旦那の帰宅が怖いです。

悩めるみわさんのご相談

旦那の帰宅が怖いです。
6年生の長男が、学校でうまくいっておらず、今日の遠足に体調不良で行かなかったことで、見捨てられたLINEがきました。
なんでこんなにヘタレになったのか。
私がそう育てたからだ。
どうしたものか、ときていたので、
この週末に行かなかった遠足の場所へ行ってこようと思うと返事をしたら、
もうそのまま帰ってこなくていい、
さよなら。
車もあげるからそのままどこか行ってと。
こういうことが年に数回あり、毎回数日私たちを無視し、まったく喋らなくなります。
その怖さがあり、またそんな日々がくると思うと、帰宅が怖くてたまりません。
話し合っても、毎回畳み掛けるように話して言葉攻撃に合い、何も言えなくなります。涙を出してしまうとため息つかれ。
今夜からどうすればいいか怖いです。誰にも相談できず、思わずみつけたここに書き込んでしまいました。。


悩めるみわさんに
みなさまアドバイスお願いします!


カテゴリー: 夫婦, 子育て


旦那の帰宅が怖いです。 への13件のコメント

  1. ちきん より:

    それはお辛いですね。息子さんのことが心配なのに、旦那さんが協力してくれないばかりか、攻撃してくるなんて。
    劇的な改善法は思いつきませんが、一つだけアドバイス。
    旦那さんの顔色をうかがうようなことをしないようにしましょう。
    相手がきつい対応をしたり、言葉攻撃をしたりしてくれば、どうしても相手の顔色を窺ってしまいがちですが、毅然とした態度と強い気持ちで、間違っていることは受け入れない方がいいです。
    そうでなければ、旦那さんは裸の王様になってしまう上、みわさんがだんだん自分が悪いんじゃないかと洗脳されてしまいます。
    結果、言葉攻撃が来るかもしれないですが、その場合は、聞かずにその場を離れると、あなたの態度は受け入れられないということを示すことができます。
    それと記録をとることも大事です。
    できるだけ客観的に、且つ短い文章で箇条書きにして書き留めておく。後日、あのときああした、などを言われたときに反論ができます。
    ある程度強く出て、旦那さんに交渉できる対等な夫婦関係にしていくといいのではないかと思います。

  2. なお より:

    とりあえず、家を出れませんか?ご実家か後先考えずホテルとか
    異常ですよ!子供の事が相談出来ないなんて夫婦ではないです。
    しかも、子供さん少し不安定ですよね
    絶対旦那の顔色伺う前に子供の事考えてあげてください。
    旦那の事のより自分のしあわせを優先してください。

  3. 風花 より:

    みわさま
    家族で一緒に考えたい時期に、このような旦那さんからの言動を受けて、お辛いことと思います。どうかみわさんご自身の心身をなによりも大切にしてあげてくださいね。

    さて、自治体や民間の子育て相談には行かれていますか?
    息子さんは息子さんで苦しさを抱えられているはずであり、旦那さんの問題とはまずは切り離して対応されるのが良いように思いました。

    というのも、息子さんへのご対応について、旦那さんの意見ばかり聞いていると、そちらの考えが正しいように感じられてきてしまうのではないかと心配になりました。
    私の子どもも学校への行きづらさがあり色々学んできましたが、旦那さんのご対応は、学校で苦しさを感じている息子さんへは百害あって一利なしだと思います。
    また「週末に行かなかった遠足の場所へ」とのこと。この一文だけではありますが、きっとみわさんは息子さんの気持ちに寄り添いながら歩んでいらっしゃるのだと感じました。こうしたみわさんの息子さんへのご対応について、みわさんがご自身の子育てを責めてしまわないことを心から願います。
    まずは、息子さん自身の苦しさに対してより良い対応をしていけるように(みわさんが旦那さんに流されてご自身を責めたり、逆に息子さんにとって良くない対応になってしまわないように)専門家にご相談されておくのが良いかと思いました。

    旦那さんについては、パートナー問題を相談できる窓口は、お住いの自治体などにないでしょうか?例えば、私の市なら女性の相談窓口があったりしますが。
    ご相談内容を拝読するに、旦那さんの問題は、息子さんの問題とは別で、息子さんのことがなくても、何らかの形で問題が出てくるように思いました。

    • 風花 より:

      すみません。今夜に対する不安であり、もっと緊急性のあるご相談でしたね。
      ひとまず宿やご実家などに避難できませんでしょうか?
      旦那さんは何か問題や気に入らないことがあると、感情がコントロールできなくなり冷静に考えられるまで時間がかかる方なのでしょうか?それは数日したら落ち着かれますか?(子どもが学校へ行きづらい時、父親は母親以上に受け入れづらいことはよく聞きます。)

      もししばらく放っておいてあげたらその後は落ち着かれる方であれば、こうして一時避難してみわさんと息子さんを守る方法でしばらく様子を見られても良いかと思うのですが。ただ旦那さんの攻撃がずっと続いているのなら、旦那さんのことを専門家に相談しご対応を考えていくか、離れて暮らされるしかないように思います。

  4. みわ より:

    ちきん様 なお様 風花様
    このような投稿にコメントをいただき、
    本当にありがとうございます。一つ一つ読みながら優しさに涙が出ました。このようなことを言葉にして外に出すことが初めてで、人に聞いてもらえたことで受け入れられた安心感と、真剣に考えてくださっている姿勢に勇気づけられました。
    その後のことをお知らせしますと、怒って帰宅し、食事しながらいかに私たちがバカかを怒鳴っておりまして、固まって聞いているしかありませんでした。息子がこうなっているのはひとえに私のせいで、ひいては私を育てた両親のことまで言ってきました。毎回ですが。話し出したら全部言わないと収まりませんので、落ち着くまで聞いていました。家を出る、というアドバイスがございましたが、話を聞かない限り終わらないので、全部吐き出させるまで話させることが最短だと思っています。今回いろんなアドバイスをいただき、うちの旦那はやはり人と違いすぎるなと再確認いたしました。それだけでも少し楽になった気がします。これからまだ先は長いのですが、あまりこんなことがないようにしていきたいです。
    最後に、私は大丈夫です。ありがとうございました。

  5. ジンジャー より:

    安易に離婚をすすめるのを躊躇していたのですが、みわさんのコメントを見て気が変わりました。

    旦那さんの言動はかなり異常です。
    一緒にいてはいけないところまで来ていると思います。

    そして、そんなことをされてなお、離婚や別居が選択肢に出てこず、全部言わせとけばそのうちおさまるし、先は長いし、なるべくこんなことがないようにしますなんて、みわさんも正常な判断ができているとはとても思えません。すごく心配です。

    そんな環境で育つお子さんたちのことを考えてください。みわさんは「大丈夫」でも、父親に罵倒されて、なおかつ母親が罵倒されるのを見ながら育つお子さんは本当に「大丈夫」だと思われますか?

    大人のみわさんが「怖い」と思うなら、子どもの小さな心はどれだけの恐怖を感じているのでしょうか。

    目を覚ましてください。
    なんでもかんでも「お前のせいだ」と言われ続けて洗脳されていると、自分が悪いから夫を怒らせるとか、私がもっとちゃんしていれば問題は起きないと思うようになってしまいます。

    そうではないですよ。
    これすごく大事ですよ!

    旦那さんが癇癪を起こしたり暴言を吐いたりすることを、減らしたりなくしたりみわさんがコントロールすることはできません。

    なぜなら、みわさんのせいではないからです。

    とにかく客観的な意見をくれる第三者をたくさん作りましょう。友達、カウンセラー、DVの相談窓口とか。

    「私のがんばりが足りないから問題が起きている」と思っていると、恥をさらすみたいで人に相談できなくなります。

    みわさんが抱えている問題は、みわさんのがんばりとは関係ありません。安心して人に聞いてもらってください。とにかく、外の世界とたくさん繋がってお子さんのために安心でおだやかな環境を整えましょう。

    みわさんは悪くないですよ。

    外にはもっと優しくてあたたかい世界がありますよ。そこに触れた時に初めて、自分とお子さんに「大丈夫」と言ってあげてください。

    みわさんとお子さんが安心して平穏に暮らせることを心から祈っています。

  6. ヒヨコマメ より:

    最後に 私は大丈夫です。

    っていうのが引っかかってしまいました。

    大丈夫じゃないと思いますよ?
    大丈夫じゃないと思います。

  7. はんぺんふろしき より:

    大丈夫ではないですよ。
    大丈夫だと思い込んでいるだけです。
    そんな日々を送っていて貴女の心にもお子さんの成長にも本当に影響ぐ無いと思っておられるのですか?
    自分は大丈夫と思えても、お子さんも大丈夫と思えますか?
    このまま何年も一緒にいてお子さんはどのように育つか想像した事はありますか?
    生活を変える事、一歩踏み出す事はとても勇気の要ることです。
    でも。踏み出せたら外の世界が見えます。ご主人が他人から見てどのような行為をしているのかも。

    お願いします。貴女とお子さんの未来の為に勇気を出してください。

  8. みかん より:

    >固まって聞いているしかありませんでした。おわらないので、全部吐き出させるまで話させることが最短だと思っています。

    夫が普通ではないと分かっているが、その反面でやり過ごそうとしている
    例えば「怒らせなければいい人」とか「私のせいで怒られている」とか「今を我慢すれば今日は眠れる」など【私が〇〇しなければいい、私が〇〇すれば済む】と錯覚していませんか

    >これからまだ先は長いのですが
    お子さんがそのような男に育ってしまいますよ

    先ずは貧血や起立性調節障害などの検査をしてもらえる病院にお子さんをつれて行って検査してもらいつつ、医師に夫からモラハラを受けていることを相談してはいかがですか
    もしくは学校の先生に、自身や子どもが罵倒され虐待(暴言)を受けている等相談してください

    離婚という単語は大げさに見えますが、他者から見ると離婚に値するほどの異常な環境です
    母子家庭になると金銭面なども不安でしょう
    金銭面や住宅などの相談も出来ますよ
    離婚する!と決めるのではなく、他にどんな道があるのかだけでも聞きに行ってください
    相談先は多い方が良いです
    いろんな面からのアドバイスや支援を受けてください

    お子さんと話し合うのも大事なことです

  9. すもも より:

    みわさん

    子どもさんにお母さんが辛いところをみせてほしくないし、子どもさんがいまつらい立場なのに父親からも否定されるってかなりしんどいですよ。

    旦那さんの言動、モラハラですよ。ため息ひとつでコントロールされてるように感じました。

    子どもさんの味方をしてくれない父親の言うことを黙って聞いているお母さんも、自分のことを助けてくれないって私なら思ってしまいます。
    みわさんも大変な立場だと思いますが、子どもさんのために動いて欲しいです。

  10. 匿名で。 より:

    ご主人はDVです。
    そういう環境で育った子供は、父親と同じようにDVをする人間に育つ事が多いです。
    私さえ我慢すればという考えになってしまっているみわさんは、完全にご主人の支配下に置かれてしまっています。
    一度しか無い人生をそういう人の下で送りたいのですか?
    子供さんが可愛そうです。
    金銭面での心配もあるでしょうけれど、相談すると助けてくれる機関があります。
    ご主人との会話を録音して、相談に行ったらどうでしょうか?

    私は大丈夫ですと言われていますが、子供さんは大丈夫ではありません。
    母親として子供さんを守ってあげて下さい。

    仮にあなたに娘さんがいて、結婚して毎日あなたのように罵声や文句を言われて過ごしていたら、あなたはどう思いますか?
    我慢しなさいと言いますか?
    幸せに暮らして欲しいと思いませんか?

    あなたと子供さんの事が心配でたまりません。

  11. 豆柴 より:

    みわさん みわさんは大丈夫でもお子さんは?
    父親のそんな暴言浴びせかけられ、劣等感に苛まれていませんか?
    言いたいだけ言わせるのが最短と仰いますが、言葉はお子さんを傷つけていませんか?
    何故あなたが夫と一緒にいるのか、私には理解できませんが、その環境で育つ若い魂をもっと大事にしてください。

  12. みわ より:

    ジンジャー様 ひよこ豆様 はんぺんふろしき様
    みかん様 すもも様 匿名で。様 豆柴様
    まとめてのお返事ご了承ください。
    見ず知らずの私に、親身になってくださって、
    とても心強くなります。
    私の中から吐き出すまでは、孤独でしたが、
    楽になりました。
    私のせいではない。
    そう言ってもらえて泣けてきました。
    頑張ります。
    離婚を考えていないわけではありません。
    ですが、雑多な毎日にそこまで至らないって感じです。
    そういう道も含め、これから相談場所を増やしていこうと思います。

    ご心配、励まし、叱咤激励ありがとうございました。皆様のお気持ち嬉しかったです。

    つたない文章でここまで真剣にお答えいただけたことに感情いたします。
    これで回答を締め切らせていただきます。
    またつらくなったら話したいと思います。
    ありがとうございました。

〜 コメントを送信する前に 〜

井戸端会議に遊びに来て頂きありがとうございます。
コメントを頂くことで成り立っているこのコーナー。
コメンテーターの方には大変感謝いたしております。

ネットの向こう側には、悩んでいる方、苦しんでいる方がおられます。
コメントをされる方は、その気持を汲んでいただき、配慮ある言葉選びをお願いいたします。
『それは違うよ!』と思われ、相談者さまとは別角度からのアドバイスを書き込まれる場合、あまりに強く否定的な文脈ですと、文章の主旨が届く前に心を閉ざされる場合がございます。
相談者さまにとっての良い〝気づき〟となるような、心に届くような気持ちでお書きくださいますようお願いいたします。
井戸端会議が多くのお嫁さんにとって有意義な相談場所となるよう、ご協力よろしくお願いいたします。

おすすめ記事