離婚を考えています。ですが悩んでいます。

悩める白米さんのご相談

※長文です。
結婚して5年。
夫30歳 私31歳 5歳と1歳の子どもがいます。
夫の手取りは21万円ほど。
私はほぼフルタイムのパートで月に8万円ほどの収入です。家計は私が管理しています。
(私は元々、節約やお金のやりくりが苦手で5年間四苦八苦しながらやってきましたが、
未だに下手くそです。)

夫の嘘つき癖とお金に関する価値観の違いに結婚当初から悩まされていました。

何でそんな嘘つくの???と思うような嘘を平気で言うし、日常会話の中に普通に嘘が混ぜ込まれたりして、
何が本当か分からなくなります。
(例えば…行った事がない場所なのに、よく知ってる場所みたいに話たり、
本当は持ってない資格を、持ってる!と周囲の人に言ったり)
そのことを指摘すると必ず最初は「嘘なんかついてない!」と言い張りますが、こちらが辛抱して追求していくと「やっぱり嘘だったかも。でもここ何日かの記憶が曖昧だから覚えていない。もういい!!」と最後は記憶が無いと言い訳して、半ギレして終わります。

お金に関しては、結婚直後ローンやクレジットカードの支払いを踏み倒した分などで、月に9万ほどの支払いが発覚。

その時もお金が無く、毎月不安いっぱいで支払いをしてました。
夫は支払いが大変そうだと認識はしていましたが、特に何か対処しようという行動はありませんでした。

そして上の子を出産した時に、入院費を支払おうとしたら、
私の入院中にその分の貯金を半分くらい使われており、信じられませんでした。

このままではいけない!と徐々に家計簿を共有して見せたりして、
夫にも生活費を稼ぐ意識を高めてもらおうとしましたが、
「お金が無い、無いと言われてるみたいでストレスになる。」と言われ中止しました。

最近は10万円ほどですがカードローンを勝手に利用していた事が判明。
(借りた理由は、会社からお金を立て替えるように言われて仕方なく、と言っていましたが常識的にありえないと思います。)

生活が苦しい時に、やむ終えず借金した分の返済が他にもあったので、
この先の支払い計画を伝えた上で、
もう勝手に借金するのはやめて欲しいと話をして、ボーナスで10万円返しました。
ところが、1ヶ月しないうちにまた10万円借りていました。
理由は…借りた記憶が無く、覚えてないそうです。

極め付けは下の子を出産後、5ヶ月くらい経った時、夫は私に対して「コイツ、全然働かねーな!」と思っていた事が年末に判明。
悲しいのと、怒りと、諦めと…色々な感情でぐちゃぐちゃになりました。

5年間の間に他にも大小様々な嘘やお金の問題があり、
人として信用出来なくなっています。

ただ子どもに対しては良い父親で、休日は遊んであげたりして、子ども達も喜んでいます。
私の心だけで考えたら離れたいです。
でも子どもの将来を考えると、こんな事で離婚してはいけないのかな、と悩んでしまいます。
私の辛抱が足りないのでしょうか。

長文ですみません。
もし読んでいただけたら、アドバイスなどあればお願いします。


悩める白米さんに
みなさまアドバイスお願いします!


カテゴリー: お金, 夫婦


離婚を考えています。ですが悩んでいます。 への23件のコメント

  1. うめ より:

    こんな事簡単に言うべきじゃ無いとは思うんですが、私だったら離婚一択です。
    私は子供がいませんでしたが、離婚した夫はお金にだらしない人でした。後から後から借金が発覚し、その度に謝罪はあるものの、多分悪いと思って無かったんでしょうね。ずっと同じ事の繰り返しでした。
    お金にだらしない人は直りません。出産の準備金にまで手を出す人は、今後子供の学費にも手を出すでしょうし、今はなんとかなってる借金も、今後は額が大きくなる可能性も大きいですよ。
    っていうか、借金って家族には止めれないんですよね。本人がやめようと思わないと。
    あなたの旦那さんは平気で嘘もつける人ですし、治らないと思いますけどね。
    子供2人抱えてのシングルマザーは簡単じゃないでしょう。すごい覚悟もいると思います。でもお子さん達の将来を考えても、旦那さんいるかな?とは感じました。

    私自身は離婚して自分の稼いだお金を自分に使えるって凄いと思いました。隠された借金に怯えないで良いって安心出来ましたし。今は再婚して結局子供はいないけれど、お金の価値観が一緒の人と再婚しました。離婚は苦しい決断でしたが、信用できない夫が最強の敵だったあの頃、あの時の私の家庭は遅かれ早かれ壊れるべきだったなあと思います。

    • 白米 より:

      うめさん
      アドバイスありがとうございます。

      確かに何か発覚する度に、反省していると言うのですが、すぐ繰り返すんです。
      全く一緒でびっくりしました。

      “隠された借金に怯えなくて良い”という一文がすごく響きました。
      通帳記帳のたびに、変な記載が無いか気にしたり
      金融系のハガキが届か度に焦ったり、
      把握しきれないお金の管理に本当に疲れました。

      うめさんの体験談も参考に、今後をしっかり考えたいと思います。
      ありがとうございます!

      • うめ より:

        白米さん、お返事ありがとうございます。
        やはり皆さん同じように感じてるようですね。離婚を勧めてる方が多くて、お金関係って大事なんだなとつくづく思いました。

        離婚って結構大変だと思います。まだ悩んでいるなら、今はまだ足踏み状態でも良いと思います。ただあなたには離婚するという選択肢がある事を覚えておいて下さい。そしてその可能性を考えながら、色々調べ、いざとなったら離婚に踏み切れるように準備しておく事をお勧めします。
        まだ若くお馬鹿さんだった私は、意地になって大きな借金を自分のお金から返し、その後の義両親とのいざこざもあって離婚しました。あの最後の借金返さなきゃ良かったと今でも思います。全額帰ってきて無いですからね、、、。

        今後のあなたの人生が幸せになりますように。

  2. ひぃ より:

    >こんな事で離婚してはいけないのかな
    こんな事ではないと思います
    第三者の他人の私が読んだ限り、このダンナさんでは人生設計もあったもんじゃないと思いました
    もちろんその日暮らしでも楽しめる御夫婦なら問題ありませんが、相談者さんとでは「価値観」が違い過ぎると思います
    ダンナさんとでは話し合っても解決に繋がらないなら実家、義実家に相談してみたら良いと思います
    結論は出てるような気もしますが後々後悔しない為にも色んな意見を取り入れて自分で結論を出してください

    • 白米 より:

      ひぃ さん
      ありがとうございます。

      本当に自分の頭の中でぐるぐる悩み過ぎて、
      もう関係の無い第三者の方の意見を聞きたい!と投稿させてもらいました。

      確かにそうですね。
      結婚前は気づきませんでしたが、
      その日暮らしでも楽しく過ごせる人なんだと思います。

      1週間先の予定を組み立てるのも苦手な人なので…。

      義実家の方は、
      以前1度、別件のお金・嘘関係で相談した際、「まさか別れるはずない。」と思っていた様子なので、
      また改めて私の意思を固めつつ相談してみたいと思います。

      ありがとうございます!
      最後は自分で結論を出せるように、頑張ります。

  3. みか より:

    文面を読む限り、私も離婚一択ではないかと思います。
    借金、浮気、ギャンブル、お酒(アル中)は、治りません。
    まして平気で嘘をつき最後は開き直って逆ギレ、
    白米さん自身も「人として信用できない」と思っていらっしゃる。
    これからの人生を共に歩むべき相手ですか?

    子供に対しては良い父親で、子供もなついている・・・
    これもクズ夫(←すみません)あるあるですよ。
    今はまだ幼く何とかごまかせても、いずれ子供は直感的に悟ります。
    夫婦関係が破綻しかけているのに「子供のために」と母親がガマンして
    家庭を維持することは、子供にとっても大変な苦痛を与えます。
    (この掲示板の過去の相談内容をたぐれば、似たような環境で子供の立場に
    いらした方の意見がたくさん出てきます。)

    シングルマザーになることは、それは大変ですが
    白米さんが懸命に努力して家計を立て直そうとしているのに、
    ことごとく裏切るご主人では、むしろいないほうがマシではないでしょうか。
    まだお若いのですから、決断は早いほうがいいと思います。

    • 白米 より:

      みかさん
      ありがとうございます。

      “子供に対しては良い父親で、子供もなついている・・・
      これもクズ夫(←すみません)あるあるですよ。”
      →おぉ!あるあるだったのかっ!
      と目から鱗状態です。

      子どもの立場だった方の掲示板があるんですね。
      それはぜひ、参考に見させてもらいたいと思います

      本当に、家計を立て直そうとする→崩される→また見直す→崩されるの繰り返しでした。

      子ども達のこと、年齢的なことも考えて決断したいと思います。シングルマザーは不安ですが、裏切られたりするストレスが無い分頑張れる気がします!

      ありがとうございます。

  4. ポケティ より:

    お子さんの将来を考えるなら離婚した方がいいような気がします。
    まだ何もわからない小さな子供たちにとって今現在はいい父親でも、大きくなって色々わかってきた時には決していい父親だなんて思ってもらえないでしょう。
    嘘つきで借金依存で妻にも信用されていない父親のどこがいい父親なんだろう。

    そして旦那さん、私の姉と似ています。
    私の姉も嘘つきで借金を繰り返しています。しかもその嘘も簡単にばれるようなものなので、当然離婚しました。
    離婚してもなお人に嘘をつき、事実を隠し、借金を繰り返しています。
    もうこれは脳の病気です。一生治らないと思います。
    こういう人を変えよう、変わってくれるだろうと思うのは時間の無駄、縁を切るほかないと思います。

    白米さんは節約下手だと言っていますが、それは旦那さんに足を引っ張られているだけかもしれません。
    知らないところで借金をされていたら、そりゃどんなに節約したって出ていくばっかりですもん。

    • 白米 より:

      ポケティさん

      コメントありがとうございます!

      嘘つき癖について、
      こちらが何をどう対処しても、なにも響かないので「夫は病気なのかな!?」と思ってしまう事が多々あります。

      お姉様が似ているんですね。身近な人に嘘をつき続けられると、信じられないし、辛いですよね。

      この辛さを将来、子ども達にも背負わせるのか…と想像してしまいました。
      改めて決断する材料にしたいと思います。
      ありがとうございます。

  5. さるる より:

    離婚したほうがいいです。
    母子家庭になれば収入に応じて医療費の免除だったり(母親の分も)、手当がいただけたりします。
    養育費はキッチリもらえるかは分かりませんが、わたしの場合は給料が振り込まれると同時に、わたしの口座に毎月振り込まれるように離婚前に手続きをしておきました。

    元夫がとても子煩悩ないい人でしたが、お金にだらしがなくギャンブルでの多額の借金があり、義両親(元夫の実の両親)からも話をしてもらっても治らず離婚しました。
    養育費は大抵の人はすぐに支払いが止まるそうですが、口座振替にしておけば銀行に手続きに行かない限りしっかり振込されます。
    「お金に無頓着」な人だからこそ、養育費はしっかり大学卒業まで振込が続き、その後も続いたので「もう止めていいよ」とわたしが言ったほどです。

    離婚して、わたしは小学生二人の子どもを連れて実家に戻って、もちろん頑張って働きましたが
    借金に追われず平和な安定した暮らしでした。(今も)
    元夫と子どもたちは定期的に会っていて、泊まりに行ったりもしています。

    お金の問題は一生治らないので早いうちの離婚をお勧めします。
    養育費を受け取れるようにだけはしっかり手続きしてくださいね。
    15年前は、籍が切れる前にわたしが銀行窓口へ行って、「毎月26日に○万円わたしへ振込」というのが可能でした。
    今はどうかわからず、アドバイスになってなくて申し訳ないですが。

    うちも子どもたち名義のお年玉貯金まで使われていました。
    そういうの、治らないですよ・・・。

    • 白米 より:

      さるるさん

      ありがとうございます。

      養育費などは踏み倒されるだろうな。と想像していましたが、口座振替の手続きをされたんですね!
      計画的にされていて、すごいです
      現在もできるのであれば、手続きしたいと思います。

      今のところ、子ども達名義の通帳は隠していて
      残高なども伝えていません。(貯金していることは知っていますが…)
      これだけは死守せねば!と思っています。

      アドバイスありがとうございます!

  6. くう より:

    私なら離婚一択です
    いざ子どものために貯めておいたお金を勝手に使い込むのは言語道断です
    自分さえ良ければと思ってる人とこれから一生寄り添えますか?
    そんな自分のことしか考えられない人が子どもの父親であることを子どもにずっと見せていくことが出来ますか?
    そんなことされ続けてたら仕舞いにはお子さんに父親の愚痴を言いまくるあなたの姿が目に浮かんできますよ
    旦那様の尻ぬぐいばかりしていく人生で良いのですか?
    今現時点で隠し事や約束を何度も破ってる人ですよ
    繰り返してる時点でもう一緒には歩めない人じゃないですか?
    答えは出てると思いますが…

    • 白米 より:

      くぅさん

      コメントありがとうございます。

      子ども達に愚痴を言っている年取った私が思い浮かび、震えました。
      そんな家族になりたく無いです…。
      本当に子どもに悪影響です。

      最後の決断
      しっかりしていきます。

      ありがとうございます!

  7. ひーちゃん より:

    私も離婚の一択ですね。
    お金の癖は治らないと思います。

    クレジットローンの支払を踏み倒した時点でアウトです。
    お金の大切さ、借金への自覚がない証拠です。

    私は3年前に離婚しましたが、原因の一つに借金問題がありました。
    自営だったのですが、仕事の方もうまく行かなくなって
    家計も会社の経理もやっている私はお金のやりくりに疲れていました。
    たまに仕事で遠方に行く時に、
    「なにかあったら困るから」と言われ、
    少し多めのお金を渡していましたが、
    お金が残ったとしてもパチンコで使い果たして帰ってきていました。

    「やりくりも大変だから残ったお金は使わないで戻して」って
    何度お願いしても、その時は「わかった」って言いながら
    一度も戻してくれたことはありませんでした。

    その後個人個人名義の借金も発覚。

    もうね、ここまで来ると病気だと思いました。

    その他にも色々あって離婚することになりましたが、
    お金の管理がすべて自分でできて、
    自分のコントロール出来ないところのお金の心配をしないでいい
    って事がこんなに楽なのか。と実感しています。

    私は子供がいないので、白米さんに比べると
    大変さは少ないかもしれませんが、
    お子様がいらっしゃるからこそ、
    早めに決断されることをお勧めいたします。

    • 白米 より:

      ひーちゃん さん

      ありがとうございます。

      元旦那様もお金関係で大変だったんですね。

      “自分のコントロール出来ないところのお金の心配をしなくていい”
      どんなに楽だろうって何度も考えました。

      やっぱりお金関係のだらし無さは
      治らないものなんですね…

      アドバイスありがとうございます。

      子ども達の為にも、自分の為にも
      しっかり考えて決断したいと思います!

  8. みにぃ より:

    私の経験で話しますと、うちの父親が元々お金にだらしない方で。最初はバブル期にたくさんお給料もいただいていたので良かったのですが、そのうち景気も悪くなり自分の仕事の内容も悪くなり。
    ある時気がついたら帰ってこなくなったのですが、その間キャッシングもしていたし、税金も全て滞納。ローンも、もちろん返していない。
    最終、私たちは持ち家を競売にかけられ、家を追い出されるはめになりました。
    子供の為に離婚しない、というのはお金や暴力に関しては当てはまらないと私は思っています。
    子供と遊ぶのなんて誰にでもできます。
    でも人としてのモラルを、自分の生き方から一番近くで見せてやれるのは親しかいません。
    嘘をついても、ごまかせばいいんだと思うお子さんにしたいですか?
    お金なんて借りればいいものなんだ、と価値観の狂ったお子さんにしたいですか?
    いい親ってなんですかね。
    面倒みる人ですか?
    私は違うと思います。
    私の父親もいろんなところに連れて行ってくれました。もう死にましたが、嫌いではありません。
    でも人として尊敬は出来ません。

    子供の立場から、少しは参考になれば。

    • 白米 より:

      みにぃさん

      ありがとうございます。

      “嘘をついてもごまかせば良い”
      そんな風に子ども達が思ってしまうんじゃないかというのが本当に心配です。恐いです。
      お金についても…

      こちらがいくら言い聞かせても
      やっぱり肌で感じ取ってしまう事があるんじゃないかと思います。

      お父様との事、もしかしたら辛い思い出だったかもしれないのに、コメントしていただき
      ありがとうございます。

      しっかりと考えたいと思います。

  9. すもも より:

    以前結婚が破談になった人に似ています。彼は借金こそしていなかったようですが、日常生活の中に色んな嘘がある人でした。しかも、全く罪悪感なく、サラッと嘘をつくので周りも私も違和感なく信じてしまってました。嘘が色々わかってからは、何が本当で嘘なのかわからなくなり不安でした。問題は罪悪感なく嘘がつける、というところです。そこにお金のだらしなさが加わるとかなり厄介だと思います。女性関係のだらしなさも出てきて、嘘でかためられる可能性もあります。今後一人でやっていくことは、大変だと思いますが、だからこそ安心して幸せでいられることもあると思います。もし夫婦としてやっていくと決められたなら、旦那さんに少しでも自分を正そう、と思ってもらえるような何かを考えたほうがいいかもしれません。(こういうタイプの人は心臓に毛が生えてるので、生半可なことでは絶対に変わらないので思いきったことの方がいいかもしれませんが)

    • 白米 より:

      すももさん

      コメントありがとうございます、

      以前、夫になぜ嘘をつくのか?と聞いたことがあります。
      その時は、
      嘘をついている意識はない
      記憶喪失かもしれない
      嘘つくことに罪悪感とか感じない
      なぜ、悪いか分からない

      …と言っており、ふざけてるのか?本気でそんなこと思ってるのか?と驚きました。

      ほんとうに生半可な事では治らない気がします…。

      ありがとうございます!

  10. Mm より:

    お疲れ様です。お金のことが一番分かりやすいので、それを理由にして、心を強く離婚を進められるのがいいと思います。

    しかし根本的な問題は、その嘘つき癖だろうと思います。

    私は、なぜそんな嘘をつくのか分からないという夫を持っていた経験から、白米さんがとても人ごとと思えず、コメントを寄せます。

    日常に嘘を混ぜられる疲れは、心を蝕むものです。常に猜疑の気持ちを持つ疲れは、睡眠や美味しいものでは晴れないものです。本当に、良く頑張ってこられましたね。
    私も前の結婚で相手から息をするように嘘をつかれて、世界すべて信じられないような気持ちに度々なりました。
    彼らは平気で嘘をつき、多くの人がそれを追求することの面倒さに放置するのに味をしめて、自分の都合のよいような世界を作り出します。
    妻である白米さんだけはそれを放置できないのでひとつひとつ確認して、嘘だと認めさせても、最後はまた強く出られる面倒さですよね。
    分かります。思い出すだけで辛いです。
    私は、お金と女性との付き合いについてでしたが、最後の頃には、私に話をするのをやめてくれといいました。気づいていないようだけど作り話の設定がズレてきている、論理的におかしいことを聞くのは疲れるから聞きたくないと言いました。

    病的な嘘つき、というとはばかられますが、本当にそういう種類の人がいます。
    私たちが出会って結婚してしまった彼らは、残念ながらそういう種類の人たちですが、世界には嘘など思いもよらない正直な人がたくさんいるのです。
    (百歩譲って病気だとしても、治るのを応援する価値がある人とない人がいるのはお分かりですよね。その価値は、白米さんにとっての価値という意味です。白米さんの人生をそれに費やさないでください)

    白米さんが今の配偶者の人と早く決別でき、当たり前の空を当たり前に見上げられる日が来ますように。
    頑張ってください。白米さんはひとりではないです。応援しています。

    • 白米 より:

      Mmさん

      ありがとうございます。

      “息をするように嘘をつく”
      まさにその通りなんです!
      夫と同じです。

      辻褄が合わないから、
      ん?と思って順を追って確認していくと
      どんどんまた嘘を重ねて…
      と、それを繰り返します。

      一度他の人に軽く相談した事がありますが、
      そんな風に嘘つく人いる?
      白米にかまってほしいんじゃない?
      …となかなか分かって貰えなかった事があります。

      最後の言葉、とても心強く嬉しいです。

      ありがとうございます!
      頑張ります。

  11. 白米 より:

    皆さま
    拙い文章、読んでいただき、
    そしてコメントくださり、ありがとうございます。

    返事がスローペースになってしまい申し訳ありません。

    皆様からのアドバイスや励ましのお言葉、
    本当に感謝でいっぱいです。

    身近な人にも相談しにくい内容で
    話してもなかなか理解されにくかったので、
    こちらで相談できて良かったです!

    もやもやが晴れてきた気がします。

    ずっと迷っていましたが、
    やっぱり離婚の方向で考え、話を進めようと思います。
    スムーズに進むか分かりませんが、
    子ども達と自分の心の健康の為に
    頑張ります。

    本当にありがとうございました!

  12. やまもり より:

    安易に離婚を推奨する人が多いので、あえて異論を述べます。

    >私は元々、節約やお金のやりくりが苦手で5年間四苦八苦しながらやってきました
     ご主人の手取りが21万であなたのパート収入が8万ということは、月30万弱でのやりくりということだとお察ししますが、「節約ややりくりが下手」とご自身でおっしゃっている事情は具体的にはどのようなことでしょうか?意識して改善できることなら、ご自身で努力すべき点もあるのではないでしょうか?

    >夫は支払いが大変そうだと認識はしていましたが、特に何か対処しようという行動はありませんでした。

     結婚前のローンであれば、あなたがかぶる謂われはなく、ご主人の両親や兄弟などご主人の親族に相談すべきことであろうと思われますが、そういったことはなさいましたか?

    >会社からお金を立て替えるように言われて仕方なく

     昨今、ブラック企業も少なくありません。ご主人がお勤めの会社がもしかしたら、本当にそのような体質かもしれませんよ。確認はなさいましたか?

    >理由は…借りた記憶が無く、覚えてないそうです

     一度、ご夫婦で精神科にいらっしゃてはいかがでしょうか?ご主人の借り癖が病的で無意識のうちにどこかで借りてしまうのであれば、それは精神病です。治療するより他に手立てはありません。

    >極め付けは下の子を出産後、5ヶ月くらい経った時、夫は私に対して「コイツ、全然働かねーな!」と思っていた事が年末に判明。

     これだけだともよくわかりません。ご主人が家の外で、友人や会社の同僚にそのように言いふらしていたということでしょうか?それとも、あなたが職場なりご家庭なりで何かミスをしたとかパート代が減ったとか、具体的な事情を反映してのことでしょうか?仮に、全くの事実無根の誤解に基づく中傷ということなら、あなたはご主人にそのように説明されましたか?

    >私の辛抱が足りない

     お子さんたちにとって「よい父親」であるご主人を、お子さんたちから奪う重大な決断をする前に、あなたが問題解決に向けて尽くすべき手を尽くしたかどうかわかりませんので、それは何とも言えません。
     家計をあなたが管理しているのが本当であれば、ご主人に不必要にカードや通帳を持たせないことも可能ではないでしょうか。それができないなら、あなたが家計を管理しているとは言えないように思います。
     あと、ご主人にとってお子様たちがかけがえのない存在であるなら、お子様たちに具体的にいくらのお金がかかっているのか、あなたが意識してご主人に知らせ続けるべきではないでしょうか。ご主人がお仕事をして稼いだお金がお子様の成長を支えるために使われている現実、そのことは決して当たり前ではなく、ご主人の働きにあなたやお子様たちが感謝している現実を、あなたがご主人に知らせずして、誰がご主人に知らせるのでしょうか。
     あなたの理想のご主人は、何も言わず黙々と働いて、家計にお金だけ入れてくれるような便利なATMでしょうか?
     あなたは、ご主人を「人として信頼できない」とおっしゃいます。もしかしたら、事実その通りなのかもしれません。ですが、他方で、あなたご自身はどうなのでしょうか?人として誰からも信頼される立派な人なのでしょうか?
     人間は欠点だらけの生き物です。教科書に載るような偉い人であろうが、一般市民であろうが人間には変わりありませんから、批判しようと思えば簡単にできます。ご主人の欠点をあげへつらって、「この人は信頼できないから、別れる!」と宣言して離婚することそのものはたやすいでしょう。
     難しいのは、問題をひとつひとつ地道に解決することです。
     どちらを選んでも、あなたは大人ですから、選んだ責任はあなたが引き受けるしかありません。ご自分で選んだことは、良いことでも悪いことでも、結局ご自分に返ってきます。
     安易な道を選んで幸せになれるほど、世の中甘くないと思いますよ、私は。

〜 コメントを送信する前に 〜

井戸端会議に遊びに来て頂きありがとうございます。
コメントを頂くことで成り立っているこのコーナー。
コメンテーターの方には大変感謝いたしております。

ネットの向こう側には、悩んでいる方、苦しんでいる方がおられます。
コメントをされる方は、その気持を汲んでいただき、配慮ある言葉選びをお願いいたします。
『それは違うよ!』と思われ、相談者さまとは別角度からのアドバイスを書き込まれる場合、あまりに強く否定的な文脈ですと、文章の主旨が届く前に心を閉ざされる場合がございます。
相談者さまにとっての良い〝気づき〟となるような、心に届くような気持ちでお書きくださいますようお願いいたします。
井戸端会議が多くのお嫁さんにとって有意義な相談場所となるよう、ご協力よろしくお願いいたします。

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


5 − = 4