彼と結婚したい。しかし彼のお母様はある宗教を…

ななかさんのご相談

私は26歳女です。同じ年の結婚をお互いに考えている彼氏がいます。交際して1年程経った時に、彼の母が新興宗教を信仰していると明かされました。(彼の父は信仰しておらずむしろ好いていない様です。彼の母方の祖母、また親戚も信仰しています。)

彼と彼の姉も物心ついた時から入信していた様で、20歳ころまで活動していたらしいです。しかし、徐々に嫌悪感を抱き始め、 今は全く信仰もしておらず、脱会できるなら脱会したいと思っているようです。

私の両親は新興宗教を嫌っており、私もそれを聞いて育ってきたので、偏見ですがいいイメージがなく、彼の話を聞いた時に親が納得してくれないだろう、別れないとダメかもしれない、と、彼との別れをイメージしてしまい、それから毎日がとても辛く毎日泣いてしまいます。彼とは真剣に結婚を考えていますし、別れたくありません。親に納得してもらえないんじゃないかと不安がいっぱいでとても苦しいです。

彼と何度も話し合い、私の望みとしては、

彼に脱会してもらい、結婚後も私、生まれた子供、また、私の親族に宗教を一切関わらせないことを約束してほしいこと。
私たちの冠婚葬祭などは、私たちの希望するやり方で行うこと。(宗教のしきたりにとらわれずに)
この2点です。

彼は、今1人暮らしをしており脱会せずに幽霊部員のままであり、何も起こらず平和に生活できているので、このまま幽霊部員のままで結婚できるなら、と考えているようです。

彼は過去に脱会したいと思い、母に話したらしいのですが、自分が死んだらいくらでも辞めていいから今は脱会はやめてほしい、と言われたことがあります。
脱会することで母が悲しむならできるならこのままでいたい、母が死んでから脱会する。私の事も子供や家族のことを守ると言ってくれていますが、
今ここで脱会してくれないとこの先不安であなたと一緒にはなれない、という私の気持ちを優先してくれて脱会しようとしてくれています。(まだしていませんが、近々母に説得してくれる予定です)

しかし、説得しても断られて、もし脱会できなかったらどうしよう。
もし今脱会してもらうのは諦めたとして、私の両親に結婚を許してもらえるのか。色々な不安が重なってとても苦しいです。

まとまらない文章で申し訳ございません。
デリケートな問題なので、周りに相談できる人がいなくて、みなさんのご意見を聞かせてほしいです。
宜しくお願い致します。


悩めるななかさんに
みなさまアドバイスお願いします!


カテゴリー: プレ嫁


彼と結婚したい。しかし彼のお母様はある宗教を… への17件のコメント

  1. 匿名 より:

    ななかさん こんにちは。
    新興宗教、関係なく生きてこられた方にはかなり警戒してしまうことかもしれませんが…。
    単刀直入に私の意見を書かせていただきますと。
    相手の親御さんが新興宗教をされていても、ななかさんやななかさんのご家族は気にされないのが一番だと思います。
    そして、その新興宗教をななかさんやななかさんのご家族親類、そしてもしお子さんができたらそのお子さんにも、強制は絶対しないことを約束していただければ、それで十分だと思います。
    彼氏さんが退会される必要も全くないと思います。もし結婚されて、彼氏さん(旦那さん)が熱心に活動されるようになり、ご家庭に迷惑がかかった時はその時に活動内容などを話し合えば良いことだと思います。

    実は私の両親は新興宗教をしております。私も会員ですが、大人になり自分なりに色々考え、今はまったく興味がありません。
    けれど両親が心の拠り所を持つことは彼らの自由ですし、「いいよ」と勧めてくることはあっても流したり「私は今興味はない」と伝えたりしていますし、不快な時は「その話しないで」と伝えます。
    両親も、決して私や夫、子ども、夫の親族に勧めたり強制することはありません。ただただ自分たちが大切にしていることとして話に出したり行動しているだけです。(夫も夫の親もおおらかに受け止めてくれているので、感謝しています。)

    宗教って、長い歴史で用いられてきただけあって、生きるための哲学的な部分も、心理学的効果もあるなぁと客観的にみて思います。そんなに毛嫌い・警戒しなくていいと思いますよ。宗教って、今ちまたで流行っているスピリチュアルとなんら違いはないとさえ、私は感じています。

    彼氏さんにも彼氏さんの親御さんにも、「強制しない」だけは徹底してもらう。
    そして彼氏さんには、彼氏さんのお母さんが推してきた際には、しっかり断ったり流ったりという対処を取ることを徹底してもらう。
    それで十分だと思います。
    どうかおおらかに受け止めてあげてほしいです。
    他者に迷惑をかけない限り、相手が何を信じようと相手の自由だと私は思いますよ〜。^^

  2. 次男の嫁 より:

    宗教がらみは突然怖い人がでてくるので前置きします。以下は私個人の考えです。

    すみやかに脱会できないかもしれない時点でおかしな宗教です。お母さんが亡くなったり家族に災難が訪れたらますます絡んでくるので脱会するなら今のうちです。彼が信仰していないならさっさと脱会したほうがいいです。あなたやあなたのご両親の信仰に彼を近づけませんと彼のお母さんに話して2人で説得してみて。
    そして愛する彼と結婚してください。
    脱会できないかもしれない宗教なんて、関わらないでくれ、なんて言ったところで入信するように勧められるのが関の山だし。結婚してからだと『うちの嫁になったんだから従うように』言われがちなのが日本でしょ。幸せになってね。

  3. 嫁嫁 より:

    はじめまして。

    私は彼の立場にいます。
    両親が信仰する宗教があり、物心ついた時には生活の一部でした。子供は親を選べません。
    色々ありましたがいまは幽霊部員です。

    そんな私が感じるのは、彼や、彼のお母様に要求していらっしゃる内容は少し過剰です。
    ななかさんにとってご両親は大事なように、彼にとってもご両親は大事なのです。

    また、信仰心はその方にとっては心の拠り所です。
    ななかさんの心の拠り所を全否定されたらどんな思いがするでしょう。

    いまおきていない問題には片目つぶるくらいで対応された方が良い方向に行くと思われます。

    それでもダメ。絶対譲れない。
    …そう思うなら残念ですが、ご縁がなかったのかもしれません。厳しいですが、結婚は甘くはありません。

    ちなみに、私の両親は一切勧誘はしません。
    私の主人は両親の信仰心を否定も肯定もしません。
    それでも、葬儀に参列した時に『こういうのもいいな』って言ってくれました。私は嬉しかったです。
    もちろん今後も勧誘はしませんし、させません。
    私が全力で守ります。

  4. karenin より:

    26歳という年齢で、世帯を持とうという立派な大人の方ですよね。
    もう少し広い視野で物事を見たほうが幸せになれるんじゃないかなあと思いました。
    大人なんですから、親になんでも報告しなくてもいいんですよ
    許してもらえるもなにも、言わなかったらいいんです。
    彼はあなたと結婚するために、きちんと向き合おうとしている誠実な方とお見受けします。
    結婚したいと思うほど、すてきな彼に育ててくれたお母さんを傷つけてまで
    形式的な意味しか持たない「脱会」にこだわる必要があるでしょうか。
    結婚するというときまで彼の宗教に気がつかなかったことが
    すでに、強引な勧誘はないことの証明ではないでしょうか
    嫁嫁さんも言っておられるように、
    彼のお母さんにの信仰心を「否定も肯定もしない」でいいんです
    最初に「私は興味はありません」と彼を通してお伝えすればそれで終わりの話かと。
    あなたの
    ・自分の親に彼のお母さんが特殊な信仰があることをつたえる
    ・彼を脱会させて親を納得させる
    このやり方では
    1 自分の両親が最初から相手の家族に猜疑心を持つことになる
    2 彼にはあなたのわがままで母親を傷つけさせたと思わせることになる
    3 彼のお母さんにはきっと良く思われない
    ということで
    結婚生活がうまくいくとは思えません

    ・自分の両親には言わない
    ・彼は脱会させない
    ・お母さんの信仰心は尊重する ただし、絶対に同調はしない(毅然とした態度で)
    という方法をとれば
    みんなしあわせになれる
    たとえ、10年後に彼のお母さんがなくなったりして、自分の両親に信仰がバレたとしても
    そこまで問題なく過ごせていることに対して、両親はあえて「許さない」などと言ってくることはないはず。

    しあわせは自分でしか作れないんですよ
    彼まかせでは、彼がかわいそうです!

  5. R より:

    こんにちは。
    私もあなたと同じ立場でした。結婚するときは随分悩みましたが、それでも夫が好きだったので結婚しました。
    夫の両親や兄弟は熱心に信仰しており、新婚の頃は半年に1回くらい集会所へ誘われたりしましたが、「必要になったら信仰するかもしれませんが今は信仰しません。」と伝えたところ理解してもらえ、今は私達夫婦は年始のお参りなどで年に1,2回誘われて行くだけで、普段は特に何も関わりがありません。

    新興宗教ときくとなんだか恐ろしい感じがして、ネットで検索しても良いことは書いてなくて怖いですよね。私も洗脳されたら…なんて思ったりしていたのですが笑、初めて集会所へ行ったときに皆がお参りする様子を見て、信仰対象が違うだけで、神社へ行って参拝するのと大して変わらないんだな~と思い、新興宗教への偏見はなくなりました。なくなった上で、信仰しないと決めています。

    今の時点で宗教を脱退する・しないは亀裂を生みそうなので、結婚したらどの程度関わらないといけないのか、ちゃんと相談者様の意見を尊重してもらえるのかを相談し、見極めた方がいいような気がします。宗教のことで結婚をやめるなんてとてももったいないです。でも、嫌なことを強要されるならすぐに逃げた方がいいと思います。

    両親については、相談者様との関係や両親の新興宗教の嫌がり具合にもよってきっと対応が変わってきますよね。私は両親に相談し、両親は複雑そうでしたが自分で決めなさいと言ってくれました。しかし、宗教が原因で破談になった友人も知っているので、kareninさんの「言わない」というのもなるほどいい案だな~と思いました。
    相談者様の苦しみがはやく解決し、幸せがやってくるよう願っています。

  6. ななか(相談者) より:

    皆さま、貴重なご意見、体験談などいただきありがとうございます。まとめてですがお返事させてください。

    私自身、やはり新興宗教に対しての嫌悪感があり、将来のことなど考えた時に心配事を抱えたまま彼と一緒になるのは良くないと思い、けじめとしても脱会を望んでおりました。
    また私と彼のお母さんの間に立ってくれる彼自身が学会員のまま、ということも不安でした。
    また、彼は長男で後継なので学会員のままである場合、結婚後の家の宗派?はどうなってしまうの?という疑問もあります。(一家の主人である彼の父は学会員ではなく浄土宗なので、それを引き継いで幽霊部員のまま浄土宗という形でいいのか…?)

    脱会せずに結婚された方々のご意見を拝見して、約束事をしっかりしてもらえれば、彼に無理に脱会してもらわなくても良いのかな、という気もしてきました。正直信仰していないのなら今後のためにも脱会はしてほしいと思いますが、皆さんの仰る通りそれが彼の負担になってしまったり、彼のお母さんとの仲がこじれてしまう原因になってしまうのかな、と思ったからです。
    また、私の両親にこのことを黙っておくことは私自身できる自信がありません…。隠し事をしているようでずっと心にモヤモヤが残っている気がして、親にも納得してもらいたい気持ちが強いのです。わがままでしょうか…
    もう一度自分の中でしっかりと考え直して、答えを出したいと思います。
    ありがとうございます。

    色々な方のご意見が聞きたいと思っております。
    また引き続きご意見頂けると助かります。
    宜しくお願い致します。

  7. シロハイ より:

    私の姑もとある新興宗教の信者で、しかも義妹夫婦は教団職員という超信心深い一家に嫁ぎました。(舅は結婚前に亡くなっています。夫は幽霊会員)それに比べて私の家族は信仰心ゼロで、新興宗教は嫌い。それでも結婚したのは姑に初めて会った時「私は〇〇を信仰してるんだけど、ご両親は反対しない?」と言われたからです。自分の信仰が子供の結婚に大きく影響することを自覚していたのは大きかったです。
    義実家に行けば宗教関連の物が山ほど置いてありますし、姑の話も9割は信仰の話てすが20年なんとか上手く付き合っています。ななかさんも彼氏のお母さん一度会ってみてはいかがですか?その時に「やっばり無理だ!」と思うかもしれないし、彼のお父さんが味方になってくれるかもしれません。
    ちなみに絶対的に私の味方になってくれる夫ですが、脱会はしてません。これは本当に難しい問題で姑が死ぬまで無理だと思います。

  8. るん より:

    私は彼の方の立場の人間です。
    私も疑念を抱いて、二十歳になるのと同時に家からも活動からも一切身を引きました。現在はつかず離れずの幽霊部員です。
    今でもあまり良い感情は持っていませんが、母親が生きているうちはそっとして欲しい。その気持ちも痛いほどわかります。「脱会する」となれば、会の幹部から母親に「抜けないように説得してくれ」という通達が来るのも想像できます。母親が来るたびに喧嘩になるんです。想像するだけで私でも億劫です。

    後は、あまりななかさんとななかさんの親御さん達がそのことについてしつこく言うのも、今までの人生を否定されたような気になるので、あまりし過ぎない方が良いと思います。
    彼さんと
    〇これから活動に参加しない事
    〇私と、子供が産まれたとしたら子供も、宗教とは無縁に生きていくこと。そして、勧誘の盾になってくれること。
    〇冠婚葬祭は宗教にのっとったものにしない事、又は母親からの盾になってくれること。
    それ位でも違うと思います。そして、ななかさんの親達は「ななかさんが納得させる」事が一番です。こういう約束で私達は私達の家庭を築いていきますから。と、どっしりかまえていましょう。子が不安そうだと親も口を出したくなりますから、堂々としてましょう。
    そして、宗教からは彼に守ってもらうだけではなく、ななかさん自身も「私も子供も関わる気はありませんから」と突っぱねる事も大事です。

  9. とこ より:

    私も信仰を持っているものですが、本来宗教は人を自由にするものです。何からかというと、生、老、病、死とそれらにまつわる不安からです。命は生き通しで、人は過去世、今世、来世と魂を磨くために生まれてきた。どの宗教も突き詰めればそのことをといておるのだとおもいます。

    だから本来どの宗教を信じても全然構わないと思うのですが、問題はその宗教が『こうするべからず』という縛りを持っていると難しいかなと思います。私の知る限りでは今の宗派を捨てなさいとか、多額の布施をしなさいとか、先祖供養はしてはならないとか、日本人として普通にやってきたことを捨てないとダメ!という宗教だとしたらこの先ぶつかることも多いのかなとおもいます。

    一番いいのはその宗教に入られている方のお話を納得するまで聞くことだとおもいます。全然違う宗派の人にどんな教えか聞いてもいいかもしれません。

    ご縁があって結婚を考えるくらいすごくいい男性なんですよね。ご主人の人格もその信仰で作り上げられてきたのだとおもいます。それを全部否定するのは今は良くてもこの先立ちいかないことが出てくるとおもいますよ。結婚相手は魂の半身ですからここまではいいけどここからはダメという気持ちでは続かないとおもいます。まるごと尊重して認めないと。(お互いをですけど)

    信仰は洗脳ではありません。正しく理解すれば自分の命も人の命もどんな人でも尊いことがわかります。理解する気持ちでお話し合いをなさってください。一番良い解決に導かれることをお祈りしています。

  10. ぷー より:

    同じ立場の方や、彼の立場の方が
    「私は大丈夫だったから、大丈夫」
    と言われても、それこそ宗教が違えば状況が全く変わってきます。

    学会と言われているのであそこかな?と推測はできますが、まずは彼と、彼以外の第三者(ネットや書籍などでも良いです)から、対象宗教に関する充分な情報を得るべきでしょう。

    一口に新興宗教といっても、内容は様々です。
    例えば献血NGだったり、食生活の制限があるところ、信仰を世襲制みたいに強制してくるところ、特殊な冠婚葬祭などの儀式がある、宗教施設での集団生活が推奨されている、献金など経済的負担が大きく求められる、政治に絡んでいて選挙運動の手伝いを要求される、他宗教施設(例えば神社仏閣教会)への立ち入りを禁止しており、結婚式やお正月の参拝・お宮参りに七五三・子供の遠足等でも拝観を阻害される、なんらかのノルマが設定されている……宗教によって、内容は様々でしょう。

    彼家宗教に対し、あなたが単なる嫌悪感を示すだけで把握していなければ、彼や彼母との話し合いもまともに出来ません。極端な信仰宗教家庭に生まれ育った人の体験談本やコミックスなどもありますので、対象宗教のものを探し出し、知識を得てみてはどうでしょうか。

    当然ですが、教義内容を学べ、といっているのでは決してありません(ミイラ取りになっては困りますし)。
    彼母の宗教活動はどういう性質のものなのか、1日単位、年単位でどういう行事?を行っているのかや、その子供や配偶者だった人の体験談、あとその宗教を脱退した人の体験談も知っておきたいところですね。

    もし彼家の新興宗教がとてもマイルドなもので、あなたが彼家のスタンスに納得できれば良し。
    受け入れられないと思う部分があるのであれば、そこについては彼としっかり協議して歩み寄るなり何らかの約束を取り付けたりすれば良いでしょう。何がなんでも拒否!という態度で臨んで、今は幽霊会員だという彼に頑なになられても良くありません。彼だって、自分の母親は大切ですもんね。

    理解した上で、もしもあなたが全面的に無理!と感じたなら、残念ながらお別れも選択に入るでしょう。それでも内容も知らずに拒絶して、相手を傷つけての離別はあなたも同様に傷つくと思いますので、理解と話し合った上での決断の方が望ましいかと思います。

    どういう結果であれ、まずはあなたが理解して、彼と充分に話し合い決め事をきちんとしていなければ、あなたの両親に説明することもできません。あなたの両親に知らせない決断をしても、知られた時のこともきちんと考えておかなければ、あなたがご両親と断絶しかねないと思います。私なら、娘がそんな大事なことを黙って結婚したことを知ったら、悲痛のあまりこれまでの娘との信頼関係も崩れます。個人的には、宗教の件に関しては隠すのは辞めて欲しいです。

    なんとか彼家宗教及び彼母、彼氏さんと折り合いがつくことを祈っております。

  11. なななん より:

    相談者さんの返信のコメントでどこの宗教かわかりました。

    子供のつてで仲良くなったママ友さんが同じ宗教を信仰しています。めっちゃいい人で気があったので仲良くして、一年程経った時に実は…と打ち明けられました。やはり旦那さんも全く信仰してないし、子供も集会に行くのを面倒臭いって言う(笑)って言ってました。昔の強引な勧誘活動でいいイメージがないようで、今は信者も減ってて大変って言ってます。私も勧誘されましたが、さっくり断っても友達関係に変化はないです。今はだいぶマイルド化されてるのかな?とは思います。

    ただ、旦那さんが守ってくれる気があっても、親戚が強烈な信者だったりすると大変だと思うので、一度ご家族に会ってみたらどうでしょう?

  12. りんご より:

    彼は勝手に入信させられたので同情はします。でも、そんな彼はもう、一人で生活を営んでいる社会人男性です。宗教の選択の自由はあって当然なのに、それを拒む親御さんと結局は親御さんの言いなりになっているその彼のが怖いのです。この令和のご時世で、日本にいて、そこまで選択肢のない人生ってどうなんでしょうか?

    しかも今回をきっかけに脱退を試みて「ダメだった」と結果づけてくれるならともかく、それもしない。当たり障りなくそのままでいたい、って「君にもこの不安を一緒に背負って欲しい、子供にも背負わせるかもしれないけどごめんね。でも、そうはならないと思うよ」って言ってるのと同じでは?他に夫婦間で難しいことが起きた時も、彼はそんな調子で人のせいにしながら逃げるのかな、と想像してしまいます。彼、いざという時守ってくれるのかしら?私には、その「いざ」が今だと思うんだけどな。

    結婚は当人同士のことですから、誰に何を言われようとしたいのならすればいいんですよ。でも、意見をされて揺らぐぐらいなら、それまでではないですか?

    例えこれで別れることになったとしても、あなたやあなたのご両親が悪いわけじゃありません。彼のご両親でもなく、彼自身がはっきりしない結果です。悲しいですけど・・・・

  13. あなたこなた より:

    ななかさんこんにちは。
    結婚したいと心から願える素敵な方に出会われたのですね。

    私はとある宗教の2世信者でしたが、心から賛同出来ないと感じ最近正式に脱会しました。

    何年も何年も悩みましたが、幽霊会員や自然消滅という形ではなく、正式に脱会届を出しました。
    宗教であろうがなかろうが、一つの団体に籍を置いた以上、その組織内の務めが果たせなかったり、理念に賛同出来ない場合は、その旨を表明するのが社会人としての責任だと私は考えたからです。

    ななかさんも彼氏さんも、それぞれの親御さんに心痛を与えたくないと願われる優しい方たちだと感じました。私も親に対してはとても強い愛着があるので痛いほど分かります。

    私たち人間には、親に承認されたいという非常に強い欲求があります。

    ただ、社会を見回し客観的観点でみると、「親に承認されたい」という欲求は、物事を正しく判断する際の最優先事項ではないことが分かります。
    親の価値観が利他的で公平なものである場合は、期待に応えようとする子どもの努力は健全ですが、親の軸が偏っている場合はまた別に思えます。

    親という存在は非常に大きく、私たちの心は強く執着してしまいますが、自分の人生の責任者は自分です。

    しかしながら、ななかさんがこんな大事なことをご両親に隠したくないと感じられるのは当然だと思います。だからといって洗いざらい開示する難しさもわかります。

    親御さんに何をいつどの程度情報開示するべきか、お2人で丁寧に話し合い、決定事項を紙に書き出すなど可視化してみてはいかがでしょう。
    脱会の際の漠然とした不安や恐れを解消するためにマインドマップを作成することも私の場合は役立ちました。

  14. サワダ より:

    私も何となく、どこの宗教か分かりました。というか、もう仰ってますよね。
    大学時代の近しい友人の家が信仰していましたが、本人も就職したら幽霊会員になってました。
    私自身も無宗教な人間で、地下鉄事件などをリアルタイムで知ってる世代です。
    カルトは怖い、狂信的な宗教でお金を搾取されたり治療を拒否したりなど、
    ニュースなどだけの情報を見聞きする側におりますので宗教には警戒感を持っています。
    ですが、申し訳ないですが、ご自分のご両親が反対するだろうという憶測から発したにしては、相談者さんの反応はちょっと過剰のようにも感じます。
    良く分かりませんが世帯で入ることが多いとも聞いていますから脱会はお母様にとっては立場上困ったことになるんじゃないかしらと想像します。もし本当に結婚した場合に、お母様とも円満な関係を築きたいのならの血の禍根になりませんかね。お子さんが生まれたらおばあさまになる訳ですが、その辺りは相談者さん的には何の問題もないのでしょうか。
    自分は親を悲しませたくないから秘密にしたい。でも、あなたは親を悲しませてでも逆らって脱退して欲しい。
    ちょっとフェアじゃないかなぁ…と思うのですが。
    彼に親からの独立を求めるのなら、ご自身も親からの精神的な巣立ちを考えて見られるのも良い機会かと思いますがいかがでしょう。
    信仰の自由は憲法に保障されたものです。好悪の情を抱くのも仕方のない事とは思いますが、親の気持ちだけじゃなく彼の気持ちや状況も想像しないと、大切なものに傷がつきかねないです。

  15. よっちゃん より:

    私は信仰してます。教えは親孝行。先祖供養。世界平和、、、
     お宮参りもします。お墓参りもします。悩みがあったときは
     きいてもらったり。共感っしてもらって御指導いただいて。自分が反省でき とても助けられています。正しいことしてれば守っていただける。。とても安心感があります。私は信仰していてとても幸せです。

  16. pappuradonn-carume より:

    『みなさんの意見が聞きたい、引き続きよろしく』と言うのがちょっと気になりました。
    自分の中の違和感を大切に。
    彼も実母も彼母も世の中の誰もが、何も反対しないとしたら、あなたはどうしたい?
    例えば誰にも見せないノートなどに思いつくだけ書き出しながら、自分の気持ちがはっきり見えたらいいですね。
    シンプルにね。自分の気持ちだけだよ。

  17. りんこ より:

    20歳頃まで活動ってだいぶ熱心に信仰されていた印象を受けます。
    何もわからずに活動するのはせいぜい小学生のうちだけかと。
    彼氏さんの礎を築いたといっても過言ではないような…?

    その宗教に抵抗のない方ならそれでもいいとは思いますが、ななかさんのように嫌悪感を抱くような方でしたら、生活を共にしてたら必ず違和感が出てくると思いますよ。
    何よりまず、結婚する前からななかさんの不安をきちんと解消してあげられない時点で、私の中で彼氏さんはナシです。

    でもまずはご両親にご相談する他無いと思います。
    私の友人も2人、ご両親に反対されて学会員との結婚が破談になりました。
    でも2人とも現在は他の方と結婚し幸せに暮らしていますよ。

〜 コメントを送信する前に 〜

井戸端会議に遊びに来て頂きありがとうございます。
コメントを頂くことで成り立っているこのコーナー。
コメンテーターの方には大変感謝いたしております。

ネットの向こう側には、悩んでいる方、苦しんでいる方がおられます。
コメントをされる方は、その気持を汲んでいただき、配慮ある言葉選びをお願いいたします。
『それは違うよ!』と思われ、相談者さまとは別角度からのアドバイスを書き込まれる場合、あまりに強く否定的な文脈ですと、文章の主旨が届く前に心を閉ざされる場合がございます。
相談者さまにとっての良い〝気づき〟となるような、心に届くような気持ちでお書きくださいますようお願いいたします。
井戸端会議が多くのお嫁さんにとって有意義な相談場所となるよう、ご協力よろしくお願いいたします。

おすすめ記事

シロハイ にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


+ 4 = 9