「婚活」を経てお嫁さんになられた方、体験談を聞かせて!

すすきさんのご相談

…と言いますのも、私現在37歳婚活中。
本格的に活動するために結婚相談所に登録してから半年、 やや苦戦をしており気分も沈みがちです。
生涯の伴侶を見つけるんだからそんな簡単にはいかなくて当然! とは思うのですが、プロフィールを見ただけでお断りされることが何十回と続くと、さすがに心もへこたれてきます。
(婚活アドバイザーさんと一緒にプロフィールの文面や 掲載写真などに問題が無いかどうか、見直してはいるのですが。)

相談所まかせではいけないと思い、婚活イベントに参加したり、 友人知人に紹介を頼んだり、と出会いのチャンスは増やすように していますが、そんな日々がだんだん苦痛に…。
でも結婚はしたい。
誰かと支え合って暮らしたい。
それならやっぱり婚活はしないとっ。
といった感じで、自分を叱咤する日々です。

婚活の末に幸せになった方々の体験談を聞いて、 未来に希望を抱ければと思っています。

どうぞよろしくお願い致します。


夢に向かって動いているすすきさん。
良い結果に繋がって欲しい!!

婚活という名が流行り出してから
もうだいぶだってますよね。
きっと、婚活を経てのカップルは
たくさんいると思います!
みなさまの婚活体験談
どしどしお寄せください!


カテゴリー: プレ嫁


「婚活」を経てお嫁さんになられた方、体験談を聞かせて! への31件のコメント

  1. mamechi より:

    私も20代後半から結婚相談所やお見パにこっそり行ったりネット婚活登録したり。
    でもどれも上手くはいきませんでした。結局初対面の人と会うので相手を値踏みしちゃうしされちゃうし。
    付き合うことになっても親や知り合いに紹介しずらいし。会うことが苦痛になって私からフェードアウト・・・ということもしばしば。
    言い方が悪いですが・・・他にいい人がいるかも。と、とっかえひっかえになりがちなんですよね。。

    ただただ稼いで家と仕事場を往復してた毎日でしたが、手に職をつけたいな。と、今までしたことものなかったネイルのスクールに通い始め、「練習の為に指を貸してくれー!」と知り合いに片っ端から連絡を取るようになり、久しい検定試験に忙しくなってた頃、ぽつりと会社の仲のいい女性社員さんに将来の不安、結婚したいこと等を話すようになった時、偶然通りかかった今の旦那がその女性社員さんに声をかけたことがきっかけで交際に発展しました。
    その後旦那側のご両親の強いススメでお見合いでもないのに出会って半年後に結婚話。さらに半年後に結婚と言うスピード婚です(^_^;)現在結婚後3年目になります。(旦那とは同い年で結婚式当時で35歳でした。一人息子、祖母の体調もありひ孫見せたさにあちらは焦っていたようです)

    それまで他の社員さんも私に対して何も言ってこなかったのに習い事(ネイル)で奔放し、おしゃれにも気遣うように(ネイルスクール自体がおしゃれな場所なので・・)なってたころ、おじさんが何人かうちの息子と会ってみる?とか言ってくる様になりました。

    私の場合はたまたま出会いがあった。というだけかもしれませんが。
    少し趣味の時間で婚活から離れてみてもいいかと思いますし、本当に信頼できる、できれば年上の既婚女性に相談してみるのもいいと思います。

    私の場合ですが、お見パや結婚相談所よりも、自分の知り合いからの紹介のほうがずっと安心して付き合うことが出来ましたし信頼を持てました。
    すすきさんにも良い出会いがありますように(*^-^*)

    • すすき(相談者) より:

      早速のコメントありがとうございます!

      >結局初対面の人と会うので相手を値踏みしちゃうしされちゃうし。

      そうなんですよね…。今まさに感じてる苦痛がそれで。
      そんな風に人を見ちゃう自分が嫌で、婚活イベントなどで
      「なるべく自然体でお相手を見よう」と挑むと積極的になれなかったり、
      「なるべくお相手の良い面を見よう」と挑むと今度は良いとこ探しに
      疲れちゃったり。

      趣味や興味の範囲は広い方なので(それ故に婚期が遅れたとも…)、
      婚活のことばっかり考えないで済むよう、ボランティア活動なども
      始めています。そこで出会いがあったら良いな‥なんて、
      不純な動機も潜んでいるのですが。笑。

  2. 仲良し夫婦 より:

    すすきさん、こんにちは

    私は結婚13年、その1年3ヶ月前に夫とはPCの出会い系で知り合いました。
    でもまだ「出会い系」という言葉は生まれておらず、
    携帯も電話機能だけでメールからのやりとりでしたが、全部パソコンでした。

    3ヶ月後実際に会って、半年後同棲、1年後結婚、33歳の時です。

    そのPCの出会いまでに、お見合い、結婚相談所など色々試し破れ、ネットで出会った人と合コンし、それにも疲れ、今の夫ともう一人とメール交換を続けていました。

    当時の事を、今思い返して思うことは、
    上のmamechi さんと同様、値踏みしてたなぁ、選り好んでたなぁということです。
    自分に合う相手は誰だろう、どんな人だろうって。
    自分ありき、自分の好み、感情ありきだと、相手も同じ様な人を引き寄せる気がします。

    すすきさんは、断ったことはありますか?
    多分、同じ様に写真や釣書で断ったこともあるのではないでしょうか?
    もし、無いのであれば婚活も一歩進んで、惜しいところまで来てると思いますよ。
    でも、断ることがあるうちは、相手にも断られる時期を出れないと思います。

    まずは、誰でも会ってみて、
    この人はどんな人だろう、良い所はどこだろう、どういう考え方をするんだろう、とひたすら聞き役に徹してみるといいかもしれません。
    その時に、判断基準となるのは、相手もあなたのことに興味を持って聞いてくれるようになるかどうかです。
    自分の事を話して終わる人は、結局一緒になってもコミュニケーションがとりにくいでしょう。

    どんなに好きな人と結婚しても、嫌な所は出てきます。
    でも、良い所をたくさん知っていると、そこもまあいいかと思えると思うのです。

    だから、相手の話をちゃんと聞ける人かどうか、
    もちろん、あなたも、相手の話を聞ける心の余裕が生まれているかどうか。

    私は、結局、実際に会って1ヶ月程でとりあえず付き合い始め、
    なんとなく付き合って、マンション購入の為に籍を入れ、
    結婚当時、まぁ一回結婚してもいいか、ぐらいの気持ちでした。
    もう、婚活にも疲れてましたから(笑

    今も当時のことを振り返って夫にも友人にも言っているのは、
    結婚したころの好き度は、20%ぐらい。
    でも、今は、100%かな、200%かな、
    もう、本当にかけがえのない存在となりました。
    のろけて申し訳ないですが、大好きです。

    この13年間で、私も夫に影響されて色々価値観も考え方も変わりましたし、
    夫も出会った当時とは比べ物にならないぐらい、私に合わせてくれるようになりました。

    夫も、まぁ何となく結婚したようですが、今は家族が一番大切だと言ってくれます。
    当時から夫が言っていたのは、入籍はただの通過点。ゴールじゃない。

    すすきさんも生涯の伴侶となる人に早く出会えますように。
    私も、肩の力がちょっと抜けた頃に出会える気がします。

    • すすき(相談者) より:

      >すすきさんは、断ったことはありますか?
      >多分、同じ様に写真や釣書で断ったこともあるのではないでしょうか?

      相談所登録したばかりの頃は、いくつかお申込みを頂いたこともあり
      どうしても無理と思う方(お相手の職業柄今の仕事を続けられなさそう‥
      とても遠方‥申し訳ないけれど外見が‥など)以外は、
      何人かお見合いをし、その後デートもしてみました。
      どの方も真面目で誠実そうで悪い人では無さそうだったのですが、
      どうしても「お友達」以上には考えられず、お断りをすることに。

      気づくと「よく話を聞いて、気持ちの良い反応をする、気さくな女性」
      を演じていて、疲れてしまうんですよね…。
      そういう演技?をしないでも、自然と盛り上がれる人と出会えたら、
      とは思っているのですが。その後さっぱりで(笑)

      >結婚したころの好き度は、20%ぐらい。
      >でも、今は、100%かな、200%かな、
      >もう、本当にかけがえのない存在となりました。
      >のろけて申し訳ないですが、大好きです。

      うわ~、素敵ですね!
      そうですね、最初っから燃えるような恋!である必要は
      無いんですよね。愛をお互いに育てていける人と
      出会いたいです。

  3. 萩乃 より:

    珍しくアドバイス出来そうな案件ですので初めて書き込んでみます。
    婚活から結婚にこぎ着けた人間です。

    私がお世話になったのはmatch.comという比較的堅めなお見合いサイトです。
    下心満載で利用している男の人も勿論いましたが、こちらが相手にしなければいいだけ。真面目に出会いを探している人も沢山登録していたので、利用するのにメリットはあると思います。

    婚活卒業者として偉そうに言わせて頂くと、婚活のコツは数をこなす事だと思います。悪い人ではないんだけどなんだか合わない…という出会いや、変な人から言い寄られたり、下心が見え見えの人が近寄ってきたり、いいなと思った人と上手く行かなかったり、出会いの数だけ心を消耗します。
    それでも休憩しているとその分だけ老いていきます。婚活をする上で、年齢は一才でも若い方が有利です。泣き言を言いながらでも、出会いに繫がる行動を取りましょう。
    「受け入れてもらえない=自分を否定される事」による心の消耗こそが、婚活の一番大きな障壁ではないかと私は思っています。

    現在は結婚相談所に登録しているのですね。
    私は経験がありませんが、友人が相談所経由で結婚に辿り着きました。とても美人な女性です。それでも、そんな人でもすぐには結果を出せませんでした。
    彼女はお相手と出会うまでにいくつか相談所を変えています。
    相談所という枠は特に登録者の流動性が低いように思われるので、結果に結びつかないようであれば狩り場を変えてみた方がいいでしょう。

    大変失礼ながら正直に言わせて頂くと、婚活市場で37歳という年齢は不利な要因に入ると思います。
    ですからその分をカバーすべく、出会いのきっかけを人一倍増やして頑張ってください。
    相談所の斡旋だけでなく、多少無理にでもツテを頼って昔ながらのお見合いをするとか、周りの方にいい人を探していると公言するのもご縁に繫がると思います。強い拒否感が無ければマッチングサイトもおすすめします。新しく趣味を作って交流を広めるのもいいと思います。

    私の場合ですが、30を過ぎた頃から合コンをする男性メンバーに事欠くようになった為、比較的良いところにお勤めをしている人と知り合い、その先の同僚や同級生を狙いにいくつもりでかなり事務的に数(サイト上でメッセージのやりとり)をこなしました。一度二人きりで会ってみて、そこから「私たちはイマイチな感じですけど、お互い出会いを求めているのだから合コンしませんか?」と持っていくつもりでした。
    そのためサイト上で知り合う人に対して結婚相手像を求めなかったので、数をこなすのも比較的楽でした。絶対好きにはならないなと思う人も、葱背負った鴨だと思えると心をこめてやり取り出来ました。
    結果、サイト上では全然ピンと来なかったのに実際会ってみたら素敵な人が数人いて、そのうちの一人から特に熱心にアプローチされ、
    「いい人かどうかまだわからないけど、選り好み出来る立場じゃないし…」と考えてとりあえず付き合ってみたところ、とても大事にしてくれて、深く知りあってもマイナス面が出てこず、更には登録されていた以上の条件だったという思わぬボーナスもありました(条件に色をつけている男性がわりと多かったのですが、うちの人の場合はお金目当て過ぎる人が寄ってこないように年収低めに登録していました)。
    経験談を書くとこんな流れですが、上手く行かない出会いを沢山こなしての最後の最後の結果です。友人に紹介された人と一対一で会った事もあります。主人と付き合う事になった時も、「問題のある人だったらすぐ別れればいいんだし」と思ってのスタートでした。

    繰り返しになりますが、私は「出会いの数を増やす事(数をこなすこと)」をお薦めします。
    それから良い出会いがあった時に勝負出来る女性であるように、ご自分を磨いてください。磨き方は「ルールズ」という本を参考にしてください。
    以前に流行った本なのでもしかしたらご存知かもしれませんが、古くさいながらも鉄板だと思います。出会い活動の前にまず一読を!

    すすきのさんのやる気に繫がる事を願って蛇足ながら書かせて頂きますと、私は婚活の末に三高で自分のタイプの容姿の人と結婚し、今は専業主婦として暮らしています。とても大事にされて毎日幸せです。

    早く運命の方と出会えるといいですね。
    信じていれば願いは叶うと思います。
    応援します、頑張ってください 😉

    • すすき(相談者) より:

      >それでも休憩しているとその分だけ老いていきます。婚活をする上で、年齢は一才でも若い方が有利です。
      >大変失礼ながら正直に言わせて頂くと、婚活市場で37歳という年齢は不利な要因に入ると思います。

      そうなんですよね(;_;)
      あと誕生日まで数か月、そしたらもっと不利になっちゃう
      と思うので婚活疲れを感じつつも、思い切って一時活動停止には
      踏み切れないのです。
      登録相談所を替えるというのも、視野には入れていますが
      なにぶんお金がかかることなので、もうちょっと今のところで、
      頑張ってみようと思います。

      〉婚活卒業者として偉そうに言わせて頂くと、婚活のコツは数をこなす事だと思います。

      そのお言葉、胸に刻んでおきます。

  4. えりりん より:

    辛口です。
    結婚紹介所に入る男の人って、子供を産んでくれて家事をちゃんとしてくれる素直な子を求めると思います。
    なので20代、せいぜい30代前半じゃないですか?
    30代後半になると、よっぽどの美人か資産家でなければ、選ばれないでしょうね。

    私も30手前でちょっと焦って、話だけ聞きに行った事ありますが、なんせ30前に。
    女の価値は20代じゃないとってな具合い。
    うんざりして、やめました。
    なのでアドバイザーの方もわかってると思いますよ。
    でも、子供を産んで普通の家庭に収まりたいなら、数をこなさなきゃね。
    1分1秒も無駄にはできません。
    高齢者やバツ1も狙い目です。

    私も30代後半で、子供欲しい病に陥りました。
    年下ターゲットにがんばったのですが、逃げられましたね。
    その後、病気も治まって高校の同級生と結婚しました。
    相手も最初から子供は欲しくないと言ったので、3年ほど付き合いました。
    とはいえ、子供がいない人生で悩んだり、揉めたり色々ありましたが、今では現状を受け止めて、この人でなければと思ってます。
    同級生とはいえ、同じクラスではなかったので、今さら感はなく、でも高校時代の話題やあ友達のうわさで盛り上がれる。
    ちょうど40手前くらいって、仕事や子育ても一段落で、仕事のしがらみや上下関係ない付き合いが心地よくって、同窓会を機会に結構集まりましたよ。
    そんな中から情報得たり、思わぬ人がって事もあるので、同窓会もお勧めですね。
    子供いらない人生の伴侶なら、37歳も40歳もあまり変わりありません。
    焦らず、趣味を広げてみるのもいいと思います。

    人生の伴侶はどっかにはいるので、探さないのは勿体無いですよ。
    がんばって下さい。

    • すすき(相談者) より:

      >結婚紹介所に入る男の人って、子供を産んでくれて家事をちゃんとしてくれる素直な子を求めると思います。

      今、まさに「そうかも…」と思い始めてるところです。
      しかも私はあまり子どもを望まない派…。
      最初は正直にそのことをプロフィールに書いちゃっていたのですが、
      婚活アドバイザーさんの強い進めもあり、現在はそのあたりの
      表現をやんわりとぼかしております。
      (お相手を裏切ることの無いよう、強く子供を望まれている方には
      お申し込みをしない、交際に発展したら早いうちに自分の本音を言う、
      等のルール決めをしております。)

      …なんだかこう書くと「子どもを望まないのに結婚はしたいって、
      身勝手なんじゃない?!」とお叱りを受けちゃいそうですが。
      それでもやっぱり結婚したいと思ってしまうのです。

      自分で書いてて、こんだけ自身の条件が悪いんだから
      婚活苦戦しても当然だなーって気がしてきました(笑)

  5. とまと より:

    すすきさんこんにちは
    私もなかなかお付き合いするまでにこぎ着けず、
    自分に自信がなくなった時があります。悲しいですよね。
    私は結婚相談所に入ったことはないのですが、
    おそらくプロフィールでお断りする方は
    すすきさんのことを何も見ないまま
    年齢だけでお断りしているんじゃないかと思います。
    一般的に男性は若い女性と結婚したいですからね。
    すすきさんご自身に問題があるわけではないと思いますよ。

    結婚して、気持ちが落ち着いた今、気付いたことは
    大切なのは「この人といると楽しいな。また会いたいな」と思わせることなんじゃないかと思います。
    どうしたらそう思わせることが出来るのかは
    やはり沢山の人とお話して
    沢山の物を見て聞いて
    経験して練習するしかないのではないかなと思います。

    失敗しても良いくらいの気持ちで
    沢山の方と会話の練習をしてみてはいかがでしょうか。

    結婚したいと願っているすすきさんには
    きっと素敵な男性が結婚しないで待っていてくれると思います。
    頑張ってください。

    • すすき(相談者) より:

      >失敗しても良いくらいの気持ちで
      >沢山の方と会話の練習をしてみてはいかがでしょうか。

      そうですね。
      上手くいかない時期は練習期間と割り切って、
      会話そのものを楽しむようにした方が良いかもしれませんね。
      断られ続きで、消極的になってしまってましたが
      皆さんの回答を読んで、苦労して当然、苦労しつつも
      最後には幸せになれた人がいっぱいいるんだ、と実感でき
      希望が湧いてきました。

  6. ぶー より:

    はじめましてぶーと申します。
    私は20代半ばで長くお付き合いした方と別れてから、36歳で結婚が決まるまで、お見合い、合コン、紹介等々の長い長い婚活期間がありましたので、すすきさんのお気持ちよく判ります。「選ばれない」って事の辛さと言ったらもう・・・。
    「え、こんな人からも私選ばれないんだ・・・」って思いを何度もしました(相手もそう思ってたんでしょうけど)。
    私は夫とはあるSNSのコミュニティで知り合いました。歳も近く話しも合ったのですが、とにかく物理的に距離があり、お互い縁もゆかりもない地だったので、恋愛対象とはならず、2,3年ほどネット内のみのやりとりをしてました。ある時彼が用事でたまたま私の住んでる地方に来る事があって・・・。で、そこからは本当にとんとん拍子で、1年後には結婚してました。
    はっきり言って彼の条件はよくありません。あの長く苦しい婚活期間がなければ選ばなかった相手かな。でも優しいし、私を守ってくれようと頑張ってくれてますし、顔が可愛いいわけでもなく、性格もいいとは言えない私には上出来だと思ってます。
    アドバイスと言えるかどうか判りませんが、私が婚活中悩んでいた時見てもらった占い師の人に言われた言葉です。
    「とにかく身軽にしておきなさい。仕事でも結婚でもチャンスはそんなに多くはない。ならば来たチャンスを逃さないため、いつでも鞄ひとつで出て行けるようにしておきなさい。大事なものはちゃんと(胸に手をあてて)ここにあるのだから大丈夫。」
     あと、これは既婚者としてひと言。今までとは違う、男の人にいる場所に趣味嗜好のアンテナを延ばすといいと思います。例えば野球、サッカー、プロレス、バイク、ガンダム等々。私自身独身の時は探してもいなかった独身男ですが、結婚して旦那と共に行動するようになったらいる所にはいると言う事が判りました。なんだこんな所にいたのかあって感じです。

    すすきさんによいご縁がありますように。

    • すすき(相談者) より:

      占い師さんの言葉、素敵ですね。
      「身軽にしておく」それなら、私にもすぐ出来そうです。

      〉今までとは違う、男の人にいる場所に趣味嗜好のアンテナを延ばすといいと思います。

      なるほどー。趣味は広い方なのですが、
      なぜか行く場所行く場所、女性とお年寄りばかりで(笑)
      楽しくはあるのですが出会いにはつながらないのでした。
      あえて、男性目線の趣味を覗いてみるというのも手ですね。

  7. たけのこ より:

    婚活やパーティーは競争率が高いので、自分の好きな趣味のクラブなんかに通ってみてはどうですか?結婚相手のいそうな地区のサークル(特に体育系)やカルチャーセンターなんかに通ってもいいかもです。囲碁や詩吟などを始めて親世代から攻めるって手もあります。大学や企業の社会人向け講習会等も出会いの場として面白いと思います。探せば色々ありますよwファイトー!

    • すすき(相談者) より:

      結婚相談所が「出会いの最終手段」みたいに考えていて、
      ここでダメならもう出会う場所なんてないよ~
      なんて悲観していたのですが、
      まだまだ発掘する場所がありそうですね。

      大学や企業の社会人向け講習会という発想は無かったです。
      たとえ出会いがなかったとしても、得るものがありそう。

  8. GARY より:

    結婚紹介所に入会し、旦那と出会い結婚に至った者です。

    「だんだん苦痛に…。」というお言葉に、あ~私もそうだったな〜と思い書込みました。

    記憶が若干曖昧ですが、私の場合は結婚紹介所からひと月に三人くらい紹介され、PC上でお相手のプロフィールを見て直に会うかどうかをPCで回答してました。
    紹介所主催のパーティーなんかも行きましたが、4ヶ月くらいで疲れてきてしまい活動休止を申請し暫く新規紹介は止めてもらいました。でも焦る気持ちはあって、その間は仕事で知り合った人に頼んで合コン開いたりしてましたが、友人がそこで先にお相手を見つけちゃう始末で…。

    もういい加減疲れたわーって感じで活動を止めたのが、紹介所に入会して7ヶ月後。そんな頃に紹介所で二回目に紹介されて実際に会ったけどお断りした方(今の旦那)から突然の電話。
    まず誰?って感じですっかり忘れてたし、紹介所経由でお断りしてるし本来はルール違反でしたが、なんかヤケクソ気味に「会いませんか?」と私からお誘いしました。そこから交際が始まり2年半後に結婚、現在7年目です。

    後からわかったんですが、私と旦那の担当スタッフさんが同じ人だったようで、一ヶ月遅れて入会した旦那に私の事をお似合いだと強く勧めていたんだそうです。さすがプロだねーと旦那と驚きました。

    それと私の場合、旦那の顔は絶対タイプではないはずなのに、写真を一目見て直感的に「この人良くない?」って思っちゃいました(笑)
    なのに一度断ったちゃったんですよね。最初の印象と違う感じのメールが来たから、というどうでもいい理由で。今思うと旦那も慣れない文面のメールで一生懸命デートに誘おうとしてたんだなーと思います。今じゃ事務連絡的なメールしか来ませんが(汗)

    ちなみに、妹も婚活サイトに登録して結婚し子供二人に恵まれてます。

    アドバイスはありませんが、体験談という事で。あ、もちろん結婚して良かったと思ってますよ。

    • すすき(相談者) より:

      相談所の紹介で出会われたんですね!

      私の登録しているところは、自分で検索してお相手を探し、
      自分でお見合い申込みをするシステムです。
      検索条件が高望みしすぎてないか(笑)も
      アドバイザーさんに確認してもらってるんですけどねー。
      あまりに断られ続きで、ちょっとそのサイトにアクセスするのも
      気が重い…というのが今の状況です。

      でも皆さん、苦しんで乗り越えてらっしゃるのですね。
      辛すぎたらちょっと低速にしつつ、でも諦めない。
      そのくらいが良いのかもしれません。

  9. ゆき より:

    結論を言えば縁がなかった、それだけなのに、「書類で選ばれる」という特性上自分に自信も無くなってきますよね…
    大丈夫ですよ!疲れたら少しお休みしましょう^-^

    結婚相談所を利用した事はないのですが、私は友人の紹介を頼って長年過ごしていましたが縁がなく、だんだん紹介もしてもらえなくなり…笑
    もう人に頼る時期は終わったんだ!と気づき、SNSで地元の飲み会の集まりに参加して、そこで出会い、結婚しました。
    正直、見た目はぜんぜん好きじゃなくて、それどころか「無い無い」と思っていたのですが…すごくリラックスできる相手だったんですよね。
    とまあ、私の話はいいか…笑

    疲れている時はお休みしても良いと思うんです、疲れてる時はきっとそーいうタイミングじゃないと思うんです。
    ただ、ちょっとやる気が出てきたら、新しい場所に行ってみるのをお勧めします!
    「婚活」という括りから離れて、ジムとかスポーツはいかがですか?
    あと、バーなんかも、独身男性がのんでたりしますよ^^
    出会いはありますよ、頑張って下さい!

    • すすき(相談者) より:

      〉疲れている時はお休みしても良いと思うんです、疲れてる時はきっとそーいうタイミングじゃないと思うんです。

      そうなのかもしれません。
      「こんな辛い気持ちで誰かと会っても、
      きっと魅力的にはふるまえないし…」
      という気持ちと、
      「それって逃げなんじゃないの?!
      年齢的にも休んでる暇ないよっ」
      という気持ちの間で揺れて、
      さらに苦しくなるという悪循環。

      でもちょっと涼しくなってきたし、
      ぼちぼちともう一回踏み出してみようかな‥
      そんな風に思い始めてます。

  10. 剛毛シンデレラ より:

    こんにちは、すすきさん。
    30代半ばの者です。わたしも長い婚活を行って、旦那さんと出会い結婚しました。

    20代後半に結婚前提に付き合っていた男性と別れ(相手の家庭の事情)、そこから怒とうの約6年婚活を行いました。

    月に一度定期的な合コン(友達同士でサークル活動のような感じで)、+不定期合コン、会社のおじさんからのお見合い、婚活パーティ、友達からの紹介…等々頑張りました。
    いなかったり、ふられたり、友達がくっついたり…
    下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる精神で頑張っていました。

    周りの企業の人とほとんど飲んだと思います(笑)
    辛かったですね…運命の人はいないのか…と凹んだ時期もありました。
    めんどくさくなって、やめたい!!と何度も思ったことか…。
    女子力を上げるために、ダイエット、ピラティス、ヨガ、会社のサークル活動に加入、月一美容院…いろいろしました。

    その中でお付き合いまでこぎつけても、
    男性の「結婚したい!」という強い意志のある人はいませんでした。
    付き合い=結婚
    とすぐに思う結婚願望が強い男性は今の時代少ないな…と思いました。結婚願望がある人はすでに結婚している人でしたから…。周りの独身男性は草食でした。

    『結婚願望が強い男性は、婚活をしている人だ!』と思い、
    婚活サイトに登録をしました。(月会員で数千円)
    金額も出せる範囲だったので、1年期限を決めて頑張ってみようと思いました。

    その会員婚活サイトは、免許証など身分証明書の提出があるので安心して利用していました。
    段階としては、
    1.プロフィールを見て、婚活サイト上でメッセージを送る。
    2.婚活サイト上でメッセージやりとりのネットだけのお付き合い。
    3.お付き合いから個人のメールへと移動。
    4.実際に会う
    5.つきあう?つきあわない?
    みたいな感じです。

    最初は、ライトなプロフィールでありきたりなもの「趣味は、料理と読書」と入力していましたが、
    男性からのメッセージのやりとりのお誘いがなく、
    「お金の無駄じゃん!工夫しよう!!」
    と思いました。
    「趣味は料理と読書」という27歳の女性と、35歳の女性だったら、絶対男性は27歳に興味を示します。若さにはかないません。

    そこでわたしは、プロフィールの工夫を考えました。

    まず、行ったのが『男性に細かく分かってもらう』ことでした。
    わたしの趣味が恥ずかしいと思い、友人や知り合いに隠していたのですが、
    ・漫画、ラノベ
    ・アニメ鑑賞
    ・ゲーム
    でした。なので、
    そのことを事細かに「どんな作品が好きで、どんな監督が好き…」みたいな事を熱く入力しました。

    そしたら、同じ趣味や共感してくれた男性からメッセージのやりとりのお誘いがわんさか!
    この違いにビックリです。(合コンとかでも内緒にしてたので…)

    次に行ったのが、
    将来どんな家庭を築きたいかを文字で表現することでした。
    「わたしと結婚したら、こうしてあげられるよ。一緒にこういううのをできたらいいね。」
    みたいなプロフィールを男性が将来の幸せなことを想像しやすいように、具体的にプロフィールに書いてみました。

    同じ趣味の男性達の誘いがきたなかで、メッセージのやりとりをして、一番自分にしっくり馴染んだのが、今の旦那さんです。
    メッセージのやりとりを3か月ほど行い(他の男性とも併用)、実際に会い、付き合うよう(退会)になりました。
    お付き合いから結婚式まで1年くらいでした。
    やはり結婚願望がある男性は早いな…と実感しましたよ。ポンポンポン!でした。

    旦那さんは出版業界で働いていて、同僚や友人に隠れて婚活をしていたそうです。ネットの婚活サイトなら、仕事が忙しくても、婚活ができると思って登録していたようです。
    結婚相談所はめんどくさかったようですよ。
    休みが不定休で、帰りも遅い男性は婚活サイトを利用している人が多いと思います。
    結婚相談所よりも敷居が低いので、結婚願望がある多くの男性が登録していると思います。
    ぜひ、すすきさんにオススメなので、結婚相談所と婚活サイトを併用されるのはどうでしょうか(*^-^*)

    旦那さんとは同じ趣味で、毎日がとても楽しいですよ。
    休日は、展覧会、映画等デートを楽しんでいます。家では、二人でアニメを見たり、ゲームをしたり、映画を見たりダラダラしています。
    今はベビ待ち夫婦です。前向きに二人で頑張っていますよ。

    趣味って大事だなって思います。男性は共感してもらうことが大切みたいです。すすきさんがもし趣味が無いようでしたら、この機会に趣味を作るのも良いと思います。
    『男性が好きな趣味』に手を出すいい機会かもしれません。
    わたしは婚活中に海釣りも週2ペースでやっていましたよ(笑)おじさんの知り合いが増えましたよ♪

    凹むことも多い婚活ですが、何事も前向きに頑張っていればうまく物事が行くと思います。
    凹んでからまた立ち上がれば良いのです^^
    神様は乗り越えられない試練は与えないって言いますからね。
    すすきさんファイトですよ!応援しています!! 😛

    • すすき(相談者) より:

      あ!私も剛毛シンデレラさんと同じような趣味です。
      どちらかというと自分で作る方に熱中してますが。
      確かにこの手のオタク系趣味って、
      カミングアウトしにくいですよね…。
      でも、同じ趣味の人と暮らせたらこの上なく楽しそう!
      (本棚がいくつあっても足りなくなりそう。笑)

      〉「わたしと結婚したら、こうしてあげられるよ。一緒にこういううのをできたらいいね。」
      みたいなプロフィールを男性が将来の幸せなことを想像しやすいように、具体的にプロフィールに書いてみました。

      なるほど~。これは参考になります。
      さっそくプロフィール文を見直してみようかな。

  11. いないな より:

    私の友達に「自分、一生独身ですから!」という人がふたりいましたが
    (それぞれ独身人生を楽しく謳歌しておりました)
    どちらも40を過ぎてほどなく結婚、子供にも恵まれました。
    たぶん本人が一番驚いていると思います。(笑)

    そのように、なにか吹っ切れたらひょっこり良縁に出会える気もします。
    ご縁がありますように!

    • すすき(相談者) より:

      私の知ってる人にも40で結婚された方、二人ほどいます。
      ただ、どちらもたいへん美人な方で…。
      友人にも「あれは特別な例だから、あれを見て希望を持つのは
      ちょっと‥」と言われる始末(笑)

      でも、婚活に縛られて自分の人生を謳歌しないのは
      勿体ないですよね。気晴らしと、人生の充実を目指して
      もっと外に目を向けてみます。

  12. 葉な より:

    私も彼氏欲しいな〜、いい人いないかな〜?って思って
    (多分)ギラギラしてた時は変な人ばかり寄ってきました。
    例えば結婚してるおっちゃんとか遠距離恋愛中の年下とか…。
    きっと素敵な人は危機意識の強い女性ががっつり捕まえてて
    もう残っていないかも…そしたら一人で生きることになるかもなあ…
    と思い出し始めて、ならそれなりの準備をしようと目先を変えて
    いろいろ始めた頃に今の夫に会いました。
    なので一度他のことに目を向けてみるのもいいかも知れません。
    その方が自然な魅力がでてくると思いますよ。
    新しいことを始めるのは新しい出会いがあるということなので
    おすすめです。

    • すすき(相談者) より:

      結婚できなくても一人でちゃんと生きていける準備、
      それをしておくと心に余裕が生まれて、
      視野が広がるのかもしれませんね。

      ここまでコメントをいろいろ読んでみて、
      みなさんめいっっぱい婚活を頑張ったうえで、
      ちょっと視野を広げたら出会えた、
      という方が多いな…と思いました。
      何かとパワーがいりそうで、ちょっと自分にできるかな?
      なんて思ったりもするのですが、幸せになれた人がいっぱい
      いるんだとわかって、希望がでてきました。

  13. うにっこ より:

    子供はいらないけど結婚したいということを読んで、ふと思ったことを書かせて頂きますね。
    婚活の話とはちょっと違うかも知れませんので、「違う」と思われたら読み飛ばして下さいね。

    結婚はしたいけれども色々あって結活の気力を失っていた30代後半で、紹介された40代後半の夫と結婚した私ですが、その夫に言わせると「嫁がまだ30代後半ならば子供も持てるかもしれないと思った。あんたが40代だったら選ばなかった」そうです(苦笑)。結局子供に縁は無かったですが(汗)。

    みんながみんなという訳ではないでしょうが、ほどほどに身の程をわきまえて「若い子とは結婚して貰えないだろうけれども子供が欲しい」という40後半男性は、10歳ほど年下の30代後半女性に対して「自分がギリギリ相手にしてもらえる女性と結婚して子供を持つ」為の最後の砦と思っている節がありそうです。
    (身の程知らずの男性は、若けりゃ若い方がいいと思ってることもあるみたいです・笑)

    すすきさんと似たような年齢から40代の男性は、婚活しているのに「子供がいらない」と言われると、正直引いてしまうかと。
    お子様を望んでいないとのことならば、50代の方も選択肢に入れるとかもアリだと思いますけど、そこまで年上だと嫌ですかねぇ・・・。

    また、子供がいらないということであれば、「見栄えの良い相手じゃなきゃ!」とか「条件がよくなくちゃ!」というのでなければ、30代後半や40代でも出逢いはあると思います。

    すすきさんは多趣味だったり、仕事を続けたかったりと、ご自分をちゃんともってらっしゃる女性のようですから、「結婚→子供」コースを求める男性が多そうなところでの婚活よりも、男性会員もいる趣味サークルやボランティアなどで気の合う方を見つけれた方がいいような気もするのですが・・・。

    • うにっこ より:

      「結活」じゃなくて「婚活」です。スミマセン・汗

    • すすき(相談者) より:

      >お子様を望んでいないとのことならば、50代の方も選択肢に入れるとかもアリだと思いますけど、そこまで年上だと嫌ですかねぇ・・・。

      実は、年上好きの私。50代の方も視野に入ってます(^_^)V
      ただ、50代でもお子さんを強く望まれている男性がかなり多くて、
      ちょっとびっくり、そして苦戦中、という現状です。
      あと、親の介護もそろそろな感じなので、「う~ん、親の介護が
      終わったらすぐ旦那の介護、てこともあるのかぁ」という
      迷いもあるのが正直なところですが。子育てしないつもりなら、
      そのくらい覚悟きめなくちゃいけませんね。

  14. popo より:

    こんにちは~
    子供は欲しくないけど、結婚したい!OKだと思います。
    ただ、男性としては「結婚=子供」って思っている人が
    多いかもしれないです。
    特に結婚相談所に登録している場合は、
    親御さんもしくはご自身がお子さんが欲しくて結婚を
    望んでいる男性だと思います。

    私の友達で未婚の男子(30後半から40後半)
    はみんな人生を謳歌しています。
    仕事は思う存分
    お金と時間は自分の趣味に費やす
    ですから、結婚のはなしをふると「今の自由がなくなっちゃうよな」って言ってます。
    ちなみに半数くらいは彼女はいますがお互いそういう思いみたいです。

    結婚相談所という場所にはいる男性は
    やはり結婚=家族=子供と考えているからこそ
    お金をかけて登録するのでは。
    相談所にいる方とうまくいってもいずれ子供の問題で
    結婚まで至らない可能性もあるかもしれないです。

    子供を望んで結婚したい男性と
    子供が欲しくない男性は
    妻に望むものがずいぶん違います。
    子供を望む男性はずばり「家族」が欲しい
    子供を望まない男性は対等なあ「パートナー」が欲しい
    ってところではないかな。
    子供を望んでいないのなら、相談所よりもご自身の趣味を通じて
    とか、周りの結婚に興味のなさそうな独身男子をねらったほうが
    いいかもしれないですね。子供がいない夫婦の場合
    共通する趣味がすごく大事です。

    ちなみに私の友達は40歳になってバタバタと結婚しました。
    49歳の友人も去年結婚!
    37歳では条件が悪いという意見もありましたが
    子供が欲しくないなら逆に40歳になっても45歳になっても
    全然心配なし!むしろ男性も今まで自由を謳歌してきたのに
    急に結婚したくなるのが40歳くらいからですからね。
    そろそろ結婚したい、でも自由を束縛されるから
    子供はいらないと考えている男性も結構います。
    子供がいらないなら、焦らずにご自分の趣味や交友関係を充実
    させてみてくださいね。
    あ、チャンスは多い方がいいから、もちろん相談所でも網はっといてください。でもそこだけにこだわる必要ないですよ。

    • すすき(相談者) より:

      >やはり結婚=家族=子供と考えているからこそ
      お金をかけて登録するのでは。

      それをひしひしと感じている今日この頃です。
      自分の婚活から離れますが…
      「普通の人はみんなこんなに子どもを望んでいるのに、
      なんで世の中は少子化なんだろぅ」とさえ思うのです。
      よく「経済的な問題(男性の収入が低くて、家族が持てない)」
      という分析を目にしますが、相談所に登録されている
      男性陣はそんなに年収低くはないんですよね。
      なんか、少子化の原因の一つに「男と女のすれ違い」も
      おおいにあるんじゃないかなー、なんて。

      それはさておき、今考えるべきは自分のことです(笑)
      >対等なあ「パートナー」が欲しい
      まさに、私はそれです!
      私の趣味の場って、女性やお年寄りばっかり…と思って
      そこに出会いを求めるのは諦めていたのですが、
      もうちょっと角度を変えてせめて見るのも手かな。
      同じ趣味で盛り上がれる夫婦って、理想的ですものね。

  15. ことこと より:

    以前結婚相談所でアドバイザーをしていました。
    なので、ちょっとだけ辛口です!許して下さいね。

    まず、37歳という年齢はもうそれだけでとても不利です。
    会員男性の大半は、ご自分が40代50代であっても、正直全くイケてない男性だったり、低収入だったり、バツイチであったりしても、「20代の初婚のお姫様」を求めて来る方が大半なのです。
    何度、「ちょっとあんたねぇ!」と思った事でしょうか。笑
    でも残念ながら、これが現実なのです。
    どちらかと言えば、女性の方が現実的できちんと自分の身の丈に合った条件を出される方が多いです。
    結婚相談所では、30代の素敵な女性が、山ほど余っているのが現実です。

    でもそんな中で、ちゃんと幸せな結婚に漕ぎ着ける方というのも、多数いらっしゃいます。
    そんな方々の特徴としては、以下が上げられます。
    ・とても素直(アドバイザーの意見を忠実に守ってくれます。実はこれが一番大事)
    ・よほどでない限り、NOを出さない。(どんな男性でもとりあえず会ってくれる)
    ・常に男性を立てる器量がある。
    ・理想を求めすぎない。(お相手の条件をワンランク下げられる)
    ・めげない、前向き!(これもとっても大事)
    ・自分を磨く努力をしている。(婚活効果で、どんどんキレイになっていく人、意外に多いです)

    アドバイザーとしては、自分の担当している会員さんを成婚させる事が仕事ですから(つまりそれがノルマ)。
    自分のアドバイスをきちんと守ってくれて、素直でめげない会員さんをとても大事にします。
    そんな自分の「イチオシ会員」さんは、他のアドバイザーに自信を持って紹介出来るわけです。
    例えば、お相手男性の条件が35歳までの女子だったとしても、「37歳でとても素敵な子がいるので、ちょっと説得してみてくれない??」という風に、互いの会員トレードなんかが日々繰り返されているわけです。

    正直、女性でも男性でも理不尽なクレームや文句ばかりの方も多数いらっしゃいます。
    しまいには、親がクレームしてくるケースだってあります。(意外に多い・・・)
    あと、女性で多いのが「私をなんとかして!」という根性が丸見えの人。

    正直、結婚相談所に登録したって、本人の努力がなければ絶対に結婚なんて出来ません。
    そして、クレームばかりしている人や、いつも後ろ向きの人は、アドバイザーに好かれません!
    アドバイザーに好かれる事が、実は一番の成功の秘訣かもしれませんよ。
    アドバイザーも人間ですから!笑

    30代女性は、若さと美貌では、20代には勝てません。
    では、20代に勝てること。それは安らぎと安心感です。
    結婚したい男性は、幸せになりたくて結婚相談所に登録しにくるのです。
    「私を幸せにして!」という気持ちは一旦捨てた方がいいです。
    30代でそれをやられると、男性はただただ「重い」だけで、逃げだしたくなるのです。
    「彼女といると楽しいな!幸せだな!」と思わせる事がとても大事です。
    それには、男性に対し絶対に「ダメだし」をしてはいけません。
    例えば、美味しくないレストランに連れていかれたとしても「雰囲気がとてもいいね~」と褒めたり、逆にチェーンの居酒屋につれていかれたとしても「こんな庶民的なお店が大好き!」と言ってみたり。
    男性が大幅に遅刻してきたとしても「本読みたかったからちょっと嬉しかった!」とおどけてみたり。
    つまり、男性のやることなすこと、褒めまくるのです。
    これは正直、とても辛い作業です。
    でも、どうしても結婚したいのであれば、是非やってみてください。
    男性は、自分のお膳立てを褒められる事=居心地の良さとなりますから、そんな女性と結婚したいのです。

    私の担当会員さんで、とても印象的だった方のお話をします。
    初めて彼女に会った時、「難しいな」といのが本音でした。
    37歳、バツイチ。正直、美人でもなく、小太りで、ハキハキ物を言うキャリアウーマン、キツい印象の方でした。
    しかし、彼女は「私、絶対に1年以内に婚約します」と私に宣言しました。
    その後の彼女の努力と変化は目を見張る物がありました。

    まず、絶対に男性をお断りしない。
    正直、「・・・・・・汗」という男性を紹介したとしても。
    「これが私の市場価値って事ですよね!笑 彼のいいところ見つけます!」
    と言って、本当にいいところを見つけて褒める。
    どう見てもお似合いでは無いお相手とも、デートを重ねる。
    そして、お相手を楽しませ、褒めまくる。
    後から聞いた話ですが、これら全て本意ではなかったようですが・・・
    これも結婚へのステップと、覚悟を決めたようです。
    数人の男性を彼女にご紹介しましたが、全員彼女にメロメロになりました。

    そんな素直で前向きな彼女ですから、私も正直に思ったままをお伝えし、アドバイスをしていきました。
    エステに通い、ファッションセンスを磨き、毎週のように相談所に訪れている彼女はみるみる痩せて、美しくなって行きました。
    そして、いつの間にかアドバイザーの間で「誰を紹介してもうまくやってくれる存在」として有名になっていきました。

    そんなある日、あるアドバイザーから「彼女に紹介したい相手がいる」と相談を持ちかけらました。20代女性に振られまくって落ち込んでいる40代の男性が、ようやく「30代でもいい」と言い出したと。
    彼女なら、彼を元気にしてくれるのでは?と思ったようです。

    彼女は彼と結婚しました。
    その男性は、彼女と3回デートをしただけで、プロポーズをしたそうです。
    彼女が相談所に訪れてから、半年後の事です。
    彼女自身、「こんなに素敵な人とこんなに早く結婚できると思いませんでした!」と本人が一番びっくりしていましたが、私に言わせると彼女は本当に努力していました。
    彼女が勝ち取った幸せだと心底思います。

    婚活は、辛くしんどい作業です。
    でも、それを乗り越えて、きちんと足元を見た者だけが勝ち取っていくものと私は思います。
    37歳ならば、休んでる間はありませんよ~
    どうか負けずに、頑張って下さいね。応援しています。

    • すすき(相談者) より:

      アドバイザーさんの本音が聞けるなんて…!ありがとうございます。

      〉何度、「ちょっとあんたねぇ!」と思った事でしょうか。笑

      あはは(笑)なんか、なんだーそうなんだーと力抜けました。
      というのも、婚活の話題でよく目にするのが「理想が高すぎてご縁に
      恵まれない女性」だったり「30代女性は自己評価が異常に高い」
      といった意見で、そうかー私もそうなのかなぁ…と落ち込むことが
      多かったので。男性もそうなのか、それならおあいこだな、と(^_^;)。

      >つまり、男性のやることなすこと、褒めまくるのです。
      >これは正直、とても辛い作業です。

      そうなんです(;_;)辛いんです。
      最初のうちは何人かの男性とお会いする機会がありまして、
      務めて「お相手の良いところ探す」「気持ちよく話してもらえるよう、
      相槌を工夫する」などしていました。たぶん、ある程度できていたん
      だと思います。好感を持って下さっていたようなので。
      ただ、どうしても辛くなってしまって。
      2~3回のデートで「もう無理!」とお断りするはめに。
      これも修行だと思って、続けるべきだったのか…。
      現状は会ってももらえない状態なので、
      この期間をどう過ごすかが課題かもしれません。

      ・めげない、前向き!(これもとっても大事)
      今、私に一番ひつようなのは、これかな。

〜 コメントを送信する前に 〜

井戸端会議に遊びに来て頂きありがとうございます。
コメントを頂くことで成り立っているこのコーナー。
コメンテーターの方には大変感謝いたしております。

ネットの向こう側には、悩んでいる方、苦しんでいる方がおられます。
コメントをされる方は、その気持を汲んでいただき、配慮ある言葉選びをお願いいたします。
『それは違うよ!』と思われ、相談者さまとは別角度からのアドバイスを書き込まれる場合、あまりに強く否定的な文脈ですと、文章の主旨が届く前に心を閉ざされる場合がございます。
相談者さまにとっての良い〝気づき〟となるような、心に届くような気持ちでお書きくださいますようお願いいたします。
井戸端会議が多くのお嫁さんにとって有意義な相談場所となるよう、ご協力よろしくお願いいたします。

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


− 4 = 4