子供が巣立つのと合わせて離婚をしようと考えています。

悩めるクローバーさんのご相談

離婚を考えています。
子供14歳、6歳です。
私の親も離婚し、金銭面でかなり苦労を強いられたので、私は下の子供が巣立つのと合わせて離婚をしようと考えています。
原因は旦那の両親が私達に過干渉な所、義父が思った事を相手が傷つく等関係なく口にする所、それを誰も注意しない旦那の家族。
その都度、旦那におかしいと訴えてもフォローせず、「俺だって、子供の頃から父親に無神経な事言われて我慢してるんだから、お前も我慢しろよ!」と言います。
旦那は、夫という自覚がなく、いい息子のままでいたい、その立場を優先していると感じ、私は何もしてくれない旦那と旦那の変な家族に我慢の限界です。
下の子が巣立つまでに、貯金と手に職をつけようと思っています。
他に準備しておいたほうがいいこと、ありますか?
あと離婚経験者の方はよく、「離婚はしないほうがいいよ。」と言います。それがいい選択として、決めたのに何故しないほうが良かったのでしょうか?
教えて欲しいです。


悩めるクローバーさんに
みなさまアドバイスお願いします!


カテゴリー: 夫婦, 舅姑


子供が巣立つのと合わせて離婚をしようと考えています。 への12件のコメント

  1. るんくま より:

    我慢の限界。。と、いう割には
    せっぱつまってないのかなぁ~という印象を受けました。
    6歳の子供さんが巣立つ時って
    例えば高校を卒業するくらいですか?
    あと12年ありますね。
    手に職を、、と、ありますが、今は専業主婦かもしくはパートでしょうか。
    これから14歳の子どもさんに受験や進学ですごくお金がかかる事が
    予想されますし、6歳のこどもさんも中学生、高校生となる頃には
    それなりのまとまったお金が必要です。
    14歳の子が12年後には結婚の可能性もありますよね。
    少しは貯金できるかもですが、こどもの成長期にはたくさんの貯金は難しいですし(我が家はそうでした)
    貯金はこどもの為に使う(使わざる得ない)のであって
    ご自分の離婚後の生活の為にというのは難しいと思いますが、、いかがでしょうか。
    (貯金の意味が違っていたらごめんなさい)
    離婚すれば夫とも夫の家族とも縁が切れてすっきりするでしょう。
    でも、経済的にはやはり大変だと思います(例えこどもさんが巣立った後であっても)。そのどちらかを選択しないといけないと思うのですが、
    クローバーさんは離婚しても経済的には苦労したくない、という
    両方のいいとこ取りを考えてるように感じて、正直ちょっと甘いな、と
    思いました。

  2. 離婚経験者 より:

    アラカンの離婚経験者です。
    離婚しない方が良かったかどうかなんて、人それぞれです。
    私は離婚して幸せになりました。

    私も上の方と同様、甘いなと思いました。
    我慢の限界と言いながら、あと12年ほどは我慢するのですね。
    我慢の限界で子どもを抱えて飛び出して働きづめに働いた身からしたら、余裕があって良いな、と思ってしまいます。

    私の周りの狭い世界の話ですが。
    ○年したら離婚する、○○したら離婚するなど、ある意味「計画的」に考えてる人はまず離婚していないです。
    本当に離婚したい人は、離婚に伴う不利益(お金や仕事や子育てなど)は自分が何とかする、という覚悟を持って決断しています。
    それらの不利益よりも、結婚生活を続ける方がはるかに辛いのですから。

    しかし手に職を付けることは賛成です。
    今は義実家とご主人への不満で頭がいっぱいのようなので、目を他に向けることで気持ちが落ち着くと思います。
    仕事で自分に自信が持てれば、世の中の見え方は変わってきます。
    頑張ってください。

  3. 同じく離婚経験者 より:

    子どもが8歳10歳の時に離婚しました。
    実家に戻ったので、家賃は要らず、養育費も少ないながら受け取れたので
    金銭的にものすごい苦労をしたということはないのですが
    子どもの大学進学に関しては進路が限られてしまいました。
    お金がたくさんあれば、行きたいところに行かせてあげられたのにと思います。

    小さな子どもさんがいれば、収入に応じてですが公的手当も受けられますし
    養育費もしっかりいただければ、贅沢しなければ生活は出来ると思います。
    離婚を勧めるわけではないですが、6歳の子どもさんが「巣立つ」までとは
    相当長いので、本当に離婚しようと思うなら、子どもさんの進学時期等にあわせて早めるのもアリかなぁと思いました。
    結婚生活を続けるのが嫌だと思ったら、本当に同じ空気を吸うのもツラくなります。
    わたしは引越・転校を伴ったので、3月末の離婚を予定していましたが、あと3ヶ月が我慢できず12月末に離婚しました。
    離婚しないで、多少の我慢をしつつも円満に暮らせるならそれが一番なのですけどね。

    わたしは離婚して大正解だったと思っています。
    子どもたちにはツライ思いをさせてしまいましたが、わたしの暗い顔ばかり見ているよりは
    父親と離れても、笑顔でいるお母さんの方がよかったと勝手に思っています。
    (子どもたちから否定されるかも。)

  4. あいぺろ より:

    私も離婚したい者です。
    甘かろうが何だろうが、計画を具体的に数字に起こしてみてはいかがでしょうか?
    今の生活費、離婚後の生活費、いくら自分が稼がなくてはいけなくて、いくらの支払いになるのか。その為にいくら貯金しないといけないのか。
    保険はかけられるのか、旦那名義のままで支払い続けてもらう甘い算段があるのか、ないのか。今までと同等の保障がある生活をするのかしないのか。

    私は、今かけている保険は全解約しその一時金でしばらく生活して落ち着いたら私名義で掛け直す、と算段してみましたが、どう考えても今まで通りの保障を受けるには高額になるし合計もかなりの額になるため、減らすしかない、それでいいのか?などと考え中でその点は主人に感謝しないとな、と思ったりしています。
    実家に住むと、勝手に思っていても実家側は了承しているのか?賃貸に住むなら保証人は?シングルがいきなり借りれるのか?社会に信頼に足る収入額は?等…パッと思いつくだけでもあるし、電卓はじく必要があると思います。

    でも、確かに、もうそんなのどうでもいい。何とかするから今すぐ離婚!と思うことが最近増えてきました。お金なんてどうだってしてやるわ!という覚悟というか、絶対子供は幸せにする、なんでもする、と思うので、電卓叩いてる内は、やっぱり夢物語なのかもしれません。

    • あいぺろ より:

      貯金と手に職以外でしたね…
      離婚時に公正証書をつくるのか、その際に司法書士にいくら払うのか、誰が払うのか。まぁ言い出した側ではないでしょうか?
      家裁に持ち込むのか、否か。
      子供の親権は20歳までですが離婚時はどうなのか、親権について。
      持ち家ですか?共同名義ですか?持分はどうするのか。
      離婚前提の暮らしの中で、家族旅行はしていくのか?偽りの笑顔と思い出が子供の思い出になることについて…

      上記は私が考えていることなんですけど。
      必要手続きが膨大すぎて、結婚するときより遥かに手間です。紙切れ一枚だしてお終い!ではない。
      だから仲良くいられるなら、その方がいいんじゃないでしょうか、離婚しないでいいなら子供も傷つかないし。

      ちなみに私の両親もずっと不仲で、私の就職時に熟年離婚しました。まぁ、早く離婚しろや、私のせいにすんなと思って育ちましたねー、貴女の親権があるからとか貴女はシッカリしているからと母親に言われきたので、私が母親を慰めてましたけど、それって私の方が精神的に大人を面倒みてたんですよね。アダルトチルドレンになりがち。
      その分金銭的には不自由しなかったので、そこは感謝だし、今の悩めるクローバーさんのお気持ちもわかるんですけど。
      離婚は自分がしたいからする。とお決めになったら腹が座るので、自ずと調べることがわかるかと思います。

  5. だー より:

    私は離婚はしたことないので、離婚しないほうがいい理由はわかりませんが、準備しておいたほうがいいんじゃないかなーというものだけ。

    それは日記です。離婚は相手がしたくないといえば弁護士を介して家庭裁判所のお世話になると思うので、そうなると証拠が必要になります。
    旦那さんの義理の両親にいわれた酷い言葉の内容を、今までの分はできるだけ思い出して記録、またこれからの分は、日記として記録しておくのがいいと思います。何月何日にどこでどういう事を言われたか、それに対してどんな風に思ったかを記録しておきましょう。

    もし、メールや電話でひどいことを言われたら、それも記録しておきましょう。電話の記録はなかなか難しいですが、スマホの機能によっては録音できるものもありますし、メールは画面キャプチャーを撮ったりして取っておきます。録音の記録はかなりの証拠になるそうです。

    それから、心を病んだということであれば心療内科か精神科の診断書です。
    これは病気と認められればの話ですが、相手からの言葉の暴力で、これだけ自分は精神的に苦しんでいるのだと言う事を証明してもらうことができるそうです。通院費の領収書とかもとっておくといいのかも。

    私は、クローバーさんのお子さんが全員自立してからの離婚という考えは甘いとは思いません。離婚はせっぱつまったから急にするものなんて、誰が決めたのでしょうか。準備期間が長くあればそれだけ貯金も増えますし、それに向けて準備を頑張っていれば今の辛い状況も乗り越えられる希望になるはずですので、考え方はとても前向きだと思います。

    ただ、言われた事の内容にもよりますが、離婚理由がちょっと弱いかもしれないので、旦那さんが認めなければ離婚は難しいかも…。一度、無料の法テラスとかに行って相談してみてもいいかもしれませんよ。

  6. ポテト より:

    10年以上も先の離婚を目指して努力するより、今相談者さんがいる家庭を心地よくするための努力をするのはどうでしょうか。
    私の夫の両親も、過干渉で無神経な発言が多く、結婚当初から腹が立つことばかりで不愉快でした。でも夫は小さい時からそれが当たり前、自分はそんな親と我慢して過ごしてきたという感覚だったので、当初は何度訴えても親のことなんて放っておけばいいの一点張りでした。
    そんな夫に対して、私がしたことはとにかく夫の味方になることでした。私が義両親の発言に対して困ってることを言うと、元々そんな親だから仕方ない、我慢するしかないと夫が言います。それに対して、小さい時どんなことが嫌だったのか聞き、嫌だったね、我慢してきたねと共感するように努力しました。
    何年も繰り返し話し合ううちに、私が嫌だと思ってたことは、自分(夫)も嫌だったことだと分かってくれたみたいで、義両親から庇ってくれるようになりました。
    分かり合えないからと離れるよりも、お互い歩み寄り生きる方が難しいと思います。
    私の両親も離婚して片親で育ててくれましたが、その親も再婚しずっと居場所のない思春期を過ごしました。なので離婚はなるべくなら回避できたら…と思います。

  7. 通りすがりのおばちゃん より:

    手に職は大賛成!です。具体的なお考えはありますでしょうか?もちろんこれから考えるでも良いのです・・・。世間は「女性活躍推進」なんていうキラキラワードで潜在労働力の発掘にやっきになっていますが、具体的な施策は「〇〇資格取得」だの「パソコン教室」だのレベルで、資格保持=労働力としての価値 には程遠いものです。お子様が巣立った時の自分の年齢の市場価値は未来の事で今はわからないですが「手に職(自分が納得する報酬に値する価値のもの)」の「職」を何にするのかが肝要かと思いました。

  8. ひろ より:

    手に職持って貯金して子どもが巣立ったら離婚・・・ごめんなさい、もしも宝くじが当たったらという妄想と同じようにに聞こえてしまいました。

    今は義実家と同居なのか?
    専業主婦?パート?
    ご主人への不満は義両親のこと以外にもあるのか?
    ご自身の実家は頼れるのか?
    手に職とはどういう仕事をしたいのか?
    分からないことだらけです。

    離婚したい。
    でも今すぐ離婚すると経済的にこまるからこの先10年あまり仮面妻します。
    ・・ということでよろしいでしょうか。
    それはお子さんに良い影響を与えないと思います。
    もしもお子さんのために我慢するというならば、それはお子さんに責任を負わせることでさらに悪影響です。
    自分の責任で行動する。潔く生きましょう。

    他の方も仰ってますが、まずは現状を何とかする努力をされてはどうでしょうか。
    義実家と同居なら別居する、すでに別居ならば距離をとる。
    ご主人ともっと話し合う。
    専業主婦ならば仕事に出る、「手に職」の勉強を始める、などなど。
    それでもどうにもならないならば、まず離婚後の生活を具体的に想像してください。妄想ではなく現実的に。
    そうすれば何をすれば良いかが自然と分かると思います。

    私も離婚経験者です。離婚してよかったです。
    結婚前から手に職(自営業)があり、離婚後も経済的には困りませんでした。
    誰に頼ることなく、子どもも大学まで出せました。
    しかしここ10年ほど仕事は低迷し、今は生活がとても大変です。
    60過ぎですが、いまだに新しい仕事のために勉強してます。
    もらえるのは国民年金だけだし、生きてくために死ぬまで働くんだろうな。
    (世の中のどこに景気回復があるというんだ!)
    「手に職=安定した生活」とは限らないことも知っておいてください。

  9. じゃがまりりん より:

    こんにちは。
    離婚を考える原因が旦那さんよりも旦那さんの家族の干渉が問題ということで、お子さんが大きくなるまで我慢しようという気持ちも理解できるように思います。
    離婚の準備もすすめつつ、義父さんも年を取ってやがて、、、なので我慢できる範囲でがんばるのは良いと思います。もしかしたら、旦那さんの家族の干渉が年と共に和らげば気持ちも変わるかもしれないし、子供たちが大きくなってお母さんの味方をしてくれるかもしれません。

    離婚の準備ですが、財産分与をするにあたり旦那さんの貯蓄がいくらななのか、持ち家ならば価値はいくらなのかなど把握しておくことです。貯蓄は知らないと誤魔化されることがあると聞きます。
    あとすんなり離婚してもらえない可能性もありますので、本格的に離婚を決意したら家を出て別居を開始するつもりが良いと思います。
    念のため信頼できる弁護士さんを見つけて、間に入ってもらうことも備えておいたほうがいいでしょう。

    あと、離婚するつもりでいるなら、旦那さんの家族とは一切会話しないくらいの態度でいいと思います。
    救いは旦那さんにも、義父さんの言うことが理不尽なことだとわかっていることだと思います。それでも関係を断ち切れないのは、親子だからとか、財産のことがあるからなのかな。お前も我慢しろには無理だけど、旦那さんに盾になってもらってかわすようにがんばってください。
    難しいことですが、反対に旦那さんと困難を乗り越える方向で暮らせるといいなと思いました。14歳のお子さんにも協力してもらい、義父を反面教師に家族の絆を深められたらいいですね。少しでも気持ちが和らげば幸いです。

    • クローバー より:

      様々なご意見ありがとうございました。

      私の背景としては、嫁ぎ先は県外で離婚したら地元に戻ろうと考えているので、子供の環境は変えたくない。また、実母とも仲が悪いので実家を頼るつもりもありません。

      浮気や暴力・借金はないので、確かに切羽詰まってないです。
      しかし、不満が爆発してから2年程経ちますが、旦那とは口を利かず目も合わせず、基本無視しています。旦那が休みの日は、1日中イライラしています。旦那は逆ギレしたり、だんまりしたり、話し合いになりません。
      最近は、旦那の家族にもあまり会いたくないので、法事や食事会も何かと理由つけて行ってません。

      だからと言って、子供もいるのに後先考えずにパッと離婚も出来ません。
      切羽詰まってない分、今から情報を集め、土台を固めておきたくて質問しました。そうしないと、旦那や旦那の家族に言い負かされるからです。

      公正証書や財産分与、色々まだ調べることが多そうですね。
      離婚後の生活を計算するのもいいですね。
      調べながら、弁護士が必要か、別居するか等々、なるべく子供や私に不利益がないように進めていこうと思います。

      ありがとうございました。

  10. たぬき より:

    離婚経験者です。
    離婚時には、夫婦の財産は2分割されるのが原則です。私が頑張って貯めた貯金も、生活費を入れなかった夫と2分割されました。まあ、自己申告なことが多いので、申告せずにさらっと済んで仕舞えば良いのですが、特に夫さんが離婚反対の立場の場合、もっと貯金があるはずだとか、●●銀行の通帳があったはずだのか言い出しかねないかもしれません。せっかく貯金頑張ったのに持っていかれたとならないよう、何らかの対策が必要では?
    それから、夫さんが離婚反対の場合、「離婚をする相当の理由」が求められます。単に顔を見たくないとか、性格が合わないでは離婚は認められないかもしれません。十分に理由はあるなら良いのですか、ご自身の理由はある十分かどうか確認しておいた方が安全かと思います。
    あと、余計なことかもしれませんが、下のお子さんが巣立つ(何歳?)まで待つ必要があるのかな、ということ。離婚してから作った貯金はすべて自分のものですが、婚姻中に作った貯金は夫婦の共有財産ですし。お子さん達は強いですよ。夫婦のこともちゃんと見て理解しています。
    私は離婚してほんとうに良かったです。また、私の両親も離婚しましたが、あの時離婚してくれて本当に良かったと思っています。ご自身の選択に確信を持って進んでください。

〜 コメントを送信する前に 〜

井戸端会議に遊びに来て頂きありがとうございます。
コメントを頂くことで成り立っているこのコーナー。
コメンテーターの方には大変感謝いたしております。

ネットの向こう側には、悩んでいる方、苦しんでいる方がおられます。
コメントをされる方は、その気持を汲んでいただき、配慮ある言葉選びをお願いいたします。
『それは違うよ!』と思われ、相談者さまとは別角度からのアドバイスを書き込まれる場合、あまりに強く否定的な文脈ですと、文章の主旨が届く前に心を閉ざされる場合がございます。
相談者さまにとっての良い〝気づき〟となるような、心に届くような気持ちでお書きくださいますようお願いいたします。
井戸端会議が多くのお嫁さんにとって有意義な相談場所となるよう、ご協力よろしくお願いいたします。

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


+ 1 = 4