主人はギャンブル依存症。この先どうしたら…

キムさんのご相談

はじめまして。
主人とのこれからについて相談します。
3歳と5歳の子どもがいます。
主人はギャンブル依存症だと思います。
だいたい休みの日はスロットへ朝から行きます。仕事帰りに行く日もあり、ひどい時は一週間以上毎日行ってました。
前はお小遣い範囲でやっていたんですが、1.2年前から生活費を取るようになりました。
やめて欲しいと言っても治りませんでした。
取っても返せばいいと言う考えなんだと思います。
下の子を出産し入院中と、里帰り中上の子の貯金を全額使っていた事があります。
私は旦那に甘かった為、その時は許してしまいました。
ちゃんと全額返すと言っていましたが結局未だに半分も返していませんし、返す気もないみたいです。
私がその事を話すと逆ギレされます。
この事は本当に許せないです。

現在主人の実家で同居をしています。
同居している間に少しでも貯金が出来ればと考えていたんですが、お恥ずかしい話同居する前とあまり貯金額が増えてません。
せっかく少し貯まっても車検などで減ってまたその減った分増えての繰り返しです。
私は今は専業主婦なので働いてないから貯まらない原因だと思いますし、生活費を取られた時はその分貯金崩しているのでそれも原因だと思います。
来年から働くんですが、私が働いたとしても少しは貯金が増えるとは思いますが生活費を取られたらあまり変わらないのではないのかなと思います。
このままでは貯金はなかなか増えないですし離婚を考えているんですが子どもの事を考えると踏ん切りがつきません。
パパに会いたい。寂しい。と子どもに辛い思いをさせるくらいなら私が我慢していればいいのかなとも思います。
今は主人の嫌なところしか見えなくて情しかありません。
子どもにとっては大好きなパパです。
私の勝手で子どもからパパを奪うのは可哀想ですよね。

どうすればいいんでしょうか…
みなさんならどうされますか?
経験者様や皆様からの意見が聞きたいのでお願い致します。


悩めるキムさんに
みなさまアドバイスお願いします!


カテゴリー: 夫婦
スポンサーリンク

主人はギャンブル依存症。この先どうしたら… への21件のコメント

  1. マリ より:

    ギャンブルは病気と言いますが、そんなことありません。強いて言えば癖かな。わたしも昔、スロット毎日行ってましたが、すっぱりやめられましたよ。ご主人は理系は強いですか?スロットの設定ごとの勝率など熟知されているのでしょうか。スロットは統計学に基づいてプレイするものです。ただ遊んでいるだけだとお金を吸い込むだけの機械です。それもパチンコより多額のお金が短時間で消えてしまいます。どうしてしたいのであればお小遣い(それもギャンブル専用のお財布)内で、ちゃんと毎日のプラスマイナスもメモして毎月どれくらい負けてるか、勝ってるかを付けさせたらいいと思います。そのお財布が空になったらもうその月は遊ばない。それすら嫌だ、家計に手を出す、貯金を食い潰す、となれば、それはもうきっぱりやめるしかありません。ご主人の親御さんにも相談してみたらいいのではないでしょうか。
    お金に対する考え方を1度家族で話し合うのがいいと思います。あと、ギャンブルの借金は決してギャンブルでは取り戻せません。

  2. りか より:

    いやはや、大変な状況で頑張ってらっしゃるんですね。
    精神医学的な見地だと、ギャンブル癖って立派な依存症だと聞きました。
    つまり、自分でコントロール出来ないギャンブルは病気なんです。
    ですから、病気はお医者さんにみせないと良くなりません。
    心療内科か精神科かは分かりませんが、役所の生活相談窓口で紹介してもらうなりして、お医者さんに治療して貰った方が良いです。
    が、長い戦いになると思います。
    まず旦那さんに病院に行って貰うことは大変でしょう。
    同居と書いてありますが、義両親との仲はいかがですか?
    味方になってくれる方ならいいですが、そうでなければ負担も大きいでしょうね。
    それを理解した上で決められた方がいいかと。
    ただ、申し上げておきたいのは
    「ギャンブル依存症の親など百害あって一利なし」
    ということです。
    子供さんのことをお考えなら、
    ・旦那さんのギャンブル依存症を生涯かけて治す
    ・旦那さんから子供さんを逃す
    どちらかになると思います。
    まずは焦らず、じっくり旦那さんとお話し合いわ、なさり、旦那さんが病院に行くかどうかを見極めるのが宜しいかと思います。

    主様とお子様方に幸運がありますように。

  3. みぃ より:

    旦那様はりっぱなギャンブル依存症、つまり病気です。病気は病院なり専門の施設なりで治すしかありません。
    残念ながら、奥さんに出来ることはないと思います。。
    また、ギャンブル依存症の父親と一緒にいると、お子さんに悪影響を及ぼすのではないでしょうか?完全に治るまで距離をおくべきかもしれないですね。これも専門機関で相談なさった方がいいと思います。
    大変でしょうけど、第三者の力を借りて改善するといいですね。頑張ってください。

  4. じゅんた より:

    私の父もギャンブル依存でした。
    子供のために、私が我慢すれば…と書かれていますが、この先子供さんだって我慢しまくりの人生ですよ。
    欲しいものも買ってもらえない、給食費も学費も滞り、学校では肩身がせまい、食べるものにも事欠き、近所からもらった野菜ばかりの生活。
    子供さんの自尊心もこんな状況では育てようもありません。
    お子さんを守ってあげられるのはあなただけです。
    あなたが働いて働いてなんとか手にした十数万より、旦那さんがパチンコですってくる金額の方が多いんですよ。そんな旦那飼ってる位なら、働いたお金で子供達と慎ましく過ごした方が幸せですよ。
    我慢するしないの問題ではありません。
    ぜひ、離婚も辞さないぐらいの気迫で旦那さんと真剣に話あってください。
    治らないようなら、さっさと見切りをつけるべきです。

  5. くーにゃん より:

    私の元旦那はパチンコ依存症でした。

    最初は依存症とは思わず、癖的なものだと思っていましたが
    今から思うと立派な依存症、依存症は専門医にかからないと治りません。

    でもそういう人に限って依存症の自覚がなく、
    医者にはかかろうとしませんし、ましてや、嫁の言うことなんて聞きません。

    私の元旦は自分で仕事をしていたのですが、経理は私が握りお小遣い制。
    小遣いの範囲でやってるなら。。。と思ってたけど蓋を開ければ
    キャッシングの嵐で借金まみれ。
    そんな人の事業がうまくいくはずがなく、会社も借金まみれ。

    自己破産を進めたけど、【なんとか会社を立て直す。】の一点張り。
    その頃は私も愛想を尽かして離婚が決まっていて、当然旦那の会社も辞めることになっていました。

    とはいえ、やはり事業の事が心配で。。。
    旦那の通帳をこっそり見てしまったのです。
    すると、もうどこからも借りられないはずの旦那の通帳に約100万円の入金が・・
    だれか友達にでも借りたのかな。。それなら、よかった。。
    いくらパチンコ依存症でも自己破産寸前になった今、
    現金があればきっと事業の運転資金にあてて、なんとか前向きにやってくれるだろう。

    と安心したのですが、気になって1ヶ月後にもう一度通帳を見ると、
    毎日の様に2万円出金、3万円出金。。。計70万円が引き出されてました。

    私も経理をしていたのでわかりますが、これは仕事の出金の仕方ではありません
    明らかにパチンコです。。
    それを見た時は怒りを通り越して依存症の恐怖を感じました。
    でも、私の場合は離婚が目の前だったので知ったこっちゃない。
    って感じでしたが、それまでも借金返済のために私の貯金を取られたり、
    お金の苦労は沢山してきました。
    キムさんの将来も手に取るように想像できます。
    はっきり言ってギャンブル依存症は甘く見てはいけません。
    離婚覚悟でご両親を巻き込んでぶつかり合うくらいの気持ちでないと
    旦那さんは変わらないと思いますと。

    旦那さんに情しか無いのなら離婚も視野に入れ経済的自立も考えながら
    計画を立てて下さい。
    お子さんの為にも。。。

    私は子供がいなかったので離婚に子供問題はありませんでしたが、
    色んな思いがあり17年たっての決断でした。
    でも、今はギャンブルの煩わしさがないだけですご~くハッピーです!
    もっと早く決断してたらよかったと思ってます

    キムさんも冷静に、早く色んな決断をされることをお勧めします。

  6. はにー より:

    こんにちは。
    キムさん、残念ながら夫様の状態は立派な依存症です。毎日行く、家計から奪金を奪っていく…。破たんしかけていませんか?依存症は本人の強い意志だけではやめられません。専門機関を受診し、本人にも依存から抜け出す決意が求められます。
    そして家計から奪わせていることは=力づくでもなんでも、結果としてキムさんがお金を用意している=依存を続けさせていることになっています。与えているのですよ。それは夫様のギャンブル依存を継続させるお手伝いをしているのです。
    家計からお金がなくなったらどうしますか?勝手に借金するかもしれません。家族や大事なものを売るかもしれません。犯罪に走るかもしれません。大げさに言っているわけではなく、現実に起こり得ることです。
    お子様のことを考えれば尚のこと、現状を変えるべきではありませんか?もちろん婚姻を継続しながら夫様を立ち直らせるのも1つの方法ではありますが、小さいお子さんを抱えてお金の心配をしながら支えるのはきついと思います。上の子の貯金を使ったとありますが、それって夫様にとってお子様のことよりもギャンブルが好きってことです。そんな父親、必要ですか?イライラしてお子様にその矛先が行ったら?キムさん、後悔してもしきれないでしょう。まだ小さいお子様の記憶がこわい顔をした父親、泣いている母親になってしまうのはどうですか?それこそ父親の情けない姿を見せないことも、お子様のためになるんではないでしょうか。大きくなればお子様はご事情を理解してくれますよ。

  7. おこめ より:

    お子さん達にとっては大好きなお父さんなんだと思いますが、そんなに頻繁にパチンコ店に通ってて、お子さんと遊んだり一緒にご飯を食べたり、旦那さんが子育てする時間はとれてるんでしょうか・・・。
    離婚してもお子さんがお父さんと過ごせる時間は今とあんまり変わらなかったりしませんか?
    今でもお子さんがお父さんと遊べないでいるなら、離婚して養育費もらって、月1回、丸1日一緒に過ごす時間を約束する方が、旦那さんもしっかり子供の面倒みてくれて、よっぽどお子さんの思い出にもなるんじゃないでしょうか。

    今は結構シンママもステップファミリーも増えてる気がします。理解してもらえる人にはしてもらえるし、肩身の狭い思いをするかどうかは本人次第だと思いますよ。

    キムさんの勝手でお子さんに寂しい思いをさせるのではありません。旦那さんの勝手な振る舞いの結果、しわよせがお子さんにいくのです。

    使い込んでしまった貯金の事を蒸し返すと怒るのはなんとなく想像つくような気もします。「元々は俺が稼いだ金だ!」位に思ってるんじゃないでしょうか。
    返してないって言った所で、いきなりお金が降って沸いてくるわけでなし、それどころか、早くスロットで勝ってお金を返して文句言われたくないと考えてるでしょう。
    何の為に、いくら貯まるまで月◯万円ずつ貯金していこうと改めて約束し直した方が良いと思います。

  8. ねこ より:

    生活費に手を出すなんて、許せません。
    すぐ離婚です。

    改善の余地があるようにも思えませんし。
    本人が自覚して、大反省してくれないことには先がありません。

  9. ゆう より:

    どうすればかぁ。
    私の中ではギャンブルだろうが何だろうが、小遣い範囲なら趣味で、家計も脅かすようならちょっと待って、先を考えようか、ってなるかなぁ。

    お子さん二人の事も考えつつ、旦那様方と同居もされてそこから抜け出せるかとなると見えないけど難しい事も有るんかな…。
    率直に言うと、来年働くまで出来るだけへそくり貯めてキッパリさようならで良いのかもしれません。
    逆ギレが怖いな、せめて悪いとは思ってくれてたら何とか持ちようもキムさん有ったかもしれないし。って勝手な私の意見です。
    ただ、私もスロットだかで2.3百万借金作って自己破産した身内が居てます、女です。乳呑み子服に隠してまで行ってた様です。
    ほんまか❔嘘だよねって本人に確認してみたけどほんまだったんかな。連絡ある時はお金貸してくれです。
    キムさん甘いんじゃなくて知らなかったんですよ。
    普通そんなん無いし、でも勉強にはなったと私は考えます。
    子供たち幸せかどうかはキムさん次第なんですよ、私もうちの子に害が有ると思えばねぇ…

  10. あうん より:

    キムさん、こんにちは。

    ギャンブル依存は、行くとこまで行ったら、脳は壊れて人格もモラルも破綻して、ウハウハ気分を求めてブレーキきかなくなって、悪い世界からお金借りて、カモ認定されてカモられて、最後は犯罪か、自殺かという末路までいっちゃう恐ろしいものです。
    クスリで、幸福感の依存になって、壊れていくのと似ています。

    もうだいぶ、その道を進まれているようなので、後戻りはとっても難しいです。

    でも、ひょっとしたら、真実の妻の愛があれば…、ひょっとしたら…わからんけどね。無責任かもしれないけど、思い付くことを言います。

    ギャンブル依存の人に、ギャンブルさせる時間と金を渡さないこと(借金もさせない)。生活をきっちり管理すること。
    仕事場までの行き来を、車で送り迎えしたり、休憩時間も絶対に見張りが必要。必ず一人で自由にさせない。職場の人の協力もあれば良いかも…、ただし、依存者に恥はかかせないように。責めるのもだめ。心配している、助けたいという愛情からのスタンスで。
    計画を、依存の人と話し合い、まず納得してもらってから始めること。やらされてる感があると反発する。
    そして、家ではパチンコに行かなかった日は、カレンダーにシールを貼るなどして一回一回褒めること。
    家庭のなかで、淋しくないようにさせて、料理も好きなものをつくってあげたり、妻の愛をしっかり与えて、家庭の幸せを味合わせる。そして、一方では、子供の世話や、家事を手伝ってもらって、べた褒めする。とにかく自信を持たせて、家で幸せにさせる。それを一生続ける。
    あと、食事は、健康に気を使うこと。家の空気環境も大事。電磁波も脳に良くない。
    空気のきれいな自然な場所に、時々行くこと。
    子育てより、夫を優先させること。子供たちはどこかに預けてでも、妻が夫の相手をすること。

    大変です。黄泉の国から、死人を連れ戻すくらいの気持ちでないと大変すぎます。まず、愛情ないと無理です。妻のリフレッシュ、子供たちのリフレッシュ、それぞれも必要になってくるでしょう。

  11. ゆうか より:

    皆さんならどうするか?とありますので、ギャンブル依存については詳しくありませんが、私ならどうするかということで言えば、別居か、離婚に備えて準備をするかなと思います。
    家族の将来を見据えていない旦那さんなんて怖すぎて、支え合って生きていける気がしません。
    キムさんは旦那さんが生活費などに手をつけて子供さんの貯金まで使って「しょうがないな〜」くらいに思っているのかな。
    私だったら怒り狂って発狂して離婚届けを叩きつけるレベルです。
    よく考えてください。
    お小遣いの枠を超えてギャンブルって普通の大人がやることですか?
    普通の人はやりませんよ。

    ウチの旦那さんは月のお小遣いの中で呑み代などもしっかりやり繰りしています。毎月10万円以上の貯金もしていますし、マンションローンもしっかり払っています。
    それが普通かと思います。

    >私は今は専業主婦なので働いてないから貯まらない原因だと思いますし、
    …とおっしゃってますが違うと思うのです。
    専業主婦の奥さんの御宅はみな貯金が出来ないのですか?違いますよね。
    どこの家庭も自分達の収入のなかで貯金をして、やり繰りしているんです。

    キムさんがおっしゃっているのは言い訳なんだと思いますよ。
    たぶん今のままのキムさんでは、百人が「離婚した方が良い」と言ってもしないような気がします。「だって子供が…」「でも私が働けばなんとか…」と思っているから。
    子供さんの貯金を使い果たす父親って必要なんでしょうか。

    頑張って、現実を見てほしいです。

  12. 茶々 より:

    結婚生活で必要なのは貯金が出来るかどうかでなく、信頼できるかどうかです。
    この人と結婚生活を続けられるか、子どもをどのような環境でどのように育てたいか。それらはキムさんが考えて決めることです。
    まだその年齢の子どもは、親がどういう人間であろうと遊んでくれれば懐きます。そのような無垢な子どもに「あなたがパパに会いたいだろうから」と、ご自身の人生の決定を委ねないでください。
    「子どものことを思うと」と言うならば、子どもがこの先どんな思いをするかに目を向けてください。

    私は離婚して娘を育てました。(すでに社会人です)
    離婚で子どもが辛い思いを…と考えるのは、ご自身の離婚後の不安の言い訳なんです。
    片親であろうと両親揃っていようと、親が自信を持って生活していれば子どもは辛い思いなんてしません。

    私も家族もギャンブルはしませんが、知人でギャンブル病の親を持つ娘さんがいます。
    ギャンブル病の親が近くにいることは、百害あって一利なしです。そのために彼女の生活も人生もとても辛いものになっています。

  13. てのま より:

    つらいですね・・。
    こんなチープなテンプレ通りの不幸が自分の身にふりかかるなんて・・と現実を直視したくないお気持ち、分かります。
    自分にも非があったんじゃないのか(子どもにかまけて夫をちゃんと見てあげてなかったとか・・)まだ何とか自分が頑張れば修正出来るんじゃないか・・と思ってらっしゃるかもしれませんね。
    ご主人は大変分かりやすい、型にはまり過ぎた症状ですので、いろんなサイトを見てみてください。
    調べものついでに「離婚」「離婚後の生活」についても調べてみて・・

    ってもうやってらっしゃるかな。
    がんばってくださいね。

  14. たけやぶやけた より:

    まずあなたはギャンブル依存症を知らなければなりません。
    たくさんのサイトも本もあります。
    ぜひお勉強してください。

    旦那さんがカウンセリングなりを受けなければなりませんが、今はまだその段階じゃないように感じられます。
    つまり、問題はまだ頭を出したばかり。実際はどうかわかりませんが(ご主人が隠れて膨大な借金をしているとか)まだ借金取りが夜討ち朝駆けで来るとか、会社に行っていないとか、社会生活に支障をきたしていないようなので。しかしそうなれば立派な病気です。
    でも本人が困っていないと、治療を受けてはくれませんよね。
    ですから、とりあえず奥様が、そういう家族の会もあるでしょうから出来るところからでも色々とお勉強をしなければならないと思います。
    奥様が一人でカウンセリングを受けることも出来ると思います。

    夫婦関係は他人にはわかりませんので、難しいですね。
    相手からの愛情が本当に感じられますか?
    そうでないなら私ならお別れしてつつましくも心穏やかな生活を手に入れます。
    子供の為に、安らげない家庭は要りません。
    でもでも、心から愛する夫の為ならば、共に戦います。

  15. もちょ より:

    元の職場の同僚が、自称・ギャンブル依存症で、
    彼曰く、普通に何かを買ったらお金はそれで終わりだけど、
    ギャンブルにつぎ込めば、一挙に何倍かになって帰って来る可能性がある。
    そのまま店で使うなんて「死に金」だ。
    その子は「ね、オレの感覚、狂ってるでしょ?」て笑ってましたが、笑い事じゃないんですよね。
    私は、ガチャガチャすら子供にさせるのに抵抗があり
    「この200円を持ってスーパーに行ったら、どんなお菓子が買えるかな?」と話して聞かせて、ゲーセンもガチャガチャも避けて通ってきました。
    等価交換じゃないと落ち着きません。
    私が全うとは言いませんが、ご主人さんの「ギャンブルで返す」なんて平気で言えるあたり、相当感覚がおかしいです。
    借金はこつこつと働き、その収入から一番に取り分けて返済に充てるべきもの。
    それをギャンブルを楽しんだ後に「もしも」儲けがあったら返済に充てようなんて、
    ハッキリ言って、人生をナメてますよね。
    そんな危険な金銭感覚の旦那さん飼っていたら、こつこつ頑張った大事な貯金もあっという間に食い潰されますよ。
    私なら、別れます。

  16. Aaron より:

    単純に「子供の貯金をギャンブルに使う親のどこがいい父親なの?」と思います。
    お子さんはまだ小さいし、本人たちは状況もわかってないでしょうから「パパ大好き」だと思います。
    でもこれが中学生や高校生だったらどうでしょう。自分が行きたい進路があるのに、父親がギャンブルで子供の学費を使いこんで、自分の行きたい進路をあきらめなくてはならないとしたら?それでも「パパ大好き」とは言わないと思いますよ。

    キムさんはおそらく「まだそんな先のこと・・・」とか「その頃には直ってくれていたら・・・」と思うのかもしれませんが、他人からしたら、そういう未来がみえてますよ。

    このままキムさんが甘い顔してご主人との生活を続けていたら、子供にとっての人生の敵は父親だけでなく母親もです。ギャンブルで生活を破滅させる父親、「私の勝手で子どもからパパを奪うのは可哀想ですよね。」なんて暢気に言ってる母親、どっちも子供にとっては毒の存在です。

    お子さんを守れるのはキムさんだけですよ。目を覚ましてください。

  17. 匿名子 より:

    どうしようもなく辛いことがある時、一番心にのしかかるのは、その状態を自らの手で終わらせること。辛くても、どうしよう困ったな、と流れ流されゆらゆらしてる状態の方が、それと比べれば楽じゃないですか?40年生きてきて、自分の人生を思い返して、そう思います。勇気を振り絞って、一歩だけ踏み出してみてください。お子さんのためもあるけれど、まずはとにかくご自分のため。いろんな相談先がありますから、専門家の方に話を聞きつつ、一歩一歩進んでください。本当、ご自分のためです。応援してます。

  18. あおぞら より:

    こんにちは

    パパが大好きなお子さんを前に、父親から子どもを引き離せないと思われる気持ちよくわかります。本当にそうですよね・・・
    でも忘れないで下さい。父親がいない子どもより父親が嫌いな子どもは不幸です。
    子どもをそうしないためにも離婚は必要なのでは。

    いろいろなことがわかる年齢になれば父親を敵視することにもなるでしょう。
    父親が嫌いな子どもは不幸です。家族の価値観がわからず、安心できません。

    お父さんもお母さんもお互いに人生が違ってしまっただけで、あなたたちは愛されて産まれたのだという子どもの存在の根底の自信を見失わないようにすることが大切ではないでしょうか。
    夫を尊重できる余力のあるうちの離婚をすすめます。
    面会交流を支えるNPOなどもあり、離婚後の子どものケアが日本でも考えられはじめています。そうした団体の力を借りれば、夫と子どもと自分の距離を上手にとることもできるのではないでしょうか。
    講演会などもありますし、一度電話で相談してみても良いと思いますよ。

    子ども達のことを考えるのなら、本気で「子ども達の心のケア」を考えるべきです。子どもが無邪気に母親の顔色も気にせず父親が好きな時間はあとわずかです。
    今後、あなたが夫に不信感がある限り子ども達の心は傷つく一方です。
    1番いいかどうかわかりませんが、子どものためというのならあなたがそんな夫でも心から愛し、愛おしいと思える自分にかわることです。
    そんなの無理ですよね。
    なら夫と離婚しても結婚生活を続けても、どちらにしても傷ついていく子どものことを考え、勉強し、多くの人達とつながり、子どもの心のケアについて理解し、子どもが頼れる場所をつくってあげてください。

    離婚していようとしていまいと「可哀想な子ども」は辛くても頼る先がわからず、親の顔色を見て暮らしている子ども達です。
    家族を愛せない子どもが1番可哀想なのです。

    今のままでは離婚してもしなくても同じ事です。
    キムさんがもし、人との交流が苦手であったとしても、自分を変えるつもりでいろいろな交流をして子ども達と社会で生きる事を喜び楽しんでください。
    ギャンブルで使われるくらいなら、子どもの貯金をいろいろな体験に使ってもいいくらいです。
    お金を使い込み休日もギャンブルをする父親より、もっと面白い人達は沢山います。もっと素晴らしい時間がたくさんあります。
    それを知らない子ども達に判断をまかせてはいけません。
    子ども達はただ、父親以上に面白い男性を知らないだけなのです。

    離れれば見える事もあります。
    何より、キムさんの人生を楽しんでください。
    その場所に縛られなくていいとおもえば、なんでもできるんですよ。
    私は離れる事を頑張って欲しいと思いました。

  19. ヤマンバ より:

    お子さん、もっと大きくなっても、そんなパパのこと好きでいるかなあ。好きでいるとしたら、お子さんもパパと同じような大人になるのかもしれない。心配が増えますね、負の連鎖、エンドレス。私なら離婚を選択します。

  20. キム より:

    皆様コメントありがとうございます。
    一人一人にお返事できなくてごめんなさい。

    義母さんに生活費を取る事を一度相談した事があります。
    でも義母さんはキムちゃんの鞄義母さんの部屋に置いたらいいんじゃない?キムちゃんが働けば変わるよなどと言って話を変えられました。
    義父さんもスロットかパチンコする方なので義母さんはギャンブルや生活費を取る事についてはそこまで深刻な事と考えてない感じがしました。

    ちょうど一年前一度離婚を考えている事を伝えた事があります。
    その時主人はすぐには辞めれないと思うけど辞めていくと話してました。
    始めのうちはあまりスロットに行っていなかったんですが、今では前と変わらず毎週行ってます。
    主人は自分がギャンブル依存症だとは思ってないんだと思います。
    病院へ行く気もないですし、私がすすめたところで行かないと思います。

    主人はほぼ子育てに協力していません。
    言われた通り離婚しても子ども達と主人の過ごす時間はあまり変わらない気がします。
    皆様のコメントを見て私は子ども達の事を考えてる様で考えられてないのかなと思いました。
    私は言い訳ばかり言ってますね。
    子ども達の為に離婚しないではなく、子ども達の為に離婚した方がいいですよね。

〜 コメントを送信する前に 〜

井戸端会議に遊びに来て頂きありがとうございます。
コメントを頂くことで成り立っているこのコーナー。
コメンテーターの方には大変感謝いたしております。

ネットの向こう側には、悩んでいる方、苦しんでいる方がおられます。
コメントをされる方は、その気持を汲んでいただき、配慮ある言葉選びをお願いいたします。
『それは違うよ!』と思われ、相談者さまとは別角度からのアドバイスを書き込まれる場合、あまりに強く否定的な文脈ですと、文章の主旨が届く前に心を閉ざされる場合がございます。
相談者さまにとっての良い〝気づき〟となるような、心に届くような気持ちでお書きくださいますようお願いいたします。
井戸端会議が多くのお嫁さんにとって有意義な相談場所となるよう、ご協力よろしくお願いいたします。

おすすめ記事
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


+ 4 = 8