依存症は、ギャンブルをしてしまう病気ですが、
    必ず借金を伴います。
    あと、全てを嘘で固めて言い訳をしてきます。
    一緒に暮らしていると、自分の精神がやられてしまいます。

    まだ借金まで作られてないようなら、
    今のうちに離れたほうがいいかと思います。

    長々とすみません。

    お子さんとキムさんの人生を守ってください。

  12. t より:

    私は親に「あなたのために離婚しなかった」って言われて,ずるずる行ったあげくに親同士刃傷沙汰にまでなって,一方では「子どもができなければ結婚しなかった」って言われて,私さえ生まれなければって未だに思って生きたくないけど生きています。
    お子さんを言い訳にして苦しみを背負わせないでください。
    お子さんのためを思うなら離婚してしっかり自立してください。

  13. みっち より:

    これさえなければいい人なのに→これがあるから全力で逃げてぇ~!

    なわけです。
    特に夫婦だけじゃなくてお子さんもいるなら,お子さんのために。
    既に相談者様の中で結論は出てますが,後ろ髪を引かれる思いがあるのは,
    ・ここで見捨てたら,私は夫を見捨てて逃げたということで恨まれない?
    (→自分が悪く思われたくない,その後の旦那を考えたら悪者になりたくないという保身?そんなの別れる時は悪者にされたくないってのは皆同じ。でも子供から見て父も母も悪者ってのより,母は自分を守ってくれたって方がよくない?)
    ・でもやっぱ好き。いい時もあったんだから
    (→そりゃいい時代がなくて最初からアレな男だったらそもそも好きにならないし,結婚なんかしないだろうし。)

    ね?離婚に踏み切っても何も問題はないんです。
    あなたは悪者になるのを怖がってるけど,旦那さんから見て悪者だとしても他の人が経緯を聞けばそうせざるを得ない方向に追い込んだ旦那さんを悪く言っても,あなたを悪く言う人なんかいないです。お子さんを守るんだもん。被害者でしかないです。

    そもそも問題がもう違ってます。
    前回は「ギャンブルをする夫→ギャンブル依存症から抜け出すにはどうしたら?」というアドバイスも出来ました。
    でも今回の段階では,「依存を断ち切るために色々妻が工夫しているのに,なんとかごまかして続けようとしている,断ち切る意思が弱い夫」が問題でしょ?
    ギャンブルが全部悪いわけじゃなくて,ほどほどの遊びで終わらせられず依存しているのが悪いんです。
    そして依存しているってわかったんだから,そこから妻子のために立ち直る努力をしなきゃなのに,家族の協力があるのにまだ騙している。
    これって,ギャンブルが悪いんじゃなくて,「何らかの依存から抜け出すどころか裏切る行為」を続ける夫の意思の問題でしょ?
    ギャンブルじゃなくて買い物でも甘い物でも煙草でも,とにかく妻に「やっぱり辞めたくてもやめられない」って相談するとかじゃなく,大丈夫って騙してこっそり続ける点が問題なのだと思います。

    だから,もう相談者様はいい子にならなくていいです。
    今,相談者様に出来る最良の手段は,「一回旦那を突き放して自己破産なり本当に痛い目見せて,ギャンブルやりたくても今度は本当に金がなくてやれない・借りられない・自己破産するしかないって現実を見せて,強制的に立ち直らせるため旦那さんを追い込む」こと。
    あなたが手を差し伸べる限り,何度でも「ほら大丈夫」って立ち直れません。
    一回付き落としてもいいじゃないですか。本当に旦那さんが立ち直ったら,お子さんに会わせてあげてもう一度「家族」になればいいんです。同じ相手と再婚しちゃダメな法律なんかないんですし。

    旦那さんにも「ちゃんと目が覚めて立ち直ったら,やり直しましょうね」って離婚すればいいと思いますよ。
    まずはあなたが「いい人であり続けたい気持ち」「旦那さんに対して私がいなきゃダメになる」って気持ちを捨てて下さい。本当に旦那さんのためになるのは何なのか。皆さんのコメントをもう一度読んでみて下さい。
    お子さんのためにも,どうかお母さんだけはちゃんとしてあげて。

  14. まい より:

    ちょっと違う意見です。こういう風に変わらなければ離婚をする。子どもとも暮らせなくなる。決めればもう2度と戻らない。真剣なのだと伝えるべきだと思います。それは、紙に書いた方がいいし、相手に理解をさせるよう、きちんと言ったほうがいいです。
    なぜかというと、男はきっと謝れば許してくれる、まさか離婚なんてならないと勝手に思っているからです。大抵その育った家庭にも問題があって、感覚が麻痺しているんです。ちゃんと気付くことができたら人は変わります。実はうちもそうでした。借金、女性問題、暴言、暴力です。でも、今は大分改善されました。私もいろいろ考えて、学ぶようにし、自分の人生の目標ももちました
    段々、たのしいことが増えてきています。

〜 コメントを送信する前に 〜

井戸端会議に遊びに来て頂きありがとうございます。
コメントを頂くことで成り立っているこのコーナー。
コメンテーターの方には大変感謝いたしております。

ネットの向こう側には、悩んでいる方、苦しんでいる方がおられます。
コメントをされる方は、その気持を汲んでいただき、配慮ある言葉選びをお願いいたします。
『それは違うよ!』と思われ、相談者さまとは別角度からのアドバイスを書き込まれる場合、あまりに強く否定的な文脈ですと、文章の主旨が届く前に心を閉ざされる場合がございます。
相談者さまにとっての良い〝気づき〟となるような、心に届くような気持ちでお書きくださいますようお願いいたします。
井戸端会議が多くのお嫁さんにとって有意義な相談場所となるよう、ご協力よろしくお願いいたします。

おすすめ記事
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


+ 9 = 18