最近実父が子供っぽくなってきているように感じて…

素子さんのご相談

今年70歳になる父のことで相談させてください。
父が最近子供っぽくなってきているように感じています。

今60代の母は私が園児の頃に精神の病になり、家事や母の通院、治療のことなどは私が担当し、父の人間関係の悩みや仕事場の問題のストレスなども中学生の頃から聞き、半ば父と二人三脚のようにやってきました。
私が30歳になる頃、母が回復してきて初めてまともに恋愛をし、今は遠方で夫と暮らしているので、実家に帰る時は長期で帰省しています。
母の病気は完治したわけではないので、実家に帰るといつも汚れた家を大掃除したり、病気の具合を見たり、父母の困っていることを聞いたり色々なメンテナンスがあり、いつかやってくる父の介護も母には難しいと思われるため、将来は自分がお世話をするのだろうと思っています。
父はもともと内弁慶でワンマンな性格で、家では人の話を聞かない人でしたが、最近は特に我がままになり、例えば話の全容を聞かずに歪曲したり言葉尻を捉えたりして、その時の感情をぶつけて怒り出したり泣き出したりします。以前、歯医者さんで歯茎を指で磨いてくれるといって、食事中に歯茎を指で擦り出してやめてくれなかった時は大変な嫌悪感を感じてしまいました。何か私といると幼児化しているような気がしています。
父は三十代で母親を亡くしているので、そういう悲しさもあるのかもしれませんが、私には子供になる父を受け止めるキャパシティがなく、嫌悪感やストレスを感じています。

このまま父は子供っぽくなっていくのでしょうか。
どんな心持ちで対峙すれば良いのかわかりません。
何か対策はあるのでしょうか。
母といるのはとても楽しく、母のためにも父が平穏であって欲しいので、ストレスをぶつけたくないのですが…。


悩める素子さんに
みなさまアドバイスお願いします!


カテゴリー: 実父母


最近実父が子供っぽくなってきているように感じて… への6件のコメント

  1. もん より:

    お父様を支えてこられた事、とても凄いことだと思います。そんな中失礼ですが、お父様はもともと子どもっぽかったのかな?と感じました。
    中学生くらいの我が子に、大人の男性の職場の話しをして聞かせるという点です。

    母親もしくは妻の代理をさせていたという感じがいたしました。もちろんお父様も仕事をして奥様の看病をし大変だったとは思います。
    それでも娘に仕事の相談や愚痴を聞かせてしまうというのは気になりました。

    素子さんも現在お父様に甘えられる事に嫌悪感があるというのは、心のどこかで過去に私はこんな役割なんてしたくない!私は子どもなのに!子どもで居たいのに!という思いがあるように感じました。

    現在のお父様は泣いたりすることもあるようなので、お父様も長年にわたる仕事のストレスや看病で少し心が疲れているように思います。お母さまの状態がどのような感じが文面からはわかりませんが、一緒に生活していると、自分も知らず知らずのうちに心が疲れてくるとがあります。24時間毎日ですからね。
    お父様のためにも一度病院にいってみることも手だと思います。

    また、お父様はきっと唯一心を許せるのが素子さんで、自分をわかってほしいのでしょうね。そして久しぶりに帰ってきた娘に構ってほしいのでしょうね。
    それでも素子さんが、負担に思うようなら少し距離をおくしかないのかなと思います。

    親との関係って難しいことがありますよね。

    • 素子 より:

      もん様

      心温まるメッセージをありがとうございました。
      父が長年のストレスで疲れているというのは私も感じていましたが、どうしても母の方に目が行きがちで、私の思いやりが足りなかったかもしれません。

      母は以前は妄想や幻聴に悩まされ、ヒステリーを起こして叫び出したり、泥棒や警察が来たなどの混乱が日々見られましたが、現在は少し独語症があるくらいで、1人で過ごす時間は長いですが、元気な時は普通に会話ができるようになり、料理やゴミ捨てなどもできるようになりました。もともと明るくユーモア溢れた優しい人柄なので、今では母といる時間は私にとって最も楽しい時間で、父も支えられていると時々言っています。

      看病と言っても父は一度も母の診察に同行したことがなく、家でも両端の部屋に暮しており、土日以外は顔も合わせないのですが、一緒に住んでいるだけでも日々溜まっていくものがあるのかもしれません。私などは親ですので、母のことは個性と捉えられますが、父にとっては何十年経っても受け入れられないのかもしれません。妻がこういった病になった場合は離婚する男性が大半だと聞きますので、父には感謝もしています。

      私が中学生くらいの頃から仕事や母や周りの人間関係の愚痴を聞かせていたのも、どこにも吐き出す場所がなかったのだろうと思っています。心療内科などにかかるのは、大変プライドの高い人なので、人から言われると逆に心を閉ざしてしまいそうです。

      母は孤独が深くなると症状が悪化する傾向があるので、両親を訪ねる頻度は少なくできませんが、父への思いやりももっと持ってみようと思いました。
      私自身が家庭を持って両親への気遣いの余裕がなくなってきているのかもしれません。私の接し方次第で変わってくれるかもしれませんね。

      暖かい視座を下さり、誠にありがとうございました。

  2. りん より:

    とても大変な事を、お若い頃から背負われて来たのですね。今までお疲れ様でした。

    お父様の件、お母様の主治医(精神科)にご相談されたことはありますか?
    精神科、心療内科で働いた経験があるのですが、患者さんご本人(お母様)だけでなく、ご家族(素子さんやお父様)のフォローをとても大切にされている先生も多いので、一度相談されてみるのも良いかもしれません。
    お父様の事を直接存じ上げないのと、元々の性格なのかもしれませんが、幼児退行や感情失禁(感情のコントロールが難しい事)はうつ病や認知症の症状としてもあります。

    素子さんは遠方にお住まいとの事で、ご両親のお世話も段々負担が大きくなるかと思います。
    責任感の強い素子さんが一人で全て抱え込まないよう、ご両親のお住まいの地域の保健師さんやソーシャルワーカーさんにご相談される事をお勧めいたします。
    私も詳しくはわかりませんが、介護認定を受け、ヘルパーさんに来ていただいたりすると良いかもしれません。

    ご両親の事を心配されるお気持ち、本当に尊敬いたします。
    素子さんもご自身と新しいご家族の幸せを大切になさってください。
    介護を外注する事は悪ではありません。
    上手に利用なさってくださいね。

    • 素子 より:

      りん様

      たくさんのアドバイスをご教授いただき、ありがとうございました。
      幼児退行や感情失禁が鬱や認知症と関係があるとは知りませんでした。父は仕事で第一線を退いてからその傾向が強くなってきた様に感じるので、そうなのかもしれません。

      以前の母の主治医には、母に攻撃的な言葉をかける父をどうすれば良いかと相談しました。今の状況とはまた違ってきているので、今度相談してみようと思います。

      母は家族以外の人が家にいると、物を盗まれた、衣服を破られたなどと言い始めるので、今後家にヘルパーさんなどを呼べるかはわかりません。そういうことも含めて、ソーシャルワーカーの方にも相談してみようと思います。

      自分だけで考えずに周りの方に知識を頂こうと思います。
      前向きな気持ちにさせて下さり、ありがとうございました。

  3. 葉々 より:

    素子さま

    お父様、お母様のこと、これまで色々と背負われて来られたのですね。どうか素子さんご自身の心身を第一に過ごしてくださいね。

    ところで、素子さんのご相談文やコメントを拝読していて、少し引っかかるものがありましたので、以下書かせて頂きます。検討ハズレかもしれませんので、その場合は申し訳ありません。

    「父はもともと内弁慶でワンマンな性格で、家では人の話を聞かない人」「(お母様は)もともと明るくユーモア溢れた優しい人柄」とのこと。もしかしてお父様は発達障害のASD(アスペルガー)で、お母様はそうしたパートナーと暮らす中でカサンドラ症候群となり、鬱や統合失調症などの二次障害となられた可能性はないでしょうか?
    ASDは、共感性の苦手だったり相手の表情や声色から気持ちを読み取りにくかったり、こだわりの強さがあったり等があります。こうした特性により、パートナーは多くの人が求めるような気持ちやコミュニケーションの双方向のやりとりがしにくいために辛くなりやすく、特に攻撃性のあるASDの場合はパートナーは自己肯定感や安心感が得られず、心理的に病んでしまうことも多々あります。

    もし上記のような可能性があるのならば、おそらくお父様は年と共に特性は現れやすくなるかと思います(理性で抑えにくくなるので)。
    そしてもしASD等発達障害の可能性があるのならば、その特性に合わせた対応が必要となってくるため、もし素子さんがお心当たりがあるようなら、一度 ‘大人の’発達障害を診ることができる医師や臨床心理士を探して相談されると良いかと思います。

    • 素子 より:

      葉々様

      コメントへのお礼が遅くなり大変失礼致しました。
      皆様からのコメントで一旦心が落ち着き、今日久しぶりに拝見いたしました。

      ASDやカサンドラ症候群など、まだ自分で知識の少ない言葉を教えていただき、ありがとうございます。

      父については、もしかするとそういう部分もあるのかもしれません。
      相手の態度から気持ちや状況を予測するのがとても下手な人だと思います。
      父だけでなく、父の兄弟みんなそういう傾向があります。

      これから父が歳をさらに重ねていくにつれ、私も体力的に負担が大きくなってくると思うので、お伝えいただいた情報についても見識を深めて参りたいと思います。

      難しい父母ですが大切な両親なので、これからも2人が幸せでいられる様に見守っていきたいと思います。

      ご教授頂き、誠にありがとうございました。

〜 コメントを送信する前に 〜

井戸端会議に遊びに来て頂きありがとうございます。
コメントを頂くことで成り立っているこのコーナー。
コメンテーターの方には大変感謝いたしております。

ネットの向こう側には、悩んでいる方、苦しんでいる方がおられます。
コメントをされる方は、その気持を汲んでいただき、配慮ある言葉選びをお願いいたします。
『それは違うよ!』と思われ、相談者さまとは別角度からのアドバイスを書き込まれる場合、あまりに強く否定的な文脈ですと、文章の主旨が届く前に心を閉ざされる場合がございます。
相談者さまにとっての良い〝気づき〟となるような、心に届くような気持ちでお書きくださいますようお願いいたします。
井戸端会議が多くのお嫁さんにとって有意義な相談場所となるよう、ご協力よろしくお願いいたします。

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


− 3 = 4