義実家との距離感に悩んでます。

あかねさんのご相談

義実家との距離感に悩んでます。長文です。

多胎を出産しました。
長男もいたため、私一人では育児の手が回らず、私の両親はもちろん義実家にも助けを求めました。その時までは義実家と仲良くやっていると思っていましたので、条件付きではあっても手伝ってくれると思っていました。
出産後、どう育児をするか主人と色々相談しましたが、1ヶ月ぐらい私の家に住み込みで義母が来てくれたらいいねってことになり、頼みましたが義父の体が少し不自由のため断られました。義父も一緒でも構わないとの案も受け入れられずでした。
その後、私の父が怪我・病気と立て続けに入院することがあり、母も不安からか精神病を発症しました。今も薬は飲み続けています。
そういう状況でしたので、再度お願いしようと思いましたが、義兄に止められ、結局私サイドで乗り切りました。
そんな中、義兄に待望の長男が産まれ、二人目も産まれました。そして義両親はそんな義兄の子供の育児を手伝っているそうです。

孫育児は強制ではないし義兄は跡取りなので、孫育児するんだろうなと思うのですが…孫差別というより子供差別(主人と義兄)をされてるように思い、何より全く手伝ってくれない義両親に対し主人が(強がってはいますが)傷ついてるように思えてなりません。私も悲しいような気持ちになります。
そんな義両親との仲を今後どうしていくかとの悩みが私の中で無くなりません。義親も高齢ですし、主人には後悔しない接し方をしてほしいと思うのも事実だし、こっちの孫は用無しで会わなくてもいいと思われてるなら会いに行くのも馬鹿らしいのでは!?とも思ったり。義姉に相談するも嫁という同じ立場のため結局解決には至らず…

どうすればいいと思われますか?
ご教授お願い致します。


悩めるあかねさんに
みなさまアドバイスお願いします!


カテゴリー: 義兄弟姉妹, 舅姑


義実家との距離感に悩んでます。 への57件のコメント

  1. 次男の嫁 より:

    双子の面倒をみてもらいたかったのに理由をつけて断られた、ということから色々想像しすぎ。事実はそこだけ、あとは思い込みややっかみです。
    孫差別されて悔しいし腹も立つし。
    あなたは旦那さんを愛してるし大切に思っている。義両親にはしてもらったからする、してもらえなかったからしない、ではなく、あなたはどう生きていきたいんでしょう。ほどよく距離を置いて頭を冷やして。

    • あかね より:

      コメントありがとうございます。

      身バレ防止のために書くのをやめましたが、双子ではなく三つ子です。
      双子なら一人目育児の経験もあり、ここまでお願いすることはなかったと思います。後出し情報で申し訳ありません。
      確かに義両親が口に出して長男贔屓するとは聞いておらず、主人からの情報と私自身から見た義両親の言動で「長男第一」のイメージになっていました。そこは事実なのかどうかわからないため、思い込んでしまったのは申し訳ないように思います。
      どうなんでしょう、義実家との仲をどうしたいのか今は自分でもよくわかっていない状態です。間接的な間柄のため、色々難しいです。
      そうですね、少し頭を冷やすためにも距離を置いてみます。

  2. プリン大好き より:

    育児に家事に、毎日お疲れ様です。

    お義母さん、そんな差別意識はなかったのかもしれませんよ。
    年代から言って、更年期や更年期後の不調が出て思うように体が動かないのが親世代です。
    人に言わなくても、肩や腰や膝が痛く、目が見えにくくなっていたりします。
    男の子と双子の赤ちゃんのお世話のサポートを1か月間住み込みでやれと言われたら、30代の私でもひえーってなりますから、それより年齢が上の方なら尚更安請け合いはできないかと…

    お義兄さんご夫婦の場合、1人目の時からお手伝いしていただく体勢ができたのは、急に3人は無理だけど赤ちゃん1人なら…という判断があったのかもしれません。
    お義兄さんご夫婦がお義母さんの負担を考えた上で、OKを貰いやすく、うまくご相談なさったのかもしれませんよ。

    今回の件以前は良好な関係だったのであれば、気にしすぎてしまう方が事を悪くしてしまいそうな気がします。

    • あかね より:

      コメントありがとうございます。
      労りの言葉、嬉しく思いました。

      お義母さんというよりお義父さんの方ですね。お義父さんの意見に絶対服従のお義母さんなので。
      そんなご夫婦ですから仲が良く、結婚当初は憧れの夫婦像でした。
      ただ、口に言わなくてもわからない体の不調というのは気が付きませんでした。高齢ですから、確かにそうですよね。口に出すと心配すると思って言わないようなご両親です。私にはわからない事情もあったのかもしれません。
      とはいうものの、こちらは三つ子です。病院でも一人育児はしないようにと言われるほど育児に関してはサポートを求めてくださいと言われてました。
      一人出産でも産後鬱を心配されますからね。
      私の両親は私の負担を心配して、理解して、育児なんて全くしたことない父がミルクやり・オムツ・あやすことも寝かすことも服のお着替えから全てやってくれるようになりました。そして父も母も身体を壊してます。三つ子育児が全て原因ではないかもしれませんが、大半の原因だと私は思ってます。私の両親には感謝しかありません。
      主人の兄弟差別云々の前に私からすると同じお爺ちゃん・お婆ちゃんで同じ孫なのに私の親ばかり負担をかけてしまったことに義両親は何も言いません。そういう面も腑に落ちないのかなぁと書いていて思いました。
      だけど結局は私たち夫婦がどういう関係でいたいかですよね。
      主人とじっくり話し合ってみます。

      • るんくま より:

        『私の親ばかりに負担をかけてしまったことに
        義両親は何も言いません。』と、ありますが、
        普通、出産の後は、お嫁さんは1か月くらい実家に帰りますよね。その事を旦那さん側の両親が『申し訳ない』とかいいますかね?私の知ってる限りでは、嫁が実家の世話になるのは極めて普通の事なんですが、、。確かに三つ子だと非常事態といえばそうですが。
        私の場合、嫁は初産の時2か月くらいうちにいたし、2番目の時もそうでしたが、
        「うちばっかり」とか「嫁の親の挨拶がない」とかは
        全く全然思いませんでしたよ。できる人がやればいい事だし、
        それぞれの事情があるからしかたないですよ。
        それに他の方もおっしゃっていますが、孫の世話は非常にきついです。体力・気力の限界への挑戦です。
        (実際私も何度も体調を崩したり、腰痛になったりしています)
        長男+三つ子の場合でしたら、親ではなく、別のサポートが
        必要なくらいの大変さのレベルではないでしょうか。
        義兄さんのところと比べていらっしゃいますが、
        義兄さんのところも三つ子だったんでしょうか?
        違いますよね。とにかく、くどいようですが、長男+三つ子は
        ・・・私でもひるむなぁ・・・。
        それでも、なんらかの、1か月ではなくても、一週間でも、いや、2,3日でも、ちょっとでも、、、助けてくれる気持ちはなかったのか??こんな非常事態なのに、、というあかねさんの
        気持ちはわからなくもないですが、
        親からは独立して家庭を築いた大人二人、知恵を出し合って
        乗り切ってほしいものです。
        お金はかかってもファミリーサポートとか家事代行とかシッターさんとか(その辺の情報は詳しくないので、思いつくまま
        書いてみました)、友人とか知人とか・・。
        とにかく、がんばれとしか言えませんが。。。がんばって!

        • あかね より:

          コメントありがとうございます。

          >確かに三つ子だと非常事態といえばそうですが。
          すみません、ここの部分が一番重要です。この状態だからそう思いました。普通の一人・二人の子供ならお世話を頼むようなことは思いもしません。実際長男だけの時は手伝ってもらったことなど有りません。
          「私の両親に何も言わない」というようなことも思うこともありません。普通の状態なら普通の常識はあるつもりです。

          るんくま様も子供の非常状態より自分の身体をご心配なさる価値観をお持ち、ということなのでしょうね。
          義両親と同じ価値観の人がいるということを知ることが出来たのは良かったと思います。
          お金はかかっても…と軽く仰りますが、ミルク代も三倍・オムツの量も三倍です。服・スタイ・エプロン等々全部三倍のを理解した上での発言ですか?年数が離れた兄弟だと使いまわしもできますが、三つ子はそういうわけにはいきませんから。三つ子育児は育児だけが大変ではなく、経済面でも大変です。できるならファミサポとかも使用したくありません。それに下にも書きましたが育児はしてくれません。(責任云々があるそうです。)家事なんてだいぶ手抜きしましたよ。家事も大変でしたが育児を手伝って欲しいです。
          結局るんくま様の仰る通り、私たちで乗り切りましたよ。
          最後に手を出したのなら「親からは独立して家庭を築いた大人…」のくだりもわかりますが、手伝ってもらってませんからね。なんだかなぁ、と正直思いました。

          励ましのお言葉ありがとうございます。
          なんとか主人側の身内以外で頑張っていきます。

        • ぽぽん より:

          1人育児でもノイローゼになるような大変さなのに、3つ子ちゃんを頑張って育ててる人にいうセリフじゃないですね。
          いやー氷のような心の持ち主、びっくりしました。

          • あかね より:

            コメントありがとうございます。

            三つ子ちゃんを頑張って育てている…の言葉が嬉しかったです。
            色んな考え方の人がいるなぁと勉強になっております。
            その中で自分に合った答えを見つけたいと思います。

      • 次男の嫁 より:

        義実家を大切にしたい気持ちが感じられたので、今の関係だけで決めるのはもったいないかも?と思ったので。3つ子ちゃんだったの?どれくらいなのか?私が手伝ってあげたい…
        このようにSOSを発信できるように前向きに生きてください!

        • あかね より:

          再度のコメントありがとうございます。

          義両親というより「主人の親」だから大切にしたいと思います。
          ありがとうございます。手伝ってあげたいなんて言ってもらえて凄く嬉しいです。
          SOS発信して良かったのでしょうか?義両親に対しては発信したことを後悔しましたが。。。
          ありがとうございます。頑張ります!!

  3. なーこ より:

    3人もいたら大変ですね。
    長男くんはおいくつなんでしょうか?まだ小さいのかな。
    でも1ヶ月も住み込みというのは、ちょっと厳しいかと思います。お嫁さんに気を遣わなければいけないし、義父・義母さんの普段の生活があるでしょうし。向こうから言ってくれたのなら別ですが。あまりに人をあてにしすぎのような気がします。
    いちいち言わないかもしれませんが、義兄夫婦はきちんとお礼をしていたり、連絡をまめに取っていたりしているのかもしれませんよ?あかねさんの子供たちを少し面倒見ることで、また長期でお願いされても困るので、ほどよい距離感の義兄の子供たちを面倒見ているのかもしれないですし。子供たちにとっては、おじいちゃん・おばあちゃんでありますし、ほどよい距離感で接するのがいいのではないでしょうか。あまり親の協力を期待してはいけないと思います。そこはファミサポなどを利用して、少しでも負担を軽くしてはいかがでしょうか。

    • あかね より:

      コメントありがとうございます。

      長男はその時3歳でした。3歳のしかも少し成長が遅い男の子なので、まだまだ手がかかりました。
      えっと、、皆さんの意見を聞いていると相手側の気持ちがメインで書かれてますね。非常事態の子供が困っている時でも自分の気持ち重視になるものなのでしょうか?私は子供が困っていたら何とかしようと思います。たとえ自分が手伝えなかったとしても調べたり、他の兄弟に連絡してみたり、何かアクションを起こすと思います。定期的に電話も入れるでしょう。育児で体が潰れないか心配ですからね。
      それに一ヶ月というのは距離があるからです。通ったりする方が逆に大変です。それは後出し情報なので申し訳なく思います。
      人を当てにしすぎと言われる方がいますが、じゃあ三つ子育児できますか?一人でできますか?この間の三つ子死亡事件が起きていてもそう答えられますか?私は社会にも問題があると三つ子育児をして実感しております。地域のサポートも散々探しました。でも大半が育児は手出しできないと言われました。家事なら出来る、とのことですが私は家事より育児を手伝って欲しかったです。
      義両親にしたらマメに連絡を取らないと子供ではなくなるのでしょうか?私たちなりにGW・盆・正月は帰省していましたし、お中元・お歳暮もしています。三つ子育児をしてもらえなくても子供の写真とお手紙を数回送ったりしてモヤモヤしながらも切れないように努力してきました。
      義両親が私たちに気遣う連絡すらないのは親として当たり前なのでしょうか?なんだか親としての行動が何が正しいのか私にはわからなくなってきました。

  4. はな より:

    義両親の差別云々の前に、手伝いをあてにしすぎ・手伝ってもらって当然と思い込みすぎ。
    一人目の時は初めてだからといろいろ手伝ってもらえたかもしれないけど、何十年ぶりの子育てに義両親の負担も大きいはず。ましてや双子。自分たちの負担を考えて手伝いを断るのは当然のこと。
    義兄の所は初産だから手伝っている、または主さんの時ほど至れり尽くせりで手伝ってあげられなかったから長期的に手伝っているという可能性も。
    兄弟と言っても状況は家庭によってそれぞれです。何もかも平等にというわけにいきません。義両親にとっては平等にしているつもりでも主さんにそう見えていないだけかもしれません。
    手伝いは好意です。やってもらって感謝こそすれ、他人と比べることでも、ましてやしてもらえなくて恨むことではありません。
    今までしてもらったことにありがとうの気持ちさえあれば、跡取りだから・兄弟びいき・今後の接し方・・・などと無用のことにネガティブな考えも消えると思います。

    • あかね より:

      コメントありがとうございます。

      すみません、双子ではなく三つ子です。
      双子と三つ子育児は似てるように思うかもしれませんが全く異なります。
      だって私の手は二本しかありません。抱っこするのも一人できないのです。三人同時に泣くことも、寝る時は三人同時なんて稀ですよ。バラバラに泣き出します。私はいつ休めるのでしょうか?
      手伝いは好意です。わかっています。だからリアルには声を上げて言えなくてモヤモヤしているのです。

      ご意見、ありがとうございました。

  5. 匿名 より:

    泊まり込みのお手伝いは高齢の方には拷問以外何物でもありませんよ。義父さんもいらした場合、義母さんは新生児2人とエネルギーの塊の上のお子さんと、体の不自由な義父さんと、全部気にかけないといけないことになります。義母さんがお体を崩すこと請け合いです。週に1日、数時間お願いしてみたらいかがですか?喜んできてくださると思います。

    • あかね より:

      コメントありがとうございます。

      私の両親も高齢です。大変なのを承知で来てくれました。
      全てをお義母さんにお任せする気は元よりなかったので全部を気にすることはないと思います。お義父さんも足が悪いとはいえ歩けないわけでもないし、自分で自分のことはできる状況です。サポートがないと生きていけないわけではありません。
      そして上にも書かせていただきましたが、距離があるので通うのは厳しいと思い泊まり込みを提案しました。
      今、三つ子は二歳になりました。やんちゃで別の大変さがまだまだあります。ここ数年、義両親からの連絡はありません。(手紙を送った時、お中元・お歳暮のありがとう電話はあります。)その辺りもモヤモヤする原因なのだと思います。

  6. RURU より:

    三つ子ちゃんお誕生おめでとうございます♪

    義両親とはずっと関係が続きますので、助けてくれない相手のことは余裕が出来たらボチボチ考えたらよいかと思います。
    まずはマルッと忘れて、4人子育てでママがつぶれないことが第一かと。
    地域の保健センター等で相談なさって、使えるサポートは全部使ってください。
    双子ママの友人でさえ、常に足も使ってあやしてるって聞きました。
    三つ子&お兄ちゃんではママの体が本当に心配。

    義母さんの交通費や滞在費を考えたら、一日数時間でもヘルパーさんを頼めないかしら?もし余裕があれば、一時期はお金で解決するのも手かも。
    わが家は一人っ子でしたが、学校に上がるまで毎日ずーっと夜泣きがあったので、メンタルがボロボロでした。眠れない、休めないとどんなに子供がかわいくても辛い。
    遠くの親戚より近くの他人!シルバー人材センターとかもよいかもです。
    上の子さんの相手だけでも、サポーターがいると違いますよね。

    フレーフレー!

    • あかね より:

      三つ子誕生おめでとうコメントありがとうございます。

      RURUさんのように私の状況を考えてコメントしてくれる方が凄くうれしいです。人の優しさに飢えてる状態なのかもしれません(笑)
      優しいお声をかけられると涙が出てきます。
      ここまで来るのに、私の両親・主人・私の姉・友人が助けてくれて私は恵まれた環境なのだと思います。手伝ってくれた人達には感謝しかありません。
      何らかの形で恩返しが出来ればいいなと思っております。
      そんな状況の私でも三つ子を殺すとは思ったことはありませんが、施設に入れようかと悩んだことは何度かあります。
      多胎になると育児は本当に拷問です。赤ちゃんの時は可愛いと思えたことがありませんでした。(今はありますが)
      今は仕事復帰したので4人とも園に預けることが出来ているので、サポートが欲しいとは思いません。ここまでくれば何とか大丈夫だと思います。

      ただ、当時のことが忘れられず、モヤモヤはずっと残っているので、この気持ちを消火したくて投稿させていただきました。
      もう少し距離を置きながら考えていきたいと思います。

  7. 春はる より:

     私があなたの立場だったら、同じような気持ちを持ってしまうかもしれないな、と思いました。
     が、今、姑の立場になった私は、義母の気持ちも良く理解できます。
    どこまで正直に書いて良いのでしょうか。。
    息子夫婦の自宅に泊り、一ヶ月孫の面倒を見るなんて、すごく苦痛です。実の娘であれば、まだ違うと思いますが、お嫁さんですよ?嫌いだからでは無く、この先を良好な関係を保つためにもです。生活習慣や価値観、現在の育児情報ややり方など、違うと折り合うのに気疲れしますし、緊張と疲労継続でとてもとても務まりそうにありません。まして、体調の悪い義父と一緒でも構わないって、どんな無理を言っているのか解っていないなぁ。何で上から目線でものを言っているのかな。。現在、私にも孫がいますが、とても可愛いけど、進んで面倒を見たいとは思いません。ご存知のように育児ってとても大変。昔のような体力も根気、気配りも出来ないのが現状なのです。貴方様の当たり前が当たり前でないのですよ。きっと、年を取ったら理解、実感出来るようになると思います。
     苦しいかもしれないけど、理解していただけると少し義母への気持ちの持ち方も和らぐと思います。きっと義兄様はもう少し、その辺ことを理解されて接していると思いますよ。

    • あかね より:

      コメントありがとうございます。
      同じような気持ちになるとのこと、嬉しく思います。

      普通のね、一人・二人の孫ならこんな提案致しません。手が回らず、お願いというより助けて!!という内容です。普通の状況とは違うことをまず理解して頂けると嬉しく思います。私も二人目が一人出産なら義両親にお願いすることは無かったです。上から目線って…上から目線でしょうか??もちろん伝え方には配慮していますので、あくまで「お願いします」という低姿勢ですよ。
      そうでしょう、進んで孫育児がしたい人なんていないと思います。だからそれは私の親も同様だということです。
      私ばかりが義両親の状況を理解しろってことなのでしょうか?義両親は私の状況を理解する必要はないと?私、しいては主人(実の息子)の理解をしてもらいたいと思うのはわがままですか?上にも書きましたように、今現在サポートが欲しいわけではありません。私の親は私を心配して体を壊しても助けてくれた、私の主人の親は自分の体重視で子供のヘルプに助けてくれなかった、これが主人にとって傷ついた出来事であることに変わりはないと思います。それを義両親は何とも思わないのかなぁと個人的に思い、投稿した次第です。

  8. きなこもち より:

    あかねさんこんにちは。
    三つ子ちゃんのご出産おめでとうございます!
    そして本当に本当にお疲れ様です。。
    私の周囲では双子までしか居ませんが、それでも気を失うような大変さだと聞きました。
    ニュースで三つ子ちゃんのお母さんがお子さんを殺してしまった件でも騒がれていましたね。
    なので私はあかねさん夫婦が甘え過ぎだとは思わないですよ。
    なりふり構わず周囲の助けてくれそうな人にお願いしたのは正解だと思います。
    ただ人には人の事情が有りますから、義両親が断られた時にはその時なりの理由があったのでしょう。
    その理由をわからないなりに推測しても良いことはありません。
    そして義両親が義兄の子供の育児に関わっていることも、たまたま都合があっただけかもしれないし、義両親が義兄を優先しているからかもしれない。
    わからないことは気にしないのが1番です!

    助けてもらえなかったことを嘆くより、助けてくれた人を大事にしたら良いと思いますよ。
    ここは義実家のことはおいといて、助けてくれたご実家のことを考えたらいいんじゃないかな。
    体調崩していらっしゃるみたいだし、帰省もそちらを優先して良いのでは?
    助けてくれなかったのに義実家やご主人の事を考えてもやもやするあかねさんはお優しい。
    ストレスになるだろうし義実家とは少し距離を置いた方がいいかもしれない。義兄さんも近くにいるみたいだし。
    お子さん達もまだ小さくて大変でしょうし、義実家のなんやかんやはご主人に任せて子育て頑張ってください!

    • あかね より:

      コメント、労りの言葉ありがとうございます。
      嬉しく思うのと同時に数年の苦労が甦ってきて涙が出ます。

      双子とか多胎が周りにいたりする人はまだ理解していただけることが多いです。でもそういう人が周りにいない方は「大変な時も一度で終わるからいいわね」とか「出産も一度で済んで良かったね」とか言われることもあり、
      感覚が合わないなと感じたこともしばしば…。

      そうですね、わからないことを考えると悪い方向ばかり考えてしまうので結果は出ているし、考えない方がいいのかもしれません。
      ただ、今後の付き合い方を考えるとこのことが思い出され、どう対応していこうかと堂々巡りです。
      今年は主人の意向もあり、私の実家のみ帰省します。
      おかげで三つ子と長男は私の両親には懐いているので楽しいお正月になりそうです。
      主人に任せきりたいところですが、主人に任せると絶縁になってしまいます(汗
      そこが悩んでるところもあり、「絶縁」でいいのか何かしらの縁は繋いだ方がいいのか…答えが出ません。

  9. ゆりちー より:

    あかねさん、こんにちは。
    三つ子さんご誕生おめでとうございます。そして、もう2歳になられたとの事、よくこれまで皆様頑張られましたね。
    そんな義両親様、反省もしないし、今後も変わられないとも思うので、帰省等はできる範囲で接すればよいかと。
    あかねさんの方が大変でしょうが、うちも次男で、20年以上前に同じような思いをしました。
    実父のガン手術と自分の2人目の出産と実母の事故、夫の自営業の欠員が重なり。。本当にどうしようもない時に、義父に頼りにするなと言われました。
    その日はベビーシッターの都合がつかず、義姉に1日上の子を見てもらって出産したのですが、その次の日から旅行に行った義父と義兄姉に旅先で調子が悪くなったと言われた事は今でも覚えています。
    時代に合いませんが、次男嫁の実家の都合など、どうでもよいのです。
    その後も色々とありましたが、長男と次男の扱いの差は続きました。それでも、義両親様の介護等の際は、兄弟平等に、と言ってくるでしょう。
    私は、義父の為でなく、夫の為に手伝いました。どうぞ、夫様と今の家族を大事にしてください。

    • あかね より:

      おめでとうコメントありがとうございます。
      そうですよね、三つ子とはいえ子供の出産はありがたいことです。当時はなかなか思えず、なんで私だけ…と卑屈な事ばかり思ってました。
      今はそれぞれの成長が見られることを嬉しく、幸せに思います。
      ゆりちー様も大変な体験をなされたようで、状況は違えど、辛かったと思います。主人も「困ったときだけ連絡してきて」と義父に言われたことを未だに忘れられずにいるようです。困ったときだけ連絡してないと思うのですが…。
      夫に感謝の気持ちがあれば、意に反しても義両親にしたら思い通りのことをゆりちー様はなさったのですね。私はそこまで出来るかわかりません。
      とはいえ、義両親は長男が跡取り=介護と思っているし長男自身もそう思っているので、たぶん私たちがすることは無いと思われますが。そこに関しては私の両親のみに全力を注げるので助かっています。
      ちなみに主人は三男です。次男は随分昔に子供が生まれて義両親も初孫ということもあり、だいぶエネルギーを使ったようです。見返りを期待していたとは思いませんが、その割に次男からは何もない、みたいなことも不満がってました。なので私たちにも似たような感情を抱いたのかもしれませんね。

  10. プリン大好き より:

    一度上でコメントさせていただいているのですが、読みにくくなりそうなので新しくコメントさせて下さい。

    コメント返信より、あかねさんの叫びたくなるほどの「誰か助けて」という気持ちが伝わってきました。
    義理のご家族の事情もあったのかもしれないよというのが私の意見でしたが、あかねさんにとってはそれどころではない状態だったのですね…

    ただ、ここで絶縁はやはりちょっと後悔しそうな気がします。

    三つ子ちゃんとのことで、今後学費も一度にかかりますよね。
    奨学金には連帯保証人が必要になりますし、ご主人が突然働けなくなることもあるかもしれません。
    そういう時にあてにするために…というと言葉が良くないですが、いざという時に心を痛めて行動に移してくれる親族は、多い方がいいですよ。

    あかねさんのご親戚もお優しい方ばかりなのでそれで充分だと思うかもしれませんが、子供達が大人になったとき、お義兄さんのお子さん達は頼りあえる良き従兄弟になるかもしれません。
    大きくなった子供達に「なぜ従兄弟と遊べないのか。お父さんの方のおじいちゃん達は僕たちと会いたくないのか」と聞かれる日も来るかもしれません。その事で余計な傷を負うかも。

    腹立たしい気持ちはお腹の中にしまい、上辺だけでも仲良くしている方がお子さんにとってもいいことかもしれませんよ。

    • あかね より:

      再度コメントありがとうございます。

      プリン大好き様のコメントには考えさせられました。
      そうなんですよ。子供に罪はないのです。せっかくお爺ちゃん・お婆ちゃんが健在で会おうと思えば会えるのに親の都合で会わせていない…この現実も悩む一つの理由です。
      私はどっちかと言えば勝気な性格でして…内面の思いをしまい、上辺だけのお付き合いが出来るかどうか(汗

      皆様のコメントを読み進めながら答えが出てきたように思います。
      「しばらく距離を置きつつ、子供たちがそこそこ大きくなれば交流を再開する」となりそうな気がします。
      お忙しい時間にたくさんの方のコメント、ありがとうございます。
      こうして書いて初めて自分の気持ちと向き合えたように思います。
      そしてココで色々ぶちまけたことによって、心が少し軽くなった気もします。皆様方には助けていただき、ありがとうございました。

  11. はな より:

    ファッジさんが「双子」と書いていたので双子とばかり思っていましたよ。
    そして三つ子は出産したばかりではないのですね。
    上の子は当時3歳で、三つ子は現在2歳になり、義両親は上の子の時も三つ子の時も全く手伝ってくれず、でも義兄の二人の子供のことは育児を手伝っているらしい、ってことですか。
    >(義両親とのつきあい方を)主人に任せると絶縁になってしまいます ってことは、義両親の言動にご主人は相当怒り心頭ってことですか?
    お返事を読んでいたら相談文を読んだときの想像とだいぶ状況が違うみたいで、意に沿ったコメントを書けなくてごめんなさいね。

    義両親とは手伝ってくれなかったなりのつきあいでいいんじゃないでしょうか?自分たちが大変な時に手伝ってくれなかったという恨みが消えないならそれが態度に出てしまっても仕方のないことかもしれません。
    でもお返事を読んでいると義両親との付き合い方よりも、当時の大変さをわかってもらえなかった悲しみが消化されずにわだかまっていることが一番の悩みかな?と思いました。
    でもね、他人がやってくれなかったことに焦点をあてるとマイナス感情が蓄積するだけですから、自分がやってもらえたことに焦点をあてましょう。自分の家族に大いに感謝し、自分を大いに褒め、義両親は夫を育ててくれた人として感謝するのが一番平和な生き方だと思います。
    年をとるにつれて自分の苦労を理解して自ずと労ってくれる人なんて減る一方ですからね、夫婦で「私たち頑張ってるよね、苦労してきたよね」って励まし合うのは効果ありますよ。

    • あかね より:

      コメントありがとうございます。

      >上の子は当時3歳で、三つ子は現在2歳になり、義両親は上の子の時も三つ子の時も全く手伝ってくれず、でも義兄の二人の子供のことは育児を手伝っているらしい、ってことですか。
      そういうことなのですが、どこまでこの掲示板に書いていいのかわからず、こちらこそ後出し情報ばかりで申し訳ないです。
      不必要な情報と必要な情報の伝え方、身バレも怖いですし、こういう掲示板は初めてですが難しいですね。
      主人は「今まで(人生で)親に助けを求めたことなどほとんどない。そんな中イレギュラーな状況になって困ったときは言ってこいと言いながら助けを求めたら怒られる(困ったときだけ連絡してきての下り)。もう金輪際頼ることは無い」と怒り心頭です(汗

      >当時の大変さをわかってもらえなかった悲しみが消化されずにわだかまっていること
      まさにそうです!もう終わったことなので手伝ってくれなかったことに関してはいいのですが、当時の私たちの状況を想像して労りの言葉ぐらいくれてもいいのでは!?との思いが消えないでいます。わたしのことなのに私以上に私のことがお解りになるはな様には驚かされました。
      そしてはな様の後半部分の言葉、涙が出ました。
      自分たちの経験を踏まえて自分の子供たちが困っていたら全力で助けようねと主人と言っております。でもその前に、はな様の言う通り私と主人が労り合う気持ちを持って今後生きて行こうと思います。

  12. べあのあべ より:

    はじめまして。
    ご相談の内容は義両親とどうつきあっていくか、ということですよね?
    答えはご自身の中にあって、アドバイスをもらっても変わらないような気がするのですが…
    それより、大変だったのに手伝ってもらえなかった気持ちを誰かに訴えたいのかな~と思いました。
    「大変」な事柄というのは誰しも何かしら抱えていて、特に晩年になればなるほど増えていくような気がします。
    どんな非常事態であっても、できることとできないことがありますし、
    ご自身ではそう思っていらっしゃらないとは思いますが、困っている人を助けて当たり前だ、という気持ちはなかったでしょうか。
    なんだか冷たいですね。冷たいついでに義両親にとって、嫁は子供ではありません。子供といえるのはご主人だけです。
    保育園に預けるまでにあかねさんが体験したことは何ものにも代えがたいですし、人として素晴らしく成長されたとおもいます。それはあかねさんだけのものです。
    その誇りを胸に、自分の思うとおりに過ごしていかれればお幸せなのではないでしょうか。
    一生懸命育てたお子様はみなあかねさんの味方ですよ。

    • あかね より:

      コメントありがとうございます。

      答えではなくとも、このモヤモヤが少しでも消火されればと思い、皆様のご意見を頂戴したく投稿させていただきました。
      そして気持ちは軽くしていただきまして、ありがたく思っております。

      >大変だったのに手伝ってもらえなかった気持ちを誰かに訴えたいのかな
      そういう気持ちもあります。ですが一番訴えたいのは義実家です。
      >できることとできないことがありますし
      そうなのです。私もそう思いますが、それならそれでこういう理由があるから無理だと言って欲しかった。何か特別な事情があるのなら伝えて欲しかったと思います。そうすればここまで思うことは無かったのかもしれません。
      断られた理由は「義父が自分の家から出たくない」「義父が義母と離れたくない」「義父が頑固」「そっち(私実家)でなんとかしろ」「嫁(私)は何してるんだ」「義両親は高齢(私の両親の方が若いですが2・3年しか代わりません)」

      他人が困っていたら善意・ですが、子供が困っていたら助けて当たり前と思っていましたが違いますか?私は子供が困っていたら親なら助けて当たり前と思っていますし、そういう教育を受けてきました。そして私の両親は助けてくれました。
      そうです。義両親にとって主人が子供です。だから私=主人を助けることになるのではないですか?義両親が助けないとなると主人が仕事時間を割いてでも育児に関わらないといけなくなります。それに現実に「手伝って欲しい」と連絡したのは主人です。私ではありません。
      一人の孫ではないのです。三人+一人です。想像してみてください。

      毎日寝るのが嫌でした。寝たらまた苦しい一日が始まるから。(夜中も眠れませんでしたけど)あと1年…あと半年…終わりを決めて一日一日を過ごしてきました。長い目で見れば途方もないように思えて疲れるので目の前にあるやらなければいけないことのみ目を向けるようにして過ごしてきました。
      おかげさまで老けました(笑)友人や姉、私の周りで育児が大変な想いをしてる人達が言うのです。「あかねの存在が力になる」と。あかねなんて三つ子を育ててるんだと思うと頑張れたそうです。私なんかの存在で苦境を乗り越えた人がいると思うと三つ子出産した意味もあるのかなとか前向きに考えたりもしましたが。。。当時は大抵マイナス思考でした。
      よく保健センターの方が見に来て頂きましたが、忙しい毎日の中で汚い家の中に入られるのは嫌でしたし、「心配で~」とか言いながら「虐待してないかの確認ではないか」と疑ったり、定期健診に行くのすら大変なのに三つ子だからか他の人より多く通いましたよ。
      元々が大変なのに、「三つ子だから」他の人より多く行動しなければいけないことが多々ありました。その割にサポートは無いし。センターに行けば一人・二人は抱っこしてくれますがサポートなんてそれぐらいです。
      役所に「他のサポートはありませんか?」と聞きに行ったこともありましたが「保育園に入園できるポイントが高いですよ?(それだけでもいいのでは?)」のような言い方をされ、呆気に取られたことを覚えています。

      すみません、長い愚痴になってしまいました。
      あまり経験したくなかった日々でしたが、自分では気づかず成長できていると思いたいです。
      コメントありがとうございました。

      • べあのあべ より:

        もうみていないかもしれませんが一応書き残しておきます。
        では、あかねさんがその状況で義両親に何かがあって手助けが必要になったとします。助けられますか?よく考えてください。

        道徳として困った人を助けるのは当たりまえですよね。
        私は助けてもらう側の人がそれを声高に言うことには違和感を覚えます。もちろん助けてください!と言うべきです。言っていいんです。でも当たりまえだと思っていたら、叶えられなかったとき(役所の対応ひとつにしても)不満になりますよね。
        それぞれの状況があることを思えば、怒りはすこし収まるのではないですか?

        せっかく貴重な体験をされて乗り越えてこられたのだから、もう一息な気がします。

        • あかね より:

          コメントありがとうございます。

          今の状況では手助けはしません。私たちを助けて頂けていませんから。主人の方がそういう考えが強いです。
          ですが、もし、三つ子育児を何らかの形でお手伝いして頂いていたとしたら出来ることはやります。三つ子も2歳になっておりますので、当時よりは手がかかりません。

          他人ではないから助けてもらえると思うと言っています。身内が一番助けないで誰が助けますか?知人や友人にお願いしたらという意見もちらほら見受けられますが、身内すらしてくれない赤ちゃんの面倒を一体他人の誰が見てくれるのでしょう?それこそ考えませんか?預かったときに何かあったら責任取れないと。だから他人には基本断られるのです。当たり前ですよね。私もそう思います。よく考えてみてください。夫婦だけでは手が回らない、私の両親も手いっぱい、民間・行政サポートは家事のみ、こういう状況でどうしろと言うのでしょう?他に何か案がありますか?あるなら教えていただきたいです。今後産むであろう多胎児を持つ母親のために。私はどうすればよかったのでしょう?どういうSOSを出せばよかったのですか?役所はお役所ですよ?政府が少子化云々言ってますよね?国民から近い役所がそういう対応してさらに子供を産もうと思えるのでしょうか?

          もう休めるなら休みたいです。。。

          • べあのあべ より:

            締められたようでお疲れさまでした。こちらへの返信は終わっていないというか疑問形なので、返信だけさせていただきます。
            もし自分が多胎児を授かったらどうしただろうか。徳島の五つ子ちゃんはどうやって育てられたのだろうか。
            一区切り(保育園利用)されているようなのでそれについてどうこう言えないし、ああすればよかったこうすればよかったというのは無意味なので、行政へのお怒りについて…

            行政サポートって家事のみなんですか?
            『三つ子育児は育児だけが大変ではなく、経済面でも大変です。できるならファミサポとかも使用したくありません』とおっしゃっていましたが
            行政ができることってお金の面で助けることなのかな~と思いました。お金があれば、解決できましたか?あかねさんができることは、マイノリティの多胎児のお母さんたちのために声をあげることではありませんか?もっとお金を回してもらえるように動いてみたらどうですか。
            休みたいんだからそれどころじゃないかもしれませんね。

            現在不妊治療が多いので、多胎児も増えてきていると思います。大変なお母さんの星となるべく輝いてください。

  13. ゆき より:

    三つ子ちゃんの育児、大変お疲れ様です。

    兄弟で贔屓してるかもしれないし、違うかもしれません。
    『義兄とご主人、自分(義母)の味方になってくれる度の違い』もあると思います。自分の味方をしてくれて居心地が良いか悪いかかもしれません。その辺りは、考えれば考える程マイナスにもプラスにも持っていけますから、自分の考えに振り回されないようにした方が良いと思います。
    視点を変えたら、義姉は来てもらって迷惑している可能性だってあるんです。
    こちらが考えるだけ無駄です。
    「老後は同じ扱いするから良いや」位のブラックトーンでも良いから、心の中に沈めておいたらどうでしょうか。義母に気を使わなきゃならない時間少なくてラッキー☆って、意識操作しちゃいましょう。

    • あかね より:

      労りのお言葉、ありがとうございます。
      本当に嬉しいです。「大変」をつけて下さった辺りに気持ちの重さを感じました。

      そうですよね、相手の本心がわからないことは考えても無駄なんですよね。悪い方向にばかり考えてしまうのならなおさらですよね!
      世のお嫁様は幾つの時代になっても姑問題で苦労なさっている方が多いところ、私は逆バージョンなので本当、考え方によればまだラッキーなのだと本心でそう思います。(私の場合姑ではなく、舅になりますが)
      基本、絡まなくていい間柄ですからね!
      はい!皆様のアドバイス通りしばらくは義実家には行く回数を減らし、その間に自分の気持ちを切り替えて次会う時は皆笑顔で会えたらいいなと思います。(私は上辺だけになるでしょうけど)

  14. なーこ より:

    上の方に書かせていただきましたが、色々とそのあとの文を読み印象が変わりました。最初は双子ちゃんで大変だから、義親に1ヶ月くらい頼んだらいいよね〜という軽い感じに受けてしまいました。身バレとかもあって書けなかったんですね。失礼しました。
    4人の育児大変でしたね。でももう三つ子ちゃんも2歳ということで、これまで本当にご苦労なさったということがわかりました。これからは子供たちにももっともっとお金がかかりますし、お中元やお歳暮などもやめてもいいのではないでしょうか?遠方とのことなので、帰省も控えてもいいのかなと。もう少し大きくなったら、習い事や子供たちの用事で本当に帰省できなくなると思います。でもいとこたちと遊べることは楽しいかもしれません。怒る気持ちも十分わかりますし、でもやっぱり一応縁は切らず、たまーにメールとか送る程度でなんとか縁は繋いだ方がいいのかなと思います。縁を切るとお兄さんとの関係も悪くなってしまうのかな?と思うので。私自身も、母方の祖父母からは可愛がられましたが、父方の方はそんなに可愛がられた記憶がありません。でも父方の祖父母を含め、いとこ達とみんなで集まるのは楽しかったです。
    4人もいたら写真や手紙を送るのだって手間ですよね。あかねさんは偉いと思います。
    今年のお正月は自分の実家で楽しく過ごせそうでよかったですね!寒いので子供たちも風邪など気をつけて、頑張ってください!!

    • あかね より:

      コメントありがとうございます。

      最初に三つ子と書かなかった私がいけませんでしたね。申し訳ございません。確かに文面を読み返すと軽い感じにも読み取れることが出来るので、表現方法はやはり難しいと痛感しております。「お願い」ではなく「助けて」という状況でしたと書くべきでした。申し訳ないです。
      私の子供たちはまだ未就児ばかりなので、小学生以降どれだけ金銭面がかかるか見当もついておりません。しかも運悪く上の子が高校生になる頃には三つ子は中学生です。入学・卒業が重なってしまうので今からゾっとしているところです(笑)小学生以降になってくると時間もなくなるのでしょうか?時間は出来ると思っていましたが…。
      なーこ様ご自身のいとこ達との繋がりの大切さを教えていただき、ありがとうございます。私自身はいとこが歳が離れており、住んでいる場所も他県だったのでいとこ関係は交流がございませんでしたが私の子供たちは年齢も近く、場所も車があれば行ける距離なので確かにいとこ達とは仲良くさせていきたいと思ってます。
      となれば、やはり義両親との仲も上辺だけでも良くしておいたほうがいいのでしょうね。私の気持ちを切り替えていきたいと思います。

      昨日園の先生からほっこりしたお話を聞かせていただきました。
      三つ子の一人がクラスのお友達におもちゃを取られ、泣いていたところ他の二人がそのお友達から取り返してくれたそうです。兄妹愛だと先生は仰ってくれました。靴を履くときもお互い履かせ合っている姿を微笑ましく思えました。子供たちは可愛く思います。

  15. もぐぱん より:

    ご相談内容を読んで、アドバイス書きかけては消し、書いては消しを繰り返してましたが、本当にお疲れ様です。
    もう、あなたが近くにお住みなら駆けつけて手伝ってあげたかったです!!
    そうよね、いくら補助があるとはいえ出費も多くてなかなか家族以外を頼るって難しいものですよね。
    最後の自分の気持ちも不安定なときに第三者が家に入るのもストレスですし。。。

    それでも周りの方の「あかねの存在が力になる」って、あかねさんってすごい存在なんだと思いますよ!
    三つ子ちゃんたちも自我が出てまた違った大変さがあると思いますが、やっぱり親は乗り切るしかないよね。
    そうそう、遠くのことを考えないで今日を乗り切ることだけを考えて過ごすのはすごく良いことだと思います。ナイスな心持ち!
    なせばなるってよく言ったもんですね。

    義両親のことは今はあまり考えないで、会えるときに会う感じでいいと思いますよ。
    義姉さんは何も悪くないと思うのでその辺はうまくやれるといいですね。
    ご近所さんでも世話好きのオバチャンとかいると思うので、挨拶とかで親しくしといて何か急なときに力になってもらえる方が出来るといいですね。

    私はお隣のチビちゃんとか、お掃除の間だけでも見とくよ~って預かったりしてました!

    • もぐぱん より:

      【訂正】最後の自分の気持ち→産後の自分の気持ちです。

    • あかね より:

      コメントありがとうございます。
      何度もアドバイスを書き直して頂いたようで、気持ちが伝わりました。

      手伝ってあげたかったと言って下さり、当時の私に教えてあげたいぐらいです。手を差し伸べてくれる人もいるということを。
      病院など行けば注目の的で、もちろん赤ちゃんの時は私一人なんて無理なので私の両親と病院へ行っていましたが優しくお声を掛けて下さるご婦人の方もいました。心無いセリフを仰る方もいらっしゃいましたが、私の身体を気遣って下さる方もいて、心が温まったのを覚えています。

      ご近所さんに子供好きなお母さま(おばあ様?)がいらっしゃるのですが、三つ子を気に入っていただき、いつでもおいでと言って下さるのですが、そのご家庭は男の子4人いらっしゃるので中々言葉通り甘えることは出来ませんでした。人との距離感はやはり難しいです。

  16. マチコ より:

    お兄ちゃんに三つ子ちゃん、4人のお子さん育児本当にお疲れさまです。

    私は今2人兄弟とお腹に3人目がいるので、出産後の入院中と産まれてきてからどうやって乗り切ろうか毎日悩んでいます。
    あかねさんとは状況が違いますが、上の子がもう小学生なので、実家に里帰りは出来ない(車で1時間の距離)し、実母は1ヶ月なら学校の送り迎えしてもいいよとは言ってくれますが、義両親と同居なのでそういうわけにもいきませんからね。
    うちの義両親は子育て出来ないタイプの人たち(小1に彫刻刀渡して、怪我したら自己責任ね♪とか言い出すんです)だし、衛生観念も全く合わず(消費期限が1ヶ月前にきれてる生肉を平気で食べる等)毎日どうしたもんかーともんもんとしています。

    旦那さんが怒り心頭とのこと、もしかしたら男の人の方がそういうことに怒るのかもしれませんね。
    私が3人目を妊娠した後に兄のお嫁さんの妊娠がわかりました。その時に実母が兄に1ヶ月くらい兄宅に来てほしいと言われたようでした。母は1ヶ月は無理!と断ったようです。
    その時に兄は「妹にはやってやったのに⁈」と納得しなかったようです。
    ただ、兄と私では状況が違うんですよね。
    ・私は実家に里帰り、兄は兄宅に来てほしい。
    ・私は市内で当時車で30分の距離、兄の家は高速使って3時間の距離。
    家事が一切出来ない実父(働いているのでついていけない)を置いて1ヶ月は家あけられないからと話して今は納得しているようで、基本はお嫁さんのお母さんに頼って、どうしてもダメな時に1週間だけと約束しているようです。

    もしかしたらあかねさんの義両親さんにも何か事情があったのかもしれませんね。
    でも、三つ子ちゃんにお兄ちゃんという非常事態、1ヶ月じゃなくても少しでも協力して欲しかったですよね。
    事情があるなら話して欲しかったし、あかねさん宅とご兄弟宅と平等にして欲しかったですよね。

    旦那さんが怒るのもあかねさんがもやもやするのもわかります。
    この先、義両親との関係をどうするのかは難しい問題かなとは思いますが、あかねさんと旦那さん、お子さんたちにとってより良い選択ができるといいなと思っています。

    • あかね より:

      コメントありがとうございます。

      育児苦労はお互い様ですね。お疲れ様です。
      義両親が側にいてくれるとはいえ、そういう感覚のご両親だと任せて預けることは出来ないですね。それならば実母様にお手伝いしてもらえるとのことでしたら甘えたらいかがでしょうか?義両親と同居とのことですので、色々ご心配されるかもしれませんが、また別の形でのヘルプを頼んでもいいように思います。

      私も三つ子出産の時は義実家を当てになど、当初はしていませんでしたよ?私の両親のヘルプは考えていたので事前に話し、(私の両親には三つ子出産していいかどうかまで尋ねています)どのように生活するか両親と共に相談し合い考えてきました。
      だけど状況が変わったからお願いしたのです。
      私の父が怪我・病気となり、入院になったのでお願いしたのです。
      多くの方のご意見を頂き、誠に嬉しく思うのですが、私の父が怪我・病気となったからお願いする経緯になったのです。だから元々は義両親にお願いするつもりはなかったのです。三つ子育児+父の入院が重なったので1ヶ月ほどお願いできないかと思ったのです。
      マチコ様のお兄様はどうしてもダメな時に一週間となったのですよね。すごく羨ましいですよ。優しいご両親をお持ちですね。私はまさに「どうしてもダメな時」でした。それを断られたのです。
      実際手伝ってもらう・もらわないに関わらず、そう仰って頂けるとそれだけでも心の支えになるかと思います。お兄様のお嫁様はお幸せですね。

      ありがとうございます。なんとかいい方向になるように努力致します。

  17. うさぎ より:

    四人の育児お疲れ様です。

    なんだか皆さんお義母さん達側の意見が多く、あかねさんに寄り添ってない感じがして悲しくなりました。

    我が家も主人の実家から同じ姉弟で孫の手伝いが全く違ってなんで??って思うことがたくさんありました。基本できることは自分でするけど、どうしても無理って時ありますよね。そういう時に断られるとすごくしんどくなりました。
    幸い主人も差別を感じてくれたので基本夫婦で乗り切り親は当てにしない。そのかわり老後の介護が必要になった時覚えてろよ(笑)と意識を変えました。その時からお歳暮も送るのやめました。

    年に1度くらいは会うようにしていればいいのではないかなぁと思います。

    お子さん達もまだまだ愛情いる時期です。ご夫婦で子育て頑張ってください!私も頑張ってますよ。

    • あかね より:

      コメントありがとうございます。

      うさぎ様のお優しい言葉が身に染みました。
      やはりまだまだ多胎育児というものを理解されない世の中なのだなと思います。本当に…そういう方に経験できるならしてもらいたいです。
      お中元・お歳暮もこのタイミングでやめるとそれこそ嫌味なような気がしてやめられずにいます。優柔不断なんです、私。困った性格です。。。

      ですが、皆様のご意見としてはやはり縁は繋いだ方がいいとのことですので何とか繋ぎとめていい方向に進むように努力していきます。

      お互い育児頑張っていきましょうね!!

  18. ちきん より:

    う~~ん。。。とっても勝手な話だと思いました。

    >1ヶ月ぐらい私の家に住み込みで義母が来てくれたらいいね
    勝手に人の予定を決める?と。。。
    生まれる前から多胎児と分かっていたんですよね。
    もし本当に手伝ってほしい場合、その時点で、判明した段階で相談しませんか?
    それもなしに、勝手に手伝ってくれる。しかも住み込みで。とか皮算用してるのって、すごく怖いなと思いました。
    期待してたから、それが実現しなかったことに衝撃を受けるのであって、最初から期待しなかったら、衝撃受けていないと思いますよ。
    逆ならどう思います?嫁だからって、「1か月ぐらい住み込みで来てくれたらいいな」って義両親が話していたら。。。

    お義兄さんの方は住み込みだったんですか?もし違っていたのなら、そっちを手伝うのは住み込みじゃなかったからじゃないんですか?
    あるいは、タイミング的なこともあると思いますよ。
    お義母さんが精神的、体力的にきついと感じている時なら断るのも責任のうちだと思います。
    他にも、予めお願いしておいたかどうかでも違うと思いますし。あなたはやってほしいことをお願いしたけれども、お義兄さんの方は、お義母さんが援助を申し出たことだけありがたくお願いしているのかも。
    日頃ご義実家に対してどういう貢献をしているのかによっても違いますよね。

    要するに何が言いたいかというと、比べること自体が間違っているということです。
    そしてあなたは頼み方(頼む仕事量)を間違えたか、タイミングが悪かったから援助してもらえなかったんだけれども、大変頑張られた、そこは素晴らしい。結果としてなんとかなったんだからいいじゃないですか。

    どうすればいいか?
    今回の対応から反省すべき点は反省し、今後に生かす。
    義両親とは普通に対応するが、距離は保つ。
    旦那様が気にしていないそぶりをなさっているのならあえて触れない。
    状況が違うので、比べない。
    この4点だと思いますよ。

    お義兄さんご家族も、支援してもらったならもらったなりのご苦労があると思いますよ。今も今後も。

    • あかね より:

      コメントありがとうございます。

      トピの説明では軽い感じの言葉に聞こえてしまっていますが、そんな軽い状況ではございませんでした。マチコ様の返信文にも書かせて頂きましたが、元々義両親にお願いするつもりはありませんでした。私の父が怪我・病気で入院したからお願いしてみようとなったのです。だから産まれる前に相談するわけがありません。父が何もなければお願いすることはなかったのですから。怖いと思われましても、そういう状況でしたので急遽お願いするという流れですので、もしOKを頂いていたらそこからどうしていこうかと相談していくつもりでした。そんな最初からいきなりお願いしてOK貰えて当たり前とは私も思いませんけども。どうしようもない状況だったから助けてくれと言ったのです。状況が状況なのできっとOK貰えると思っていたのはおかしいのでしょうか?助けてもらう時にあらかじめ言うものなのですか?こういう状況になるかわからないのに?1ヶ月となったのは父の入院関係でそう思ったのです。軽い感じで「一か月お願いしよっか~?」みたいな意味ではありません。

      あの、住み込みではないと大変だと思ったからそう提案したのです。それに私の時と義兄の時とは危機感が違うと思うのです。三つ子を育てるってどういう感じで思っていらっしゃいますか?漠然と大変そうとかそういうレベルなのでしょうか?一人出産の孫と三つ子の孫と同レベルで考えておられる方が結構いらっしゃいますよね。一人で三人同時に泣きだしたらどうしますか?オムツ替えるのも三人ですよ?一人でも大変だと感じませんか?
      頼む量の違いって、そりゃこっちの育児は大仕事ですよ。だから助けてくれって言ったのです。ご自身の身体メインで考えられるのなら断るでしょうね100%。大変なのは目に見えてわかっているのですから。「手伝い」レベルと「助けて」レベルを一緒にしないで欲しいのですけど。
      そして軽い感じで「大変頑張られた、そこは素晴らしい」と言われましてもあまり嬉しくないです。

      「結果としてなんとかなったんだからいいじゃないですか」
      そう仰られるのならそれ以前のお言葉はなんだったのでしょう?私も別にその当時のことをあれこれ言うつもりは無いのですが。義両親にこういう想いを抱いていて、それをふまえて今後どうしていけばいいかとの相談だったのですが、当時のことをあれこれ言われているのはちきん様を始めとする数人の方々です。そして何度も何度もこういう状況でしたと説明しますが、やはり皆様相手方の感情メインでお話されるので「あぁ、世間の人にもわかってもらえないのだなぁ」と痛感しておるところです。
      双子ママがバスに乗せてもらえなくて困っていましたよね。あのニュースを見て残念に思いました。助けてくれる人は一人もいなかったと仰ってました。今の日本とはそういう国なのだと思いました。
      私の場合は三人なのでまず、三つ子ベビーカーがありません。(あっても買いませんが。日本では交通機関は狭くて使えないだろうし使えなければ意味もない)双子ベビーカーと一人ベビーカーで移動します。一人でベビーカー2台は無理ですので車移動しかないです。それでも車から降りたら何とかしますけど。
      このトピでも自分の子供は親であれ当てにせず、どんな状況でも夫婦のみで乗り切れという意見が多いですよね。そうできない状況だと訴えてもわかっていただけない。経験しないとわかってもらえない。もどかしいです。
      ちきん様なら夫婦で乗り越えられるぐらい心身ともにお強い方なのでしょうね。羨ましいです。私はそこまで強くありませんでしたので。

      • ちきん より:

        締められた後の様ですが。
        あなたは「私の気持ちや状況を理解してもらえなかった」と強く訴えておられますが、先方には先方の気持ちや状況があるでしょう。

        相手の気持ちメインで考えるのは、あなた方ご夫婦が助けを求めるのはあなた方の自由であり、権利であると思います。そこは批判しておりません。そして、それを受け入れるかどうかはあくまでもお姑さんの自由であり、断るのも権利がある。なのに、まるでそういう自由や権利がないかの如く、あなたがお姑さんを批判しているから、どうしてもお姑さん側に寄った意見を書きたくなるのです。

        客観的に考えて、娘ではなくて嫁のところへ手伝いに、住み込みで1か月、経験のない三つ子のお世話は、責任感が強い人ほど引き受けるのに躊躇すると思います。私なら恐れをなして引き受けません。

        あなたが大変じゃなかった。とは思わないし、助けてほしかった気持ちは分かるんですが、それはあくまであなた側の都合。
        義両親側には別の都合も考えもあってしかるべきで、その希望を受け入れなかった姑さんを恨みに思うのは筋が違うと言いたいんです。

        義両親の行動は、常識の範囲と思いますので、常識的に接すればいいんじゃないんですか?と申し上げています。

  19. 今回は匿名でおねがいします より:

    私もなんども書き書けては消し、を繰り返しました。

    済んだ話、ということですので
    今後の件をアドバイスするとすれば
    義家族のことをアレコレ悪く言わないことです。

    この件で一番傷ついているのは旦那さんで
    どんなに酷い仕打ちをされても実家に対する愛情は
    なかなか捨てきれず、
    非常識なことをされればされるほど
    傷つくものです。

    例えば、嫁の実家はこんなに助けてくれたのに
    うちの実家は….

    と思えば思うほど落ち込むんですよ。

    なので、あかねさんは
    相手の実家のことは明るく軽く、適度にお付き合いすると
    旦那さんの気持ちも少しはラクになると思います。

    最後になりますが、私自身が双子で年子の兄弟がいるので、
    似たような経験を両親がしていますので
    感情はよーくわかります。

    多胎児育児の大変さは、やっと今
    声をあげる人がポツポツでてきたところで
    理解はまだまだ足りていないと思います。

    なんとか乗り切ったご家族はすごいですよ。

    これからは前向きに、
    乗り切ったことに自信を持って、がんばってくださいね〜。

    • あかね より:

      コメントありがとうございます。

      何度も書き直して頂いて、それぐらい考えていただいたというのは心底嬉しく思います。ありがとうございます。

      >嫁の実家はこんなに助けてくれたのに
      うちの実家は….
      多分思っているでしょうね。。。私も主人と逆の立場なら主人に(私自身は全力でやっていたとしても)申し訳ない気持ちでいっぱいになると思います。

      双子で年子のご兄弟がいらっしゃるのですか!?それも大変でしたでしょうね。。。

      世間に理解されないことは辛く、もどかしいですね。
      このまま少しずつでもいいから大変さを理解してもらい、行政サポート等の充実が広がればいいなと思います。

      ありがとうございます。これからも育児は続いていきますのでね。。。
      楽しいことも多々あると思い、頑張っていきます!

  20. ヨガ好き より:

    話が全然違いますが、遺産相続とかで自分だけもらえないとか、自分だけは進学させてもらえないとか、親の真意が分からないまま不平等を受けたら親を憎んでしまいそうですよね。

    旦那さん、絶縁まで考えるとは、もしかしたら上記で書いたような気持ちが親に対してあるのではないか、と危惧してしまいました。

    自分は愛されてないのではないか、三つ子育児は我が子を殺してしまう位の大変さがニュースでもやってるのに助けてもらえない、突き放されたと親に不信感を抱いてしまっていそうです。

    心の傷が心配ですね。

    育児がまだまだ大変でしょうが、
    レジリエンス(回復力)とかアサーティブとか学んでみると救われるのではないかと思い、締めたあとで申し訳ないのですが書き込みをしました。

    心安らかになる日が来るのを祈っています。お幸せになってくださいね。

    • あかね より:

      コメントありがとうございます。

      主人の精神面をご心配なさっていただいてありがとうございます。
      主人は金銭面では淡泊な性格で、あまりこだわらない(なので貯金も出来ない性格ですが)方ですので、義両親の財産など元々あてにしておりません。もし財産があるとすれば長男が義両親の面倒を見るであろうとのことですので長男夫婦が全て譲り受けたらいいと思っております。
      そういう面で親を憎むことはないので大丈夫だと思います。

      そして、私の両親に対しては感謝してくれているようですので同居してもいいと何度も言われています。(私の両親が首を縦に振りませんが)
      何かあれば出来る限りのことはするとも言ってもらえていて優しい主人で嬉しく思っています。

      私や子供たちが主人にとって心の支えになれればいいなと思います。
      年齢を重ねた時に「あの時は大変だった。でも4人の子供に恵まれて幸せだった」と夫婦で思えるように頑張っていきたいと思います。
      コメントありがとうございました。

  21. ひよこ より:

    嫁の立場の者です、こんにちは。
    あかねさんが、そんじょそこらの育児の大変さとは比較できない育児を送ってらっしゃることは承知の上で書いております。大変お疲れ様です。

    義母さん、孫や息子達に甲乙つけたというよりは、自分(自分達)の老後を優先させただけなのでは?「それだけ大変な次男夫婦より長男夫婦への手伝いを優先させた」っていう事実が長男夫婦への爪痕を残すわけで、既に義父さんがその状態なら、尚更そういうこと考えるんじゃないのかなーなんて。

    誰しも究極の人生の選択においては、自分を中心にして人生を考えていくものだと思います。あかねさんの望んだ関係性が成り立たなかったのは悲しいし、あからさまに線引きをされてしまうのは悔しいところではありますが、「完全に仕方がない」に尽きるように思いました。

    >義両親との仲を今後どうしていくか
    義両親が引いた線引きに注意しながら(私の本意が伝わりますように)、ご自身が人として誠実と思える態度で接するのが、結果的に自分の平和が保てるような気がします。

    元気出してくださいね。

    • あかね より:

      コメントありがとうございます。

      なるほどなぁ~と思いました。
      そういう損得感情でしたら納得です。私たちの子供が出来たタイミングが悪かったのと主人が長男ではなかったからというのが答えなような気がします。もし長男が三つ子だったならきっとお手伝いしていたのだと思うので。

      そうですね、今後は差し障りのない距離感で親戚というお付き合いをしていこうと思います。義両親の考えに添った対応をしていけたらいいなと思います。

      同じ嫁という立場とのこと。励みになりました。
      心が元気になるように過ごしていきたいです。
      ありがとうございました。

  22. きなこ より:

    こんにちは。
    可愛い赤ちゃん達に囲まれて、幸せな反面すごく大変だということはわかりました。
    ずーっと下まで読ませていただいて思ったことは、自分を肯定する意見だけ欲しいなら、こういう場に書き込みしなければ良いのになぁ。
    というのが正直な感想です。
    自分と反対の意見だとしても、回答をした方々は時間を割いてくれた訳で…。

    そんなに大変大変と声を大にして言いたいなら、書けませんけど、あれですよね。
    それなりの覚悟や心構えとか、周りのサポートとかにあてがあったから産んだと思うんですけど…。
    なんか、偉そうにしか聞こえないです。

    • あかね より:

      コメントありがとうございます。

      そう思われたのなら仕方ないです。
      偉そうに聞こえてしまったようで申し訳ありません。
      皆様には必ずありがとうございますとの言葉を付けていましたが伝わっていないようで残念に思いました。
      そしてご意見の感謝の意も込めて全員に返信してきましたが、そういう気持ちも伝わらなかったようで…
      申し訳ないです。

      書けませんけど、とのお言葉、産まなければいいのに、ということでしょうか?お腹の中にいる時点でもう三人の命が宿っていました。確かに中絶することも人数を減らすこともできますと医者に言われましたが…
      まさかそういう選択を勧める(?)方がいらっしゃるとはさすがの私も思いませんでした。

      ご意見ありがとうございます。
      お目汚しさせてしまい、申し訳ございませんでした。

  23. あかね より:

    あかね(投稿者)です。

    たくさんの方々からのご意見を頂き、誠にありがとうございます。
    皆様忙しい日々の中でこんな私の悩みの為に立ち止まり、考え、打ち込んで頂いて貴重なお時間本当に嬉しく思います。

    自分の気持ちも整理ができ、今後の気持ちも固まりつつありますのでこの辺りで締めようかと思います。

    色々なご意見、本当に参考になりました。
    私や主人の心身を心配して下さった方、ありがとうございました。
    何とかここまでやってこれました。私も主人も元気です。
    私の考え方に批判された方々、反発するような文章になってしまったことは申し訳なく思います。すみませんでした。
    まだまだ人として未熟なのですんなり意見を受け入れることが出来ませんでしたが何度も読み返し、相手はこういう考えだったのかも?私にも(考えが)至らない点があったななど、反省すべきこともあり、ご意見として本当に嬉しく思っております。

    もう悩みはこりごりですが、また何かありましたらその際は宜しくお願いします。
    たくさんのご意見ありがとうございました。

  24. まるたま より:

    もう締められているのにすみません。
    感想と気になる点を1つ

    ご主人の怒りや悲しみと、あかねさんご自身の感情は別に考えるよう、意識した方がよいかもしれません。
    あかねさんご自身の中で、ご主人の感情と自身の気持ちが混同しているようにみえましたので。
    また「主人もそう思う、感じている」との表記もあり、そちらも憶測するのではなく、本当にそう感じているのか確認なさったほうがよいかと思いました。

    夫婦間の思い違い、憶測が後々トラブルの元なので。

    それとですね….こちらは感想ですが。
    日本がなぜ少子化なのか、子育てに理解がないか、分かる気がしました。ここにコメントした人が皆育児経験者とは思ってませんが、分からない人は分からないですよね。
    私も子を持つまで知りませんでした。

    上の子の子育てでは産後うつになり入院も経験しましたが、行政はあまり役に立たず、保健師は入院前日まで、大丈夫。ネガティブなことも沢山言うけど!と言われ、意味なし。
    自治体によりけりかと思いますが、改善点はありますよね。

    あとは体でできないことは、お金で解決するのも必要と思いました。手伝いに行けないなら、せめて何かの足しにと。勉強になりました。(お金で解決できる事、多いです)

    そして、家庭科の授業に育児実習が必要と感じましたね。
    家庭生活とは、家庭を築くとは、色々考えさせられました。

    長々とすみませんでした。
    お体ご自愛ください。

〜 コメントを送信する前に 〜

井戸端会議に遊びに来て頂きありがとうございます。
コメントを頂くことで成り立っているこのコーナー。
コメンテーターの方には大変感謝いたしております。

ネットの向こう側には、悩んでいる方、苦しんでいる方がおられます。
コメントをされる方は、その気持を汲んでいただき、配慮ある言葉選びをお願いいたします。
『それは違うよ!』と思われ、相談者さまとは別角度からのアドバイスを書き込まれる場合、あまりに強く否定的な文脈ですと、文章の主旨が届く前に心を閉ざされる場合がございます。
相談者さまにとっての良い〝気づき〟となるような、心に届くような気持ちでお書きくださいますようお願いいたします。
井戸端会議が多くのお嫁さんにとって有意義な相談場所となるよう、ご協力よろしくお願いいたします。

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


− 5 = 1