離婚を決意したが、旦那が仕事のことで心を病み…

ワンコロさんのご相談

旦那との別居、離婚を決意しましたが…その前に旦那が仕事のことで心を病んでしまいました。
当方、20代。結婚8年目。7歳の娘が1人います。
専業ではなく、昼と夜間のバイトを掛け持ちしております。
旦那は30代です。この度旦那の不倫が発覚し別居と離婚を決意しました。
旦那の不倫は今回が初めてではなく、過去に何度もあり。その過去の不倫相手とも続いてる為複数人と関係がある状態です。
旦那にはDV、モラハラの傾向もあり
意見をすると怒鳴られたり、時には暴力もあるためそれが怖く
今までの不倫は知っても見て見ぬ振りを続けていました。
しかし今回新たに発覚した不倫の相手が、私の知り合いだった為
私の中で今までの事も含めた全てがプツリと切れてしまい今回の決断に至りました。
不倫相手は既婚者なのですが、きっちり慰謝料請求という形を取らせてもらう事にしました。
探偵による不貞の証拠、そして旦那のスマホの中にあった不倫相手とのやり取りと、写真等の証拠は入手済。弁護士にも相談済で、弁護士さんの助言を元に置き手紙を残し、旦那が仕事中に子供と共に家を出る予定です。
しかし、その前に旦那が仕事のことで心を病んでしまいしばらく仕事を休んでいます。
今までも何回かあった旦那の病み期ですが、その度に支えてきたつもりでした。
しかし、元気になればそんなこと無かったかのように他の女と遊び歩いていました。今回も病み期が過ぎれば、また同じことの繰り返しだと思います。
頭では分かっているのですが、この状態のこの人を置いて行っていいものか…
私は今からとんでもなく悪いことをしようとしているのではないか…
と揺らいでしまいます。
結婚して8年。ひどい仕打ちをされてきましたが、楽しかった事も沢山ありました。
子供の行事には必ず参加し、お弁当なども作る旦那…。そんな事も同時に思い出し、ここにきて揺れる自分がいます。
しかし、ここで何も無かったことにすれば、それこそ今までと同じことの繰り返し。きっとこの人が変わることはない。
子供のことを思うなら、まず不倫なんてしない。
と、冷静に思う自分も存在します。
どうしたらこの気持ちを落ち着かせ、別居、離婚への決意をより強く固める事が出来るでしょうか?
一度強く決断したはずなのに、揺らぐ自分が嫌になります。


悩めるワンコロさんに
みなさまアドバイスお願いします!


カテゴリー: 夫婦
スポンサーリンク

離婚を決意したが、旦那が仕事のことで心を病み… への13件のコメント

  1. ふじこ より:

    別居・離婚への背中を押して欲しいんですよね。
    わかります。私もかつてその一歩にすごく力を使いました。
    ここで私が折れて何もなかったことにすれば元通りのぬるま湯生活に戻れる。
    その方が正解なのではないか。
    でもそれのくりかえしで今日まで来ちゃったんじゃないか。
    揺れました。当然の感情のだと思います。
    私は「それのくりかえしで今日まで来ちゃったんじゃないか。もうやめる」の気持ちをただただ必死にキープさせました。苦しかったです。
    でも済んだとたんにバラ色でした!
    なんだこんなに簡単なことだったんだと、それはもう拍子抜けしてビックリするくらい。
    だから大丈夫です。自分の決心に自信を持ちましょう。

    離婚を決めたこととご主人の病気はまったくの別物です。
    離婚と病気をダブらせて考えてはいけません。
    ご主人の病気は本人の問題で、それはワンコロさんと全く関係ないもの。
    ワンコロさんは看護師さんでも保護者でもないのですから、悪いこと・良いこととか考えても無意味です。放置して大丈夫ですよ。
    離婚の決意で気持ちが揺れてる時って、無意識に離婚しなくても良い理由を探してしまうんですよね。それだけのことです。

    新しい生活にむけて一歩踏み出しましょう。

    • 主です より:

      暖かいコメントありがとうございます。
      そして、ふじこさん自身の体験談もありがとうございます。
      離婚しなくていい理由を探してしまう。
      このふじこさんの言葉にハッとしました。旦那がこうだから、離婚しなくても…と一種の逃避行動なんですよね。
      旦那にはもう何も期待出来ない。同じことの繰り返し。と気持ちをキープして、自分を信じて家を出たいと思います!
      暖かい応援ありがとうございます!

  2. エリ より:

    ご主人との楽しかった思い出を選択して婚姻を続けるならそれなりの覚悟が必要と思います。ワンコロさんがご主人から受けた辛い経験をもう一度思い起こしてお考えになったらいかがですか

    • 主です より:

      コメントありがとうございます。
      そうですね…。今まではそれを選択して、結果は散々でした。積み上げてきたものを目の前で壊され続けてきました。
      それを思えば、今回の決断は間違ってない。と思えます。
      もっと気持ちを強く持って、これからの事に進んでいきます!

  3. 匿名 より:

    それなら、結婚を続けたら良いんじゃないですか?
    ご主人はワンコロさんがいなくなっても、それなりに過ごしていくと思いますが。
    最初こそ、俺が悪かっただの、ワンコロさんがいないと生きていけない、やっとわかった、みたいな事を言うと思いますけど。
    そういうタイプの常套句です。

    やっぱり私がいなきゃダメな人なんだわ。と思うパターンじゃないですか?

    弁護士と、そこまで進められたのなら、前進してほしいですね。
    ワンコロさんを本心から大切に思っていれば、複数人と不倫、DVなんてできませんよ。
    ワンコロさん親子より、自分自身が大切なご主人だと思いますよ。
    そんな人を、一生面倒見ていきたいなら、そこに留まれば良いと思います。
    でも、そういうタイプの男は変わりませんよ。
    何だかんだ言って、共依存でないなら、新しい人生を手に入れてほしいです。
    頑張って下さい。

    • 主です より:

      コメントありがとうございます。
      今までの私がまさにそうでした。共依存…とまではいかないのかもしれませんが、それに近い状態で続けて来た部分があります。
      でも、同じことの繰り返しはもう散々です。
      匿名さんがおっしゃる通り、旦那は自分が一番な人だと思います。きっと私がいなくても、周りにいる人達がヨシヨシとしてくれるでしょう。
      なので、後はどうぞお好きに。精神で突き進みたいと思います!

  4. 匿名で より:

    娘さんのために離婚した方がいいと思いますけど、、、
    今、離婚することによって逆恨みとか、何か起こることはないんですかね。
    変な話、自殺とか自分に向けばまだマシで、自分の事しか考えていないご主人なので、ワンコロさんや周りの人に危害が及ばないか心配です。

  5. 主です より:

    コメントありがとうございます
    娘の今後も含めて、その様に考えを固めていきます。
    悩みの種はそこにもありますね。自棄になって何かしらしてくるのではないか?という不安もあります。一応職場と弁護士さんのすすめで警察にも相談はしてあります。
    そこまでにはならないと思うけど…。と周りは言ってましたが、念には念をで相談しておきました。
    どうなるかは、実行してみないと分からないのでそれも不安ではあります。

  6. リンリン より:

    ワンコロさんこんにちは。

    人は今いる状況を維持しようとしてしまう生き物です。
    それが苦しい状況でも。そこから脱するのは何であれ勇気のいることなのです。
    だからワンコロさんが弁護士に相談して一歩踏み出したことはとても勇気のある素晴らしいことなんです。
    今の状況をワンコロさんが我慢しながら続けたとして、その生活は間違いなくお子さんに影響を及ぼします。
    娘さんは無意識に怒鳴ったりDVをしたり不倫するような人を選ぶようになるかもしれない。
    それは脳が、今いる状況を当たり前の光景だ、居心地がいい環境だと間違った判断をしてしまうから。
    あんなに嫌っていた父とそっくりな人を選んでしまった、という女性はたくさんいますよ。
    その流れを断ち切って欲しいと思います。

    >私は今からとんでもなくひどいことをしようとしているのではないか
    とんでもなくひどいことをしたのはご主人の方です。
    ワンコロさんは間違ってないですよ。
    ワンコロさんも娘さんも幸せになって欲しいです。

  7. Karen より:

    こんにちは。
    私もバツイチなので揺れる気持ちもよく分かります。
    ワンコロさんはとてもお優しい方ですね。ひどい目にあったのに、ご主人を思う気持ちもあるのですね。
    私は離婚のとき急に鬱病になった元旦那に同情しませんでした。
    それ以前より私はパニック障がいを持っており、元旦那と結婚しパニックの症状が悪化した(パニック障がいは生活環境が変わると悪化しやすい)のですが、そのとき
    『病院に付き添ってほしい』という私の願いを聞いてくれなかったからです。
    たしか『え。それ俺が行かなきゃダメなの?』みたいなことを冷たく言われました。
    元旦那は優しい人だと思っていたのでかなり驚きましたね。
    そういった経緯もあり、同情や心配どころか元旦那の症状には『仮面鬱じゃね?』などと疑いましたよ。
    離婚話で揉めている最中に久しぶりに自宅に帰ったとき、テーブルの上にわざとらしく散乱させてある鬱病の薬を見て呆れ果て、笑ってしまいました。
    私がパニックで大変なとき何もしなかったくせに、自分の辛いアピールはずいぶん盛大なんですね…と思って。完全に『かまってちゃん』でしたね。

    余談ですが再婚した今の旦那さんは、ぶっきらぼうですが根はめちゃくちゃ優しくて、パニックの症状に戸惑いつつも病院に付き添ってくれたり心配してくれてとてもありがたいです。

    自分の話が長くなってしまいすみません。要するに言いたいことは
    『そんな旦那さんの心配することない』
    という事です。
    ワンコロさんが離れていってもまた自分に都合の良い相手を見つけてうまくやっていくのだと思います。
    優しいワンコロさんはもっとご自分に見合うお相手を見つけてほしいなと思いました。

  8. ひよこ より:

    もう十分耐えて、頑張られてきたのではないですか?
    これからはその頑張りを、明るい未来にだけ使ってください。

    旦那さんの病気は、あなたが治せるわけではないと思います。
    あなたが出て行っても今すぐ死ぬわけじゃありませんから。

    あなたじゃないなら、浮気相手に面倒を見てもらうはず。
    そんな男がいいという人がいるんですから、安心してくれてやりましょうね。

    旦那さんがいないというだけで、今まで不安や苦しみからは解放されます。
    新しい悩みは、また新しく考えればいいですから、一歩一歩進んでください。
    こんな場所からですが、応援しています。

  9. しゅぶた より:

    今回はご主人の心の病気が理由ですが、
    ワンコロさんは最後の一歩の所で
    ご自分で離婚しない(できない)
    理由を探してしまうのでは…。
    ここを訪れたみんなが背中を押します。
    頑張って!

  10. ティーンの母 より:

    私自身の経験ではなくて子供の友人達のことになるのですが、
    ワンコロさんの今後の参考になればと思うので書き込ませてもらいますね。
    海外だから?なのか離婚家庭がとても多いです。
    半数以上が離婚家庭なのでは?と思うぐらいです。
    子供にとって一番最悪な離婚の時期は多感な10代になってからだと思います。
    反抗期と重なると親の新しいパートナーと上手くいかなかったりもあって
    家出する子が多いです。

    幼い時に離婚経験した子たちは逆で、両家を行き来することにも慣れ
    新しいパートナーを慕って良い関係が築けている家庭が多いです。

    中にはワンコロさんのように母親が夫への情を捨てきれず
    別れても、また仲良く一家で過ごしてみたり、でもまた浮気されて
    父親がいなくなったりを繰り返している夫婦もいます。
    そうすると子供が母親の為に父親を憎むべきなのか?
    それとも実の親子らしく仲良くすれば良いのか?と混乱してしまい
    どちらの親とも良い関係が築けずに居場所失ってしまうのです。

    ワンコロさん、どうかここはお子さんの為に離婚を決意をしてください。
    一旦 きちんと線を引いてしまえば子供はちゃんと適応できます。
    今後も繰り返されるであろう夫の優柔不断な行動によるあなたの苦しみが
    子供の苦しみにもなってしまわないように。

〜 コメントを送信する前に 〜

井戸端会議に遊びに来て頂きありがとうございます。
コメントを頂くことで成り立っているこのコーナー。
コメンテーターの方には大変感謝いたしております。

ネットの向こう側には、悩んでいる方、苦しんでいる方がおられます。
コメントをされる方は、その気持を汲んでいただき、配慮ある言葉選びをお願いいたします。
『それは違うよ!』と思われ、相談者さまとは別角度からのアドバイスを書き込まれる場合、あまりに強く否定的な文脈ですと、文章の主旨が届く前に心を閉ざされる場合がございます。
相談者さまにとっての良い〝気づき〟となるような、心に届くような気持ちでお書きくださいますようお願いいたします。
井戸端会議が多くのお嫁さんにとって有意義な相談場所となるよう、ご協力よろしくお願いいたします。

おすすめ記事
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


2 − 1 =