中1の息子が、問題の文章を正しく読み取れない…

子育て難し過ぎるさんのご相談

中1息子の勉強について相談です。
よろしくおねがいします。

私から勉強を促さなくとも、いつも息子は机に向かい勉強しています。
塾も休まず行っていますし、宿題も忘れずに提出しています。
しかし、定期テストの成績が非常に悪いのです。
息子はテストの度に結果に落胆しており、前回は「こんなにやってもダメなんて悔しい」と、私に涙を見せました。

単純な計算・漢字・単語などの小テストはいつも高得点です。
でも定期テストは全然ダメ。
勉強ができないのではなくいわゆる“あわてん坊”なのだと思っていました。
しかし考えすぎかも知れませんが、もしかしたらテストの“形式”が、彼には理解できないのかも…と思うようになってきました。

(例1)ーーーーーーーー
例えば下記のうような回答に選択肢がある場合、

Q)最も適当なものを、下のア~エの中から一つ選びなさい。
ア.距離 イ.面積 ウ.標高 エ.方位

答えがアだとして、解答欄に「ア」入れるところを、「距離」と書いてしまいます。

(例2)ーーーーーーーー

例えば下記のうような図を見ながら回答する場合、

【1】次の図Aを見て答えなさい。
 (1)問題文
 (2)問題文
 (3)問題文
   -図A-

【2】次の図Aを見て答えなさい。
 (1)問題文
 (2)問題文
 (3)問題文
   -図A-

【2】の“次の図Aを見て答えなさい。”を読んだとき、
近くに【1】の図Aがあるため、そちらを見て回答してしまいます。

ーーーーーーーーーーーー
そのほかには、
・問題の文章を正しく読み取れない。
・自分で思ったことと、解答用紙に書く文字が違う
 「沸点」と解っているのに「沸とう」と書いたり、計算式で出た答えと解答欄の数字が違う等
・裏面に問題があるなんて思わなかった、などの思い込み

「思い込んではダメだよ」「文章をよく読んで」
とその都度伝えるも、何度も繰り返しています。

塾の先生に相談すると
「まだ中1。テストというものに慣れるまで時間がかかるかも知れないが、いずれは慣れます。」
と言われましたが、
信じられない間違え方をする息子の答案を見るたび、本当に慣れるのか?と不安な気持ちになります。

一生懸命やっているのに報われないと嘆く子に
頑張った結果を感じてほしいのですが
このような勉強でない箇所のミスが多い子に対し
親として何かできることはないでしょうか?

「うちの子もそうだったけど、そのうちそんな間違いはなくなるよ!」
といった声を聞けたら…などと淡い期待を抱きつつ
アドバイスよろしくお願いいたします。


悩める子育て難し過ぎるさんに
みなさまアドバイスお願いします!


カテゴリー: 子育て


中1の息子が、問題の文章を正しく読み取れない… への14件のコメント

  1. ぼんまっち より:

    こんにちは
    お母様も息子さんももどかしいことと思います。
    うちの中三の娘もそうでした。バカだねぇ・・で済む程度で悩んではいないので、恐らくうちの子の方が軽傷なのかもしれませんが、ケアレスミスで一教科で30点も落とした時はさすがに本人も泣いてました。
    先生のおっしゃる通りまだ中一、慣れだと思います。
    3年生になり受験を控えた今、ミスはだいぶ減りましたが、正に今日返却された期末テストでは久しぶりにまたいくつかやらかしました。
    内申に関わる大事なテストなので緊張したようですが、終了時間の勘違いや、カタカナ記号をなぜかBと解答など、他にもありました。
    私が注意したことは、問題は目で追わずに心の声で読むこと。
    気をつけてるのに間違えるのはケアレスミスではないので、出来ないことは経験を積んで慣れることです。
    理解出来てないわけではなさそうなので、一問一問慌てずに取り掛かかるようにしてください。
    その後、塾などではスピードアップの訓練をしてくれると思いますので、経験豊富な塾の先生が心配していないのならお任せしていいと思います。
    息子さんが一番気にしているでしょうから広い心で見守ってあげてください。

    • 子育て難し過ぎる(相談者) より:

      ぼんまっち様
      ケアレスミスという言葉では済まされないほどありえないミスの連続に、暗い気持ちになっていましたが、中学3年までの経験で改善が見込まれることを知り、ホッといたしました。
      「問題は目で追わずに心の声で読むこと」
      来週の期末テストにはそう心がけるよう伝えてみます。
      アドバイスありがとうございました。

  2. まこ より:

    子育て難しすぎるさん、こんにちは。
    努力している息子さんも見守るスレ主様も本当によくやっておられると思います。私は男子3人のパート主婦で、教育や勉強の知識はあまりありませんが、現在大学1年生の長男が少し似ている所があるので、思うところを書いてみますね。
    長男も中学生の時からテストで必ずケアレスミスをする子でした。割合は1割くらいですが、本当に分からない部分もあるので惜しいなぁー、残念!って感じ。ケアレスミスの理由は主様の言われるように「あわてんぼう」だと思います。これ言い換えると「読むスピードが早過ぎて理解のスピードと合ってない」じゃないですかね?長男は小説も漫画もあっという間に読むタイプで、問題文もザッと読んで把握した気分になって答えを間違えていた感じでした。結論から先に言うと、長男は中学の時塾でいい先生に出会い、じっくり問題文を読む、回答を冷静に見直す等を仕込んでもらい、高校からは自力で勉強を進め第一志望大学にミラクル合格しました。単なる私の予想ですが、主様の息子さんも頭の回転が早過ぎて今歯車が合ってないだけで、きっと結果が出せるようになると思います!時間をかけて待ってあげてくださいね♪

    ここからはあくまで余談です。
    当時の私がした事は2つ。新聞の小さな切り抜き(朝日新聞の天声人語)を毎日トイレのファイルに挟んで、読んでみな〜とすすめたこと。少し長く難しい文章を否応なくゆっくり(大の時に時間がかかる子でした)読む事で、読むスピードの調節になったんじゃないかな?実際は音読がベストらしいですけどね!
    もう一つはケアレスミスに悩まない事。勉強が苦手になったら本末転倒なので「ミスは誰にでもある、しょーがない!」となるべく明るく笑っておきました。(内心トホホと思ってても)
    ご参考までに。心から応援してますよー!

    • 子育て難し過ぎる(相談者) より:

      まこ様
      「読むスピードが早過ぎて理解のスピードと合ってない」
      「小説も漫画もあっという間に読むタイプ」
      「問題文もザッと読んで把握した気分になって」
      息子、まさにそのような感じです!
      本は速読でもやってるのかというめくり方で、内容を聞いてみるとストーリーと全然違う受け取り方していて…。
      ご長男さまと同じように、この先息子も好転してほしいです。
      本人がこの「問題文もザッと読んで把握した気分になって」はいけないことだと自覚すること必要ですね。じっくり息子に伝えていこうと思います。
      アドバイスありがとうございました。

  3. 息子は面白い より:

    こんにちは。
    高1になる息子も同じでした!(まだ、「です」かも)。
    前の方も書いてらっしゃいますが、まさに、黙読は速いのですが音読が全くできない子でした。
    それと関係があるかどうかわかりませんが、答え方までしっかり理解して答えるということにつながるのではと思っています。
    また、小学生の頃に、塾の先生にうっかりミスの癖を治すのは大変だと言われました。
    そこで、私が実行したのは、そういう癖があることを自覚させることと、どうしたら治るのかを話すことです。
    癖なので、気を付けたらいつか治ること。でも、すぐには治らないかもしれないこと。勉強が理解できてるから大丈夫。中3までに少しでもミスが減るように頑張ろうって言ってました。
    お勉強が頑張れる息子さん。羨ましいです。きちんと机に向かう習慣ができているのは凄いことです!意識したら、ミスは減っていくと思いますよ。できてることをしっかり認めてあげて、頑張り屋さんを伸ばしてあげてくださいね!

    • 子育て難し過ぎる(相談者) より:

      息子は面白い様
      これは癖。治らないものではない、癖は意識次第で治る、
      必ず息子に伝えたいと思いました!
      頑張っているのに躓き悔しがる息子にとっては、先に光がある気持ちにはなれそうな意識だと思います。(実際に私がなりました!)
      もったいない減点は確実に減らせるんだ。追い込むようではなく、柔らかな声掛けとして続けて行きたいと思います。
      アドバイスありがとうございました。

  4. ゆき より:

    もどかしいですよね~。
    うちも中一です。
    うちは、息子と大分話しました。
    解っていて間違えたとしても、それは惜しい訳でも何でもなくそれが今の実力である事。「何でこんな間違えを?」という間違え方をした問題は、どういう間違いをしやすいか統計を取る事。
    後は、うちは塾にも行ってませんので、外部の試験に慣れていくこと。この一年で某塾の全国統一テスト的なのも2回とも受けましたし、英検と数検も受けました。『試験の為の勉強』は、その人その人でベストの勉強方法は違いますから、自分で掴むまで回数重ねるしかありません。
    今はだんだん慣れてきたようです。
    数学の計算ミスなどや記入ミスなどは、回数重ねるしかないと思います。うちは趣味で数学をガツガツ進めてて今3年の勉強をしてますが、問題を毎日解き続けて、最近計算系のミスがみるみる減って来たなという感じです。

    テストの問題は間違えやすい、苦手である。と思うと委縮しちゃいますよね。そうすると余計緊張して間違える。息子は空気にのまれたと表現していました。
    そう印象つかないように、やればできるよと母親が言い続けるしかないと思います。ここは頑張ったね、ここが惜しかったね、大丈夫、次はきっと出来る!と「出来るかも?」という所に持って行くのが、最大の役目だと思います。

    • 子育て難し過ぎる(相談者) より:

      ゆき様
      塾ではなく、外部試験の空気感に慣れてもらう方法、目からウロコでした。
      そしてもう中3の数学を手掛けているとは!すごいです!
      「空気にのまれた」息子もそうだと思います。
      試験時の、焦った、時間を勘違いしてしまった、工事の音が気になったなどの感想を聞き、から回ってるようでしたので、その場の空気になれていないからなのだなと思います。
      次の英検に挑戦する予定です。そういった機会を増やしていくのも現状好転に繋がりますね。
      アドバイスありがとうございました。

  5. もうすぐ期末 より:

    まさに!です。
    うちも中1です。数学など理解できていないということでもなく
    勉強が嫌いでもなく、むしろ自ら率先して自主学習をこなし、真面目に
    中学校生活を送っている息子ですが、テストで結果が出ない。
    別にすごくいい成績を望んでいるわけでもないのです。
    しかし、親バカですが、もうちょっととれるだろうと思ってしまいます。

    最初は時間配分でした。それは慣れていないからだろうと思いましたが
    次にケアレスミス。間違ったところを、本当にケアレスミスなのか、理解できていない、あやふやなところはないかと一緒に復習したりしました。
    結果に本人も親もがっかりしてしまい、どうしたものやらと悩んで今回の期末テストも早めにとりかかるようにしたのですが、これでまた結果が悪かったら・・・
    と親子で弱気になっていたところです。
    皆さんの回答を読んで、まずは私がもっと励まさねばと思いました。
    せっかく中学校生活を意欲的に勉強に部活に取り組んでいる息子にたいして
    テストの結果で親がいちいちガックリきていたらダメだよなぁと反省です。
    そして、やはり基本は国語なのかと感じています。
    それについては色々策を講じているのですが・・・

    私のは参考になる回答でもなんでもありませんが、あまりにも状況がドンピシャだったのでついつい書き込んでしまいました。

    • 子育て難し過ぎる(相談者) より:

      もうすぐ期末様
      「やはり基本は国語なのかと感じています」
      私も同じくここを痛感中です…。
      国語力を上げることで、全教科の得点が底上げできるのではないかと思っています。
      簡単な小説を買ってきては渡すのですが…
      すぐに効果が現れるものでもなくじわじわ力がついていくものなので
      受験までには問題文を正確に読み取れるようにと願っています。
      親として、ケアレスミスに落胆した姿を見せない、忍耐が必要ですね…。
      塾の先生から「努力ができる子」という表現をもらったことがあります。
      そこをグッと評価し、サポートとして根気強く励ましていこうと思います。
      うちは来週期末テストです。ドキドキですね。
      アドバイスありがとうございました。

  6. より:

    子育て難し過ぎるさん
    ご投稿内容を拝読して浮かんだのが、学習障害(特に読字障害)やADHDです。
    もしこれまでこうした視点は持たずに来られていたら、突然のことで混乱されるかもしれませんが、可能性の一つとしてお読みいただけますと幸いです。

    読字障害は、色々なタイプがあり、たとえば、たくさん文章が並んでいると、どこを読めば良いのか・読んでいるのかが分からなくなる方もいれば、文字が目に突き刺さるように感じて辛い方もいます。

    また息子さんの間違え方を拝読していると、もしかしたらADHD傾向があり、視覚聴覚様々な刺激に対し脳が反応しやすい状態のために、読み飛ばしが多くなったり、頭に浮かぶままにパッと書いてしまったり(「沸騰」のことなど)しているのかもしれない、と思いました。

    本人が努力してもなかなか改善できない状況は、息子さん自身もお辛いでしょうし、自己肯定感を持ちにくくなるかと思います。

    一度、発達障害の専門医がいる病院、特に学習障害(LD)を診れる医師がいる病院に相談されてみてはどうでしょうか?市の教育相談室や児童相談所でも、こうした専門医がいる病院を教えてくれると思います。
    本も色々出ていますので、まずは図書館などで読んでみられても良いかもしれません。

    私の子どもは書字の困難さがあります。でもそれが分かったことで、本人も苦しさの原因が分かり、書字は無理せずPCを使うなど対策も取れるようになり、楽になりました。
    もし、読字障害やADHDによる文章問題の困難さがあったとしても、読む場所に定規を置いたり、テスト文章の重要な文字を目立たせてもらう、など色々な配慮(工夫)ができるはずなので、あまり心配されずに、前向きに捉えていただくと良いかと思います。

    • より:

      追加を失礼します。

      塾は個別指導ですか?
      もし個別指導だったり、個別でなくとも息子さんように試験練習をしてもらえるのなら、擬似試験を先生に横で一緒に見てもらい、テストで気をつける部分へアドバイスをもらいながら練習をするのどうでしょう?

      例えば、一緒に問題文を読みながら、気をつけるポイントに線を引くようアドバイスもらうとか、図Aと出て来たらそれは問題文の下にあることを伝えてもらうとか、最後まで行ったらどんな風に見直すかとか。

      こうした試験練習を繰り返し見てもらうことで、気をつける部分やコツが分かってくるかもしれません。

  7. PON より:

    昨日、遅刻する若者達に「9時10分前には集合ね」と言うと伝わらないという記事を見ました
    それにも似てるなぁって

    私は本が好きな子供でした
    ですが、国語のテストの読解に生かされたのは高校の2年からだったと記憶してます
    なんだろう突然降ってきたんです
    そこからテストで聞かれている意図が汲み取れるようになったり

    例2は社会人的文章の書き方でも不正解の書き方だと思います
    前に図Aと表記したなら次は同じ図Aは出さない物です
    図Bや図A-1、図A-2と表現する物だと思いますよ
    論文など読めば解ると思います

    読みての事を考えて無いと思います

  8. いちご より:

    子育て難し過ぎるさん、こんにちは。
    私も長男に似たような傾向があり悩んだ経験を持つ者です。

    気を付けてもミスを繰り返すの点で、学習障害を疑いました。
    ご気分を害されてしまったら本当に申し訳ございません。
    ただ、障害と言ってしまうとネガティブな印象ですが、
    人間の脳は複雑怪奇ゆえの多種多様で、中には少数派の珍しいタイプもあり、
    それが真の優劣を決めるものではないと思っています。

    試験への訓練は必要と思いますが、
    ご子息様は、もしかしたら今後もケアレスミスがなくならないかもしれません。
    完全にノーミスを目指すより、上手く付き合う方法もあるかと思います。

    私の狭い経験の中からではありますが、

    ご子息様は高い学力をお持ちのようですから、
    出来るだけ高いステージへ立たせてあげてください。
    具体的には、より良い学校へ進学される事です。

    まだ中1で まだ少し先かもしれませんが、
    今後、レベルの高い模試を沢山 受けてみてください。
    きっと今よりミスが減り、得点が上がると思います。
    試験のレベルが高くなるほど、ケアレスミスの領域が少なくなります。

    高校受験では、公立校より私立の難解な入試の方が、
    結果を出しやすいように思います。

    大学受験では、一次のセンター試験(ミスを誘発する領域が大きい)より、
    二次の学力試験を重視する学校を選択されれば良いかもしれません。

    最たる例は、東京大学ですが、
    東京大学の二次試験の採点は他大学とは異なり、
    満点からの減点方式ではなく、0点からの加点方式となります。
    真の学力を問う試験と採点方式では、例えケアレスミスがあっても、
    あまり問題にはなりません。
    試験そのものにも、ミスの出る領域が非常に少なくなります。

    繰り返して恐縮ですが、
    次元の高い試験ほど、真の学力が問われます。
    その様な場でこそ、ご子息様の実力が発揮される事と思います。
    レベルの高い模試でハイスコアを取り、自信を持たせてあげてください。

    中学校では万人向けの試験ですから、多数派に有利です。
    ご子息様は今が最も大変な時期なのだと思います。
    なんとか乗り越えて頂きたいと思います。

    そして、階段を上がっていけば、周囲の人も評価者も変わっていきますから。
    希望を持ってくださいね。

〜 コメントを送信する前に 〜

井戸端会議に遊びに来て頂きありがとうございます。
コメントを頂くことで成り立っているこのコーナー。
コメンテーターの方には大変感謝いたしております。

ネットの向こう側には、悩んでいる方、苦しんでいる方がおられます。
コメントをされる方は、その気持を汲んでいただき、配慮ある言葉選びをお願いいたします。
『それは違うよ!』と思われ、相談者さまとは別角度からのアドバイスを書き込まれる場合、あまりに強く否定的な文脈ですと、文章の主旨が届く前に心を閉ざされる場合がございます。
相談者さまにとっての良い〝気づき〟となるような、心に届くような気持ちでお書きくださいますようお願いいたします。
井戸端会議が多くのお嫁さんにとって有意義な相談場所となるよう、ご協力よろしくお願いいたします。

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


7 + = 11