私の自分勝手で妻と子供に辛い思いをさせたが、やり直したい…

松明さんのご相談

はじめまして悩みがありネットを見ていると、
ここを発見したので色んな方の意見を聞きたくて相談させてください。
今子供二人、現在妻から離婚を切り出されているのですが、そもそもの発端は夫婦感のすれ違いから私が離婚を切り出したあげく私の浮気でした。
それを妻が知りきっぱりやめ外に向いていた目を家族に向けた時に子供の大切さに気付けました。
しかし妻への気持ちが冷めていて夫婦として出来るのか?離婚をして子供のためだけにまとまるのか?その葛藤があり時間が欲しいと妻には告げていました。しかし妻にも不安があったし引き止めてくれていたと思いますが連日離婚するのか?しないのか?と言われ続けその度に揺れ動く気持ちを上手く伝えることが出来ませんでした。
妻も離婚の方向に気持ちが動いていましたが時間を貰えて私自身家事の手伝い、子育てに前以上参加して埋もれていた妻への気持ちを取り戻すことが出来て今までしたこと言ってしまったことすべてを謝罪し家族、夫婦として取り戻したいとお願いしました。
しかし妻も私への気持ちが冷めている、子供のために形は壊したくないから時間が欲しいと言われました。
私の自分勝手で妻と子供に辛い思いをさせ今では深い後悔と謝罪の気持ちでいっぱいです。
私は妻と子供にどのようなケアやフォローが出来るでしょうか?


悩める松明さんに
みなさまアドバイスお願いします!


カテゴリー: 夫婦
スポンサーリンク

私の自分勝手で妻と子供に辛い思いをさせたが、やり直したい… への23件のコメント

  1. 名無し より:

    口だけでなく行動で示す…

    私だったら、プレゼントとか、行動を伴わない言葉はいりません。
    夫がいることで子供や私に笑顔があるなと思えば、別れたくありません。

  2. リンリン より:

    特効薬は無いように思います。
    引き続き、家事を負担し、子育てに積極的に関わり、奥様への愛情を伝え続けるしかないと思います。
    それは小さな石を積み上げるような、不安定で途方も無い作業です。時間もかかります。
    でもコツコツ積み上げるしか信頼と愛情を取り戻す方法はないのでは。
    少しでも嫌な顔をしたり、逆ギレしたりすれば、あっという間に崩れてしまいます。

    お子様にとって良い父親、というのは離婚へ躊躇する大きな要因となります。
    是非お子様のことを大事に、目一杯愛情を注いでください。
    自分のことは後回しです。
    何かご自身が大切にしている物を処分する事も、決意を伝える上で効果的だと思います。
    何か趣味の物やコレクションなどありませんか?
    そして、出来る事をしながら待つしかないですよ。

    あなたはが本当に勝手な最低な事をした償いです。
    ただ人は間違える生き物です。
    反省して、前の主人よりも素敵になった、と奥様に思われるように頑張るしかないですよ。

    • 松明 より:

      ご意見ありがとうございます。
      心を入れ替えるつもりで出来ることをしていこうと今まで妻の仕事のことや私の仕事のことを話したりすることが苦手だったのですが話したり、妻はお酒が好きで逆に弱いのですが一緒に飲んでみたり。
      あとは離婚のことにはあまり触れないようにしています、これは私が本当にしんどかったからです。
      今は私と顔をあわせるのもストレスになっていると思い別居も考えているのですが、最近は子育てもストレスなっているようで任せてしまうのもしんどいと思うので私が連れて行くことも考えているのですが父子家庭で私自身育ち面倒見てくれていた祖母も亡くなり私が連れて行くのは難しいです。

  3. みみこ より:

    ご相談文がとても読み辛いのですが、そもそも離婚を切り出したのはどちらですか?
    切り出す、と言うのは最初に言いだした人って意味ですよね?
    離婚を切り出した後に浮気が発覚して、奥様への気持ちが冷めているから結論を出すまで時間が欲しいと申し出たのは松明さんと言う事で間違いないのでしょうか?
    離婚となった場合は、頼れる親がいないから松明さんではできない、と言う事なのですね。
    なんだか、とても勝手な意見ですね。
    奥様は松明さんにとってどういう存在なんでしょう。
    私なら、この段階であなたへの信頼感はまったく無くしていると思います。
    離婚をして浮気もあったという事なら慰謝料と養育費と公的な手当を受け取って一人で育てていくという選択肢もある訳ですから、不安定な関係にしがみ付く必要なんてないです。
    気持ちが冷めていると、一度自分に言った相手と一緒に暮らすのは勇気が必要です。
    当然、お互いに色々あっての今の状況でしょうが、やり直したいというの事なら信頼回復するしかないと思います。
    奥様が時間が欲しいとおしゃっている、一番の問題は不信感ではないでしょうか。
    大変でしょうが、家族を取り戻したいなら頑張って下さい。

    • 松明 より:

      ご意見ありがとうございます。
      読みにくくなってしまってすいません。
      離婚を最初に切り出したのは私です。
      最初に時間が欲しいと言ったのも私です。
      今私にとって妻はかけがえのない存在です、
      上手く言葉に出来ませんが愛しています。
      妻と子供に一生かけて償いたいです。
      少しでも信頼回復出来るようにしていきます。

  4. ハニー より:

    人にもよるのでしょうが、私は他の女性と性的関係を持った夫とは暮らせません。
    ただ、子供のために我慢できる人もいるのでしょうから、やはり「いい父親」でいることが第一ではないでしょうか。
    愛情がないといっている奥様にべたべたして「良い夫」でいる子とは難しいでしょうから。

    それから、家事は「手伝う」物ではないです。
    ご自分とご自分のお子さんが食べるものを作る、食べたものを洗う、洗濯する、掃除する、全て「妻がやるべきもの」を「手伝う」という気持ちを奥様に察せられるとよくないと思います。

    反対に、奥様との仲をつなぎ留めておきたいのでしたら、奥様に日々感謝の言葉をかけるのはすごく効果的だと思います。

    • 松明 より:

      ご意見ありがとうございます。
      妻は浮気は初めてだから許すと言ってくれていました。
      妻が冷めた原因はその後の考えを上手くまとめるのに時間がかかったことと私の謝罪の足りなさとそのような態度にあったのではないかと思います。
      家事のお話ありがとうございます。
      最初に私が冷めてしまったのも家事の分担で夕飯を担当していたとき風邪で寝込んでいる私にご飯まだ?と言われたことがキッカケだったなと思い出しました。
      いい父親になり妻への感謝の気持ちを大事に関係回復に努めていきます。

      • ハニー より:

        >最初に私が冷めてしまったのも家事の分担で夕飯を担当していたとき風邪で寝込んでいる私にご飯まだ?と言われたことがキッカケだったなと思い出しました。

        ??? すみません、これは「妻も自分に感謝の心がなかったから冷めた、だから自分は感謝の心を持とうと思う」という意味なのでしょうか。

        もしかして、まだ奥様とご自分が対等な立場だと思っていらっしゃいますか?対等ではない、というのも語弊があるかもしれないのですが、浮気した夫が、人からアドバイスされてすぐに「妻もこうだった」と奥様の非を挙げるような思考回路では今後もうまくまとまらないと個人的には感じます・・・。

        • 松明 より:

          対等になりたいと思っていますが対等ではないと思います。
          どこかで妻に対して甘えがありました。
          妻だったからこそ間違いを犯した私が家族の中に居れることに感謝しています。
          そして私自身がいかに弱かったか今になって痛感しています。
          私が間違っていました、自分の考えを捨て0から夫婦になりたいです。

  5. あ。 より:

    子供の可愛さだけで、気持ちが冷めてしまった妻と暮らして行くと言われても何だかなぁ〜って感じです。
    見る方向を変えてみてはどうでしょう。
    貴方の遺伝子を持つ子供を命懸けで産み、愛情を注いで子供を大切に育ててくれている妻。そんな妻を大切に愛おしく思えませんか?
    子育ては本当に大変です。夫の協力があまり無かったなら夫婦間の事は後回しになってしまっても仕方なかったのかも。それを不満に思い外に愛を求めてしまった貴方は妻のこと本当に何も理解してあげてなかったのでしょうね。
    妻メインに考えてみませんか?子供じゃなくて。
    妻の先に子供がいると考え、妻を大切にすればその分妻が子供に更に愛情を注ぐ。
    妻に感謝すれば妻は子供に更に優しくなれる。
    そんな風に今日から妻を大切にしてみてはどうでしょう。そのうち貴方の妻を愛する気持ちも戻り、努力ではなく普通の事として出来るようになっていると良いけれど。
    地道な努力ですが何年かしたら気持ち通じるかもしれません。
    上り一日下り一時です。

    • 松明 より:

      ご意見ありがとうございます。
      今ではとても妻のことをとてもいとおしく感じます。
      今まで三角形のように妻と子供と自分を考えていました。
      妻を子供と自分の間に置くという考え方はなかったので上手く出来るかわかりませんが参考にさせていただきたいと思います。
      ありがとうございました。

  6. てのま より:

    奥さんは、貴方が「後悔し反省して贖罪にいそしむけなげな自分」に酔っているだけなのか・・本当に一生をかけて償うつもりがあるのかを見極めようとしているのかもしれません。
    男性にとってはたかが「浮気のひとつ」でも、女性にとっては「もう二度と一緒に暮らせない」と感じる人もいるのです。
    それほど重大な罪を犯したという自覚があるのかどうか・・

    あとやはり、家事を「手伝ってる」と言われるのは腹立たしいですね。
    本来オンナがやるべきという考えが根底にあるのでは?
    家の中だけじゃなく、お子さんの学校のPTA活動や、土日の学校開放の手伝いなど、地域のボランティア等、家庭人として出来る事はいくらでもありますよ。

    • 松明 より:

      ご意見ありがとうございます。
      私がしてきたことを妻が許すと言ってくれたこと
      決して簡単に言ってくれたとは思っていません。
      今ではどれだけ私が愚かなことをしたかわかっているつもりです。
      あの時妻の気持ちをわかることが出来ていなかったことを後悔しています。
      家事もどこか根底にはそのような考えもあったかもしれません。
      今では二人でカレンダーを見ながらこの日はこうしようとか言いながら出来ていることが嬉しく思っています。

  7. ゆうこ より:

    やられた事は忘れません。
    そして、一度した人はまたします。
    私は不倫されて、自殺未遂までおこしました。
    人生で1番辛い時期でした。
    離婚して15年たちましたが、あの時の感覚は今でも簡単に思い出せます。

    それだけの事をしたんですから、奥様を解放してあげてください。

  8. どすももんが より:

    婚姻契約継続の意志が双方揃ってこその結婚ですので、どちらか一方でもなくなれば継続は不能だと思います。
    私が奥様の立場であれば、離婚して貰いたいです。
    妻の望みを叶えた後、つまり離婚した後で、元妻に対する愛情と誠意が消えなければ、それを根気よく提示して求愛し続けてください。
    この面倒な手順を踏んででも、その人は私のことが好きで求愛してくれているんだと元妻が受け入れてくれたら再婚すればよいのです。
    元通りどころか、さらなる強固な信頼関係となるでしょう。
    受け入れて貰えなくても、最後に希望する離婚という形で奥様を今より幸せにしてあげたことになります。
    子どもの幸せは、不仲な両親がひとつ屋根の下に揃っていることではなく、片親でも親が幸せであることです。
    子どもへの愛情は離婚してからでも問題無く示せます。
    お気を強く持ち、何が愛する人の幸せなのかをご自身で考え、より良い道をお進みくださいね。

    • 松明 より:

      ご意見ありがとうございます。
      そのような提案も妻から言われたこともあります。
      頭ではわかっているつもりです。
      しかし離婚を言われてから4カ月くらいたち、
      私の勘違いかも知れませんが会話が増え、子供たちと四人で笑いあえる場面が増えてきて
      その時間が大切で楽しくてそれが本当にいいことなのかわかりません。

  9. みかん より:

    一度失った愛情を取り戻すのは、大変です。奥様も働いて忙しいようですが、お子さんを預けて二人でデートをして、二人の関係の建て直しをなさってはいかがでしょう。私を含めて日本人は愛情表現が下手な人が多いですが、感謝の言葉なども口に出して言わないと、気持ちは伝わりません。

    また、他の方も書いていましたが、家事を手伝うのではなく分担するという行動でも、愛情表現はできます。忙しいと心に余裕がなくなるので、家事は完璧にやらず、お惣菜を買ったり掃除は外注したり、と省略をして、余った時間を家族の時間にあててはどうですか。

    実は私も口うるさい夫への愛情が冷め、離婚したいと何年も思っていました。が、考え方を変え離婚をやめ、私も変わろう、と関係の建て直し中です。お互い、頑張りましょう。

    • 松明 より:

      ご意見ありがとうございます。
      こないだ誕生日に二人で食事に行こうと妻から提案してくれました。
      あともうちょっとなので楽しみにしています。
      過度な期待はしないように二人の時間を大事にしたいと思います。

  10. しぐり より:

    浮気をした父を持つ子からの意見です。離婚して欲しいです。
    子の立場からしてもそんな愛情の押し売りは正直迷惑です。

    両親も離婚せず・・・という道を選びましたが、ほんのささいな事でも「浮気をした過去」がいろんな形で出てきて、子としてもやりきれない事が沢山ありました。隠そうとしても隠せる事ではないです。お子さんの年齢はわかりませんが、子どもはあなたが思っているよりもずっといろんな事を知ってます。

    私自身、何を聞いたわけでもないのに何となくは察していて、両親はこんなに不仲なのに何故離婚しなかったんだろう、「子どもの為に」離婚しない決意をしたのなら、なんでこんなに私を苦しめるのだろうと常々思っていました。

    また、どんな理由があったにせよ、「浮気したのはこういう経緯で・・・」等という言い訳は一切しない方がいいです。しているつもりは無いかもしれませんが、浮気に至った理由を書いている時点で言い訳です。離婚を切り出すまでに夫婦仲が冷め切っていたのであれば、浮気する前にいくらでも出来ることはあったはずです。

    今は過去を悔いて育児や家事にも積極的に取り組んでおられるようですが、どんなに表面上は取り繕って見せても、一度壊れた信頼関係はそうそう戻せる物ではありません。
    この先奥様やお子さんと一緒にいたいと強く願うのであれば、「フォロー」「ケア」などという上からの目線ではなく、一緒にいられるだけで幸せなのだから、その幸せを守るためにはどんなことだってする、ぐらいの覚悟が必要だと思います。

    奥様があなたと一緒にいるという決断をなさっても、「浮気をした事実」は一生涯奥様を苦しめることになります。ささいな喧嘩や意見の食い違いで「浮気をした事実」について責められる事もあるかと思います。
    その時決して言い訳や反論はしないで下さい。裏切りの代償はあなたが考えているほど小さな傷ではありません。全くふさがらないかさぶたのようなものです。ほんのちょっとしたきっかけでむき出しになって再び奥様を苦しめる傷です。10年、20年経ったから治る傷ではないのです。生涯をかけて謝罪するしかありません。

    その覚悟を持って、心底本音で奥様に謝罪と感謝を日々積み重ねていくしか道はないと思います。そして奥様が「離婚」という道を選ばれた時、すぐに応じるのがあなたにできる最良の謝罪の形だと思います。

  11. くみ より:

    奥様の気持ちを考えたことがありますか?
    いきなり離婚を切り出された時の気持ち。
    浮気を知った時の気持ち。
    「子どものために」なんて小ぎれいな言葉で戻りたいと言われた時の気持ち。
    離婚したいのかしたくないのか、どっちつかずの態度を示された時の気持ち。
    今まで2人で積み上げてきたと思っていたものを、あっけなく壊された時の気持ち。
    これまでの年月や思い出が、ガラガラと崩れ落ちた時の気持ち。

    奥様のために何が出来るかを考える前に、奥様がどんな気持ちだったかに気づくのが先ではないでしょうか。
    それができない限り、何をやっても奥様は「上っ面だけで信用できない」という気持ちでしょう。

    しかしあなたは本当に奥様とやり直したいのでしょうか。
    「深い後悔と謝罪の気持ちで一杯」と言いながら、相談文の文頭は「妻が離婚を切りだし・・」だし、離婚の話は自分が辛いからと避け、子どもを見てくれる人がいないから別居できない、あげくに「風邪の時に妻に冷たくされたから気持ちが冷めた」など自分の都合と言い訳。
    家事を手伝う、ケアやフォロー(これも手伝いと同義語)という他人事のような言葉。
    「謝ってるじゃないか。こんなにしてやってるのに。俺ばかりが悪いわけじゃない」という気持ちが見え隠れしています。

    奥様がもし離婚を望まれたら、すべての条件を受け入れて反論せずに別れてあげてくださいね。
    それが一番分かりやすい「後悔と謝罪の気持ち」の表し方だと思います。

  12. 年上女房 より:

    読んでて思ったのは、語弊があるかもしれませんけど
    夫婦の力関係が定まっていないのかな?ということです。
    推測ですが、浮気前まで「妻の尻に敷かれる」タイプの夫だったのでは?
    浮気をきっかけに下克上的に一時的に上位に立ち、
    妻が引き留めてくれることを内心喜んでいて
    離婚の決断権は自分にある!と答えを引き延ばしていたら
    その間に妻も冷静になって、「この人と結婚生活を続けるメリットは何?」
    とすっかり気持ちが離れてしまったのでしょう。
    その状況になって初めて妻の尻の下が急に大切な居場所に思えたのでは?
    こういう経過だと妻から見て松明さんに夫としての誠実さや
    男性的な魅力も何も感じられないですよね。
    だから皆さんのアドバイスで、残された「良き父」ポジションを死守すべきと言われてしまうんですよ。
    自分に自信の無い男性には魅力を感じません。
    飲めないお酒を必死に飲むとか、そういうことではなくて
    仕事でポジションを上げる、収入を増やすとか
    もっと自分に自信をつける努力をすることが近道だと思いますよ。

  13. いないな より:

    子供が親に本当に求めているものの一つはご存知ですか。
    「夫婦喧嘩しない両親」です。仮面夫婦も夫婦喧嘩です。
    仮面夫婦をする前提で同居生活するなら
    別居した方が「子供のため」だと思います。

    自分が「いい父親に戻りたい」のであれば潔く別居しませんか。
    「パパの家」「ママの家」と分けるだけ。そして奥様のところに戻らない。
    以降はお子さんが行きたい家に行き来するでしょう。
    夫婦間、親子間の溝をこれ以上深くしないためにも
    ご自分からその家を出た方がいいと思いますよ。
    (自分名義の家だろうと、今はそこはこだわらないことです。まず行動です)
    それが家庭を壊した代償であり誠意を見せるって、そういうことだと思います。

  14. 最近ずけずけ言う より:

    相手の喜ぶことをする。いやがることはしない。

    何をすれば喜ぶのか、また、いやがるのか、わからない場合は行動+観察につきます。

〜 コメントを送信する前に 〜

井戸端会議に遊びに来て頂きありがとうございます。
コメントを頂くことで成り立っているこのコーナー。
コメンテーターの方には大変感謝いたしております。

ネットの向こう側には、悩んでいる方、苦しんでいる方がおられます。
コメントをされる方は、その気持を汲んでいただき、配慮ある言葉選びをお願いいたします。
『それは違うよ!』と思われ、相談者さまとは別角度からのアドバイスを書き込まれる場合、あまりに強く否定的な文脈ですと、文章の主旨が届く前に心を閉ざされる場合がございます。
相談者さまにとっての良い〝気づき〟となるような、心に届くような気持ちでお書きくださいますようお願いいたします。
井戸端会議が多くのお嫁さんにとって有意義な相談場所となるよう、ご協力よろしくお願いいたします。

おすすめ記事
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


7 − 5 =