旦那への気持ちが冷めてしまい…

りとままさんのご相談

はじめまして。
7歳と5歳の子を持つ母です。
旦那への気持ちが冷めてしまったという相談ですm(_ _)m
結婚当初(19歳)から物に当たる人ではありました。
次男が生まれ夜泣きが酷く、私も毎日頑張っていました。
ですがそのくらいから旦那が夜泣きになると別室で寝るようにしていたのですが、壁を叩いてきたり早く寝ろと怒鳴ってきたりで、夜泣き+旦那のイライラに悩む日々でした。
次男が10ヶ月の頃からパートをしていたので母乳大好きな甘えん坊で確かにおっぱいを探す夜泣きは長くありましたが、私は苦に感じたことはなかったです。
でも段々と、旦那がわかってきてコミニュケーションが取れない人なんだなぁと、思えてきました。
日常の会話は、あります。でも否定ばかりされて疲れました。
家族で楽しく笑いたいのに。。と毎日思ってしまいます。
何年も怒りつづけここ二カ月程子供への手を出すのは減っていますが、、それまでは怒る時は口よりも手や足が出る人でした。
でももうそういう行動から冷めてきて男としてみれなくなりました。
今離婚か別居を。とお願いしていますが、これから頑張る。過去のことはもう言わないでくれ。と言われました。ですが、私は未来がみえません。
冷めてしまった気持ちは、いつか戻るのでしょうか。。。毎日苦しいです。


悩めるりとままさんに
みなさまアドバイスお願いします!


カテゴリー: 夫婦
スポンサーリンク

旦那への気持ちが冷めてしまい… への6件のコメント

  1. カイル より:

    はじめまして。
    もうお答えは出てるように思います。
    何年も怒り続けここ2ヶ月は手が出るのが減ってます…
    のあたりで、そんな何年も怒ったり手が出た人がこれから変わるのは無いと思います。
    口先だけです。

    男のお子さんがお父さんを見て育つと将来が心配です。
    離婚にあたっては地盤を固めてからですね。
    経済面は特に。

    今ここでではやり直しってなっては相手の思うツボのような気がします。
    もう家族としてもやっていけないのでしたら、前に進まれれば良いかと。

    嫌になったからだけでない、夫婦としての何年間もの積み上げて来たくてもそうできなかった辛さ、過去の事は言うなと言う割に心から嫌な思いをさせてすまなかったという謝罪の姿勢もなかった事を私なら離婚理由に伝えます。

    それくらいでと言う人もいますが、人は人、所詮は他人事でその言葉に責任はないのですからりとままさんの進みたい道を開かれればいいかなと思います。

    人はそう簡単に変わりません。

    • やよ より:

      追伸です。
      どうしても信用して欲しいと言われたら、一度離婚して、信用出来たらまた一緒になりましょうとか言うといいようです。同じ人との再婚は半年経たなくても出来るので、婚姻届のブロックもお忘れなく。

  2. りとまま より:

    的確なご意見本当にありがとうございます( ; ; )
    すごく悩んでいたので、ホッとしました。
    人に話してもこれから変わるんだったら。とか言われそうなので、同意を求めたかった内心。それは、疲れてしまうよ。って言って下さったようで、すごく落ち着きました。ありがとうございます。
    片親の、母も去年亡くなっており、身寄りがない分不安だけが募っていました。でも、離婚に向けて明るくがんばります。
    もう旦那に期待はしません!

  3. やよ より:

    気持ちがなくなったらもう戻るのは自分の努力では無理だと思います。しかも物に当たっていた人が子供にも手をあげるようになっているのなら尚更。
    若くしてご結婚されたようなので、まだまだ仕事でもチャンスがありますよ!
    過去のことは言わないでくれ、というのも非常に虫のいい話です。このまま離婚に向けて行動することをお勧めします。

    私の周りで離婚して後悔している人はいません。お会いしたこともありませんが応援しています。頑張ってくださいね。

    • りとまま より:

      ありがとうございます( ; ; )
      とても親切にしてくださり感謝です( ; ; )
      子供に悪影響と思う反面、私が頑張れば。。
      など色々な気持ちがありました。
      経済面では、今余裕がないので
      近所の母子のシェルターに入ろうかと相談に行きました。旦那さんの場合離婚の同意にかなり時間を要すでしょうも言われました。根気強く頑張っていきます(^_^)ありがとうございます!

〜 コメントを送信する前に 〜

井戸端会議に遊びに来て頂きありがとうございます。
コメントを頂くことで成り立っているこのコーナー。
コメンテーターの方には大変感謝いたしております。

ネットの向こう側には、悩んでいる方、苦しんでいる方がおられます。
コメントをされる方は、その気持を汲んでいただき、配慮ある言葉選びをお願いいたします。
『それは違うよ!』と思われ、相談者さまとは別角度からのアドバイスを書き込まれる場合、あまりに強く否定的な文脈ですと、文章の主旨が届く前に心を閉ざされる場合がございます。
相談者さまにとっての良い〝気づき〟となるような、心に届くような気持ちでお書きくださいますようお願いいたします。
井戸端会議が多くのお嫁さんにとって有意義な相談場所となるよう、ご協力よろしくお願いいたします。

おすすめ記事
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


− 6 = 2