イケメンと結婚して12年。ずっと不安です。

カントリーマアムさんのご相談

自己肯定感が低いあまり現在の幸せを実感できず、不安な事ばかり勝手に妄想しては悩んでしまいます。

私は人生の運をすべて使って夫と結婚できたようなもんです。
私は39歳。夫は44歳。
顔も正直さえない大柄の貧乳で、容姿コンプレックスの塊みたいな私は、ずっと結婚なんてできないと思っていました。
そして運良く生まれて初めてお付き合いしたのが夫なのですが、夫は私にはもったいないくらいモデルのような顔立ち。いわゆるイケメンで、結婚12年経っても毎日カッコいい!と思ってしまうと同時に、なぜ私が妻なのか、いつまでこんなラッキーポジションにいることができるのか、いつ捨てられるんだろうか、いつもずっと不安です。

新卒で勤めた会社で知り合ったのですが、夫は社内・社外からそれはそれはモテまくっていました。
私と付き合っていることが社内で広まると夫ファンの女性たちから嫌がらせが始まり、夫が私をかばったことでさらに風当たりが強くなり仕事に支障が出て転職。
悲しいと言うより、「そりゃそうだよね。私なんかが彼女なんて腹が立つよね。」という気持ちで受け入れています。

結婚式では着飾っても彼と釣り合わない私に申し訳無さでいっぱいになりました。
一人娘に実母が「パパ似で良かった」と言ったのも、傷つくより共感するほどです。
娘の学校行事でも夫は目立ち、ママ友からよく褒められ、その度(妻がこんな私でごめんなさい)と謎の謝罪を心でしています。

夫が私を選んだ理由は「居心地が良い」からだそうです。
たくさんの女性からアプローチを受けていたことで「女性めんどくさい」となり、変な駆け引きをしない、女性らしさを全面に出していない私が楽だったんでしょう。

40代になった今も夫は未だイケメンのままです。
夫のスマホの中身を見たりはしませんが、ポップアップ通知などで何度も女性から「打ち合わせの後飲みに行きませんか?」といった誘いを見かけたことがあります。
夫はブス専ではないのです。なんとか坂系のアイドルのSNSをフォローしてるなど言っていました。
なにかの拍子で可愛く若い子と恋に…絶対ないとは言い切れません。

私の心中は見えない敵に嫉妬でドロドロ。夫を手放したくない一心で、ブサイクながらもダイエットや服装・メイクなどに気を使っていますが、もう40歳手前、だんだんと触れ合う機会も減っていき、とはいえ「さみしい」と甘えることもできず、必死にいい嫁を取り繕って虚しいです。

大切にされていると思います。家族も大切にしてくれますし、謎の行動などもなく本当は幸せなはずです。
何も起きていないのに、自己肯定感が低すぎるあまり夫を信じきれない最低な私です。
夫婦は長い年月の絆があれば、見えない敵などに怯えることなど無いものなのでしょうか。
皆さんは夫の心変わりを想像して不安になったりしませんか?
どういう心持ちでいれば、今の幸せを実感し不安のない日々に変えられるでしょうか?
アドバイスよろしくおねがいします。


悩めるカントリーマアムさんに
みなさまアドバイスお願いします!


カテゴリー: 夫婦


イケメンと結婚して12年。ずっと不安です。 への10件のコメント

  1. 三日月 より:

    ハンサムで人を上辺で判断しない旦那様、最高ですね。
    不安になられるお気持ちも分かりますが、多くの人が見た目を重視してパートナーを決めるからといって、みんながそうではないと思います。
    私の夫は周りに美女だらけの国及び業界で働いていて、性格が内気なのでカントリーマアムさんの旦那様ほどはモテないと思いますが、本人も美形で高身長、脚長モデル体型にも関わらず、見た目パッとしない私を選びました。理由は落ち着くからだそうです。
    また自分が産まれ持った綺麗さに対して価値をそこまで感じていないようで、
    格好のつく服装をしたり髪型にこだわったりすることもなく、中身は純粋な男の子のままといった感じです。
    自分が持っていないように感じるものを人が持っていると、ものすごく価値あるものに感じてしまいますよね。一方で自分が努力せずとも当たり前に持っているものに関しては、自分では気づきにくいのだと思います。
    旦那様は、カントリーマアムさんご本人が気づいていない生まれ持った才能、気性の部分にとても惹かれてご結婚されたのではないでしょうか。
    毎日疲れて帰ってくるお家に居心地の良さを与えてあげられているというのは、
    一番大切なことだと感じます。

    • カントリーマアム より:

      最高と言っていただきありがとうございます。夫も同じく、中身がすれていないというか、いまだにワンピースをワクワクして読んでいるような純粋男児。夫の良さはそこなのに、私は自分が好かれることばかり気にしていて恥ずかしいです。

  2. るんくま より:

    カントリーマアムさんは見た目にこだわり過ぎのように感じます。
    人の魅力は顔でしょうか。。
    イケメンでも性格悪い人は嫌ですよね。美人でも同じです。
    歳を取ればとるほど内面が顔ににじみ出てくるので
    意地悪な人は意地悪な顔になるし、優しい人は優しい顔になります。
    60歳過ぎて同窓会行くと、あーやっぱり大切なのは顔の造作ではなく
    その人がどんな風に生きてきたかだなぁ~と感じます。
    ご主人は見た目で人の価値を決める人ですか?もっとご主人を信じてあげないと可哀そうだなぁ~と思いました。

    • カントリーマアム より:

      子ども時代から大柄で、悲しいあだ名など容姿いじられることがあり、心が歪んでしまいました。見た目で苦しんだ過去いまだ引きずられています。でもるんくまさんのコメントを見て、あのとき私をイジった同級生も歳をとっているんだろうなと気づきました。
      同じ歳をとるなら、心がきれいな方がいいですね。あの時の同僚や同級生の言葉より、夫の選択を信じないといけませんね。

  3. 匿名希望 より:

    私の夫もイケメンでいわゆる3高、人間的にも尊敬できる人です。一方、私は見た目は普通かなぁ。特に美人ではありません。カントリーマアムさんのように、なぜ私?と思ったりもしますが、結局のところよくわかりません。でも、これでいいんです。私はすごく幸せだから。ほとんど苦労もなく私はラッキーだったと思います。マントりーマアムさんも安心して幸せに暮らされたらいいと思います。変に考えず、おいしいご飯を作って旦那様も幸せにして差し上げたらいいんじゃないかな、と思います。

    • カントリーマアム より:

      ほんとにほんとにラッキーすぎて、いまだに信じられずですが、変に考えてばかりは損ですね。夫や子どもが安心できる家庭になるよう、歪んだ思考は捨てないといけませんね。

  4. 容姿が大事 より:

    あらららら、なんだか辛そうですね。
    自分(夫さま)が選んだあなたが、自分を嫌いだなんて、なんと可哀想な夫さまでしょう。
    大切な人がね、これにした~って選んだものを一緒に喜んであげませんか?いいのを選んだね~、私もそれがいいと思うよ、って。喜びが2倍になります。
    反対に、大切な人が選んだものを、えーー、そんなのやめなさい。それ、そんなに良くないわよ。というのは、本当にその人を大切にしていることでしょうか。

    ここで気が付きましたよね。あなた、つまり夫さんを大切にしてないんですよ。夫さんが決めたことを信じていないんですよ。自分のことだから自分ではいいとは思えない気持ちは分かります。だからこそ、相手の判断を信頼してみませんか。多分あなたこそ、人を容姿で見ているんです。夫さんのいい所を、『容姿だけ』だと思っていませんか?内面を尊敬し、存在そのものを大切に思っていますか。

    問いかけるべきは、あなたが夫さんをどう思っているかです。
    夫さんがあなたをどう思っているのか、これからも選び続けてもらえるのか、ではないんですよ。

    • カントリーマアム より:

      信じてあげていないのは不義理すぎますね。ほんとうに申し訳ないと思う気持ちをいっぱい抱えています。
      夫のことが大好きです。きっと容姿が違っても、この純粋な考えを持った夫が好きです。好きすぎて不安になってしまっていましたが、それは逆でしたね。もっと現実を見ないといけないですね。

  5. 匿名 より:

    12年+お付き合い期間ずっと「私なんか」と思われていたら、ご主人はあなたに居心地の良さを感じないのでは?
    心の隅にあったとは思うのですが、今ほど悩んではいなかったんじゃないかと推察します。

    “もう40歳手前、だんだんと触れ合う機会も減っていき、とはいえ「さみしい」と甘えることもできず“
    とあるように今までは触れ合うコミュニケーションもあったが、きっと相談者さんの性格だと自分からくっつくことは出来ず、ご主人から誘われるのを待つ側だったので「求められていない」と感じた。
    お子さんがある程度成長し手がかからなくなり母親時間が減った。
    奉仕する対象から距離を感じ、悩む時間も増え、過去のことを思い返して悩んでいるのでは?
    40代の壁への恐怖もありそうです。
    (ホルモンバランスも?)

    まず、ご主人の年齢だと多くの男性がそういった衝動や機能が減少傾向にあることは自然な事だと理解してください。

    育児や家庭に重きを置き家族の為に存在する自分ではなく、自分の人生は自分のものだと自覚して、自分のやりたいように生活したほうが、その寂しさから開放されますよ。

    ご主人はきっとご相談者さんの心の歪みも知ってますよ。無理せず、自分の気持ちを可愛く伝えてみてください。
    「ギュッとしてほしいな」くらい言えませんか?
    面倒な女だと思われたくないなら、毎週日曜日の夜寝る前にハグするルールを提案するとか。
    「1週間頑張るためのエネルギーチャージ」
    「いくつになっても仲良くしていたいから」
    「ホルモンが分泌されて長生きするらしいよ」
    「ホルモンバランスが乱れててわけもなく不安になるから安心するために」
    とかなんとか言いやすい理由をつけて。
    ご主人はきっと「最近の違和感の原因はこれか」と察して協力してくれそうですし、原因がわかって安堵すると思いますよ。

    多くの女性が他者から求められる事で自分の存在価値を見出していますが、そういう思考では幸せにはなりません。
    自分の人生ですから「どうせ私なんか」思考は今すぐ捨てましょう。

    • カントリーマアム より:

      グサリと言い当てられてしまいました。今までは触れ合いなどで愛を実感し充実していました。子どもともベタベタしていましたが、今は順調な成長だと思いますが、友達1番で楽しくやっています。
      私は家族のために生きることが自分の全てのような考え方です。
      それが寂しさの原因だったんだ…。
      夫も娘も自分の時間を過ごしています。
      私も自分のために自分の時間を使わないいけませんね。
      いざそう行動しようと思うとなかなか難しいですが、健全な心になるために頑張ってみます。

〜 コメントを送信する前に 〜

井戸端会議に遊びに来て頂きありがとうございます。
コメントを頂くことで成り立っているこのコーナー。
コメンテーターの方には大変感謝いたしております。

ネットの向こう側には、悩んでいる方、苦しんでいる方がおられます。
コメントをされる方は、その気持を汲んでいただき、配慮ある言葉選びをお願いいたします。
『それは違うよ!』と思われ、相談者さまとは別角度からのアドバイスを書き込まれる場合、あまりに強く否定的な文脈ですと、文章の主旨が届く前に心を閉ざされる場合がございます。
相談者さまにとっての良い〝気づき〟となるような、心に届くような気持ちでお書きくださいますようお願いいたします。
井戸端会議が多くのお嫁さんにとって有意義な相談場所となるよう、ご協力よろしくお願いいたします。

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


− 4 = 5