嫁入り物語:episode 8

ファッジの嫁入り物語:episode 8

 

 

そんなこんなで、両家の顔合わせもすんだが

 

 

 

ep8-1

 

 

結納の時は、仲人を快く引き受けてくれた

アニキ夫婦が両家を行き来しただけで

 

 

ep8-3

 

 

 

両家の親が、それぞれの家を訪れることはなかった。

私の姉が結婚した時は

家も近いし、家庭環境も似ていたこともあって

義兄の両親とうちの両親はとても意気投合していた。

 

 

ep8-2

 

 

若夫婦とは関係なく

一緒に釣りに行ったり、旅行に行ったりしていた。

 

 

 

それを思うと、自分の結婚に少々の不安も感じたが

35歳と26歳の当人同士はラブラブなわけで

それで破談になるということはなかった。

 

 

 

 

ep8-4

 

 

当時はまだ、結婚式のメニューといったら

鯛の尾頭付きのお祝い御膳が主流だった。

でも、せっかくフランス料理が自慢の老舗のホテルを

予約したのだからと、憧れのフルコースをねだった。

 

 

 

しかし当日、抹茶家の強い要望で

フルコースにお赤飯がプラスされていた。

今から思えば、ダンナが一生懸命

お義母さんたちを説得したんだろうなと思う(笑)

 

 

 

そして、結婚式と言えば花嫁衣装。

私は母と2人で衣装合わせに行った。

 

 

たしか打ち掛けを5着ほど羽織った頃…

 

 

ep8-5

 

 

と、ピンクの色打ち掛けを私が羽織った時に

母の目が輝いた。

 

 

ep8-7

 

 

この時初めて、

「ああ、私、本当に結婚するんだなぁ…」と感じた。

 

 

↓いつも応援ありがとうございます!

ep8-bana

 

 

 

 

 

2009年10月21日 | 嫁入り物語, episode 8コメント (29)

コメント

まいこ
2009年10月21日 at 3:55 PM

自分の結婚式の時のことも思い出しつつ、
思わずホロリとしてしまいました。

結婚する時は、ラブラブで、先の不安なんて
考えてなかった。
いろいろぶつかり合い、乗り越えて、だんだんと
夫婦になっていくのだと、今、つくづく感じています。

ファッジさんのブログから、いつも元気とパワーを
もらっています。
ありがとう。

tate
2009年10月21日 at 4:45 PM

結婚式には思い出が色々ありますね

結婚する息子にすべてを任せ・・・
遠くからマイクロバスを仕立ててやってきた主人の親戚(ほとんど血のつながらない叔父ばかり・黒軍団)、洋風な結婚式に緊張していたとか
家の玄関に主人の父親のワイシャツ・ネクタイの風呂敷を忘れ、花婿の父は息子の結婚式の日知らない土地で開いてない空いてない店を探し回ったとか
瀬戸物を引き出物にしたら、ものすごく重なり具合がよく、思った以上にコンパクトな箱に収まって、大袋がスカスカだったとか・・・主人の親戚が瀬戸物屋だったとか
用意したタクシーに乗らずに帰った主賓のおかげでタクシーの運転手に迷惑かけたとか

30年経っても思い出すと本が一冊できそうです
ファッジさんみたいに上手く絵がかけたり、文章が書けたらと思いますよ

更新楽しみにしています

coropy
2009年10月21日 at 5:18 PM

いつも楽しく拝見させていただいております。

お母様に花嫁衣装を選んでもらっているファッジさんを羨ましく思いました。

私の時は母にドレスを選んでもらうこともなく終わってしましました。
母も一緒に選びたかったのかなぁと今はちょっと申し訳ない気すらします。

私は4人姉妹の末っ子で、姉は全員和装だったのですが、
主人の仕事の関係でどうしても多くの人に式に出席してもらいたいとウェディングドレスでした。
式場も私の意見は最初から通らず、こちらの予算のことなど関係なく『うちは地味はダメだから、豪華にやるから』とプロポーズすらされていない時から、義母に釘を刺されていました(汗)
料理も年寄りが多いのに対して、『和食なんてダメよ。フランス料理で目の前でステーキを炎立てながら焼いてもらうのよ』ともう義母好み。

結局岩手・宮城内陸地震が起こり、私の親族のほとんどが来れないという事態に。

ただただ慌ただしく終わり『結婚するんだぁ~』ではなく、結婚してだいぶ経ってから『結婚したんだぁ~』と感じています(笑)

先日ファッジさんの本注文しました。
来るのが楽しみです。
嫁入り日記も楽しみにしてます。

太陽ママ
2009年10月21日 at 5:22 PM

あぁもうお母さんの気持ちを想うと胸がいっぱいに・・・。

ワタシの時は、父は結婚式当日の朝からずっと泣いてましたっけ。
そのシーンを思い出す度、胸が詰まります。

みんな結婚式にはそれぞれの思い出が詰まってますね。

微笑ましくて、このシリーズ大好きです!!

vanbi
2009年10月21日 at 5:31 PM

 いつも楽しく読ませて頂いてます。
今日の最後のイラストには参りました。
ファッジさんのお母様の涙、自分の時を思い出して
思わずうるうるしてしまいました。
こんな私はアラフィフ、銀婚式も過ぎてそろそろ
娘が…。座敷牢に入れようかしら。

まめ7
2009年10月21日 at 5:42 PM

ココア母さーんっ。ほろり…(涙)

母の想いですね。。
今まではあまり見えなかったココア家も
じっくり描かれてて嬉しいです^^

女としての生き様。
うちの母と義母も、それはもう面白いくらい全てが真逆です。
母似の私も、当然義母とは北極と南極(汗)

義兄嫁の生き様は義母ととても似ているので、
今だに入っていけない感が強いですが(^^;
まあ、畑が違うというか、別の国の人ってことで
割り切って…もらえたらいいなあと願っています…(弱)

ファッジさん達の当人達がラブラブで乗り切れる感じ、
羨ましくもほほえましく感じます♪
続きも楽しみです♪

はみ
2009年10月21日 at 6:06 PM

はじめまして。
私は来年年明け早々入籍します☆
お母さんの涙に私もホロリです(>_<)
うちはもう母がいないので晴れ姿を見せることができずにとても切ないです。
続き楽しみに待ってます☆

きのこ
2009年10月21日 at 6:44 PM

お母様の気持ちを思うと私も思わずポロリ。
あと私も実母と義母の生き様の違い(これいい言葉だと思いました)にいつも悩まされています。

タウシュベツ
2009年10月21日 at 7:14 PM

う~ん、ホロリ。

おフランスにお赤飯がいいですね~。

バニー
2009年10月21日 at 7:23 PM

ただでは終わらないんだろうなあとは思いつつ、フランス料理にお赤飯にはびっくり!

私もファッジさんとお母さんとのやりとりと同じようなかんじで花嫁衣裳を選びました。
なんだかジーンとしてしまいました・・・

シバ
2009年10月21日 at 9:00 PM

泣ける・・・。

mama
2009年10月21日 at 9:15 PM

いかん・・・・。

お母さんの涙に私まで涙が・・・。
娘の結婚式、私は大丈夫だろうか・・・・。
ただただ娘の幸せをお母さんは祈っていたのでしょうね。

ファッジさんはこの嫁入り物語を書きながら、メイちゃんへの思いは浮かんできませんか?
まだ、高校生ですから早いか。
私の娘は大学生ですが、なぜか母目線でお母さんの気持ちばかりに寄り添ってしまいます。

よっしー
2009年10月21日 at 9:52 PM

きっときっとお母さまはファッジさんがお嫁に行く先のことが心配だったのでしょうね。 

『みんなファッジがキレイでびっくりするわよ。』
のひとことが。

かわいがってもらうのよって、おっしゃっている気がして。

あ、ダメだ。

涙が・・・・

ダブ
2009年10月21日 at 10:53 PM

鼻がツーンっと 来てしまいます

クリームさんも いろんな面で シスターズ対策 とっていたんでしょうね

何があっても 二人が ラブラブで 良かったです 

ぐーぐー
2009年10月21日 at 11:29 PM

わたくしめもホロリ。
あぁ、10数年?前のことだ、と気づくまでにしばしかかりました。

えっちゃん
2009年10月21日 at 11:53 PM

起き抜けのせいか(?)、本文を読んだだけでは泣かなかったのに、みなさまのコメントを読んでうるうるきています。

うちは国際結婚で私は海外に住んでいます。母は外国人と結婚することには全然反対じゃなかったそうですが、「海外に住む(遠くに行く)」ということは「そこまで考えてなかった」そうです。父は。。。長くなるのでやめておきます(笑)

煎茶
2009年10月22日 at 12:11 AM

ファッジさん、いつも更新楽しみにしています!
いつも私の思い出とかぶります・・・。お会いしてお話出来ないのが残念です!!!上手くやっていけると信じつつ事あるごとに感じる空気の違い・・・。言葉に出来ない違和感は積もり積もってやがて涙に・・なんて事も多々ありました。
ちなみに私もファッジさんと同じ年に9つ上の旦那と結婚しました。勝手に親近感です~。

しみ
2009年10月22日 at 6:46 AM

私の年齢世代はファッジさんに近いのですが、
こちらを見るときは何故かお母さまの気持ちになっています。
泣かせるなぁ~ グスッ♥

みか
2009年10月22日 at 8:53 AM

こんにちは。
いつも笑ったり、ほろとしたり、楽しく拝見しています。

今日は 最後に、涙が出てしまいました。
自分の娘が嫁ぐ日、こんな気持ちになるのだろうかと想像しました。
(まだ5歳なんですが…笑)

同時に、私が結婚したときは 特に感動した様子もなかった
母でしたが、本当は うれしく思っていてくれたのかな?
そんな気持ちもわいてきました。

ありがとうございます。

ヒラリン子
2009年10月22日 at 9:00 AM

じーーーーンとなる時ってありますよね。

自分の時を思い出しました。
怖い話でここに書くべきではないのですが書きます。
母と義母と共に決めた黒うちかけを見せたとき
義母「これなら許す」
母もいるのに。。。それを気にしない母も母ですけど。

nami
2009年10月22日 at 9:30 AM

うるうる(;◇;)
みなさんのコメント読んで またウルウル(;◇;)

私も自分の結婚式を思いだしました。
つい 半年前なので。

私の場合は 母に苦労をかけられたりもして、
なかなか複雑な家庭環境だっただけに、

自分が披露宴で、母を手を繋いでお色直しに
向かえるなんて 思ってもみませんでした。

泣いてる母を見て、色んな想いがこみあげて、
やっぱり「ありがとう」って思いましたねぇ。

そんな私も来年春に 「母」になります。
素敵なお母さんになれるかなぁ(´ー`*)

のり
2009年10月22日 at 12:40 PM

いつも職場の昼休みに拝見しています。

ランチしながら、嫁入り物語8を読んでて最後の一コマに
涙がじわ~。。。喉の奥も「くっ」と熱くなり、
咳込んじゃいましたよぉ。

急に母に会いたくなりました(^^)

えりほの
2009年10月22日 at 1:15 PM

いつも楽しく拝見させてもらっています!

お母様の涙。。私まで勝手にもらい泣きです(涙)

自分の結婚式は主人の実家のある大阪で挙げたので
式場探しも衣装選びも、全部主人の両親にお世話になりました。
(その当時、私達は関東に住んでいたので)

で、式当日。

白無垢の着付けを秋田からかけつけてくれて母がしてくれたのですが
あの時の母の涙は、ファッジさんのお母様と同じ気持ちだったのかなぁ…

あの時は泣いてる母につられてホロっとしましたが
今、自分が母親になって、また違う気持ちでホロっ…

母親の気持ちは、自分は母親になってみないと分からないものですね。

長女
2009年10月22日 at 2:39 PM

最後の「ん?!」っていうファッジさんの気付きが良いですね~
^^
ファッジさんのお宅では、
仲人さんが、両家を行ったりきたりする対応で、男性側の親が、嫁側に挨拶をしにくる意思表示は、なくてよかったんですね?!

い~な~ 

私が結婚するときは、ウチの親が「嫁をもらうにあたっての相手側の親の誠意がみえない!!!」と、何かにつけて相手の親の行動を重視していたので、大変でした。。
「結婚は家と家の結びつきでもある!」という考え方が先行したのでしょう。。

結婚とは、いろんな形があると、勉強になります *^0^*

さるるる
2009年10月22日 at 5:07 PM

お姉さまの旦那様のご両親とファッジさんのご両親の関係がとても素敵で理想的ですね(^^)
両家の関係がどこもこんなふうだったらいいのにな~。
お姉さまと同じくお婿さんになってもらった親戚の家は、お婿さん方の家が「婿なんて!」という感じで、すごくすごく気を使って大変そうです。
なんでだろ?と思います。

結婚式でよく男性側はにニコニコ、女性側は涙ほろほろがよく見かけられますが、どちらも笑顔でむかえられたらいいのになあ・・。
お母様の涙にこちらもホロリ。嬉し涙であって欲しいです・・いつまでもいつまでもあなたの大切な娘ですよーと言ってあげたくなりました(;;)

あと、実家との交渉に力を注いでくれたクリームさん格好いいです!

なつ
2009年10月24日 at 12:09 AM

懐かしくなり、結婚式の写真を眺めていたら、
亡き母の写真が…。
うつむいて涙している母の姿に、私も涙があふれました。

「あの息子べったりのお母さんじゃ苦労するわよ。」

と反対した母。

母亡き今、義母は、実母と間違われるほどの関係になりました。(私の遠慮の無さからでしょう。)

ファッジさんのさじ加減、いつもすばらしいなと感心して拝見しております。
続き楽しみしています。

はあて
2009年10月25日 at 7:43 PM

このシリーズ好きです☆
私は、結婚前にほぼ秘密で5年も同棲したあげく、お金がないしダンナは死ぬほど嫌がるしで、結婚式を挙げられませんでした…。
私の両親への挨拶も、「よろしくお願いします。」程度で…
3人姉妹のまん中ですが、唯一の既婚者の私が両親に出来なかったのを本当に後悔しています…(まだ2人とも健在ですが!)
母もこんな気持ちでいたんだろうな…。
……孫の顔、頑張って見せてあげなくちゃと思いました。

みほ
2009年10月26日 at 2:13 AM

PC画面がぼやけて見えません!!
ちょうど今、結婚式の準備段階に入ったところで
そろそろドレスを見に行こうかとしているところです。

遠方に嫁ぐため、私は母には衣装合わせに来てもらうことができず母子の楽しみもあんまりさせてあげられないなぁ…なんて思うと涙が出てしまいます(ノД<)

その分、母は『お義父さん、お義母さんを本当の母親だと思って接しなさい』と言ってくれて…。

両家は結納はせず顔合わせくらいで終わり、旦那の親はなんだかケロッとしているカンジで、結婚てこんなに軽いものなわけ!?と疑ったり…。

2人さえよければいいのかもしれないけど、親や親戚の温度差ってかなり大事ですよね。

ユー
2009年10月31日 at 4:58 PM

はじめまして。ブログ拝見させていただきました。もし、よろしければ相互リンクお願い出来ませんか?
http://jibunchi777.blog45.fc2.com/
★ブログ名★じぶんち島レストラン 

ユー 

コメントを書く

* コメントフィード

トラックバックURL: https://vanillafudge.jp/entry/%e5%ab%81%e5%85%a5%e3%82%8a%e7%89%a9%e8%aa%9e%ef%bc%9aepisode-8/trackback/