娘の前で、知的障がいの男性に強引に抱きつかれ…

モヤモヤさんのご相談

障害者との関わりについて、モヤっとしましたので、ご意見を伺いたいです。

ある場所で、知的障害者の男性(20代くらいと思います)が、私を見るなり近寄って来て、抱きついて来ました。びっくりして強めに押して、離れてもらいました。
それからずっと、こちらを見てたのですが、帰る際に、また抱きついて来て、今度は離れません。
そこへ家族がやって来たのですが、(私の事を)気に入ってるみたい、ごめんなさいねーといい、すぐに引き離す様子もなく…。
私が押しても離れません。
家族も、特に強制することもなく、離れるのを待ってるって感じで、じゃあ握手して、バイバイしましょうって感じなので、やっと離れてくれると思い、とりあえず握手したのですが、全然離れません。

やっと離れて帰って行きましたが、本当に嫌でした。

障害者の方に、その辺の理性が働かない、悪気がないのは理解しています。
だからこそ、当人にキツく言ったりしませんでした。
でも、家族はあまり私への配慮も感じられず、どちらかといえば、当人への配慮をしていたように思いました。

その場はやり過ごしたのですが、今はとても気持ち悪いです。

その場に娘もいて、びっくりしていました。
娘はまだ10代前半です。性的な目を向けて、抱きついてる男性を見せたくはなかったです。しかも、私に抱きついているところなど。
(性的な目で見てると思うのは、身体がその様な状態になっていて、私に押し付けてきてたからです)

私は40代ですが、これが娘にされたかもしれないと思うと、本当にこわいです。

正直、思い出しても、本当に気持ち悪いです。

なんで、私が異性に抱きつかれて我慢しなければならなかったのか?

当人は仕方ないとしても、家族はすぐにやめさせるべきだったのではないか?

私はどうすれば良かったのでしょうか?
正直、もっとはっきり嫌悪を示せば良かったと、自分にも後悔しています…。

障害者相手だと、このような事でも、我慢しなければいけないのでしょうか。

私は決して、障害者を差別する気持ちはないですが、他人に急に抱きつかれたら、誰でも嫌なはずで、健常者ならありえないですし、非難されることです。
それが障害者なら、周りも仕方ないという感じなのが納得いきません。
本人より、家族の対応が納得いきませんでした。


悩めるモヤモヤさんに
みなさまアドバイスお願いします!


カテゴリー: その他


娘の前で、知的障がいの男性に強引に抱きつかれ… への58件のコメント

  1. 匿名 より:

    大変でしたね。
    同情しかありません。
    しんどかったと思いますし、怖かったと思います。
    その上で、
    本人に厳しくは言わなかったスレ主さんは、
    ご立派だと思います。
    私もアラフォーですが、そんな対応ができるか
    自信がありません。

    障害のある方だから、
    我慢する、というレベルではないと思います。
    力のある男性に自由を奪われるのは、
    恐怖でしかなく、
    しかもそばに家族がいるなら、
    引き離さなくてはならないと思います。
    私にも娘がいますが、
    もし、抱き締められたのが娘だったら、
    どんなことをしても、引き離したと思います。
    (性的に興奮した状態ならなおさらです)

    相手本人にセーブすることが無理な以上、
    やらなくてはならない家族がそんな対応なら、
    スレ主様が不快に思うのは、
    当然だと思います。

    厳しい言葉で書いてしまい、
    身内にそういった方がいらっしゃる方に
    不快に感じさせてしまったら申し訳ありません。

    障害のある方とも、
    ともに暮らす社会であってほしいと思っています。
    が、あまりにスレ主様がつらく、
    それは、共存とも折り合いとも違うと感じ、
    つい書き込んでしまいました。

    • モヤモヤ(相談者) より:

      コメントありがとうございます。共感していただけて良かったです。
      この様な事を書く事自体、なかなか勇気のいる事です。
      障がいのある方やご家族の大変さは、私には計り知れない物があるとは思いつつ、こちらが過度に我慢を強いられるのも、いかがなものかと思います。
      皆が、お互いを思いやり、過度な権利を振りかざしたり、逆に萎縮しない世の中であってほしいです。

  2. ミセスぽっちゃり より:

    かなり昔のことなのですが、私、障害者の方に身につけていたスカーフを引っ張られ首を絞められたことがあります。恐怖で身動き出来ずにいたのですが幸いなことに直ぐに手を離し、その人は立ち去りました。後から人に聞いたのですが、その様な場合は抵抗すると障害者の方は興奮して事態を悪化させる事が多いそうです。抵抗しなかったのは最善だったと言われました。
    悩めるモヤモヤさんに嫌な思いをさせた方は、もしかしたら常習者で家族の方は、より興奮しなければ良しとしているのではないでしょうか?
    本当に怖い思いをされてお辛いと思います。どこかに相談できると良いのですが…

    • モヤモヤ(相談者) より:

      首を絞められるなんて、なんて恐ろしい。こわかったですね。
      抵抗しないのが最善の方法…。大人しくして早くやり過ごしたいと思ったのも正直なところです。でも、やられる方はたまったものではないですよね。
      その場にいた家族が、障がい者なんだからいいでしょと思ってる様で腹が立ちました。
      今回の事は、こちらで相談して共感してくださる方がいるだけで、良しとしたいと思います…。きっとそのご家族とは分かり合えないと思いますし。

  3. サワダ より:

    それは怖かったですね。
    私なら、きっと、大声を上げてますね。
    相手の責任能力の有無は分かりませんが、それを忖度してこちらが受け入れる必要はありませんから。
    握手なんて絶対しませんし、相手のご家族にもこれは犯罪だし、ご本人の為にもちゃんと監督をするよう伝えたと思います。
    もし娘の前でそういう事が私の身に起こったら、抗議をする自衛をする姿を見せたいです。
    お互いに安心して暮らせてこそ、障がい者のある方と健常者が共存できると思いますから、何でもやみくもに受け入れてどちらかが我慢を強いられるのはちょっと違うんじゃないかと思います。

    • モヤモヤ(相談者) より:

      そうですよね…。サワダさんがおっしゃる様に、こちらが忖度するような事ではないですよね。知り合いの集まる場所で、その人達は、こちらサイドのお客様だったので、忖度してしまいました…。それが、後からとても私を苦しめています。
      ほんとは、突き飛ばして家族にも猛抗議してやりたかったです。
      忖度した自分が情けないです。
      自分の子供が、あなたを好きで、抱きつくのは仕方ない。みんなが我が子を受け入れてくれるという気持ちだったのかと思います。我が子は特別ですが、私にはただの男が、いきなり抱きついてきただけです。
      それを受け入れる必要はなかったですね。次、こんなことがあれば強い自分でいたいです。

      • サワダ より:

        大変でしたね。
        ただ、猛抗議をする必要はないと思うんです。
        喧嘩腰にならなくても、必要な事は伝えられるので。
        娘さんのような年齢の方が出席している会ならば、なおのこと、みんなが安全に気持ちよく過ごせるために、道理は道理としてお願いする方法もあるのではないかと思います。
        咄嗟のことで声も出ない状況だったのだと思います。
        一呼吸置いて、自分がどう感じているか、この会でどう振る舞って欲しいか、感情的にならずに伝える方法もあったのではないかと思います。
        あってはならないことですが、万が一同じような場面に遭遇したらどんなふうに対応するか、シュミレーションしてみてはいかがですか?
        自分なりの正解を見つけると自信が付きますし、擬似成功体験でちょっとだけ溜飲が下らたりします。

        • モヤモヤ(相談者) より:

          また会う可能性もあるので、シミュレーションしておけば、安心ですね。アドバイスありがとうございます。

  4. はなこ より:

     気持ちわかります。
    私の友人が電車内で知的障害のハァハァした男性に押し付けられたことがあります。周りに人が多かったため、こっちに逃げなよ。と10代の私たちではよけることしたできませんでした。

     それを見ていた若い男性たちが笑っていたことに今でも腹が立ちます。

    知的障害の方だろうと「この人、痴漢です」と駅員に突き出すことが大事だったのか、でも10代の女子二人では、そこまでする勇気がなかったなぁ。
    でも誰も助けてくれない絶望感。悲しいです。

    • モヤモヤ(相談者) より:

      10代では、とても怖かったと思います。周りの男性も、面白がっていたのか笑ってるなんて最低です。
      結構、被害に遭われてる方がいるんですね…。
      貴重なお話をありがとうございます

  5. chii より:

    40年近く前、小学1年生の頃、隣にあった中学校の支援学校に通っている男子学生に、道を聞かれ、その時に耳に指を入れられて、すごく怖かった記憶が今でも消えません。私の場合は襲われた訳ではありませんが、そんな風に抱きつかれたら、子供も大人も本当に怖くて、精神的にダメージを受けてしまうと思います。不快で、怖い思いをされましたね…。

    社会に出て、障害がある方と関わる仕事をしました。色々な方と出会いましたが、仕事上で私が関わった方で、ビックリする様な親御さんはいませんでしたが、結婚して知り合ったお子さんのお母様は、微妙でした。みんなで汗をかいて遊んだ後、障害のある高学年の男の子が、勝手に私達夫婦の寝室に入り、ベッドに潜り込んでいました。困って、静かにその子に言いましたが、ベッドから出て来ません。その子のお母さんは、○○さんがダメって言ってるよ、××くんはダメなんだって〜と言っていました。

    これって違いますよね?これは自分の家ではなく、あなたのベッドではないから入ってはいけない、と言うべきだと私は思いました。その程度の事は分かるんです。そのお子さんもちゃんと分かると思うんです。ご両親がおかしいです。女の人に抱きつくのはいけない事だ、と教えるべきです。

    保育科に通ってた友人は、障害者施設に実習に行く時、女性は絶対に男性と2人きりになってはいけない、と言われたそうです。力の加減が出来ない、欲望を抑えられない成人男性に、女性が抵抗出来るはずがありません。気分を悪くされた方がいらしたらすみません。でも、これは実話です。

    何の役にも立たない書き込みですが、何かあったら、低い声でゆっくりと本人に伝え、ご両親が一緒であれば、教えるべき事だとお話されると良いかも知れません。

    相談されにくいご質問だったかと思います。でも、障害がある方が増えている現実、皆さんがどう感じられるか?興味深いです。ご質問して下さり、ありがとうございました。

    • モヤモヤ(相談者) より:

      貴重な体験談をお聞かせいただきありがとうございます。
      ベッドの話、気持ち悪いです…。本人は仕方ないとしても、そういう事を教えるのが、親の役目かと思います。そして、やってしまったなら、被害にあった方(わかりやすく被害と書きます)に謝罪するべきですよね。

      ご友人のお話、私も聞いた事があります。
      我が子は可愛いし、愛すべき存在で何でも受け入れられるのでしょうが、それは身内だからです。
      障がい者であれば、一般的に良くないとされている事が無条件に受け入れられると思う親御さんがいるのが残念です。

      こういう事がもっと議論されると良いと思います。

    • ひー より:

      あげ足をとるようで申し訳ありませんが…
      障害がある方が増えている、ってどう言うことですか?
      そう言う統計があるのでしょうか?
      何となく 昔より増えた とお感じになっているからでしょうか?

      どうしてこんなことを私が言うのか、賢明な皆様でしたら解っていただけるかと思います。

      • chii より:

        昔は、変わっている、で済んでた個性が、今は細分化され、色々な病名が付く様になっていると言う意味です。自閉症に関しては、年々病名が付くと言う意味も含め、増えていると言われています。

      • chii より:

        賢明ではないので分からないんですが、どうしてこの様な事をおっしゃるんでしょうか?

  6. manaminion より:

    怖かったですね。

    もし同じようなことがあったときのためにひとつ。
    抱きつかれたときは、勢いよくしゃがんでください。
    しゃがんで手が離れたところで、すぐに離れてください。

    追いかけてきたら大声で「やめてください」と、周囲に助けを求めてください。

    お子さんにもこの方法を教えて下さい。

    • モヤモヤ(相談者) より:

      教えていただきありがとうございます。しゃがめば良いのですね。また会う可能性があるので、覚えておきます。また娘にも伝えます。

  7. くま より:

    モヤモヤさん、さぞや気持ちの悪い腹ただしい思いをされたことと思います。いきなり抱きつかれ股間を押し付けられたら、誰でも心に傷が残ります。私たちは安全な生活を送る権利があることを、その男性の親は知らないのでしょうか?

    私はアメリカの公立小学校で主に自閉症の子たちのサポートをしています。他人の体には触らない、と度々教えています。中学、高校で公共の場で性的行動をする生徒には、そのようなことはプライベートルームでするように、と教えるそうです。その男性が人として円滑な社会生活を送るには、他人に触る→触られた人は嫌がる→男性は介助者又は保護者から怒られる、ということを学ぶ必要があります。

    もし男性の知能が低すぎて学ぶ能力がない、又は重いADHDで衝動を抑えられないなら、羽交い締めでも何でもその男性を止められる介助者なしの外出はすべきではありません。「あなたのことが好きなのよ」なんて腹ただしい。私がモヤモヤさんの側にいたら、保護者に上記のことを言ってやりたかった。

    • モヤモヤ(相談者) より:

      日本では、その様な教育はされていないのでしょうか…。障がい者でも、当たり前にしてはいけない事を教えてほしい。それでも無理なら、周りがサポートしてほしいです。本人が悪いのではなく、家族が問題だと思います。

      障がい者なら仕方ないと、こちらの安全が脅かすをのは、本当にやめてほしいと思います

  8. patora より:

    30年以上の話しです。娘が幼稚園に通う前の時期でした。
    娘は自転車に乗って外で遊んでいました。しばらくして、姿が見えないのであちこち探しましたが見つかりません。近所の人が、「向こうのほうに男の人に連れて行かれたよ」と教えてくれました。その時の詳細はもうはっきりとは覚えていないですが、私がその男の腕を捕まえていた時、私は怖くてブルブル震えていました。近所の人に警察を呼んでもらいましたが、結局知的障害があるということで、不起訴になりました。
    この記事を読んで、あの時の事を思い出しました。
    その男の腕をつかんでいた時、とても怖かったです。

    • モヤモヤ(相談者) より:

      思い出すのも怖い体験ですね。どうして不起訴になるのでしょう。
      patoraさんのお嬢さんの人権は無視なのですね。本当におかしいです。

      その家族はどんな対応だったのでしょう。
      今回の私の事を含め言いたいのは、自分が同じ目にあっても平気なのか?と言うことです。
      大人の私でも、抱きつかれるだけ(だけではないですが)でも、思い出しただけで、ゾッとするのです。

      patoraさんやお嬢様がどんなに怖い思いをしたか、もしかしたら取り返しのつかない事になってたかもしれないのに、障がい者だからは違う気がします…。

      お嬢様にその事の影響が出ていない、またpatoraさんの心に傷が残っていない事を祈るばかりです。

      貴重なお話をお聞きいただきありがとうございます。

    • chii より:

      大変なご経験をされたんですね。読ませて頂いただけで、怖くなってしまいました。いつ、何が起こるか分かりませんね…

  9. patora より:

    訂正します。その男が知的障害者だったというのは確かです。
    検察庁に娘と一緒に呼ばれて行ったのを覚えています。
    幼い娘がいろいろ質問されていました。今から思うに
    その時なにがあったか、違法行為があったのか、幼い娘が説明するのはとても困難な事だということです。その男は罪には問われませんでした。理由はわかりません。
    申し訳ありません、話を端折ってしまいました。

  10. 今回は匿名で より:

    もう20年以上も前ですが
    アメリカにいた時、障がい者の人達が
    本当に普通に生活の中に溶け込んでいて
    衝撃を受けたのを覚えています。

    上の方がおっしゃられていますが
    福祉のサポートがとても良く
    共存するにはどうするか、考えられていました。

    日本では隠す習慣が長くありましたので
    未だにサポート体制が確立できていないのだと痛感しています。

    我が子のことですが
    発達障害の子に気に入られ、
    過度にくっついて来られたので
    担任の先生に相談して
    その子が適切な距離を学ぶまで
    近づかせないよう配慮してもらいました

    幸い学年が違ったため
    そこまで酷いことにはならなかったのですが
    トイレの前までついて来られたり
    親としては見逃せませんでした。

    適切な距離を学ぶ

    これは本人にとっても生きる上で必要だと思いますよね

    何にもアドバイスにはなっていなくて
    すみません

    • chii より:

      アメリカ在住です。息子の年齢程度の現実しか分かりませんが、ここ10年位ですと、精神的に障害がある生徒に1人に、先生とボランティアが1人ずつ着きます。多分体が不自由な方はもっと着く時間があると思います。

      そして、性的犯罪した人には、GPSは付いた、自分で取り外せない足輪みたいな物をつけられ、学校から何マイル以内には住んではいけない、など色々制約が科せられます。障害があるから、と軽罪されたと聞いた事はないです。きっと徹底的に指導教育されているので、知的障害があるから、と罪を逃れられないのだと思います。

      甥っ子が、やはり軽度の知的障害がある女の子に、一方的に結婚しようとか、色々手紙を貰って、担任に言ったと言う事がありました。今は、色々な障害が明らかになっているので、ご両親がしっかり教育して欲しいですよね。

      小さい子の尊い命が奪われ、犯人に知的障害はあるで済まされるニュースは、もう見たくないです。

      それと、アメリカでは、障害者への教育やヘルプは早く対応してくれますが、親が自分の子供が障害があると認めないと、健常者として扱わないといけないそうです。また、それを逆手に取って、受験するのに個室を要求したり(ADHDなので、みんなと一緒だと集中してテストを受けられないとか)、色々対応が大変だそうです。

      • モヤモヤ(相談者) より:

        アメリカは、ちゃんと共存出来るようになっているのですね…。日本もそうなればいいのにと思います。
        障がい者でも誰でも、性的犯罪は許されるものではありません。加害者が誰であろうと被害者には関係ない事です。

        障がいを逆手に取る人もいるのですね。それはそれで今後日本でも問題になりそうですね。

    • モヤモヤ(相談者) より:

      適切な距離を学ぶ
      とても大切な事ですよね。それが出来ていれば、今回のことも起こらなかったと思います。
      家族やサポートする人間が、それに気づいて欲しいです。

  11. 3児の専業母 より:

    大変嫌な思いをされて、本当にお気の毒でした。その障がい者の家族の方は、はっきり言って非常識で自分本位ではないでしょうか。ご投稿を読んで憤慨しています。私だったら、反射的にキツイ言葉で抗議してしまったと思います。配慮なさったんですね。もう二度とそんなめに遭わない様にお祈りいたします。

    • モヤモヤ(相談者) より:

      ありがとうございます。二度とないように祈るばかりです。
      配慮した自分に後悔しています。
      正論を言って、周りから白い目で見られる事を恐れてしまいました。
      次は、ちゃんと言えたらと思います。

  12. neko より:

    いやな思いをされた、ご相談者の方に、キツイ回答になるかもしれません。
    その事は最初に記しておきます。

    「正論を言って、周りから白い目で見られる事を恐れてしまいました」
    何故性的に被害を受けた側の貴方自身が、白い目で見られると感じたのでしょうか。貴方は痴漢の被害者ですよ?
    (知的障害のある人だから仕方ない)そう思われているならば、それこそが差別です、今や障害があろうが皆と一緒!と声高に叫んでいる時代です。何故そこに配慮しなくてはならないの?皆と一緒なら、悪い事は悪いのです。
    障害を持たない二十歳前後の男性が、女性に抱きついたら、法的に罰せられるのです。

    だだ、今回のケースは、ご両親が「障害があるから許してね」という態度だったのですよね?ならば彼は障害者なのです、貴方が気持ち悪いと思って当然なのです。貴方が後ろ暗い気持ちにならなくていいんですよ。

    権利は主張してくる、社会的弱者と言われる人達の、昨今の言論の自由に疑問が残ります、私自身は差別意識など持ってないつもりです、だからこそ、差別も配慮もしたくないです。弱者でないと思うからこそ、一般のレベルで対応して良いと思ってます。
    「私はどうすれば良かったのでしょうか?」ご相談者様がどちらの立場に立たれているのかは解りませんが、差別意識がないとおっしゃるのなら、一般人に対する対応で構わないと思います。

    すみません、言葉がきついかも知れませんが、何故貴方が後ろ暗くいやな思いをされているのか、そこが辛くてコメントしてしまいました。その他読まれた方には不快感を与えるかも知れませんが、ご容赦ください。

    • モヤモヤ(相談者) より:

      おっしゃる通りです。私は、障がい者だから仕方ないとは思っていません。
      白い目で見られると思ったのは、私以外の周りにいた人々が、どちらかというと障がい者なのだからというスタンスに見えたからです。
      ここで、私の意見を言っても、納得されないし、キツイ、優しくない人間だと思われると思ったからです。
      その場所にいた人々とは、職務上の付き合いがあるけど、納得いくまで話し合える関係でもありません。

      どうすれば良かったのかと聞いたのは、今はまだ世間的には障がい者なのだから仕方ないという風潮が強い様に思って言わなかったけど、他の方ならどうするのかな?と疑問に思ったからです。
      こういう事を話し合う事もあまりありませんので。

      後ろ暗い気持ちにならなくていいと言っていただけて、少しホッとしました。
      ありがとうございます。

      • モヤモヤ(相談者) より:

        その場で、キツイ優しくないと思われるから言わなかったと書きましたが、よく思われたいとかではなく、面倒だったからです。
        きっと分かり合えないと思いましたし、分かり合えなくて良いと思っています。

  13. ペル より:

    嫌な思いをされましたね。

    どうすればよかったでしょうか?の対応ですが、

    『急いでますので、お子さんを離してもらえませんか?』
    『子供も見てますので』等、家族に伝える。

    さらに私なら本人にも
    『ごめんね、おばさん急いでるんだ。離してもらえる?』
    と言いますかね。

    それで、家族が説得しても、本人が離れてくれたかはわかりませんが。

    いきなり抱きつかれたことも異常な事態ですが、
    近くにいる家族が何も対応しない様子がモヤモヤされたのですよね。

    おそらく、家族は説得してムリやり止めさせると、さらにエスカレートしてしまうことを恐れたのかもしれません。

    あと相談者様が『何も言わないでいてくれている』様子が、『本人が離れるまで待ってみよう』と家族は思ってしまったのかもしれません。気に触ったらスミマセン。

    こんなとき、冷静な対応ができる人はなかなかいないでしょう。
    身近に知的障害のコがいる者として、参考にしていただけたらと、思います。

    • モヤモヤ(相談者) より:

      そうですよね、もっとはっきり言うべきでした。エスカレートしないためなのかもしれませんね。それなら、そう言って欲しかったですけど…。
      とにかく、家族にモヤモヤしています。

  14. 私はキレました。 より:

    モヤモヤさま

    大変複雑な感情を持たれたことでしょう。
    お気持ちお察しいたします。

    私の体験した事を思い出し、長くなりますが書き込みさせていただきます。

    15年くらい前、いまとは違うところに住んでいた時です。
    家の前に義務教育終了以降の知的障害者の方々が入居する施設がありました。
    その施設の裏庭?みたいなところが、当方の家の玄関方向でして。
    その施設入所者の男性(10代後半くらい)がその裏庭に出ている時に、私と子供たちが出掛けるのを見かけると、必ず彼は下半身を触りだすのです。
    その行為に初めて気づいた時は、息子が酷めのアトピーだった事もあり、障害の方だから人目を気にせず掻いてしまうのかな?とスルーしていました。

    けれど出掛ける度に毎回同じ行為、主人と出掛ける時にはしないこと。ズボンの中に手を入れる事もあり、確信犯だと理解しました。
    それでも、しばらくは障害者の方だし嫌だなと思いつつ我慢していましたが。雨の日以外は、必ず彼がいる…この状況にある時プツンと切れてしまいました。
    一旦乗った車から降り施設の裏庭の柵越しに、彼に向かってちょっとココでは書けないいわゆる罵詈雑言的な言葉で抗議しました…彼は驚き慌てて施設内に逃げ込み、悪いことと思っているから逃げたのか、私の鬼の形相に恐れ慄いたのかはわかりませんが…

    帰宅後すぐに、その施設の上の機関(県立の施設でしたので県庁の管轄の課)に電話で事情説明をし何か対策をしてほしい旨の相談をしました。係りの方は親身にお話しを聞いてくださり、早急に対応しますと。

    翌日、施設の上役の方と担当職員の方お二人で謝罪に来られました。担当職員の方が、施設の中ではもっと酷い事もあるんです!と半泣きで訴えられた時には、『はぁ?そんなんこっちには関係ない』とまたキレそうになりましが、毎日知的障害者を相手にしていると関わっている者は感覚が麻痺するんだなと思いました。

    モヤモヤさまが感じた、相手方の家族の知的障害者だから大目に見てね?的な態度と同じだと思います。
    どのような集まりでの行為かは存じ上げないですが、訴えれる機関は無いのでしょうか?
    お話しを聞いていただける方とか…。
    大したことないと加害者側は思っていても、被害者意識とは乖離がある事を是非とも分かっていただきたいですね。

    どのように対策をされたのかは聞きませんでしたが、翌日から彼の姿は見ていません。

    • モヤモヤ(相談者) より:

      大目に見て、それです。その態度が嫌なのです。
      今回のことは、内輪の集まりなのでこれ以上アクションを起こすつもりはないです。
      言えるものなら、家族に言ってやりたいですが、今後会うことがあっても近寄りませんし、もし同じ間に合えば、その時には抗議するつもりです。

      それにしても、とんでもなくひどい目に遭われましたね。たった一回でも嫌なのに、毎日なんてゾッとします…。解決して良かったです。
      貴重なお話ありがとうございます

  15. 逃げるが勝ち より:

    一度目に 強めに押して離れた後、
    警戒して 距離をとります。 近づいて来たら
    仕事中だろうと なんだろうと
    逃げます。
    自分にとって危険な物が近づいて来たら
    逃げます。
    子供にも 危険な物には
    近づかない・逃げる様に 言います。

    自分にとって危険な物に
    遭遇したら 逃げます。

    他人に不快な思いをさせても
    何の対処もしない人は
    世の中に存在します。

    • モヤモヤ(相談者) より:

      一度目の後、姿が見えないところにいたのですが、帰り際に来ました。探されていたとしたら、こわいです。
      逃げるしかないですね。
      参考になります。ありがとうございます。

  16. にこにこ より:

    知的障がいのある息子を育てています。
    モヤモヤさん、本当に怖く、嫌な思いをされたと思いますし、お子さんにもフォローが必要な事件だと思います。

    我が子は重度の知的障がいがあり、日々戦いです。
    親として、本当に可愛い息子だからこそ、親亡き後も社会で生きていけるよう、一つ一つ教えたり、叱ったり、緊張感が常に高い、厳しい子育てをしています。
    今回モヤモヤさんがあってしまった事件は、障がいがある無し関係なく、警察を呼んでもよいくらいの件だと思います。
    障がいがあるからこそ、周りは気をつけなければいけないし、言ってわからないなら尚更、経験として成功させてはいけないんです。
    今後同じ空間にいなければいけない事があれば、周りの方にも伝え、モヤモヤさんと接触がないような環境を作ってあげる事がその方の為にもなります。
    本当はその方の家族がやらなければいけない事なんです。
    抑えられない衝動を起こしてしまうなら、それが許されない場にはいかない。
    その判断すらせず、どんどん子供が社会から拒絶されていくことがわからないなんて。
    そして、その方だけでなく、ほかの障がい者まで社会から拒絶されていく。「知的障害者」ということで、ほかの方も怖い思いをされたお話を書かれてるように、一括りでみられるのが今の社会です。それも当然とわかっていますが、問題は本人より家族などの身近な支援者だと思うので、問題行動を止めてあげられなかったという悔しさを、障がい児の母として感じています。

    • モヤモヤ(相談者) より:

      おっしゃる通り、障がいをもつ本人ではなく、周りの対応の問題だと思います。
      そして、一部の方の行動が障がい者という括りで見られてしまうことは残念です。私は、あの時であった家族と、他の方々を分けて考えたいと思います。

      私の感じている不快感は、にこにこさんや他の方に向けられている訳ではないのですが、もし嫌な気持ちにさせてしまっていたら、申し訳ないです。

      • にこにこ より:

        お返事ありがとうございます。
        私が書いた「悔しい」は、その人の周りの人達の甘さに対してです。
        モヤモヤさんは何も悪くない、被害者です。
        今後の対応等も本来考えなくてよい立場です。考えるべきなのはその方の家族です。
        私も障害児の母である前に一人の女性です。社会生活も送ってきました。なので、モヤモヤさんのお気持ちもわかるつもりです。
        その上で我が子が社会でいきていけるような努力をしていこうと思います。
        「あの時であった家族と、他の方々を分けて考えたいと思います。」とおっしゃっていただけて、本当に嬉しかったです。ありがとうございます。

  17. 風花 より:

    悩めるモヤモヤさま
    ご自身にとっても娘さんのことを考えても、心穏やかでないご体験だったことと思います。

    でも私は、悩めるモヤモヤさんのその場のご対応、つまり事を荒立てず心の中で悩まれたご対応は、良かったのではないかと思いました。

    というのも、その障害がある方やそのご家族が今回のような対応を取られた背景が分からないので、相手の方が怒られて相手に恐怖感を感じるとパニックになりやすいのかもしれませんし(上でもお一人書かれていましたが)、ご家族も息子さんがこうした行動を取るようになってから試行錯誤中なのかもしれないとも思いました。
    相手が不快に感じる行動は、障害がある方であっても、しないように家族や支援者が伝えたり、しないよう環境を整えていくべきだとは思います。しかしながら、私も障害のある子どもを育てる中で感じているのは、その子の思考や行動が私自身のこれまでの常識とは異なることが多いため、試行錯誤しながら対応せざるを得ないということです。(きっと、私も気づかないうちに周りに迷惑をかけてきたこともあっただろうと思います。)

    そして、悩めるモヤモヤさんにとっても、今回のことは初めてのご体験であり、相手の方とも初めてお会いになられてその方の状況や特性もご存知なかったでしょうから、急な出来事にびっくりされて、頭の中であれこれ思い悩まれるしかなかったのではないかと思います。

    また、悩めるモヤモヤさんがもしその場で‘感情的に’、不快感を相手もしくはご家族に伝えられたとしたら、娘さんにとっては『障害のある方は嫌だ』等、障害のある方へのマイナスイメージを持ってしまわれる可能性もあったかもしれないとも思います。

    こうした理由から私は、その場でのご対応としては、十分と言いますか、より良いものだったのではないかと思います。

    その上で、私なら、気持ちが落ち着き自分なりに状況や気持ちを整理できてから、ご家族もしくは相手の方の支援者がいるならその方に、「あの時はこういう事が辛かった。娘の気持ちも心配だった。今後こういう時は、このような対処をしていただけると嬉しい」など、気持ち+今後の希望を伝えます。
    そして娘さんへは、相手の方がああした行動に出た背景(推測にはなるでしょうが)と、娘さんの気持ちへの配慮、+今後の対応を伝えます。例えば「もしかしたら相手の方は、知的に障害があって、お母さんを女性として素敵だなと感じた気持ちがそのまま行動に出てしまったかもね。娘ちゃんもびっくりしたよね。お母さんもびっくりしたよ。知らない人から抱きつかれるのはお母さんは困るので、ご家族にはこんな風に対応して欲しいなど伝えようと思う/ああいう場面ではさっとしゃがむと良いそうだよ(上の方がアドバイスされていたような)」などでしょうか。

    • モヤモヤ(相談者) より:

      私の対応で良かったと言っていただけて、少しホッとしています。ありがとうございます。

      相手の支援者の方も試行錯誤していたのだと思えば、少しは気が晴れる気がします。
      今はまだ、非常識な対応をされたと思っている部分が多いですが…。

      風花さんがこちらで発言なさることは、勇気のいる事ですよね。
      ありがとうございます。

  18. pinkymomo より:

    私も同じようなことがありましたが速攻キレてしまいました(笑) 私は胸触られたので。正直非健常者にでも平等に嫌なことは嫌と伝えればいいかと思います。今後同じことがあっても同じようにキレると思います(笑)

    • モヤモヤ(相談者) より:

      キレますよね!胸なんてとんでもない。私も違う場面なら、キレてました。
      というか、キレてやれば良かったです。

  19. じゃがまりりん より:

    それはショックでしたね。
    内輪の集まりだったこともあり、モヤモヤさんの対応は寛容だったと思います。
    だからモヤモヤさんがツライ思いをしているのは悲しいです。
    家族の対応はモヤモヤさんへの誠意に欠けていると思います。
    身体は大人なんですし、そういった行為を止めるでもなく、態度がおさまるまで待ってたとも違うようですし、「すみません」の謝罪も無く、非常識に感じるのは当然だと思います。
    でもそういう親は残念なことに多いようです。
    家族の方にとりあえず「助けて下さい」など嫌がっている意思を示せるといいかもしれないです。周囲に人がいれば状況を把握できて助けやすいと思います。
    自閉症である場合は、いけないことはいけないこととして対応し、キッパリ・ハッキリ言うのが効果的と聞きますが、相手がどういう障害かわからないのでその場での判断が難しそうです。次回は娘さんに誰か助けを呼びに行ってもらうとか決めたり、どうしたらよかったのかな、と話し合うのもいいんじゃないでしょうか。
    また会うかもしれない、とのことだったので、主催者に報告&相談しておくのもおすすめです。
    モヤモヤさんが落ち込んでるようだったので、なんとかお力になりたいと思いましたが、あまり良いアドバイスができなくてごめんなさい。
    今後は嫌な思いをしないで済むようにと思います。

    • モヤモヤ(相談者) より:

      主催者に相談するのが良いとは思うのですが、主催者もどう思っている(障がい者だから仕方ないとか)のかわからないので、相談して、また同じような対応されると面倒だという気持ちもあり、このままやり過ごすと思います。
      本当は話すことで、こういう事が減ると思うしお互いに理解した方がいいと思うのですが、面倒な気持ちの方が勝っていて、分かり合えなくてもいいし、次に会う可能性のあるときは、欠席なりしようと思っています。

      アドバイスいただきありがとうございます
      元気がでます!

  20. ぷー より:

    上ですでに書かれている、抱きつかれた時はしゃがめ!というアドバイスの追加情報です。例えばチカンに抱きつかれた、体の自由を奪うような拘束被害を受けた時にも有効です。

    しゃがむときに、できれば肘を曲げた状態で両腕を胸の前に持っていきます(急に抱きつかれたとき、身を守ろうとする本能で、女性がキャーッ!と叫ぶときの様な体制に、自然となっていることが多いと思います)。

    そして勢いよくしゃがみこむ際に、その曲げた両腕をガッと左右に広げてください。肘は曲げたまま、左右に立っている人に肘鉄を食らわす感じです。子供がワクワクしている時の様な動作、で分かりますかね? この場合は、抱きついてきた相手の腕をほどくのが目的なので、ワクワクと繰り返さず、一度ガッと広げるだけでokです。

    例えば背後から抱きつかれたら、抱きつかれる前に腕を前に持ってくる防御の体制は取れませんよね。「気をつけ」の状態で抱きつかれてしまったら、抱きつかれたままでも肘を曲げられるなら曲げてから左右に開く方が、力が入りやすいです。

    「気をつけ」状態で肘から下の方で抱きつかれた場合は、肘を曲げた状態より力が入り難いですが、同じようにしゃがみながら出来るだけ腕を左右に開きます。

    しゃがみこむこと、それと同時に二の腕を左右に勢いよく開くこと、この2つの動作で、抱きつかれた腕は振りほどけます。自分より体の大きな相手がガッツリ抱きついていても、相手が抱きついた時に左右の手首を掴んでがっちりホールドしていても、ほぼ有効です。

    私は学生時代、通っていた空手道場の師範に女性は覚えておくようにとこの防御術の指導を受けました。幸い、これはまだ使う機会に出会っていませんが、障害者の男性が、なぜか通りすがりに突然私に向かって松葉杖を振り上げてきた時は、体が勝手に動いて空手の受け身で腕で杖を跳ね上げて、逃げることができた経験はあります。

    お母さんが被害に遭っているのに、周りの大人が誰も助けに入らないおかしな状況に、娘さんも怖い思いをしましたよね。
    娘さんが嫌がらなければ、今後のためにお二人で上記の防御術を練習してみてください。思春期の娘さんに難しいかもですが、可能であればお父さんに抱きつく役をやってもらって下さい。体格差のある男性に抱きつかれても振りほどけることを体感してもらうことで、娘さんのショックが少しでも和らぐといいなと思います。

    • モヤモヤ(相談者) より:

      詳しいやり方を教えてくださりありがとうございます。いろんな場面で活躍しそうなので、ぜひ娘とやってみます!

      娘は、あれ以来あの話はしませんし、その日の帰り道、ほんとにドン引きやったー!とお互いの気持ちを話せたので、大丈夫かと思います。ご心配ありがとうございます。

  21. 18歳はピチピチ‼ より:

    モヤモヤさん、嫌な思いをなさったこと、心中お察しします。
    私も何の足しにもならない経験談なんですが、看護学生時代の18歳の夏に障がい者施設で体験実習をした時、一人の居住者さんに抱きつかれたりTシャツの袖から手を入れられて二の腕を触られたりしました。私もクラスの友人も何をすることもできず、その場にいた女性職員もモヤモヤさんが出会った家族のように「〇〇さんのこと、気に入ったのねー」という対応でした。実習後に全員で体験したことをシェアするのですが、私がそこで怖い思いをしたことを発言すると、あまり詳しくは覚えていませんが、結局のところ、若い男性に性欲があり、女性に反応するのは当然なのでそれを怖いとか嫌だったとかいう感情を抱く私が間違っている…という内容のことを学生指導の職員に言われたという認識です。こんなことを感じてしまう事自体悪く、さらにそれを皆の前で言う私が悪かったのかという(確かにほかの学生はケアに感動したなどポジティブな内容だったので)自己嫌悪と腑に落ちない思いが混じっていました。。唯一の救いだったのは、その場にいた友人が「あれは確かに酷かったし、私がされたら嫌だった」と言ってくれたことでした。そこで初めて自分自身が二重、三重に傷ついていることも自覚しました。
    学生時代も過ぎ去り、今はあのころよりももっと真剣に性に向き合っていくようになりました。確かに人間である以上、性欲とは生理的なものであり、知的障がい者でも例外ではない。私は障がい者の性は肯定します。かと言って、実害がない限り(極端ですがレイプ等)同意を得ない軽度の性的接触をその特殊性ゆえに周りが許すというのもおかしな話です。
    障がい者の性については比較的語られる場が多いと思うのですが、モヤモヤさんや私が経験したように第三者が被害₍?)にあってしまった場合、家族やケアラーがどう対処するかももっと重点を置かれるべきだと改めて思いました。

    解決策でもないのに長々と失礼しました。

    • モヤモヤ(相談者) より:

      ひどい指導者ですね。相手が障がい者ならレイプされても同じこと言うのですかね…。
      その場でも傷つくし、それを誰かに話した時の反応でもまた傷つくんですよね。
      実習でそんな目にあったら、看護師になるのやめてしまうくらい嫌な事ですよね。
      家族やケアラーが、間違った寛容さを出さないでほしいです。

  22. あずま より:

    嫌な思いをされましたね。
    ご家族の方の本当の気持ちは分からないのですが
    「あなたのことが好きなのね」
    「この子は良い子だから」
    「嬉しくて抱きついてるだけなの」
    というような軽い感じなのでしょうか。

    私個人の経験なのですが十代の頃、ボランティアで
    身体障害の息子さんに(年齢はわからないけど十代後半以降です)
    やきそばを介助するよう家族から言われました。
    肉とキャベツの芯は口に入れないよう言われました。
    半分ほど介助した時でしょうか
    「もうそのくらいで大丈夫。残りはあなたが食べて良いわよ」
    と言われました。

    私の感覚では自分の家族の食べ残しを他人には勧めません。
    でもその家族にとってはまだ綺麗な部分だからどうぞと思ったのでしょう。

    ご家族の感情と他人の感情は違うのだとご家族は認識して欲しいですよね。
    嫌なことがあったという事実は変わらなくても
    ご家族の対応でこちらの感情も変わるのだと知って欲しいですよね。

    • モヤモヤ(相談者) より:

      >ご家族の方の本当の気持ちは分からないのですが
      「あなたのことが好きなのね」
      「この子は良い子だから」
      「嬉しくて抱きついてるだけなの」
      というような軽い感じなのでしょうか。
      ↑これです。たとえに使っていいか分からないのですが、自分の赤ちゃんとかペットを可愛いでしょう?と言ってる感じです。
      たしかに、赤ちゃんもペットも可愛いです(そう思わない人もいますけど)
      でも、自分より背の高い性的に興奮した男をそんな風に思う人は、皆無でしょう。
      そこは、本人の精神年齢のまま親は、可愛いと思ってるのでしょうけど、そのは違うだろと思います。

      なんでしょう…普通に考えても自分の食べ残しを勧めることは無いと思うのですが、障がい者の家族になると、特殊な考え方になる方もいるのでしょうか…。自分は、他所の人の食べ残しを食べられるんでしょうかねぇ。

      10代で、そんな体験するなんて、トラウマになっていませんように…。

  23. あやの より:

    悩めるモヤモヤさま
    大変な経験だったこと、思い返してなかなか納得のいかない思いがすること、よくわかります。
    数年前ですが、たまたま観光地への電車に主人と乗っていて遭遇した出来事をご紹介したいと思います。
    平日だったこともあり、電車はかなりがらがらで、主人とふたりのんびり電車に揺られていたのですが、40代くらいの男性が小学校ぐらいの男の子が途中から乗車してきました。
    直後から、おこさんが、車両を端から端まで走りまわり、奇声?を上げ始めたのです。男の子ですから、たまにそういうおこさんもいらっしゃるのですが、声があまりに大きく、鼓膜にキーンとなるほどで断続的にずっと聞いていると頭が痛くなるほどで、おそらく何らかの障害があるおこさんなのだろうと思いました。
    あえて声をあげるのもどうかと思いずっと我慢していましたが、つらくなってきたころ、同じ車両にいる50代ぐらいの男性が、一言大声て「うるさいよ!!」と言ったのです。
    それまで、お子さんに対し一切注意しなかった保護者の男性が、「この子は障害があって・・・」と言いかけたところ、男性は、「そんなこと、見ればわかるよ。でもね、おたくも保護者なら注意ぐらいしたらどう? ちょっと非常識だよ」といったのです。
    保護者の方は、「申し訳ありません」と一言おっしゃいました。
    不思議なことに、あれほどうるさく走り回っていた男の子がそのあとおとなしくおとうさん?の横に座り、終点の何十分か、一切声をあげなかったのです。
    正直、注意してくださった男性にとても感謝し、勇気があるなあと思いました。
    保護者の男性は、同様の出来事を繰り返し経験してお疲れだったのでしょう。でも こんなこともあるのですね。
    もしかしたら、悩めるモヤモヤ様がきちんといえばわかっていただけたかもしれません。
    保護者の方の対応の仕方によっては、障害のある方が徐々にでも認識できる可能性もあるのかもしれないと思ったできごとでした。

    • モヤモヤ(相談者) より:

      その注意した男性、素晴らしいです。そうすべきなのに、私は出来ませんでした。多分、多くの人も出来ない。
      親も疲れていたり、慣れていたりするのかもしれないですけど、障がい者を言い訳にするのではなく、できることはやって欲しいです。
      本人が仕方ないです。親の対応次第で、周りの受け止め方も変わると思います。

  24. 防衛手段 より:

    どのくらい効果があるかは判りませんが、
    内輪の集まりで
    今後 会う可能性があるなら、
    前日に 洗髪する時
    香料の少ない物を使用する。
    当日はなるべく薄化粧で、
    無香料の化粧品を使用する。
    当日の服装は
    普段使用している下着の上に
    メンズの半袖Tシャツ
    胸部に 胸骨・肋骨を骨折した時の
    胸部ベルト や 肋骨サポーター 等を巻く。
    (2000円くらいで ネット購入出来ます。)
    首回りの肌を見せない為に
    襟があるシャツ
    メンズの半袖Tシャツは
    ズボンの中に入れて
    ズボンのベルトをしっかりと締めておく。
    当日に着る服は 香り付きの柔軟剤などを
    使用しないで 洗濯しておく。
    洋服の色は 黒 紺 白 で、
    靴は 走って逃げ易い様に
    ヒールの低い物。
    可能なら
    女性らしさを強調しない髪型にする。
    ( ゆるふわパーマ 等 以外にする)
    ポケットに
    クールミント の香りの制汗スプレー を
    入れておく。

    近づかない・逃げるのが
    一番だと思いますが、
    万が一 追いつかれた時は
    顔に 制汗スプレーを噴射しても
    やむを得ない と 思います。

    • モヤモヤ(相談者) より:

      アドバイスありがとうございます。とても有効な手段だと思います。
      参考にさせていただきたいです。

      しかし、なんで私がそんなことしないといけないのかと思います。
      過度に、露出したりしていなければ、常識の範囲内なら、私はその場にふさわしい、自分の好きな格好で有ればいいはずです。

      健常者が、そこまで忖度しないといけないのかと疑問です。

      決して、防衛手段さんに対して、なんで私がそこまで?と言ってる訳ではありません。
      そこまで考えないといけないくらいの事があり得るのが、残念だなという気持ちで書かせていただきました。

  25. モヤモヤ(相談者) より:

    皆様
    たくさんのコメントをいただき、ありがとうございました。
    共感してくださった方、対処法を教えてくださった方、体験談を話してくださった方、沢山のコメントを読ませていただき、落ち込んでいた気持ちがずいぶん楽になりました。
    もうこの事は、過去のこととして前に向きたいと思います。
    もしまた同じような事が起こった時には、教えてくださった対処法を実践します。
    共感していただいた事で、私の中に湧いてきた気持ちは、悪い事ではないのだと思えたので、自分が嫌な人間なのか?という気持ちから解放されました。
    体験談を教えてくださった方々、辛い経験を思い起こしてしまったのではないかと申し訳ない気持ちと、共有してくださったことへの感謝の気持ちでいっぱいです。
    また障がい者のご家族の方々からのコメントも、ありがとうございました。今回のトピックに意見をいただくのは、難しい事だったと思います。

    今回の事はとても嫌な体験でしたが、それでも、色々な立場の人間が共存する世の中でありたいと思っています。

    今回は、本当にありがとうございました

〜 コメントを送信する前に 〜

井戸端会議に遊びに来て頂きありがとうございます。
コメントを頂くことで成り立っているこのコーナー。
コメンテーターの方には大変感謝いたしております。

ネットの向こう側には、悩んでいる方、苦しんでいる方がおられます。
コメントをされる方は、その気持を汲んでいただき、配慮ある言葉選びをお願いいたします。
『それは違うよ!』と思われ、相談者さまとは別角度からのアドバイスを書き込まれる場合、あまりに強く否定的な文脈ですと、文章の主旨が届く前に心を閉ざされる場合がございます。
相談者さまにとっての良い〝気づき〟となるような、心に届くような気持ちでお書きくださいますようお願いいたします。
井戸端会議が多くのお嫁さんにとって有意義な相談場所となるよう、ご協力よろしくお願いいたします。

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


8 − 5 =