従兄の結婚式に参加するかしないかで悩んでいます。

あゆさんのご相談

従兄の結婚式に参加するかしないかで悩んでいます。

従兄から結婚式の招待状が届きました。従兄との関係は母親同士が姉妹で、母親が長女。次女と長男(以後、叔父)の下が従兄の母親(以後、叔母)で、私の母親とは年が12歳離れています。

悩んでいる理由ですが、約20年程前の私自身の結婚式まで遡ります。 約20年前の11月に私が結婚したのですが、同年の1月に祖父が亡くなっています。当時、叔母は夫と別居しており、従兄を連れて実家で暮らしていました。従兄は祖父のお金で私立の幼稚園に通っていましたが、そもそも叔母は働いた事が無いのに、お金に苦労がした事がなく、見栄っ張りな性格の人です。また、叔父は障害があり、祖父が入院したのを機会に叔母に騙されるような形で施設に入れられていました。

祖父が亡くなった時に、叔母は、祖父の口座から自分の口座に600万円ほど移しており、他の姉妹にはウソをついて、財産分与として10万円程、母親と次女に渡してきたそうです。叔母が祖父のお金を自分の口座に移していた事に気がついたのは、うちの両親が勝手に祖父の通帳を記帳して判明したのですが(現金が無いわりに叔母が贅沢をしていた為)泥棒扱いで、まともに話し合いも出来なかったそうです。

私自身は小さい頃から叔母になついていましたので、母は母!私は私と割り切って、叔母と同居している大好きな祖母に会いに行き、年の離れた従兄を可愛がっていましたが、叔母は他の親戚ともケンカをして、孤立していくにつれ、私に当たるようになり「親戚一同、あなたの母親の事を快く思っていない。あなた達が来ても居心地の悪い思いをするだけだから、もう来ない方がよい」と言い出し、それ以降、祖母や従兄にも会わせてもらえませんでした。

当時の状況をまとめると。。。

●母親⇒祖父の遺産が原因で叔母とは険悪な雰囲気。のちに裁判にまで発展。
●次女⇒母親の味方。同じく叔母に対して常にケンカ腰。
●叔父⇒障害があり、叔母に騙まされる形で施設に入れられた。
●叔母⇒離婚はせずに実家暮らし。別居中の夫からの仕送りと、祖父のお金で贅沢をしており、祖父の口座から600万円自分の口座に移した。
●祖父⇒1月に死去。
●祖母⇒実家で叔母と従兄と3人暮らし。叔母に騙された形とはいえ、叔父を施設に入れた事に心を痛めていた。

こんな状況でしたが、私にとっては小さい頃から可愛がってくれていた叔父や叔母でしたので、結婚式の招待状は送りましたが、祖母、叔父、叔母、従兄、全員叔母から、不参加でハガキが返送されてきました。叔母はともかく、祖母に花嫁姿をみてもらいたいという私の夢はかなわず、80人ほど参加する結婚式だったのですが、母方の親戚は一人もおらず、母親は肩身の狭い思いをした事と思います。叔母が勝手に返信していましたので、祖母は私が結婚する事も知りませんでした。

叔母と私の関係ですが、10年程前、祖母が残り1週間と余命宣告をされてから連絡をもらい、それ以降、ちょくちょく会っており、うちの娘たちの事を可愛がってくれています。祖母が亡くなる前に会わせてくれた事には感謝していますが、今更、ワガママな叔母にもう深く関わりたくないのが私の本音です。

こういった状況ですので、叔母は他の親戚とも交流は無く、従兄の結婚式も私と、私の妹以外参加してくれる親戚もいません(弟もいますが、関わりたくない為事前に参加しないと連絡済)。叔母からすれば、私と妹が不参加だと新郎側の親戚は誰もいなくなる為、面目が立たず、必死になっています。もちろんすぐに感情的になり、冷静に話し合う事ができない母親にも非がありますが、私の結婚式で、母が居心地の悪い思いをしたのと同じ様に、叔母も居心地の悪い思いをすればいいという気持ちがありますし、何より母親の気持ちを考えると、従兄の結婚式には参加したいとは思えません。従兄自身は年も離れていますので、可愛く思いますが、長く会っていませんでしたし、何度か、こちらから連絡しても返事が無い事もあり、結婚式の連絡も直接はしてきません。

私の妹は、親からの代のしがらみを自分の代で絶つ為に、結婚式には参加するつもりでいます。私の主人は結婚する前から従兄の事を可愛がってくれていましたので、叔母の名前で招待状が来たなら断るが、従兄の名前なので行ってやりたいって気持ちになると言っています。

従兄弟から直接連絡があれば我慢してでも参加したのですが、叔母からしか連絡が無いのも気乗りしない理由です。


悩めるあゆさんに
みなさまアドバイスお願いします!


カテゴリー: その他


従兄の結婚式に参加するかしないかで悩んでいます。 への9件のコメント

  1. ひまわり より:

    ご結婚される当人に対するあゆさんのお気持ちを一番優先するべきではないでしょうか。
    あゆさんお一人の出欠で全てを丸くおさめるのは難しいと思います。
    母親のトラブルのせいで母方の親族がだれも出席してくれなくて一番寂しい思いをされるのはご結婚されるいとこさんですよね。
    あゆさんのお母様の気持ちもよくわかりますが、いとこさんの結婚を心から祝ってあげたくて式に参列しておめでとうと言いたいのであれば、出席すべきだと思います。

    でも、そんなに参列してあげたいですか?
    私自分の人生を振り返って考えると、結婚式に参列したからといって当人たちとより関係が深まったという印象はあまりありません。。
    式に参列したけれどその後疎遠になっている人も沢山います。
    結婚式に参列することよりも、その後どのように関わっていくかのほうが大事なように感じます。
    いとこさんとの今後の付き合いを深めたいと思っているのか、
    あゆさんの時には欠席だったいとこさんの結婚式に参列しないと角が立つのか、
    その辺りを考えて、
    私だったら最終的に母と妹の気持ちを汲んで出欠を決めると思います。
    自分にとっていとこよりも親や兄弟のほうが大事だからです。
    妹さんが一人で出席なさるとだいぶ寂しいかもしれませんが、
    でもあゆさんと妹さん二人とも出席なさるとお母様のもやもやも増大してしまうかもしれませんよね。
    冷静な妹さんとよくお話なさったらいいとおもいます。
    あゆさんとご家族の納得のいく結果になりますように。

    • あゆ より:

      早速のコメントありがとうございます。
      自分自身の結婚式の件で、叔母への仕返し的な気持ちが強かった事に気付かされました。従兄弟との今後の関係ですが、結婚式に出たからといって今より深くなるとは思えません。結婚式は母の気持ちを優先して欠席し、従兄弟へは謝罪の手紙を同封して、お祝いを送りたいと思います。ひまわりさんのコメントを見て、気持ちがスーッと軽くなりました。ありがとうございます。

  2. まこ より:

    あゆさんへ
    とても複雑なご相談ですが、障害のある叔父、相続問題、トラブルの多い叔母等、いくつか私と共通項があったので書いてみます。

    まず、叔母さんの問題のせいで祖父母さんと疎遠になってしまった事は本当にお気の毒です。花嫁姿を見せられなかった事は本当に辛い事ですね。
    でも、ここまで色々ありながらも気遣いを忘れないあゆさんの気持ちは、きっと祖父母さんに届いているのは間違いないでしょう。

    それから障害のある叔父さんの件ですが、これは外部からは読み取れない事情があると思います。祖父母さんの気持ちを無視して施設に入れたのは一見悪い事に見えますが、障害のある方の自立はとても大切で我が子を大切に思う親御さんがギリギリまで自宅で世話をして、変化に弱い年齢になってから施設に入るより若いうちの方が本人の為になる事もあります。もちろんここに書かれていない事情もあるでしょうからあくまでも1つの見方としての意見です。

    叔母さんとの関係ですが、あゆさんは初めはお母様と叔母さんの存在をキチンと振り分けて付き合ってこられていましたね。素晴らしい事だと思います。
    ただ、その後の色々で今あゆさんはお母様の気持ちを反映して叔母さんを見ておられる様に感じました。

    優しく思いやりのある娘さんに多いのが、母親との感情の一体化です。お母さんの気持ちに添うように考えたり行動したりするのは決して悪い事ではありませんが、そのせいで本当の気持ちを見失なわない様にして欲しいと思います。

    自分と同じ様に気まずい思いをして欲しいと願うお母様を一旦意識から外して、あゆさんは従兄弟さんの結婚をお祝いしたいと思うのか、今は疎遠だし連絡も取れないし気持ちだけ伝える(お祝いを郵送したりして)と思うのか。

    コロナ感染対策や体調不良を言い訳にして(嘘でもOK)適当にごまかしてもいいし、他にも色んな方法がありますね。
    悩まれるとは思いますが、心に正直に選んだ方が後悔は少ないと思います。
    どうか少しでもお気持ちが楽になります様に。

    • あゆ より:

      まこさん

      コメントありがとうございます。私の結婚式が終わって、私に辛い思いをさせたと両親から謝罪された事が頭から離れなくて、切り離して考えることが出来ていませんでした。

      叔父ですが、その後5年程で他界しています。施設に入れた理由ですが、叔父がトイレから出た後に手を洗わない。着ている服で手を拭く。その汚い手で幼い従兄弟に触れるのが耐えられない。だからお兄ちゃんとは一緒に暮らせない。そう言っていました。叔父の葬式で、祖母が叔父の亡骸に向かって、許して欲しいと謝罪していた姿も忘れられません。

      まこさんの言われる通り、欠席の理由を正直に伝える必要は無いんですよね!欠席するにはちゃんと説明しないといけないと思い込んでいました。従兄弟には体調不良を理由に断りを入れることにします。もちろんこれからも従兄弟から連絡があれば仲良くやって行きますね。ありがとうございます。

  3. ぷー より:

    従兄弟さんに直接連絡取れませんか?
    色々と拗れた原因の叔母さんを間に挟むから、感情やしがらみに過去現在が絡まってスッキリ決められないんですよきっと。

    悩む前に、従兄弟さん本人が本当に母方親類の出席を必要としているのか、確認してみましょう。一口に結婚式とは言っても、あなたの時とは状況もずいぶん違っていると思いますよ?

    まず従兄弟さんは男性なので、友人の参列は重視しても、親族関係に拘る可能性は女性の場合より小さいかと。親族ゼロはちょっと…かもですが、それでも父方親族も居られるんでしょう? 
    しかも20年前と、コロナ禍の今では人付き合いも人の考え方も大きく様変わりしていますし、母方親類全欠席でもそう気に病む必要はないでしょう。

    もし、従兄弟さんがあなた方の出席を望むなら考慮してあげれば良いですし、特に熱心に頼む感じでなければご祝儀のみ送って欠席でも良いんじゃないでしょうか。

    ただし。出席を決めたなら、式関連の連絡は全て、叔母さん通さず従兄弟から直接してくれるよう話し合って下さい。叔母さんが入ると、お互いまた不愉快な思いをするかも知れないし、式をぶち壊しにしないようトラブル回避には必要なことだと、従兄弟さんにもしっかり理解してもらって下さいね。

    • あゆ より:

      ぷーさん

      コメントありがとうございます。ぷーさんの言われる通り、叔母を間に挟むからややこしくなるんですよね!それと、従兄弟は父親に会ったこと無いんです。なので結婚式に父方の親戚が来ることもありません。叔母は出産を期に里帰りしたまま旦那さんの所に帰ることはありませんでした。今思えば、里帰り出産すると嘘をついて用意周到に荷物も全て実家に送っていたんでしょうね。

      従兄弟の父親ですが、従兄弟の事を自分の子供ではないと言って病院にも来なかったんです。当時は薄情な人だと思ってましたけど、荷物を全て実家に送っていた事を考えると、嘘ではなかったんでしょうね。返信しながら色々思い出しました。

      確かに、従兄弟が参加を望んでるんじゃなく、叔母が体裁を整える為に招待した気がします。従兄弟には直接メッセージ送って直接気持ちを聞いてみますね。本当にありがとうございます。

  4. あゆ より:

    【追伸とお礼】

    先程、妹から連絡があり、息子(大学生と高校生)と一緒に出席すると連絡した所、叔母から「こっちも人数が多くなるからお友達も減らして招待している状態なので、妹一人で来て欲しい」と言われたそうです。

    結局、従兄弟の気持ちではなく、叔母の体裁なんだと思います。私と主人、妹の3人だけで来て欲しいとの事でした。従兄弟からの招待状を従兄弟に返信したのに、連絡来るのは叔母から。妹も従兄弟から直接連絡があれば一人でも出席したけど、それも無いので「だったらいいよー私も行かないからお友達よんであげてー」ってお断りしたそうです。

    皆様のご意見を拝見して、初めて従兄弟の気持ちを考えてみましたけど、従兄弟から来てもらいたいという意思は感じられなかったので、従兄弟に対する後ろめたさは消えました。今回は適当な理由をつけてお断りして、従兄弟に直接お祝いを送りたいと思います。

    身内が集まると、感情やしがらみで判断しがちなので、客観的なご意見を頂き、とてもありがたかったです。これでスッキリした気持ちでこれから先の事を考えられそうです。ありがとうございました。

  5. きゅうり より:

    こんにちは。私なら、そういうややこしい親戚の結婚式には行きません。お祝いだけを送って義理を果たしたら、さっぱりといとこの結婚式の事は忘れます。おば様の見栄の為だけに音信不通のいとこの結婚式に駆り出されるなんて、私なら絶対嫌です。

    • あゆ より:

      きゅうり様

      お返事遅くなりました。本当にその通りですね。今回、皆様のご意見を参考にさせて頂き、欠席の連絡とお祝いを送ったのですが、従兄弟からは何の連絡もございません。(ちなみに私の結婚式の時は欠席の連絡のみでお祝いなど何もございませんでした)これでスッキリしました。(笑)きゅうり様の言う通りこれで忘れますね~
      ありがとうございます。

〜 コメントを送信する前に 〜

井戸端会議に遊びに来て頂きありがとうございます。
コメントを頂くことで成り立っているこのコーナー。
コメンテーターの方には大変感謝いたしております。

ネットの向こう側には、悩んでいる方、苦しんでいる方がおられます。
コメントをされる方は、その気持を汲んでいただき、配慮ある言葉選びをお願いいたします。
『それは違うよ!』と思われ、相談者さまとは別角度からのアドバイスを書き込まれる場合、あまりに強く否定的な文脈ですと、文章の主旨が届く前に心を閉ざされる場合がございます。
相談者さまにとっての良い〝気づき〟となるような、心に届くような気持ちでお書きくださいますようお願いいたします。
井戸端会議が多くのお嫁さんにとって有意義な相談場所となるよう、ご協力よろしくお願いいたします。

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


2 + = 10