小4息子の友達との関わり合い、親はどこまで立ち入る?

悩めるsueさんのご相談

小4の息子がいます。去年クラスで、息子1人対4.5人の元気グループとトラブルがなん度もありました。
多分、息子も余計なことを言ったりふざけの度をこしたりしたこともあったかもしれませんが、息子がやることは気になるのかクラスや友達を巻き込んで集中攻撃されたり 、ぼそっと「足遅い」と言われたりしてました。
先生とも話し特に相性の悪いことはクラス変わら少し安心してました。
しかし偶然その子と登校中に会い、声をかけられました。
息子は話しかけずに歩いてたのですが…声をかけられいきなり「こいつが一番嫌いなんだ」みたいなことを私に話してきて。
息子が喧嘩を打ってくるから買うんだ、言い返すとすぐ泣くんだと、登校中ずっと話を聞かされ気まずい思いでした。
「喧嘩売られても買わないで^^; 力が強いのが強いって意味じゃないんだよ」と2人に話しましたが対して聞かず。
去年私は家で、「話すと喧嘩になるなら、無理に近寄らなくていいよ。」と言ってたので、相手から話しかけられたら息子も食いついて「俺もむりー」とか言ってしまうし。
子供のことで介入しすぎるのもと思って去年からの件も学校に任せてましたが、本人から今日言われ流石に保護者の方に話そうかと思っても、うちの子だけが悪いようには言いたくない、という気持ちになってしまい悩んでます。
子供の人間関係、どこまで立ち入るべきでしょう?


悩めるsueさんに
みなさまアドバイスお願いします!


カテゴリー: 子育て


小4息子の友達との関わり合い、親はどこまで立ち入る? への3件のコメント

  1. ビーノ より:

    sueさんこんにちは。
    そんなこと言われたらもやもやしますよね。
    お子さんだって、親に散々言われてるの隣で見てたら、とっても嫌だし、無理ーくらい出て当然。むしろそこで何も言わずためるよりいいですよ。
    今は、トラブルになっている子とは幸い別クラス。
    前のような辛い状況が続かず、落ち着いているのかなと想像します。
    まずは、担任の先生に伝えて、周知してもらいましょう。
    もし学校で何かあったときに気にかけてもらえれば、心強いし、安心ですよ。

    相手の親御さんに直接は避けた方が良いと思います。
    親同士、子供のいざこざで感情的にならないわけがないので。

    私も小学生の時、ほんとに同じような光景をクラスで見たことがあります。
    その子は孤立していたので攻撃されやすく、さいごには泣いてしまい弱くみられるけど、それでも歯向かっていくのでまたやり返される。そんな流れでした。
    結局は相手の子とそりが合わなくて、とりまきもいるので勝てないのです。
    そんなのが日常的に起こるクラスでは、またかという雰囲気で、嫌なやりとりが終わらないことにみんながイライラしはじめ、挙句その子を責めたりして、、早くその場を収めたがっていたのかもしれません。
    私も含めてみんながとても未熟だったと思います。

    お子さんが楽しく学校生活を送れるよう、ぜひサポートしてあげてください。
    みんな、それぞれがのびのびと成長できますよう祈っています。

  2. じゃがまりりん より:

    息子さんがSOSを出している状態だと感じました。
    クラスを別にして学校は対応していますが、姿を見ると攻撃してくる、というのがまだ問題として残っていますよね。
    学校にその旨を伝えて、相手に注意してもらう、また、そのときに息子はどう対応したらいいのか指示を仰いでみてください。先生に報告してください、と言ってくれたなら、都度対応してくれるということになると思います。
    もっとシンプルに考えて、息子さんが困ってたら行動する、としてはどうでしょう。

  3. はるがきた より:

    息子さんの「むりー」もわかるし、Sueさんの揺れる気持ちもとても分かります。
    うちの息子も5年生から6年生にかけて2人組の男の子にターゲットにされたことがあります。
    毎日のように嫌がらせ、こっそりと突き飛ばしたり、足を引っかけてきたりで、楽しくて大好きだった学校が急に不安な場所になりました。
    本人が一番辛いけど、見守る親も辛いですよね。。。

    相手にせずに、手を出されたら押し返して逃げなさい、近寄らないように、とは言うものの、毎日必ず何かしら突っかかってくる。
    相手の親に直接話してみることも何度も考えましたが、ネットで対処法を見ていたら、絶対やめたほうが良いと書いてあり、ぐっと我慢しました。
    逆にやったほうが良いと書いてあったのが、記録を取ること。日にちと、どんな状況(授業中、休み中など)でどんなことがあったかをメモすると良いとありました。

    早速記録メモを作って、ちょっとこれはひどいという事があるたびに、まとめて先生にメールするようにしました。
    メールを送る度に担任の先生が本人に注意してくれましたが、数日たてばまた元通り。
    そんなことが何度か続き、なかなか好転しない状況に本人ももっと辛くなり、私と夫も相手の親に連絡しようかと再び悩みはじめていました。
    そんな矢先、2人組のうち1人が、テストの最中に他の子の机を揺らして答えが書けないようにするという出来事がありました。
    被害にあったのはうちの子ではなかったですが、学校にメールでそのことを伝えると、事実調査が始まって、授業妨害として親にメールが出されることになりました。
    これが大きく状況を変えました。

    翌日、2人組のうちのもう一人の方が、息子にこれまでのことを謝ってきました。
    こそこそとやっていれば大丈夫と思い込んでいたのが、急に学校が動くと分かって怖気づいたそうです。
    騒ぎを起こしたいじめっ子の方も、相方がいないとすっかりおとなしくなってしまい、それを境に一切手を出さなくなりました。

    ただ、学校と連絡を取り合ったり、息子から記録を付けるために話を聞く中で、だんんだんと主格のいじめっ子の闇が見えてきました、
    その子は親から相当なプレッシャーをかけられており、クラスのおとなしい子数名をターゲットにして、親から受ける強い言葉や態度をそのまま憂さ晴らしに投げつけていたようです。
    そして、そのいじめっ子の親はメールを受け取ったことで逆恨みし、息子の成績が悪いのは学校やクラスの子のせいだと逆切れしたようなのです。
    学校が間に入っていたので、私たちを含め、クラスの子供や親に被害はありませんでしたが、いじめっ子の親はモンスターペアレンツでした。

    Sueさんに話しかけてきた子も、闇がありそうですよね。
    親のSueさんに向かって息子の悪口を言うなんて、親に大切にされていないのかなと思ってしまいました。
    数人でつるんで嫌がらせをするのも、闇がありそうです。

    ただ、うちの息子もぼうっとしていることが多く、どちらかというとターゲットになりやすい性格だと思います。
    振り返ってみると、今後にだっていじめっ子に会う可能性はぜったいにあるわけで、もっとしっかりして、ターゲットにならないようにしようという成長の機会にもなったと思っています。
    そして、悪いことは悪い、大人は黙っていないよ、というのを、中立の立場にある学校が示してくれたことは、いじめっ子たちにとっても大事だったんじゃないかと思います。

    Sueさんの息子君の小学校生活が辛くならないように、良い方向に行くことを願っています。

〜 コメントを送信する前に 〜

井戸端会議に遊びに来て頂きありがとうございます。
コメントを頂くことで成り立っているこのコーナー。
コメンテーターの方には大変感謝いたしております。

ネットの向こう側には、悩んでいる方、苦しんでいる方がおられます。
コメントをされる方は、その気持を汲んでいただき、配慮ある言葉選びをお願いいたします。
『それは違うよ!』と思われ、相談者さまとは別角度からのアドバイスを書き込まれる場合、あまりに強く否定的な文脈ですと、文章の主旨が届く前に心を閉ざされる場合がございます。
相談者さまにとっての良い〝気づき〟となるような、心に届くような気持ちでお書きくださいますようお願いいたします。
井戸端会議が多くのお嫁さんにとって有意義な相談場所となるよう、ご協力よろしくお願いいたします。

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


− 4 = 1