うつ病で休職後、投薬しつつ社会復帰した夫が、子供を望んでいるが…

悩めるハルさんのご相談

はじめまして。

結婚して4年目になります。
結婚2年目にして夫が上司からのパワハラのためうつ病を再発(10年ほど前に初めて発病して一旦よくなり投薬がなくなる)してしまいました。
タイミング的に子作りをしようと夫は精子検査、私は子宮の検診を行うなどし始めたときでした。
それから2年ほど、休職もしましたが転職にも成功し投薬しつつ仕事をしてくれています。
そんな夫の折れずに前向きな姿勢はとても心強いです。
しかし、義両親は夫の体の事に負い目を感じており私にとても気を使ってくれます。
「本当に弱い子でごめんなさい」と、しかしそんなことは一切感じないためその旨も伝えています。
そのため、孫の顔が見たいなどということも一切言ってきません。

しかし、旦那はとても子供がほしいようで外出先で子供を見てはかわいいねと微笑ましく言います。
子作りをしたい旦那の気持ちがわかると同時に、薬の投薬中はやめた方がいいのではという思いや子供ができてからの病気の悪化や再々発が気になり私としては一歩踏み出せないというのが本当のところです。

妊娠できたとして無理に妊娠して、不妊や流産、奇形などに直面してしまって夫が自分のことを責める羽目になってしまってはと、とても悩んでいます。

夫婦二人の生活に不安はありません。
友達同士のような関係で家族や友人の事など何でも相談できる間柄です。
しかし、こればかりは今このタイミングで話し合って良いものか悩んでいます。

同じような境遇の方や何かアドバイスがあればぜひお願いいたします。
長くなり申し訳ありませんでした。


悩めるハルさんに
みなさまアドバイスお願いします!


カテゴリー: 夫婦


うつ病で休職後、投薬しつつ社会復帰した夫が、子供を望んでいるが… への12件のコメント

  1. manaminion より:

    申し訳ありませんが、はっきり言います。
    「自分がその環境で生まれてくる側の立場だったらどう思いますか?」

    以上です。

    • ハル より:

      コメントありがとうございます。

      生まれてくる子供の立場として考えると、
      とても酷な状況ではありますよね。やはり。

      私も主人も昨今の子育て環境を考えると、
      病気がなかったとしてもいたたまれなくなるようなことばかりが
      多いため、なおさら悩んでおります。

      よくよく話し合って検討をしていければと考えております。

  2. もぐぱん より:

    10年以上前に知り合いのご主人が鬱になり薬を飲んでました。
    今はどうか分かりませんが、ご主人は普通にお仕事もされてて、プライベートで夫婦で旅行などもされてますが、子はもってませんね。

    それぞれの考えがあると思いますが、普通に考えて投薬中に子作りはしない方がいいと思いますよ。

    • ハル より:

      コメントありがとうございます。
      やはり子供を持っていない方の方が多いですよね。

      体の状況をみて再度検討してみることにします。

  3. 匿名 より:

    そもそもご主人が本当に今子作りをしたいと思っているのかも疑問です。ハルさんはそうだろうなとおもっているようですが、ご主人も、子供は欲しいけど投薬中だしな、鬱がまた出たら迷惑かけるしなといろいろ考えておられるのではないでしょうか。。。
    夫婦二人でもかわまないと思っているのもハルさんだけじゃないかもしれませんよ。
    「私は二人でも構わないと思ってるけどあなたは子供は欲しい?」とすっと聞けないですかね。。

    私自身不妊治療中ですが、精神的な辛さは想像以上ですよ。結果が出るまでは向上しているのか、悪化しているのかそれすらもわからず、いつ良い結果に巡り合えるかもわからず、医師を信じるしか術がなく、ゴールがみえません。病院に行くたびに悪い結果を聞かされ、頑張っても頑張っても自分だけ子供を持てない辛さは経験者にしかわかりません。
    基本的に病院に通うのは女性の方ですが、男性側もすでにうつ病を持たれている方なら精神的ダメージは大きく出やすいと思います。
    女性側のあなたがすごくプラス思考でどんなネガティブな状況が続いても大丈夫、どうにかなる、諦められるところまで精いっぱいやる、というタイプの人でなければ治療を続けるのも困難かなと思います。

    ただ、精液検査や子宮の検査で大きな問題が見つからなかったのなら、治療をするのではなく、自然に身を任せてみてもよいのではと思います。できたらできた時に考える。

    • ハル より:

      コメントありがとうございます。

      主人が悩んでいることも察してはおります。
      ただ、深い話をすることは、投薬量が増えてしまっている現段階では避けている状況です。

      少し落ち着いたらまたしっかりと話をしてみようと思っています。

  4. やまちゃん より:

    他人事とは思えず、初めてコメントします。
    誤字脱字があれば申し訳ございません。
    私の背景として、結婚5年、主人が結婚2年目にパワハラ+長時間労働によりうつ病発症→1年半傷病休職期間を得て退職、転職して3年。療養期間にカウンセリングや参考図書を多々読み、回復傾向の兆しの末、転職するタイミングで服薬を減少し、投薬終了(再投薬には現在至っていません)。結婚当初は、子どもが出来たら、あんなこと、こんなことを二人で話してました。悩めるハルさんのご主人同様に子どもに、微笑む姿も多々ありましたが、病気になった時、何かあった時(うつ病になった時、自殺願望があったので)私が耐える自信がなかったので、子作りはしませんでした(私的には精神安定剤の副作用も怖かった)薬を止めて3年経った今きちんと夫婦話し合っていないので我が家もこれからですが、私的には年齢的(いま主人38歳私36歳共働き)経済的にも子どもは限りなく0に近いかなと、考えています。周りに頼れる親や兄弟もいないのも理由のひとつですが、時折考えるのが、再発の恐れです。服薬こそしていないですが、気分にムラがあったり、弱気になる姿を見ると、この状態で子ども授かるのは…と考えることがあります。仮に子どもを授かって良い意味に働いて、子どもの為に!と動く姿も想像出来ますが、何かあったときの覚悟が私にはなかなか難しく、いま答えとして持っているのは夫婦二人の生活です。ここ1.2年は長期連休や有給を二人で合わせてとってちょっと贅沢な大人な旅をしています。我が家の話が参考になるかはわかりませんが、こんな感じです。私は主人が病気になった時、双方の親以外に病気のことは言ってませんでした。理由として大義はないですが、なんとなく話をする事はなかったので周りに相談できませんでした、ただ私の気持ちの吐き出す所や、心の拠りどころを探して私自身常に右往左往していたので、悩めるハルさんの気持ちが少しでも落ち着けばと思いアドバイスではないですがコメント致しました。

    • ハル より:

      コメントありがとうございます。

      やまちゃんさんもお辛い状況のところありがとうございます。
      コメントを読ませていただいて、ご理解いただける方がいるのだと
      思うとなんだか少し気が楽になりました。
      私も親以外には伝えておりません。
      友人にはできればうれしいけれども、二人だけで生きていくということも
      考えていると話しています。

      義父から「子供ができれば自信も出てきっとよくなる!」と旦那は言われ、
      そう思っている反面自分の体をコントロールできないことで自信を無くしているところもあります。
      義父や義母は昔の方なので精神論的なところもあり病気のことをあまり
      ご理解いただけていないのが現状です。

      そのため、再発した時には私から彼が弱いからこうなったわけではないんですということをよくよく説明しました。
      少なからず生い立ちとして、ご両親の長年のそういった精神論での子育ての仕方も彼の病気に影響していることが私なりに病院の先生や認知行動療法に通う中でわかってきました。

      ニュースやドキュメンタリーなどで子育てに関してのことを見ながらよく二人で話すのですが、旦那はパワハラや子供のいじめの問題や親の教育で子供が精神疾患になるのを見ているといたたまれなくなるようです。

      少し旦那の状態が落ち着いたらゆっくりと話し合いをして、
      夫婦二人で仲睦まじく暮らしていくのもありなのかなと思うところです。

      私がこんなことをいうのもおこがましいですが、
      やまちゃんさんが旦那様と良い関係で幸せでいられることを心から祈っております。

  5. やー より:

    私の兄が高校生の頃から鬱の薬を飲んでいましたが、32歳で結婚して今は1児のパパになれました。
    ハルさんがあまり積極的ではないようなので兄夫婦とは状況が違うのでしょうが…

    具体的な量や薬の名前は知りませんが、義姉と付き合いだした時には鬱はあまり良い状態ではなかったのですが、義姉のサポートもありなんとか毎日仕事に行けるようになり結婚しました。
    二人とも子どもが欲しいと思ったため主治医に相談して、薬を徐々に減らしたり子作りに影響ない物に変えたりしました。
    子作りが始められるところまで3年くらいかかったと思います。
    その間にも実際妊娠できるのか、二人で検査に行ったりしていました。
    そして今子どもは2歳になりました。
    今も鬱の再発防止のために薬は飲んでいますし、体調が悪くて会社に行けない日もあるようです。
    でも元々子どもが好きだったので活力になっているらしく、顔色も格段によくなり明るくなりました。

    状況が違うのでアドバイスになるか分かりませんが、旦那さんと話し合ってみて、まずは旦那さんの主治医に相談してみるのはどうでしょうか。
    うつ病の親から生まれた子どもは必ずしも不幸ではありませんよ。
    健康な親から生まれた子どもがみんな幸せではないのと同じです。
    まずは子作りが可能なのか、どうしたら可能になるのかを知ることが最初かと思いました。

    • ハル より:

      コメントありがとうございます。

      子供がほしいという強い意志をもって、行動に移すというのは
      素晴らしいことですね。

      主人の主治医に相談することも今後考えておりました。
      ただ、薬が増えたこともあるため少し時間をおいてからというのも
      思っているところです。
      その旨、義両親にも最近伝えたところです。

      「うつ病の親から生まれた子どもは必ずしも不幸ではありませんよ。」とのこと、とても心強いです。
      もし子供を作ることになって、子供を授かれた時には主人にもこの言葉を
      かけて、経験値として子供を育てていければと思います。

  6. どんぴしゃ子 より:

    いつもロム専門でしたが状況が似ているので初コメントします。

    【我が家の状況】
    私(妻):アラフォー妊娠7か月。正社員
    夫:アラフォー。無職(なんちゃって主夫)。うつ歴約10年

    夫は約10年ほど前にたちの悪い上司にあたりうつ病を発病
    一旦よくなり転職するため退職するが、転職活動中のストレスで再発。
    そのまま交際中の私の家に転がりこみ、済し崩し的に同棲がはじまり無職のまま4年後結婚。
    (同棲時代はかなりの葛藤がありましたが割愛しますw)
    夫は無職のままでしたが、いろいろあっても別れるには至らなかった事
    私が正社員で仕事をしていた事、夫が倹約家で多少貯金があった事など
    最悪二人で食べてはいけるなーとの算段もあって結婚。
    二人とも子どもはずっと欲しかったのですぐ妊活開始するも
    うつ病と薬の影響でなかなかうまくいかず、夫の体調のタイミングを待って不妊治療に踏み切りました(費用は折半)
    3年高度不妊治療をして現在仕事をしながらの妊娠7か月です。

    悩めるハルさんはお仕事はされているのでしょうか?
    うちの夫は無職ですので状況は少し違いますが、周りからのフォローや経済的になんとかなるのであれば子どもを持っても良いのでは?と思います。
    心配されている薬の影響ですが、夫のかかりつけに相談したところ
    女性側だと影響すると言われているものもありますが
    男性側は影響がないと聞いたのでうちでは気にしなかったです。
    薬の種類にも寄るかもしれないので確認されて下さい。

    たしかに旦那さんの再発怖いですよね。
    うつに環境の大きな変化はいけないと言われていますしね。うちも引越しした際に悪化しました…。
    私も出産したら、夫のうつがまた悪化する可能性もあるよねーと思いながらの妊婦生活です。

    うちの夫は現在もうつ続行中で外出もなかなか出来ないタイプなので。頼りにならない事も多々あります。
    日常生活⇒洗濯と食器洗い以外は基本全て私。
    不妊治療中⇒治療の相談など夫の体調をみてのタイミングになる
    治療後流産⇒ショックで私より体調が悪くなり寝込む
    妊娠中⇒妊婦より動けない。

    育休を1年取得する予定ですのでその間に二人で育児をして
    仕事復帰後は保育園&夫主体の育児で乗り切る予定ですが
    夫の体調によるので、出産前の今からとにかく「最後は私がなんとかする!」の覚悟でいます^^;

    幸い職場に恵まれていたので不妊治療も産休育休もスムーズにとれる環境だったのに助けられていますが
    もし悩めるハルさんが専業主婦で経済的に難しいのであれば悩むところですよね。

    あと、心配されている、不妊や流産、奇形などについてはいろんな要因で起こります。
    旦那さんのうつだけに起因して、なんて事はほとんどないと思います。
    (不妊はほんとにいろんな要因があり、流産も染色体異常がほとんどです)
    その点を旦那さんが気にされるタイプなら、産婦人科や心療内科の先生に相談したら、フォローや説明をしてもらえるのではないでしょうか。

    うつを抱える中で転職に成功して前向きな姿勢の旦那さん。
    薬を飲んでいるとの事ですがうつと上手く付き合っているのではと思います。
    子どもをみて目を細めている旦那さんとても素敵じゃないですか。
    うちの旦那はひねくれてるので、治療の当事者であった私より不妊様になってましたよ(笑)

    うちはもっと環境が悪かったですが年齢が年齢だったので妊活に踏み切りましたが
    年齢がお若いのであればもう少し様子を見ると言う手もありますよね。
    減薬してからとか、経済的に安定してからとか。

    でも、どんな形であれ夫婦で手を取り合って行ける関係であるなら
    旦那様とよく相談して取り組んでもらいたいなぁと思います。

    自分語りになってしまいましたが応援しています。

    • ハル より:

      コメントありがとうございます。

      どんぴしゃ子 さん、大変な状況の中応援のお言葉ありがとうございます。
      妊娠7ヶ月とのこと、不安なこともあるなかでとてもおめでたいですし、
      きっと子供ができて母になると子供を守るために乗り越えられる気がしますね。
      うちの母も、母子家庭ながら3人の子供を女で一人で育ててきたのを見てきたので母は強しと思います。

      どんぴしゃ子 さんのおっしゃってくれている通り、主人はよくこれだけ自分の病気を受け止めて向き合って私のために踏ん張ってくれていると思っています。義両親から情けない・弱いと言われても私だけは味方でいてあげなければと思っています。

      まずは少し落ち着いたら主治医への相談を行う方が良いとわかりました。
      また、私も正社員で働いていましたが、夫が転職をしたのを機に思い切って
      私自身も転職してパートで働いています。
      共働きで慌ただしくしていたりしては主人も落ち着かないからと考えたからです。
      働く時間を削った分、家にいて話を聞いてあげて家族の事もよく話し合うようになりました。この流れで主人の仕事が落ち着いたときに体調がよくなったら、子作りをするかはよくよく話し合おうと思っています。

      どんぴしゃ子 さん、旦那さん、これから生まれてくるお子さんが幸せに暮らせることを私も心から祈っております。

〜 コメントを送信する前に 〜

井戸端会議に遊びに来て頂きありがとうございます。
コメントを頂くことで成り立っているこのコーナー。
コメンテーターの方には大変感謝いたしております。

ネットの向こう側には、悩んでいる方、苦しんでいる方がおられます。
コメントをされる方は、その気持を汲んでいただき、配慮ある言葉選びをお願いいたします。
『それは違うよ!』と思われ、相談者さまとは別角度からのアドバイスを書き込まれる場合、あまりに強く否定的な文脈ですと、文章の主旨が届く前に心を閉ざされる場合がございます。
相談者さまにとっての良い〝気づき〟となるような、心に届くような気持ちでお書きくださいますようお願いいたします。
井戸端会議が多くのお嫁さんにとって有意義な相談場所となるよう、ご協力よろしくお願いいたします。

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


4 − 1 =