同居していた義父の葬儀代について

さくはなさんのご相談

義父と同居していました。
義父は離婚しています。
旦那は末っ子長男で、お姉さんが二人います。
以前は義父のお母さんも同居していて14年前に他界しました。
義父が脳梗塞で倒れ、検査の結果、肝臓がんも末期で3ヶ月の闘病ののち、亡くなりました。
入院費は義姉さんが保険をかけていてくれたので、それでほぼまかなってくれました。
が、葬儀代。 
こんなご時世なので、身内だけで立派な祭壇も?でしたが、結局総額で120万かかります。。。 お義父さんは貯金なし、年金も月に20000円しかありません。
葬儀代や入院費はお義父さんの実子で、話し合って出すのが普通なのではないですか?? 義姉さんはそうは思ってなく、同居している私達が出すのが普通。
もちろん、私も出してもらって当たり前だとは思ってないですが、私達夫婦が義兄さんに頭を下げて出してもらうのが筋だと言います。
始め、義姉は葬儀代は私も出すから少し好きにやらせてほしいと言っていました。
なので、ちゃんとした葬式になりました。
長女は専業主婦、次女は生活保護、私の旦那は職人で稼ぎは少ないです。
出してもらうとお願いする位なら別にちゃんとした葬儀ださなくても、やれるだけの事をしたと思います。
そもそも、ちゃんと兄弟で話し合ってないのも問題だとは思いますが………
なんかモヤモヤします…


悩めるさくはなさんに
みなさまアドバイスお願いします!


カテゴリー: お金, 同居, 義兄弟姉妹, 舅姑


同居していた義父の葬儀代について への4件のコメント

  1. もぐぱん より:

    香典で半分くらい回収はできませんでしたか?
    生活保護の次女さんは無理でしょうから、費用から香典差引した実費額をさくはなさんご夫婦と義姉さんご夫婦で折半できるようにお願いするしかないと思います。
    時間あけない方がいいと思うので、夫婦で義姉さんのところに出向いて義兄さんにお願いしましょう。

  2. るんくま より:

    義姉さんが『葬儀代は私も出すから』と言われたのなら
    葬儀会社からの請求書、香典の名簿・香典額を記載したもの、一式を持って
    4人で話し合い(お願い?)するべきでは。
    ただもしも折半という形にするとしたら、
    義姉からの香典はお返しした方が良いのではないかと思います。
    普通喪主は葬儀代を出しますが、香典は受け取る立場になり
    葬儀代を負担しない兄弟は(親が亡くなった場合)一般よりも高額な香典を渡します。
    話し合いをする時は、明細書をきちんと見せて細かい金額を説明した方が
    相手(義姉兄)も納得するのではないかと思います。
    たださくはなさんの知らないところで、ご主人がお姉さんに
    「入院費は姉の掛けていた保険で賄えたのだから、葬儀代は、うちが出すよ」みたいな事を言っていたとしたら、ちょっと話は変わってきますが。
    葬儀代は、喪主が払うのが一般的だと思うのですが、
    義姉さんが私も出すからと口出ししてきているので、
    そこは約束を守ってもらいましょうよ。
    もしかしたら、そうする事で義姉とギクシャクするかもしれませんが
    これから3回忌とかもあるので
    釘を刺す意味でもきちんとしておいた方が良いと思いました。

  3. スイ より:

    喪主が葬儀代を出すのが慣習ではありますが、誰が喪主であるべきかは遺言書のない限り特に法律では決まっていない様です。
    生活保護の場合葬祭扶助制度というのがあるそうですが、葬儀後の申請は無理とあります。
    昔の慣例では一家の長男が喪主の第一候補とあり、そういったことを前提に話されるとさくはなさんの立場が弱くなってしまいがちと思いますが、相続する家などがないのであれば、折半して欲しいところですね。

    葬儀代はわたしも出すと義姉さんが言ったとのことですが、いつのことでしょう。
    葬儀にかかる120万という費用の目安が分かった時点で、支払いの前に次女さんと長女さんご夫婦にご相談、確認はされたのでしょうか。
    デリケートなお話なのでなにかと大変なことと思いますが、ご家族のお話し合いで円満に解決できると良いですね。

    • スイ より:

      支払いの前と書きましたが、正しくは葬儀の方法と金額の決定前

〜 コメントを送信する前に 〜

井戸端会議に遊びに来て頂きありがとうございます。
コメントを頂くことで成り立っているこのコーナー。
コメンテーターの方には大変感謝いたしております。

ネットの向こう側には、悩んでいる方、苦しんでいる方がおられます。
コメントをされる方は、その気持を汲んでいただき、配慮ある言葉選びをお願いいたします。
『それは違うよ!』と思われ、相談者さまとは別角度からのアドバイスを書き込まれる場合、あまりに強く否定的な文脈ですと、文章の主旨が届く前に心を閉ざされる場合がございます。
相談者さまにとっての良い〝気づき〟となるような、心に届くような気持ちでお書きくださいますようお願いいたします。
井戸端会議が多くのお嫁さんにとって有意義な相談場所となるよう、ご協力よろしくお願いいたします。

おすすめ記事

スイ へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


9 + = 17