私はADHD。夫はADHDをあまり理解してくれず、辛い…

はるさんのご相談

私はADHDです。
旦那さんとは結婚前は、遠距離でした。
結婚し、一緒に暮らし始めてからお前のする事が1つ1つがおかしいと言われ始め 2年目の今日、私の勝手にやってしまう行動が旦那の逆鱗に触れ、実家にかえれば?もぅ戻ってくるな。=離婚を言われました。
前にも同じような事があり、離婚寸前で、改善していくように努力する。っでなんとか落ち着きましたが、またしてしまい。
ADHDをあまり理解してくれる方ではないので、辛いです。


悩めるはるさんに
みなさまアドバイスお願いします!


カテゴリー: 夫婦


私はADHD。夫はADHDをあまり理解してくれず、辛い… への5件のコメント

  1. より:

    ADHDは脳の特性であって、本人が改善しきれるものではないのに、旦那さんが理解して下さらないのは、お辛いですね…。

    ADHDと自認されているということは、診断を受けられたということでしょうか?もし担当医がいらっしゃるのなら、旦那さんにも一度一緒に病院に行ってもらい、医師からパートナーとしての気持ちの持ち方や、日常での工夫について話してもらうのはどうでしょうか?

    それとも自己診断だけの状態であれば、大人の発達障害を診てくれる病院で検査を受けられ、その結果を旦那さんと一緒に聞きに行かれるのはどうですか?その際にはきっと、「ADHDです」だけではなく、どういう場面で困りごとが出やすいかや、対策等も話してもらえるかと思いますので。

    発達障害のパートナー関係は、片方だけ頑張ってもなかなかうまく行かず、困りごとやその背景にある脳の特性を両者が理解し、一緒に工夫し合っていくことが何よりも大切になってくると思います。

    ぜひ、専門家に入ってもらってください。
    それでも旦那さんが理解しようと努力してくれないなら、ADHD関係なく、旦那さん自身が誰か一緒に暮らしていくには難しすぎる方だと思いますので、離れるのも良いかもしれません。

    • より:

      ADHDに関する書籍もたくさん出ていますので、読みやすい本を選んで(文章少なめで絵などパッと見るだけでも、理解の第一歩へ進みやすいもの)、読んでくれるようお願いされるのも良いかと思います。

  2. はなこ より:

     ご両親や友人にアドバイスをもらってみては?

    はるさんが一番辛いと思います。
    「辛い!」ともっと周りに言ってみましょう。

  3. いないな より:

    こんにちは。
    ADHDの当事者の大変さは知られにくいのが現状ですよね。
    そのため、家族でも学校でも理解してもらうための努力は必要です。
    ご主人にはエッセイ本やきちんとした障害理解本を見せてみては。
    私(LDあります)が読んで、互いの理解によかった本は

    『ふしぎだね ADHDのおともだち(発達と障害を考える本)』
    ミネルヴァ書房

    このシリーズは図書館にも置いてます。
    学校生活を例に、当人と周囲の理解とアドバイスが書かれており
    子供から教職員まで理解できる良書です。
    ご主人が読まなくても、自分理解にも生きる一冊です。
    終盤には専門機関も紹介されていますよ。よかったらどうぞ。

    理解してもらうために動いてみませんか。
    それでも離婚だ、と言われたら、その時に離婚しましょう。
    妻の苦痛を理解しようとしない夫はこっちからお断りですし。

  4. 海王星 より:

    「勝手にやってしまう行動」とは具体的にどんな行動ですか?
    ADHDという事ですが、衝動を抑えられなくてついついやってしまう行動でしょうか?
    それとも注意欠陥でミスをやってしまう事でしょうか?

    または、お酒、たばこ、ギャンブル、恋愛(orセックス)などの依存症でしょうか?

    内容によって対策が違ってくると思います。

    私は広汎性発達障害で、ADHDとアスペルガーの両方の特性を持っています。
    心療内科に行って知能検査などをしてもらい、自分の得意不得意な分野や特性を知る事ができ、自分オリジナルの対策を練る事ができました。
    それで随分心身楽になりました。
    深刻に困っているなら、困っている事をリスト化して、診療内科を受診して先生に相談する事をオススメします。

〜 コメントを送信する前に 〜

井戸端会議に遊びに来て頂きありがとうございます。
コメントを頂くことで成り立っているこのコーナー。
コメンテーターの方には大変感謝いたしております。

ネットの向こう側には、悩んでいる方、苦しんでいる方がおられます。
コメントをされる方は、その気持を汲んでいただき、配慮ある言葉選びをお願いいたします。
『それは違うよ!』と思われ、相談者さまとは別角度からのアドバイスを書き込まれる場合、あまりに強く否定的な文脈ですと、文章の主旨が届く前に心を閉ざされる場合がございます。
相談者さまにとっての良い〝気づき〟となるような、心に届くような気持ちでお書きくださいますようお願いいたします。
井戸端会議が多くのお嫁さんにとって有意義な相談場所となるよう、ご協力よろしくお願いいたします。

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


+ 7 = 14