なんでも義両親を頼ろうとする夫にイライラ…

ひよこさんのご相談

0歳の子どもをもつ一児の母です。出産後から夫の両親と同居しています。
2階の2部屋を3人のスペースとして使わせてもらっており、キッチンとお風呂、1階のリビングは共用です。
夫は日勤の週と夜勤の週があり、帰ってくる時間も遅く、休みも普段は日曜日だけという感じです。
仕事が大変なのはわかるのですが、 子どもの離乳食をやって、仕事から帰ってきたらすぐご飯にして出来るだけ寝る時間を長くとってもらえるようしているつもりです。子どもはとにかく遊んで動きたかったりぐずったりで私が見てるから先に食べてもらって、交代で私が食べようとすると眠たいから義両親に見ててもらおうかなと言う夫にとてもイライラしてしまいます。
夫のいない時間も家事や育児に追われて、夜子どもが寝たらまとめて洗濯したり、授乳で起きたりしているのに。
なるべく子どものことは夫婦でやりたいし気を遣って過ごしている私と違って、すぐなんでも義両親を頼ろうとする夫に本当にイライラしてしまいます。
そのことを話したところでごめんと言うだけで変わりません。
実家に帰ってしまいたいと思うことも多く、どうしたらいいでしょうか?


悩めるひよこさんに
みなさまアドバイスお願いします!


カテゴリー: 同居, 夫婦, 子育て


なんでも義両親を頼ろうとする夫にイライラ… への5件のコメント

  1. ヨガ好き より:

    夫には育児の大変さを分かって欲しい、
    子供にもっと興味持って欲しい、
    自分のこともすすんで助けて欲しい、などなど願いますよね。
    家庭で夫や父親の役割を果たせる人に自らなって欲しいですよね。

    同居あるあるかもしれませんが、
    義理両親のもとでは甘えん坊の息子気分のまま…なことも多いですよね。

    旦那さんにはどんなことを具体的に頑張って欲しいのか、ヒヨコさんも同居ならどう義理両親ともたすけあっていくかとか、具体的に伝えたり、考え方を話し合ったりして理解していけると良いですよね

  2. スニッカーズ より:

    まだお子さんが赤ちゃんなら単にガルガル期だということもあるんでしょう。
    でも産後に無理すると大変なんで、頼れるものはなんでも頼ったほうがいいかと思います。
    私は地元から遠く離れた(飛行機と車で帰るのに丸1日かかります)旦那の地元で小学2年、1年、もうすぐ2歳の3人の子供を育てています。
    義親は同じ市内ですが車で40分ほど離れたところに住んでいるので、普段は私一人でいろいろやってます。

    1人目の時は私も義親に孫を頼むというか、抱っこされるのもなんか嫌でした。
    私の子なのにという思いがすごかったんです。まさにガルガルです。
    だけど年子で妊娠し、里帰りもできず2人目からは義親を頼らざるを得ない状況でした。自分でやりたいのにできなくて頼ることが悔しくて、まだ人見知りして大泣きする上の子を見ては産後の不安定なメンタルも手伝い頼るたびに私も号泣してました。
    とにかく頼るのが悔しいのと一人でこなせない自分が嫌なのと子供がかわいそうなのとで。

    でも今となっては頼ってよかったなと思いますよ。
    義親はいい人たちなので子供もよくなついているし、超うるさい上の子2人を週末預かってもらって私たちはゆっくりしたりと、だいぶ助けてもらっています。
    子供を育てるのに、かけてもらう手は多いほどいいですよ。
    ご実家ももし近くて日帰りで帰れる距離ならガンガン帰って子供みてもらってのんびりしましょう。
    もし義親さんが嫌な奴らでないのであれば、もう少し子供さんが大きくなられたら頼るのもありだと思いますよ。というか赤ちゃんのうちはずっと一緒にいたい!!とか思うんですけど、イヤイヤ期とか反抗期で煮詰まると今度は子供と離れたくなるんでw
    そんな時にみててくれる場所は絶対あった方がいいです。
    それでも無理!とか、嫌な義親なら別居という選択肢を選んでもいいのでは。

  3. 匿名 より:

    フィリピンでは、両親の他に祖父母がいるのはもちろんのこと、兄弟、姉妹、叔父や叔母、いとこ、はとこ・・などなどとにかく大家族が多く、子育てをみんなでやる文化が根付いています。
    なので、何か子育てで手伝って欲しいことがあれば、家族の誰かに頼めば必ずやってくれる人がいるのです。
    おじいちゃんやおばあちゃんにとって孫が可愛いのは当たり前だし、兄や姉も弟や妹の面倒をよく看ます。

    日本では50年前まではよくある光景だったのかもしれませんが今は核家族です。
    その為子育てに、ワンオペ育児に苦悩している方が沢山います。

    人間1人育てるのって大変な事です。とても長いスパンがいります。そんな作業を1人でこなすなんて大変過ぎてイライラしたり疲弊するのは当たり前です。

    率直に1人で、夫婦で、自分達だけでっていうその考えやめませんか??貴女も不仲じゃないなら義理両親に甘えて下さい。
    子育てと家事に疲れている貴女に不規則で休みが少ない旦那さん。明らかに疲れています。無理しないで。

    目の前に余ってる大人の手は最大限に活用しましょうよ。
    気になる様でしたら分かり合う為に話し合いましょう。
    「出来るだけ自分達の力でやりたいけど、週に何回かこんな時やこんな時間帯に手が足りなかったらそちらにお願いしに行くかもしれない。義理お母さんの負担的にどうですか?」などと聞いてみたり。
    旦那さんには週1.2回父親として頑張る日をつくり意識的にやって貰うとか、お互いの負担を考えて行動したらどうでしょうか?仕事の状況や体力、気持ち等を聞いてよく話し合って。
    考えていた理想と違いますが、お互い疲れいる現実を認め、持続可能な実現可能な方法を考えた方が良いですよ。

    旦那さんにイライラするのは貴女の中で我慢している事や理想があるからです。そこを改善していきましょう。

    2人でせっせっと疲れて共倒れしないようにもっと適当に適度に甘えられるところは甘えて、お金出してでも(シッターや一時利用)息抜きして下さいね。親の息抜きは義務だと思って下さい。
    自分が楽しないと寛容な気持ちにはなれませんからね(^^)

  4. 姉妹 より:

    ご自身の身体を休めてくださいね。旦那さんに寝てもらおうと気配りするのは、自分こそ寝足りないからですよ。
    旦那さんが、親に頼むかどうか。それは旦那さんの自由だし、旦那さんがまだ子どもでも仕方がありません。あなたも本当はまだ子ども、でも大人をやらなくてはいけなくなりました。あなたが子どもをやれないから、子どもでいる旦那さんに腹が立つ。子供のように甘えたいのは、本当はあなたですよね。
    あなたは旦那さんにお子さんを頼んで、寝てください。それが一番先にやることだよ。寝ている(身体を休めている)間の出来事には、目をつぶって。あなたの休養が何より大切だから、背に腹はかえられません。もう少しお子さんが成長し、自分に余裕が出てきたら、旦那さんがいつまでも子どもでいる問題に取り組みましょう。その問題であれこれ悩み、戦うのは、自分の体力が回復した時にね。今は保留。

  5. りんご より:

    私は敷地内同居で双子(1歳)を育てており、ひよこさんの気持ち、すごくよくわかります。同居となると、さらに大変ですよね。私も、何かあると義両親に預ける?という旦那にイライラして、「この先、義両親を頼ることはあると思うけど、まずは夫婦で協力して育児したい」と伝えました。初めての育児。自分の手から離れるのは不安ですよね。
    なので、夫婦で協力とはいえ、基本育児は私がやるという気持ちで過ごしています。旦那が手伝ってくれたらラッキーくらいです。その代わり、旦那の為だけの家事(自分は困らない事)はやめました。クリーニングや旦那の部屋の掃除などは、自分でやってもらっています。
    よりよい解決方法ではありませんが、今のところ、自分の結論は、「人をあてにせず自分のやりたいことだけやろう」です。ただでさえ、自分の時間が持てなくて疲弊する時期。できる限り、気を遣うことはやめて、外の空気を吸ったり、自分の実家を頼ったりして、ストレスを軽減してください。ちなみに、我が家は、生活リズムを乱さずに過ごしていたら、夜泣きもなく寝てくれるようになりました。寝かしつけも疲れるので止めたら、最初は泣いて大変でしたが、今は添い寝しているだけで勝手に寝てくれます。それだけで、だいぶ楽になりました。それでも、ぐずって大変な時は、成長した子供を想像し、今だけ今だけ!と自分に言いきかせて、落ち着くのを待っています・・・。
    一緒に頑張りましょ!

〜 コメントを送信する前に 〜

井戸端会議に遊びに来て頂きありがとうございます。
コメントを頂くことで成り立っているこのコーナー。
コメンテーターの方には大変感謝いたしております。

ネットの向こう側には、悩んでいる方、苦しんでいる方がおられます。
コメントをされる方は、その気持を汲んでいただき、配慮ある言葉選びをお願いいたします。
『それは違うよ!』と思われ、相談者さまとは別角度からのアドバイスを書き込まれる場合、あまりに強く否定的な文脈ですと、文章の主旨が届く前に心を閉ざされる場合がございます。
相談者さまにとっての良い〝気づき〟となるような、心に届くような気持ちでお書きくださいますようお願いいたします。
井戸端会議が多くのお嫁さんにとって有意義な相談場所となるよう、ご協力よろしくお願いいたします。

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


5 + 1 =