体調が悪い私に対する旦那の態度が…。よそのお宅もそうなの?

秋桜さんのご相談

結婚約一年目。
朝から体調悪く微熱あり旦那さんからは「俺今風邪ひいたら困る」と自分を心配する発言にイラッと。
その後買い物に行ってもらい私の分のお弁当買ってきてくれ 私はそれを食べてましたが隣で旦那は昼から酎ハイ飲んでる。
食べ終わって横になって休んでたけど気づいたら外は真っ暗。旦那は寝室でいびきかいて寝てる、、。
旦那が風邪の時はご飯の準備(普段も食事はほとんど私が作ってる。専業主婦じゃありません)に気を使い、大丈夫か声をかけたりしていたけど、この人はそういう気遣いはないのか、、?
その旦那を起こして「気分は?」と聞かれたから「最悪、嫁が体調悪いのに昼間から酒飲んで寝てるんじゃないよ」と言ったら怒って寝室から出て行きリビングで大声出してドアをバタバタ力強く閉めてます。
旦那さんとはこう言う生き物なのか。他の家もこうなのか知りたいです。


悩める秋桜さんに
みなさまアドバイスお願いします!


カテゴリー: 夫婦


体調が悪い私に対する旦那の態度が…。よそのお宅もそうなの? への13件のコメント

  1. あっちゃん より:

    体調はもう大丈夫ですか?
    結婚25年目です。
    うちの旦那は私が具合悪くなった時に「えー。俺ご飯何食べたらいいの?」と言い「買ってきて食べてよ」と言ったら自分の分だけ買い息子たちと私の分はありませんでした。
    近所の方にSOSして息子たちも食べれましたがそんなんでしたよ。
    それ以降、旦那がどんなに具合が悪くても「子供じゃないんだから自分でどうにかしなさいよ」と放置してます。
    お弁当を買ってきてくれただけで羨ましいですよ〜
    でも、酷くなった時のこと考えてお酒はやめて欲しいですよね。

  2. おばさん より:

    結婚25年ですが当初は同じく、な感じでした。
    お互いどうして欲しいのか、どこか勘違いやすれ違いがありました。体調がすぐれないと色々目につき鼻につく。それを少しずつ重ねて慣れて分かり合うんだと思うし、わかりかねるところがあってもお互いさまだし。愛と労りをもって人生を共に歩んで欲しい。

    ちなみに私が初めて熱を出して寝込んで吐いてるとき、ダンナが嬉しそうに『ご飯置いとくね』と枕元に置いてくれたのは缶ビールとお寿司のパックだったことは一生忘れません(笑)当時は怒って泣きました、今は笑い話。

  3. 私は鬼嫁 より:

    体調が悪いのに旦那さんと争って辛かったですね。そういう時は誰でもいつも以上に優しくされたいものですが、旦那さんは秋桜さんが何をして欲しいのか思い当たらなかったのではないでしょうか。特別に気のつく人もいるでしょうが、世の男性はだいたいそんなものだと思います。

    これからは「何かあった時に不安だから今はお酒は飲まないで欲しい」とか「少し眠るから夜までに食事を用意をしておいてくれると助かる」など具体的に希望を伝えるようにすると良いのではと思います。

    辛そうだから食べ物を渡して静かにしてあげたつもりでいたら急に起こされて責められ、ついムッとしたのでは?寝てる間に家で飲んでオレも寝ちゃっただけなのに何だよって。

    ご結婚1年目とのこと、お二人とも大事にしてもらっていたご実家を離れてまだ日が浅いので、これからの生活で少しずつお互いを理解して行けたらよいと思います。ガンバレ〜☺︎

  4. みにみにぃ より:

    男は言われないとわかりません。
    何か食べ物を頼めば、体調の悪い人に買ってくる
    ものじゃないよね?というものを買ってきます。
    幸いうちは、主人が体調悪くてもそれほど構わなくて
    いい人なので、それだけは助かってますけど。
    当たり前に奥さんの欲しいものを用意して、家事もしてくれる旦那さんも世の中にはいるみたいですが、申し訳ないですけど、育ちが違うんだなぁと思うようにしてます。
    どうせ望んでも無駄なら望まない。
    望むなら話してみる。
    選んだ時点でそういう人を選べなかったんだから、
    もうどちらかしか選択肢はないってことです。
    私は半分諦めてます。

  5. まお より:

    悲しきかな男性ってそういう気遣いが疎いですよね。
    うちの旦那も食べれないってのにラーメンとかカレーとか当初は買ってきてました。
    何が欲しいか聞いてくれるようになったけれど、未だに洗濯掃除は放置で必要最低限だけで家が回ってる感じです。

    でもじゃあ夫が熱出すと「お粥でも・・・」と気遣うと「いや要らない(欲しいのはソレじゃない)」となるし、子供も私が幼少期に熱出した時に食べてたリンゴやヨーグルト買ってきても欲しくない言われるしで、結局本人じゃないと欲しいものって分かんないもんなんですよねー( ^_^ 😉

    そういうものって独りで消化してしまえばいっそ楽ですが、相手にイヤな顔されてでもちゃんと気持ちを伝えておくのも長い付き合いになる事を考えれば大事かと思います。
    家族の面倒を看たことないってこんなものかー。とがっくりくるお気持ち、お察しします( ´ㅁ` 😉

    • まお より:

      あれ・・・なんか絵文字になってる。。なんか変に顔文字使ってややこしくなってしまったかもしれません。
      すみません・・・。

  6. ねこいち より:

    娘が生後10ヶ月くらいの時、初めて高熱を出し、私と母があたふたと病院に連れて行く準備をしていたら、父がもの凄い形相で、「俺の飯はどうするんだ!」と怒鳴ったことを思い出しました。初孫なのに。今では笑い話です。
    夫も全く気が効きません。夫はかなり優しい方だと思いますが、私が具合悪くなった時は全く役立たずなので、悲しくなります。
    つくづく、夫よりも、仲の良い友達と一緒に、子育てを協力しながら、お互い仕事を持って働きながら、暮らしたいと思ってしまいます。
    夫を教育するとか、私には無理です。

  7. 匿名 より:

    お昼ご飯買ってきてくれて、夕方になるまで起こさずに寝かせてくれてたんですよね。ご主人も気を利かせた方ではないでしょうか。

    きっと最初の「俺今風邪ひいたら困る」という自分本位のコメントでカチンと来たから、その後もずるずると怒りを引きずってしまったのではないでしょうか?

    他の家はどうなのか?という質問があったのであえて答えますが、私の旦那は家事全般必要に応じ言わずともやってくれます。基本的に家事は分担ではなく気づいたほうがする。気になる方がする。です。そうやって生活しているうちにだんだん掃除は私、料理は両方、洗濯して干すのは旦那、取り込んでたたんでアイロンがけは私みたいな自然に流れができてきました。
    旦那も嫁もほめておだてて育ててなんぼでしょ。と思ってます。
    夫婦によっていろいろな形があると思います。まだ結婚一年とのこと。相手をうまく扱い、手のひらで転がしてやろうじゃんぐらいの気持ちで。

  8. さくらこ より:

    ご主人は実家暮らしだったのかな?今まで風邪を引いた人のお世話なんてした事なかったんでしょうね。そして、自分が世話してもらう事は当たり前だったんでしょう。そういう男の人は多いと思います。 私は義母が隣に住んでいるので、体調が悪いとご飯を作ってくれてあまり夫の出番はなかったけれど、寝込んで3日目に「いい加減でどうにかならないの?」と真顔で言われた時は、結婚した事を心底後悔しました。夫は体力があり風邪も引かず病気の人の気持ちなんてさらさら分からぬ人でしたが、大病をして変わりました。結婚して1年目は、お互いの考え方のすり合わせをする時なので、ただ黙って相手に合わせたりせずに、喧嘩してもいいから「私はこうしてほしい」「こうされたら悲しい」と言い続けてほしいですね。自分が望んで同じ舟に乗ったのなら、簡単にあきらめないでね。

  9. 匿名 より:

    うーん、理想や希望「自分はこうなのにー!」が入ってますね。無理ですよー。やれる人なら最初から色々気遣ってテキパキ動いてます。
    そこをヨイショしながら教育し直すか、諦めるか、、結局自分じゃないので理想通りにいかないんですよね。
    でも、貴女の気持ちなら伝えられます。あれこれやって欲しい!と言うより、「私は今こんな状態で辛いから助けて欲しい。」「辛い時に寄り添ってくれたら心から嬉しい。」と気持ちを言えば彼にスーっと伝わるかもしれません。
    ま、鈍感だったり、やる気が全く無かったり、あるいは家政婦くらいにしか見てなかったら伝わるものもスルーされますが。。
    落ちついた時に(気分が良い時に)これからお互い夫婦としてどう協力するべきなのか、現実的に現状が分かりやすい表を見せながら話し合う必要があるかもしれませんね。
    でも、結局家の中の事は甘えたい、もしくは女がやるもんていう考えをとっぱらわないと中々進展しないかもしれません。

    今回の事は休日に自分の用事ではない慣れない事をして彼の中では貴女を助けたつもりなんです。そして休日もしっかり楽しみたいという彼の欲求も入って同時進行した結果だと思います。
    きっと今は小学生レベルの事しか出来ない、能力がない彼です。ここをどう貴女レベルまで楽しく引き上げられるかが勝負なんじゃないかーと思います。決して命令ではなく、自然に誘導出来たら貴女の勝ちなんでしょうねー(^^)

  10. ゆき より:

    母性と父性の違いとは聞いたことがあります。
    男性は遺伝子的に「察して行動」「相手が何をして欲しいか考える」能力が女性より低いと聞いたことがあります。
    それを聞いてから、私と同じことを旦那も出来るであろうという期待を捨てました。
    旦那は接客業なので「私と子供達がインフルになったら出勤停止になるから家に帰ってこないで会社に泊まる」と公言しています。本当に帰ってこないので、いつもかかれば40℃近い熱で自分で運転して病院に行っています。フラフラなので手抜きですが、子供達の晩御飯も熱の中作っています。多少イラっとしますが、しょうがないかなと思っています。
    インフル以外でも体調が悪い時は「ご飯を作ってくれると嬉しいなー」「水分補給の飲み物買ってきて欲しいなー」「そろそろ洗濯しないとなんだけどお願いしても良い?」等と一回一回言わないと本当に分かって貰えませんでしたが、そんなもんだと割り切って毎回お願いという形で頼んで、やってくれたら出来はどうであれ「ありがとう!!!」とお礼を言っているうちに、結婚10年ちょっと、最近ようやく自分から動けるようになりました。
    そんなもんだと割り切った方が楽だと思いますよ。

  11. 山あり谷あり より:

    それは、体調くずされてるなか、大変でしたね;
    しんどいんだからまずは寄り沿ってって、このシュチュエーションを男性に願う女性、そこらじゅうにいますよ。わたしもそう。本音と理屈の正論をそのまま伝えてくる旦那に、冷たいなあとか、今それ言う??と何度感じたか、、
    ただ、秋桜さんの旦那さんは、読む限り秋桜さんのことを心配しています。物に当たるなどは幼稚ですし、気遣いの配慮が下手などありますが。あとは、どうしたら回復に良いかを知らないだけかもしれません。

    男の人は自分の体の変化に鈍感な人が多く、体が丈夫だと、そもそも風邪などの対処を知らない可能性もあります。
    うちの旦那はでいうと、めったに風邪をひかず、熱が38度出ようが仕事ができてしまう、実家で看病された経験がほとんど無い人なのですが。
    それなもので、付き合い当初、37度で寝込んでしまうわたしの辛さはわかられず(それは今もですが)、むしろそれくらいの熱なら動けるでしょ?という感覚に、ものすごいショックを受けた記憶があります。
    なので、わたしとあなたとでは身体の性質や症状の出方が違う、ということや、風邪をひいた時に必要なものや食事など、全て伝えてやってもらってきました。
    わたしの虚弱のせいで、場数を踏んでもらい、今では
    ある程度子供の看病も任せられるようになりました。

    なので、我が家の一年目も、似たようなものだったかも。ご飯はー、、お立て下手すぎて実現してませんが、うちも休みの日の一食くらい作って
    ってほしい(笑)
    疲れている時に、なかなか冷静には難しいですが、少しずつ、こうしてくれたら助かる、うれしいと、伝え合えれば良いですね。

    とりあえず今はご無理なさらずに。少しでも気持ちが晴れますように。

  12. くう より:

    いや~まだ買ってきてくれてるならマシな方ですよ
    結婚当初うちの旦那はしんどかったら寝てて良いよって言ってはくれますが
    何もせず私の横に座ってTV見てるだけなんで
    看病するわけでもなく病院に連れて行くわけでもなく
    ただ自分は休憩してるのと変わりなかったんで
    役立たずと思ってます
    家事が進むわけでもなく子どもの世話をするでもなく…

    そう言う風にしか出来ない人って解った時点で
    しんどいとは旦那には言わないことにしました
    なので諦めました
    旦那が居なくてしんどくなっても
    子どもの世話をほったらかしには出来ないので結局動くんですから
    旦那が居たから助けを求めようと思ったのが間違いと思いましたね
    毎日家事育児を積極的にしてる旦那様なら頼っても良いでしょうけど
    普段からしてない帰宅も遅いなどで家事育児に参加できない人に頼っても
    こっちの希望通りには動いてはくれないので
    結局はこっちがイライラするだけ
    諦めた方が良いかなって思いました

    なのでもしお願いするなら
    小学生が解るように事細かな指示をして動いて貰わないと
    男は動けない人が多いと感じてますよ
    それに経験不足で出来なかったようですから
    これから色々と細かな指示を出して動いて貰うしかないのではないでしょうか?

〜 コメントを送信する前に 〜

井戸端会議に遊びに来て頂きありがとうございます。
コメントを頂くことで成り立っているこのコーナー。
コメンテーターの方には大変感謝いたしております。

ネットの向こう側には、悩んでいる方、苦しんでいる方がおられます。
コメントをされる方は、その気持を汲んでいただき、配慮ある言葉選びをお願いいたします。
『それは違うよ!』と思われ、相談者さまとは別角度からのアドバイスを書き込まれる場合、あまりに強く否定的な文脈ですと、文章の主旨が届く前に心を閉ざされる場合がございます。
相談者さまにとっての良い〝気づき〟となるような、心に届くような気持ちでお書きくださいますようお願いいたします。
井戸端会議が多くのお嫁さんにとって有意義な相談場所となるよう、ご協力よろしくお願いいたします。

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


− 2 = 5