小4発達グレーゾーンの息子について悩んでいます。

さりさんのご相談

小4発達グレーゾーンの息子について悩んでいます。
コロナ休校中、いつも同じ学校の友達が呼びに来て、外で二人で遊んでいます。

最近、何度言っても全くお昼ご飯を食べないのでおかしいと思ってた時に、 自転車でコンビニの袋をカゴに入れて走っているのを見かけました。

以前、お金を盗んで買い食いしていたので、お金を稼ぐ大変さをコンコンと話し、おこづかい制にしましたが、結局すぐに使ってしまいまたお金を盗んでいる、という事がありました。

かなり叱ってそれからはやっていなかったのですが、また。。。

帰ってきた時に、チャラチャラと小銭の音がしたので、観察していたのにどこに隠したのか見つかりません。

昨日は100均のおもちゃを友達の親に買ってもらった、と嘘をついて持ってきました。その前の日は壊れてるからくれたと。

じゃあ、お礼を言うからね。と言うと黙っているので嘘だと言う事はすぐにわかりますが、どれだけ問い詰めても本当のことを言いません。

お昼はお腹が空いてない。買い食いはしてない。おもちゃは貰った。その他は黙ってその場を去る。

以前からそうですが、物をなくしたり嘘をついたりすると絶対に白状しないのです。
嘘つきが一番嫌い。嘘をつかないで、と何度も言いますが、黙ったまま。。。

日頃から好きな事しかやらない、嫌なことには癇癪を起こす、ダメと言っても勝手に遊びに出かける。店に入る等、こちらもほとほと疲れてしまい、どうしたらいいのかわかりません。

4歳の下の子には暴言を吐くし、下の子も真似をしてしまい、困り果てています。

子と過ごす時間が長くなり、癇癪が始まるとストレスでさまざまな体調不良が現れて、もう子供を嫌いになりそうです。

助けて下さい。


悩めるさりさんに
みなさまアドバイスお願いします!


カテゴリー: 子育て


小4発達グレーゾーンの息子について悩んでいます。 への13件のコメント

  1. マスカラ命 より:

    全く参考にならないかもしれませんが、子育ての苦労という点は同じかなと思ったので書き込ませてもらいますね。

    国際結婚で海外暮らしなんですけど、二人の子供の性格が見事に夫と私の国程にかけ離れていて、下の子は日本の常識に当てはまらない(恐らく日本で生活していたら発達障害扱いされていたかも。。)自由奔放な、自分の好奇心のまま行動する子なんです。
    先に結果を申し上げますと、年齢と共に驚く程落ち着いて、今では上の子よりも精神的に大人です。

    我が子の場合は嘘をつくなと言われると、次はもっとバレない様にと知恵を働かせて、あれこれダメだと言われると、何故ダメなんだろうと更に好奇心を駆られると自分で過去を振り返って説明してくれました。
    そして当時「失敗しながら学んでいくんだから仕方がない!」と自ら主張していました。

    私は自分の育てられた価値観で「有り得ない!」「言われた通りにしておけば問題が起きなかったのに!」と私の常識に当てはまらないことばかりする子供に疲れ果てていました。でも、終わってしまうと、子供にも子供なりの社交の場があって避けられない通過点というのがあったんだなと、もうちょっと心の余裕を持って対応すれば良かったと思えます。

    さりさんのお子さんはとっても社交的なんですよね?
    外に興味が向いている子っていうのは自立心も強いので「悪い子」のレッテルを貼らなければ、ちゃんと自分で軌道修正してまともに育ちますよ。

  2. 元グレーゾーン より:

    参考にならないかもしれませんがコメントさせて下さい。

    私は小学6年生の頃、家のお金をくすねて友達と遊びに行っていた時期がありました。
    周りの友達と自分の家との金銭感覚が異なり、なんとか皆と一緒に遊びたくて、ゲームセンターや街に遊びに行く時に毎回1,000〜2,000円くらいを親の500円玉貯金箱から勝手に持ち出していました。仕方ないじゃん、お小遣いじゃ足りないんだからと思うと同時に多少の罪悪感もありました。
    また、親への嘘も少なくはありませんでした。叱られることが分かっていたら、本当のことなんて言いたくないですから。それに自分勝手で、人に対して横柄なところがありました。もしかしたら私もグレーゾーンだったのかもしれません。
    でも、大学生の時に何故か急に気付いた瞬間があったんです。
    自分がものすごく狭い視野で世界を見ていたこと、自分の中に他者という存在があまりに少なかったこと、それゆえに他者への配慮や感謝が全然できていなかったこと。
    気付いた瞬間、本当にものすごく恥ずかしい気持ちになりました。自分がどれだけ非常識に生きてきたのか、あの時もあの時もと、色々な過去を思い返しては打ちのめされました。
    もちろん、そこからすぐに全て改善できたわけではありませんが、徐々に周囲の人の状況を認識したり気持ちを想像できるようになりました。
    お陰様で、今では周囲の方から「自分の子どもにはあなたみたいに育ってもらいたい」「どんな風に育てられたらあなたみたいになるの?」とまで言って頂けるようになりました。(勿論お世辞込みとは思いますが)

    何が言いたいかというと、私のように、ある程度の社会経験を積まないと『自分のことだけではなく周囲の人も尊重しなくてはならない』という当たり前のことが理解できない人間もいるということです。

    因みに今私は30代半ばですが、過去の嘘やお金の件は結局バレないままで、大人になってから告白して懺悔というのもなく、もしかしたら当時親は気付いていながら知らないフリをしていたのかもしれませんが、何も言われたことはありませんでした。

    今目の前にある日々の生活で、さりさんがストレスを抱えられ、体調不良まで出てきているというのは本当に心配ですし、何かしら原因解決の為のアクションが必要な状況だとは思います。
    ですが、自分の過去を思い返すと、息子さんのことは長い目で見守って頂きたいと感じてしまいます。

    良い案を提示できず恐縮ですが、良い方向に向かうようお祈りしております。

  3. コハココ より:

    弟がグレーゾーンの軽度知的障害です。もう50ですが。
    知的障害が判明したのは30歳過ぎてからでした。
    未だに問題行動有ります。
    お金を使い過ぎるのはずっと変わりません。
    子供のうちはお菓子やおもちゃで済みますが、大人になるとギャンブル、風俗、闇金、詐欺に引っかかる。全てやりました。
    子供の頃にきちんと障害に見合った教育を受けさせることをしなかったうちの両親のせいだと思っています。
    兄弟としてずっと後始末してます。
    障害は治りません。改心もしません。
    グレーゾーンでも見合った教育は必要だと身に染みて思います。

  4. より:

    コロナ下で家族でだけ過ごす時間が多くなり、お母さんもお疲れのことと思います。どうかお一人の時間をマメに取ってくださいね(別室に行くとか、早く寝て早朝一人の静かな時間を持つとか。)

    お子様のお金のことですが、ADHDの方について時々聞く内容かと思います。
    対策として言われているのは、本人の目や手が届く所にお金やお金につながるカード類を置かないことが第一かと思います。
    そして、欲しいものはお小遣いから購入するようにする。お小遣いも1ヶ月単位だと自己管理期間が長すぎるようなら、1週間ごとに渡すなど期間を短く区切られると良いかと思います。

    また、衝動性が強い中で、家の中で取れるお金もなくなってくると、家族以外(友達の家やお店)からもらったり盗んでしまう人もいるようです(もちろん、上の2点の対応でそれ以上悪化しない人の方が多いでしょうが)。もしそうなった場合は、お友達の親御さんや近隣のお店に事情を伝えて、何かあったらすぐ連絡して欲しいことや現金を見える場所に置かないようお願いすると良いと思います。

    それから、ADHDは中学生くらいになると行動が落ち着いてくるとも聞きます。
    ただ特性自体が消えるわけではないので、他人から目につきにくい部分で本人が悩んでいることもあるようなので、思春期に入って親から離れ出す前に、お子さん自身の特性に合わせて生活を工夫する術を親子で一緒に考えていかれると良いと思います。

  5. かんな より:

    20代半ばの我が子が発達障害のグレーゾーンと言われて育ちました。
    (かなり専門の先生にみていただいていました。)
    子どもの年齢は違いますが、どのようなコメントがつくのか自分が相談したかのようにコメントを読ませていただきました。

    さりさんへのアドバイスでもなんでもなく自分語りになってしまいますが
    うちの子は早くから普通の幼稚園に通いつつ療育訓練に通ったり、学校の普通クラスに在籍しつつ算数だけは別で受けたりしていました。
    父親(元夫)がお金にだらしない人でしたので、ずっとお小遣い帳をつけさせて、お金の管理はしっかりさせてきました。
    わたしも家計簿はしっかりつけていて、その姿も見て育ったはずです。

    高校を出て働くようになりましたが、お金の管理は全くできず。
    一か月のお小遣いを一週間で使い切ります。
    なのでわたしが管理するようにしたら祖母(私の母)の財布からお金を抜きます。
    友だちとの金銭トラブルも絶えません。(貸したのに返してくれないと、お友だちが自宅までやって来ます。)
    都会に旅行をしたときは、友だちに30万の借金をして帰ってきました。
    (友だち自身も30万払ったそうで、ぼったくりバーでも行った???)
    仕事は真面目にいきますが、2年おきにトラブルを起こして転職します。

    完全に子どものことが嫌いです。
    わたしが生んだ我が子ですが、嫌いです。
    なので、自宅でも極力顔を合わせず生活しています。
    嫌いなのに顔を合わせたらお互い精神状態によくないので。

    さりさんのお子さんはまだ小学生なので、関わらないわけにはいかないのでお辛いと思いますが
    ご主人とか、ご両親(お子さんの祖父母さん)に間に入ってもらえるといいですね。
    簡単なことではないですけれど。

    わたしは警察も裁判所も弁護士さんのところへもいきました。
    子どもを産んだことを後悔していますが、いまさら返品もできないので、この先の長い人生、どうすればいいのか途方に暮れています。
    気持ちは優しい子なのですけどね。

  6. より:

    再度失礼します。
    このこと、発達の専門医には相談されていますでしょうか?脳の衝動性を調整する上で服役もひとつの良い方法かと思います。(副作用がある方もいるので、その子に合うものや量が見つかると良いですね。)

    • より:

      服役でなく「服薬」でした。失礼しました。

      それから、児童相談所や自治体の発達相談へも是非相談されながら、気持ちを聴いてもらったり、助言をもらってくださいね。
      (我が家は自閉症スペクトラムのグレーですが、出会えるあらゆる専門機関に相談して来ました。そうこうするうちに、子どもに合った暮らし方や周りの関わり方が見えて来て、子どもも落ち着いて来ました。
      グレーのお子さんほど、本人の辛さや困りごとに周りが気付きにくく、本人も家族もかえって苦しくなることがあると思います。なので、お一人や親子だけで背負わずに色んな方に協力してもらって下さいね。)

  7. こまぽん より:

    我が子二人はADHDです。
    グレーの方には当てはまらないかも知れませんがご参考にして頂ければと思います。
    ADHDの子に説得は一番無駄になってしまいます。耳から、言葉からは入って来ないそうです。子供の精神科の医師から言われた言葉で今までの私は何だったんだ、と力が抜けた覚えがあります。
    生活を変えさせないと社会に適応できないと心配になった私は児童相談所に助けを求めました。
    児童相談所はプロがいます。
    たくさんの子供を見てきています。
    是非アドバイスをもらって欲しいと思います。
    一部で悲しいニュースなどありますが、本当に一部の話で、決して表には出ないけど相談所の方たちは労力を惜しまず動いてくれました。

    うちの子の場合は耳からの話は聞かないので、紙に書きました。目からの情報はきっちり守るのです。

    子供だけではなくお母さんのフォローもしてくれました。私の微妙な変化にいち早く気付いてくれたのも相談所の方でした。

    ADHDと言っても全員が同じではありません。
    専門の方にその子に合ったアドバイスをもらいながらお母さんが少し対応を変えるだけでだいぶ楽になるかも知れません。

    健常のお子さんのお母さんのアドバイスはアドバイスになりません。

    どうかこの時期を負担を減らすことができますように。

  8. 軽度ADDな母 より:

     さり様
    お子さんの将来が見えず、精神的に疲弊してらっしゃいますね。
    どうしてわからないのだろう?本人の為に教えているのに…
    私の教え方が悪いなら、誰か教えて!と叫びたい日々ではないでしょうか、、  私はそうでした。。
    もうすぐ20歳の息子は軽度発達障害、IQ90では日常生活に支障はないので公的支援も受けられません。小5あたりから睡眠障害、学習障害、不登校、嘘、家出、財布からの金銭抜き取り、盗み、補導、同級生とのトラブル、学校からの指導、物の破損・紛失、親に刃物を向ける、、と一通りこなされました。
    大抵のことでは驚かなくなりましたが、郵便局で定期を解約する寸前に捕まえた時には、12 歳だった息子の命を奪い私は自死するしかないと思い詰めました。。
    その後、中3からお世話になったフリースクールで信頼できる先生に救って頂いてからは、ずいぶんと落ち着いて定時制高校にもサボらず通学し卒業できました。そんな今、私が無気力でボーッとしています。どっと疲れが出たのでしょう…
    息子はバイトを2年間続けるうちに、異常だった金銭感覚も矯正されましたが、お給料は全てアニメグッズに使い、1日で8万円使い果たすところは変わりません。
    この買い物への執着について、名のあるカウンセラーさんに相談したところ、、『この子はずっとこのまま、治りません。そういう子なんです。社会的常識や金銭感覚は無いんです。いくら買っても満足せず、また買いたくなるんです。』と笑顔で断言されてしまい、、目の前が真っ暗になりましたね。
    その反面、開放もされました。私のせいではないんです。どうしようもない、持って生まれた病気のようなものらしいです。
    とは言え、これからも諦めず、見捨てず、言い聞かせていくつもりです。親ですから仕方ない。もしも大きな問題を起こしたなら家を売り、姉兄に借金してでも賠償していく覚悟を持って見張っています。
    恐ろしい具体例ばかりですが、これが現実です。日本中でも表に出ないだけで、わりとある事じゃないかと思っています。
    最近、私が泣きながら注意していたことが、息子に伝わっているとわかる時があります。時間がかかるんです。
    さり様の言葉もお子さんの心には届いているはずですが、理解するのが難しい年齢だと思います。母として苦しい時期が続くでしょうが、、お子さんの成長に驚かされる日が来るでしょう。
    今、さり様が全身全霊で子育てをしているのは無駄になりません。花が咲き、実になる未来があると自信を持って下さい。

    • あなたはひとりじゃない より:

      良く似た家族を持つ者です。コメントされている皆様の言葉にも深く深く共感です。そして、職業柄、多くのケースを見ていると共通点があります。嘘をつく子には『厳しすぎる、融通の効かない』親が必ず存在します。きっとね、オカンの飯はイヤなんですよ。食べに帰るの面倒で、友達とコンビニで買い食いしたいんです。嘘を辞めさせたいなら、彼の本心で生かせてあげないと。嘘もやめてほしい、家で食べて欲しい。あれも、これも、親の思い通りの行動を強いるのは難しいかもしれません。まずは、どちらかだけを望んでみては。もし、買い食いしたい、が本心なら栄養が心配だから、ファミチ○だけ買い食いしてもいいけど、帰宅したら青汁飲むんだよ?とか。(砂糖と青汁粉混ぜてミルクで溶くと、抹茶オレみたいで超偏食な子も平気で飲めるヨ!)やりたい!という意思が強い子は生きる力が強いので、そのうちに手段を選ばずに欲求を満たし始めます。(そのお金、友達からカツアゲしてなきゃいいんだけど。)どうぞ芽を摘まずに親が少し譲歩して、生きる力を伸ばして差し上げて…。

  9. 匿名ですみません。 より:

    うちの子の事かと思いました。
    うちの子も何度言っても繰り返し、人に相談したりやり方を変えたりしましたが、
    変わりませんでした。
    我が家も夫が元々お金にだらしなく、性格なのか?とも思っていました。
    年をとるごとに狡猾になりました。
    いろいろあり、一人暮らしするようになったら変わるかと思ったのですが、やり繰りできずに失踪しました。
    現在行方不明です。
    人のせいにして、決して自分は悪くない。と言い張ります。
    私が後悔してます。
    小さいときに、もっと掘り下げて相談していれば、しかるべき病院に通えていたのかな~と思います。
    いろいろ相談してたのですが、うまくつながりませんでした。
    失踪してからも友人をだまして、お金を借りてました。
    その尻ぬぐいもしました。
    現在は、その友人から知り合いから、みな気を付けてもらうように情報を流してもらってます。
    私のように後悔してほしくないです。
    今は、ネットで調べたり、役所で相談もできるようです。
    なるべく早く調べて、医者に見せてください。
    医者も相性があると思うので大変だとは思います。
    失踪して何年もたちます。
    親として情けないのですが、これ以上、人様に迷惑をかけないように 我が子の死をいつも祈ってます。
    さりささん、あなたは悪くないです。
    体調もなかなか戻りにくいとは思います。
    参考になるかわかりませんが、少しでもきっかけになれば幸いです。

    • 匿名ですみません。 より:

      追記ですが、お財布や通帳など目に入らないところに置くか?常に さりささんが持っていてください(さりさんの付近に置いておくなど)。お風呂にもビニールに入れて入るかしてください。
      隙あらば盗みます。
      下のお子さんの財布も気を付けてください。
      兄弟の財布にも手を出します。(我が家は、やりました。)

      • コハココ より:

        同じ様な経験されてる方々のコメントが我が家の事のようでした。
        私は兄弟ですが父はもう会うつもりは無いと二十年前に投げ出し、
        私も早く死んでくれと願いながら後始末し続けています。
        昔、我が家は泥棒飼ってると言う父の迷言で、大変ですが貸金庫を借り貴重品は管理しました。

〜 コメントを送信する前に 〜

井戸端会議に遊びに来て頂きありがとうございます。
コメントを頂くことで成り立っているこのコーナー。
コメンテーターの方には大変感謝いたしております。

ネットの向こう側には、悩んでいる方、苦しんでいる方がおられます。
コメントをされる方は、その気持を汲んでいただき、配慮ある言葉選びをお願いいたします。
『それは違うよ!』と思われ、相談者さまとは別角度からのアドバイスを書き込まれる場合、あまりに強く否定的な文脈ですと、文章の主旨が届く前に心を閉ざされる場合がございます。
相談者さまにとっての良い〝気づき〟となるような、心に届くような気持ちでお書きくださいますようお願いいたします。
井戸端会議が多くのお嫁さんにとって有意義な相談場所となるよう、ご協力よろしくお願いいたします。

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


6 − 6 =