長年の夫の風俗利用やパチンコに苦しめられ…

悩めるぴーちゃんさんのご相談

長年パチンコ、風俗(若い女の子のみ)ピンサロ、ヘルス、出張時にはラブホに宿泊しデリヘル利用をしてる夫。
私は17年前から夫のストレスからうつ病で今もずーっと病院通いで、年齢的に不正出血など婦人科も受診してます。
身体が疲れやすく長時間働けません。
医師からは金だけ運ぶATMと思って…割り切れば!と言われます。
以前からバレたのは風俗カードや風俗嬢のまた来てねと書かれたメモや、割引券を見つけ、おまけに性病も経験ありながらも、バレては、もう行かない!と口だけで、ずーっとやり続けてます。パチンコも洗濯機の中からカードが出てきました。パチンコも散々でしたから。
借金までにはいかずとも通帳カードを昔、夫に信頼して預けていた時に、使いまくりでした。
それからは、ほとんど通帳カードは私が取り上げてますが、以前、些細な喧嘩で、元々短気で逆ギレし物を壊したり暴言がすごい夫に無理矢理通帳を取り上げられた経験もあります。
今はまた、私が通帳カードを持っていますが、夫が出張も多いため、二箇所は別に通帳カードを夫自身が持っています。
残高はわかりません。
ここ数年、私は親の介護が大変で夫には関心が無い…余裕が無かったので夫の行動には目を向けてませんでした。
しかし、一年前、年頃の娘に間違えて、風俗嬢に送ったつもりのLINEを誤送信した夫!
風俗が娘にもバレ。LINEの内容は、きわどい内容では有りませんでしたが。
投票してあげるの忘れてたよごめん~
みたいな気持ち悪い言葉の内容。
情けないと思いました。
娘にも私にも、もうやめる! とは言ったものの、私はコイツはまだ、行くやろう!と
思いました。
娘には信用しない方がいいと言いました。
ラブホのメンバーズカードや割引券を見つけた時、ラブホは出張時に出張代は現金で振り込まれるため、会社から宿泊先は本人の自由とのことで、夫はシティホテルに泊まるより安くて広いから!と理由づけ、信用しなかった私は最近出張して帰宅後、夫の携帯の発信履歴をSiriに確認したら、見知らぬ電話番号…調べた結果、デリヘル店の番号でした。やっぱり、なるほどな!と思いました。
これはもう治りませんよね。こんな奴!
風俗が飽きたら、今度は出会い系とかに走るんでしょうね。
ババァは嫌で若い女の子に興味があるのです。娘と同年代ぐらいの子に。
離婚も何度も考えました。
今も苦しみもがきます。
離婚に踏み切れないのは、この世の中、
男なんて、酒、女、ギャンブル 何かは付き物と思ったり、
一番の問題は、私自身の経済的の無さと、
親の介護… 色々考えると、難しいのです。
医師からは、別れて夫からの精神的なストレスは解放されたとしても、また新たなストレスは必ず、負担がかかってくるからと言われます。
小遣いは少ないけど、風俗に費やす金がどこかにあるんだと思います。
歓迎会送別会とかも嘘で私から金をもらい風俗代に加算してるかもです。不思議ですが。
借金までしてたらもう終わりと決めてます。
私も割り切り、夫に関心持たず、自由に残りの人生生きていけば良いのでしょうか…
夫に関心が無いぐらい忙しい時は、全く夫の行動行為は、頭には多少ありながらも、
どうでもいいと思ってた時は、精神がラクでした。
どう考えたら良いか、アドバイスいただけたらと思います。


悩めるぴーちゃんさんに
みなさまアドバイスお願いします!


カテゴリー: 夫婦


長年の夫の風俗利用やパチンコに苦しめられ… への15件のコメント

  1. より:

    そもそもそれで経済的に成り立っているのですか?
    そんなに遊んでても子育ての費用や生活費、親の介護費用や妻の医療費、老後の貯金までしっかりあるのならすごいですね。付き合って気の合う男性がほかにいたとしても、そんなに安泰な生活を送れる高級取りはなかなか現れないでしょうね。

    日々お金のことで心配が尽きない私としては、そんな夫に触られないで生きていけるならそれでいいかなと思ってしまいました。風俗などに関わっているとなると気持ち悪くて触りたくないし、触られたくもないので。

    それでも離婚するならすればいいと思います。
    気持ち悪い(失礼)ダンナから逃れるために、自分のためのステキな生活のために、前向きに行きましょ。すぐに全てが解決するわけないし、これまでもなんとか生きてきたのだから、今すぐどうこうしようとしないで準備期間に入るのです。経済的にじりつするためには?円満な離婚のためには?今後の養育費など、制度上のものはどうか?
    無理のない範囲で少しずつ取り組んでみてはどうでしょう。

    • ぴーちゃん より:

      経済的には裕福ではありません。老後の貯蓄まではありません。子育てに関しては協力的でした。
      離婚を考えて準備します。ありがとうございました。

  2. みう より:

    男なんて、酒、女、ギャンブル 何かは付き物と思ったり、、と仰っていますが、それは世の中の男性に失礼かと思います。「クソ男には付き物だ」の間違いです。

    男性だから、という言葉で誤魔化すのでなく、人間として見たら旦那さんはどう映りますか?
    お子さんが「お父さん好き」と言える旦那さんですか?

    厳しい意見でごめんなさい。その旦那さんと一緒に過ごす、その時間がもったいないと思いませんか?愛情が残っているのなら良いのですが、ごめんなさい、私は無理です。

    • ぴーちゃん より:

      私の発言、かなり悪かったと反省致します。
      この世の中全ての男が…は 偏見ですね。
      子育ては協力的でした。
      でも、許せないことを我慢してきた私は、間違えてます。
      離婚を視野に、自分の生き方を考える機会になりました。

  3. erika より:

    こんにちは。
    なぜ何年も離婚せずにいるのかわかりません。
    新しい環境に身を投じることが不安で、住み慣れた地獄を選んでいらっしゃるのだなと思います。
    経済的な理由、親御さんの介護、大変なことだと思います。でも言い訳の一つに過ぎないのでは?と思ってしまいます。
    行政を頼り、親戚中に声をかけ、友人知人みんなに助けてもらいましょうよ。
    娘さんがいらっしゃって、もう大きいのかな?バイトなどできる年齢でしょうか。それでしたら娘さんもきっと一緒になって家計を助けてくれますよね。
    母娘二人で健全な楽しい家庭を築いていく方が幸せです。そんな当たり前のこともわからなくなってしまっておられるのでしょうか。

    >男なんて、酒、女、ギャンブル 何かは付き物
    全く違います。
    私の旦那はお酒は適度に飲みますが、浮気、風俗など絶対しないしギャンブルも然り。仕事が終われば今終わったよ!と連絡が入り真っ直ぐ帰宅。たまに妻への差し入れ(スーパーで買う酎ハイやデザートですが)を買って帰って来たり。わが子を溺愛し帰宅したら全力で子供と遊ぶ、そんな人です。
    いや、自慢ではなくこれが普通です。
    少なくとも私はそう思ってます。

    もう自分の心を追い詰めるような悲惨な生活はやめてください。

  4. チーキー より:

    私も他の方同様、ちょっと受け付けられない、
    生理的に無理って思ってしまいました。

    でも、少し考えてみて…
    旦那様の行動って度を超しているのでは?
    なにか病的に感じてしまい、調べてみました。
    私は専門家でもないので、無責任な発言になるかもですが、
    旦那様、「性依存症」なのでは?と。
    ただただセックスがしたいとか単純な事ではありません。
    アルコール依存や薬物依存と同じような依存症です。
    自分一人でどうにかなるものではなく、
    心療内科等の専門機関での受診が必要です。
    「性依存症」「セックス依存症」で検索してみて下さい。
    (若い子が好きというのも当てはまります)

    :「完治するのは困難のようです。
    まずは、セックス依存症が「ただのセックス好き」
    とは違うことを理解し、
    悩んでいる人がいれば、専門治療機関につなげることが
    重要なのではないだろうか。」:
    と説明にありますので、
    何か治療しないと現状では旦那様の変化は期待できないと思います。

    旦那様と一緒に治療やカウンセリング等、
    頑張られ理解してあげられないのであれば、
    この先一緒にいても、むなしい気がします。
    専門家ではないので、こういう見方もあるのかという
    参考にして頂ければと思います。
    もし、そうであったとしても、
    日本では専門医も少ないようですので大変みたいです。

    私だったら、同じ家に住んでいる事自体無理なので、
    とりあえず別居から始めます。
    年頃の娘さんもいらっしゃるんですよね?
    娘さんのためにも、一緒にいるべきでない気がします。

    • ぴーちゃん より:

      チーキーさん。鋭いところにお気付きですね。
      今回詳しく投稿出来ずにいたことでした。
      私も頭の中がコントロールできなくなってきてる依存状態であると感じており、実は色々専門機関に相談していたのです。
      ただ本人が実際病院にかかり、依存症であるかどうかは医師の判断が必要です。このままではダメだ!と本人が気付いていかないうちは治りません。依存症は叱責するほど逆効果となります。依存症は、周りの関わり方次第では回復不可能ではありません。あとは、私がどれだけこのハードルを夫に寄添うことに時間をかけるか、しないのかの決断次第です。
      娘には決して性的行為に走る人ではありません。 子供は大切にしています。長年の夫婦関係で、ギクシャクがあり…お互い
      長年レスなのです。性欲処理ができないから、夫は本気の浮気は悪いから風俗で処理をすると以前言ってました。
      風俗の利用回数についてはどのぐらいの頻度かはわかりませんが、現在は貯蓄が破綻してしまう家計をおびやかすまでにはなってないようです。昔は夫が管理していたお給料が入る通帳からの出費が多かったことが発覚して信頼していたのに…という
      思いから裏切られたと… 自力も考え仕事もしてきましたが、
      途中、精神的な病となり、思うように身体が動かなくなったのです。病気だから…は理由付けとなるかもしれません。
      精神的な病気のしんどさは周りの方々には理解出来ないことも
      経験してきました。
      助言された通り、あとは私の気持ちの決断ですね。
      心底、真面目にご意見をいただきありがとうございました。

  5. ぴーちゃん より:

    そうですね。その通りです。男に対して、皆さんがそうではないですよね。失礼しました。
    介護の大変さは、されてなければわからないものです。
    ご意見、熱意をもって、私のためにお伝えしてくださったことはわかります。ありがとうございました。

  6. とうもろこし より:

    夫さんのしていることは、奥様の人間としての尊厳を踏みにじる行為だと思いますよ。酷いことです。私がぴーちゃんさんの親だったら、飛んでいって夫さんを殴りつけると思います。暴力はいけないとわかっていても。

    夫さんが病的な依存症だとしたら、そういう人は結婚生活に向いていないのではないでしょうか。ぴーちゃんさんは今まで耐えて来られて、本当に大変だったでしょう。一緒に住むのはもうやめて、別居する方向で考えられたらいかがでしょうか。夫さんのことをATMと思える人は、もうとうにそうしていると思います。生活を変えるにはエネルギーがいりますから、無理はせずに、力が出そうな時が来たら、一時的にでも離れて暮らしてみられたら、と思います。
    どうぞくれぐれもお身体をお大事にしてください。そしていまからは、お幸せになって下さい。

    • ぴーちゃん より:

      返事が遅くなりすみません。ありがとうございます。
      残りの人生を自分のために生きることを
      優先に考えていくことにしました。

  7. ろんちゃん より:

    それだけ遊んでいて借金が無いわけないと思いますよ。カードで借りてリボ払いでしのいでいる状態じゃないかなぁ?

    • しぃ より:

      私もそう思いました。
      破綻するのは時間の問題かと。

    • ぴーちゃん より:

      長年、借金の督促などはありません。
      風俗利用回数の頻度に関しては、全て把握してません。
      へそくりをしているか、裏金がどこかであるのか、
      リボ払い?よく知らなかったのですが、そういうのも
      あるのですね。
      ご意見ありがとうございます。

  8. it's より:

    大変ですね。旦那様のこと、介護のこと、いろいろあって悩みは尽きないとお察しします。非常に忍耐強い方なのですね。介護のことや金銭的なことに関しては、ご自身でなんとかしよう、耐えていこうと覚悟してがんばってらしたのでしょうか。
    お悩みの中で、旦那様の行動だけがご自身では管理、コントロールできないことなのではと思いました。予測できない事態というのはそれだけでストレスになるものです。ましてや旦那様のケースはご夫婦の関係に深く関わることですから、そう簡単に割りきれるものではありませんよ。
    ごくごくシンプルに考えて良いのではないでしょうか?家族、夫婦としてはもう充分努力されましたよ。旦那様に改善が見られないのはあなたのせいではないです。諦めて手放しても良いと思います。離れて身軽になってみたら、きっと他のお悩みはまた自分で乗り越えていけるのではないでしょうか。

    • ぴーちゃん より:

      ありがとうございます。
      あんな夫に振り回されない人生の選択を考えます。

〜 コメントを送信する前に 〜

井戸端会議に遊びに来て頂きありがとうございます。
コメントを頂くことで成り立っているこのコーナー。
コメンテーターの方には大変感謝いたしております。

ネットの向こう側には、悩んでいる方、苦しんでいる方がおられます。
コメントをされる方は、その気持を汲んでいただき、配慮ある言葉選びをお願いいたします。
『それは違うよ!』と思われ、相談者さまとは別角度からのアドバイスを書き込まれる場合、あまりに強く否定的な文脈ですと、文章の主旨が届く前に心を閉ざされる場合がございます。
相談者さまにとっての良い〝気づき〟となるような、心に届くような気持ちでお書きくださいますようお願いいたします。
井戸端会議が多くのお嫁さんにとって有意義な相談場所となるよう、ご協力よろしくお願いいたします。

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


− 1 = 0