指定校推薦で私立大学に進学した娘。国公立に行きたいと…

くるみさんのご相談

今年の4月から大学生になる娘がいます。
去年受験勉強をがんばっていて、看護科のある国公立にするかどうかで進路に悩んでいましたが、指定校推薦で入学することになりました。
私たち夫婦は、娘が無事入学してくれただけでとても嬉しかったのですが、娘自身は、指定校推薦という楽な方法(決して私はそうは思っていません)で入り、私立の授業料も高いということに指定校推薦が決まった直後から罪悪感を感じていたようです。
また、看護科とは関係のない学部に行ったのですが、看護師にやっぱりなりたいと年明けから思っていたようで、もうちょっと頑張ったら良かった。悔しい。国公立の看護科に行きたい。と毎日落ち込んでいます。
そんな娘を毎日見ているのが辛く、どうしてあげたらいいのかと考えていますが、やはり指定校推薦のため、高校には迷惑がかけられません。
私としてはもう一度受験させてあげたいし、看護師の夢を叶えてほしいです。
大学を卒業して、専門学校に行くという選択もつたえましたが、私立大学からの専門学校という金銭面の心配と、認定看護師の資格を取れないので、やはり四年制大学で学びたいと、、
指定校推薦で行ったため、安易に大学を辞める訳には行かないと思っています。
辞めさせたら甘えだと言われることもわかっています。

ですが、娘がやりたいと言っていることにどこまで応援したらいいのでしょうか。


悩めるくるみさんに
みなさまアドバイスお願いします!


カテゴリー: 子育て


指定校推薦で私立大学に進学した娘。国公立に行きたいと… への30件のコメント

  1. まり より:

    指定校推薦で入学して中退したら出身高校に迷惑がかかること、今後その大学への推薦枠がなくなる可能性があることは理解していらっしゃるのですよね。
    まずは出身高校の進路指導の先生や元担任の先生がまだいらっしゃるようなら相談してみてはいかがでしょう。
    それと大学側にも相談したらいいでしょう。

    でも現実的には中退という選択肢はかなり難しいかと思います。
    2年生まで今の大学で勉強を続けて単位を取っておいて、看護科に3年生から編入できる大学はないでしょうか。
    一般教養部分の単位を持っていれば編入できる可能性があるのでは?
    2年生までということで卒業はできませんが、少なくとも1年生の今の段階で中退するよりはマシなのではないでしょうか。

    金銭面で問題があるのかもしれませんが、今の大学を卒業してから専門学校や大学へ入学し直すという選択肢が最も無難だとは思います。
    本当に看護師になりたいという強い気持ちがあるのなら、それからでも遅くはないのでは?

    • くるみ より:

      ご回答ありがとうございます。
      娘は、後悔と自責で毎日落ち込んでいます。
      もっと最後までやればよかった、お母さんごめん、と言われます。
      胸が痛くて仕方ありません。
      大学生活に慣れれば心境も変わるのかもしれませんが、このままでは挑戦させてあげられず、ずっと後悔してしまうのではないかと心配しています。
      あたたかいお返事ありがとうございました。

  2. 8841123 より:

    推薦を受けた、
    と言う事実を受け止めてください。

    後は、勝手過ぎる言い訳の山!

    と、
    関係者は思われるのではないのでしょうか。

    • くるみ より:

      お返事ありがとうございます。
      そうですよね。
      娘とよく話し合います。
      ありがとうございました。

  3. ママ猫 より:

    私、推薦入学で大学に入り、半年で中退して、別の大学を受験し直して入学した経験ががあります。指定校推薦ではなく、私立の高校から持ち上がりでの入学でした。

    指定校推薦だから高校に迷惑がかかるというお気持ちは分かりますが、いやな学校に通い続けるのは本当に時間のムダだと思います。日本は編入学制度があまり一般的でないのもよくないです。その後、アメリカに留学もしましたが、アメリカなら入学した大学と卒業した大学が違うなんてザラです。

    たとえ高校や、入学してしまった大学側に迷惑が掛かっても、私は構わないと思います。合わないものは合わない。お母様も「甘い」と言われるのがご心配でしょうが、私の母も心配していました。でも結局、退学を相談した高校の先生は応援する側に回ってくれました。一筋縄ではいかない問題ですが、娘さんの「違う大学に入りたい」という気持ちが強いなら、ぜひそちらの方向で考えてあげてください。私の場合、別の大学に入学したのは、人生で最良の決断の1つでした。もちろん学費の面、その他で親に迷惑をかけたのは承知の上で言っております。

    • くるみ より:

      ご回答ありがとうございます。
      娘もわたしも、今後の指定校推薦の枠がなくなり、高校の先生方や後輩に迷惑かけることに悩んでいます。
      どうしても、退学という道を選ぶのなら、もちろん一緒に頭を下げに行くつもりです。
      1番良い選択ができるよう、娘と話し合います。

      ありがとうございました

  4. りんりん より:

    まず、なぜそこの大学の指定校推薦を受けたのでしょうか?何かそこに希望や夢を見つけたからではないのでしょうか?
    看護学科はとても専門性の高い学科だと思うのですが、入学された大学の学部は何学部なのでしょう?
    今コロナでみんな弱気になったり、先行きが不安になっていると思います。
    時間もあるから色々考えてしまいますよね。でもこういう時に大きな決断をするのは避けた方がよろしいかと思います。
    とりあえずコロナが落ち着いて日常を取り戻してからまた考えてみるのはいかがでしょうか?授業が始まってキャンパスライフを経験してみたらまた考えも変わるかもしれませんよ(^^)
    これから先まだまだいくらでもやり直せる!若いって素晴らしいですよね。羨ましい限りです(o^^o)
    あと認定看護師は実務経験がないと取得できないと思うのですが違いますか?大卒でなくとも取得できるはずですよ。学歴は関係ありません。(何年か前に、友人が専門卒ですが認定看護師取得しました)
    あと娘さんは金銭面をとても気にされているようですので、親御さんが金銭面の心配はいらない、ということを示してあげてください。

  5. さくら より:

    娘さんの意思を一番優先させてあげれば良いのでは?本人も悩んでおられる様子。これは我儘という話ではないと思います。世間体より、我が子を大事にしてあげてください。こどもを守れるのは、親だけです。

    • くるみ より:

      ご回答ありがとうございます。
      退学という道を選択すれば、もちろん一緒に頭を下げに行くつもりです。娘のためなら、出来ることはするつもりです。
      ワガママでは決してないですよね。。
      ありがとうございました

  6. うめちゃん より:

    厳しいのかもしれませんが、私は、自分が下した推薦入学という決断に、自分でちゃんと責任を取るべきではないかと思います。それは、推薦を貰って合格した大学にちゃんと入学して通うということです。

    それを全うした上で、やはり他の大学で看護を学びたいのであれば、編入したり卒業後に入り直すでも、長い人生の中で遅くはないし無駄ではないて思います。
    そこでお金を貯めることだってできるのですし。

    実際、大学入学の時期、娘さんのように自身の決断に迷う人はたくさんいます。
    大学に入学したものの、別の大学を受け直したい、別の道に進みたいという人を何人も見聞きました。
    けれども、実際にそれを実行した人は殆どいません。
    大学生活を送ってみると、それはそれで楽しさやりがいがありますし、環境が変わって気付くことも大いにあります。またその流れに逆らってもう一度受験生活を送るのはとてもとてもしんどいです。

    そういうわけで、大学に入学して、もう一度ご自分の夢、やりたいことについて考え直したらと思ったりします。

  7. りんご より:

    この4月から大学生、ということは、入学してまだ一ヶ月も経っていないんですよね?今の生活に慣れたら、やっぱり推薦入学で良かった、と言い出しそうな予感が無きにしも非ずですが、いかがですか?

    我が家なら、ですけれど。
    娘が人生の方向転換を望むなら、娘が受けるべき叱咤を周囲から存分に受けて、反省し、それらを胸に前に進んで欲しいと思います。もちろん保護者として、頭を下げる部分は娘と一緒に深々と下げますけれど、正直、娘がさほど悪いことをしているとも感じておりません。人生誰だって大きな間違いを何度かします、まだ18際なら尚更仕方がない範囲のように思います。

    もし娘が、大学と出身高校に義理を捨て切れずそのまま卒業し、後に看護学校へ進む道を取っても、反対する理由がありません。金銭面は娘が一度就職して貯金するなり、今からバイトだってできるわけですので、親御さんが心配する必要は無いように感じています。その間家から通うならもちろん私もサポートしますし、学費もこちらに余力があるなら彼女の頑張り様によって出資します。余力がないならそれまでです、心の応援団長に徹します^^;

    私自身、転学をしてるんです。卒業までの最後の一年間は、流石に貯金も底をつき、寝る時間がなくバイトと勉強・課題だけの毎日でした。食べるものもなく、毎日が限界で、周囲がのほほんとしてるなか一人暮らしで侘しくて、本当に思い出すのも嫌なぐらいです。でも、好きなことならいくらでも頑張れる、根性だけで乗り切れる、それに尽きると思いますよ。

  8. 海王星 より:

    私は娘さんと同じような事を体験し、20年以上経った今でも後悔しています。
    私は私立大学を受験し現役合格しましたが、入学後すぐに選択を間違えた事に気づきました。
    浪人したくなかったからその時に余裕で入れる大学を選びましたが、入学後に授業料の高さと授業の質の高さが見合っていない事、何よりその学校で学びたい事が自分が本当にやりたい事ではなかった事に気づきました。

    入学後すぐに両親に大学を中退して受験し直したいと相談したかったのですが、元々親との信頼関係が築けておらず、どうせ反対されるだけたろうと思い、自分の本心と向き合わないままその大学を卒業しました。

    あの時反対されても行動すればよかった、ちゃんと自分の本心に向き合って、選択を間違えたなら方向変換すればよかったととても後悔しています。

    相談主さんは娘さんから信頼されているんだと思います。
    この両親なら自分の気持ちを分かってもらえる、という信頼感があると思うんです。

    どうか、無難な選択をしないで下さい。
    世間的には良しとされる決断や、娘さんがもやもやを抱えたままただ現状を我慢するだけの選択をしないであげて下さい。
    方向変換する事で短期的には物凄く大変かもしれませんが、長期的に見れば「あの時決断してちゃんと行動してよかった!」と娘さんが思う日が来ます。

    世間が何と言おうと、最後まで娘さんの味方になってあげて下さい。
    娘さんの勇気の告白を無駄にしないであけて欲しいです。

  9. うに より:

    30年前に指定校推薦で私大に進学して3か月で退学しました。
    高校には事後報告しましたが、人それぞれの人生があるからと言っていただき、専門学校に入り直しました。

    退学したあとが問題だと思います。
    既に4月で、センターテストに代わるテストが来年1月なら、あと9か月しかありません。
    高校3年間で出来なかっただけの勉強を、残り9か月でやる覚悟がいると思います。
    新型コロナ拡大で世の中が落ち着かず、塾は休業要請の対象でオンライン講義となっているところが多い中で、受験勉強が間に合うでしょうか?
    退学して国公立大を目指すなら、今すぐに動いたとしても、今年度の合格はかなり厳しいと思います。
    来年度、再来年度まで合格を目指して、しっかり勉強できずに終わると、学歴は大学中退で終わってしまいます。

    宅浪ならお金はかかりませんが、浪人のため塾に通うとなるとそれなりの金額になりますし、今の私大を退学し、塾代を払い、国公立大に受からなかったら最悪です。

    18歳の子供に指定校推薦だからと一生を諦めさせる必要は無いと思いますが、退学した後の現実は厳しいと思うので、よく話し合われた方が良いと思います。

    • うに より:

      追記です。
      経済的に余裕があれば、指定校推薦の私大を休学手続きをして籍を残し、国公立大に受かったら退学手続きをする。
      国公立大に受からなかったら、指定校推薦の私大に復学する。
      国公立大を受けたら、子供さんが納得できるかもしれません。

  10. より:

    私も、是非娘さんの意志を一番大事にしてあげて欲しいなと思います。

    でも国公立の看護は人気があり、勉強ができる方が多く受験するはずなので、一年浪人して国公立に合格できるかは分からないかなとも思います。ですので、私も上の方がおっしゃっているように仮面浪人がベストなのではないかと思います。大学の授業もちゃんと進めながら、それでも国公立看護科の受験勉強をしていく(もちろんご家庭の経済状況が許せばですが)。
    それに取り組めるか、娘さんの意志確認をする上でも良いのではと思います。

    そして、別の方もおっしゃっていますが、今の大学の推薦を選ばれたのには、推薦の良さだけでなく、その学科や大学に魅力を感じた部分もあったからなのではないかと思います。今は娘さんは大学が始まったばかりで、かつコロナで通学できず楽しさも味わいにくい状況なので、より一層「ここじゃない」と感じてしまうのではないかと思います。
    実は私も、本来行きたかった学科ではない所に入学することになり、入学した数ヶ月は転学部もしくは受験し直したいと考えていました。担任の先生に泣いて相談に行ったこともあります。そこで担任の先生から「まずは1年やってみて、それでも変わりたかったら転学部や再受験を考えたら?」と言われました。
    そうこうしているうちに、入学した学科の内容も楽しいことが分かり、友人もでき、結局その学科の中で元々の興味に近い研究室に入って、四年間満足して学ぶことができました。
    という訳で、今は入学したて+コロナのために、今の大学や学部の良さを知らない状態かと思いますので、そうした点でも「仮面浪人」がより良い方法なのではないかと思います。

    一年間大学+浪人をやってみて、それで合格したら、その時に前高校に大学を変わる旨を伝えられれば良いと思います。一年今の大学で学びながら仮面浪人してまで頑張って合格されたなら、さすがに高校も応援してくれるでしょうし、一年大学在校されれば、もし退学されても指定校推薦として高校に迷惑をかける可能性は低いのではないかと思います。(大学に入ってしばらく通ってみたものの、合わなかったり別分野に興味が変わって退学する方って、それなりの数いらっしゃると思うので、すぐ退学でなければ問題ないと思います。)

    そして最後に。
    仮面浪人がもし経済的に難しい状況でも、娘さんが今の大学を退学して看護科を再受験したいと考えているなら、そうさせてあげて欲しいと思います。だって、娘さんの人生なんですから。高校のための人生でも、大学のための人生でもありません。
    その場合は、丁重に高校と大学に謝罪と今のお考えをお伝えされれば良いと思います。(来年以降の高校生だって、その時ある受験枠の中で頑張るだけのことなのですから。)

  11. のり より:

    お子さんの意思を尊重して、とも私も思うのですが、現実問題、あまりにも無責任と感じます。
    お子さんのこれからの人生の為にも、そういう自分勝手は許すべきじゃないと考えます。
    うちの長女は指定校推薦で進学し、次女は国立へ進学しました。
    指定校推薦って高3の夏休み明けには決まるものじゃないですか?
    国立受験を考えていた子にしては、ずいぶんと早くに手を打ったものだと。
    ハッキリ言って、他のお子さんが受験で一番大変な時期にはもう悠々自適なわけです。
    それも自分から希望を出して、校内選考を経て、必ず進学して卒業するという誓約も提出して初めて指定校推薦を受けることができたのですが、お嬢さんの場合も同じだったのではないでしょうか。
    高校から推薦を受ける際に説明があったはずですが、学生と大学だけの話しじゃなく、出身高校とこの先、その大学を志望する後輩たちも関係する信頼関係に基づいた話です。辞退や中退は許されない、という誓約の元、志望しませんでした?入学直前でそんなにイヤになるのなら、どうしてその時点で引き返さなかったのか。
    失礼ながら、そんなアンバランスなお子さんなら、そういう大きな決断をする前にもっと念押しするべきだったんじゃないですか?
    しかし、真っ当な方法で指定校推薦を勝ち取って進学することでそれほど落ち込むお嬢さんだと、掟破りの指定校推薦辞退をヤラカシてしまったら、今後、もっと落ち込む事はないのでしょうか。
    履歴書にもバッチリ残りますよ?
    決断には責任が伴います。
    私なら、我が子に中退は許しません。
    勉強を続けて受験をしなかった時点で決まった事だと言い聞かせます。
    うちの次女は一次で落ち、二次で通った大学に通っています。
    本来の偏差値よりも10以上低い地元の国立です。
    娘はWスクールで国家資格の取得の為に頑張っていますし、GPAは上位%に位置しているので交換留学で無償で留学するチケットも手に入れました。
    二次の合格発表の日、悲しくて悔しくて涙を流していましたが、今は友人にも恵まれ、充実して大学生活を楽しんでいるようですよ。
    まずはお嬢さんのメンタルをケアして、前向きに楽しめるよう声掛けをなさってはいかがでしょう。

  12. もり より:

    どうも話し合いが足りてないですね。
    そもそも看護師になって何をしたいのか?チャレンジしなかった理由は?
    友達がなってるから、ドラマで見て憧れたから、そんな理由では厳しい世界でまた道半ばで辞めることになります。
    よりお金がかかるのに違う科に行ったということは、実は娘さんはそこまで看護師になりたいわけではないのでは?
    単に学校を妥協したから後悔しているだけじゃないでしょうか。
    “逃がした魚は大きい”の心理で、中学受験でも高校受験でも妥協したり落ちたりした子は必ず挫折感にさいなまれますからね。
    まずは娘さんの本当の気持ちや考えを整理して見極める手伝いをしてあげてください。
    学校はゴールではありません。今の学校で勉強したら将来どんな仕事があるか、辞めたからといって次受かるかどうかも定かでないこと、次もダメだったらどうするのか、なれたところで医療は日進月歩なので一生勉強と試験漬けであること、などなど、想定しておくことは山ほどあります。
    それでもどうしてもなりたいなら、親のお金ではなく奨学金制度を利用して自分で仕事をしながら返すという選択肢もあるわけです。
    親のお金で解決するのは簡単ですが、先に限界まで話し合ってからがいいですよ。
    (身近にこのパターンで子供の希望を優先した結果、向いてないルートを中途半端に選択して挫折、その後何十年も引きこもりのニートになってしまったケースがあるので)

  13. sela より:

    このコロナ禍の中、通常の大学生活は始まってない中、
    そのようなおおきな決断は避けたほうが良いと思います。結論としては。
    一年通って、でもまだ思いが断ち切らないなら、またその時に考えてもよいのでは。

    ただ…

    私自身、指定校推薦で大学に行き、卒業しました。
    中高の学校関係の職にもついていました。
    学齢に達してる子どももいます。

    それでもなお、推薦、の意味を理解してないであっさり方向転換、という親御さんはこんなにいるんだ…という事実に結構ショックを受けてます。

    学校側としては、正直言います、
    こういう家庭だとわかってたら絶対推薦しなかったのに、と感じます。
    これまでの諸先輩がたの進学実績があるからこその、指定校推薦枠です。
    これからの後輩の道を塞ぎます。それだけは確実に。
    そして。
    あなたがとったが故に、枠に入れず、一般試験に回った(本懐を遂げたり、浪人したり、不本意な進学だったり、結果は様々でしょう)同級生もいます。たくさんいるかも?

    指定校推薦を受ける、というのはこういうことです。幾多の人の努力と、自身の努力、そして、誰かを蹴散らして得た、権利なのです。

    その重さを考えた上で、でも我が子の人生が、とおっしゃるなら、そうなさったらよいと思います。
    学校側も、生徒の葛藤を見抜けなかった責、と言われたら、否定できません。

    母校に顔を出しづらくは、なるかもですね。

    個人的には、卒業してから、四年制看護学部になり、入りなお世話というかと思います。
    私の大学同期にも、卒業後、入り直し、看護師になってる人もいます。全然ありだと思います。幅の広い看護師さんになれるのではないでしょうか。

    • sela より:

      補足と誤字訂正です。

      親御さんがこんなに、というのはコメント欄を見ていて、です。

      〉個人的には、卒業してから、四年制看護学部になり、入りなお世話というかと思います。

      個人的には子どもがもしそう言い出したら、まずは卒業してから、四年制看護学部になり、入りなおせ、というかと思います。

      の意味です。

  14. ポンコツ母さん より:

    少しケースは違うのですが、現在大学4年の息子のお話です。
    それなりの進学校にいた息子は国立大を志望していましたがセンターの結果にメンタルをやられてしまい、締め切り前日の夕方に「受験を止めたい。願書も実は出してない。」と打ち明けてきました。
    その時私が話したのは「あなたがそれで後悔しないのならそれはそれで構わない。でも、18年育ててきた親として、あなたより数十年長く生きている一人の大人として言うと、絶対に後悔すると思う。」です。結局、本人が思い直したので大人として親として、可能な限りのフォローをして受験しましたが失敗。1年浪人して志望を私立に変えて進学しました。
    私立に志望を変える際、親には事後報告のみです。元々進路は自分で決めるもので、親はお金を出すだけだから。あなたが望む進路ならば、一浪と私立大は許容範囲だと言ってありましたので、自分で決めたのなら責任持って頑張って。とだけ伝えました。
    入学直後、同じように浪人の末国立大に合格した友人が多いことを知り後悔を口にしました。
    私が話したのは「あなたは自分で決めたんでしょう?国立大にどうしても行きたいのなら学費の目処が立つのなら好きにして良いよ」です。

    大学は義務教育ではありません。18歳の子供ではありますが、それは基本みんな同じです。
    親として一緒に頭を下げる覚悟とおっしゃいますが、それは高校が失った信頼と後輩達が失う選択肢を回復させるほどのものですか?

    社会にはルールがあります。それを教えるのは夢を応援するより大事な子育てだと思います。
    我が子を守るためならルールを破ろうが他者に迷惑をかけようが仕方がない。と考える方が多いことに愕然としています。

  15. ポンコツ母さん より:

    追記ですが、知り合いに30代で看護学校に入学して卒業後希望の専門医院に勤務して、現在認定看護師のための勉強と費用の貯金を子供を二人育てながらご主人の協力の元、頑張っている方がいます。夢を追うとはこういうことではないでしょうか?
    また認定看護師の資格制度は四年制専門大学が必須ではないと思いますが、ご確認されましたか?
    私はこの分野は専門外なので、検討違いなら申し訳ないのですが…
    お子さんの様子を気にかけるだけではなく、知識や情報収集等、金銭面以外にも親ができることはもっとあると思います。
    子供は別の人生を生きる別の人格です。
    気持ちに寄り添うのは大切ですが、同化してしまうと見えるものも見えなくなると思いますがいかがでしょう。

  16. ミル より:

    はじめまして。

    私の息子も、私自身も指定校推薦で大学に進学しています。
    もし私の息子が同じ状況になったら、絶対に退学して他の道に行く事を許しません。自分の行きたい道に行くなら、大学を卒業してからです。
    指定校推薦という道を選択した以上、その大学、学部で学業を全うして、下の学年の子たちに繋げる責任があると思うからです。受験前に息子にそう伝えて再三話し合い、息子はきちんと覚悟を持って指定校推薦を決めましたし、私自身もそうでした。指定校推薦ってそういうものです。
    息子が行くために、同級生の子が学内選考で落ちています。
    その子の涙も見ています。
    また、上の学年の子の退学で、目指していた大学の指定校がなくなり涙する子も見ています。

    もし自分の息子が同じ事を言い出したら…
    「自分の望む道ではなかった。合わなかった。
    それでも、責任がある以上、自分で選択した以上やり通す。
    そのことの方が重要だ」と、話してみると思います。

  17. とら より:

    私は現役で大学に進みましたが、
    入学してから予備校でアルバイトをしていて、
    自分が簡単に第一志望を諦めて現役に拘り進学してしまったことに後悔し、
    さらに高2位で進路変更をしていたものの、
    やはりそれ以前から志望していた領域の大学へ行きたかった、と激しく後悔しました。
    しかしながら当然親は中退して仕切り直すことを条件としたので、
    日々の大学生活に馴染みつつもあった私はそこから逸脱する勇気も持てず、
    結局は普通に卒業して就職しました。
    卒業したこと、その4年間はとても充実しており、かけがえのない期間だったと思ってます。
    がしかし、どうしてもその道を諦められなかった私は、働きつつ準備して、
    20年後その領域の大学の研究生として飛び込み、現在仕事もそれを生かしたものに転職しました。

    というわけでやる気があるなら大人になってから‥
    ということが言いたいのではなくて、
    本気で進路変更したいと思うのなら、そしてそれが叶う環境なら、推薦だろうがなんだろうが致し方ない、
    心を病んで中退、とかよりずっといい。乗り換えるならば若い方がやはり、その先の広がり方が違います。

    私立から看護大、ということですが、看護系の学部には所謂紐付き奨学金というものがたくさんあります。ご存知でしたら蛇足ですが
    卒業後3年位を決まった病院で働くことを約束する代わりに、ほぼほぼの学費を提供してくれる〔そこに就職しなかった、などの場合は返済が求められる〕というもので、
    また看護系は国公立は確かに厳しめですが全体的に
    入り偏差値は低めで門戸は広いです〔しかし国家試験合格がなければ意味がないので、
    看護系の学部学校の皆さんは入学してからも本当にしっかりと勉強されてます〕
    そういった意味では、社会人経由などのイレギュラーな形でも入りやすい学部だと思います。実際30代半ばから看護系へ進まれる方もいますから。

    何が言いたいのかというと、
    気持ちがまとまってるなら決断してもいいんじゃないかな
    でもいろんなことを考えてそのままの道を歩んだとしても、まだまだ回収可能な進路だから潜り込むことは可能だよ
    ということかな。

    長々とすみません!

  18. さくら より:

    子供のために頭を下げるつもりです。
    ワガママではないですよね。

    この言葉にとても驚きました。
    娘さんにとって、大学進学が大きな問題なのと同じく、どのお子さんにとっても大事な問題で、その子を誰よりも大事に思う親がいます。
    うちの子の通っていた高校は偏差値は中の上の公立でしたが、指定校推薦の枠をたくさん持っていました。
    早慶に関関同立にmarch。
    指定校推薦って、基本的に本人の学力で普通に受けたら受からないような大学へのキップが手に入ります。娘さんがどうだったかは知りませんが。
    ですから、上位校へ行けるお子さんがランクを下げて内申がとりやすい環境で指定校を目指す、と言うのも普通にあるようです。
    そんな風に指定校推薦を目指して一年生から頑張ったお子さんを私は知っていますし、そう言う子達全員の希望が叶った訳でもないのも、もちろん知っています。
    指定校を受けた時点で、進学して卒業する約束をした。言葉はキツいですが、他に希望していた人の枠を奪った。自分が中退するとこれから先にその大学に進みたかった後輩たちの可能性を奪うかもしれない。
    なかなかの大問題だと思います。
    私はワガママ以外の何者でもないと思います。
    それでも進みたい道ならば、それも仕方がないと思います。
    ただ、親として、お子さんの決断がどういう意味のものだったかは、ちゃんと伝えてほしいと思います。
    お子さんが素敵な四年間を送れると良いですね。

  19. トコトコ より:

    娘さんは既に受験勉強を始めていらっしゃるのでしょうか?
    それとも、ただ落ち込んでいるだけでしょうか?

    本気であれば、勉強を始めていると思うのですよね。
    この時期、ほとんどの大学は休校になっているでしょうし
    今頑張り始めないと、なかなか厳しいかな、と客観的に思います。

    学校の授業がない今、
    ほとんどの受験生は必死ですよ。

    いざ大学が始まってみて、それでも落ち込んでいるのなら
    やる気をみせてみろ、ということじゃないでしょうか。

    指定校推薦どうの、という以前の問題かと。

    お母様は冷静にご判断された方が良いと思いますよ。

    PS. 既に勉強を始めているのでしたら、大変失礼いたしました。
    そこまで頑張っているのであれば、
    何か道が開けるとおもいます。

  20. くも より:

    今年大学に入学した娘がいます。
    入学式や色々な行事が中止になり、授業も始まっていません。
    娘さんの大学は始まりましたか?
    まだ一歩踏み出していないから、同じ場所で悩んでいるのではありませんか?学校生活が始まると、意外と馴染めたり、その中で目標を見つけたりと、気持ちに変化が出るかもしれません。

    娘の高校では、「指定校推薦は奴隷だと思え。自分の意志は持てない。学校長の推薦だから何かあれば校長が大学まで出向き、頭を下げなければいけない。それだけの覚悟を持って受けるもの」と言われました。中退はあり得ないと思います。

    合格したときは喜びましたか?合格したあと悩むと言うことは、誰かに何か言われたとか、受験の時の大学に嫌な思いをしたとか、別に理由があったりしませんか?看護師になりたいという夢は、行きたくない理由付けに聞こえます。
    公立でも看護学部は私大並みにお金は掛かります。
    まずは学校に通い、勉強してみてから考えても遅くないと思います。

  21. ランラン より:

    もうご覧になっていないかもしれませんが…

    指定校推薦云々の話は出尽くしているように思いますので、そこには触れませんが「なぜ看護師なのか」というところが大事なのではないでしょうか

    私自身、高校時代に助産師に憧れ国公立四大の看護科を目指したこともありましたが成績が付いていかず断念。結局、福祉系の私立四年制大学に進学しました。その後病院や施設で長年働きましたが結果、「私には看護師も助産師も無理だった!」と思ってます。今このときも医療崩壊寸前のところをたくさんの医療従事者の方が正に我が身を犠牲にしてコロナと戦って下さっていますが、平時でも大変なお仕事です。
    バーンアウトして辞めていかれる方もおられます。
    看護師になることだけでなく、その後看護師として何を成したいのか、そこを聞いてあげてください。
    不安定な情勢なので、これからどうなるか分かりませんが大学や看護学校のオープンキャンパスに足を運んでみてもいいと思いますし(奨学金のことも教えてもらえると思いますよ)、病院や施設でボランティアやアルバイトをしてみてはどうでしょうか?
    色んな人がいるので驚くこともたくさんあると思いますよ(笑)

    私の知り合いでも子供を生んでから看護学校に入ってそのまま系列の病院に就職した人もいます。
    私も昨年子育てしながら保育士資格を取得しました。
    何歳からでも遅いことはないです。
    まずはじっくり情報収集されてはどうでしょうか

  22. 大学教員 より:

    指定校推薦で高校に迷惑がかかる時代はもう終わりました。今は大学全入時代です。
    くるみさんの時代は、大学のほうが高校よりも優位に立っていましたが、今は反対です。受験生を送っていただいているという立場です。
    指定校推薦で入った学生が退学した程度で指定校の枠を外すことはめったにありません。
    でも迷惑を掛けたくない気持ちが大きいのでしたら、体面上は整えて、経済的な理由で退学されたらいいと思います。
    国公立を目指されるのでしたら、筋は通ると思います。(結果として私学に行ったとしても構いません。大丈夫です。)
    家計の急変による経済的な事情により退学。と退学理由に書けばそのあとまで追跡はされません。
    もう一つの方法は、後期(10月以降)休学されて、志望校に受かってから退学する方法です。休学理由は精神的な事情と書けばいいと思います。大きな意味では気持ちの問題なので、精神的な事情でしょう。
    もし受からなかった時も復学しやすいです。
    今年の前期は多くの大学がオンライン授業にしておりますので、家で受講すればいいので、ぜひこれは受講して単位を取っておくことをお勧めします。別の大学へ行っても一部単位互換で認めてもらえるものがあります。

    大学に入ってからでも進路変更は悪いことではないんですよ。
    お嬢さんの目指した道へ進まれたらいいですね!

    • るんくま より:

      後悔のないように自分の人生の舵は自分できってほしい。
      でも、指定校推薦だから・・・と、もんもんとしていました。
      なんてコメントしていいかわからないし。。
      でも、大学教員さんのコメントを読んで「なるほど~」と思いました。
      娘さんの気持ちに寄り添い応援してあげたいというくるみさんの
      気持ちはとても素晴らしいと思います。
      私は母から「どうしたいの?」と聞かれたことが一度もありませんでした。
      いつも一方的でした。娘の事を心配している気持ちはわかりましたが
      そこに私の希望が入る隙間はありませんでした。
      それはとても辛い事です。
      自分の事を全力で応援してくれる家族がいることは生きていく原動力になると思います。自分の子供が道に迷っている姿を見ることは辛いかもしれませんが、悩んだり回り道することは決して無駄な事ではないと思いますよ。

〜 コメントを送信する前に 〜

井戸端会議に遊びに来て頂きありがとうございます。
コメントを頂くことで成り立っているこのコーナー。
コメンテーターの方には大変感謝いたしております。

ネットの向こう側には、悩んでいる方、苦しんでいる方がおられます。
コメントをされる方は、その気持を汲んでいただき、配慮ある言葉選びをお願いいたします。
『それは違うよ!』と思われ、相談者さまとは別角度からのアドバイスを書き込まれる場合、あまりに強く否定的な文脈ですと、文章の主旨が届く前に心を閉ざされる場合がございます。
相談者さまにとっての良い〝気づき〟となるような、心に届くような気持ちでお書きくださいますようお願いいたします。
井戸端会議が多くのお嫁さんにとって有意義な相談場所となるよう、ご協力よろしくお願いいたします。

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


− 1 = 4