旦那への愛情が激しく低下。今後の幸せな家庭が想像できず…

悩めるハトムギさんのご相談

現在、一歳半の娘の育児をしながら、仕事復帰をして週5で働いています。
出産後1年経つくらいから、旦那への愛情が激しく低下してしまい、離婚したいが子供のことを思いできずにストレスが溜まっています。
原因は、旦那の家族行事へのやる気のなさです。
毎日仕事と育児に追われて、旦那も趣味に没頭しているので、月に一回あるかないかの家族行事なのに、私に任せっきりでついてくるだけ。
今後の幸せな家庭が想像できず、SNSを見て涙が出ます。
夫婦仲を修復したいですが、何度も試みるも心が折れています。


悩めるハトムギさんに
みなさまアドバイスお願いします!


カテゴリー: 夫婦


旦那への愛情が激しく低下。今後の幸せな家庭が想像できず… への5件のコメント

  1. より:

    旦那への愛情が激しく低下
    とありますが、愛がなくなったらもうどうでもいいのかと思ったらそうでもないのですね。
    愛がなくなれば興味が失せて、旦那のことは放置。
    娘さんとの時間を独り占めして楽しみ、旦那のことは給料さえ入れてくれたらそれでいい、となっていてもおかしくないですから…。

    まだ愛情があって、家族での行事に積極的に関わってほしいのですね。

    ただそればっかりは、そういうことに興味がないならしょうがないのかなと思いました。
    興味があっても、2人で何かを決めようとすれば意見の相違があるでしょうし、ついて行くだけがいいと思っているかも?
    表現が苦手なだけで、実は楽しいのかもしれないし?

    でも実は、行事だけではなく、趣味に没頭して普段から家族を大事にしてくれないという不満が根底にあるのでは?

    ただ、まだまだ様子見でいいかなと思いました。
    まだお子さんが小さくて言葉も通じないとどう接したらいいのか分からなくて困っているだろうし、普段趣味に没頭しているなら娘さんのことを理解するところまでなかなかいかないでしょうね。

    旦那さんと話し合い、もうすこし育児に参加するように促してみては?2人の子供なのだから、育児放棄はだめですから。
    休みの日に数時間からでも面倒見てもらい、あなたはどんどん出かけるなどして2人きりの時間を過ごしてもらえば、何があっても自分でなんとかするしかないので段々慣れてくると思います。

    また、保育園での家族参加の行事ではどうですか?
    お子さんの写真を撮ったり、眠ってしまった時に抱っこしてくれたりしますか?
    ついてくるだけでもそんな風に関わってくれているならいいとおもいますが…

    自分で産まない男性に親としての自覚が出てくるのは女性のそれよりずっと後です。長い目でみては?

    もしかして、あなたが思うほどあなたの気持ちが旦那さんに伝わってない可能性もあります。男性に、雰囲気で察してよと言っても無理なので、具体的にどうして欲しいのか、その都度伝える必要があります。
    分からないから何もしない…
    うちの旦那はいつもそうです。

    そうやって色々試してみて、それでもダメなら次を考える、でもいいとおもいます。結局のところ、育児して仕事しながら引越しするなんて今すぐは無理なんですもの。

    • ハトムギ より:

      草さま
      コメントいただき、ありがとうございます。
      離婚という選択肢はとても難しいですよね。
      草さまが言ってくれたように愛情がないわけではなさそうなので、もう少し様子を見て、頑張ってみます。
      夫婦間での会話が少なくなったのもありますし。
      子供ができなかなか、友達とも会えず、会ったとしてもあまりこんな話はできず、意見をもらえる場がなかったので、とても感謝いたします。
      ありがとうございます。少しずつ、また頑張ってみようと思います。
      保育園の行事も話してみようと思います。

  2. ゆき より:

    よっぽどマメな人以外は、男の人に「自発的にやって欲しい」事は、男の人は気付きもしない事だと思った方が良いです。
    旦那さんは、長男だと思って育てるのが一番手っ取り早いかと思います。
    1、何かをお願いする
    2、出来栄えがよろしくなくても超喜ぶ(見てないところで直す)
    3、喜ばれるのを見て、こういうことをやれば喜ぶんだなと学習する
    4、気まぐれでお手伝いをしてくれる
    5、出来栄えがよろしくなくても喜んで見せる
    (たまに)もっとこうしてくれると嬉しいと指導をする
    これを根気強く繰り返せば、やって欲しい事を察してくれるようになってきます。このサイクルに持ってくるまでが腕の見せ所だと思います。
    子供だと思って、仕上がりがあまりよろしくなくても、責めない事。やれと命令しない事。これらはとても大事です。喜んでもらえるという成功体験を重ねなければ、気持ちよくやってくれません。
    うまく手の上で転がせれると、とても楽になりますよ。

    • ハトムギ より:

      ゆきさま
      コメントいただきありがとうございます。
      ゆきさまのおっしゃる通りで、今は2人子供がいるかのようです。
      結婚して8年間、ずっと子供を育てるように旦那に接してきたのでそれも原因のような気がします。
      子供が生まれて、疲れた時に甘えたいけど、甘えられる旦那がいないという現実に、また疲れてしまいます。
      世の中の母は、本当に大変だなと思います。
      甘え下手も考えようですね。
      意見感謝します。本当にありがとうございました。

  3. みずいろ より:

    ハトムギさん
    夫婦仲を修復しようと何度も試みられるも心が折れてしまわれているとのこと。私が同じ状況なら寂しく悲しくなってしまいます。

    旦那さんは、相手の気持ちを察しにくく共感性が乏しい傾向はないですか?
    自分の興味のあること以外、受け身ではないですか?
    マイルールやこだわりが強かったりしますか?

    もしそうした傾向があるなら、「察して」や「家族のことを一緒にして」など曖昧な表現だと伝わりにくいかもしれません。
    具体的にして欲しいことを伝えて行くのがいいかと思います。例えば、「今週末は、どこどこに行こう」とか「お出かけ先では娘と手をつないであげて」「私とも目があったらにっこりして(笑う理由が浮かばなくても)」とか。
    色々ハトムギさんが段取りしてあげないといけなくて大変かもしれませんが、具体的な指示がないと旦那さんは(脳の特性として)何をどうしたら良いか想像しにくいのかもしれません。

    もしこのように脳の特性として、想像力や共感性の乏しさがある方なら、決してハトムギさんや娘さんを愛していない訳ではないことは強く伝えたいです。
    きっと、愛しているけど、具体的にどうしたら(どうしてあげたら)良いのかが分からないだけだと思います。
    そして、きっと旦那さん独自の方法で愛情表現はしているはずなので(通常の愛情表現とは異なることが多く、気づきにくいかとは思いますが)、ちょっと俯瞰して見てみると、新しい気づきがあるかと思います。

〜 コメントを送信する前に 〜

井戸端会議に遊びに来て頂きありがとうございます。
コメントを頂くことで成り立っているこのコーナー。
コメンテーターの方には大変感謝いたしております。

ネットの向こう側には、悩んでいる方、苦しんでいる方がおられます。
コメントをされる方は、その気持を汲んでいただき、配慮ある言葉選びをお願いいたします。
『それは違うよ!』と思われ、相談者さまとは別角度からのアドバイスを書き込まれる場合、あまりに強く否定的な文脈ですと、文章の主旨が届く前に心を閉ざされる場合がございます。
相談者さまにとっての良い〝気づき〟となるような、心に届くような気持ちでお書きくださいますようお願いいたします。
井戸端会議が多くのお嫁さんにとって有意義な相談場所となるよう、ご協力よろしくお願いいたします。

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


3 + = 6