小6娘と妻のことで悩んでいます。

悩めるjohnkukさんのご相談

小6娘と妻のことで悩んでいます。
最近急に言葉遣いが悪くなり、母親が注意すると「っせんだよ」「だまれよ!」「死ねよ」と悪態を吐くようになりました。
学校は電車で通い、スポーツの習い事、塾、ピアノ、と忙しく自由な時間が取れないうえ、アトピーがあり全身痒いようで、余計イライラしてしまうようです。
週三回学校帰りにスポーツの習い事に行き、帰りは8時半くらいになります。
帰ると、急いで夕飯を食べさせるのですが、とてものんびりと食べます。
母親は昔から睡眠だけはしっかり取らせたいとのことから、9時半には寝かせたいのですが、食事、風呂、明日の支度など、全てダラダラとしているので11時近くになることもあります。
母親が耐えかねて、怒鳴り散らす日々が続き、昨夜は娘の反抗的な態度にキレて、娘のリュックを何度も叩きつけ、壊し、学校に行くカバンをハサミで切ろうとしました。
母親は日々のストレスでかなり疲れているようで、「お前なんか出て行け!」「出て行かないなら私が出て行く!」と怒鳴り散らします。
娘はそれでも、憎しみを持ってキッと母親を睨みつけ、反抗的な態度を止めようとしません。
母親はこのままだと、アイツを殺してしまいそう。もう耐えられない。だから私は住み込みの仕事でも見つけて出て行く」と言います。
娘にそのことを伝えると、ごめんなさいと、謝るものの、本心ではないような印象です。
いろいろやってあげてるのに、と思うから、あんな態度許せないんだよ。全部やめさせたらいいんだよ、と言います。
一度娘に全部こなすのは無理なんだから、やめたら、と言うと、やめたくないと言います。特にスポーツの習い事は優勝などの結果が出ているので、続けさせたいとは思いますが、このままでは家庭がおかしくなりそうです。
母親はキレるとものすごいヒステリーになりますが、かなり悩んでいつも泣いているのを見ると、私も悲しくなります。
ぜひご意見をお聞かせください。


悩めるjohnkukさんに
みなさまアドバイスお願いします!


カテゴリー: 子育て


小6娘と妻のことで悩んでいます。 への19件のコメント

  1. るんくま より:

    娘さん完全にキャパオーバーですよね。
    電車に乗って学校へ行くだけでも大変なのに
    スポーツして塾行ってピアノですか?
    大人でもおかしくなりますよ。
    のんびりご飯食べたいですよ(私なら)。
    スポーツが好きで続けたいなら、塾とピアノは止められないんでしょうか。
    8時半に帰ってきた時に9時半に寝るのは無理でしょう。
    大人なら15分でご飯食べて15分休憩して15分でお風呂に入って~
    なんとか9時半に布団に入ることはぎりぎり可能かもしれませんが、、
    母親がそれを小6の娘さんにさせようと本気で思ってるとしたら
    怖いです。
    自分ならどうですか?
    そんな生活毎日毎日できますか?
    娘さん今まで相当頑張ってきたんじゃないかな。
    小6にもなれば自我が目覚めてきて親に反抗だってしたいですよ。
    早く助けてあげてください。

  2. まるしぇ より:

    通常の判断能力があれば、小学6年生に
    そのようなタイトすぎる日常のルーティンは到底無理だとわかります。
    母親が注意すると「っせんだよ」「だまれよ!」「死ねよ」と悪態を吐く…
    あたりまえの反応だと思います。娘さんにはクールダウンする時間が必要なのです。

    なぜ奥様が常識的な判断能力を無くしてしまったのか。

    母子密着と母親の孤独感。
    「住み込みの仕事でも見つけて出て行く」この言葉に
    悲痛な飢餓感が現れています。

    家族でゆっくりと楽しんだり、くつろいだりクールダウンする時間、
    母子分離、母親が子から離れ、自分自身を感じるための時間。
    それをどのように作っていくか。
    今、冷静な判断ができるのはあなたしかいないと思います。

  3. ゆき より:

    >いろいろやってあげてるのに

    いったい何をやってあげていますか?
    習い事や学校、電車等のお金を出してあげている。
    衣食住困らないように世話している。

    そのスケジュールだと、大人がやって『あげている』以上に、娘さんが頑張っている部分って大きいですよ。
    機械じゃないんですから、一日をリセットする時間位あげて下さい。
    jhonkukさん自身で想像してみましょうよ。朝6時過ぎから電車に揺られて仕事に行って、5時過ぎに終わったとしても、そのまま趣味のジムに行って帰って来るのが8時半。それが毎日。
    趣味だしやりたくてやってるんでしょ?疲れるなら行かなきゃいいじゃん?という言葉をすんなり処理できるかという事と、帰って来たらビールの一杯くらいゆっくり飲みたい。ボーっとする時間が少しでもいいから欲しい。
    そう思いませんか?
    そんな生活をしているのは、たった12歳の娘さんです。
    サポートの方法や方向をもうちょっと娘さん寄りで考えてあげたらどうでしょうか。娘さんの行き場所が無くなりますよ。

  4. フロママ より:

    奥様もお嬢さんも、ホントに一生懸命頑張っておられるんですね。凄いと思います。

    優勝するレベルに出来るお稽古事、親も本人も辞めたくない、良く分かります。

    でも、そのお稽古事って、親子関係がそんな風になる事を鑑みてもやるべきだ価値ありですか?

    子供時代って二度と無いかけがえのない時です。12歳頃と言うのは女子は思春期突入で大概のお子さんは何らかのレベルで心が荒ぶると思います。自分でも御し切れない精神状態の中を毎日怒鳴りつけられたら、そりゃあ暴言吐きますよね(笑)。

    母娘関係とお稽古事の優勝、天秤にかけて、相談者様のご家庭ではどちらがより重要なのかをじっくりお嬢さんを含めて三者会談なさってみてはいかがですか?

    まだたった小六です、そんな大人の様にパッパと行動出来たら(嬉しいけれど)世の中の親みんな苦労しませんよね。

    お嬢さんと奥様の冷静な話し合い、オススメします。

  5. なな より:

    同じ年頃の娘がいます。その塾や習い事は誰が最初に始めようといいだしたのですか?子供さんにしろ、親御さんにしろ、こういう結果になると思いつきませんでしたか?沢山の習い事をおしつけ、塾に行かせ、ゆっくりご飯を食べることも許されず、早く寝ろ?貴方方は子供を殺すきですか?。というか、言い争いの時、貴方は一体何やってるんですか?早急に、辞めさせるか、少しの間、休む決断をしてください。
    傍観者の貴方も悪いし、奥さんのしてやってるなんてお門違いもいいとこです。

  6. RURU より:

    小学生のうちは、ステージママのように気合を入れないと、強いお稽古事の裏方サポートは無理です。母子の距離が近すぎて境界が薄くなっていそうですね。わが家も子供が楽器を真剣に学んでいた頃はそんな感じでした。

    また、塾は夕方から通っているのでしょうか?
    小6で塾に通っている子が夜9時半に寝るのは、かなり無理があるように感じます。
    来年からは中学生ですよね。
    定期テストが始まると、9時半で寝られる子はよほどの秀才かそれこそ睡眠時間が人より沢山必要なタイプの子だと思うのですが…。

    娘さんが誰にも干渉されずのんびりできる時間は、現在一日にどれくらいあるのでしょうか?思春期を迎えるにあたって、『おやすみ』と部屋に引っ込んだらあとは口を出さないくらいの距離感が必要になってくるかもしれないですね。

    力のあるお子さんには周囲の期待が強くかかります。
    良かれと思って教育虐待のようになりませんよう。
    また、お母さんが頑張ってきたこれまでのことを一切責めず、パパさんも今から出来ることを何でも分担(お手伝い、ではなく責任をもって分担)してあげてはいかがでしょうか?お母さんも限界のようにお見受けします。

  7. みーま より:

    何の為に、誰トクでそんなスケジュールで生活してるのですか?

    大人でもかなりの過密なスケジュール。
    しかもさらりと書いてますが、お嬢さんはアトピーで全身が痒いとのこと。
    薬で抑えてるかもしれませんが、そんな体調で、全てに集中力を発揮なんて出来るわけありません。

    塾とピアノを辞めて、物理的に睡眠時間とゆったり食事を摂れる時間を作るべきです。
    アトピーには、睡眠不足と早食いとストレスが最大の敵です。

    お嬢さんのSOS、正面から受け止めてあげて下さい。

  8. あっこ より:

    奥さんを心療内科へ連れて行ってください。
    あきらかに壊れてます。
    小学生でそのスケジュールと母親のヒステリーでは、悪態をつくのは当然です。

    子どもが母親の言うことを聞かないから家庭崩壊、のように思ってるようですが、とんでもないです。
    母親の子どもへの執着と支配のせいです。
    母親が変わらないと、今度は子どもも壊れます。急いでください。

  9. うさひよ より:

    トピ主さんもお分かりの様ですが
    やはり娘さんのやるべきことを減らしてあげるべきだと思います。
    何なら、学校以外は全部一度無くしてしまっても良いくらいだと思います。
    どれもこれも思い入れはあるでしょう。
    優勝するほどの習い事、塾を辞めたら成績が落ちるのでは、ピアノは中断したら腕が落ちる…など。
    娘さんご本人が続けたい、と言われるので
    まずは全て続けていくことをベースに考えてしまうのでしょうが…
    ここは大人の力で辞めさせるべきだと思います。

    娘と私でついこの間までカウンセリングを受けていました。
    疲れやすい娘には習い事は負担なので、辞めさせた方が良い、と
    何度も言われました。
    子供自身は続けたいという気持ちであっても、
    そこは大人が辞めさせてあげないといけないと。
    自分で疲れている、惜しいけれど自分の体調の為には辞めないといけない、
    等の判断は子供には難しいので大人がやるべき年齢だと言われました。
    (娘さんとほぼ同じ年齢の頃です。)

    疲れているとサッと行動できません。すると、寝るのが遅れ、次の日は更に疲れています。そうするとますます動けず…ずっと疲れの負債がたまり続けます。その負のループから抜け出せません。
    奥様はアトピーを持っている娘さんの体調が心配だから早く寝かせてあげたい。でも娘さんは疲れているから動けない。だから娘さんは全力で抵抗するのだと思います。動かなくて済むのであれば「死ね」も言うでしょう。
    それほど疲れているのだと思います。

    このままのハードスケジュールを続ければ、奥様と娘さんの関係は悪くなり続け、奥様が家を出るとなれば修復も難しいでしょう。
    家族の形態を壊してまで続ける価値のある習い事って…何でしょうか。

    トピ主さんが強引に習い事を減らしてあげてください。
    娘さんや奥様が抵抗しても、です。
    辞めたから、と言ってすぐに関係が改善したりはしないでしょうが、
    まずは娘さんの疲れを取る事で、負のループを断ち切る事が必要と感じました。

    可能であれば、奥様だけでもカウンセリングにかかるのも良いと思います。
    私はそれでずいぶん助けられました。

  10. マムマム より:

    ファミサポや家政婦等に依頼して、学校帰り迎えに行って貰い、習い事までの送迎とその場で適当にお弁当を与えて頂いたらお母様も少しは楽になりますし、帰宅後に夕飯を食べさせる必要もなくなるんじゃないですか?
    キーは母親さんがいかに娘さんの事で疲労しないようにするかじゃないでしょうか??
    あとはお母様も何かリフレッシュされはいかがでしょう?マインドセルフケアでもいいですし、娘さんの事をもう少し客観的にみれる余裕が欲しいですよね。

  11. ミント より:

    失礼な言い方になるかもしれませんが、奥様はプロによるケアが必要な状態なのでは?
    悪態をつかれたといっても、まだ6年生の娘さんのリュックやカバンを壊すというのは異常に感じます。
    ご相談を読む限り、娘さんはとても頑張っていらっしゃるようにみえるのに気の毒です。

    身近に同じような方を知っているのですが、本人は何でもこなす完璧な人で、自分に厳しいのはもちろん、自分の子や周りに求めるレベルも高く、それに応えられない場合はヒステリックに怒ってしまったり付き合いをやめてしまうような極端なタイプでした。
    のちに遺伝的な精神疾患がみつかり、治療によって別人のように穏やかになり、怒りも抑えられるようになりました。
    脳内の伝達物質が過剰に分泌される病気で、些細な失敗やミスに異常に反応してしまっていたようです。

    奥様も同じだと決めつけることはもちろんできませんが、こんな例もあるというのをお伝えしたいです。
    お母さんが穏やかであれば、娘さんももう少しリラックスした気持ちになれるのではと感じました。

  12. にゃる より:

    母親は治療が必要です。
    そのスケジュール、娘さんはいつ心休まる時があるのですか?
    単純に、8時半に帰宅して、翌日準備、入浴、食事を済ませて、9時半に就寝。
    というのを、やってみてください。
    なかなか寝付けないと思いますし、これって、母親が早く家事を終わらせておきたいのでは?
    本当なら、少しでもゆっくりさせてあげたいと思うものです。
    夕飯もゆっくり、たわいもない話を聞いてあげたり、話したり、団らんを感じさせてあげたいと思いますよ。
    スポーツやピアノは続けても、塾は通信などに切り替えてはどうでしょう?
    塾に通う時間等がなくなるだけでも、娘さんは少しは気持ちが楽になるのでは。
    病気になるためのスケジュールにしか思えません。

    母親の「住み込みの仕事見つけて出ていく」の件、まるで娘が悪者のような言い方に聞こえます。
    両親が気づかぬうちに、私のせいで…と内心、自分を責めるようになるのでは?
    なってもおかしくない状況ですよ。

  13. 匿名で より:

    電車で学校に通っているとの事ですが、
    私立の学校だったら お弁当なのでしょうか?
    母親さん 朝早くから家事と
    塾や習い事のサポート
    本当に大変だと思います。

    娘さんも アトピー性皮膚炎がありながら
    そのスケジュールを達成するのは大変だし、
    娘さん自身も頑張っているのでしょうが、
    それだけの事が出来ているのは、
    母親さんのサポートがあるからと
    理解出来ているのでしょうか?

    母親さんに 一週間か10日くらい
    旅行に行く等
    自由な時間を取って
    家や家事から 離れてもらって下さい。
    子育て12年の疲れを癒してもらって下さい。

    娘さんも 自分自信の体力を考慮して
    自分が可能で丁度良いスケジュールが
    どういう物なのか、
    見つける様にして下さい。
    (睡眠時間が1時間短くても 夜は食事をゆっくり取って
    休憩を取った方が体調が良いかどうか、
    翌日の準備が効率良く出来るかどうか、)
    (自分がやらなければならない事 優先したい事は
    なんなのか? 自分の体力や体調を考慮して自分で決める事
    学校 塾 ピアノ スポーツの習い事 自由な時間 休憩時間
    塾は家庭教師に変更しても良いか ピアノは 家でひくだけにして、大学生になって余裕が出来たら もう一度習う等
    スポーツの習い事3つの内2つにして 、大人になって余裕が出来たら再開するなど)

    母親さんも娘さんも
    理想の母親 理想の小学生
    にとらわれて、
    自分の容量以上の事をして
    無理が生じている事に気づく事
    それでは幸せになれない事に
    気づくべき だと思います。

  14. 黒猫 より:

    習い事を減らすようにというアドバイスがありますが、減らすことが一番の解決策にならないのではないかと思います。
    今時のお子さんで習い事3つ、電車に乗って、車に乗ってというのはよくあることです。
    うちの長女もそうでしたが、全てにおいてマイペース。
    あと5分で家を出ないとバスに間に合わない状態でものんびりおやつを食べてたり、21時に就寝の用意を始めてもノロノロして(本人はそういうつもりはない)お布団に入るのが22時30分!
    一度発達障害を疑って病院へも行きましたが、のんびりしている以外は特に問題はないのでこれは本人の個性だと言われました。
    ならば習い事に遅刻しても寝るのが遅くなってもこれは本人が自覚するまで治ることはないと腹をくくりました。
    大きくなって、遅刻したり朝起きれなくて授業に遅れたりして点数をもらえなかったりするうちにこれはまずいと気づき始めて自己管理ができるようになりました。
    奥様はきっと生真面目で自分にも厳しい方なんだと思います。
    可愛い娘だからこそ将来社会で苦労して欲しくない、だからこそ口うるさく感情的になるのではないでしょうか。(特に最近は世間の目が親がどうだった教育がどうだったととても厳しいので)
    お嬢さんが続けたいのなら彼女の責任で続けさせて、遅くなろうが朝起きれないでいようが少し放任してみたらどうでしょう。
    難しいかもしれませんが、習い事はこれからも続くし宿題も中学に入るともっと増えて揉めることも多くなると思います。
    ご主人様も奥様が娘さんを放置できるようサポートしてあげて(奥様を叱るくらいに)、空気の流れが変わればいいなと思います。
    勝手なことばかり申し上げましたが、のんびりやの我が娘にお手上げ状態だったことを思い出しながらエールを送ります。

  15. はとこ より:

    まず奥様の気持ちに寄り添ってあげてほしいです。
    よくやってるね。なのにわかってもらえず暴言吐かれてつらいな。

    旦那様に自分の辛い気持ちを心から汲んでもらえたと奥様が得心できたらその後解決策は自然と出てくると思います。

    お子様は大丈夫です。思春期の入り口なのでしょう。夫婦の気持ちが調和して円満で家庭の雰囲気が落ち着いたら子供もおちつきます。

    子供は夫婦という海に浮かぶ小舟です。荒波にせず、まずは夫婦仲良く、今は一番辛い奥様のそのままを褒めて癒してあげてください。

  16. にゃんころにゃー より:

    娘さんも奥様も追い詰められてますね。
    成長期には、物凄く眠たくなる事があります。
    うちにも小6の子がいますが、最近よく食べて良く寝ています。
    取り敢えずは、もう疲れ切っている様子なので、習い事は一時的にでもへらし、落ち着いたところで、今のお嬢さんの心身の状態を良く見て把握し、本人ともよく相談してどう自分の時間
    を使っていくか相談してはと思います。
    自分がどのくらいのキャパがあるのか、どのくらいならできるか考えていくのも、いい勉強になるかと思います。
    お嬢さんはもう、親が何をさせたいかではなく、本人がどう時間を使い生きていくのか考えさせて、親はそのサポートにシフトしていく年代ですよね。お嬢さんの人生はお嬢さんが主役です。
    思い通りにならないから、殺したいって、奥様が病んでるように思います。取り敢えず、疲れを取り落ち着くまで奥様とお嬢さんは距離を置かせた方がいいように思いました。

  17. まんさな より:

    娘さんの習い事などを減らすように、奥様が病院に行かれてはどうかという、みなさまの意見もっともだと思います。

    あとひとつ、まだ出ていなかった意見をひとつ。

    母娘が戦闘状態に入ったとき、ご相談者のjohnkukは、どうされていますか。
    ケンカを止めるよう声をかけたり、ふたりの間を取り持とうとしたり、例えば悪態をついた娘さんをとどめたり、後で奥様や娘さんの話を聞いて共感したりなだめたりは、されているでしょうか。

    実はご質問の奥様を見て、自分の姿と重なりました。
    (息子の一人の反抗がなかなか収まらず、ひどいときは洗濯機がへこんだり、扇風機が壊れたり、ドアに穴があいたりしました。それでも、夫は知らんぷり、気付かぬふり。夫に息子の状況をいくら伝えても、「ほっとけ」「(ちゃんとしない息子は)自分が損するだけ」などで終わり。何度も涙しました……)

    わたしだったら、子どもとのもめごと中は互いにどうにも止められないので、傍にいる夫になんとか言ってほしかったです。喧嘩両成敗でも、いったん中止でもよかった。そして無理なら後から話を聞くのでもなんでも。

    奥様は現状がつらくて、なんとかしたくて、ご相談者さまに相談をしているのはもちろんでしょうが、話をきいて、旦那様に大丈夫だ、自分もいっしょに考えるといってもらいたいのかもしれません。

    毎度毎度疲弊し泣かれているのでしたら、どうか話を聞き、一緒に悩んでください。それだけでも、だいぶ心強くいられると思います。

    まずは、奥様が落ち着かれてから出ないと、診察や話合い、習い事・生活の立て直しも、結局はむずかしいように思います。

    ご相談者さまにできること、という点から書いてみました。
    何かの参考になれば。

    • まんさな より:

      先に、はとこさんが相談者さまに奥様の気持によりそうことを勧めてらっしゃいますね。ほんとうにおっしゃる通りだと思います。

  18. itc より:

    私自身の経験ですが、小学校に通っている間は夜9時には消灯、就寝するよう親から指示されていました。私は習い事などはしていなかったので時間は守れましたが、小学校6年生にもなれば、体力もあるのでなかなかそんな時間に寝付けませんでした。完全防音でなければ親達が活動している生活音も聞こえますし。また、その年頃になれば周囲は夜9時からのドラマを見ていたりして、学校で話題についていけず寂しい思いもしました。
    いま思い返しても、親の自己満足に付き合わされたなーと思います。娘さんも、就寝時間には納得されていないのでは?また、父親である相談者様も奥さまの方針(9:30就寝など)に心から同意してますか?もし夫婦間で意識の齟齬があれば、子供は敏感ですから察知しますよ。
    三者で話し合いという提案もありましたが、まずはそれぞれと一対一でしっかり話し合い、意識を共有していただきたいなと思いました。ご相談文を読むかぎり、母と娘の間を取り持つことに腐心されているようにみえましたが、今のままでは敵対心を拭うのは難しいと思います。まずは夫と妻、父と子として向き合って、両者それぞれに心を寄せてあげてほしいです。

〜 コメントを送信する前に 〜

井戸端会議に遊びに来て頂きありがとうございます。
コメントを頂くことで成り立っているこのコーナー。
コメンテーターの方には大変感謝いたしております。

ネットの向こう側には、悩んでいる方、苦しんでいる方がおられます。
コメントをされる方は、その気持を汲んでいただき、配慮ある言葉選びをお願いいたします。
『それは違うよ!』と思われ、相談者さまとは別角度からのアドバイスを書き込まれる場合、あまりに強く否定的な文脈ですと、文章の主旨が届く前に心を閉ざされる場合がございます。
相談者さまにとっての良い〝気づき〟となるような、心に届くような気持ちでお書きくださいますようお願いいたします。
井戸端会議が多くのお嫁さんにとって有意義な相談場所となるよう、ご協力よろしくお願いいたします。

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


9 − = 6