酒癖の悪い夫について悩んでいます。

悩めるえまさんのご相談

酒癖の悪い夫について。
私と似た状況の相談もいくつか拝見したのですが、やはり個人的にご意見をいただきたく相談させてください。

私41歳、夫50歳、子なし夫婦です。6年前に結婚しました。
悩んでいるのは夫の酒癖の悪さです。
飲むと大声での暴言、物に当たる、と分かりやすくタチが悪いです。

そして困ったことに、私も気が強く、夫に言い返してしまい余計にヒートアップしてしまいます。
新婚の頃に、夫がものすごく暴れて手に取るものを投げたり壊したりしたので、私もプッツンときてしまい家中がグチャグチャになり、ご近所さんに警察を呼ぼうかと心配されたことがあります。夜中だったのでご迷惑をかけてしまい、申し訳なく恥ずかしい限りです。

しかしその後も、程度の差はありますが似たような喧嘩が絶えません。
だいたい夫は上機嫌で帰ってきます。しかし廊下などで倒れこむように寝てしまい、私が「ちゃんと着替てベッドで寝なよ」などと小言を口走ったらまずキレます。
最近は何夫が帰ってきたら逃げるように寝室へ行くようにするのですが、上機嫌で帰ってきて、絡みます。そして返事をしないと「おまえ何様なんだよ!」とキレます。そして私が「ご近所に迷惑だから静かにして!」なんて言い返すと、もう大変です。
ご近所迷惑になるようなキレ方をするのは年に3~5回、といったところでしょうか。恥ずかしい限りです。

私たちはお酒が大好きで飲み歩きの趣味が合う!というところから気が合い結婚まで至りました。
夫婦で晩酌をするのが楽しみ、という生活でした。
結婚前は、お酒で少し気の大きくなることはありましたが、大きな揉め事はありませんでした。
しかし、結婚してから仕事(自営業で浮き沈みがあります)のプレッシャー等か、上記の通り酒癖が悪くなってしまいました。
シラフの時も、イライラしやすくなってきています。

かなり揉めながらも、少しずつお酒は減らしました。
本人も反省はしているのか、一緒に飲むときは気をつけてくれるようになりました。
そして外で飲む機会も、ぐっと減らしてくれるようになりました。

ですが、たまに外で飲んでくると、普段私に我慢させられている(と夫は感じているようです)せいか、お酒の好きな相手と一緒だと、多量に飲んで帰ってきます。
先ほども「俺の家だ!出て行け!」「離婚だ!」「金はいくら欲しいんだ!」の繰り返しです。「近所迷惑だから大声出さないで」と言ったらさらに大声で怒鳴ります。
お金のことは「いくら稼げば文句ないんだ!」「この家も、これも、あれも買った!」等いつも言います。見栄はって散財するわりに執着がすごいです。事業で苦労しているところから、そういう発言が出てくるのだと思います。

夫が外で飲みに行くと、大喧嘩まではならなくともほぼ揉めるので、私も夫の飲み会があると嫌な顔をするようになってしまい、さらに揉めてしまいます。悪循環です。
私も知らぬ存ぜぬで通せばもう少し穏やかに過ごせるのかもしれません。その点は反省していますし、なんとかしたいです。

私もお酒が好きなのでなかなか踏み切れませんでしたが、一度お酒を辞めるよう提案してみようと思います。もちろん私も辞めます。
ですが夫は仕事のストレスが多く、さらに私からは普段から色々(飲みに行くことや、無駄使いなど)我慢させられている、という感覚でいます。こんな提案は、さらに悪循環ですかね・・・。
私は好きなお酒より穏やかな生活の方が大事だと思えますが、仕事でお酒を飲む付き合いもありますし、本人がよほどの決意で禁酒しない限り、コントロールしようとするのは無理な話ですよね・・・。

夫も努力はしていると思います。お酒以外でストレスを発散しようとスポーツジムに通ってみたりもありました。他にもカメラを買って散歩するなど。しかしどれも続かず。お酒が一番好きなんだそうです。
正直、夫にはもう「酒好き」と語って欲しくないです。ただのアル中おじさんに成り下がってしまっているように感じます。

離婚も考えたりもしますが、愛情が全くないわけでもなく、夫とはじめた事業のことも揉めそうですし取引先に迷惑がかかりそうで、踏みとどまっています。夫も同じ理由で「離婚だ」と騒ぐ割に、いざ離婚となると私の非をついて離婚を避けようとすると思います。

さらに私が一方的な被害者とも言い切れない部分も多く(口うるさく、火に油を注いでいる)自分が変わる努力をした方が賢明でしょうか。
夫なりに我慢している、私はもっとコントロールして欲しい、夫はさらにストレスが溜まるの悪循環だらけです。
穏やかに暮らしたいです。

長くなって申し訳ありません。
ご意見いただけると嬉しいです。


悩めるえまさんに
みなさまアドバイスお願いします!


カテゴリー: 夫婦


酒癖の悪い夫について悩んでいます。 への18件のコメント

  1. でん より:

    専門知識での答えではないので的外れだったらすみません。

    私自身、お酒が好きで夫ともよく飲みますし、友達とも飲みに行きます。飲んでご機嫌で帰ってから夫に絡んでしまう(当たってしまう)ことが過去に何度かあったのですが、そういう時は、普段、気にしないようにしている夫への不満がお酒で解放されてしまっていたのかなと思います。

    家事の分担の不満、お互いの実家との付き合い方の不満etc、冷静な頭では「お互い言い分があって当然だし100%完璧なんて無理だし私も完璧じゃないんだし」と分かっているので普段は言わないけど溜まってしまっている不満が噴き出す感じでしょうか。

    最近それがないのは1)不満の処理の仕方を覚えた(要望の伝え方を覚えた)ので無意識レベルの不満がたぶんほとんどない 2)私が飲み会の時は夫が先に寝ていることも多い からかなと。

    ご主人の状態でえまさんからの働きかけで断酒させるのは難しいと思います。何か不満があるなら素面の状態で話し合おう、という感じで持ちかけるとか「頭では分かってるけど心で追いつかない」部分を「心も追いつくようにするにはどうすればいいか」を考えるとかするのがいいのかなあと思います。

    あとはもう、絡まれる前に先に寝てしまう。廊下で寝て風邪ひいても本人が悪いんですから仕方ありません。

    本当はご主人にこそカウンセリングが必要な気がしますが、行ってくれそうもないなら、えまさんが行ってもいいと思います。それで接し方のアドバイスももらえるんじゃないかと思いますし、夫婦は鏡というのは本当で、えまさんが変わることでご主人が変わることも十分考えられると思います。

    よい方向に向かいますように。

    • えま より:

      でんさん、暖かいコメントをありがとうございます。

      ご自身の経験、とても参考になりました。
      「普段の不満がお酒で解放されてしまう」まさに、と腑に落ちました。
      夫もきっと、私への小さい不満がうまく排出されておらず、爆発してしまうのかもしれません。

      頭では分かってるけど心で追いつかない」部分を「心も追いつくようにするにはどうすればいいか」を考える。
      でんさんも色々と乗り越えてこられたのでしょうか、とても心に刺さりました。
      今までも酒癖の件について何度か話しましたが、どうも私が説教をしている形になってしまい、スッキリした話し合いにはなっておりません。
      「心も追いつくように」これを頭に入れておきたいと思います。

      廊下で寝ていても放っておく、大事ですよね。風邪を引かれると「仕事に支障が出る、また世話が面倒だ」とつい思ってしまって・・・。これは直ぐに実践しようと思います。

      カウンセリングですが、以前に私からの提案で「二人で受けよう」という話になり、クリニックの候補を上げるところまでは行ったのですが・・・残念ながら、夫が嫌がり実現できていません。
      嫌がる理由は、子供の頃に夫の兄が引きこもりになった際(今は独立しています)に、母親が兄のために色んなカウンセラーやら祈祷師やらを家に呼び、不快な思い出があるからだそうです。どうもカウンセラーを信用できない、と。
      それ以上何も言えなくなってしまいました。

      ですが、でんさんのアドバイス通り、私ひとりでも行ってみたいと思いました。
      夫の酒癖の悪さを責めてばかりでは変われないですよね。
      夫婦は鏡を信じて、まずは私自身が楽しく穏やかに過ごせるようになりたいです。

      またでんさんご夫婦のように、以前のように楽しくお酒と付き合えるようになりたいです。
      ご親切にありがとうございました。投稿して本当によかったです。

  2. ふー より:

    警察のお世話になる、家族に迷惑をかける(物を投げたり壊したり)等の飲酒にかかわる問題行動が再三出現しているのに飲酒をコントロールできないご主人。えまさんが感じてらっしゃるようにご主人は「酒好きな人」から「アルコール依存症」に移行しつつあるように思います。
    アルコール依存症は進行すると今よりもっと飲酒量のコントロールが効かなくなり、朝から飲み始め一日中酩酊状態、仕事や社会的信用を失い、さらに肝臓に大きな負担がかかり続け内臓や血管等の疾患により寿命を縮めることにもなります。
    そうなる前にアルコール外来等にかかることをお勧めしたいところですが、本人に病識が出にくい(自分自身がアルコール依存症だということを否認します。認めてしまうと一生断酒しなければならないのでそれが何よりも怖いのです)病気なので医療に繋げることは簡単ではないです。
    お酒をやめられず、お酒の問題を起こしてしまうのはご主人がだらしない人間だからではなく、アルコールという薬物に脳が支配されているからです。
    えまさん、一度アルコール依存症について調べてみてください。西原理恵子さんの著書にも西原さんのご主人のアルコール依存症との戦いについて書かれたものがあります。アルコール依存症患者とその家族の関わりについても書かれています。
    敵と戦うにはまず相手を知ることが大事です。アルコールとアルコール依存症についてより多くの事実を知ることをお勧めします。
    えまさんとえまさんの大切なご主人がお酒のトラブルなく安全で楽しい家族生活が送れますよう応援しています。

    • えま より:

      ふーさん、親身なコメントをありがとうございます。

      ふーさんのおっしゃる通り、飲酒をコントロールできない、まさに夫はそうなってきているように思います。
      ついつい飲み過ぎて二日酔い、ならいいのですが、やはり問題行動が頻発するのは「アルコール依存症」の危険信号ですよね。
      ご指摘の通り、夫自身は依存症とは無縁だと思っているようです。

      こちらの相談を投稿した後、依存症啓発漫画「だらしない夫じゃなくて依存症でした」をウェブで読み、とても考えさせられました。
      今はまだ仕事中や朝から飲むことはありませんが、そうなってしまう可能性もあるということですよね。そして私自身、夫のことを「だらしない」と軽蔑しはじめていました。考え方を改めないといけないようです・・・。
      お勧めいただいた西原理恵子さんの著書も、読んでみようと思います。

      「敵と戦うにはまず相手を知ることが大事」というアドバイス、ハッとしました。
      感情的にならず、夫と向き合う方法を模索したいと思います。
      トラブルなく安全で楽しい家族生活、送りたいです。ウルっときてしまいました。
      前向きになれたように思います。暖かいご声援を本当にありがとうございました。

  3. ゆき より:

    先日アルコール依存症を啓発する漫画を読んだんですけれど、
    そこに出てきた旦那さんの中期とそっくりだと思いました。
    もしよかったら読んでみてください。
    https://www.jiji.com/ad/korosho/izonsho_manga_v01.html

    • えま より:

      ゆきさん、ありがとうございます。
      漫画を読みました。
      ゆきさんご指摘の通り、私たち夫婦の現状と似ている節が多く、思わず目を背けたくなってしまいました・・・。いけませんね。
      末期になる前に、もっと真剣に取り組まないといけないと思いました。
      こういった場での相談は初めてだったのですが、投稿してよかったです。ありがとうございました。

  4. のこ より:

    初めてコメントします
    私は経験ないので軽くだけ
    厚生労働省で「だらしない夫でなく依存症でした」という漫画があります
    ここまでではないとおもいますが、自身をコントロールできないのは可能性があるのかと思い書いています
    ここで、大切なのはやめてもらうことももちろんですが、その世話を焼くこともよくないらしいです
    酔って寝てしまったところに布団をかけたり、布団へ誘導したり。また、喧嘩してご近所へ迷惑かけたときに代表して謝ったり
    私は素人でどうしたらいいかわかりませんが、少し似ているのと。始まりなのかなーと思いました。
    よかったら読んでください
    そして、しかるべきところにご相談ください
    https://www.jiji.com/ad/korosho/izonsho_manga_v01.html

    • えま より:

      のこさん、ありがとうございます。

      漫画を読みました。
      他の方からのコメントでも同じご指摘があったので、依存症の危険信号かもしれません。私たち夫婦の現状と重なる部分も多く、特に漫画の妻の行動、まさに私です。正論で責めたり、世話を焼いたり。

      長い戦いになるのかと思うと、正直荷が重く感じますが・・・末期になる前に、まずは私ひとりで、専門機関に相談やカウンセリングに行こうと思います。
      こちらに投稿し、冷静で貴重なご意見をいただけて、本当に良かったです。
      ありがとうございました。

  5. パー子 より:

    アルコールの方と関わった経験から、お話させてください。
    1番良いのはお二人ともお酒をやめて、楽しく生活できることです。
    ただ、それは、かなり無理を強いますし、大変だと思います。
    これが無理なら、お互いシラフの時に、とことん話し合ってください。それで、奥様も遠慮なく、酔った時のどんな行動、言動、何が周囲の迷惑や、自分の負担になっているか、どこまでが我慢できるかを話してください。
    それを聞いた上で、旦那さんの意見を聞いて。この人はきちんと奥様を1番に考えているか、お酒を辞めないための口実だけなのかを判断してください。
    お酒好きの趣味が合うのは、素晴らしいことですが、今のお話からすると、酒乱とお酒好きくらいの乖離があります。
    酔ったから覚えてない、酔ってないときは良い人、これは全てまぼろしです。
    酔ってない時にどれだけあなたのことを考えられるか、きちんと未来を考えているかで判断なさってください。
    厳しいですが。

    • えま より:

      パー子さん、貴重なご意見をありがとうございます。

      お互いシラフの時に、とことん話し合う。
      今までも何度も試みたのですが、グチグチと私が一方的に責めてしまう形になってしまい・・・夫がイライラし始め、その態度に私は更にグチグチ。夫の話をきちんと聞く前に「お前が怒らせるようなこと言うからだ」なんてひどいセリフを言われて呆れて終了。そんなパターンです。(いや、終了じゃないですね、必ず言い返しています、私・・・)
      今、パー子さんへのお返事を書いていて、とことん話し合うという事を出来ていない事を実感いたしました。
      私の方も、修行が必要なようです。

      酔っていない時に、どれだけ私の事を考えていてくれるか、未来を考えてくれているか。
      心に刺さります。私も泣き言や文句ばかり言わず、真剣に夫と向き合おうと思います。

      二人でお酒をやめて、楽しく生活。そうなんですよね。
      一応、先日の騒ぎ後数日は飲んでいませんが・・・私も好きなだけに厳しい道のりですが、お酒よりも「楽しい生活が一番」だということに、私自身も改めて気づかされました。

      本当にありがとうございました。

  6. ぷー より:

    本人に酒乱状態の自覚も記憶もないのでしたら、こっそり動画で暴れたり暴言吐いたりの状態を録画しておいたらどうでしょう。

    動画が撮れたら、まずはそれをカウンセラーに見てもらって、より正確に診断してもらうのに使えます。

    さらにカウンセラーに可否を確認してから、ご主人がシラフの時に見せて、完全にお酒に飲まれてしまっている状態、大きな物音で近所迷惑になっていて、ご近所に対して恥ずかしいことになっている自分を知ってもらうのにも使えます。

    本人に目を背けさせず、本気でこれはマズイと認識させ、そしてどう対処すべきなのか。うまく改善に向けて誘導するために、動画の見せ方は効果的な専門家に指導してもらうのが望ましいかと思います。

    以前、動画を見せられた夫が己のあまりの姿に愕然とし、自ら依存症の病院に行き始めたという投稿を見たことがあります。ただ、人によっては自分でも薄々分かっていて、拒絶反応を示したり、八つ当たりで他人を攻撃する人もいるかと思います。動画の使い方は、必ず専門家に相談してみて下さいね。

    • えま より:

      ぷーさん、アドバイスをありがとうございます。

      私も他の方の相談で「動画を見せたら効果があった」という投稿を読み、実は録画をしてみたことがあります。先日のも少し撮りました。
      そして何度か見せようと試みたのですが、ぷーさんご指摘の通り「人によっては自分でも薄々分かっていて、拒絶反応を示したり」・・・まさに、このパターンです。見てくれないので夫のLINEに送りつけたりしましたが、きっと見ていないでしょう。

      ですが動画をカウンセラーに見てもらうという発想がなかったので、とても参考になりました。
      そして素人が付け焼き刃の行動をとってはいけないと、反省いたしました。
      きちんと専門家の方に指導をいただいてから、行動しようと思います。

      夫の酒癖に悩まされている投稿はいくつか見かけるので、改めて私が相談するのも気が引けたのですが、相談してみて本当に良かったです。
      カウンセリングや専門の方の指導を受けたほうが良いのかな、と漠然とは思っていたのですが踏み出せずにいました。背中を押していただけたような気がします。まずは私ひとりでも、相談に行こうと思います。
      本当にありがとうございました。

  7. ゆき より:

    一度隠し撮りをして、ご主人に見せると良いと思います。

    • えま より:

      ゆきさん、ありがとうございます。

      実は録画をし、夫に見せようと試みたことがあるのですが、目を背けてしまい・・・反省はするようですが劇的な改善とは至りませんでした。難しいですね。
      でも動画は保存しておいて、然るべき時に活用しようと思います。
      アドバイスありがとうございました。

  8. PON より:

    お酒が好きというより
    酔った状態が良いんですかね?
    それ次第で気軽に禁酒って言えないなと思うんですよ

    私もお酒は好きですよ
    弱くなったとは言え、外で飲むのはバーボンロックか焼酎ロックです
    ただ、酔うのは好きじゃ無いんです
    なので自分で飲む量をコントロール出来ますし、月~木は祭日で無いなら一滴も飲みません

    あと、お酒が入ったらヘタな発言はしない
    真剣ごとは話さないとしてます
    更に朝と夜で発言が違うとあるので、気を付けてます

    同じお酒でも質を高めてはどうですか?
    美味しいお酒は美味しいと思える量で終われると思いますよ

    • えま より:

      PONさん、ありがとうございます。

      お酒が好きなのか、酔った状態が良いのか・・・なるほど、そういった視点で考えるのも大事ですね。

      私もお酒を飲むと気が大きくなり余計なことを言ってしまう事があるので、酔いすぎるのは好きではありません。楽しく飲みたいです。
      ですが、夫は違うのかもしれません。

      私たち夫婦は一応「酒好き」と自称してるだけあって、悪酔いするようなお酒はあまり飲んでいないつもりなのですが・・・。
      それでも飲むペースも量も、最近は特にコントロールができていないように感じています。お財布は綺麗に空にして帰ってきます。(法外な値段をクレジットカードで、ということはまだ無いです)
      PONさんのおっしゃる通り、夫は実は、酔いたいだけな可能性もありますね。だいたい、味なんて途中からわからなくなってますよね、絶対。

      PONさんのように、コントロールしながら楽しく飲んで欲しいです。
      平日は飲まない、それも大事ですね。その分週末に弾けそうで怖いですが、まずは私だけでもお酒に付き合わないようにしようと思います。
      お酒の質を高める提案も、してみようと思います。

      PONさんのお酒の楽しみ方、非常に理想です。
      色々なご意見伺えて、本当に嬉しいです。ありがとうございました。

      • PON より:

        酔うのが好き&酔ってる状態が良いな人は、ただ我慢しろは難しいと思います
        あの脳が揺れる何もかも忘れられる感じが良いのかもしれません
        それこそ、対応は病院が良いかもしれない

        良いお酒って本当に美味しいんですよ
        高いので躊躇してる人に飲ませると目から鱗でビックリされます
        そこから自分好みを探すのがまた楽しい
        お酒の質に拘るようになると酔ってるのが勿体なくなるんです(笑)味わえないから
        そして安酒が美味しく感じなくなる
        安酒は悪酔いすると理解出来るんですよ

        もしかして、もしかすると、そう旦那さんをスイッチ出来るかもしれない

        • えま より:

          PONさん、お返事ありがとうございます。

          お酒の質に拘ると酔っているのが勿体なくなる・・・
          それは素敵です。本当に味わっている感じですね。
          確かに、食材も拘りだすと、元に戻れなくなりますよね。同じことですよね。

          そんなに安酒は飲んでいないつもりでいましたが、確かに量をたくさん飲むことを前提に、気軽なお値段のものしか飲んでいないことに気づきました・・・。改善の余地がありそうです。

          お酒の質を上げること、早速試してみようと思います。
          PONさんのように、美味しく楽しく飲めるようになれたら嬉しいです。
          親身なアドバイスを本当にありがとうございました。

〜 コメントを送信する前に 〜

井戸端会議に遊びに来て頂きありがとうございます。
コメントを頂くことで成り立っているこのコーナー。
コメンテーターの方には大変感謝いたしております。

ネットの向こう側には、悩んでいる方、苦しんでいる方がおられます。
コメントをされる方は、その気持を汲んでいただき、配慮ある言葉選びをお願いいたします。
『それは違うよ!』と思われ、相談者さまとは別角度からのアドバイスを書き込まれる場合、あまりに強く否定的な文脈ですと、文章の主旨が届く前に心を閉ざされる場合がございます。
相談者さまにとっての良い〝気づき〟となるような、心に届くような気持ちでお書きくださいますようお願いいたします。
井戸端会議が多くのお嫁さんにとって有意義な相談場所となるよう、ご協力よろしくお願いいたします。

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


2 − 2 =