年月が経てば義父母に対する憎しみは消えると思っていたが…

SNOOPYさんのご相談

はじめまして。
長男出産後、近くに住む義父母が、家事や仕事の合間で、それぞれが朝、昼、夕の3回、孫に会いに来ていました。2人一緒に来るわけではないので、ほぼ毎日のように1日6回チャイムが鳴ります。
もちろん、連絡もなく、いきなりやって来ます。何故か授乳中や、授乳を終え、寝かせつけた時に決まってです。
義父母が来たら、こちらは寝転がっていられませんし、 お茶を出したり気を遣い、体を休める時がありません。時たま、どちらも来ない日がありましたが、そんなことは1日終わってみないと分からない状態で、いつ来るか、次はいつ来るか、イライラしながら育児していました。居留守を使って無視してみたら、合鍵を使って入って来られたこともありました。
チャイムの音がすると、条件反射で吐き気と胃痛の症状が出て、育児ノイローゼのように、義父母に直接言えない不満を旦那に大声で怒鳴り散らし、当たっていました。昼間私と2人きりの時にはぐずってばかりなのに、義父母の前では笑っている息子が可愛くありませんでした。今思えば、義父母は、家の中から泣き声がしない時を見計らって来ていたのでしょう。
母乳で育てたくて努力していたのですが、義母は昼間息子を義母の実家へ連れ出し、晩の7時まで帰ってこないこともよくありました。 母親が神経質に育児していて、何時間も授乳できないで、母乳育児なんてできるわけありませんよね。
今の私なら、義父母にちゃんと言えますし、そこまで気を遣って対応することはないのですが、結婚後間もなく、良い嫁でいなければという気持ちの方が勝っていました。
年月が経てば、義父母に対する憎しみは消えるのかなと思っていましたが、当時を思いだすと、20年以上経った今でもどうしても許せない怒りが込み上げてくるのです。
当時、きちんと主張や対応できなかった自分にも腹が立つし、せっかくの一度きりの育児の時間を返して欲しいと、悔しい気持ちがこみ上げてくるのです。
育児中だけでなく、その後も義父母の悪気はない、自分たちの都合の良い時だけの都合の良い関わりに振り回されて、関われば関わっただけストレスが蓄積されることで、病気を発症し、その時点で考え方を変えました。
今は良い嫁であることはやめ、極力接点をなくし、必要最低限の関わりしかしていません。盆正月はどうしても関わる必要が出ます。正月から愚痴ってすみません。
今の自分の関わり方を、本当にこれで大丈夫なのか、今後、義父母の介護が必要になった時、私はその状況に耐えられるのか、どうするべきなのか、悩むのです。
過去の不満が消えない以上、介護は絶対したくないです。
長い年月を経ての今の悩みです。


悩めるSNOOPYさんに
みなさまアドバイスお願いします!


カテゴリー: 舅姑


年月が経てば義父母に対する憎しみは消えると思っていたが… への14件のコメント

  1. ぷー より:

    「介護は実子」ですよ!

    実子であるご主人やそのご兄弟が頭を下げてお願いしてきたら、まぁ多少なら私の善意でサポートしてあげても良いわよ?で良いと思います。

    もしくは、子育て中に義父母がしたいようにしてきたのだから、介護だって義父母が快適かどうかなんてどうでも良いので、全てあなたの都合でやりたいようになさっても良いのです。意趣返しじゃないですよ、義父母スタイルを踏襲するだけですから。

    こう考えると、あなたのお気持ちが少しは楽にならないでしょうか?

    もしサポートどころか、一切が嫌!なのでしたら、ご主人に通告しておいた方が良いのかな、どうでしょうね?

    「法律でも介護は実子とされているし、可愛がられてきたならともかく、何十年嫌な思いばかりさせられてきた義父母の介護は私には無理です。実子のあなたが、施設をリストアップしておくなりなんなり、その時になって慌てないよう準備をしっかり進めておいてくださいね、私も私の親の面倒は実子が見ますので」

    と宣言したら、離婚になりますか?
    もしそうなりそうなら、直接介護させられるよりはマシだと思って、将来義父母を入れる施設や使える行政支援などを調べ、あなたが一人背負い込まずに済むような準備をされてはいかがでしょうか。

    • SNOOPY(相談者) より:

      ごめんなさい。
      慣れておらず、コメント頂いたところから返信出来ず、
      別にコメントしてしまいました。
      お返事、ありがとうございます。

  2. SNOOPY(相談者) より:

    お返事をありがとうございます。
    「介護は実子」なんですよね。
    最近よく言われるようになって、気持ち的には楽です。
    旦那のサポートはするつもりですが、
    義父母に直接関わることはしたくないのが今の正直な気持ちです。
    病気になって考え方を変えて以来、
    「私はあなたの両親のせいで一生完治することのない病気になった、将来あなたの両親との同居はもちろん、こんな身体では介護できそうもない、こんな嫁で困るのなら、今のうちに離婚してね。」と伝えています。
    旦那は、そこまで深刻に受け止めてないようですが。
    自分の心身の健康の為に、義父母とは必要最低限しか関わらない
    それを貫いたら良いのだと思うのですが、世のお嫁さん達の実際のところは
    どうなんでしょうか。
    旦那は長男です。
    田舎なので、近所から嫌でもいろいろ聞こえてきそうで、それもストレスです。
    今までも、義母が私のことを好き勝手言っているので、ストレスはあるのですが、
    ここから出て行きたい、旦那と離婚すれば、義父母との縁も切れるけれど、
    ここにいる以上、介護に関わることは避けられないような気がしています。

    幸い、今のところ元気なので、もやもやとした気持ちになるのは、盆正月の時期くらいなのですが。
    私のように、過去の恨みをいつまでも根に持っている人間ってどうなのかなと思ってしまい、相談してみました。

    • さむさむ より:

      私も同じ思いで悩んでいた事があります。
      15年同居 その後の15年の今も義父母の家から5分の所に住んでいます。
      いい嫁を貫くというか、自分の普通の感覚で接していても
      義母には伝わらない事が多くストレスを感じていました。
      夫にも最近までその気持ちを打ち明けられずにいました。

      いくら誠実に接しても伝わらない人には伝わらない、分かってもらえない
      それならば離れる事が正解です。
      昔の事を根に持って当然です。
      今まで頑張ってきたのですよ、自信を持って自分の人生を大切にして下さいね

      • SNOOPY(相談者) より:

        ありがとうございます。
        分かり合えない相手に、無理して合わせる必要はないですよね。
        距離を置くことも時には大切だと思います。
        同居から別居に至るまでは、大変だったのではないですか?
        距離を置いてみて、義父母への想いに変化などはありましたか?

  3. もぐぱん より:

    もしかして義両親はポックリ逝くかもしれないし、そういうことを悩むより、関わりのない「今」を自分自身のために楽しんで過ごしてはどうでしょう?

    20年以上前の悪気ない行為(でもご自身は傷ついた気持ちは理解できますよ!)に恨みを募らせるより「考えない」でいた方が楽じゃないですか?

    現実的には介護しない代わりにお金出さなきゃいけないかもしれないし、お金も出したくないとなると、ちょっとはお手伝いがいるのでは・・・と思っちゃいますがね。
    そりゃあ「介護は実子」と法律で言われてるとしても、(自分の場合)旦那が介護できるわけないと思っています。
    仕事もあるし、子供のウンチのオムツも替えてこなかったんですもん。
    何かあれば自分のスタンスだけ決めておいて、あとは夫婦で話し合うしかないかな。

    • SNOOPY(相談者) より:

      ありがとうございます。
      当時は全く悪気のない義父母の行為に悩みました。
      むしろ、悪意があったり、あからさまないじめだったりしたら、自分の気持ちを出しやすかったと思います。その方が楽だったかも。
      お気楽で自分勝手な人に振り回されるのは損過ぎると思います。
      なので、日頃は本当に関わらないし、関わる必要が有れば、旦那や子供を通して連絡するので、面と向かって挨拶さえもありません。
      極力避けてます。
      私より長生きしそうです。
      たぶん、義父母も嫁に嫌われていることは気づいていますし、だからと言って
      機嫌をとったり、嫌味を言われたりも一切ありません。
      でも、正月は関わる必要が。私みたいな方はいないのだろうかとネットを見ていて、ここにたどり着いたわけです。
      考えてもバカらしいので、考えないようにしますね。
      スタンスは考えておかないといけませんね。アドバイスありがとうございます。

  4. みくりんご より:

    私と同じような方がいらっしゃるのだと、ビックリして思わずコメントしています。

    私の義父母も近くに住んでいて、結婚直後から2人がそれぞれのタイミングで一日に何度も来てました。しかもチャイムなしで、気がついたら上がり込んでます!合鍵も持っていて、出入り自由です。子供が産まれたら尚更で、特に義母は朝から夕方までいることも多く、そうなるとお昼ご飯の心配までしないといけないわけで。義母は「気を使わないでね。私がいると休めないよね。ごめんね。」と言いながら、ほぼ毎日のように来てはお昼ご飯を食べ、雑談をし、夕方帰ってました。

    いつ来ていつ帰るのかわからない、そんな人の食事の為に、買い物から気を使って準備をする生活でした。一日が終わって、あー、結局今日は2人とも来なかったなとか、今週は結局週6かよ!勘弁してよ!と内心思いながらも、やはり良い嫁でいたいという思いもあり、表面上はニコニコして受け入れていました。

    主人が一人っ子なので、結婚後、「健康には注意したいけど、こればっかりはどうなるかわからない。老後、介護は大変だけど、またお世話になるかもしれない。世間一般的に、息子はいても現実にはあてにならず、どうしてもお嫁さんに頼るようになる。」と言われました。

    横にもなれないというSNOOPYさんの気持ち、よくわかります。体調まで崩され、本当に辛く大変だったでしょう。私ももう限界!と思い、主人には「毎日のように来てノイローゼになりそうだ。こんなことを言われたけど、老後に同居や介護は絶対無理だから。自信ないからね!」と伝えました。主人はわかったと言って、用もないのに頻繁に来るなと義父母に言ってくれました(効果は驚くほどありませんでしたが……)。介護のことはまだ先のことだし、あまりピンとはきてないようでした。

    結婚して17年がたちますが、義父母は相変わらず家に上がり込んできてます。でも、回数は減り、私も神経が図太くなって、少しは楽になりました。といっても、やはり気は使うし、うんざりすることは多々ありますけど。

    でもうちの義父母も悪気はないのです。孫も、嫁である私のこともとても大切に思ってくれています。不満もあるけど、助けられたこともあり、何とか距離を保ちながらやっています。介護のことは、正直どうなるかわかりません。うちも田舎なので、色々しがらみがありそうです。でも、自分の無理のない範囲でしかできないからと割り切っていこうと思っています。

    過去の辛い思いはなかなか消えないと思います。当然だと思います。SNOOPYさんも、その時がきたら自分の気持ちにまかせ、無理せずに。

    ごめんなさい。あまりいいアドバイスができてない気がしますが、あまり考え込まず、適当にいきましょう!

    • SNOOPY(相談者) より:

      本当に私と同じですね。
      みくりんごさんの場合は、旦那さんが苦言してくれたこと、
      出産後朝から夕方までいるとなると、きっと泣いた時抱っこしてくれましたよね。
      孫やお嫁さんを大切に思ってくれていることがちゃんとみくりんごさんに伝わっているところが、うらやましいです。
      私の場合は、旦那は頼りにならず、
      泣き声がしている時以外を狙ってやってくる。
      それも毎回チャイムを鳴らすので、やっと寝かしつけたのに起こされる。
      起きてしまい、泣き出すとまた来るねとすぐ帰る。
      何時間も連れ出された日には、夜はぐずってぐずって寝てくれない。
      私の目がないところで好き勝手したいが為、連れ出し、孫をおもちゃのように扱っているだけなのが本当に嫌でした。
      家に来られるのを避け、朝早くから出かけたりもしました。
      結局、小さな赤ちゃんを連れて外出しても疲れます。
      ここにいたら、身も心も休まらない、家にいるのに家にいる気がしない。と伝え、しばらく実家に帰ったこともありました。

      息子の子なのに、嫁が勝手に連れ回すと近所に不満を言っているのもなんとなく感じました。
      みくりんごさんと当時知り合っていたら、きっと愚痴の言い合いで盛り上がったでしょうね。
      ストレス発散できたかもしれません。
      たぶん、うちは関係はあまり良くないです。冷戦状態かな。
      そうですね。あまり考えず、適当にいきます。

  5. りんご より:

    >きちんと主張や対応できなかった自分にも腹が立つ

    こちらの一文に尽きると思います。
    対抗するべきは義両親ではなくご自身かと。義実家に対して「今度」があった時にご自身の意見をきちんと伝えれば、20年前のリベンジができるのではないでしょうか?

    相手に悪気があるかどうかはさほど関係なく、ご自身が嫌な事・困った事をされたら、真正面からやめてくださいと伝えたり、付き合い方そのものを一緒に考えるなどの提案からの相談、他にも色々な話し合いの形があると思います。ご自身でその接し方を選択・行動しない限り、相手の意のままにことが運ぶのは世の常です。ご自身で場をコントロールできるのが何よりもの護身に繋がるように思います。怖がらず怒らず、ただ静かにご自身の希望を伝えるのって大事だと思いますよ。

    次回の「その時」がいつ来るかは誰にもわかりませんので、今から練習しておくのも手だと思います。その手の自己啓蒙本を読み漁るも良し、周囲から参考談をを集めるも良し、どなたかに戦いの場を見守って頂くのも良し、できることは色々あるかと思います^^ 自分の身は自分で守りましょう。次回は勇気を出せますように!

    • SNOOPY(相談者) より:

      ありがとうございます。
      仕事に復帰した後、義父母はちょくちょく合鍵で留守中に入っていることは帰宅後の状況で分かっていました。
      ある日、出勤したものの、体調が悪く1時間ほどで早退して帰ったら、家から出てきた義母と鉢合わせに。
      めっちゃ勇気を振り絞って言いました。たぶん声震えていたと。
      「私が出かけた後、いつもこうやって勝手に入っているんですか⁉︎」
      義母は、あたふたして言い訳してました。
      「ついでがあったから」と。
      ついでにしては、合鍵持ち出して。

      留守中勝手に入られるのは嫌なので、やめてください。
      言いたいことを言えたのは、旦那と離婚してもいいと思えるくらい我慢の限界だったから。
      言えるようにはなったのですが、
      当時あんなに我慢する必要はなかったのに、悔しくて。
      言い返せるようになった今でも、最初に相談で書かせて戴いた出産後のことだけは今でも思い出すたびに怒りや恨みが消えないのです。
      出産後当時の義父母の対応が本当に嫌だったと伝えた方がスッキリするのかもしれませんね。

  6. はなこ より:

    ええ!
    留守中に合いカギで家に入っている!?
    何のために?入って何しているの?
    いやいやいや、無理です。

    私も産後は義祖父、義父、義母の一日3チャイムでした。
    疲れました。人が良い義家族なので、歓迎できない気持ちが葛藤し、自分を責め、脳が狂いました。「ママよりもばぁばが好き」と言われたいという気持ちは分かるが無理、やめてほしい。

    憎しみの気持ちのもっていきかたですが、私がいつかやりたいなと思っていることで恐縮ですが、行政の産後ケアがようやく浸透し出している昨今、それは「育児は一人じゃなくて、ご両親に手伝ってもらいましょう」というものです。いや、実両親や義両親は子育てに口に出してくるから面倒だから、頼れなくて産後のお母さんは苦しんでいるんだよ!
    お金出して、他人に手伝ってもらった方がどんなに楽なことか。私はいつか産後のお母さんための、何かをしたいと思っています。向き合って、他のお母さんが救えたら、自分の気持ちも消化できるのかなっと思っています。

    SNOOPYさんや他の方の産後話を聞かせて頂いてありがとうございます。
    こんな思いをしたのは自分だけではなかった。

    • SNOOPY(相談者) より:

      ありがとうございます。
      憎しみの気持ちを前向きに上手く転換されようとしているりんごさん、
      尊敬します。
      私、実は保育士なんです。免許持ってるだけですが。
      育休中は、勉強したことを活かして自分なりに1年間を楽しむつもりでした。
      それがことも無残な結果になってしまったこと、
      長男が可愛いと思えない自分を責めました。
      育児は本当は周りのサポートあってこそ、ママが笑顔で赤ちゃんもすくすく育つものだと思います。
      義父母に対しては、サポートしてもらったと言う気持ちは全く無く、はっきり言って育児の障害でしたので、今後介護なんかするもんかと思ってしまいます。

    • SNOOPY(相談者) より:

      ありがとうございます。
      すみません、この下のコメントで、はなこさんのお名前を間違えていることに気づきました。
      どうかお許しください。

〜 コメントを送信する前に 〜

井戸端会議に遊びに来て頂きありがとうございます。
コメントを頂くことで成り立っているこのコーナー。
コメンテーターの方には大変感謝いたしております。

ネットの向こう側には、悩んでいる方、苦しんでいる方がおられます。
コメントをされる方は、その気持を汲んでいただき、配慮ある言葉選びをお願いいたします。
『それは違うよ!』と思われ、相談者さまとは別角度からのアドバイスを書き込まれる場合、あまりに強く否定的な文脈ですと、文章の主旨が届く前に心を閉ざされる場合がございます。
相談者さまにとっての良い〝気づき〟となるような、心に届くような気持ちでお書きくださいますようお願いいたします。
井戸端会議が多くのお嫁さんにとって有意義な相談場所となるよう、ご協力よろしくお願いいたします。

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


8 − 4 =