嫁入り物語:episode 5

ファッジの嫁入り物語:episode 5

 

 

 

ep5-1

 

 

 

いろんな思いが錯綜したおばさんだが

とにかく本人に確認。

 

 

 

ep5-2

 

 

 

ホテルの打ち合わせには、2人で何度か行っていたので

まさかバニラさんが家族に内緒にしていたとは

思いもよらなかった。

で、私はその事実を知らないまま

バニラさんの実家へ初めて訪問することになった。

 

 

ep5-3

 

 

 

バニラさんからは、母親は自分が2歳の時に離婚し

その後市役所に勤めながら、女手ひとつで育ててくれた

という話しか聞いてなかった。

 

 

 

しかし家には年配の女性が4人と男性が1人。

この人たちが、どういう人かという説明もないままに

私は家族構成から両親の仕事から出身地から学歴から

いろいろと聞かれた。

 

 

滞在時間は1時間ほどだった。

 

 

 

ep5-4

 

 

 

内心私は、私の家族がバニラさんを温かく迎え入れたように

私もバニラ家では、大歓迎してくれるものだと思っていた。

母一人子一人の家庭なら、なおのこと

家族が増えることで

より楽しいひとときが一緒に過ごせると思っていた。

 

 

ところが、招かざる客という感じだった。

本当にどんだけおごっているんだ、私は…

 

 

 

ep5-5

 

 

 

ほっとしたら、涙が出た。

 

 

 

この追いかけて来てくれたおじさんは

お義母さんの4人姉弟の末っ子の弟さんだった。

私はこの時のこの言葉にとても救われた。

てか、このおじさんがいなければ結婚してなかったかもしれない。

 

 

結婚は当人同士がちゃんとしていれば

その家族なんか後からついてくるものだと思っていた。

でも、違っていた。

 

 

結婚後も、私はこのおじさんにとてもお世話になった。

いつも私の味方になって嫁姑の間に入ってくれた。

しかし、残念ながら四年前に癌を患い他界された。

3人の娘さんがいて、末娘さんが私と同じ年だ。

そのせいか私のことも、最後まで気にかけていてくれた。

私のもう一人のお父さんだった。

 

 

 

(続く)

 

 

 

↓応援クリックいつもありがとうございます♪

ep5-bana

 

 

 

 

 

2009年9月30日 | 嫁入り物語, episode 5コメント (116)

コメント

ぽんきち
2009年9月30日 at 2:35 PM

想像と180度逆の展開に
さぞかし戸惑われたことでしょう…
おじさんの言葉で
私も泣けちゃいました

ジジ
2009年9月30日 at 2:39 PM

私も泣いちゃった・・・。

ファッジさんが不安を口にしているのに、「そお?」と言ったにぶいクリームさんに、正直イラっとしてしまい(ごめんなさい)
追いかけてきてくれた、おじさんの言葉に私も泣いてしまいました。

HAL
2009年9月30日 at 3:07 PM

挨拶くらい返せっちゅーねん!!!!とつっこんでしまいました。
クリームさん、この時はちょっとダメダメですねえ・・。

そもそも、なんで内緒にしていたんでしょう?

こちょこちょ
2009年9月30日 at 3:38 PM

内緒にしてるのを知らないままの対面なんて~

男って!男って!!
なんと自分の親とコミニケーションとらない生き物かとつくづく思った私の結婚前後とだぶりましたよ。

自分の思いもよらぬとこで誤解も生むし人を傷つけることもある。

年下のファッジさんにこんな思いさせちゃだめだぁ!
おごってなんて全然無いよ~。
クリームさんも青かったのですね・・・。

おじさんの言葉に書類を涙で濡らしてしまいました・・・エーン

bamboo33
2009年9月30日 at 3:47 PM

私も涙出ました・・・(泣)

招かざる客・・って感じわかります。。。
私だったら落ち込むかムカツクだけだと思うんですが・・
ファッジさんエライわ~。

結婚は当人同士がちゃんとしていれば
その家族なんか後からついてくるものだと思っていた。
でも、違っていた。←ってのもわかる気します~。(涙)

ぁあ~続きが早く見たい~。

ヒロ
2009年9月30日 at 3:51 PM

クリームさん!
もっとしっかりしてよ!!
と、何年も前のこととわかっていながら思ってしまいました。
おじさんの言葉に私も涙です。

ストロベリー
2009年9月30日 at 3:55 PM

私も仕事中泣きそうになりました。

嫁歴20年。結婚直後から家同士、親戚同士の付き合いって大切だと感じました。
でも結婚前に母親に言われても、いまいちピンとこないんですよね。
あー嫁いで判る「こんなはずじゃなかった~」と。

私も主人と結婚するとき後押ししてくれた叔父さんがいたので、すごく良くわかります!
一人でも解ってくれる人がいると安心できますよね。

クリームさんと主人が重なってしまいました。

続きも楽しみにしてまーす。

ダブ
2009年9月30日 at 4:01 PM

おじさんには 色々の事が 良~っく わかっていたんですよね。
クリーム君には もれなく シスターズが付いてくる。お嫁さんの 置かれる状況も・・・
でも、今に繋がって 本当に良かったです。

クリームさんにも 良~っく わかっていたんでしょう・・・ 

辛口お寅
2009年9月30日 at 4:04 PM

恋愛は当人同士のことだけど、結婚は双方の家の結びつきなんですよね。
人生山あり谷ありまさかありの連続だけど、おじさまのように、陰から支えて下さる方がお一人居ただけで、ファッジさんはお幸せでした。
バニラさんの感度鈍さも、考えようによっては、その大らかさで助けられた部分もあるかと存じます(え?ない?)。
高砂のひな壇まで、今後どのような展開が待っているのか、楽しみにしております。

ともっく
2009年9月30日 at 4:05 PM

なんだかちょっとウチと似ていて、うるっときました。
夫は母一人、子一人(夫)、兄一人(早くに結婚して、実家のことには全く関知せず…)なので、
家族が増えることを喜んでくれるかと思ってご挨拶に伺ったのですが、
私の前で、夫に
「あんた、流されて結婚するんじゃないの?」
と聞いたときは、正直結婚やめようかと思いましたよ〜。
夫はニブいので、何にも感じてませんでしたが。
せめて私のいないところで聞いてくれ!

サマンサ
2009年9月30日 at 4:13 PM

こんにちは!
泣かされました。。。最近、本当に涙もろくって。
とっても良いお話です。
ありがたいですね~。言葉になりません。。。
次回も楽しみにしてますっ!

wagam
2009年9月30日 at 4:14 PM

なぜか、半泣きになっちゃいました。
きっと年のせいだ。

せめて自分はこのおじさんの様にありたい。
強く生きなきゃ。

komine
2009年9月30日 at 4:15 PM

泣けましたよ。
またしても会社にて・・・w

過去の話なんだけども、
応援せずにはいられませんがな!!

頑張れぇ~~~っ!!

コジコ
2009年9月30日 at 4:16 PM

泣かされた…。
叔父さんすごくいい人だ。
普段はクリームさんファンだけど、今回のクリームさんの対応にちょっとイライラしたり(笑)
嫁歴まだ3年目ですが、ほんと、バニラさんっていいお母さんだし、いいお嫁さんですよね~~。

あきんぼ
2009年9月30日 at 4:20 PM

泣きました・・(/_;)
ファッジさんの心細い気持ち、
にぶいクリームさんの言葉にさらに悲しくなる気持ち、
おじさんの優しい言葉をもらった時の
なんともいえない気持ち、
どれもわかって涙が出ました・・。
今、私のまわりでも、義父母、義兄夫婦、その他もろもろで
正直まいってます。
でも、まだ笑って話せないし・・。
いつか、いつか、相談のコーナーに書き込みますので、
その時は、アドバイスお願いします。
もうちょっと、頑張ってみます。

あ!!
ファッジさんのブログにとても支えられ、
励まされています。
これからも楽しみにしてます♬

あい
2009年9月30日 at 4:21 PM

あぁー、おじさんがいてよかった。。。

ここでファッジさんがやめていたら、いちばん困ったのはこのシスターズだったのにね。
もうちょっと温かい初対面ならよかったのに。

それでもいまの関係を築いてきたバニラ家。
ほんとにファッジさんはエライです。

kana
2009年9月30日 at 4:25 PM

最近うちもちょっとしたゴタゴタがあったので涙が出てしまいました。
我が家は6人、義両親と主人と息子二人。
同居するまではここまで他人(いくら主人の親と言えど)と一緒に暮らすことの苦しさというか辛さは想像つきませんでした。けれどけれど、義姉妹がすごく理解ある人たちで、彼女達に何度か救われています。
結婚とはそういうもんだ、と思ったり思わなかったり。

キャンパス
2009年9月30日 at 4:30 PM

何回読んでも涙が出てきます!
私も初めての顔合わせの時、
ファッジさんと似た状況でしたので!
そして、旦那が鈍い所も似てます・・・。

私の場合は義母から
「あなたはそんな学歴で恥ずかしくないの?」
と言う一言で、一回破談になりましたが。
※私の学歴は偏差値低めの短大卒
旦那の親族は、皆有名大学&大学院を卒業している為

結局この旦那と結婚したのですが
義母とは溝は埋まりません。
ファッジさんのブログを読むと
本当に頭が下がります。
これからもブログ楽しみにしています。

ゆか
2009年9月30日 at 4:32 PM

はじめまして!
以前からブログ拝見させて頂いていました。

私は去年の12月に結婚をしたのですが、まさに今回の話と近い状況でしたのでたまらずコメントさせていただきました。
私は付き合っている時に何回かお家に招待して頂いていましたが、同棲を始める際に彼の両親から猛反対…
かなりキツイ事を旦那にも、私にも言って来ました…
押し切って同棲し、半年後に結婚報告に行った時にはそんな状態でしたι
本当に辛かったぁ…
同じく、私の実家では宴会騒ぎでした(笑)

もちろん旦那はそんな気持ち知る由も無く、チョーむかつきました(笑)

この後のお話も楽しみです☆☆

希美
2009年9月30日 at 4:34 PM

私もホロッときました。
この時は挨拶というより品定めですね。
自己紹介もされずに、ファッジさんに質問攻めばかり…戸惑うのは当たり前ですよね。
そこへ救いが!本当に暖かい言葉をくれるおじさんですね。
…ぐすっ。うう、ティッシュがあって良かった。

kimi
2009年9月30日 at 4:36 PM

クリームさんにちょっと・・・と思いました。
「結婚は当人同士がちゃんとしていれば
その家族なんか後からついてくるものだと思っていた」
クリームさんが一番そう思っていたのかな。
でも全然話してくれていないなんて、酷い。
お母様達だって、知りたかってでしょうに・・・
(いや、先に会わさない様にしてたクリームさんの作戦??)
ファッジさんの涙本当に良く解ります
でも、末の叔父さんやはり娘さんとダブったんでしょうね
8コマ目のファッジさんの顔見て涙でて、最後に又涙
どなたかが書きましたが、私も昔のこととはいえ応援してます!

ketchup
2009年9月30日 at 4:44 PM

わたしもクリームさんの対応にイラっときました。
男の人ってどうしてこうにぶいでしょう。。。

ファッジさんはホントによく頑張りましたね!!
わたしなら、ぜっっっったいっ!!できませんわ。。。

なたまめ
2009年9月30日 at 4:46 PM

泣けました~。。。
もう一人のお父さんですって言うところで
仕事中なのに、ポロリと…。
やばいやばい。。。

ちぃ
2009年9月30日 at 4:59 PM

男の人は鈍感なんですね。。。
うちの旦那も鈍いです(笑)

今になれば鈍いくらいが扱いやすいかな・・・って思うけど、結婚したばかりの頃はいろいろ波風たちました。

叔母さんもお義母さんも聞きたいことがいっぱいで、機関銃みたいに攻めてきたんでしょう?
初めて訪問してそれは辛かったですよね。。。

それでも先方には「明るく素敵なお嬢さん」って印象があったんだからファッジさん凄いです!!!

・・・・クリームさん!隠すつもりは無くてもこれは「嫁」になる人にとって重大な隠し事です!!
それでも嫁に来たファッジさんに感謝してください!!!

MIKI
2009年9月30日 at 4:59 PM

本当にね。。。なんっで上から目線で!?って
思いますよねえ!

私も20年前、そんな状態でした。
完全に下に見られてました。

それが嫁いだらボロが出るわ出るわ。。。

親戚に犯罪者がいるは
借金はあるは

挙句のはてに親戚の保証人になっていて、財産
家以外全部取られました。

これでダンナがたよりなかったら完全にムリでした。

でも、私も相当ファッジさんと同じである意味
「まず、自分ありき」の人間になれないんです。

でも、それって、短所?長所?

分からないまま今日もがんばってます。

アジョコ
2009年9月30日 at 5:03 PM

クリームさん、シスターズから、あれこれ言われるのが
面倒くさかったでしょうね。
ファッジさんが感じた緊張感もクリームさんには
いつものことだから「そう」ぐらいなんでしょう。
でも、ファッジさんからしてみればヒエ~って
感じですよね。
いずれにしても、今に続いて良かったです。

まいこ
2009年9月30日 at 5:04 PM

私も読みながら泣きそうになりました。

ファッジさんのブログにはいつも
励まされています!

私も頑張るぞ~~~!!!

あきぽん
2009年9月30日 at 5:04 PM

追いかけて来てかけてくれた叔父さんの
お言葉・・・ファッジさんがどれだけ、
暖かく感じられたか、そう思い、涙が出ました。

やっぱりと言ってはなんですが、ファッジさん結婚前から、
ご苦労されてたんだなぁ、と改めて実感しました。

でもその中での叔父さんの存在、「もうひとりのお父さん」。
ほんとうにステキですね。

そーれにしてもぉー、クリームさん!!ひどいです(笑)

また続きを楽しみにしています+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚

ひぃ
2009年9月30日 at 5:12 PM

ウルウルしちゃいました
男って自分の家族には鈍感なんですよね
あ~我が家もボンズ×2人だから気を付けなきゃとしみじみ‥
嫁入りってどうしてもダンナの家族に加わるってイメージだから女は覚悟がいるのに男は呑気に家族が増えるくらいにしか思ってないんですよね
この時の心細さも本当によくわかります

まる
2009年9月30日 at 5:26 PM

結婚2年目のわたしも涙が出ました。
初めて夫の家族と対面したときのことを思い出しました。
たくさんの女性がこういう経験を乗り越えて、妻になったんだと思ったら、なんか心強く感じます。

HANA
2009年9月30日 at 5:53 PM

私もクリームさんが内緒にしていたこと不思議です。

ファッジさん心細かったでしょう。私も8年前緊張したことを思い出しました。

めのう
2009年9月30日 at 6:07 PM

まったくねえ…^^;
クリームさん、叔母さんからの電話がなかったら何時報告するつもりだったんでしょう
あわよくば「明日、式あげるから」位までねばりそうな勢いでしたよね
思わず「をいっ!!」とツッコミたくなるような…
ファッジさんの気持ちはすごぉーーーく良くわかります!
本当に叔父さんが追いかけてきてくれて良かった
私からもお礼を言いたい気分です

coropy
2009年9月30日 at 6:10 PM

泣けました。.・゚(≧O≦)゜・.
結婚して1年ちょっと。
反対はなかったものの結婚当時の主人のにぶさとこの頃のクリームさんがダブりました。
(…すみません。)

相手の家族のことで不安を感じているこちらのことを全く分かってくれない。
相手の家族に無神経なことを色々言われたし…
あぁ、あの頃はつらかったなぁ~。

何も言わなくても私に何があったのか分かってくれてた母。
それが思い出されてまた泣けました。

ファッジさんにおじさんがついていてくれて良かった。

私の旦那も今のクリームさんのように素敵になってくれるといいなぁ…

大変だとは思うけど、今のファッジさんが幸せそうで良かったです。

私も頑張ります!

キラピか
2009年9月30日 at 6:11 PM

・・・。

私の結婚報告のときを思い出しました(/_;)
あいさつをすませてお話が始まると思いきや
「私は絶対に出席しませんから」と言われて泣きそうになりながら帰ったのを思い出しました。

叔父さん、素敵な叔父さん。
やさしい方ですね。男性はやさしい血筋なのかしら(~_~;)

ゆき
2009年9月30日 at 6:21 PM

ステキなおじさんですね^^
じ~んときちゃいました。

しかし…最初から大変でしたね;;
ファッジさん、すごいですね;;
今は幸せなので、良かったです^^

mana
2009年9月30日 at 6:37 PM

私も泣いてしまいました
こんな叔父さんが
我が家の旦那にもいてくれたら
私も義母と仲良くなれたかなぁ・・・

ちゃら
2009年9月30日 at 7:01 PM

はじめまして。ちゃらといいます。

>で、私はその事実を知らないまま
バニラさんの実家へ初めて訪問することになった。

って、何考えているんだ~~~ くりーむ~~~
と言いたいです。

ファッジさんは、そのことについて何も言わなかったのですか? 私なら相当怒ってると思います・・・・

saaya
2009年9月30日 at 7:01 PM

わかります。
私も初対面で質問攻め。
やさしい叔父さんもいなくて、歓迎されることなく結婚しました。
別居だし今は厳しい義母じゃないけれど、
結婚前にやさしくされなかった事は
なかなか忘れることが出来ません。
ファッジさんは本当にすごいなあ。
いつか私も同居する事になりますが、
ファッジさんみたいに、明るく楽しく前向きに
過ごしていけたらいいな。

えみ
2009年9月30日 at 7:07 PM

かわいそうかわいそうかわいそう!。゚(゚´Д`゚)゚。
よくそんな失礼極まりない扱い受けて別れませんでしたね。
わたしだったらクリームさんの人格まで疑います。
ファッジさんはしなやかで強い立派な人間だ~

みゃおにゃお
2009年9月30日 at 7:31 PM

ひどっ・・・(ってゴメンナサイ)
そんな状況だなんてつゆ知らずでご挨拶にうかがったのですね(;_;)ただでさえ彼母との対面は緊張するのに。。。
ほんとに大変でしたね。
叔父さんのやさしい言葉、じーんと来ちゃいました、涙出ました(号泣)

ゆきりん
2009年9月30日 at 7:38 PM

感動しました。今があってよかったです。
私の場合は「歓迎されないムード」は消えることなく、
色々あってその時の彼とは別れてしまいました・・・
今は別の人と結婚13年になりますが。

とり
2009年9月30日 at 8:01 PM

息子が前もって色々話さないで「会えば分かるよ」ってなこと言ってたら、まあそうなるかな。

長男がそうなりそうな気配・・
言っておきます「会ってすぐに尋問みたいになっちゃったら彼女が辛いかもしれないから、どんな子か教えといてね」と。

叔父さまの気配り素晴らしいですね。まねしたいです(特にどちらもたてようとするところ)。

yome
2009年9月30日 at 8:20 PM

叔父さんの言葉に救われましたね。
私も、同じような事がありました。今も親戚が集まると
こんな感じですが・・でも、救ってくれるおじさんがいました。亡くなってしまいましたが・・
思い出してしまって、泣いてしまいました。

ふにゃ
2009年9月30日 at 8:22 PM

涙がぽたぽた落ちます・・・
うちには22歳と18歳の娘が2人います。
もし誰かと結婚する事になって
相手のお宅でそんな緊迫した雰囲気で
迎えられたらと思うだけで胸が痛みます。
おじさま、素敵です。
この世にいらっしゃらないのがとても
残念です。会った事もないのに
おじさまに感謝します。ファッジさんを
守ってくれてありがとうございました(涙)

茶玉
2009年9月30日 at 8:39 PM

私だけじゃないんだ!
と思ったらちょっとホッとしました。私も結婚前義父にひどいことを言われました。私はいまだにしこりがありますがファッジさんはきっといろんなことを乗り越えたんですよね!修行します!

よっしー
2009年9月30日 at 8:42 PM

とてもいいお話でした。(涙)
抹茶家のみなさんは(叔父さま、叔母さま方)は、ブログで拝見している限りとってもいい人達で、ファッジさんは救われているんだなァ、と思います。 姑シスターズのあんまり加減が目につくのも、それは一緒に暮らしているからなのだと思いました。 少し離れて暮らしている人達と比べて、一緒に暮らしている人達はやっぱりお互いに厳しくなってしまい難しいものです。姑シスターズさんたちも少し離れて暮らす親戚だったりしたら、『いい人たち~~~。』と思えたかも。 なんてヨソの家族のことをそんな風に勝手に考えてしまいました~~~。

miyako
2009年9月30日 at 8:50 PM

初対面でこの仕打ち
ファッジさん、本当にできた方ですね

場を壊さないようにと、後から来てくださった叔父様も、素敵です

こえだ
2009年9月30日 at 9:13 PM

はじめまして
ん~嫁姑の間に立ってくれるのは
おじさんではなく旦那さまのクリームさんでしょー!
もう~
クリームさんのお嫁さんはファッジさんで大正解ですね
ますますファッジさんの懐の深さを実感しました
今回は嫁として息子の母親としての両面で色々思うことあります(涙)
クリームさんはやっぱり一人っ子気質なんでしょうね~
続き楽しみにしています♪

さおたん
2009年9月30日 at 9:19 PM

わたしも泣いちゃったっ

さるるる
2009年9月30日 at 9:27 PM

男性はにぶいと思われがちですが、こういう時は客観的に物事を見れる男性が必要ですよね。
クリームさんはこの頃まだまだ尻が青かった(笑)のでしょうね。
しかしおばさま方、さあ判定してやるぞ!とばかりの態度はせっかくいい人にご縁があったのに去られてしまいますよ~。
学歴を聞くのは失礼極まりないと感じますが昔の人はみんなそんなものなのでしょうね。
ファッジさんはよく決断されましたね・・。
私自身や娘が同じ立場でしたら見送ります(^^;)

ヒラリン子
2009年9月30日 at 9:28 PM

結婚って。。。
自分の思ったようにはいかず。。。
誰しも一緒なんだな。。。。って
私にも誰か見方がいてくれたら
もう少し 気持ちが楽だったのに。。。と思うと
涙がでて。。。
涙 流しながら打ってます。。。
ファッジさんは、良かったね!

きみどり
2009年9月30日 at 9:39 PM

私も泣いてしまいました。

ダンナの親戚一同、義母の影響で反対ムードの中、なんとか結婚しました。
今はそんなことすっかりなかったかのように接してくれますが、悲しい思い出です。

Nana
2009年9月30日 at 9:58 PM

「7人家族の真ん中で」と並行して楽しませていただいております。

バニー
2009年9月30日 at 9:59 PM

私も泣いちゃった・・・

ホント、そのやさしいおじさんがいらっしゃってよかったですね。それでも私なら、そんな感じの悪い応対をされたら、結婚はしていなかったかもしれません。
それだけクリームさんが素敵なヒトだったんですよね?

まみりん
2009年9月30日 at 10:04 PM

クリームさんはご自分のご家族に愛されているという
太いバックボーンがおありだから、
同じシチュエーションに身をおいても、
感じ方は全く違いますよね、
でも、ファッジさんは、アウェーですもの・・・。
蚊帳の外で話が進んでいたら、
身構えちゃうバニラご一家のお気持ちもわかります!
でもでも!
うわ~~~ん。
ファッジさん、かわいそすぎです(TT)
ふ~~~ん!続きが気になりまする☆

ぐーぐー
2009年9月30日 at 10:22 PM

私もウルッとしてしまいました。

親族勢揃いってコワッて思いますけど、
オジサンがいてくださってよかったです。
男の人にありがちなこととはいえ・・・。
現在時折ブログで拝見するご主人とは別人のようです。
なにかありました?(笑)

ももんまま
2009年9月30日 at 10:27 PM

私もおじさんの言葉に涙が出ました(´;ω;`) ウゥゥ
今があるんだから結婚できた、ということは分かってるのに思いっきり応援したい気持ちです!がんばれファッジさん!

ちぃの旦那
2009年9月30日 at 10:28 PM

うちの妻に「ここのブログ読んで!」って言われてきました。
はじめまして。。。ちぃの旦那です。

クリームさんの立場がわかる私から言わせてもらえば・・・
ファッジさんと結婚したかったんですよ。
反対があっても無くても、彼の中では絶対に結婚したかった。

だからあえて家の人の許可をとるでもなく「もう結婚するから」で済ませたかったんじゃないかな・・・?

「うちの母は厳しい人です。叔母さんも同居です」って言ったらファッジさんに逃げられると思ったとか。。。

いろいろ想像できますが。
クリームさん、いい嫁もらいましたね~

ジャワティー
2009年9月30日 at 10:31 PM

はじめまして。泣けました。続きが気になって眠れない。

あい
2009年9月30日 at 10:43 PM

おばさんの機転で、クリームさんから何も聞かされないまま
事が露見するのは免れたんですね。おばさんじゃなく電話を受けたのがお義母さんだったらご実家訪問に辿りつく前に大騒動になったかもしれないな~と思いました。

おじさんの存在、有難いですね。おじさんのこの言葉。若いクリームさんはどう受け止めたんでしょうか。ファッジさんの涙に気付いたクリームさんのこれからの活躍に期待!!
涙を拭う手を握ってあげて。 で、その手離すな~~~!!!(願)

タウシュベツ
2009年9月30日 at 10:48 PM

クリームさんたら、ひどいわ~。
婚家への初挨拶がどんだけ緊張するか…
私の義母は最初から大歓迎してくれて、今も大の仲良しです。

おじさま、ファッジさんに良くしてくれてありがとう。
今や、大人気ブロガーですよ。(天国へ報告)

yome A
2009年9月30日 at 10:56 PM

私も目頭が熱くなりました。
ほんと、そんな伯父さんがいてよかったですね。
私も夫に出会うまでは、同じように怒ってたと思うんですが、
夫の考え方を聞くとそんなクリームさんも分かるかなぁって。
ファッジさん以上に『結婚は当人同士がちゃんとしていれば、その家族なんか後からついてくるものだ』と思っていたんじゃないでしょうか。
うちの夫にも『僕たちの将来に親は何か関係がある?』って聞かれましたもん。
ああ、この人とだったら『ふたり』の将来を考えられるなぁ〜と思って結婚しましたよ。
両親や家族の事をぞんざいにしているんじゃなくて、
その都度対応していけばどうにかなるよって事でした。

ありゃ〜のろけちゃったわ。
ファッジさんもクリームさんと出会えてよかったですね。

きょん
2009年9月30日 at 11:06 PM

私が親なら、(娘でも息子でも)相手の親に会う前に、また、私たち親に会う前に、式場の予約をするということに、いい気持はしないと思います。
ファッジさんのその時のつらかった気持は、ほんとによく分かりますが、そういう状況ではバニラ家お方々の対応も仕方の無いことかもしれないと思います。

ねこ天使
2009年9月30日 at 11:11 PM

伯父さんあったか〜い!!どれだけファッジさんが救われたかと思うと本当涙が溢れます。。。神様みたいな伯父さんの存在。きっと今でも天国から見守ってくれていますよ。伯父さんのエピソードまた描いて下さい!!楽しみにしています!!

ゆーこ
2009年9月30日 at 11:41 PM

初めまして。25歳の未婚会社員です。
ファッジさんのブログは楽しみの一つです。夜、遅刻しないぎりぎりの就寝前の時間と、休日とで、一週間かけて全て読みました!何より、お嫁の先輩ですから勉強にもなります。“結婚は当人同士がちゃんとしていればその家族なんか後からついてくるものだと思っていた”というファッジさんの文を読んだ瞬間、やっぱり自分の考えは間違いではないのかもしれないと、ホッとしました。

それというのも“結婚は当人だけでなく家同士の結婚だ”と思っているからです。

この考えから、恋愛真っ盛りの同年代の友人たちからは『なんなの?』みたいな対応をとられるようになり、孤立しているような気がしています。友人たちは“好きだから”という理由で結婚に踏み切っています。おそらく私くらいの年代ではそれが大半ですね。でも、そういう友人に限って定職に就いていないどころか、実家暮らしでアルバイトをして、正社員という社会経験を積んでいない子ばかりです。正直、甘えている状態です。

私自身、なかなか就職にふみきれず、親もぴりぴりして喧嘩をしたこともありました。でも、地元の設計事務所へ就職が決まり3年が経ちましたが、以前の自分を思い起こせば起こすほど、歳のわりに子供っぽくて、考え方も浅はかで、情けないなと恥ずかしくなります。もちろん、そのころの経験があるからこそ、一社員として働くことに有り難味と正社員というアルバイトとはまた違った責任の重さを背負うことによって、自身の成長を見出せます。昔のダメな自分もためになります。会社の後輩にも、高校卒業後すぐに私たちの部署に就職した子がいますが、考えてはいけないと思いつつも、やはり幼さが目に留まります。お客様相手なのではらはらします。やはり、社員経験は大事だと再認識しています。

大事な経験をつめる場を乗り越えず、果たして、嫁いだ時に家庭を守れるほど強いのか、幸せにできるのか、と考えています。好きという気持ちも大事ですが、相手の家のことがあります。長男の嫁となるのであればファッジさんのように苦労も多いでしょうし、次男であれば兄嫁さんより出しゃばることなく、かつ、テキパキ行動しなければならないと思います。ほかにも家柄やご両親のこと…いろいろと。
今を幸せに感じている友人たちには嫌な考えとしか映らないようです。人のことにとやかく言う気もないので、質問されない限りはこういう考えを表に出したりはしないのですが…伝わったときは、考え方の違いからさりげなく遠のいていました。

私にも、恋人がいますが彼のほうが8つ年上になり、しかも長男です。ご両親も、ご病気やお身体に不自由があるというわけではないのですが、私の両親よりはご高齢です。このような性格ですから、案の定、もし介護ということになれば…同居ということになれば…という事も視野に入れつつ、結婚を考えてしまいます。古風だなあーと思いつつ、どうしても好きだから結婚!にはならなさそうです。(^^;
そんな彼も、ちょっとクリームさん系かもしれなくて、もしものときドキドキです。

長々とごめんなさい。すれ違いがあるとはいえ、友人をなくしかけというのはやっぱりちょっと、さみしいものです。

でこぱ
2009年9月30日 at 11:46 PM

私も泣きました。。
私も仕事の都合で旦那の義理父、義理母と同居することになりとても気を張っていた自分を思い出しました。
毎日質問攻めで、フラフラなのに好かれようとしてがんばってました。
私も伯父さまのような存在があれば、何度も家出せずに済んでたかも。。。。

くるる
2009年10月1日 at 12:00 AM

はじめまして、いつも楽しく拝見しております。
ファッジさんのお義母さまとうちの義母が似ているので、
考え方など参考になるなぁ~と思いながら見ています。尊敬してます。

私が初めてご挨拶に言った時もこんな感じでした!
(お義母さんは後から「だってあれは面接だものねぇ」と言っていましたが。)
私の人生を根本から否定されて、泣きながら帰りました。
そんな私もちゃんと結婚し、今は毎日携帯メールを送り、日々努力していい関係してます♪

私も当時、二人さえ良ければ家族は賛成してくれるものだと信じて疑いませんでした…。これからの時代はそうなってほしいですよね!!
過去の事とわかっていながら、ファッジさんにガンバレ~!って叫びたくなります!!続きが楽しみです。

えっちゃん
2009年10月1日 at 12:01 AM

私も朝から涙目ですよ〜。もちろん、ファッジさんの涙にもらい泣きもあるんですが、みなさんのコメントを読んで、それにもうるうるきてしまいました。私は国際結婚ですが、むこうの親(主にお義母さん主導)は日本での結婚式には「飛行機がこわいから」と来てくれず、子どもを産んで連れていけば「うちで日本語は話さないで」と言われ、傷つきました。ただの赤ちゃん言葉(「だーだー」とか)だったのに。。。だんなが私の側に立ってくれて真っ向から対立してくれたので、何とかやっています。

次回の展開が楽しみです。まだいろいろありそうで、どきどきです。

白無垢で挙式されたんですね〜。早く大きいコマで見たい!

りんたん。
2009年10月1日 at 1:52 AM

今現在のファッジさんと姑シスターズの間柄は言わずもがな、ですが
つかみは・・・全然OKじゃなかったんですね><

このシスターズを相手に
会わせもせず式場予約なんてしちゃあいけないって事
私も含め、読者の皆さんの方がよく存じてるんじゃあないでしょうか?!

優しいおじさんの優しいフォローがあって、本当に良かったです。
クーちゃん、バカッ!(ごめんなさい。汗)

いのり
2009年10月1日 at 5:31 AM

ああ…おじさんの言葉にうるっときました。そういう人が一人いるだけで随分違いますよね。おじさんは弟だから自分の姉たちがどれだけ大変か分かっていたんでしょうね…。だからこそ家では言わず帰るまで待っていたのかも。
私だったら家を出た瞬間から泣いてたと思います。

続きが楽しみです。

みみた
2009年10月1日 at 8:40 AM

15年前の自分と重なり、涙がでてきました。
私も初対面の第一声(靴をぬぐ前の玄関で)、家族構成を聞かれ、姑が一言
『末っ子で甘やかされたあんたは、炊事洗濯ができるのか!!!』
と、まるで私の両親を侮辱されたようで悔しかった。
結婚後も 姑は
『あんたも公務員だったらよかったのに』
『あんたとは結婚させたくなかった』
一人目を流産したときは
『あんたはちゃんと子供が生めるのか』
その後、双子を妊娠したときは
『双子じゃないほうが良かったのに』等等、屈辱的なことばかり言われ続けましたが、現在、認知症で私が面倒を見ています。
私って、偉い!!!(笑)

mama
2009年10月1日 at 8:51 AM

何故か涙と一緒にため息が・・・・

「招かざる客という感じだった。

本当にどんだけおごっているんだ、私は…」

私はファッジさんのこの考え方にすごいなと思いました。
普通、クリームさんに文句の一つも言いますよね。
それを自分の驕りと考えられるファッジさんが素敵です。
みなさんのコメントにも涙が・・・
ここのみなさん、本当に優しいな。

maki
2009年10月1日 at 8:52 AM

ううう・・私も涙が滲みました。

うちの旦那さんも付き合ってる事さえ言ってないのに
いきなり「転勤に連れて行く」と報告したので
急遽初顔合わせ。義母からは質問の嵐・・・
「料理できるの?」とか。出来るっちゅーの!って感じです。

義母は双子の妹のほうなのですが
お姉さんのほうがとりなしてくれて同棲→結婚となりました。

子供が出来るまではかなり溝がありました。
子供の力って偉大ですね。

ai
2009年10月1日 at 9:17 AM

歓迎されると思っていたのに、そうではなかったこと・・・
ファッジさんがおごっていたわけではなく、ファッジさんとクリームさんが、順序を間違えてしまったということですね。
クリームさんだけの失敗でもないですね・・・・
でも、その時に元気で明るいお嬢さんと言う印象を与えることが出来たファッジさんはすごいです!
そんな人でないと、今のファッジさんにはなれませんよね。

なお
2009年10月1日 at 9:25 AM

こんにちは。初コメです。
泣けました・・・。おじ様の心遣いに。
自分にも娘さんがみえたので、バニラさんの気持ちが分かったんでしょうね。
バニラさんがもう一人の「お父さん」と思っていたのと同じように、おじ様ももう一人の「娘」として接してくれたんでしょうね。

ヒロピー
2009年10月1日 at 9:30 AM

おじさんの人柄が一瞬にしてわかりますね

泣いた

ありんこ
2009年10月1日 at 9:32 AM

おじさんの言葉に職場で大涙。なんていい人!

男ってそんなもんですよね。
うちの夫もも20年近く経って、やっと嫁の私の一番の味方になってくれました。
厳しいけど、家族の現実のあったか味を感じます。

りか
2009年10月1日 at 9:36 AM

涙ぼろぼろ・・・
おじさんの言葉とてもいいですね
後を追いかけて来てくれた所に人柄が現れていて私までおじさんを好きになってしまいました(笑)
「そう?」と一言のクリームさんは気取らず飾らず自然体の方で
その一言にも人柄が現れていますネ♪
登場人物全てのファンです♪

ゆき
2009年10月1日 at 9:54 AM

クリームさん、鈍いって域超えてます。
本当に男って自分中心ですよね~
そういう所で普段の自分の行いが出るから怖い。
優しい男には裏があるって言うけど、まさしく
そんな感じですか!

ケン君やリュウ君に色々言っても相手にされないの
当たり前だと、今回分かりました。
だって、自分が出来てないんだもん。
子供は敏感だから分かるんですね。

人にした事は返って来ますから、同じ様な事される
と思います。
覚悟しておいた方が良いですよ。

nako
2009年10月1日 at 10:06 AM

ジーンとして泣いちゃいました。おじさん、本当にやさしい方だったんですね。 
クリームさんが気がつかなかったのに、おじさんホントいい人!他界されたのはとても残念ですが、いつもきっと空から見守っていてくれると思いますよ。

なにゃ
2009年10月1日 at 10:19 AM

うちは付き合って3か月で夫の急な転勤が決まり、義両親には彼女がいることも伝えてなかったのに「結婚するから」と報告。しかも夫の実家は遠方で、多忙な仕事と引っ越し準備に追われ顔合わせができず、でも会社の手続き上、転勤前に入籍することになり、顔合わせもないまま入籍。33歳の結婚だったから、義母には「バツイチじゃないわよね?」と聞かれたとか(笑)結局顔合わせは2カ月後。でも義両親はいい人で和やかに終わりました。
旦那が嫁の大変さを分かってくれていれば嫁は頑張れるものですよね。クリームさん!しっかりして!って突っ込みましたよー。私なら結婚止めてます。ファッジさんすごいなぁ。

kumahime
2009年10月1日 at 10:20 AM

結婚前は
「一番好きな人の家族なんだから
何があっても自分の家族同様に仲良くなれるはず」
って変な自信があったんですよね
一緒に生活していれば自然と「家族」の一員になれると想像してたんですが
実際はお互い努力や思いやりが大切だと身にしみてわかりました。

しかし嫁いできた者の(嫁の)気持ちは
だんなにはわかんないだろうなぁ

ボボツル
2009年10月1日 at 10:22 AM

おじさんのやさしさに泣けました。

あー、あたしも頑張ろーっと。

そよ風
2009年10月1日 at 10:56 AM

義母さん、叔母さん、親戚の皆さん

「挨拶くらいはきちんとしましょう」


2009年10月1日 at 11:58 AM

おじさん、どうもありがとう。。
と言いたくなってしまいます。
実は私も来春結婚する身なもので、余計に今回のお話が自分にもかぶってしまいました。
うん、私も頑張ります。。

わんこのメイ
2009年10月1日 at 12:03 PM

こんにちは。いつも楽しく拝読させていただいてます。
今回、仕事中なのに思わずポロポロ涙が…。
意を決して(?)初コメさせていただきます。

私も義母が主人と結婚させたい女性を自分の中で決めていたため、初顔合わせの時は目も合わせてもらえず、そこに誰もいないかのように一切会話の中に入れてもらえませんでした。
「こんにちは。失礼いたします」「おじゃまいたしました」
私が口にしたのはこの二言のみ。
その後、主人に内緒で興信所に私の実家・身辺調査を依頼し、私の祖父母が農家であったことも「こちらは代々武家の家柄。格が違う」と気に入らなかったようです。
これって現代のお話なんですけどね(笑)
親戚が集まる度「私は○○ちゃんと結婚させるつもりだったのに、本人が連れてきたから仕方ないよね~」としばらく言われ続けていました。
今は適齢期の娘二人がこんな思いをしないよう祈るばかりです。
その時の主人は…クリームさんと同じでした(笑)

ホタル
2009年10月1日 at 12:10 PM

うちもこんな感じだったんですよ!ホテルの予約から何からして、話し合いもして・・
でも、旦那側は全然そんなの知らなくて、どうなっているんだといきなり呼び出されて
「あなた(私)のご両親は一度でもこちらに挨拶にきた?」
「全てそっちで決めてしまって何を考えているの?」
と、攻められた攻められた・・・

私にも、後から追いかけてきてくれたおじさんのような存在が欲しかった!(>_<)

ゆりゆり
2009年10月1日 at 12:13 PM

毎日 読んでます。
毎日 元気もらってます★
ありがとうファッジさん!

あー 今日は泣いた~。
ホントに胸がキュントしました。

私は、ファッジさんと色々がとても似ているんです。
年の離れた夫。
なので、高齢の姑。
(義父はかなり前に他界されたので残念ながら面識なく・・・)
そして、嫁がなかった姑の妹。
等々・・・

そしてそして
結婚までのこの感じ!!

結婚式の写真は今でもあまり見たくありません。
だって、義母さん、
一枚も笑ってないんだもん・・・
後で気付いて しょぼ~ん でした。

色々色々
ありつつ
ありつつ
だんだん
だんだん
家族になりつつある
結婚5年目。

ファッジさんに 
毎日勉強させてもらってます♪

次回も楽しみにしていますね。

めでぃち
2009年10月1日 at 12:42 PM

 いつも楽しみに拝見してますが初めてコメします。私も涙が出てしまいました。

 私は付き合っていた相手の実家に初めて行ったとき、自分に何にも質問とかしてくれず、家族ばかりで話していて会話にも入れず、居場所のない辛い時間を過ごしたことを思い出しました。おまけに後で「めでぃちが何もしゃべらないから。」と相手に言われプチっと。こっちに一回でも話題をフリましたか?(でもコメントに同じような方がいらして妙に安心)

 結婚報告でもなかったので相手家族もどう接していいか分からなかったのかな?まあその相手とは縁がなく別れましたが、もう結婚決まった時点でファッジさんのような目にあったら、心が折れますよね。ほんとおじさんがいらして、よかったですね。

 でも本当、「家族」って当然もとからあるんじゃなくて時間をかけて「家族になっていく」ものなんですね。ファッジさんはじめコメントの皆さんにも尊敬です・・・

nohara
2009年10月1日 at 12:45 PM

私も泣いちゃいました。
クリームさんの対応は結婚したころの主人にそっくりです。
そして私も義父方の叔父に大事にしてもらいました。

あれから23年 大姑を見送り、妹を嫁がせ、舅を見送り
主人も私も精神的に随分大人になりました。

バニラさん、これからも頑張って下さいね!

希望の母
2009年10月1日 at 1:50 PM

いつも楽しみに拝見しています。

私にも、全く同じ存在の叔父さん(義母の弟)がいます。
結婚の決定打・・・というのは言いすぎかもしれませんが、
あの一言があったからこそ救われた!という経験があります
(長くなるので書けませんが)。

でも、すごく不思議なのは、嫁道有段者でいつも気のまわる
ファッジさんが、男性側のご家庭に一度も挨拶に行くこと
なく式場などの手配をされていたことです…。これは
先方さんは普通怒るかも・・・?私のように感じている人は
多いと思いますが、どうなんでしょうね?

みかん
2009年10月1日 at 2:03 PM

クリームさんのにぶさ、ファッジさんとの感じ方の違いは、きっと、男性と女性の違い。結婚生活の中でよくあることですよね。大抵の男性はクリームさんのように自分の家族(親)だからのほほんとして、気を遣うお嫁さんの立場や気持ちをなかなか理解できていないものですよね。
『結婚』は、そんな男性にとって、お嫁さんの立場や気持ちを理解していく、相手の立場に立って考えられるようになる『修行』の場であると思うのです。(ずっと修行できず熟年離婚されてしまう男性が多いのが現実ですが)。
そして、いつも拝見している現在のクリームさんはファッジさんのことを大切にされてとてもステキな旦那さまなので、これまでの結婚生活の中でたくさん学んでこられたのだと思います。
完璧な人間なんていないですよね。みんな、いろいろありながら成長していくのですよね。これからも応援しています♪

41歳主婦です
2009年10月1日 at 2:38 PM

ホッとしました。
うちだけじゃないんだ、と少し救われた気持ちです。
決してクリームさんが特別鈍いのではなく、男の人って基本的に鈍感な方が多いんですね。
そこが良いところでもあるんですけど。

私はバニラ家のお姉さま方の気持ちも分かります。
結婚話どころかお相手がいるという話すら聞いた事がないのに、会ったこともなく、こちらサイドの了解もないまま式場が予約されていたら・・・それを第三者から聞いたら・・・ああいう対応になるのも仕方ないと思います。

私だったら、相手側の家族に対し、なんて非常識で不誠実な人達だ!と怒り心頭になると思います。
そしてとりあえず 予約している式場はキャンセルし、両家で話し合う機会をもうけ、その後の話はそれからにしてもらいます。
誠意をみせてもらわないと、納得できません。
バニラ家より、厳しい?!

しかし、そんな事になってるとは知らず・・・ココアさん、お辛かったでしょうね。
いつも拝見しているブログからも想像できますが、やっぱりお人柄の勝利ですね。
1時間の詰問で納得されたんですね、きっと!

人間すべてにおいて完璧な人なんていないし、失敗した時に相手を責めるのではなく、自分にも非はなかったのか考えられる人に私もなりたいと思いました。

これからも素敵なお話、楽しみにしています。

なっぱ
2009年10月1日 at 6:05 PM

感動しました。
オフィスで涙目に。

感動してコメント書きたかったんですが、思うところがありすぎて一日置いて書いてます。
でも、今もまとまらない。

すてきな叔父さまだったのですね。
そして、このスタートから今のシスターズとの関係性を築いているファッジさんもまたやはりステキだなぁと。

ここまでのサプライズな状況ではなかったですが、
結婚1年目。
結婚に至るまで私自身も多くの戸惑いを経験しました。
でも、なんか鈍かったり、私より親の方ばかり向いているような気がしてしまう夫。
当時こんな叔父さまがいたらなぁと思いました。

ステキなクリームさんもこんなに鈍い頃があったんですね。

義父母との関係づくり、私はまだまだこれからです。
嫁日々を励みにがんばります!!

それにしても続きが気になります><

紅茶
2009年10月1日 at 7:57 PM

ああ、こんな始まりだったのですね。。。。
いつも思うのですが、嫁になるというのは
ゼロからの出発ではなくてマイナスからの出発なんですよね~~しみじみ…
われとわが身をかえりみても思いますね。。。。

まめ7
2009年10月1日 at 8:01 PM

おじさんの優しさにじーんとしました。。
皆さんのコメントを読んでも、色々考えさせられました。

それにしても、
ファッジさんは、9歳年上のクリームさんを
ほんとに頼りにして、尊敬してたんだなあって思います。

いつものファッジさんが気配り上手な方だから忘れがちですが、
前にブログでご自身を「甘え上手の次女気質」って書かれてましたよね。
頼りがいがあって優しい彼と、甘え上手で頭のいい女の子。
そんな一面もあるんでしょうね♪

我が家は、長女で年上の女房(私)と、次男兼末っこで年下のダンナの組み合わせなので、
この記事のようなことになったら、内心「使えねえ!」と一刀両断です。
ええ、家族顔合わせも式場予約も家探しも、
ぜーーーんぶ私が根回しして仕切りましたとも(汗)。

でも、義父母や義兄との関係作りには、すごく心の壁があって。。
「家族」というスタンスの向こうの気持ちが重いというか、
気を遣いすぎて、なかなか入っていけない自分がいます。
ある意味親離れできてないのかな。
でも、どっちにも親がいるのに、なんで女性の方だけ
向こうの家族に入らなきゃならないような空気になるのかな。

こちらのブログで勉強しながら、
ゆっくり時間をかけて関係を作っていきたいと思います。

続きもたのしみです♪

滝川ビックリシテル
2009年10月1日 at 9:17 PM

私も辛い境遇の中、陰日なたになり主人よりもかばってくれる義叔父がいてくれて、本当に救いでした。この義叔父の支えで心があったかくなれました。今は嫁いで26年!子供達も大きくなり、私自身も無くてはならない家族の一員ですが(勝手にそう思っている・・・ああ!勘違いか?)、義叔父の恩は一生忘れません。今は義父の介護中です。ファッジさんのご苦労な毎日、よくわかります。うちのマダム義母も時折爆弾発言をして私に同意を求めてくるので、ノーコメントを貫き通しています。(笑)

サマー
2009年10月1日 at 9:47 PM

感動の涙で濡れている方が多いところ恐縮なんですが、結婚前の大人の対応として100点満点でクリームさんは0点、ファッジさんも50点かなという気がします。
というのも結婚時点で30代中盤・20代中盤のいい大人が、両家にちゃんとした挨拶もせず(ココア家はフレンドリーなご家庭かと思いますので、それでもOKだったにせよ)、勝手に2人で日取りや式場まで決めて、それを片方の親が知らないとなると非常識にも程があるでしょう。せめて式場の予約に行く前にクリームさんの実家に行こうとしなかったファッジさんにも「なんで?」という感想を持ってしまうのが正直なところです。

はあて
2009年10月1日 at 9:56 PM

私も同じような気持ちになったのを思い出しました!
方言で会話の内容の半分も解らない私を横に、義両親に一言も結婚について言ってくれない主人にイライラして、、、しかもしびれを切らした義母から私に質問攻め。。。義父はいつの間にかいなくなっていて、義母と二人で探り探り話を進めたのを覚えています。
私には味方がいなかった・・・・(。。;)
でも、本当にすてきな叔父さまですね☆
泣いてしまう気持ちわかります。。

ヤマケン2007
2009年10月1日 at 10:20 PM

 結婚は結婚する二人だけのものと、捉えていても、周りに気を使い、己を殺して、相手に会わせなくてはいけない所がある、そんな意味でも相手様の家族構成や性格を知ることは、大事ですね。私は可なりの年齢差の彼女でしたので、相手の両親には、色々と気を使い半分反対の中をゴールしました。
相手の父親には子供を抱いてもらえなく、他界されました。
彼女には辛い思いをさせたと、今も思います。

ジャワティー
2009年10月1日 at 11:01 PM

知らなくてもいいことって、もしかしたら、ファッジさんの前に、犠牲者の死屍累々とか?

バツイチ再婚
2009年10月2日 at 12:57 AM

はじめまして、いつも拝見しております。
私も、結婚前のことを思い出してしまいました。父は既に他界し母と夫2人暮らし。
気位の高い母(姑)の所に初めて挨拶に行った時、お茶も出してもらえず、質問攻めに合いました。私の面倒が見られるのかとも・・・結婚して間もなく母から「○○さんに『よくあんな人を家に入れたわね』と言われたわよ」と言われ、泣き崩れました。
結婚後2年位までは中々認めてもらえず、嫌味ばかり言われました。実母のことを悪く言われたり・・・とても辛く思い出すと今も涙が出ます。
でも結婚して10年、まだまだ嫌味は言われますが(>_<)夫がいい人だから救われています。
バツイチだから、今度こそこの家族を大事にしたい!と思っています。憎まれ口も愛おしい今日このごろです(^^)

かいママ
2009年10月2日 at 1:13 AM

いつも楽しみに読ませてもらってます。
色々な経験を積んで今のファッジさんがあるのですね。
多少の試練は自己を鍛えてくれます。
いい生き方ができてお幸せです。
もっともっと素敵な貴方になってください!!

えるはら
2009年10月2日 at 10:06 AM

久々のコメです。ごめんなさい。
でもほとんど毎日ポチしてました。
 
皆さんのコメを読ませていただいて、自分は比較的恵まれていたのだと改めて感じております。
と同時に、これから自分がわが子の相方の姑になった時、お尻の青い子供世代に対して 胆っ玉の大きな大きな親でありたいと思いました。

ついこの前まで嫁という立場だけでしたが、いつの間にか娘は世間でいう結婚適齢期を迎え、ちょっと年の離れた息子たちには彼女ができました。いずれ連れてくるであろう娘の彼(まだいない)や息子の彼女に辛い思いをさせないように。少し年を食っている分、こんなことを感じてしまいました。

でも、嫁としてはファッジさんよりまだまだお尻は青いです。日々格闘の別居嫁です。

sayu
2009年10月2日 at 10:17 AM

サマーさんの「なんで?」私も思いました。
母1人子1人だと知っていたのなら特に
ファッジさんやご実家のご両親が
相手のお母様にも会わずに話をすすめたのが
なんでかなあと思います。
(クリームさんはなかなか言えなかったのかな?作戦で
どうかなあとは思いますが。壊されるような気がしていたのでしょうか?でもファッジさんにも何も言ってなかったとは
!あまりに・・・)
叔父さんの存在が救いでしたね。

オレンジ
2009年10月2日 at 11:09 AM

涙がでました。

その場がおかしい、ということにひとりだけでも
気づいてくれていたとわかっただけで、
とても救われますよね。
ひとりで追いかけてきてくれたのは
やはり姑たちの尋問にあうバニラさんがお気の毒で
いたたまれなかったんでしょうね。
どれだけ緊迫した場だんだか…想像するだけで怖いです。
おじさんの優しさ、気配りで無事結婚へと進むバニラさん…
続きが楽しみです!

dagのおくさん
2009年10月2日 at 12:40 PM

男の人ってそうなんですよね~。
こういうことを親に言わないし、嫁にも言わない(爆)

シスターズはきっと(肩を持つつもりは無いですが)、
「どこぞの馬の骨(失礼!)が大事な息子を罠に嵌めた!」
くらいの気持ちで迎え撃ったのでしょう。

言わないんですよね~。
親戚の○○さんが入院して・・・とか義母に言われたのに、
私に言わないから、後で「え!?」ってなっちゃう。。。

同居で一番腹が立つのは、姑自体じゃなくて、
そんな空気を読めない、いつまでもお坊ちゃまの、
旦那にです!!!

riro
2009年10月2日 at 3:37 PM

まだ未婚ですので笑われるかもしれませんが・・。
普通、何も知らせなかった自分の子供になぜ今まで黙ってたんだと怒りますよね?責めますよね?
お互いそれぞれの家族に知らせるのはそこの子供のやるべき事であって結婚相手ではないですよね?
内緒にしてあることを知らなかったら、何も言われてこないことにホッと安心してしまいます。不安ばかりですから。
私がクリームさんと同じ事をしたら烈火のように怒られるのは私です。それが当たり前と思います。
ファッジさんや相手の家族側に矛先を向けるのはおかしいと、親バカだと感じました。

一番の非常識は自分の子供だと思います。

ちろりん
2009年10月2日 at 8:09 PM

緊張する気持ち、やさしいおじさんの言葉に、ホッとした様子、自分のことのように感じられ、私も、泣いてしまいました。

20年前、地方出身の私が、両親と共に挨拶に行った夫の実家は、関東地方の代々続く農家。玄関の前まで車で入るような、広い土地、広い家。そして、90歳になる、夫の祖父、両親、義兄夫婦、義兄の子の、4世代同居でした。90歳の祖父は、背広を着て、広間に正座して待っておられました。同じく地元の農家から嫁いだという義姉の作ったお料理がたくさん並べられ、もう、ただただ圧倒されるばかり。

片や、私は、サラリーマンの転勤族の娘。いわば「どこの馬の骨とも…」と思われても仕方がないと、萎縮していました。

それなのに、本心はいざ知らず、私たちの前では、「知らない土地の方と、親戚になれるのも、私たち狭い地域しか知らないものには、ありがたい話です。」と笑顔で接してくれました。

私の両親も、ただただ、頭を下げていたという感じでした。

その時、何も言わずに迎えてくれる、この家族のためにも、私も、「この子でよかった」と喜んでもらえる嫁になろうと思いました。

私の息子たちに、将来結婚してくれる人が見つかったら、息子と息子の選んだ人を信じて、相手と真の家族になれるように、そういう風に育てたいと思います。

aya
2009年10月3日 at 9:32 AM

これは…クリームさんの責任ですね;色々事情があるにしろ。
30すぎの大人の男が母親に報告せず式場予約して、
相手の情報ゼロで連れていったら、
「お前ら何考えてんだ!」ってなりますよ(==;
ちょっと反応がストレートすぎるたしても、
この状況ではいい気分で出迎える人は少ないと思います。

お義母さんに問題があるように思われがちですが、
30代半ばまで週1でお母さんに部屋掃除してもらってる件といい、
結局のところ、全然親離れができてなくて甘えてると
思ってしまいました(辛口でごめんなさい)

でも、そんなところも含めて支えていこうとした
ファッジさんを本当に尊敬します。
謙虚な姿勢や優しさ、見習いたいです。

はるまま
2009年10月4日 at 3:00 PM

大変興味深く読みました。70~80代の人は「ヨメをもらう」と言いますものね。でも今がお幸せそうで何よりです。どうしてもファッジさんと結婚したかったクリームさん、クリームさんのお人柄だけを見て(相手の親も見ずに?!)結婚を祝福したファッジさんご家族のおおらかさに暖かいものを感じます。成人した子どもたちにはそれぞれ好きな人がいますが結婚となるとその家族も全部くっついてくるよ、と言い聞かせております。

ヴァタ仔
2009年10月5日 at 12:18 AM

ホロリとなりましたが・・
何も知らされていない義母様たちも不安だったのでしょう。
子一人だったのならなおさら。
親は誰よりも子供が一番幸せになってほしいもの。
絶対に幸せになってほしいからこそだったのだと思います。

クリームさんもこういう場面でありえない!とか男がしっかりしないと!とか言われるのは違う気がする。それは女のただの思い上がりのような気がします。

同じようにクリームさんだって不安だったと思います。

あそこでファッジさんの不安を少しでも取り除こうと「そう?」と自然体で言うのが彼なりの精一杯だったんじゃないでしょうか。

お互い理解し合えないところもあるだろうけどその壁を少しずつでも壊していって最後の最後でお互いに「ありがとう」と言える関係になれたら素敵ですね。
続き楽しみにしています♪

nami
2009年10月5日 at 4:02 PM

私も泣いてしまいました(;◇;)
ほんと、このおじさまが居てくださって
良かったですね。

この日、言ってほしかったことを
全部言ってくれましたね。

これが あるのと無いのとでは そりゃあもう違いますよね。
その場でいえなかったことを、
追いかけてまで言いに来てくれたおじさん・・・

ファッジさんのことも、クリームさんのことも
心配してくださったんですね。

・・・・てか・・・・

くーーーーーーちゃん!!!!(≧□≦)!!!!

常に クリームさんのエピソードには
基本「惚れてまうやろ~♥」な私ですが、今日はご立腹!

ファッジさんの不安を 全く分かって無いなんて!!!

母親・おばさんたちの不安・不満も
全く分かっていないなんて!!!!!!!

キイーーーーーーーーー(屮゜Д゜)屮

>「このおじさんが居なければ
> 結婚していなかったかもしれない」

これ、クリームさんご存知でしょうか!?
んもう ドンカンドンカン!!(○`ε´○)プンスカ

家庭によって 事情も性格も構成も様々。
でも比べるのは自分の家族ですもんね。

ファッジさんが、自分の家族がクリームさんを迎えたように
自分も迎え入れてもらえると思うのは 当然ですよ!

おごってなんかなーーーーーーーーーーーい!!!!!!
(°д°)くわっ

・・・というかコメントの数凄いですね(*≧m≦)=3
初めて?かもしれない 非難ゴーゴーのクリームさん(笑)

はー続きが気になりますっ

いぶき
2009年10月5日 at 10:14 PM

みんなのうるうる 分かるわ~
私も結婚前に だんなのいとこ達と旅行に行って、
だんながいとこと盛り上がって、マージャンが始まって、、、
なんだか 一人ぽちんと気持ちが、なっちゃて(笑)
一人で、ふとんのなかで うるうるして寝たんだ。。。
心ぼそかったんだよなぁ~

asumi
2009年10月15日 at 6:57 PM

ほんとココアさんブログは笑って読んでると、
ときどきがつんと感動涙。

yeye
2009年10月23日 at 2:04 PM

こんにちは。ファッジさんはじめまして。
いつもブログを読ませていただいてます。

嫁入り物語は初めて読みましたが、
職場でご飯を食べながらだったので
あやうく皆の前で泣きそうになりました。
いつも思うのですが夫婦(家族)に歴史ありですね。
私もファッジさんのようなお嫁さんに
なりたいと思います。

コメントを書く

* コメントフィード

トラックバックURL: https://vanillafudge.jp/entry/%e5%ab%81%e5%85%a5%e3%82%8a%e7%89%a9%e8%aa%9e%ef%bc%9aepisode-5/trackback/