旦那からコミュニケーションとして叩かれるのが苦痛です。

ももちきたろうさんのご相談

暴力とまではいかなくても、コミュニケーションとして叩かれるのが苦痛です。

付き合い始めの頃はじゃれ合い程度にお互いにぺちぺち叩くくらいでした。
時が経ち、今では軽くビンタする、頭にゲンコツを落とすくらいのまぁまぁ痛みのある力加減です。
旦那にとってはじゃれてるだけのつもりかもしれませんが、私にとっては結構な痛みです。
やられっぱなしも嫌なのと、旦那も「お前もやってみろ」というかんじなので、やり返しますが、
旦那は体も強く、男性ということもあってなのか、私が少々叩いたり抵抗したところでなんのダメージもうけていません。

やられてやり返しているから何か言える立場ではないのかもしれませんが、やめて欲しいです。
何度か本気でやめてと言いましたが、本人は遊びのつもりなので分かってくれませんでした。
普段ならやられてやり返して済むことも、機嫌が悪いと倍で返ってきたりします。
じゃれてるつもりでも私も疲れていたりすると本気で相手にしたくなくて、そういう時は本当に苦痛です。

上手くまとめられなくてすみません。


悩めるももちきたろうさんに
みなさまアドバイスお願いします!


カテゴリー: 夫婦


旦那からコミュニケーションとして叩かれるのが苦痛です。 への9件のコメント

  1. おばさん より:

    やめないなら別れる、それぐらい辛いし嫌だと伝えてください。あなたを愛しているならやめるでしょう。これぐらいは、と、思われているのでやめないのです。

  2. ぷー より:

    まず、反撃はやめましょう。
    暴力を振るわれたら、すぐに無言・無表情でその場を離れ、別室に何か用事をしにいきましょう。暴力を振るう人は、相手に反応があるから癖になっています。突然反応がなくなって、あれ?と相手が何かに気づくようなら、まだその人は改善の余地があるかも知れません。

    並行して、暴力日記を付けます。
    日付、場所、暴力の内容、簡単なシチュエーション(そのとき暴力を振るいだしたきっかけとか)、痛さを十段階でもなんでもいいので、あなたの感覚で数値化したものも記録しとくといいかも。

    その記録は、新規記入があるたびに写メ撮っておきます。万が一の時に人に見せたり、提出できるようノートに記録する方が良いのですが、見つけられて破かれたら困りますのでね。
    撮った写真は写真フォルダ以外に、例えばLINEの『keepメモ』という自分の記録用トークとか、それ専用に作った捨てアドのメールなどにも入れておくと、より安心です。

    無反応で別室移動した時、相手の虫のいどころが悪かったりして、あなたのいつもと違う反応に激昂したり暴力が酷くなる可能性もあります。その時は、必ず家を出てご実家やお友達の家に避難して下さい。念のため、すぐ逃げられるように必要最低限の大事なものを入れた避難バッグを作っておくと良いでしょう。それは何かと聞かれたら、最近災害が多いから避難カバンを作ろうかと思ってとか、コロナ感染して入院など隔離措置になった場合用に用意しておいた方が良いと人に言われて、などと誤魔化せばいいです。

    あとは暴力をよく振るわれる場所(リビングとか?)があれば、そこにカメラをこっそり仕掛けてください。録画できたものの使い道は、相手の反応次第ですね。
    両家両親や、味方になってくれる人を集めてみんなの前で見せるのです。本人は大したことないと思っていても、他人が見ればDVに相当すると、ドン引きされたり非難されたりしたら、もしかしたら治るかも知れません。

    でも少しでも、相手の性格的に却って激昂しそうだとか、暴力が増しそうだと思うのなら、その録画は離婚のために使ってください。

    今まで何度言っても治らない人、まして自分の機嫌で暴力度が増すような人は、正直言って改善の見込みは薄いと思います。相手はあなたを下に見ているから、お前も反撃すれば良いなどと論点をすり替えて、暴力を振るい続けるのです。

    これらの対策は無理そうとか効果なさそうと思われるのなら、一旦ご実家にでもしばらく避難してください。暴力が痛くて辛くて、何度頼んでも辞めてくれないので一緒に暮らせない、と意思表示をしてください。黙ってサンドバッグになり続けていると、これまでも悪化しているように、今後も頻度や力加減とか、色々悪化する一方だと思います。

  3. もも より:

    それはDVですよ
    痛い、苦痛なのにそれを伝えてもやめない
    あちらは楽しんでいるんですよね
    本気で対処しましょうよ

  4. もま より:

    ただのDVだと思います…。
    ビンタやげんこつを、日常生活でする事はないですよね。それに、相手が嫌がることをやり続けるのは、コミュニケーションではない。
    今後、例えばお子さんがいたとして、子供にも同じようにするのなら、虐待になりますし、子供は大人には勝てません。子供にやり返されて、黙ってるとも思えません。
    夫さんの家族や友人などには、どのように接してるのでしょう。妻にだけなら問題だし、周りみんなにしていても、ただの暴力です。

    ももきちたろうさんが、どうしたいのか分かりませんが、やめてくれないでしょうから、それに付き合ってずっと暮らすのか、他の道を考えるかだと思います。
    今までもやめてと言ってる、社会的にはほとんどの人はそんなコミュニケーションの方法は取ってないのに、やめないのは、今後もやめることはないでしょう。
    相手を変えられないなら、自分がどうするか考えるしかないと思います。

    ももきちたろうさん、我慢はなさらないでくださいね。

  5. きの より:

    その場でやめてというのも大切ですが、別で話し合いの場を設けて改めて真剣に辞めて欲しい旨を伝えてみてはいかがでしょうか?
    コミュニケーションのつもりなのかもしれませんが、苦痛でしか無いことを説明したほうが良いと思います。
    それでも辞めてくれなかった場合、DVの被害に遭っていると認めざるおえないと思います。

  6. 匿名 より:

    やり返すのが良くないんだと思います。
    やられっぱなしが嫌だからとやり返すことでご主人はあなたも喜んで”じゃれあっている”と勘違いしているのではないでしょうか? いくらあなたが口頭で”痛い、やめて”と言っても、やり返すことでじゃれあいの延長になってしまっているのだと思います。

    叩かれたり小突かれたりしたら、やめてと言ってその場を離れ、相手にしない。例えばご飯の準備中に叩いてきたらご飯の準備も中断して相手にしない。
    そして、事あるごとに「私はあなたの”じゃれあい”を”暴力”だと感じている。痛いし悲しいしやめてほしい。これでやめてくれないならDVと同じ」ということを伝えるしかないのでは?

    それできちんと理解してくれれば、今まで勘違いしてただけのちょっと残念な男。それで逆上するなら完全DV男。

  7. のあ より:

    それ、立派なDVですよ。
    本当に嫌なら、相手にも本気で嫌だと言うことを伝えないと。
    嫌だからやめて欲しい。次にやったら家を出て行くと伝えて、本当に出て行く位の事をやって本気度を見せてはどうですか?
    家出とまでは行かなくても、数時間から半日でも良いし、環境が許すならホテルに数泊しても良いんじゃないですか?
    痛いほど殴るなんて、ムカつきますね。お前も反撃しろなんて舐めた事を言われたら、私ならとりあえずその辺の本か靴べらでも掴んで振りかぶって殴ってやりますけどね。我慢なんてしなくて良いですよ。

  8. 匿名 より:

    旦那さんは絶対、主さまが力で勝てない事を分かってやってますよ。見せつけというんでしょうか。立派なDVです。そう伝えてもやっぱりやめてくれなかったら子供がいないうちに離婚した方が将来安全だと思います。遊びでじゃれあっているだけなんて言ってきても、そんな子供みたいな嘘は無駄だと言い返してとにかく毅然とした態度でこれはDVだと伝えてください。

  9. まあこ より:

    昔付き合った人がそういう人でした。
    やめてと言っても伝わらなかったのも一緒。
    反撃はしませんでしたが
    「あなたの手が動くたび、また叩かれると思って反射的に身をすくめている自分がいる。耐えられない」
    と言ったら初めて理解してくれました。
    その後も癖になっていたせいか何度か頭を叩かれましたが、ちゃんと謝罪してくれてやがて無くなりました。
    まともな人なら話し合いで解決出来ると思います。
    まともな人かどうかを判断するチャンスかも。

〜 コメントを送信する前に 〜

井戸端会議に遊びに来て頂きありがとうございます。
コメントを頂くことで成り立っているこのコーナー。
コメンテーターの方には大変感謝いたしております。

ネットの向こう側には、悩んでいる方、苦しんでいる方がおられます。
コメントをされる方は、その気持を汲んでいただき、配慮ある言葉選びをお願いいたします。
『それは違うよ!』と思われ、相談者さまとは別角度からのアドバイスを書き込まれる場合、あまりに強く否定的な文脈ですと、文章の主旨が届く前に心を閉ざされる場合がございます。
相談者さまにとっての良い〝気づき〟となるような、心に届くような気持ちでお書きくださいますようお願いいたします。
井戸端会議が多くのお嫁さんにとって有意義な相談場所となるよう、ご協力よろしくお願いいたします。

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


2 + = 5