6歳男児のやんちゃっぷりにイライラの日々…

マシュマロさんのご相談

はじめまして。
6歳男児を持つ母親です。
息子のやんちゃっぷりにイライラの日々。毎日怒ってばかりです。
最近は怒ると反抗をする様になり、ママなんか大嫌い、 どこか行っちゃえば良いのに!等と言うようになり、子供の言う事なのですが、正直落ち込みます。

主人は息子に甘く、全く怒ったり注意したりしないので最近の息子はパパにベッタリ。
私の言う事を聞かず、パパに甘えに行きます。

私が出張等でいない日は、パパととても自由でのびのびとした時間を過ごしている様で、本当に私がいない方がこの子は穏やかに育つのではと思う毎日。
自分が嫌いで仕方ありません。

子供の事を考えて、あれこれ注意してきたつもりですが、私の育て方が間違っていたのでしょうか。
同じような方いらっしゃいますか?


悩めるマシュマロさんに
みなさまアドバイスお願いします!


カテゴリー: 子育て


6歳男児のやんちゃっぷりにイライラの日々… への14件のコメント

  1. 草花 より:

    男の子の特性と、それに対する育て方は図書館などで読めるので、参考にしてみたら多少怒ることが減るかもしれません。

    ただ、母が息子に怒るのは当たりまえです。
    そしてまだまだ息子は母が大好きなはずです。
    いくら怒られたって、心の底では大好きなはずですよ。

    ママなんか〜と言われたら、ママは〇〇くんのこと大好きなのに寂しいなと伝えてください。

    • マシュマロ より:

      草花さんコメントありがとうございます。
      男の子の特性という本が沢山あるくらいですので、
      母親が男の子を育てるのは大変な事なんですよね。。。
      ありがとうございます。
      本を沢山読んでみます!

  2. R より:

    同じです同じです。我が家の長男もやんちゃで一筋縄ではいかない性格です。夫が全く怒らないのも一緒です(笑)
    マシュマロさん、育て方を間違えただなんて悲しいこと言わないで下さい。怒ったり落ち込んだりするということは、一生懸命子育てしている証、愛情がある証だと私は思います。マシュマロさんは自分自身が嫌いになるほど、子育てに真剣に向き合って、頑張ってるのだなと私は感じました。自分を否定せず、頑張っている自分を褒めてあげていいと思いますよ。
    今、マシュマロさんは、息子さんとの関わり方を見直す時期が来ているのかな~と私は思いました。だって、連続して怒るのってかなり疲れるし、正しいことを言っているはずなのに、何故か自分が悪者に思えたりして、正直辛いですよね?辛いことを続けたら、マシュマロさんが潰れてしまうと思います。息子さんもきっと、マシュマロさんの笑顔が沢山見たいんだと思うんですよ。
    私も息子に怒ってばかりいた時期がありました。息子のためを一番に思っていたのに、毎日苦しくて辛くて、結果的に自分も夫も息子のことも嫌いになってしまったんです。どうにかしたくて、私は本を読んでみました。「男の子の育て方~」系の本を何冊か読んでみて、気付いたんです。私の息子の価値観や感覚と、私の価値観等は違うものでお互い理解しあえない、だから何度注意してもわかってもらえないんだと。それから、だんだん私の価値観を息子に押し付けるのが可哀想になってきて、怒ることが大分減りました。マシュマロさんも試しに本を読んでみたら、何か発見があるかもしれません。
    色々な人の話を聞いてみると、子どもをがっつり怒ってきっちり躾をしたからといって、必ず魅力的で素敵な大人になるわけではなさそうです。一旦肩の力を抜いて、美味しいものを食べて、それから息子さんに何が必要か考えてみましょ。一生懸命なマシュマロさんのこと、応援しています。

    • マシュマロ より:

      Rさん、コメントありがとうございます。
      同じ様に悩まれた時期もあったんですね!
      しかもご主人も同じタイプだなんて。
      男の子の気持ち、やっぱり母親より父親の方が共感できるのでしょうか。価値観は確かに違いますね。
      今からちゃんと教えとかなきゃ!と必死で怒ってばっかりの毎日でした。少し肩の力を抜いてみたいと思います。
      本も参考にしてみます!
      ありがとうございます。

  3. 匿名希望 より:

    おとなしい男の子を持ったお母さんが言っていました。
    「出る子を抑えることはできるけど(難しいとも思いますけども)、おとなしい子に前に出ろ前に出ろと言って出れるものではない、元気でやんちゃなお子さんがうらやましい。」

    元気な息子さんは、お父さんがいっぱい遊んでくれるからいいとおもいますよ。
    マシュマロさんは、パパさんが遊んでくれるときは一人でリフレッシュしたらいい、と思いますよ~
    応援してます!

    • マシュマロ より:

      匿名希望さん、コメントありがとうございます!
      おとなしい子でも色々悩みがあるんですね。
      確かにうちの子は外では誰にでも話しかけ、
      公園でもすぐに友達をつくって遊び出します。
      やんちゃな所を長所だと思ってのんびり行きたいと思います!

  4. ぷー より:

    息子さんを怒る内容は、大まかにどういった系統のものが多いですか?
    NGな場所や時に暴れたり騒いだりすること?
    危険なことをする?
    反抗心から言われたことと反対のことをする?
    片付けや入浴・歯磨きといった衛生面を疎かにすること?
    忘れ物が多かったり、宿題をしないといった学校関係のこと?

    まずはいつも怒る内容を精査してみてください。
    その中から、危険行為などどうしても叱るのをやめてはいけないものだけを選び出してください。
    それ以外は、やり方を変えていってみませんか。

    例えば暴れる騒ぐ系なら、体力が有り余っている証拠です。時節柄難しいですが、世間が落ち着いたら武道系の習い事させてみるとか、パパに頼んで週末に軽い登山やジョギングなどに連れ出してもらうなどは如何ですか。漫画家の西原理恵子さん曰く、子供はとにかく水に漬けて、疲れさせるに限る!だそうですよ(笑)。そういや私もスイミングスクールの日は、いつも帰りのバスでうたた寝するほど疲れ果てていました。水泳、オススメです。

    反対のことをするなら、させたいことの反対を敢えて言ってみる? 整理整頓系なら、きっちりさせるのは諦めて、大きな箱や籠にぽいぽい放り込むだけでよしとするとか。お風呂や歯磨き系なら、ポイント制にしてご褒美付きのゲーム要素を取り入れてみるとか。宿題しないなら、パパに毎晩チェックしてもらい、ママは宿題に関してはしてなかろうが本人が困ろうがノータッチを貫くとか。

    息子さんの全てのことを、ママだけが請け負う必要はないんですよ。どれか息子さんが最も反発する問題を、たった一つだけでもパパに委ねられたら、あなたはずいぶん楽になるのでは? あなたに余裕が生まれれば、息子さんの態度も変わってくるかもしれません。一人で頑張り過ぎるのはやめて、少し手を抜くのを試してみてはいかが?

    • マシュマロ より:

      ぷーさん、コメントありがとうございます。
      何で怒っているか…たぶん全部ですね。
      言うことを聞かない、注意してもふざける、お家の中てあばれまくる、食事中でも歩き回る、片付けをしない、だらだらする、約束を守らない。などなど。
      危険なことといえば、車の中でもじっと座っておらず、シートベルトを自分で外し、運転の邪魔をする事。暴れたり大事で叫んだり。
      運転中だから!と何度行ってもききません…。

      男の子ってこんな感じなんですかね…。
      体力が有り余っているんですね。
      怒り方なども色々かえてみます。

      ほんと日々勉強ですね。
      ありがとうございます。

      • るんくま より:

        マシュマロさん日々の子育て本当にお疲れ様です。
        私は息子を二人育てましたが、次男がそういうタイプでした。
        チャイルドシートから抜け出そうともがいたり
        運転するのも命がけって感じでした。
        幼稚園を卒園し入学前の時に、私の免許更新の手続きに連れて行きました。
        深い意味があって連れていった訳ではないのですが、
        講習で交通事故のビデオを見せられて
        (シートベルトしてない人形がフロントガラスに激突)
        それが本人の中でかなり衝撃だったようで
        帰りの車では、自らシートベルトをしていました。
        それ以来車の中では静かにするようになりました。
        それどころか「スピード出し過ぎじゃない?」とか
        言うことも。
        今はコロナで教習所に連れていくとかできないですが
        (そもそも優良ドライバーなら講習もないですしね)
        YouTubeとかでそういう動画あるんじゃないでしょうか。
        参考になればと思いコメントさせて頂きました。

        • マシュマロ より:

          るんくまさん、コメントありがとうございます!
          なるほど、教習所に連れて行くのは良いかもですね。
          交通安全の動画等も探してみたいと思います。
          アドバイスありがとうございます。

  5. ラスカル より:

    私も息子を怒ってばかりの時はほんとに疲れてました・・・
    ある日、イライラして大きな声を出しても息子の行動に変化がないことに気づき、注意するときに大きな声を出さないようにしました。
    大きな声をだしたりダラダラと注意していると、怒りが加速していくんですよね。

    危険なこと以外は低い声で簡潔に注意する。
    「走っちゃダメ!」よりも「歩きましょう!」のほうが伝わる。
    叱るときはお子さんを責めるのではなくお子さんの「行動」を注意する。
    アイメッセージで声かけをしてみる。

    いろいろ試してみるのもいいですが、何よりもご自身をいたわってあげてください。
    自分自身がリラックスしてストレスから解放されると、物の見方もかわってくるかもしれませんよ。

    • マシュマロ より:

      ラスカルさん、コメントありがとうございます!
      ラスカルさんも同じ様な時期があったんですね。
      低い声で簡潔に注意!ですね。ついつきキーキー言ってしまいます。
      意識したいと思います。
      それと、自分をいたわることも大事ですね。
      ありがとうございます。

  6. もなかあいす より:

    親友が男の子をワンオペで育てている時に、同じような悩みをその位のお子さんの年齢の頃に話してました。
    パパは、息子に甘くて、少しも叱らない。
    ガミガミ言うのは、いつも私。
    息子には、「ママなんか~」と言われる。
    ・・・と。
     それでも、親友は落ち込みながら、悩みながら、
    息子に向き合い、ガミガミ言いながら、時に学校や塾の先生方に協力して貰いながら、必死にくじけそうになる自分を励ましながら子育てしてました。
    その息子さんが、高3の時でしたかねぇ・・・。
    息子さん、学校の担任の先生との二者面談の時に言ったのだそうです。
    「自分と母親の関係に問題を感じた事はない。
    問題があるとすれば、自分と父親の関係だ。」
    と。
    息子さん、
    「母親が、自分にガミガミと叱るのも、しつこい位にあれこれ言ってくるのも、
    全部、息子である自分を思って言ってくれているのはわかっていて、
    母親からの愛情に疑問を挟む余地はないと思っている。
    母親は、本当に自分の事を考えて、色々頑張って育ててくれて感謝しかない。
    でも、父親は、小さい頃から、自分が何をしても叱らないし、
    当たりも柔らかく、自分の機嫌を損ねるような事は今まで一度もなかった。
    叱る役を母親に押し付けて、結局、自分に対して『いい顔』しか見せない父親は、
    自分が可愛いだけで、息子の自分を本当に見てきたのか疑問に思ってきた。
    中高の時、母親ではなく父親に相談したい事はいっぱいあったし、
    衝突の一つや二つあってもいいと思っていたけれど、
    結局、それに真剣に向き合ってくれたのは、母親と学校や塾の先生で、
    父親は仕事を理由に自分から逃げ続けた。
    だから、自分は、父親との関係の方が問題なんだと思う」
    と、学校の担任の先生に話したのだそうで、
    それについては、学校の先生方も同感だと感じたらしく、
    後日、学校の担任から親友の夫に直接、
    「問題なのは、父親の方です」
    と明確にダメ出しされて反省を促されてました。
     結局、子供は、よく見て、よくわかって育つんですよ。
    だから、「嫌い」と言われたら「好き」と返しながら、
    諦めずに一生懸命関わっていくだけでいいんだと思いますよ。

    • マシュマロ より:

      もなかあいすさん、コメントありがとうございます。
      小さい頃からお母さんが言い続けた事、ちゃんと心に響いていて素晴らしいです。
      子育て成功ですね!
      うちの子も同じ様にきっといつかわかってくれていると信じて頑張りたいと思います!少し自信が湧きました。
      ありがとうございます。

〜 コメントを送信する前に 〜

井戸端会議に遊びに来て頂きありがとうございます。
コメントを頂くことで成り立っているこのコーナー。
コメンテーターの方には大変感謝いたしております。

ネットの向こう側には、悩んでいる方、苦しんでいる方がおられます。
コメントをされる方は、その気持を汲んでいただき、配慮ある言葉選びをお願いいたします。
『それは違うよ!』と思われ、相談者さまとは別角度からのアドバイスを書き込まれる場合、あまりに強く否定的な文脈ですと、文章の主旨が届く前に心を閉ざされる場合がございます。
相談者さまにとっての良い〝気づき〟となるような、心に届くような気持ちでお書きくださいますようお願いいたします。
井戸端会議が多くのお嫁さんにとって有意義な相談場所となるよう、ご協力よろしくお願いいたします。

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


5 − 4 =