実母のLINEをつい見てしまった…

悩めるサザエさんのご相談

私は33歳で8ヶ月の子のママです。
私の実家とは近い距離なので子供とよく通っています。

父と母は年の差夫婦で父70歳、母58歳。
3年ほど前に母だけスマホに変えました。父はまだガラホです。
母は機械が得意ではないので、私と同じiPhoneにし、購入時の対応や不具合の対処など私がしています。

昨年末、母のスマホのバッテリーの調子が悪そうだったので、2人でアップルストアに行きました。
お店で「コロナ対策のため入店できるのは1人」と言われ、私のみ入店し母は近くで時間を潰してもらうことにしました。
万が一データがとんでも復元できるようにと操作をしている際、LINEのメルアド登録も確認しようと開いたところ、1番上になんだか気になる人を発見。
ついトークルームを覗いてしまいました。

男「たくさん飲んできた」
お酒のスタンプ
母「飲みすぎ注意!おやすみなさい(ZZZマーク)」
おやすみのスタンプ
母「おはよう。今日も寒いね!」
おはようのスタンプ
男「頭割れそう(ドクロマーク)」

上記のような何気ない会話を、謎の男性と毎日していたのです!!
“不倫”というには決定打に欠ける内容。ざっと見た程度では、好きとか会いたいとかは書かれてなかったです。
短い時間だったので、男性が誰かわかるような具体的な文面も見つけられず。

母は長年同じ会社で働いているのでその同僚かも?若い時モテたみたいなので昔の男友達かも?
出会い系やSNSなどはやっていないようなので、ネットでの繋がりではなさそうですが…。

もし不倫だったらと思うと娘としてたまりません。
不倫じゃなくても…毎日配偶者が異性とLINEしているのは許せないです。

LINEを見たことは内緒にしていますが、ずっと心にモヤモヤが残っています。
皆さんなら母に追求しますか?
それとも母にもプライベートな側面はあると割り切って、見て見ぬ振りをしますか?
娘としての正解行動を教えて下さい!


悩めるむサザエさんに
みなさまアドバイスお願いします!


カテゴリー: 実父母


実母のLINEをつい見てしまった… への8件のコメント

  1. るんくま より:

    私は、サザエさんのお母さんと近い年齢です。
    文面からは、不倫というより男友達とのたわいのない会話と
    感じました。
    でも、サザエさんは、不倫じゃなくても許せないんですよね。
    母親に男友達がいたらダメですか?
    何気ない天気の話とか、事項の挨拶とか、健康の話とか
    許せませんかね?
    なんでだめかなぁ~というのが率直な感想です。
    この場合、心配するとしたらお父さんが何かのはずみで
    お母さんのスマホのやり取りを見てしまってもめる(かも)
    事くらいですが、お父さんはスマホをまだ使っていないので
    その心配も今のところないですよね。
    でも、お母さんは自分のスマホを簡単に娘さんに託すくらいですから
    お父さんが見ても問題なし~くらいに思ってるかもですね。
    お母さんは友達がいてよかった。
    くらいの気持ちでいてほしいです。
    よって追求する必要なし。
    というか、いったい何を追求するんじゃろ?というのが、率直な感想です。

  2. おばさん より:

    私にもたわいのない会話をする、そんな男友達がいます。娘に「その人だれ?不倫してるの?」って聞かれたら、その人について説明します。そして、私は大人だし、ダンナ以外に愛する人はいないが人の携帯を盗み見て、痛くもない腹を探られるのは心外だと娘に言います。
    娘としての正解など、親子の関係によりけりなのでわかりませんが、あなたは自分の母親になにを期待しているのか、自分で良く考えてください。

  3. 匿名 より:

    書かれているLINEの文面だけでは不倫を疑える部分は全く無いと私は感じます。 同じ会話を道端でしていてもすんなり通りますよね。道端ですれ違うご挨拶ならOKで、LINEだとアウトでしょうか?
    正直私も何がダメなのかよくわかりませんでした。

    配偶者が異性と毎日LINEをしていたら許せない。それはあくまであなたの価値観です。それを親とはいえ、他人に勝手に当てはめてはいけません。

    サザエさんには頻繁に連絡を取る異性のお友達がいないのかもしれませんが、もしたまたま最近連絡を取った異性とのちょっとしたLINEの会話を親に見つけられて、それについて追及されたら、、、いい気持ちはしないですよね。
    口出しせずに過ごすのが一番ではないですか? 親も一人の人間です。親のお友達関係を全部把握する必要なんてないでしょう?

  4. ふぅーん より:

    すんなりお母さまにお聞きになればいいことを、なぜ躊躇われるのでしょう。問題はあなたとお母さまとの関係性であり、もう少し踏み込んで申し上げれば、お母さまにさえ問題はなく、あなたの物事の捉え方の問題です。

    と、書くと何だかキツく聞こえ(読め)ますね。。ごめんなさい。
    でもそういうことですよ。

    お母さまはお母さまはなのです。あなたは一生懸命お母さまの役に立ちたい、立とう、と接しておられますが、心の距離はちゃんと離れていますかしら?うっすら『依存』という気持ちが見えます。あなたの方にね。

    突き詰めれば、お母さまが不倫していてもいいと思います。それはお母さま、そしてお父さまの問題です。あなたはお母さまに踏み込むことはできないし、お父さまにも踏み込むことはできませんのよ。

    知りたければさらっとお聞きになられたらどうですか。どんな返事だとしてもふーん、でいいのです。

  5. むぎ より:

    お母さんに直接聞いてみればいいのにとは思いましたが、でもそのあなたの清廉潔白なところはお母さんの子育ての賜物じゃないのかな?とも思いました
    ご自分が結婚して、夫婦はこうあるべきと言う理想はあるとは思うんですが、人生ってなかなか難しいですよ。あなたのお母様はまだまだお若くて、おばあちゃんと言うには58歳って早くないですか?そしておじいちゃん(あなたのお父様)は70歳、、、色々思うところはあるとは思います。
    私自身23歳で40歳の夫と結婚しました。若い頃ってあまり考えてないと言うか、大人の男性が同じ年頃の男性と違ってスマートで、、、とか一瞬思いましたが、私は相手のお金と異性のだらしなさで離婚しました。
    自分語りはどうでも良いんですが、あなたのお母様がただただ幸せな結婚生活だったかどうかと考えると、娘であるあなたがどこまで知っているのか、甚だ疑問です。
    ですがそのメール内容で不倫とは全く思えませんけどね。
    もしかしたら他愛もないことを言い合える相手がお母様にいるのかも?
    もしかしたらどこかで一瞬心を寄り添わせたいと思える相手がいたのかも?
    そんな事を思いつつ、今も普通にお父様と一緒にいられるお母様が真実なのかなぁって。

    長い結婚生活、みんな色々ありますよ。お母様も色々あったのかも。
    お母さんごめん、この間見ちゃったの、メール。誰?あの人って聞いてみたら?
    2人で笑い合える可能性もあると思いますよ。

  6. てのま より:

    他人(自分や自分の配偶者や子ども以外の人)の動向が気になって仕方ない…その人の考え方や行動を正したい!とか言う人って、実は自分の中にある「不安」や「問題」を直視したくなくて、他の人を心配する事で自分を誤魔化している…ていう場合が多いんですよね。
    悩めるサザエさん、あなたの人生はどうですか?本当の不安は何ですか?

  7. おなつ より:

    はじめまして!私は悩めるサザエさんと同年代の母がいます。
    私は文面を読んで、悩めるサザエさんの気持ちは分かるなぁ、と思いました。確かに他の方が言うように母親も一人の人間です。でも私にとっては唯一の母親であり、理想の夫婦でもあります。いつも仲良く楽しそうに過ごしている両親なのに、母が他の男性とLINEをしているのを見つけたら、私もモヤモヤします。
    両親には歳を取っても仲良く手を繋いで歩んで行ってほしいという娘の思いがあります。
    娘とは言え、両親に理想を押し付けるな!との意見もあると思いますが、いつまでも仲良くいて欲しい。と望んでしまいます。やっぱり自分の唯一の両親なので。(仲違いしている雰囲気があったら別ですが)

    LINEの文面からだと不倫じゃ無いかもしれません。でも私も見つけたら聞くのは悩みます。
    でも母を疑ったまま過ごしたく無いので、どこかで聞くと思います。何の気なしに、サラッと。

  8. サザエ より:

    皆様アドバイスありがとうございました。
    まとめてのご返信で申し訳ございません。

    皆様のアドバイスで私はとても非常識なことをしてしまったんだと気づき、恥ずかしくなりました。
    私が思っていたこととは違う角度で叱られてしまったので、正直に言いますとこの場所に戻ってくることが怖かったです。
    いくら親であっても、見てはいけない領域でした。
    見たことは無かったことにして、心に封印したいと思います。

    文面は何気なくとも、毎日「おはよう」「おやすみ」。
    女友達にもしないようなやり取りに、私自身全く理解できなかったんです。
    私は小さい頃からずっと母から「相手の身になって考えなさい」と言われてきました。
    食事を残した際「作った人の気持ち考えた?」とよく言われたものです。
    このLINEのやりとり、お父さんの身になって考えてほしかったと強くショックを受けてしまったのです。
    しかし、勝手にLINEを見て勝手に想像する。
    この私のしたことを母の身になって考えてはいませんでした。
    それにこのやり取りが仮に不倫であったとしても、それは私の問題ではなく父と母の問題、というアドバイスに強く考えさせられました。
    母としてこうあってほしい、娘の気持ちを汲んでくれる、そう思いすぎていました。
    色々気づくことができました。皆様ありがとうございました。
    コメントはここで打ち切らせていただきます。

〜 コメントを送信する前に 〜

井戸端会議に遊びに来て頂きありがとうございます。
コメントを頂くことで成り立っているこのコーナー。
コメンテーターの方には大変感謝いたしております。

ネットの向こう側には、悩んでいる方、苦しんでいる方がおられます。
コメントをされる方は、その気持を汲んでいただき、配慮ある言葉選びをお願いいたします。
『それは違うよ!』と思われ、相談者さまとは別角度からのアドバイスを書き込まれる場合、あまりに強く否定的な文脈ですと、文章の主旨が届く前に心を閉ざされる場合がございます。
相談者さまにとっての良い〝気づき〟となるような、心に届くような気持ちでお書きくださいますようお願いいたします。
井戸端会議が多くのお嫁さんにとって有意義な相談場所となるよう、ご協力よろしくお願いいたします。

おすすめ記事