中学時代に万引した経験がある夫。子供がいないうちに離婚した方がいい?

ゆうさんのご相談

結婚5年目になる30代です。夫の過去の事でモヤモヤが晴れません。夫は40代です。
中学1年生で反抗期の頃、ロッカー荒らしをしていた友人達に感化され、友人数人で万引をしてしまったそうです。勿論バレて謝罪はしています。何才の時かは分かりませんが足に小さなワンポイントタトゥーを入れたりもしたそうで、 それは結婚前に消してもらいました。私はお付き合い当時、この話を打ち明けられ、ひどく動揺し結婚にも葛藤がありましたが、結婚するなら彼しかいない、乗り越えたいと思い結婚し今に至ります。

しかし先日長らく起こっていなかったパニック発作を起こしてしまい、発作が起きている間、この事が頭に浮かび、両親に申し訳ないという気持ちが強烈に湧き上がりました。不妊治療中なので、この人が父で良いのかという不安も同時に湧き上がり、動悸が激しくなりました。

自分なりに考えを整理したところ、何でも話せる母に隠し事をしているようで辛いという気持ちが強いです。母からは小さい頃から人道外れた事をしてはいけないと、厳しく言われ育てられました。母との関係は良好で、一緒にランチしたり、コロナ前は旅行したりしています。母と夫も仲は良いです。母に夫は中学生の頃によくない行いをした、と言えば「そんな人だったのか、見る目が変わった、離婚した方がいい」と言われるのは目に見えています。(母の性格から容易に想像がつきます)もしそれでも私が結婚生活を続けるとなると、今までのような親子関係には戻れない気がしてそれが一番怖いです。夫と両親が不仲になるのも耐えられません。夫を母に認めてもらいたいという気持ちがあるのだと思います。

発作から思考が抜けず、今発作が起きた事にも意味があるのか考えてしまいます。先日、夫に意を決してどうしてそんな事をしたのか聞いたところ、友達がやっていてみんなでつられてやったとの事でした。かなり反省していました。そんなに気になるなら結婚する前に振って欲しかったとも言われました。当然の事です。しかしその時は私も乗り越えたいと思い結婚したのです。それが今になって・・本当に私は自分勝手です。周囲が真面目な方ばかりなので余計です。自己嫌悪で毎日辛いです。いっそ夫から嫌いになったと言って欲しいくらいです。それでも私を愛していると言ってくれるのです。

夫は今は何の問題もなく、お付き合いを含めると10年間、優しく真面目な姿を見てきましたし、お互いぶつかる事があっても乗り越えてきました。私も「今」の夫を愛しており、結婚生活を続けたいですが、急に心がついていかなくなりました。こんな気持ちで子供を授かるのは無責任ですし、不妊治療も中断しました。毎日堂々巡りが辛いです。私に覚悟がないのだと思います。子供がいないうちに離婚した方がいいのかとも思いますが、過去を受け入れて結婚したのに今更すぎますし、受精卵もありますし、夫を失いたくない気持ちも強いです。考えがまとまりません。何かアドバイス頂ければ嬉しいです。宜しくお願いします。


悩めるゆうさんに
みなさまアドバイスお願いします!


カテゴリー: 夫婦


中学時代に万引した経験がある夫。子供がいないうちに離婚した方がいい? への24件のコメント

  1. なすび より:

    相談文を読んで気になったのは、ご主人の事ではなく
    ゆうさんとお母さんの関係性です。
    自分の両親と夫が仲が悪いよりは良い方がよいですけど
    その為には、多かれ少なかれ自分の親には夫のすべてを話しません。
    けれどそれを親に隠し事をしているので
    辛い気持ちになる。。と、いうのは
    精神的にちょっと幼いと感じました。
    30過ぎて未だに親に支配されているようで、精神的に親を卒業する事が
    まずやる事ではないでしょうか。

    • ゆう より:

      なすび様、コメントありがとうございます。
      コメントを読み、私は確かに精神的に幼い部分があると思いました。友達も少ない為、母を1番の親友かのように感じているところがあります。30代と書きましたが、半ばに差し掛かっております。本当に恥ずかしいです。まずは精神的に自立できるよう、意識していきたいと思います。

  2. 匿名 より:

    こんにちは。私も問題の根本はご主人ではなくゆうさんご自身だと思います。

    悪と善の境界、グレイゾーン、何が許せて何を許せないか。そういった判断が全てお母さんの考え=正しいという思考回路になっているところ。それが問題だと思います。
    ゆうさんご自身の考えで、中学性の時に一回だけした万引きが生涯を左右するほどの罪だと思いますか? あなたのお願いで消してくれた小さいタトゥーは今は無いものなのにそれをあえてお母さんに「彼は昔タトゥーをしていましたけど消させました」と報告しなければならないことでしょうか?

    自分の考えで受け入れられないと思うのであれば、それがあなたの価値観ですので、自分の価値観を基準に自分で決めたら良いと思います。

    あなたの問題は、判断基準が全てお母さんの考えによるものということ。

    私個人としては、中学校のときに一回だけした万引き(しかもバレて謝罪しているならなおさら)なんて「若気の至り」のなかでもかわいいもんの内に入ると思いますよ。世の一般的な感覚としてもそういう風に感じる人の方が多いのではないかなと思います。みんな大なり小なり「バカやっちゃったなぁ」ということあると思いますよ。タトゥーもあなたのお願いを聞いて消してくれたのなら誠実だなぁと感じます。

    お母さんに隠すのがつらい。。。。というのも、私も夫や夫側の家族の全てを親に話したりしませんし、自分の家族のこと全てを夫や夫の家族に話すわけじゃありません。話さない=隠すではないですよ。ただ良好な関係を保つのに必要が無いから話さないだけです。必要、不必要ふるいにかけて対応するのが大人じゃないでしょうか。。。

    • ゆう より:

      匿名様、コメントありがとうございます。
      大変腑に落ちました。おっしゃる通りだと感じました。
      これは、私自身の問題ですね。。自分に自信がなく、周りが良く見え、人と比べてしまうところがあります。以前友人にこのことを話したら怪訝な表情をされたのが引っかかっているのかもしれません。
      確かに私の家側の事も、全て話している訳ではありません。知られたら嫌だなと思う事もあります。自分だって完璧ではないのに、恥ずかしいです。主人を信じなければならないのに、自分の事は棚に上げて、私は精神的に幼いなと改めて思いました。第三者の意見を聞かせていただき、本当に良かったと思いました。もう少し大人になれるよう頑張りたいと思います。

  3. くみこ より:

    ええと、万引きは中学生の頃なんですよね? それも1回だけ。常習犯だったならともかく、友達につられて1回だけ、という事実にのみ基づいて、今の旦那さんの人間性をぜーんぶ否定してしまうのは、どんなもんかと思います。私だったらそんなもん、「受け入れる過去」のうちにも入りません(笑)。バカだねぇ、で終わりです。

    が、ゆうさんは気になる。それは「そんな旦那さんを、お母さんに否定されたくないから」というより、「そんな旦那さんを選んだ『自分』を、大好きなお母さんに否定されたくないから」なんではないでしょうか。
    (もちろん、万引きという行為そのものに対する不信感もあるとは思いますが)

    逆にいえば「万引きした旦那さん自身を受け入れられない」のではなく、「お母さんに否定されるような行為をした旦那さんは、受け入れられない」ということでは?

    私も両親は大好きですし、両親との関係は良好です。でも、親と私で価値観が違うところはたくさんあって(というか、親が聞いたら卒倒しそうなこと、さんざんやらかしてます、主に恋愛関係でw)、そういうところは「言わない、見せない」ようにしています。だって、言ったら怒られて、喧嘩になるだけなので。親もそこはわかっているのでしょう、「見えない」部分をしつこく聞きだそうとしたりはしません。

    上の方も書かれてますが、「言わない」ことと、「隠す」「嘘をつく」ことは違うんですよー。

    大人になるにつれ、自分の価値観が固まってくれば「親に言わないことが増える」のは当然で、それが「親離れ」というものだと思いますし、価値観が合わないところは互いに「言わない、聞かない」のが、大人の親子関係だと思います。

    まずは「お母さんがどう思うか?」ではなく、「私はどう思うか?」を考えて、旦那さんと向き合うところから始めてみてはいかがでしょう。10年間、マジメで優しい姿を見せてくれた旦那さんは、ゆうさんご自身が信じるに値する人なのではないかなと、私には思えるのですが。(^^)

    • ゆう より:

      くみこ様、コメントありがとうございます。
      「そんな旦那さんを選んだ『自分』を、大好きなお母さんに否定されたくないから」、「お母さんに否定されるような行為をした旦那さんは、受け入れられない」とのコメント、本当にその通りだと思いました。私がモヤモヤして言葉に出来なかった事を言葉にして下さり、本当にありがとうございます。
      親離れ、恥ずかしながら出来ていないです。同じく母も子離れが出来ていないと思いました。実家に近く、主人と休みが合わないのも手伝って、毎週のように会っています。精神的にも大人にならないといけませんね。
      言わない事と、隠す・嘘をつく事は違う、そんな事も分かっていませんでした。主人を失いたくありません。もっと真剣に向き合ってみます。本当にありがとうございました。

  4. きの より:

    自分だったら、努力しても変えられない過去の事を持ち出されて、パニック発作を起こされ、そのことで責められてしまうなら、もうその相手とはやっていけないです。
    人間誰しも間違うし、正しいことばかりして生きている人なんていないです。

    • ゆう より:

      きの様、コメントありがとうございます。
      おっしゃる通りです。逆の立場で考えると、私でも嫌になりそうです。それでも愛していると言ってくれる主人は本当に心が広く温かいなと感じました。自分では気づかない目線でコメントを下さり、ありがとうございます。もっと人間的に成長できるようになりたいです。

  5. ゆき より:

    40代くらいになると、言わないだけでほとんどの男性が学生の頃やんちゃやってると思いますよ・・・。そういう年代だったもんね~馬鹿だね~って旦那に言っています。子供には「それがかっこいいとか理解できない」「お金無ければ買えるようになってから買えばいいのに」「そんなスリル必要ない」と全否定されています。
    そんなもんで良いんじゃないかな~・・・とは思います。

    それも全て包み隠さず親に話す。というのに違和感を感じます。
    小学生でも中学生でも、親に全てなんて話しませんよ。
    『全て話せる』の良い意味は「言いたい事を全て言える」「他の人には言えないけど、母親にだけは相談が出来る」という事では無いでしょうか。言いたくない事まで言わなくてならないのは『全て報告しなければならない』という事ではないかなと思います。
    そういう人だと思わなかった、見る目が変わった。って言われても「あ、そう?心が狭いのね」で済む話です。私なら言わないか、飲みの席で笑い話程度で言いますけど。
    母親と結婚しているのか、旦那様と結婚しているのか、どっちの生活とこれからの人生が大事か考えてみて下さい。

    • ゆう より:

      ゆき様、コメントありがとうございます。
      40代、そうですね。主人の中学校は当時大変厳しく、体罰のような事もあったそうです。不良も多かったと聞いています。
      ゆきさんのお子様は大変大人ですね。私はもし自分の子供にこの事が知られたら、、と起こってもいない、しかも子供もまだいない段階で心配してしまっています。馬鹿ですね。。
      これからの人生、どちらを信じて、どちらとの生活が大切なのか、考えるまでもないですね。精神的に自立できるよう、頑張りたいと思います。コメント本当にありがとうございました。

  6. 毛玉 より:

    初めまして。
    コロナ禍ですしただでさえ日々生活するだけで答えのでない不安との闘いが続き、疲れちゃいますよね。
    そして、もしお子さまを迎えることができたら、っと考えると新しい始まりで、大きな期待と同時に不安も抱えていることと思います。
    期待であれ、不安であれ、心の負荷という意味では同じです。なので、期待も不安もとダブルで負荷がかかるので、今までの頑張りで疲れてる心身に更に不安が募り、負のループに陥ってしまってしんどい状態が続いているのではないでしょうか。
    まずはゆうさまに対して労わりの言葉を贈りたいです。ゆっくり深呼吸して、あたたか〜い物を飲んで、ほっとする時間、欲しいですね。寒くなってきましたし。

    「この人が父で良いのか」という不安について、なぜその不安が浮かんだかについて私が感じたことを伝えさせてください。
    お迎えするかもしれないお子様に対して、それだけで愛おしいと、尊いと感じなければならないのにって感じておられませんか?
    だけど何かあったらどうしよう?というもやもやした不安というか。
    脳はもやもやした状態を嫌います。なので不安をはっきりした形にしたいという脳の働きが作用して、例えば子供が非行に走ってしまったら?という予測を生み、
    数多の仮説の中から、たまたまもしかしてやんちゃな過去を持つ親の子供はそれが連鎖して非行に走りやすいのでは?というものを立ててしまったように思います。
    そして、あくまでも仮説のひとつでしかないのに、表出してしまったが故にこれも脳の自然な働きにより何かしらの結論に結びつけたくなってしまった結果、「この父、大丈夫か」という問いになってしまった。
    でも、ゆうさん自身も感じておられるかと思うのですが、そんなわけないと思ってるのに、心が疲れてしまっているからかそう思う気持ちの方に対して疑心暗鬼になってしまっている。
    なので、良き相談者であるお母様に相談して「そんなことない」と断言して欲しいけれど、この件に関してはそうならないのは明らかで、今まで紡いできたお母様と旦那様との関係にもひびが入るかもしれない。
    お母様に隠し事をしているようで後ろめたいのもあるけど、不安な気持ちを相談したいけれど、相談するには旦那さまの過去を打ち明けるのが不可欠に思えてしまって辛いというのもあるのではないでしょうか。

    まず、お母様にご相談したいと思うことについて。恥ずかくしも子供っぽくもないです。
    1000組の親子がいれば1000通りの親子関係です。
    例えばこのことを相談したい相手が今までなんでも打ち明けてきた親友だと想像してみてください。理由に恥ずかしいからはありますか?なければそれと同じです。
    次に、道徳の価値観も1000人いれば1000通りで、何が些細で重大かの感じ方も人それぞれです。
    ゆうさまにとって、旦那さまの過去の出来事が重たいことしても軽いことしてもそれも価値観のひとつです。その気持ちの重みを誰かともお母さまとも比較なさらなくて良いと思います。
    もちろん過去の自分ともです。置かれた状況によって価値観は変わるものです。新しい家族を迎えるかもしれない、というシチュエーションであれば、価値観はそれに向かってアップデートされると思います。
    ただ、疲れている時の脳は簡単にバグりますので、脳がゆうさまをしれっと騙してくるかもしれないので、疲れてる時はひと息いれてくださいね。
    価値観の話に戻ります。道徳の価値観も1000人いれば1000通りと申した通り、お母さまの「人道外れた事を絶対にしてはいけない」というのも価値観のひとつです。
    ゆうさまはその価値観を尊く、大切にしたいと思ってらっしゃると思います。
    ここからがとても大切です。だけど、ゆうさんの「起きてしまったことを乗り越えていこう」という価値観、旦那様の「後悔している」という思いも価値観も同じように尊いです。
    お母さまの価値観と異なるから劣るということはないです。
    なので、隠し事をしているようで後ろめたいとは思わず、ゆうさまの決断も旦那様も思いも、お母さまの価値観を尊重するのと同じように慈しんでください。
    これは余談で私個人の感想ですが(ここまで書いてること全部個人の感想ですが)
    不正を許さないというのは高潔で素晴らしいことだけど、それだけだとマッチョで息苦しいかもしれません。人生、常に正しさだけで選択できるわけではないので(やむを得なかったりハメを外したりで理由だって玉石混合です)
    清算された過去なら受け入れて、今の姿と寄り添う在り方は痛みを和らげ安らぎがあります。

    次に「この人が父で良いのか」という問いを「私たちはこんな家族がいいな」という思いに置き換えてみてください。
    お子さまとゆうさまと旦那さまで何がしたいか?という話を旦那さまと天気の良い日にお散歩しながらお話ししてみてください。
    「この人が父で良いのか」、という問い以上に「私が母で良いのか」という問いを何度も繰り返されていて、そこでもお疲れになっているのではないでしょうか?
    そしてその問いかけ方だととてもギスギスして聴こえてしまいますが、実態は、「どんなお父さんであるべき」でも「どんなお母さんであるべき」でもなくて、「どんな家族になりたいな」という問いだと思うのです。
    なので、向かい合って真剣に話をするのではなくて、並んでぶらぶら歩きながら、家族でキャンプ行きたいとか、いつも一緒じゃなくてたまにひとり旅したりお母さまと旅行行きたいとか、憧れの姿と一緒に怠惰な姿も話したり聞いたりしてみてください。
    もうしてたらとても素敵なことだと思いますので、リラックスしているタイミングでまたしてみてくださいね。
    そのうちに自然に不安に思っていた問いの答えが見つかるかもしれないし、お母さまに相談したい内容にも変化が起きるかもしれないですし、まるっと解決はしなくても荒れない形で少しずつでも方向性が見えてくることを祈っております。

    • ゆう より:

      毛玉様、コメントありがとうございます。
      私のうまく伝えられない、まとまりのない考えを、的確に文章にして下さり、大変感謝致します。
      コメントを読みながら涙してしまいました。確かに価値観はアップデートされますね。人生の節目にくるとなおさらです。価値観のせいで苦しんでいましたが、尊重するという考えは新しかったです。
      不妊治療は3年に及びますが、コロナが騒がれてから余計に心身疲れ果てていたのは明らかです。そこに先日育休中の同僚にバッタリ会い、キラキラした姿を見てから、余計に気持ちが不安定になっておりました。(会ったのは発作が起きる前です)
      子供に対して、それだけで愛おしいと、尊いと感じなければならないのに、、と文章にして下さいました。おっしゃる通りで、こんな事を考えている私が母で良いのか、嫌だなと思う過去を持つ父でいいのかと、ずっと考えていました。主人はよく未来の話をしてくれます。何か問題が起こった時も「結局は明るく楽しく過ごせるのが一番、みんなが笑って暮らせるようにしたいね」「子供にはジブリ見せたいね」など、これからどうありたいかという話をします。主人は明るい未来に向かっているのに、私は過去の事でウジウジ悩んで、温度差がありました。どんどん自信をなくして、今ここで別れた方が主人の為になるかもとも思っていました。私も〜べきという考えではなく、どんな家族になりたいかを今一度考え直してみます。
      見ず知らずの私の為に、本当にありがとうございました。少し気持ちが楽になりました。

    • 通りすがり より:

      毛玉さんのコメント読んで、心が軽くなる気がしました。
      通りすがりですが、感謝です。

      ゆうさんの心も軽くなることを祈ってます!

      • ゆう より:

        通りすがりさん、ありがとうございます。
        こちらで相談してみて本当に良かったです。
        大事な時間を使ってコメント下さった皆様、本当にありがとうございました。一人一人にお礼を言いたいです。今一度、自分自身と、そして主人と向き合い、母も大切にしながら精神的にも大人になれるよう過ごしたいです。

  7. ロウソク より:

    相談文を読んで、私はゆうさんがとても疲れているんだと思いました。
    想像に過ぎないので大変失礼ですが、何かとてもご自分を責めているような気がしました。それと同時に誰かにそんな自分をすべて受け止めてほしいと思っているような気がしました。
    今更誰にもどうにもできない旦那さんの過去の過ちは象徴的なもので、自分自身と重ねているのではないでしょうか。
    人間だれしも失敗や過ちがあり、完璧には作られていないのが人生のおつな部分なのではないでしょうか。
    ゆうさんも旦那さんもお母様もそれぞれ完ぺきではない部分を含めて受け入れあってらっしゃって、そして今があるのではないでしょうか。
    それにパニック発作を起こされたということで、今とても不安なお気持ちなんじゃないかと思います。そんな時に離婚やら大きい問題を考えるのは到底しんどいことと思いますので、今はいったん心も体も休憩し、落ち着いてからゆっくり考えられてはどうでしょうか。
    真面目に考えるのはいつでもできますし、ちょっとだけ色々さぼっちゃいましょう。相談に対してのアドバイスになってなくてすみません。

    • ゆう より:

      ロウソク様、コメントありがとうございます。
      自分ではそこまで、、と思っていましたが、疲れているのは確かです。毎日薬を飲まなければならず、不妊治療のことを考えない日はないです。今は中断しましたが、それでも年齢の事もあり、子供がいない未来を考えてみたり、本当に考えすぎな私です。。
      自分を責めている、その通りだと思いました。この先子供が出来ないかもしれない、年齢もある、そんな自分と結婚した主人に申し訳ないという思いもあり。このどうにもできない事実、その気持ちがたまたまピークに達して主人の過去とリンクしてしまったのでしょうか。
      発作から一ヶ月経ちますが、まだ心がざわつく時もあり、こんな時に色々考えすぎるのは良くないですね。自分で言うのもなんですが、頑張りすぎる癖があり、うまく息抜きしながらまずは心を落ち着かせたいです。受け止めて下さりありがとうございました。

  8. ふー より:

    心に響くアドバイスが続出してますね。相談文やお返事にゆうさんの真摯で誠実なお姿が見えているからだと思います。
    真面目で誠実な人は常にそうありたいと思い続けて、知らない間に自身を追い詰めてしまうことがあると思います。そしてこのご時世、ご自分やまだ見ぬお子さんを含めた家族の人生に不安を感じるのは当然のことだと思います。そしてご主人の過去のヤンチャというひとつの出来事がたまたまフォーカスされてしまったんですね。
    お母さまとゆうさんの関係についてはみなさんがとても良いアドバイスをされているので、私はちょっと違うことをば…。私は若い頃、法に触れることではありませんが、厳しい父や先生に対して反抗的だったり、ちょっと悪ぶる服装や態度を取っていました。我が娘たち(もう大きいです)に対して私の妹や友人がポロポロと昔の悪事を暴露されてしまいましたが(勘弁して…笑)、娘たちは「えー!そんなママを見てみたい」とか「まったくママったら〜」みたいな軽い反応。「今は真面目になってよかったね」なんて言われたり。子どもたちって過去の親になんてたいして興味ないです。今現在の親の生き方に影響されるんですね。
    そんな娘たちも「ヤンキーっぽい子を見るとなんだか影があってカッコいいなぁと憧れることもある、けど本当にヤンキーになったらママたちが悲しむからやらない」なんて言ってましたよ。非行ってそのほとんどが親や大人に対する何らかの仕返しなので、大切に思って育てると子は親の悲しむことはそうそうしないです。私自身、完全にグレなかったのはやはり両親の悲しむ顔を見たくなかったからです。
    ゆうさんのご主人、とても優しそう。ゆうさんに対して包容力もあるし、きっと優しいお父さんになることでしょう。
    ゆうさんの様々な不安がふんわりと溶けて、ご主人と楽しい結婚生活が続いていきますように。

    • ゆう より:

      ふー様、コメントありがとうございます、
      私の返信にまで目を通して下さり、感謝です。
      不安を感じるのは当然の事との文章、ホッとしました。コロナ禍で不安な世の中での辛い不妊治療、友達も少なくて周りを羨んでばかりの私、、心身疲れない訳がないなと思えました。
      母との事は、これまでコメント下さった皆様のアドバイスを受けて、以前のような不安な気持ちは小さくなりました。大変感謝しています。ふー様はとても良い子育てをなさっているのが、お子様の発言から想像できます。今現在の自分の生き方、それを子供には見せていけば良いのですね。私に子育てできるのかな、子供が生まれても可愛いと思えるのかな、という心配もあるのですが、もし授かる事ができたら、どーんと構えて大切に育てたいなと思えました。
      主人からは無償の愛を感じますし、何でも受け止めてくれるので、申し訳ないと思わずに、もっと甘えられるといいなと思いました。ご自身の経験も踏まえてコメントを下さり、本当にありがとうございました。

  9. 匿名 より:

    私にとって若い頃の悪い事は(常習性なしの)些細な事です。
    犯罪行為を私がした訳ではありませんが、皆んな大なり小なりずる賢い考えを持った事は必ずあるはず。色々あって大人になるんです。それが当たり前の事。
    自分の周りや子どもにもそれが当てはまる。その覚悟を持って生きていくことが大事です。
    人に迷惑かけるのは良くないけど、その時にしっかりと対応していくのが大人です。
    もし、我が家子が誰かに迷惑かけたら、相手側には謝罪、双方の事情を聞いて話し合いをする。ただ、それだけの事なのです。その覚悟を持って生きていくだけです。精神的に落ち込む必要なんて何も無いです。
    ただ、覚悟するだけです。

    精神的にも依存は良くないです。
    家族だろうが母親だろうが友人だろうが子どもだろうが相手に思った通りの期待を持たないで下さい。貴女が辛くなるだけ。
    貴女は貴女。ありのままの自分を大事に。
    自分と他の人の気持ちはハッキリ区別して下さい。他人の気持ちは他人のもの。自分の気持ちは自分のもの。自分の辛い気持ちも嬉しい気持ちも自分で全部認めてあげて下さいね。
    お母さんの気持ちは聞くだけで流して下さい。貴女がそれにそう必要は無いのです。期待を裏切ったとしても勝手に期待されていただけの事です。はっきり言って大きなお世話なんです。
    貴女は貴女を大事にして、覚悟を持って生きる。
    それだけでいいのですよ。

    • ゆう より:

      匿名様、コメントありがとうございます。
      覚悟、依存という言葉、ずっしりきました。発作が起きてから、私は色々な覚悟が出来ていないんだなと感じていました。相手に思った通りの期待を持たないで下さいとの文章を読み、自分自身も期待に応えたいし、相手にもこうあるべきという期待を無意識にしている事に気付きました。相手が期待通りじゃないからって、落ち込んだりモヤモヤしたり、本当ならしなくて良いんですよね。自分自身で辛くなってしまってました。
      これからは自分を大切にして、気持ちも認めてあげて、その上でどうしていこうか、考えていきたいと思います。覚悟を持って生きていけるようになりたいです。

  10. ヨガ好き より:

    幸せになる4つの考え方を「幸せの四葉のクローバー」というそうですよ。

    感謝(ありがとう、思いやり、助け合い)
    楽観性(なんとかなる、失敗しても大丈夫)
    主体性(やってみよう、チャレンジ)
    自己肯定感(ありのままで、多様性)

    母親は大切な存在なのですね。お母様は上記のような考え方が得意な方でしょうか?もし得意でないなら悩み事をあまり相談しないほうがいいかもしれませんよ。

    上記のような考え方が得意な人に、相談事はした方が幸せになれる答えが帰ってくるんだと思いますよ。

    • ゆう より:

      ヨガ好き様、コメントありがとうございます。
      素敵な考えですね!母は楽観性はありますが、その他は父との関係を見ていても少し欠けているように感じます。(実家は借金があり、両親はあまり仲良くありません・・)
      これまでも悩み事をする時は意識的に内容を選んできたように思います。相談相手も重要なのですね。私も4つの考え方を実践したいです!

  11. なり子 より:

    あなたはとても真面目で一生懸命な方なのですね、
    自信がなく、周りがよく見え、人と比べてしまう。。
    子供の頃からですか?
    苦しかったのではないでしょうか?
    こうあるべき
    こうでなくちゃ
    女は子供を産むべきとか
    みんな○○だから、自分も○○であるべきと。
    私は自己肯定感がずっと低くて。
    私は子供を産んだ時、若かったし、人と違う事をしないように、ちゃんとしなくちゃと、そればかりで
    私の価値観を小さな子供な押し付け、子供の個性を潰してしまい、結果、子供も自己肯定感が低い人になってしまいました。

    人と違う事をしないように
    自分の行動が恥ずかしくないか
    ちゃんとしなくちゃ
    失敗しないか
    人に笑われないか
    毎日学校で緊張して、家に帰りぐったり(←私はなまけていると勘違い。ごめんね。

    あの子なりに一生懸命生きていたのに、そんな事にも気付けなくて。

    彼はもう大きいのですけれど、今頃、とてもとても苦しんでいます。
    毎日毎日、何か褒めて、彼が生きている事を感謝し、あなたはあなたで良いのだと何かしら伝え、背中をさすったり。
    もう小さな子供でもないのにという考えを捨てて、赤ちゃんのように接し、、育てなおしです。
    この子をもう一度赤ちゃんからと。

    ファッジさんのNOTEを読んでボロ泣きです。
    そうか、価値観か。
    人と比べて自分が劣っていると思ってしまうのは、価値観の違いなんだ。。
    私も涙が出てしまいました。人のスレなのにすみません(困

    幸せの4つのクローバー、素敵です。
    ゆうさん、あなたはここに相談して本当に良かった。
    ご主人の万引きの悩みから、いろいろな考えが広がりましたね。
    小さな犯罪でも、だめなものはダメ。
    それは素晴らしい事ですから。
    あなたのその価値観は、子育てにおいても、必ず必要な価値観です。

    でも、あなたは、あなたで、ありのままのあなたでいいんですよ。
    子供が居ると特に、みんな持っているからとか、揉めないようにとか、多くなるかもしれないけれど
    大事なのは、自分は自分ということ。
    世間の目や意見に流されず、
    自分を大切にして、自分を信じて、彼を信じてください。
    あなたは自分が苦しんだ分、人の痛みも自分の事のように感じる事が出来るし、優しい人なのだと思います。
    不妊治療中という事で辛い事もおありでしょうけれど、治療中でしか出来ない事に目を向けて、幸せを感じて、大切に過ごして欲しいな。

    父は倒産、主人が鬱で休職、転職、兄弟は寝たきりと逃亡癖の持ち主で、母との確執は何年も何年もありました。おまけに義理母も変人で苦労はしましたよ。
    みんな、言わないだけで、いろいろあるって事です。
    それでも人生、楽しんだ方が勝ちっていう考えにバージョンアップしましょうよ、
    そっちの方が、絶対人生、笑顔が増えますから!

    • ゆう より:

      なり子様、コメントありがとうございます。
      なり子様のコメントを読んで、私も朝から涙してしまいました。おっしゃる通り、この思考は子供の頃からです。みんながこうだから私もこうあるべき、と。大人になってからは結婚して子供を産む事が普通で、それ以外はナシ。みんなが出来ている事が出来ていないと悩む。今思うと苦しかったのだと思います。苦しいという気持ちも自分で抑え、自分さえ我慢すれば円滑に進む、という考えだったように思います。
      なり子さん、自分ではどうしようも出来ない環境に置かれながら、真面目に一生懸命子育てをなさってきたんですね。お子様を愛する故だったのですよね。今からの育てなおし、諦めずそう思えるなり子さん、素敵だと感じました。みんな、言わないだけで色々あるのですね。

      私、ここに相談して本当に良かったです。厳しい言葉を受ける事も覚悟していたのですが、こんなに親身になって下さる方が沢山いるとは夢にも思わず、もしかしたら心理カウンセラーに相談するよりずっと良かったと思います。それくらい心を打たれる回答を頂けました。日に日に心のモヤモヤも少しずつ晴れてきました。相談を通して、今、立ち止まって色んな事を考えられて良かったです。順調に子供を授かり、その他何もかも順調だったら、薄っぺらい自分だったかもしれません。このような場所を提供して下さった運営の方にも感謝です。

      人生、楽しんだ方が勝ちですね。自分で自分を認め、大切にし、それぞれの価値観を尊重しながら過ごしたいです。

〜 コメントを送信する前に 〜

井戸端会議に遊びに来て頂きありがとうございます。
コメントを頂くことで成り立っているこのコーナー。
コメンテーターの方には大変感謝いたしております。

ネットの向こう側には、悩んでいる方、苦しんでいる方がおられます。
コメントをされる方は、その気持を汲んでいただき、配慮ある言葉選びをお願いいたします。
『それは違うよ!』と思われ、相談者さまとは別角度からのアドバイスを書き込まれる場合、あまりに強く否定的な文脈ですと、文章の主旨が届く前に心を閉ざされる場合がございます。
相談者さまにとっての良い〝気づき〟となるような、心に届くような気持ちでお書きくださいますようお願いいたします。
井戸端会議が多くのお嫁さんにとって有意義な相談場所となるよう、ご協力よろしくお願いいたします。

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


8 + 3 =