主人からの謝罪で一度終わった揉め事。ひょんな事から蒸し返され…

トトさんのご相談

相談させてください。
私は主人と子供(1歳と2歳)の4人家族です。
これは上の子の初節句の時の話で、一度は解決したはずだったのですが、ひょんな事から蒸し返され、現在離婚問題にまで発展してしまっているところです。

初節句の時、私は2人目を妊娠中で、その時、原因不明の喘息を発症し、だいぶ苦しんでいました。朝から晩まで咳は止まらず、産科だけでなく呼吸器内科を受診するも症状はいっこうに良くならず。
正社員で仕事もしており、上の子の育児に家事に疲れ切っていました。
初節句の前日には血痰まで出て、肺の痛みで起き上がることすら辛い状況でした。

お祝いは義実家でする予定でしたが、私は「行くのは難しい。娘だけでも連れて行って欲しい」と主人に数日前からお願いしていました。しかし、義実家に伝えたのは当日だったようで、それを聞いた義母は「母親がいないとお祝いは成り立たない。来るのが難しいなら、準備したものを持ってそっちに行く(車で1時間半)体調悪いなら寝てればいいから」と言われ、「親が来て寝てられる訳ないじゃない。勘弁して。」と主人に反論したところ、キレてこちらに向かって物を投げられました。「俺の親の気持ちをなんだと思ってるんだ。我儘もいいかげんにしろ。寝てていいと言ってるんだろ」と言っていました。

さすがに耐えきれず、義両親がこちらに向かっているのは分かっていましたが、娘を連れて家を飛び出しました。
私は自分の実家は無く、その後数日、ホテル暮らしをしながら娘を保育園に届け、仕事に行っていました。

その後、主人から謝罪があり、2人目も無事に産まれ、元どおりに生活していましたが、このことを蒸し返すようなことがあり、言い争いの末、現在別居中です。

私は主人のことは、人として尊敬しており、大切な家族であり、本心では離婚したい訳ではありません。
しかし、相手の状況を考慮せず、自分の親切心を押し売りするのとは、ただの暴力だと思うのです。
他者を巻き込んでの揉め事で、パートナーを庇えない関係性はアウトだとも思うのです。

この一件だけは、どうしても自分から謝ることができません。私は非常識、我儘だったのでしょうか?これからどうしたらいいのでしょうか?
ぜひ皆さんの意見を聞かせてください。


悩めるトトさんに
みなさまアドバイスお願いします!


カテゴリー: 夫婦


主人からの謝罪で一度終わった揉め事。ひょんな事から蒸し返され… への18件のコメント

  1. たっこんぐ より:

    ちょっと大変かもしてませんが、家事調停してはいかかでしょうか?
    費用もそんなにかかりません。(2000円ちょっとぐらい)
    ようするに第三者に仲裁してもらう感じですね。
    お互いの言い分を別で聞いてもらって判断してもらうそうです。
    なので、裁判でもないんです。
    第三者の意見だと旦那さんも聞く耳を持ってくれると思います。

    正社員で、お二人目妊娠の時の喘息
    しかも原因不明
    それは、それは、つらかったと思います。
    私自身も喘息持ちです。
    仕事はしていませんでしたが、二人目の時、同じように咳が一晩中止まらないなども経験してます。
    喘息の大変さって、体験しないと伝わないですよね。
    寝たくても横向きか、座椅子のように背もたのあるものでしか寝れませんもんね。
    呼吸もしたくても出来ない状態ですもんね。
    そんな中、よく頑張られてます。
    ご主人は自分の親だからよいですよね。」
    でも、嫁はしんどくても横にはなれないですよね。
    まず、開き直って都合の良い嫁は、しなくてもよいんですよ!
    喘息ってストレスも要因の一つです。

    コロナもあるし、いろいろ不安ですよね。
    少しでも良き方向へと向かわれることを祈ります。
    お体に気を付けて、ください。
    これも一つの方法です。

  2. しろくろぱんだ より:

    自分本位で視野の狭い物の見方しか出来ていないように思います。
    そんなに具合が悪いなら、ご自分で義実家に行けない事を連絡しておくべきでした。色んな準備をして待ってくれているお義母さんの事にまで考えが及んでいないのです。
    具合が悪くてもお嬢さんを連れて逃げ出せる体力はあった訳ですから、体調云々より、義父母さんに会いたくない気持ちの方が大きかったと思われても仕方なく、義父母さんや旦那さんからしたら心象悪いでしょう。
    予定変更して来てくれているのに主役のお嬢さんを連れて逃げ出すなんて、精神的に未熟と感じます。

    とは言え、仕事に家事、育児、それに加えて妊娠と喘息…と、精神的に一杯一杯になってしまうとて大変な状況で、雑多な事から逃げ出したい気持ちも痛いほど分かります。
    お義母さんも育児経験者な訳ですからトトさんのお気持ちや状況を察して欲しいところではありますが。

    ただ、この一件にご主人の非は無いのでは?
    (物を投げるのはいかがかと思いますが。)
    ホテルへ逃げたトトさんに謝罪までしてくれている訳ですし、トトさんが頑なにに謝る事が出来ない理由が分かりません。
    辛い状況の中で起こった事件だったかも知れませんが、第三者が聞いてもそんなに酷い出来事とは感じません。

    トトさんが心を開けば幸せなご家庭を築いていけると思いますよ。

    • 月子 より:

      しろくろぱんださんの仰ってる、
      >自分本位で視野の狭い物の見方しか出来ていないように思います。
      これは、トトさんのご主人の言い分の、「俺の親の気持ちをなんだと思ってるんだ。我儘もいいかげんにしろ。寝てていいと言ってるんだろ」
      にこそ 当てはまるような?

      ご主人様、体調不良の方に向かって、ヒドい言い草です・・・

      トトさんは、妊娠中あり、喘息の発作が出ていた。
      妊娠中で、呼吸器系の不調は相当辛かったです。
      回りの大人の方は、健康ですよね。トトさんの義実家の方、トトさんのご主人。
      どんな状況でも(大きなイベントや約束事があったとしても)体調を崩されている方が居るなら、健康な方は、その方のケアに回ったり、合わせるしかありません。相手が妊娠中であるなら、なおさら。

      義実家の方がトトさん宅まで行く、と言い出したのは、トトさんのご主人が、トトさんの不調を義実家に伝えてなかったから。
      >ご自分で義実家に行けない事を連絡しておくべきでした。
      とありますが、その辺は、体調の悪いトトさんではなく、ご主人が伝えておくべき、とも言えませんか? そうすれば、スムーズに済み、何も問題は起きなかったはずなんです。そもそも、体調が悪い人よりも健康な人が動いた方が早いですし・・・

      臥せっているトトさん、健康なご主人、義実家・・・と、三者が出てきますが、トトさんは動けません。動いてはいけません。ご主人が一言、嫁が具合が悪い、と自分の実家に伝えておけば、何事も起きなかったはずなんですよ。

      >色んな準備をして待ってくれているお義母さんの事にまで考えが及んでいないのです。

      これは、ご主人にとってもそうですよね? 二人のお子様のイベントの事なんですから。
      どうして、トトさんだけが「お義母さんの事にまで考えが及んでいない」と、なるのでしょうか? ご主人は?

      ご主人もちょっと考えれば判るはずだったかと思います。
      トトさんは、
      >私は「行くのは難しい。娘だけでも連れて行って欲しい」と主人に数日前からお願いしていました。
      トトさんのこの言葉は、しろくろぱんださんの仰っている「お義母さんの事にまで考えが及んでいない」のではなく、及んでいたからこそ、出た言葉だと思いますよ。何も考えていなかったら、何も言いません。それを数日前からご主人に伝えていたのが、まさに、「お義母さんの事にまで考えが及んで」いたからです。

      ご主人が自分で自分の実家に妻の不調を言うチャンスは、何度もあった。
      でもそれをせずに居た。
      最初のハナシに戻りますが、これは、しろくろぱんださんの仰っている、「自分本位で視野の狭い物の見方しか出来ていないように思います」とは、全く違うハナシですよ。

      トトさんと、トトさんのご主人の問題は・・・
      妊娠中で体調の悪いトトさんと、健康なご主人居て、義実家があって、初節句で、義実家に行けなくて、義家族がこっちに来ると言っていて・・・という事ではなく、妻(トトさん)が、「初節句の日は、娘だけでも連れて行って欲しい」と、数日前から言っていたのに、当日まで何もせずに居た、ご主人の配慮の無さ、というか、無理解です。
      体調の悪い妻を近くでずっと見ていたはずなのに、本当に妻、子、自分の実家を想うなら、どうにでも動けたはずです。
      体調不良の妻に代わって、早い段階で一言実家に言うだけで済んだはずなのに。
      妻の事も、自分の実家の事も、両方に一番関わっていたのは、この場合、ご主人だったはず。
      でも、何もしていなかった。自分の実家の事も、どっちも蔑ろにしているのは、「俺の親の気持ちをなんだと思ってるんだ。我儘もいいかげんにしろ。寝てていいと言ってるんだろ」と妻を責めている、ご主人ご本人なのに。

      しろくろぱんださんの、
      >雑多な事から逃げ出したい気持ちも痛いほど分かります。
      と仰っているのも、トトさんは逃げなかったからこそ、ご主人と衝突したんだと思いますよ。のらりくらり逃げられるなら、ケンカにはならないでしょう。
      体調悪い時の事、雑多って・・・
      トトさんの置かれている状態は、「雑多」という言葉では置き換えられない、過酷な状態だったかと思います。

      しろくろぱんださんの仰っている、心象悪いとか、悪くないとか、心を開くとか、開かないとか、そういう問題では無く、家族の事・問題(妻の体調不良、子供のイベント)を、何故か体調の悪い妻に投げっ放しにしていた旦那さんが、もっと、真剣に向き合っていれば、何事も無く、心穏やかにトトさんは過ごせたはずなんです。

      トトさんが、
      >どうしても自分から謝ることができません。
      と思うのも当然だと思います。
      だって、ご主人、一体何をしていたの。

      長くなりましたが・・・最後にもう一つだけ。
      しろくろぱんださん、喘息の発作は、「雑多」では済まされない、重篤な怖い病気ですよ。
      私の知り合いは10代の時に、卒業を前に、喘息の発作で亡くなりました。
      >具合が悪くてもお嬢さんを連れて逃げ出せる体力はあった訳ですから
      これは、多分、義家族の対応をするよりは、何とか家から出た方が、自分を守れると判断したからでしょう。
      旦那の家族になんか会いたくなーい、家出しちゃおー という事ではなく、ここにこのまま居たら倒れてしまう、と、必死に、妊娠の重たい体を押して家を出たのだと思います。ご主人が守ってくれないのだから、寝ててイイ、と言われたって、結局きっと、何やかんや、呼ばれ、動かされる羽目になる。そうなる前に、娘さんを連れて家を出たのでしょう。

      ここに相談される方はもうとっくにいっぱい傷付いていて皆さん、必死にここに相談しにきているはずです。
      妊娠中で、体調不良だった、喘息だった、ご主人といろいろあった・・・、という方に、もうちょっと優しい言葉をかけられませんか?
      もしかしたら、トトさんにも、何か足りない事があったかもしれませんが(私は無いと思います)、そういう事じゃなく、もうちょっと配慮の心を、持ってもイイんじゃないかなと思います。
      いろんな意見があって当然なんですが、体調不良の人が頑張るべき、というのは、多分違いますよ。
      何故、ご主人に対しては何も無いでしょうか?

      • 月子 より:

        誤字です。
        10行目
        誤 妊娠中で、呼吸器系の不調は相当辛かったです。
        正 妊娠中で、呼吸器系の不調は相当辛かったはずです。

  3. ヨガ好き より:

    いろんな思いがすれ違ったのかもしれせんね。

    トトさんは「一人で寝ていたい。義理両親がいると気を使うし…」

    義母は「娘ちゃんも母親が一番好きだろうから、母親と一緒に過ごさせてあげたい。もう用意もしてるからお嫁さんは寝てていいし、少しでも一緒にお祝いさせてあげたい」

    旦那さんは「仕事にも行けてるから、そこまで重病なのかな?自分の母親の好意を受け取るのが家族にとって1番じゃないか?寝てていいのに、なぜ断るのか理解できない…」って感じでしょうか?

    「頑なになっちゃってごめんね。人に甘えるのが苦手で…。娘まで連れ出さず、せめて一人でホテルで休めばよかったかも。初節句の時嫌な思いさせてごめんね。」って言ってみたらいかがでしょう。

    嫁を庇ってくれなかったことは、まぁまたおいおい理解してもらうとして(^_^;)

    トトさんも気を使いすぎず少し図々しく甘えられたら楽になれるのかもしれませんよ。

  4. りんご より:

    嫁です、こんにちは。
    具合が悪く精神的にもいっぱいいっぱいだったんだろうと想像します。そういう時って人生に時々ありますよね。

    確かにご主人の義実家との対応は嫁にとって100点とは言えませんけれど、一般的な使えない夫なんてそんなものだろう、というのが私の実経験や周囲の話から感じます。もし確実に義実家に伝えたいことがある時は、自分の希望が固まった時点でそんな夫を間に通さず、義母と直接話をつけたほうがよっぽど手っ取り早いですので、次回からはぜひ。

    そしてそのお祝いの席のお話ですが。
    トトさんはゆっくり休みたかった、ご主人は義母さんの気持ちを大事にしたかった、義母さんは孫を思って母親不在でのお祝いは避けたかった。だったら、義母さんの提案はいいとこどりの素晴らしいもののように思います。
    「親がいて寝られるわけがない」のかな。義両親が来訪していても、具合が悪いんですから寝ているのが当たり前だと思うんだけどな。あなたが義母の立場になった時お嫁さんがそうしていたら、トトさんはお嫁さんを失礼だと思うかな?お嫁さんの事情をきちんと理解できるような説明が夫婦からあったのなら、そんな風に思わないと思うよ。(だからこそ、義母とは直接話す、って事に戻っちゃった。)

    もし嫁として、と義母さんに気を使ったのであれば、家を出て行ってしまうのは道理が立たないというか・・・そのアンバランスさが爆発してしまうほど、トトさんにとってそれだけ大変な時期だったんだろうな、と想像しています。
    でも私がこれだけ大変なんだから周囲が私の思い通りに動いて当たり前、って事にはならないのが世の中で・・・日々、交渉、相談、話し合いをして結果を出すものかと思います。言い合ってても答えは出ないし、疲れている時にいがみ合うのは自分がもっと疲れるから、だからこその話し合いなんじゃないかな。

    それから・・・家族の誰かがアンバランスの時って、周りの家族も振り回されがちでそれなりに大変^^; ご主人もトトさんのこと、育児家事のお手伝いとご自身のお仕事でいいっぱいだったのかも。ご主人に対して日頃のありがとうという気持ちがそれだけあるんだったら、改めてそれを思い返して前面に押し出して、もう一度ご主人と仲直りする目的を持って、謝るかどうかは横に置いて、ご主人のだけの話を否定も肯定もせず、ただ聞いてみるのもいいかも。

    お子さん二人もいて、なかなか落ち着いて考える時間が持てないと思いますが、相談内容からご主人を大事に思う気持ちは私にも伝わってきたので・・・・勝手ながら私もお二人に仲良くなって欲しいです。仲直りできますように。

  5. 今日は良い天気 より:

    上手く人に頼る術を身につけるべきかな?と思いました。
    そして頼るからには全て自分の意向でという訳にはいかないことも学ぶべきかなと。
    最初に「行くのは無理」という理由で欠席を希望したから
    義実家と夫は気を利かせたつもりで「じゃぁそちらに行く」と提案して来たのですよね?
    「親が来て寝てられる訳がない!」の主張は、その前に「体調が悪くて(行きたくても)行けない」と言った手前、受け入れられない言い訳になってしまってますよね。
    腹を括って寝込んでしまうか、写真に一緒に写る為だけに着替えるかだけでもすれば良かったのではないかな。
    夫婦間(若しくは義実家と)で意見が揃わない場合は子供にとって何が一番か基準で考えると良いのではないかな?
    二人もお子さんがいて、体調も悪いのに意地を張るよりも
    周りに助けてもらえることを有り難く受け入れてみてはどうでしょう?
    恵まれた環境にいるのに、そんな些細なことで親が別居なんてお子さん達が可哀想です。

  6. 匿名 より:

    厳しい意見が多いですね。
    私はスレ主様が辛かったろうと思いました。

    妊娠していて働いていて、
    小さい子の育児がある中、
    喘息でろくに寝れない。
    ふらふらだったと思います。

    義両親がきてくれるといっても、
    掃除や食器の準備など、
    そりゃ寝てられないでしょう。
    旦那さんが母親抜きで実家に連れてけばいい。
    ごもっともな理屈だと思います。

    旦那さんが、当日まで連絡を怠ったから、
    義両親だって、
    用意したものもあるし、
    じゃあいくよ、だったのでは。
    (だから、義両親も悪くないと思います)

    旦那さんが面倒くさがったのが
    一番の原因だと思います。

    とはいえ、それを言うともめるだけでしょう。

    次回から、
    どうしてもの緊急事態の時は、
    旦那さんを当てにせず、
    旦那さんに伝えた上で、
    自分で義両親に連絡、だと思います。

    旦那さんとの争いに関しては、私なら、
    「当日まで知らなかった義両親には、
    本当に申し訳なかったと思います。
    でも、何日も前から伝えていたのに、
    あなたが話してくれなかったのはどうしてですか?」と
    落ち着いて聞いてみるかな。

    大したことないと思った、
    直ると思った、なら、悲しいですね。
    妻がどれだけしんどいかわからなかったのですから。
    静かに涙を流してやればいいと思います。

  7. きの より:

    義理の親が来て寝ていられるわけない。本当にそうだと思います。
    用意したものが無駄にならないよう、娘さんだけつれて義実家に行ってくれればそれで済んだのに、なぜこちらに来る話になるのでしょう…
    お祝いの席に母親がいないと!!という押し付けにも、イライラしてしまいました。

    沢山あるお祝いの1つを、病気という致し方ない理由で欠席したとして何で責められましょうか。本当に寝室にこもっていて良いなら、なおののこと義実家でやってもらったほうが気を使わなくて済みますよね。要は、義母の思い描いたお祝いの場面があってそれをどうしてもやりたかったんでしょ。

    それをご主人がわかってくれなかったのが辛いです。
    短絡的というか、親の気持ちを大切にしてほしいとか、だから最初から娘を連れて行ってねと頼んでるじゃない。と言いたいです。
    あらかじめ予定を伝えなかったご主人もおかしいと思いますが、急な発病だったとしても血痰まで吐いてるのにお祝いの席への参加を強要するのはおかしいです。

  8. ぷー より:

    私も、厳しい意見が多くてびっくりしました。
    喘息って、患ってない人には「高熱が出たり感染するようなインフルエンザじゃあるまいし、ちょっと激しめに咳き込んでるだけ」と、軽く思われるんですよね〜実際はめちゃくちゃ辛いのになぁ。むしろ、解熱剤使えて数日〜1週間で絶対治る高熱インフル方が私は楽です。

    喘息の吸引などのお薬は即効性があるわけでもなく、私は軽度の喘息持ちですが、一旦発症すると3ヶ月以上咳込みが続いて辛いです。咳込みは体力消耗するし、夜間は肺が痛くて息苦しくて寝付けない、明け方やっと寝れたと思っても咳き込んでまた目覚めるんです。睡眠時間、激減します。

    しかも妊婦さんでしょう?
    使えるお薬に制限がありますよね、かなりゆるいものしか使えなかったのでは? 治りにくい喘息でゆるいお薬、さらに原因不明で根本を断つこともできず。
    幼児抱えて仕事もして、その上旦那がそんな思いやりのない人間では、私ならとっくに暴れてますね。まぁ喘息苦しいので、暴れるの難しいから、旦那が投げてきたモノを、倍にして投げ返して発狂しちゃうかなぁ(笑)。

    けれどあなたはモノを投げ返さず、自分が避難することを選んだ。私的には、かなり穏やかに頑張られたと思います。
    うーん、避難の際に娘さんは置いてったら今の蒸し返しはなかったのかなぁ、でもそれだと義両親や旦那がまたいつか同じことをしてくる可能性だってあるしなぁ。

    あなたは寝てれば良いからって言われて、他人を家にあげてもオッケーて人、果たして世の中どれくらい存在するんでしょうね?

    私なら、元気な時でも極力会いたくもない義両親なんて、ずっと寝込んでて掃除片付けが普段通りにできていない我が家にはぜーったい入れたくないです。病気の妊婦だってわかってても、片付いてないとか埃っぽいみたいな嫌味を一切言わず、眉だって1mmすらひそめず感じよく過ごし、病人をいたわって短時間でさっさと撤収できるような出来た舅姑は、滅多にいないと思うからです。そういうできた義両親だったなら、向こうがくると言ってきた時にトピ主さんだって逃げ出したりしなかったでしょうしね。

    義両親が出来た人でなくても、旦那だって娘さんの親なんだから、旦那がしっかり病気の妻の代わりに準備をすればよかったんですよね。掃除は夫が済ませ、親が来ても寝室の妻に接触させず堤防となり、お祝い膳がわりに外食しようと親の自宅滞在時間を極力減らし、妻には後でレストランのテイクアウトでもコンビニ飯でも運んであげる。
    そのうちのどれかでも自分の頭で考えてできる夫なら、義両親が来ると言っても妻は逃げ出さずに済んでたのになぁ。

    ごめんね、私もどうしたら良かったのか、今後のあなたがどうすればいいのかも分かりません。ただ、私ならそういう何でも親任せ・妻任せで無能な旦那は困るなぁ、長い残りの人生こんな思いやりのない人と暮らすのキツいなぁと思う、としか。
    なぜ妻は逃げ出さなきゃならなかったのか、妻なり第三者なりが話して聞かせたなら理解できそうな旦那なら、再構築できるのかしら。
    いつか旦那が病気で寝込んだ時に、あなたの目上の身内に来てもらって、旦那には寝てていいのよ〜こっちはこっちで勝手にやっとくから!って寝室の近くで楽しくすごしてやれば、自分がどういうことを妻にやろうとしてたのか、身をもって理解するかしら?

    解決方法は分かりませんが、私はあなたが我儘だとか、非常識だとかはこれっぽっちも思いません。

  9. 匿名 より:

    1番大事なのは皆んなの健康ですよね?
    何で、節句を誰も中止にしようと言わなかったのか不思議です。命がとられる訳じゃないのに何が何でもやらなきゃいけない理由が分かりません。
    何をお互いにムキになっているのか、何が家族にとって1番大事な事なのかそこを夫婦で見つめ直した方がいい気がしますが、譲れないんでしょうね。分かりますよ。
    旦那さんはむげにされて寂しかった。悔しかった。
    奥さんは労ってくれなくて辛かった。
    そんな気持ちを気持ちの部分を正直にお互いに話し合い一旦受け止めて、素直な気持ちで改善方法をお互いに話していけば良いだけなんだけど、、意地がね、、変な風に湾曲された気持ちがお互い怒りになって解けない状態なんでしょうね。
    お互いに怒りの中にある分かって欲しかった気持ちを素直に話せばいいのになぁ。物理的にどう言ったか行動したかじゃなくて、自分が辛かった分かって欲しかった気持ちを話して欲しいです。
    もう全く寄り添えない状態ならうまく繋げてくれる第三者を入れて話し合いましょうよ。

  10. 娘の母 より:

    私は、娘がそんな扱いを受けていたら怒り狂いますが。
    何もかも背負わせて疲れきって体を壊しているのに
    行事のために、這いつくばってでも仕えよ。というのかと。
    義母様も絶対に、それが息子さんだったら怒るはずですよね。

    でも、今回のことは別な気がします。蒸し返して怒る、そのために別居って。
    旦那さん、別れたい理由が他にあるんでは?
    尊敬してるようですが、あんまり大切にされてないようなので
    他のこと含めて考え直しみてはどうでしょう。

  11. るんくま より:

    蒸し返すって、、何があったのでしょうか。
    ご主人は、謝罪しないとトトさんが戻ってこないから
    本意ではないけどとりあえず謝罪しただけで、
    本当は腹に一物あって、それで蒸し返しちゃったのかなぁ~。
    なんか自分の実家第一主義みたいで嫌だなぁ~。
    トトさんは仕事に育児に家事にいっぱいいっぱいで
    余裕がなかっただけで我儘ではないと思いますよ。
    ホテルに逃げ出す程追い込まれる精神状態って、、それまでの不満も
    あったんじゃないですか。
    義母さんは、嫁の体調より自分が用意した初節句を中止したくないだけで
    それこそそっちの方が我儘だと思いましたが。
    義理実家の事だって、ご主人が「(義理実家の事は)気にするな。お祝いなんて夫婦二人でやったっていいんだから」というスタンスでいてくれたら、
    逆に「いやいや、義母も楽しみにしてるから呼ぼうよ」って気にもなるって
    もんですよ。(そんな事ないって声も聞こえてきそうですが)
    親の気持ちより嫁の気持ちを尊重してほしいものです。

  12. ゆるり より:

    非常識、わがままだったとは全く思いません。
    具合が悪いから断ってと、前もってご主人にお願いしているのに、それをきちんとしてない方が非常識でわがままだと思います。

    私は喘息の辛さはわかりませんが、咳が止まらず辛いのですよね。
    風邪の時の咳でさえ、体力奪われて寝ているのも辛いのに、きっとそれ以上だったのだと思います。
    しかも妊娠中なんですから、尚更です。
    私は、頭痛持ちですが、頭痛の時に義家族が来られたらゆっくりできません。
    気をつかうという事もですが、別室でお祝い事をされたらうるさいに決まっています。よっぽど大邸宅ならそういう事もないのかもしれませんが。

    厳しい意見が多くてびっくりしました。
    自分が体調悪くても我慢するべきなのしょうか?
    具合が悪いというのに押しかけてくる方がどうかしています。
    他の方も書かれているように、日にちを変更したってかまわなかったと思いますが。

    ご主人は、妻の体調よりも、自分の両親を優先すべきと言っているのでしょうか?
    私だったら、そういう人とはやっていけません。
    これから先もこういう事が度々あると思うからです。
    まず、物を投げられたというだけで離婚ですね。
    病人に物を投げるような人は尊敬できませんよ。
    最低だと思います。
    自分の娘さんがそういう目にあったら、親としてどう思うのか、想像できないのでしょうかしらね?

    私は離婚を勧めているわけではありません。
    ご主人と、両方のご両親を含めて一度落ち着いて話し合ってみたらどうでしょうか?

  13. トト(相談者) より:

    皆さま、たくさんのお返事ありがとうございました。
    厳しい意見も寄り添ってくれる暖かい意見も、有り難く読ませて頂きました。
    まとめてのお礼になってしまい、申し訳ありません。

    あれから直接ではなくメールでお互い冷静になり話し合い、何が嫌だったかをはっきり伝え合いました。
    自分の実家は大切な家族であり、100%善意だけでやってる事に対して、少しは応えて欲しかった主人(確かに、義実家に対して電話連絡することも会うことも頑なに拒否していた態度は、嫌だったと思います)と、自分の今の家族は、この4人だと思っている私とで、折り合いがつかない点はありましたが、主人から「もう二度と辛い思いや悲しい思いをさせない」という言葉かが聞けたので、私も反省し謝りました。

    少し言い訳させてもらえば(でもこれは私側の意見なので、向こうは向こうの言い分があると思いますが、、、)
    我が家の住まいは狭いワンルームアパートで、寝室が別にあるわけではなく、やっぱりお客が来て寝てられる状況ではなかったこと。義両親は悪気はないのだろうが、基本的に私の意見は普段聞き入れないこと(主人がお祝いの当日、私が行けないということを電話で伝えていると、義母が「説得させるから本人にかわれ」と、電話の向う側でしつこく言っていたこと。)主人がキレた時、娘は完全に怯えており、置いて出て行くことは出来なかったこと、、、
    言い訳をあげればキリがないですが、自分も反省し、この一件での揉め事はもう止めようと思いました。
    誰にも相談できず、モヤモヤイライラが続いていたので、皆さまの意見が聞けて良かったです。ありがとうございました。

    最後に、、ファッジさん。もう長年大ファンです。これからもブログ楽しみにしています。いつも元気付けてくれて、ありがとうございます!

  14. popo より:

    厳しい意見、同情でな意見、両方とも読んでいてウンウンと納得しました。つまり、主さまだんなさま、どちらが良い悪いではなく、立場によって捉え方や感じ方が違うということだと思います。
    問題は主さまがこれからどうしたいか?じゃないでしょうか?
    今回、過去のことを発端に離婚話が、とおっしゃってますが、実際はこれだけではなく、そのあとひとつひとつ些細なことが何か積もってしまったのではないでしょうか?夫婦お互いが、すれ違うようになってきて、どうしていつから?と考えた時に、どちらもが初節句の事件の時からだ、となったんじゃないでしょうか。旦那さまもその時は謝ったけど、本当は自分が全て悪いと納得してなかった、主さまも謝ってたもらったけど、あんな謝罪じゃ許せなかった、とか。
    最初に書いたように、夫婦関係はどちらが正しい悪いではなく、お互いが納得するかどうか、が大切だと思います。お互いが自分は悪くないから!ではなく、良いが悪いかとは別に相手を傷つけたことに関してどう思っているか、だと思います。極端な話ですが芸能人のように浮気されたって、お互いが納得しているなら夫婦関係は持続するわけですし、そこはまわりが浮気が良い悪いと色々口を出すことではなく、そういう夫婦のあり方だと思うんですよね。
    逆に、人からみたら「それはあなたが悪くないよ」とか「些細なことだよ、こだわらなくてもいいんじゃない」という出来事でも、自分の中で絶対納得出来ないことってあります。初節句で主さま、旦那さまともに本当は納得できなかったのを、お互いフタをしてしまったのが今、お互いのこだわりとして噴出しているんだろうと思います。今回どちらかが無理やり納得してどちらかが謝っても、またその気持ちはいつか爆発すると思います。
    どっちが正しいか、正しくないか、ではなく、お互い性格的にこういうことは許せない、つらく感じる、といった話をきちんとして、そのお互いの気持ちのこだわりや納得が、相手として受け入れられないなら離婚もありだと思います。それが性格の不一致というものだと思いますよ。
    ちなみに、相手の短所って夫婦だと、たいてい長所で打ち消されて、結婚生活は成り立ちます。長所で打ち消せないなら、やっぱり性格の不一致だと思います。

  15. めめ より:

    辛いですよね、お気持ちよくわかります。
    締められた後で読んでおられないかもしれませんが、私が主人に言った一言で、頑なに謝らなかった主人がすっ飛んで帰ってきて土下座謝罪した一言をおいていきます。
    「娘が将来結婚して、同じようなことを結婚相手にされても許すのか」
    我が娘が泣いたら…と想像できて、ショックだったようです。
    それ以降、若干優しくなったような気がします。
    ご主人、お子様達とお幸せな毎日を過ごされますように。

  16. ミニオ より:

    締めた後ですみませんが。。
    色々なコメントを読んで、私は、今回の夫婦喧嘩は全て義母さんのせいだと思いました。
    結果的に、伝え方等誰かがこうすれば良かったと思える点もありますが、
    トトさん家族は不慣れなりに初節句をお子さんの為にイレギュラーな形で行おうと考えていたのに、義母さんがそれに従わずトトさん家族の決定を覆す提案をしてきたわけですよね。

    お母さんがいないとダメだという理由で。
    それなら、体調崩しているお嫁さんに無理させるより、みんなが体調の良い時にやり直そうと提案してくれたらなぁ。

    当日に伝えられた義母さんにも言い分はあると思いますが、長年お母さんをしてきた年長者なら、子供達夫婦が決めた事に「分かったよ。」で受け入れてくれる器であってほしいなぁと思ってしまいました。

〜 コメントを送信する前に 〜

井戸端会議に遊びに来て頂きありがとうございます。
コメントを頂くことで成り立っているこのコーナー。
コメンテーターの方には大変感謝いたしております。

ネットの向こう側には、悩んでいる方、苦しんでいる方がおられます。
コメントをされる方は、その気持を汲んでいただき、配慮ある言葉選びをお願いいたします。
『それは違うよ!』と思われ、相談者さまとは別角度からのアドバイスを書き込まれる場合、あまりに強く否定的な文脈ですと、文章の主旨が届く前に心を閉ざされる場合がございます。
相談者さまにとっての良い〝気づき〟となるような、心に届くような気持ちでお書きくださいますようお願いいたします。
井戸端会議が多くのお嫁さんにとって有意義な相談場所となるよう、ご協力よろしくお願いいたします。

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


5 − = 3