嫁入り物語:episode 10

ファッジの嫁入り物語:episode 10

 

 

 

長い間、ご愛読いただいた「ファッジの嫁入り物語」ですが

次回をもって最終話とします。

 

 

さて結婚式といえば、全国津々浦々でいろんな形があるようなので

私たちの結婚式を少し紹介したいと思います。

ちょっと勇気がいります。

だって私の常識は世間の非常識かもww

 

 

まず、ぶっちゃけ結婚式も披露宴も全額親に出してもらいました。

なんたって宴の主催者は親なので招待状の送り主も…

 

 

ep10-1

 

 

 

と、いうように家長の名前で送ります。

中面も

「抹茶ギボ子長男バニラクリームと

ココア太郎次女ファッジがこのたび…」

と案内されます。まさに両家のイベント。

なので、披露宴でいただいたご祝儀は全て親の物になります。

で私に限っては、

 

 

ep10-2

 

 

家具家電の大物は、親が買ってくれました。えへ。

(食器や日用品などの小物は自分で揃えましたが…)

あと、新婚旅行と新居になる賃貸マンションの諸費用は

ダンナが自分で全額出しました。

 

 

え〜と、みなさんは、どうでしたか?(どきどき)

 

 

私とダンナは住んでいる県が隣どうしだったので

結婚式はちょうど両家の中間点でやりました。

で、当日の朝、我が家は…

 

 

ep10-3

 

 

こんな感じに幕が張られ、

花嫁の私は式のはるか数時間前から

 

 

eo10-4

 

 

店の入口付近に鎮座し

 

 

ep10-5

 

 

集まった近所の人たちにお披露目(汗)

みなさんが手にしているのは…

 

 

ep11-6

 

 

親族が配るお祝い菓子で、箱入りのクッキーかなんか。

ここで1時間ほど私はじっとしていて

お世話になった近所のおばちゃんや

同級生や中学校の恩師などなどから「おめでとう」を言われる。

小さい町なので、ちょっとしたお祭り騒ぎだ。

 

 

この後、私は町の皆さんに見送られながら

花嫁タクシーに乗り、揺られる事1時間。一路、結婚式場へ。

いやはや今もこんな風にやっているのかな?私の故郷は…

 

 

 

 

(最終話へつづく)

 

 

 

で、突然ですが…

 

Unknown

 

 

 

 

ザワザワザワ……… ザワザワザワ………誰?

ザワザワザワ……… みっこ……?

 

 

 

以前「7人家族の真ん中で。」で

ダンナと「150歳まで生きよう」で意気投合したSちゃんの話を描きましたが

そのSちゃんが、先日結婚式を挙げました。

で、「お嫁さんな日々」スタッフからもお祝で

「みっこの嫁入り物語」をプレゼントしました。

 

 

みっこ

 

 

こんなじゃばら状のまんがで、2人の出会いからプロポーズまでの

ショートラブストーリーを描きました。

そして披露宴に出席してくださった方全員に

新郎と新婦がキャンディと一緒に配りました。

で、Sちゃん=みっこなんですが

本人の了解をもらって、ここにそのまんがをアップさせていただきます。

 

 

みっこ1

みっこ2

みっこ3

 

 

 

私たちの20年前の結婚式とは違って

若い2人のアイデアが、たくさん盛り込まれた

とても素敵な結婚式だったそうです。

 

 

実は、ここまでの順序も同棲→妊娠→入籍→結婚式と

20年前とは随分様相が違います(笑)

さらに言うと、みっこが2月に無事出産を終えると

会社にすぐ復帰し、じゅんが専業主夫になるという

予定だそうです。

 

 

 

以上、結婚今昔物語でした〜!

 

 

↓応援クリックいつもありがとうございます!

ep10-bana

 

 

 

 

 

2009年11月4日 | 嫁入り物語, episode 10コメント (49)

コメント

ちょし
2009年11月4日 at 5:12 PM

更新待ってました!
ブログ更新を待たずに、先にこちらに来たらもう上がってる!!w

次回で最終回なんですね~!!
いま、自分は準備中なのでいろいろ学べました。
ありがとうございました。

みっこさんのお話も素敵!!
元気な赤ちゃんの御誕生をお祈りしています☆ミ

キョウ
2009年11月4日 at 5:35 PM

おお!
みっこさん、じゅんさん、おめでとうございます。

そして、ファッジさんのお姉さん、いつの間にか、出産をすまされてたんですね。

はあて
2009年11月4日 at 5:46 PM

うあ〜〜何だか我がの結婚にちょっと近いものを感じます、みっこさんとじゅんさんの結婚・・・。
我が家は4年前に同級生同士、同棲→結婚というかたちでした。
でも、プロポーズと結婚式は無しでしたけど・・・。
これも自然な流れなんでしょうか?
親には申し訳無い事だらけですけどね〜〜。

愛知
2009年11月4日 at 5:53 PM

おおぅ、みっこさんとじゅんさんのお話も素敵。
今時~と言われるかも知れませんが男が家庭にはいって主夫ってやはり勇気がいる事だと思うんですよね。
その決意が素敵。
ファッジさんの結婚式もきっと地域が近いせいか、私と似てますねw常識、常識w
私も道具や式の資金は親でしかもご祝儀は自分たちがかっぽぎするという極悪度(笑
でもでも新婚旅行代金は自分で出しましたん。
恒例菓子まき(菓子配り)もしましたよ~w

山形の母
2009年11月4日 at 6:25 PM

そうそう、私も費用は親持ちでしたね・・・ ご祝儀は私が貰っちゃいましたがね。ww その上電化製品も買って貰ったし。
二年後に大きなお腹と旦那を連れて無事、実家に連れ戻りましたよ、長男なのに(笑) こちらもお菓子やらするめをくばりましたね。 どこでもやっているのでしょうか?

ジジ
2009年11月4日 at 6:58 PM

んー。。。
結婚費用は、私の両親からは一銭もなく(貧乏すぎて)、代わりに祖母がお祝いをくれました。私達の貯金、向こうの両親からの出資、を合わせて、結婚式、引越しをして、家具家電はお互い一人暮らし時代のものを持ち込んで、特に用意もしてないです。
お互いの家から出資がなくても、結婚式が挙げられるようにお互い貯金をしたので、親をアテにしたことはなかったです・・・というか、自分達の結婚式なんだから自分達で、という精神が当たり前といいますか・・・。
結局、お祝いをくれた祖母や主人の両親の出資があったわけですが、今でも(20代です)友人の間では、親が出資して当たり前っていうのも多いので、昔とあまり変わらないのではないでしょうか・・??
ただ、菓子配りやお披露目などは私の地元でも見たことはないです。

☆わか☆
2009年11月4日 at 7:22 PM

16年前ですが、費用の出所はそんな感じですね。
ダンナは1人暮らしだったので、もうちょっと
親がかりでした。結納と結婚指輪だけは自分でって
言ってましたが、若干足りなかったようです。(笑)

招待状は当時はそれが普通でしたよ。
(特別な事情がない限り○○長男●●と○○二女●●がって)

結婚費用は親がかりでしたが、新居の購入時は
援助を受けませんでした。
父が「偉いね」って言ったそうですが、独身時代に
食費も入れてなかったんだから、父の援助も同然ですよね。
(^^;

ありがたいことです。

Mayu
2009年11月4日 at 7:28 PM

いつも楽しみに拝読してます!
うちは、同棲→結婚→八ヶ月後に私が単身渡米(留学)
という段取りを踏みました。留学は結婚前に
決まってたとはいえ、義理母の冷たい視線、今でも
忘れられません。何かにつけ、いろいろ言われるんだろうなー
と思いつつ、一人留学ライフを満喫中♪

yume
2009年11月4日 at 7:30 PM

びっくり~~
花嫁タクシーやらお菓子配り
(昔はよく屋根からばらまくのを貰いに行ってました。)
極めつけは毎日通る白川公園で、同郷だと知りました。。。
いやん!!嬉しい♪
ちなみにまだ結婚経験はございません~ww

とみー
2009年11月4日 at 7:33 PM

次回で最終回なのですね。
結婚はホントいろいろな形がありますよね。
私たちは披露宴の費用も旅行の費用も全て自分たちでだしたので、もちろん招待状の名前も中の文面も本人の名前のみでした。
ダンナ側の親戚連中は親の名前がないってことで大騒ぎでしたけどね。

わかぷぅ
2009年11月4日 at 7:47 PM

ファッジさんこんにちは♪
いつも楽しく拝見させて頂いてます。
うすうす「もしかして同じ地方に住んでるのかな?」
と思っていましたが 結婚式の内容で「やっぱり!」と思いました。

あの青と白の幕・・・ 
昨年知り合いのお姉さんが結婚される時見ましたよ。
そして 派手派手しい菓子まきも(笑)
子供の頃は頻繁に嫁入りの菓子まきがあったけど
最近では年に1・2回くらいですかね。
子供たちも大喜びです。

ちなみに私の結婚式も 派手でした(笑)
菓子まきはしなかったけど 引き出物は立派でした。
まだ若かったので(22歳) 全部親任せ。
引き出物選びは両家の意見が食い違い揉めました。
嫁入り道具も両親が目一杯揃えて持たせてくれました。
感謝してます。私も娘にしてあげたいなと思っています。

そらまま
2009年11月4日 at 7:53 PM

ほほー、面白いですね!
ファッジさんの結婚今昔物語も大変面白かったですが、
皆さんのコメントも非常に興味深く拝見しました。
そうか~、まさに親族同士の儀式だったのですね。

私は、6年前に挙式しましたが、その時点でも既に結構なお年(30台後半)の二人だったので、自宅通勤の社会人生活が長く、貯金だけはたんまり(2~3回お式を挙げられるほど)あったので、当然のように披露宴も旅行も新居も自分たちで用意しました。
あ、でも、家具や新居用雑貨小物類は全てもらい物で済ませましたね。というのも、そのぐらいのお年ですと、結婚生活が破綻して実家に出戻ったお友達が結構いたので、いらなくなった家具類が割と余っていたのですわ。(^^;

usazou.
2009年11月4日 at 7:59 PM

お菓子撒き、花嫁タクシー、白川公園(´∀`)ノハッハー!
うちも商売人だったので派手に屋根から菓子〇〇万円ばら撒きました。
地域の特色です。
残念ながら娘がいないので我が家からは出来ませんが(ホ)。

ちぃ
2009年11月4日 at 8:06 PM

私の地区では嫁が家をでる時も100メートルくらい歩きます。その100メートルの間に近所のおじちゃんおばちゃん、幼馴染が並んで見送ってくれます。
その時に配られるのは紅白の餅とアメ。

そして、式場ではなく嫁ぎ先に向かいます。

嫁ぎ先の家に入るときも100メートルくらい前でバスを下ろされ道路の両脇にずらーーーーーーっと並んだ近所の人に迎え入れられます。
ここでも紅白餅とアメ、スルメが配られ振る舞い酒もあります。

そして、「ふれ声」っていうのがあって(私も驚きました)親戚のおじさんが「嫁だ!!嫁だ~~~~っ!!〇〇(←旦那の名前)に嫁っこ来たぞ~~~~っ!!嫁っこ来たぞ~~~っっ」ってず~~~っと叫びながら家まで歩くんです。。。恥ずかしかった(><)

めら
2009年11月4日 at 8:07 PM

更新おまちしておりました。
以前より同県人であると思っておりました。
(私は海沿いミカンの産地の住人です。)
10数年前の嫁入りの際は、白無垢で主人の実家の縁側で
箱入りお菓子を100人分配り、新婚旅行から帰国した時は
手土産を持って、義母と”隣組”に挨拶回り。
もちろん式の費用は全額親持ち。東京の友人いわく
”今まで出席した結婚式のなかで最強?の引き出物だった。”
娘には、同じこと絶対してやれないと思います・・
というかする必要、まったくなくなるんでしょうね。

リナ
2009年11月4日 at 8:15 PM

いつも楽しく拝見させて頂いてます♪
白川公園でファッジさんと同じ県だ!!!って思いました^m^
リナは結婚まだなのですが、会社の人やご近所さんからお嫁に行くときお菓子もらいましたよ~
今度は自分の番だとは思っているんですけどねぇ(笑)うふふ♪

エフ
2009年11月4日 at 8:30 PM

皆さんのコメントをみてもわかるように 皆それぞれに結婚秘話というか、人に歴史ありって感じで、自分の時を思い出しながら読んでいます。
みっこさんの嫁入り物語も素敵でした。かわいい~

きのこ
2009年11月4日 at 8:37 PM

十数年前でしたが費用もスタイルも自分たち主導でさせてもらいました。順番は一応婚約、結婚、妊娠です^^
今は不況で出歩くよりおうちでゆっくりする人が多いみたいだしつきあっていたら自然な流れで同棲するかもな~と思いました。いろいろな形はあっても結婚の話は気持ちがあたたかくなりますね。

フレイア
2009年11月4日 at 9:02 PM

おお!惜しい!!
今まで地域がばれないように頑張ってきたファッジさんなのにぃ
でも同じ県でちょっと嬉しい気持ちです
これからも楽しみにしていまぁ~す

よしだ
2009年11月4日 at 9:04 PM

え、え!白川公園!科学館!地元だぁ!
ってそこに反応してしまいました。
同棲→入籍→2年後出産な自分です。式はあげませんでした。
だって、ドレスやら着物やら・・・ありえない。
(私服でスカート履いたのは小3が最後です)

よっしー
2009年11月4日 at 9:49 PM

すみません、いいお話なのに『抹茶ギボ子』がツボにハマってしまい一人ほくそえんでしまいました。

私の結婚式の思い出は、ひじょーにつらいものでした。
結婚を決めたとたんに父の会社が倒産。すっごい負債を負ってしまい、結婚資金なんかとっても出なくて。
私は7年間のOL生活で得た貯金を全部はたいて、披露宴のウチ持ちのお金と新生活の電化製品を揃えました。
その3年前に結婚した姉は、なにからなにまで親に揃えてもらえたので、非常にうらやましかったです・・
今でも結婚式の写真を見るとそのことを思い出して、非常に切なくなります・・・。

ぐっちん
2009年11月4日 at 10:05 PM

私の住む四国よりもずっと派手な結婚式ですね~。
ちなみに嫁入り菓子は、「おいり」(カラフルなボーロみたいな形でニッキの効いたウエハースみたいな味)ですよ。
それも今はあまり配られなくなってさみしい限りです。

余計なお世話かもしれませんが、
「みっこの嫁入り物語」のバナーの英語のところが
「fudge・・・」のままになっていますよー(汗)

5にゃんこママ
2009年11月4日 at 10:16 PM

うんうん、花嫁タクシーってTVで観たことあります。
乗り口の天井が開くんですよね。

私も結婚費用と所帯道具類は実家で出してもらいました。
ところが、その後半年で離婚。×1に^^;  親不孝しました。

で、1年半後に再婚。(夫は初婚) 
さすがに2度目の結婚費用は罪悪感から自分で出しました。
と言うかご祝儀で賄えるジミ婚にしました。 夫よ許せ!

もう30年近く前の話です。

さっちゃん
2009年11月4日 at 10:43 PM

次回で最終回!!!!????

お願いだからやめないで~~~~!!

usazou.
2009年11月4日 at 11:05 PM

二回目で恐縮です(><)イイタイノ…
白川公園近くのデザイン事務所に在籍してました!
その昔ですが、ファッジさんと重なるときあったのかなぁ(現役時代)。

さるるる
2009年11月4日 at 11:44 PM

結婚今昔物語、面白いですね~♪今は地味婚など自分達で色々選択できるようになっていますね。
私達夫婦の結婚は、私の実家が大学生と家のローンを抱えて貧乏だったのと(^^;)、夫の「金を出してもらうといらない口まで出される」精神の理由で自分達負担でした。
私の2年半働いて貯めた貯金は全部ふっとびました(笑)夫はもとから貯金が無くて借金生活からのスタートでした。もう18年前の話です。
お互いの親も出してあげたかったみたいですが、二人とも20代前半でしたが働いているのに出してもらわなくてもいい!と突っぱねたことを今後悔しています(^▽^;)
親に出してもらうなら親任せ、自分達でやるなら自分達主導でどちらもいい部分があるのではないでしょうか。

めーママ
2009年11月5日 at 12:37 AM

白川公園・・懐かしい・・
派手な結婚式・・懐かしい・・
お菓子配り・・全てが懐かしいです♪

キラピか
2009年11月5日 at 7:47 AM

どのご夫婦にも素敵な物語があるのですよね。
じ~~ん。

私のところの結婚式とはやっぱりちょっと様子が違いました。
うちは父と姉が「牛車に乗って!」などと言っていましたが、無視しました。

私の嫁入り物語を思い出しながらアルバムでも見ようかと思います。

すいれん
2009年11月5日 at 8:09 AM

私自身は結婚式を挙げませんでした。
台所用品は自分で好みのものをそろえましたが、それ以外のすべての費用は夫が出してくれました。
おがげで貯金はすっからかんになったそうです。

まだ幼い子供の頃、父の実家では花嫁さんが嫁ぎ先の玄関をくぐるとき、花嫁の頭の上に大きなかまどで使う木製の鍋ブタをかざす風習があったのをおぼろげに覚えています。
あれは何だったのか、いまでも謎です。

プーちゃんママ
2009年11月5日 at 9:24 AM

いつも楽しく拝見させていただいております。
私は白川公園のある県の、隣の県に住んでま~す。
海の幸、お肉がおいしい所です。
結婚式のスタイルはファッジさんの所とよく似てます。
招待状も一緒ですよ。
私は、アメリカのディズニーランドで挙げました。

みっち
2009年11月5日 at 9:28 AM

ファッジさん,まさに町をあげてのお見送り(?)でお祝いされて嫁がれたのですね…かっこいい!
素敵なお話にうっとりと読みました。
みっこさんのお話もステキでした。いきなりプロポーズとかびっくりでしたが,そういう雰囲気が似合う出会い(再会?)と交際の始まりにカッコいいとすら思います。どうぞお幸せに…

藤子
2009年11月5日 at 9:47 AM

いつも楽しく拝見させて頂いてます♪

私は山陰の田舎町の出身ですが、年齢もファジさんと
近いせいか結婚式の費用などは親が出しご祝儀も
親の元に行きました。

そして家電と箪笥などは両親と祖母が買ってくたれので
私が自腹?を切ったのは結納返しに買ったタイピンとカフスのセットくらいものでした・・(^^ゞ

そして式場ではなく実家て花嫁支度をしてタクシーに
乗って式場まで行ったのですが、出発す時はもちろん
途中の道ばたもご近所さんがお見送りしてくれた事を
今思い出しました。
(お菓子は配りませんでした)

そうそうタンスの肥やしの着物が眠っているのも一緒です♪

とらにゃん
2009年11月5日 at 11:14 AM

14年前に結婚しましたが宮城も両家の親の名で招待状を出すのが普通で、披露宴の資金も親負担が普通でした。特に地域の風習らしきものは感じなかったけど引き出物に鯛など縁起物の形をした派手な蒲鉾を入れることが多かったです。今の若い人はカッコ悪いと言って入れないですけどね(^_^;)
私の結婚式はフランス料理店でのレストランウェディング。当時の田舎ではまだまだ珍しく、年寄りには不評でしたが(!)カラオケ大会になってしまう結婚式じゃなくて良かったと今では思います。あの頃は「定番」の結婚式じゃないだけで大揉めでしたね~

まるこ
2009年11月5日 at 11:21 AM

 いつも楽しく拝見しています。そして、ファッジさんと自分を見比べては反省の日々・・・。
 私は次女だったしダンナの家もうるさくなかったので、両家の親は『口も出さぬが金もださぬ』でした。婚約指輪もない(今思うと貰っておけばよかった!)質素なものでした。
 ただ、姉は嫁ぎ先が旧家だったもので、荷物を入れるときにはトラックに紅白の幕、そのトラックが狭い道で他の車とすれ違うときは相手にご祝儀袋を渡してバックしてもらう・・・、当然お菓子もばら撒きました♪あの派手さが今では懐かしい。
 ファッジさん・・・やはり同県民でしたか。

MAI
2009年11月5日 at 12:36 PM

嫁入り物語、とてもワクワクドキドキしながら待ってましたよ!
私も去年なんとか嫁入りしましたので、ちょっと思い出しました。去年の事なのに懐かしい~!?
私は披露宴はするつもりはまったくなかったのですが、彼の
実家は新潟で会社をやってたり、私が東京で勤めてた会社がそこの親会社だったりで、しかも彼長男だし、お義母様がそりゃー張り切りました!実家の母は兄の時に口も金も充分だしたのでお義母様の気持ちを察してか、大人しかったです(笑)本音は文句タラタラだったと思います・・。
でも、田舎の常識は都会の非常識。まさにそれで。
引き出物にハムやソーセージの詰め合わせを入れようとしたのには、全力で阻止しました!両家の父親名での招待状だったけれど、お金も親に出して頂きましたが、「わがままな嫁」を印象づけるのには成功したと思います・・・。

おちょこ
2009年11月5日 at 1:10 PM

はじめましてデス。が、毎日楽しく拝見してます。
んん!?白川公園?で思わず出てきてしまいました。
同地区でなんだかうれしくなっちゃいました。
お嫁さんの菓子まきは十数年前友人が嫁入りの時にしてから
見ないですね。私が子どものころはあちらこちらでありましたけどねぇ。なつかしい。

つく
2009年11月5日 at 1:19 PM

初めてコメントします。白川公園の県!同じ県だったとはびっくりしました!ずっと関東のほうだと思い込んでいました。なんかうれしい。

nami
2009年11月5日 at 1:35 PM

結婚式って、時代や土地柄で ずいぶん違いますよね!
昔は そんな感じだったんでしょうね~
非常識じゃないと思いますよ!

今年結婚式をあげたばかりの私ですが、
費用は全額自分たちでした☆
親・兄弟から ご祝儀はいただきましたが
援助はされていません。
大出費だったけど、幸せな一日でした~~♪

親からは 金ももらわない代わりに口出しもされない!
という式だったので、自由にさせてもらいましたし。

ファッジさんの時代の結婚式の方が
とっても大変そうです。。。お疲れ様でした!

まめ7
2009年11月5日 at 3:25 PM

幕にお菓子配り!おお~!
いろんな結婚式の形があるんですね~。
今まで抹茶・クリーム家の個性が際立ってましたが、
ココア家周りの地域の特性なども興味深く読みました^^

最近結婚した友人は、おうちが自営業の子だったんですが、
やっぱり「両家開催」という感じで正統派な感じでした♪

私も先々月結婚式を挙げたんですが、費用は全額自分達でした。
「2人が招待」という形にこだわって、お互いの両親も限りなくゲストに近い立ち位置に(大人婚なので^^;)。
あの日の皆の笑顔は一生の宝物だなあと思います。
ついでにダンナに「独立して新しい世帯を持つ」という自覚を持たせる裏目的も成功でした(笑)

手間もかかるし気苦労も多いけど、
どんな形でも結婚式って幸せなイベントですよね!
あと1回の連載楽しみにしてます♪

のの
2009年11月5日 at 3:56 PM

いつも楽しく拝見しています♪
近畿地方に住む私は7年前に結婚式を挙げたのですが、招待状は“From お互いの父”で同じでした^^ 私が友人から受け取る招待状もそうなんで、この辺りではそれが一般的?
私の主人は京都の片田舎に住んでいたのですが、やはり田舎は色々と風習があって、結婚式の数日後、着物姿でご近所へ義母と連れ立ってお菓子を持って挨拶回り、その後、組(?)のご婦人方を義両親宅にお招きしてお披露目会という名の食事会がありま
した。品定めされているようでドキドキでしたよ>< 私の母と祖母が恥をかかせないようにとステキな着物を誂えてくれたのでとても感謝しています。その甲斐あってご招待した奥様方にとても褒めていただきました。「着物」を...。いや、でも着物だけでも褒められて良かった(泣)資金は、結婚式に私たちは全く興味なかったのに義両親が絶対にしないとダメと言い張るので、当然のごとく披露宴&お披露目会の費用は全て負担していただきました。てか、主人方からのご祝儀は一切受け取っていないので、そちらから支払われたんだと思います。私の方からのご祝儀は私たちでいただいちゃいました~^^ ちなみに私の姉夫妻は親からの援助を嫌がって全て自分たちで用意していましたので、色々ですね。家具・家電はお互い一人暮らしだったので、その時二人でちょこちょこ集めていたものをそのまま今でも現役で使っています♪
冠婚葬祭って、同じ地方でも田舎と都会では風習が違って戸惑いますよね。デキ婚なんてしようもんなら主人の実家ではすぐさま噂が駆け巡っていたと思います。義両親に恥ずかしい思いをさせなくてよかったです...。デキ婚って、言う人は言いますもんね...^^;
みっこさんのお話もステキでした!かわいい!!なんだかほっこりしますね^^末永くお幸せに...☆

大阪から失礼しますww
2009年11月6日 at 4:01 AM

たぶん、そちらの県は大変な式だと聞いたことがありますww
私、大阪は 菓子配りはしませんし、今は、チャペルや大聖堂式が人気ですw(^^)w
あと、招待状は私達の名前ですww
私の親も夫の親も一銭のお金もくれず、夫の両親だけ家電の炊飯器とポットをもらいました。(お祝いです)
お祝儀はもらえると思っていたので、かなりへこみました(><)

次回で終わりなのですね・・・
悲しいです(;;)

kae
2009年11月6日 at 4:11 AM

少し前から、もしや?と思っていましたが、やっぱりお近くの方だったんですね。
『嫁日々』の事務所の住所が、徒歩○分の距離だったので

子供の頃は、私の実家の方でも菓子まきがありましたよ。
ついでに、御餅投げも。

来週が最終回なんですね。
ちょっと、寂しいような・・・でも、楽しみに待ってます。

リカのマ
2009年11月6日 at 12:50 PM

待ってました♪
やっぱり豪勢なお披露目だったんですね♪
メイちゃんの受験あたりのコメで勝手にとあるエリアを想定していたのですが、2つの県って!?(土地勘が無いもので…)ということは県に関わらず地域的な習慣ということなんですね~。

私の約8年前の結婚は特に地域的な歴史や習慣の影響が全く無く、そういう昔から続く儀式を素敵だと思っているので、ちょっと憧れがあります。
あ、ウチも電化製品類は私の親持ちでした。ご祝儀も親の所に行きましたが…(笑)

あと1回でお話が終わってしまうのは寂しいですが、楽しみにしています~。

u-san80
2009年11月6日 at 3:57 PM

面白い話題で出てきちゃいました~~
私も、全額両親に出してもらっちゃいました・・・
旦那方は知りませんが・・・
もちろんご祝儀は全部両親へ
誰からいくら頂いたのかも、友人、会社関係の方のみ
教えてもらいました
結婚式の前に、着物で、自分の実家のご近所へ挨拶参り
「お嫁さんのお菓子」と呼ばれる砂糖菓子を配りました
旦那のご近所へは、名前入りの袱紗を配りました

一番もめたのは、引きで物の数
私の地方は、最低3品、普通は5品とお金のかかる地域
旦那の地方は、2品以外は考えられないと、倹約地域
最後はもちろん、嫁方が折れ、2品
嫁方はツアーバスでの巡業(笑)でしたので、
帰りにバスから降りるときに手土産でした

ところかわればで面白いです!

そしてみつこさんおめでとう~~
素敵な蛇腹漫画が入っていていいなぁ~です

takako
2009年11月6日 at 10:01 PM

私も同じ地域のようです。
勝手に関東の方だと思っていたので、結婚式の菓子マキで「ん?」白川公園で「ん?」と反応してしまいました。

10年前に私も紅白の布をはった玄関先でお披露目して、お菓子を配りました。。。
家具や着物は親が持たせてくれました。
一緒ですね。

家具屋さんの派手なトラックが新居まで配達してくれましたが、最近は見ないですね。やらないのかしら・・・

最終回も楽しみにしています。

tintin
2009年11月7日 at 7:04 AM

私もファッジさんの地方に住んでいたことがあり、友人の結婚式で、おかしまきみました!親がたくさんお金を使ってくれること、それを愛情、気持ちとして受け取けとれること、一つのとても幸せな風景に思えます。
私は親が結婚に好意的でなかったので、自分ですべてやり、親に何もさせなかったので、後でずいぶんしこりを残してしまいました。

vanbi
2009年11月7日 at 11:29 PM

ねえねえ、プラネタリュウムに白川公園って。
ひょっとしたらファッジさんって名○○市の人?
私も。
俄然、親近感が増した。
がんばってね。

きんとと
2009年11月8日 at 12:37 AM

ファッジさんの温かい紹介状に感動です。
みっこさん、じゅんさん、おめでとうございます!
私も同級生との結婚なので、とても懐かしいです。

sasa
2009年11月9日 at 2:32 AM

派手な地域は、本当に派手なんですね(^^;
新築の餅撒きや祭りでの菓子撒き以外では見たこと無いです。

うちは5年ほど前に挙式・披露宴・新婚旅行でしたが、両家の両親共あまりお金が無いことを知っていたので、ご祝儀と自分たちの貯金で賄いました。
でも、それぞれ田舎から親戚を呼んでいたので、招待状の差出人は父親にして、引き出物も「デカイ紙袋を提げて帰る方が如何にも”結婚式帰り”って感じがする」と父親に主張され、それらしくして。
いやぁ、20代後半の仕事してる旦那の友人からの祝儀が予想外に少なくて、支払い時に慌てました(--;(笑)
丁度、過渡期っぽい段取りだったかもしれません。
仲人は居ませんでしたが。(恋愛結婚でも、20年くらい昔ならば仲人を立てたと聞かされましたし)
再来週は友人の結婚式に行ってくるので、自分のときとどう違うかと楽しみです(^^)

コメントを書く

* コメントフィード

トラックバックURL: https://vanillafudge.jp/entry/%e5%ab%81%e5%85%a5%e3%82%8a%e7%89%a9%e8%aa%9e%ef%bc%9aepisode-10/trackback/