モラハラ夫に疲れ離婚を切り出すも『逃げてばかりだ』と…

悩めるソフィーさんのご相談

5歳と3歳の子を持つ専業主婦です。

入籍後から暴言やおかしいなと思う言動が多かった旦那が、だんだんモラハラ男ではないかと思うようになりました。

おまえなんかと結婚しなければ良かった。昔の自分に言ってやりたい、

俺に口答えするな、

生後半年のこどもの夜泣きでの苦労を愚痴ると、俺は雨でも寒くても夜勤してるんだ、パジャマ姿で家の中うろうろしてるだけのやつが俺になにか言ってくるな

俺が上でおまえは下だ

など沢山あります。

私も辛くなると数週間実家に帰っては頑張り、を繰り返していると、

実家に帰りすぎだ、
頭がおかしい
全ておまえが悪いとまた暴言。

こどもには優しいのですが、
基本的に自分至上主義で、
遊びに行くにも自分が行きたいところにこどもを連れて行く感じです。

家事や子育ては全くしません。

結局旦那の実家にお世話になり、暴言を少なくして経済的にゆとりをもてれば…と同居しましたが

全く変わりません。

同居の悩みが新たに加わっただけで、
私は心身ともにボロボロになり、
ただいま自分の実家に帰省し、別居または離婚してもらうように動き始めました。

ただ、旦那は全く理解してくれず、
おまえが自分の勝手で逃げた。
こどもを振り回すな。
こどもを渡しておまえだけ帰れ。
逃げてばかりの人生だな、

と、しつこく連絡がきます。

もう怖くてなにも返せないでいると、
無視するなと怒られ、
何か言うと否定され、とにかく帰ってこいと
言われます。

このまま別れることは人生を逃げたことになるのか、
子どものために我慢すべきか、
モヤモヤが晴れません。

皆様は夫婦や家族をどう作っていくか、または諦めるポイントをどうお考えでしょうか。

家庭内別居状態で義両親との同居をし始めて約2年ですが、義両親とも結局ギクシャクしてしまいました。

私の両親や親族は皆どの道を選んでも応援する、と言ってくれています。


悩めるソフィーさんに
みなさまアドバイスお願いします!


カテゴリー: 夫婦


モラハラ夫に疲れ離婚を切り出すも『逃げてばかりだ』と… への28件のコメント

  1. きなこもち より:

    悩めるソフィーさん、こんにちは。
    大変な日々をよく頑張ってこられましたね。
    ご自身でも気づいているとおり、ご主人はモラハラですし、家庭環境は最悪です。
    人生を逃げる、なんて間違いです。
    より良い環境を求めて新しい人生を始めると考えてください。
    ご主人の言動はお子さん達にも確実に悪影響ですよ。
    ご主人は自分の手元から思い通りになる家政婦が逃げていくのを怒っているだけです。

    ご実家が力になってくれるのは幸いでしたね。
    出来れば離婚に強い弁護士でも立ててあなたが直接やりとりしないでサクっと離婚しちゃうのが1番だと思いますが、費用は少しかかります。
    調停を申し立てる方法もあります。
    今までご主人から言われたことなど何かにメモしておくと役に立つと思いますよ。

    最後に、夫婦や家族をどう作っていくか、諦めるポイントは?との質問ですが、
    夫婦は元々他人ですから、お互い思いやりをもって話し合ってすり合わせていくのが基本です。
    家族の間に上下はありません。
    日々些細な(例えばゴミを机に一旦置くとか穴が空いた靴下を捨てないなどホントに些細な笑)諦めポイントはありますが、
    人格を否定するような暴言は諦めるポイントではないです。

    ご実家に力を借りて、ご自身やお子さん達を大切にしてくださいね。

    • ソフィー より:

      きなこもち様

      不安で何をしていても罪悪感でいっぱいの中、コメントを
      拝見し、とても嬉しかったです。ありがとうございます。

      幼稚園を休ませ続けていること、
      こどもの父親やお友だち、今までの生活を奪うこと、
      周りの方への影響、
      色々考えて罪悪感で押しつぶされています。

      でも、自分が笑っていられる道は旦那がいない生活で、
      お金がなくても安心して暮らしたい、と心では思っています。

      自分に自信がなく、人や周りのことばかり気にしていると
      結局ブレブレになり、逆に人様のご迷惑になるのだなと、
      今回本当に身に染みました。

      他人同士、思いやりを持って…
      …実際は難しいですよね。
      私自身の悪いところがあるから罵られても
      仕方ない、といつもどこかで思っていました。
      この5年くらい否定され続けてきたので
      自分を取り戻さなければなりませんね。

      歩み寄って、普通に暮らしていきたい私と

      人と人に歩み寄りはない、どちらかが我慢するのみ、と
      言い張る旦那では難しいですね。

      きなこもち様のコメントで少し自信がもて、
      しっかりしなくては、と奮い立たされました。

      ご親切にありがとうございます。

  2. erika より:

    ソフィーさん、こんにちは。
    毎日の家事、育児お疲れさまです。

    あなたは逃げてなんかいません。
    とても頑張っていらっしゃいますよ。
    ソフィーさんの考えはまともですし、冷静で筋が通っています。
    モラハラ夫の言葉に惑わされることなく、ご自分を信じてください。
    モラハラ夫と離婚することは当然のこと。我慢など必要ありません。もう沢山我慢されてきたと思います。
    堂々と別れてお子さんと共に楽しいと思える人生を歩んでください。

    >皆様は夫婦や家族をどう作っていくか、または諦めるポイントをどうお考えでしょうか。
    私は夫婦は他人だと思っています。
    (ちょっと脱線しますが北川景子さんも「オットは他人だと思って接している」ということをおっしゃっていたらしく、あんな美人とわたし同じこと言ってるーwと思って嬉しかったです。脱線失礼しました。)
    他人だと思うと無意味に傷つけたり、礼儀を欠いたりということはとても恥ずかしい事ですし、普段から丁寧に接するようになります。
    配偶者に好き勝手言いたいことを言うというのは未熟な人間の甘えだと思います。人には言ってはいけないこと、モラルというものがあります。
    もちろん夫婦ですから毎日毎日そんな堅苦しい雰囲気で暮らしているわけではないです。甘えることも怒ることもケンカもあります。ただ私は上記のようなことを心に留めて何かあってもなるべく冷静に話しをするように心がけてます。
    これはダメだというポイントは浮気、DV(暴力)、モラハラ、法律に反する事、子どもに危害が及ぶなどしたら一発アウトだと思っています。家族を裏切る行為、無意味に傷つける行為はダメかなと。その他のことはなんとかなるかなーと思っています。

    • ソフィー より:

      erika様

      優しく分かりやすいコメントありがとうございます。

      我慢はしてきましたが、私自身も相手を思いやる余裕がなく、
      悪かったな、と思う気持ちもあり、
      いつまでも踏ん切りがつかないダメな自分です。

      でも、
      私がケガをして緊急病院に行く時も、大丈夫?の一言ももらえなかったこと、
      私の親族や友人をよく知らないで悪口を言ったこと、
      それを悪びれないところ。
      挨拶をしたら舌打ちをされたこと、

      やっぱり私が悪くない時にも酷いことが沢山あったな、
      と考え直しました。

      相手を他人としてではなく、味方だと思い、
      甘えてしまった私。
      入籍してすぐに豹変した旦那。
      お互いに他人と思えずに接してしまったことの
      積み重ねかもしれません。

      北川景子さんはやはり賢い女性ですね、
      erika様も同じように賢く、美しい女性なんだと
      思います‼︎思考は表にでると思います。

      私自身、反省と強い気持ちを胸に前を向いて闘いたいと
      思います。

      ありがとうございます。

  3. たけのこ より:

    何年も理不尽な暴言に晒されながらの家事育児、どんなに心身お疲れのことでしょう。本当に大変でしたね。もうこれ以上我慢する必要はないと思います。逃げるが勝ちですよ。危険が襲ってきたら逃げるのは、ちっとも恥ではなくて、当然だし、とっても良い事です。夫さんのしてきたことは、精神的虐待ですので、きっぱり縁を切るのが最善ではないでしょうか。ご実家が協力的でお幸せです。

    夫婦の間に上下関係はありません。対等な人間同士が、助け合って生きていくのが夫婦だと思います。本当に子供思いの父親と言うのは、子供のお母さんを虐待したりしません。妻を労わり、家事育児に協力する男性が、世の中にはいるんですよ。「俺が上でおまえは下だ」だなんて、江戸時代じゃあるまいし、アタマがおかしいのは夫さんの方です。

    弁護士を依頼する場合は、離婚問題に強い人を良く調べて、慎重に選んで下さい。きっと良い解決方法があると思いますよ。暴言の記録、メモとか録音を残すと良いです。

    お子さんたちと一緒に幸せになって下さい。

    • ソフィー より:

      たけのこ様

      私が誰かに言ってもらいたかった言葉が沢山…、今後についてのアドバイスもありがとうございます。

      逃げた
      と思われたり、自分自身が後悔したりするのだけは嫌でした。

      特に、夫婦問題はこどもや周りを巻き込むと余計に複雑なので、逃げずに向き合って納得しなきゃとずっと思っていました。

      結局逃げることには変わらないけれど、
      私には逃げ道以外にもう道がない。
      …そんな心境です。自分に甘いでしょうか…

      そして、こどものために必要なのは仲の良い両親であり、
      こどもといたいために仮面夫婦を続けることは
      こどものためにならない。
      私も笑えない。

      そう結論づけているのに、なかなか踏み出せないでいました。

      旦那から止まない着信、脅しのメールに、やはり戻るべきか…と諦めかけていた中力強いコメントを頂き、パワーになりました。

      本当にありがとうございます。

      • たけのこ より:

        同居を解消するという方法が、ご自分に甘い生き方かどうか、迷っていらっしゃるようですが。

        例えば、自室の畳の上に燃えるマッチ棒が落ちたら、その瞬間に逃げるのは、「甘い!ちゃんと消せ!」でしょうが、部屋が既に火の海と化し、更には放火犯が追加の灯油タンクを手にその場に仁王立ちしている時、逃げる、避難するのは甘えではなくて、理性ですよね。その期に及んでもまだ「逃げるのは甘いのかしら」と悩むのは無駄なだけでなく危険です。

        私には、ソフィーさんの今の暮らしは既に「火の海」に思えてなりません。身体と心を壊される前に、非常出口から脱出した方が良いのではないでしょうか。人生には、した方が良い我慢だけではなく、してはいけない我慢もあります。それを見極めるには、たとえ夫婦の問題でも、第三者にご相談するのが良いのでは無いでしょうか。ご両親なり、福祉関係者なり、弁護士なり。何でもかんでも忍耐すればどうにかなるという訳ではないと思います。もしもそんな風に考えていらっしゃるとしたら、それこそ「考えが甘い」と言うことになるのではないかと思います。

        長年の精神的虐待を受けて、お疲れも溜まっているでしょう。脅しのメールを寄越すような人のところに、諦めてトボトボと戻ったりせず、しばらくご実家でゆっくり休んで力をつけられると良いですね。人生は変えられますよ。どうぞくれぐれもお身体をお大事にお過ごし下さい。

        • ソフィー より:

          たけのこ様

          とてもシックリきました。
          火をつけられたら逃げますね。
          本当におっしゃる通りです。

          元々の優柔不断な性格に、長年の抑圧が加わり、
          すっかり正常な考えや強気の考えが無くなって
          しまったようです。

          ここ2か月くらいで旦那に会ったのは2回です。
          連絡もだんだん少なくなってきたのもあり、
          家族の温かさもあり、すごく気持ちが落ち着いてきた気がします。

          そうなると、過去にも気持ちが元気になると
          また旦那の元で頑張ろうとしてしまいがちで、
          家族にもそうならないように気をつけなさいと言われています。

          正常な自分を取り戻し、
          火をつけられても、風が吹いても倒れない
          レンガの家をきちんと作れるように仕事や子育てに
          向き合いたいと思います。

          ありがとうございます!

          • たけのこ より:

            応援していますよ!ご飯をしっかり食べて、良く眠って、体力気力を充実させて頑張って下さいね。

  4. すもも より:

    おそろしい旦那様だと思いました。そんなひどい方がいるなんて信じられません。私も小さい子を育てていますが、旦那は協力的で私を1人の人間として尊重してくれていますよ。その逃げ道を負け犬の道のように仰っているところが、すでに旦那様のモラハラにより洗脳され気味で、麻痺されていると思いま
    す。誤解を恐れず言ってしまうと、その道を選択しないことが負け犬の道になると思います。自分を低く見て我慢して、辛い生活を送る母親を見ている子供はかわいそうです。その旦那様との離婚は大変なエネルギーがいると思いますが、勇気を出して幸せの道へと歩んでください、応援しています。辛い経験をされたのだから、今後の人生は沢山幸せなことが待っているはずです。

    • ソフィー より:

      すもも様

      応援の優しいお言葉ありがとうございます‼︎

      私は今の状態がずっと普通だったので、
      (産後退院の日に路上に放置されて1人で歩いて
      帰った経験もあります。)
      麻痺したり洗脳されていたのかもしれません。

      当たり前のように挨拶や会話をしているご夫婦を
      みると、それだけで羨ましいな、と思います。

      今は、実家に帰り、家族に温かく受け止めてもらい、
      少しずつ正常な精神を取り戻しつつある気がします。

      すもも様のような、人として尊重してくれるご主人は
      素晴らしいですし、そのような方に選ばれたことが
      素晴らしいです!
      私も自分自身と向き合い、子どものために強く頑張っていきたいです!

      お優しいコメントをありがとうございます!

  5. ぽにょ より:

    夫の言動がそっくりで、読んでいて苦しくなりました。
    ・おまえなんかと結婚しなければ良かった。昔の自分に言ってやりたい。

    ・俺に口答えするな、俺を誰だと思ってるんだ、何様なんだ

    ・私がちょっと疲れたというと、「みんな疲れても頑張ってるんだ、当然のこと。それを疲れたで済まそうとするのは怠け者だ」

    同じような事を言うって、モラハラの人の脳内は一緒なんですね。

    私も同じく辛くなると数週間実家に帰っては頑張り、を繰り返していました。

    実家に帰りすぎだ、
    頭がおかしい
    全ておまえが悪いというのも一緒です。

    こどもには優しいのも一緒です。

    ・おまえが自分の勝手で逃げた。
    ・こどもを振り回すな。
    ・こどもを渡しておまえだけ帰れ。
    ・逃げてばかりの人生だな

    これも言われました。

    家の場合は、夫がお前みたいな頭がおかしいやつとはいれないと最終的に出ていきました。離婚だ二度と連絡をするなと出ていきました。それなのに、しつこく連絡がきます。私がプレゼントしたものを送り返してきたり、結婚指輪を郵送してきたり、変な理由で離婚届けを早く出せと迫ってきたり。これは、もしかして私に精神的ダメージを与えたくてやってることで、何かしら勝ちたいとかいう相手の弱さから来る行動なんだなと思ったら、そんな奴に虐げられていることがアホらしくなり、家庭を維持することを止めました。言葉は悪いですが、弱い犬ほどよく吠えるというのはこういうことで、自信のなさの現れなんだなと。

    私も現在進行形ですすんでいるため、気持ちが痛いくらいわかります。連絡がくると動悸しませんか?怖いですよね。
    無視して返しても結局は人格を否定される。

    私が変われば夫も変わると思っていましたが、絶対に変わりません。それは妻である私たちがわかっていることだと思います。私たちはよく頑張ったと思いませんか?
    やはり、モラハラの人とは協議離婚は難しいです。言っていたことを急に覆してきたりしますからね。嫌がらせだと思います。主導権を持っていたいがための。それも一見正当性のあるように感じる理由で。

    だから、本当なら弁護士さんにお願いするのが一番です。弁護士さんにお願いすれば話しあいで離婚が成立することもあるみたいです。モラハラする人は人を見下す分、自分より上の人にはあまり強く出ない傾向にありますし、弁護士さんのように根拠を持って話す方にはさすがに太刀打ちできなくなるみたいです。
    (お金がかかるので、相手からの財産分与でまかなえるといいですが)
    このまま別れることは人生を逃げたことにはなりません。
    私も子どものために我慢すべきだと何度も堪えてきました。でも、それを見ている子どもが将来家庭を持ったとき、その光景が当たり前なのでモラハラの連鎖になっていてしまう可能性が高いです。
    子どもに同じ思いはさせたくないなと思い私は踏ん切りをつけました。

    いい面を知っていたり、子どもがお父さんを好きだと悩みますが、子どもが将来配偶者に同じ事をしたりされたりしたら嫌じゃないですか?

    私も離婚を決めたもののモヤモヤが晴れません。きっと子どものためにこれで良かったのかずっとずっと私は考えていくと思います。

    でも、一緒にいても苦しくて悩んで何度も実家に帰るのであれば、子どもさん達も実家に避難することが当たり前になってしまうし、お母さんが辛そうなのは、子どもさんの年齢ならもうわかっていますよね。

    私たちは、夫に馬鹿にされる筋合いはないですよ。

    正直離婚の話しあいから家探しから、引越の手続き、弁護士さんとの相談、子ども達の園や学校への相談。(園は迎えに行っても私以外は引き渡さないようになど)、その他に色々な手続き、お金の心配、世の中の母子家庭への信頼の弱さ(痛感して悲しくなります)、調停に入る前ですが、すでにストレスフルです。子どものために離婚を選んで正解か未だに毎日考えては、正解だと言い聞かせてもいます。

    同じ2人の子の母として、モラハラを受け離婚を決めたものとして、自分の決めた道がすっきりするものであることを願っています。

    ご実家が頼れるならそのまま仕事探しをする必要もあると思います。おそらく大丈夫だとは思いますが、収入面で親権を取られるときがあるので。

    長くなってすみません。

    • ソフィー より:

      ぽにょ様

      思い出すのも辛いはずなのに、私のためにご経験をお話頂き、ありがとうございます。

      そして、同じような経験をしている方がいらっしゃること、そしてそこから前向きに闘い、強く立ち向かっていらっしゃる姿に親しみと尊敬の気持ちです。
      まだまだ進行中でしょうが、お体に気をつけて、幸せになってくださいね。幸せになりましょう!

      私と全く同じように感じ、同じような言葉を投げかけられ、
      同じように迷い、同じように進んでいらっしゃるようですが、
      私なんかよりもすごくしっかりされているように文面から伝わってきました。

      私は自分に自信がないタイプですが、優しい人たちに恵まれてやっと生きてきた気がします。
      だからか、これからあの宇宙人のように話が通じない旦那と離婚で争う恐怖心、親権が取れないのでは…という不安、離婚後子ども2人を1人で育てていく不安、色々なことに自信が持てずにいました。

      ぽにょ様のようにきちんと問題点を把握し、向き合っていけるか、闘いの準備をしなければ、と考えさせれました。

      また、過去に言われた暴言や、態度を思い出し頭はパニック、
      心は疲弊している中、旦那からはもこどもへの執着心で脅迫めいたメールや電話が多いので、携帯をみるのが怖くて仕方ありません。
      別居前は旦那の実家にいたので、モラハラ男を産み出した義両親にもイライラが止まらず、動悸、胃痛、吐き気、頭痛があったので、今はだいぶ落ち着いて、理由もないのに涙がでることはなくなりました。

      きっと私以上に辛い思いをされた方も、現在されていて逃げられない方もいらっしゃると思います。
      優し過ぎて自分本位になれない方、周りを気にして逃げられない方、依存している方、経済的に難しい方、、いろいろな形で今のまま我慢している方もいらっしゃると思います。

      私は応援してくれる家族がいても、まだ踏ん切りがつかないくらいだったので、モラハラは簡単な問題ではないな、と実感しています。
      家庭内のイジメだと思います。

      皆さんに頂いたメッセージはどれも私は私のまま進んでいいんだ、自分らしくいていいんだ、世界はここだけじゃない、と目を覚まさせてくれた貴重なものです。

      私はそんなイジメに負けずに、強く立ち向かいたいと思います。
      恥ずかしながらも初めてネットにこのような相談をし、想像以上に優しく応援してくださり、会ったこともない私に親身に
      してくださる方々が沢山いらっしゃり、感謝でいっぱいです。

      本当にありがとうございます!
      数日前とは違い、モヤモヤに少し光が見えた気がします!
      あとは自分自身でモヤモヤの雲を払えるように努力します。

      ありがとうございました!

      • Mm より:

        ソフィーさん、ポニョさん、ホントそれ!
        はーい!はいはい!わたしも!
        何人も何人も仲間がいますよ!1人じゃないです。
        どんな決断も味方になるといってくれるご親族があるのなんて最高です。

        急いで!逃げてください。
        ものすごく粘着してくるそういうモラハラ夫は、こちらからの返事が報酬になってるんです。
        私たちがこわがったり、怒ったり、泣いたり、そういう反応があることで自分の優位を確認して満足感を得ています。
        冷静に必要なことだけ返事をして、弁護士さんに頼んで、こちらからの燃料投下をやめるとある日ぱたっと連絡してこなくなります。
        他のものにターゲットを変えて、そちらに気持ちを向けると、不思議なほどこちらには来なくなるものです。

        と、お二方とそっくりなモラハラ夫経験から裸足で逃げた経験から申し上げます。

        なぜ他人なのにこんなに似てるんですかね?
        同じ人なの?と思うほど同じです。
        なんの根拠もなく、自分を高く高く、相手を低く低くしてきます。
        そうしないと自分を保てない気の毒な人たちです。
        世界に対する自信のなさと不安を、虚勢でくるんで、オモチャの戦車みたいになっている彼らです。
        自分を守るためにこちらをサンドバッグにしてくるのです。
        逃げましょう逃げましょう。みんなで逃げたらいいんです。
        未来は明るいです。世界はもっと素敵です。
        自分の不安くらい自分でなんとかできる大人が普通にいます。
        逃げましょう!

        • ソフィー より:

          Mm様

          ありがとうございます‼︎
          辛い経験を同じようにされている仲間がいると、
          人間どんな時も孤独ではないと、希望があるなと感じられます。

          本当に「モラハラ夫」で検索すると
          同じような言葉、同じような仕打ちを沢山みました。
          モラハラは自分の弱さ、自信の無さ、不安を見せないように吠えているのだな、と納得しました。

          そして私自身も洗脳されている自覚なく、
          うまくコントロールされており、自分の人生を生きているつもりになっていましたが、
          幸せに遠ざかる道を歩んでいた気がします。

          自分自身を幸せにしなくては、他人にもこどもにも優しくできないし誰も幸せにできないのだ、とやっと気付きました。

          確かに、実家に帰って、連絡をほぼ無視することでおとなしくなってきた旦那ですが、
          根は変わっていないのだということを忘れずに、
          隙を見せずに強気でいきたいと思います。

          怯えず、負けずに。

          おまえは下だ、大した人生いきてないくせに…と
          いつも暴言を吐かれていましたし、自分自身でも自信がなかったので言われても仕方ないと受け流していましたが、
          どんな人にも言ってはいけないことがある。
          間違っていることは間違っている!とブレずに闘い、こどもが同じようにならないように、
          ただ必死に向き合っていきたいです。

          人として、毎日モヤモヤを心に持たずに、
          美しいものは美しい!と素直に思える精神を保ちたいです。

          本当にありがとうございます!
          勇気と希望がもらえました!

  6. るんくま より:

    ソフィーさんの「光が見えた」というコメントを読んで
    よかったと少し安堵しました。
    モラハラな男性との離婚はすんなりとはいかないと思いますが
    ご両親や親戚の方達の助けもかりて
    話し合いの場には必ず同行してもらうようにした方が
    良いと思います。
    それから携帯を変えることはできないですか?
    うちは詐欺電話(息子がアダルトサイトを見たので金を振り込め)に
    悩まされた事があって、自営なので番号を変えることは容易ではなく
    あきらめて他の方法で対処しましたが、
    もし携帯を変える事ができるなら、そうされた方が少しでも
    心穏やかでいられるのではないでしょうか。
    私も電話が鳴る度に怖くてノイローゼになりそうでした。
    今は一番しんどい時でしょうが、必ず道は開けます。
    「始まりがあれば、終わりはある。」と本で読んだことがあります。
    モラハラ夫との離婚に向けての戦いは必ず明るい終わりを迎えます。
    応援しています。

    • ソフィー より:

      るんくま様

      アドバイスありがとうございます‼︎

      携帯恐怖の毎日…本当に辛いですよね。
      目に見えないのに、距離があるのに、物理的以上に
      精神的に傷つく気がします。
      どうなるかわからない不安。本当は見張られているのでは…という不安。言う通りにしておいた方がいいのでは…と負けそうになります。

      今はLINEを未読スルーしているので、
      ショートメールが入ります。
      それでも、相手が見たか、見てないかわかる状態よりマシな気がします。

      携帯を変えることも考えてみます!
      ただ、旦那が契約者なので新規で契約するしかないのですがね…
      うちは経済的DVもあり、旦那から生活費をもらえたり、もらえなかったりの日々で余計なお金は私には無かったので…

      今考えると一体なんだったんだ、あの日々は…と考えてしまいます。

      幸せな終わりを迎えられるよう、頑張りたいと思います!

      その後詐欺電話は大丈夫ですか?
      誰もが傷つけ合わずに、穏やかに暮らせる社会であることを
      本当に心から願っています。
      お優しいエールをありがとうございます。

      • るんくま より:

        ありがとうございます。
        詐欺電話は、「迷惑電話お断りサービス」という設定をしてもらい、その電話に出ない事で自然となくなりました。
        文章にすると2行ですが、警察に相談したり、消費生活センターに相談したり、息子の職場にも相談したり、、とにかく
        あきらかにカタギではない人からの電話攻撃は恐怖でした。
        『目に見えないのに、距離があるのに、物理的以上に
        精神的に傷つく気がします。』
        と、いうの、すごくわかります。
        ソフイーさんに携帯を変えることを提案しましたが、もしかしたら夫からの執拗なメールが後々証拠として使える事もあるのでは
        ないかとも思いました。(メールの内容にもよりますが)
        なので、その携帯はそのままにしておいて電池切れにはならないようにしつつ箱に入れて音が聞こえない目にふれないように
        するのはどうでしょうか。
        そして家族や友人との連絡用に新たな携帯を持つのは
        どうでしょうか。(携帯代金は申し訳ないとは思わずに両親に相談しましょうよ。きっと賛成してくれますよ。)

  7. ぷー より:

    家に戻っちゃ、ダメですよ!
    一回戻って捕まったら束縛されたり怪我を負わされたりで、次にうまく脱出できるのはいつになるかわかりません。

    どうしても取りに戻らないとって物があるなら、男性親族の付き添い(少なくとも男性一人は必須、あとは女性混じりでもいいのでできれば複数名)をお願いしましょう。
    モラ男の出勤時間帯であっても、油断しちゃダメですよ、絶対!

    あと、子供さんへの離婚の影響は恐れないでください。
    モラ父の元で育ったら、お子さん暴力的なモラ二世に育つか、言うこと聞かなくなってきたらモラがお子さんにも向かうかのどっちかですよ? そんなお子さんの未来、幸せだと思いますか?

    世の中には、居ない方がいい親ってのは存在します。
    逃げるんじゃない、あなたはお子さんを守ってるんです。

    それでもお子さんへの離婚の影響が心配なら、あなたがお子さんを事あるごとにぎゅっと抱きしめて、笑いかけて、あなたが幸せにしてあげれば良いんですよ。ご実家のヘルプがあるとのこと、実家がない人や当てにできない人もいることを思えば、あなたは大丈夫できます!

    まずは離婚に強い弁護士さん探し、ですね。
    今後の生活についてもご実家と何度でも話し合って相談して、しっかり進む道が見えてくるまで、頼れる時は頼っちゃいましょう!

    • ソフィー より:

      ぷー様

      ありがとうございます!
      仰る言葉全て、本当に悩んだことばかりです。

      荷物を業者に取りに行かせる…と言うと「そんなもの追い返してやる」
      こどもに悪影響だ…と言うと、「おまえのメンヘラで非常識な方がよっぽど悪影響だ」
      別居する…と言うと、「おまえみたいなのがこども2人育てられるわけがない」

      と、旦那の言葉を真に受けると動けなくなり、思考停止してばかりいました。

      確かに自分に自信がない…と。

      親にもきょうだいにも迷惑や心配をかける。
      なによりこどもを守れるのか。。

      私が笑顔でいられることなんかより、
      こどもには父親がいたほうがいいのでは…など。

      でも、家族に頼っていいと言われて、プライドも
      全て捨ててこどものために前を向いて生きていく道を選ぶのは
      逃げることにならない。
      と自分で納得できました。

      こちらで皆さんから応援して頂いたおかげだと思います。
      いつも心で大丈夫!と思いながら頑張りたいと思います!

  8. ひよこ より:

    我慢をしているのは、ご主人に、ではなく、勇気が持てないご自身に、ではないでしょうか?

    私が人生で酷く辛かった時、どん底で不意にそれに気づいちゃいました。
    悪い状況にい続けることの方が、一歩踏み出すことより簡単だったりします。その一歩がとてつもなく大きすぎて不安でたまらないんですよね。でも実際踏み出したら、なんであんなに我慢してたんだろうって不思議になるぐらい、我慢していた分どんどんと状況が動いていきます。本当、悩んでいたことが嘘みたいに。

    幸い、ソフィーさんにはご実家があります。それが何よりも、勇気の一部になりませんか?ぜひ、一歩、踏み出してください。

    戻らないでください。
    たとえ戻ったとしても、勇気が出そうな瞬間をぜひ見逃さないでください。

    こんなところからではありますが、心から応援しています。

    • ソフィー より:

      ひよこ様

      仰る通りです。
      現状を変えない自分。今を変える勇気のない自分。
      1人で生きる勇気がない自分。
      それに我慢できなくなったのかもしれません。

      こんな自分やだ!笑っていたい!
      泣いてるだけの自分なんかいやだ!
      こどものためって我慢してる自分がやだ!

      そういうことだと思います。

      これ以上堕ちるところが無い。と思っていましたが、
      人生良いことと悪いことは同じように起こると言われます。

      まだまだ人生はわかりませんが、
      人のせいにせずに自分の人生を自分らしく納得して生きられるように勇気を持ちたいです。

      こんな私に応援のお言葉ありがとうございます。
      本当に嬉しいです。

  9. ソフィー より:

    みなさま、コメントありがとうございます。

    飛行機の距離の私の実家に、
    旦那がこどもに会いに来て、
    こっそりレンタカーを借りていて、
    隠れて車を停めていたらしく、

    こどもを連れて行こうとしていました。

    なんとかこどもをシートベルトを外して
    連れ出し、逃げました。

    私抜きで両親が旦那と話し合いをしましたが、
    旦那に説得されたようで、

    一度旦那の元に戻りなさい。と言われました。
    やるべきことをやって、家庭を壊さない方がいい…と。

    こどもを取られそうになった恐怖心と
    前向きになれていた所にこの絶望で、
    今まで以上に踏ん張りがキツイです。

    子どもだけは手放したくありませんが、
    旦那もそうなんでしょうね。

    とても厳しい状況です。

  10. より:

    ソフィーさん
    大丈夫ですか?
    怖い思いをされた上に、ご両親も説得され、今大変苦しいご状況だとお察しします。

    でもどうか負けないでください。

    ご両親にはこちらで相談された内容と皆様からのご助言を見てもらってはどうですか?
    おそらく旦那様は言葉巧みにご両親の心を揺さぶられたのだと思います。ご両親が冷静に判断できるよう、第三者の意見を見てもらい、また、なるべく早く弁護士等専門家に入ってもらった方が良いのではないでしょうか?

    そばにいて手を貸すことはできませんが、心から応援しています。

    • より:

      もうご存知かもしれませんが。
      こちらの「離婚弁護士ナビ」に以下のような内容が書いてあります。まずはご実家の近くの、こうした相談窓口に行かれてはどうでしょうか?
      https://ricon-pro.com/columns/63

      「各都道府県には、それぞれ女性センター・男女共同参画センターなどDV支援業務を行っている施設があります。

      ただ、それらの名称は各都道府県や市区町村によって異なりますので注意してください。

      全国共通の電話番号(0570-0-55210)に電話することで、最寄りの相談機関や具体的な支援について相談することができます。HPはこちらです。

      具体的な支援を受けるには、最寄りの窓口へ出向く必要があります。その場所を知るためにも、まずはこちらの電話で相談をするとよいでしょう。」

  11. れもん より:

    私も海さんと同じ意見です。

    私は夫がモラ気味だと思いつつ長年我慢してきました。
    去年区のDV相談に行き、離婚を勧められ、今後の人生設計のために今始める事など具体的にアドバイスされました。
    金銭的な面は無料で弁護士に相談もできるのでそちらも利用するようにとの事でした。

    私はプロの目で判断されて「言われた通りにできない自分が悪いのでは?自分が我慢すればうまくいくかも?」という気持ちから離れる事ができました。

  12. きれいな月 より:

    ソフィーさん
    心配です。
    不安に押しつぶされそうで、いっそ戻ってしまった方がいいのかも、楽かも・・という思いが頭をよぎっておられるかも知れませんが、
    決心しここまで来たご自分を信じて、どうか踏ん張っていただきたいです。
    ご主人と離れるのは逃げることではないです。
    あなたの心身をむしばむ生活を見限る勇気を持って、あなたが心穏やかに
    過ごせる人生を自ら選択していただきたいです。
    あなたのしあわせはそのまま、お子様のしあわせにつながります。
    ご両親は、言葉巧みなご主人から言いくるめられたのでしょう。
    でも、よく考えてみて。
    「やるべきことをやって、家庭を壊さない方がいい」なんて、
    全部あなたのせい、あなた一人が悪者です。
    あなたさえご主人のいいなりになって、ご主人の望み通りにやるべきことを
    やれば、万事ご主人の思う通りの家庭の体裁を保てるのに・・・
    と聞こえます。
    黒いものも白、と言い張るご主人が強気に出れば、
    ご両親が、そうなのかなあ・・・と思われるのは、無理からぬこと。
    あなたでさえも、そうなのかなあ・・・とあやつられたのですから。
    ご両親に、娘の自分を信じて味方になってくださるように、本気で訴えて
    ください。どうかあきらめないで。
    そのためには、あなたに確固たる決意と自信が必要です。
    必ずしあわせになってやるという決意。
    自分は一人ではないという自信、間違っていないという自信。
    出来るだけ速やかに、上の方々がおっしゃっているような専門家の力を借りてください。
    素手で立ち向かわないこと。
    様々な支援を得てからご主人に向かわないと、もうどうにもならないと思います。
    お話を伺う限り、ご主人は今後もあの手この手で揺さぶってくる。また、どんな強硬手段に出てこられるかもわかりませんし。
    広い視野でこの件を見て、判断して、あなたのために的確なアドバイスと確実な支援をくださる公共の機関が、あるのです。
    どうか、一人で奮闘せずに力を借りてください。
    あなたとお子様のしあわせがどこにあるのか、これまで頑張ってこられたあなたが一番よくわかっていらっしゃると思います。
    あなたとお子様のおしあわせを願っています。

  13. ソフィー より:

    海様
    れもん様
    きれいな月様

    コメントありがとうございます。
    先週の連れ去り騒動で益々よくわからなくなってしまいまして、決心がつきません。

    海様にご紹介頂いた相談窓口に電話をしてみましたが、
    弁護士に相談した方がいい、と言われたまででした。
    来週に無料弁護士相談を受けようかと考えています。

    こどもの幼稚園や、こどもの父親との物理的距離、
    こどもの祖父母との関係性、今後の教育を考えると、
    私が全てを我慢して旦那との生活を保つべきだと
    頭ではわかっています。

    ただ、
    私が働きに出ながら、私の両親にサポートしてもらい、
    父親とこどもを引き離すことになり、
    都会と比べれば、
    教育環境も良いとはいいきれない地方都市でやっていく私個人の覚悟が決まらないのだと思います。

    父親の母親への暴言や、私が旦那を怖がる姿を最小限にしたとしても、こどもにわかるでしょうし、
    両親が信頼関係がないのも良くないと思います。
    旦那はいまだに自分が怖い存在だと自覚がないので、
    どれだけ気をつけてくれるかもわかりません。

    幼稚園を休園しているので、
    早く転園させるか、元に戻るか決めなくてはなりませんが、
    軸をどちらに持っていくべきか、
    こどもの人生を決める決心がいま、
    旦那の支配下から逃れて、物理的には離れていますが、
    精神的にはまだ囚われている状況で
    決めかねてしまいます。

    自分が弱いから悪いのは承知していますが、
    この状況で判断する自信がありません。

    一度弁護士に相談して、整理したいと思います。

    みなさま私のために真剣にアドバイスをしてくださり、本当にありがとうございます。

    今はまだぐちゃぐちゃな状況ですが、
    こどもの未来のために今だけ時間をかけて
    後悔しない決断をしたいと思います。

〜 コメントを送信する前に 〜

井戸端会議に遊びに来て頂きありがとうございます。
コメントを頂くことで成り立っているこのコーナー。
コメンテーターの方には大変感謝いたしております。

ネットの向こう側には、悩んでいる方、苦しんでいる方がおられます。
コメントをされる方は、その気持を汲んでいただき、配慮ある言葉選びをお願いいたします。
『それは違うよ!』と思われ、相談者さまとは別角度からのアドバイスを書き込まれる場合、あまりに強く否定的な文脈ですと、文章の主旨が届く前に心を閉ざされる場合がございます。
相談者さまにとっての良い〝気づき〟となるような、心に届くような気持ちでお書きくださいますようお願いいたします。
井戸端会議が多くのお嫁さんにとって有意義な相談場所となるよう、ご協力よろしくお願いいたします。

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


5 − 3 =