6歳の娘の癇癪と暴力に困っています。

やーさんのご相談

6歳の娘の癇癪と暴力に困っています。
幼稚園から帰ってきて、夕飯までの間に癇癪を起こすことが度々あります。(月1〜2回程度)
癇癪は3歳ぐらいから始まって、成長とともに頻度が少なくなってきましたが、身体が大きくなってきたので規模が大きくなってきており恐怖すら感じています。
幼稚園バスから降りてきた時から雰囲気で「今日は暴れるな」と分かります。
内容は私にはサッパリ理解できず、「まーまー!」「きいてー!」「聞いてってば!」「ママの馬鹿」などなど叫びながら暴れます。
最初は私も「なぁに?」と優しく返事するのですが、それでも「何で聞いてくれないの!」と、もっと叫び暴れます。
叩いてきたり蹴ってきたり物を投げてくるので、6歳の力に負けて私の手や足にアザが出来ることもあります。
優しく返事をしているとどんどんエスカレートするので、恐怖を感じて隣の部屋に避難して扉越しに文句を聞くのですが、壁や扉も叩いたり物を投げたりするので穴があいてしまいました。
扉はカギなどかけていませんが開けて入って来ることはありません。
優しく返事をするのではなく厳しく叱ってみたこともありますがまったく効果がありませんでした。
夫や同居のおばあちゃんに暴力を振るうことはありません。
でも2歳の弟や飼っている犬猫には暴力します。

幼稚園で癇癪を起こすことはないようで、もちろん友達を叩いたりしたことはありません。
先生が言うにはとても優等生らしいので、そのストレスを私にぶつけてるのだと分かっていますが、激しすぎて受け止めることが出来ません。
幼稚園にも支援センターにも暴れている動画を見せて相談しましたが、「ママに甘えてるんだろう。甘えさせて」という返事でした。
私は今の暴力を何とかしたいです。怖いです。
このまま小学生になってもっと力が強くなったら、もっと激しくなるんでしょうか。
幼稚園入園の頃から「癇癪はもう少しで終わるよ」と諸方面から言われ続けています。
いつ終わるのでしょうか。どうやったら暴力はなくなるのでしょうか。

身近な大人で暴力を振るう人は居ません。
何で娘はこうなってしまったのでしょうか。
悪魔の取り憑いたような娘を何とかしてあげたいです。
癇癪を起こして暴れている時は娘も辛いと思います。
補足ですが、癇癪している時以外の娘は、弟とは遊んだりケンカしたり、私の家事を手伝ってくれたり邪魔したり、ワガママ言ったり良い子だったり、かわいい物が大好きな普通の6歳の女の子です。


悩めるやーさんに
みなさまアドバイスお願いします!


カテゴリー: 子育て
スポンサーリンク

6歳の娘の癇癪と暴力に困っています。 への8件のコメント

  1. ちきん より:

    教科書通りに説明しますと、癇癪は自我が目覚めてきた成長の証と言われています。
    自分でも感情の爆発をどうにもできなくて癇癪を起こすようですので、お子さんが悪いわけじゃないと思ってあげて下さい。
    多くは8~9歳には収まるそうです。
    癇癪を起こしているときの対応法としては大きな声を出して怒ったり制止したりせず、共感の言葉を発して一旦気持ちを受け止めること。とありますが、理解できない場合難しいですよね。
    病院で処方して貰える漢方薬として抑肝散っていうのがあります。
    でも癇癪の頻度が月1~2回程度だと出ないかなあ。毎日飲むお薬です。
    暴れ方が酷いようなので、病院で相談してみられてはどうでしょうか?

  2. アラカンママ より:

    うちの娘は幼稚園児の頃、私が「頭が痛いから休ませて」と言ってベッドに入ると、鬼のような形相になり、黙ったまま、私をグウで叩いたり、足で蹴ったりしました。ものすごく痛いし、わけわかんないし、本当に怖かったです。私も、娘に悪魔が取り憑いたのではと、思いましたよ。
    今、高3の娘に話すと、「ママが心配で、怖くて、どうしていいかわからなかったんだよ」と言ってました。そういう暴力は、たしかに、7~8歳くらいからなくなりました。
    お子さんがなぜ暴れるのかは、今はわかりませんが、お子さんが暴れたら、とりあえず、ぎゅーっと抱きしめてみてください。

  3. チェブ より:

    全く似たような幼少期を送った娘がおります。
    大変ですよね、大丈夫じゃないですよね。

    経緯を要約すると、スタートは6歳、10歳でスローダウン、6年生の今でも難しい部分はあるものの、あの頃と比較するまでもなく大分楽になりました。『は?あと4年も!?』と驚かれていると想像しますが、徐々に徐々におさまっていくので、気づいたら楽、もっと経ったらもっと楽、となるかと思います。

    我が家のやり方が正しかったかはわかりませんが、何かのきっかけになることを願ってお伝えします。

    『怒りを抑える脳、発散する方法を考える脳がまだ未発達だから仕方ない。どこに相談しても身体に問題が全くないようだし、必ずそれらも発達していつかは絶対にバランスを取れるようになるから』と親類の医師になだめられた内容が心にストンと落ちて。ならば発散させるしかないのかもね、と夫婦で育児の落とし所を決めた記憶があります。

    子供が家にいない時間は私のストレス発散を心がけ(家事は最低限値で、とにかく自分ファースト、夫は・・ごめんなさいでした)、子供と気持ちよく距離を置けるよう子供に運動系の習事を入れ、それ以外の日はできるだけ友達を誘って外で遊ばせ流れで我が家で食事をしてもらったり、二人きりでもとにかく暗くなるまで野外、天気が悪くても野外、と二人っきりにならないように心がけていました。(アウトドアウェアを一式揃えてしまえば、天気も汚れも何も怖いことはありません)

    週末は夫を頼り娘を中心にして家族で過ごし、それでもお互いが楽になれるように、気持ちが外に向くように娘を連れ出していました。水泳、公園、イベント参加、親戚訪問、ショートトレッキング・・・そうやって乗り切ったというか時間を頑張って潰したというか。子供の中に有り余る体力やうずめく怒りを健康的に発散してくれれば、間違いなく健全には育つだろうし、いつかは疲れてくれるだろうと神頼み的な部分もありましたけれど。家にいるよりはぶつかり合いは絶対的に少なくなるので、結果オーライです。

    抱えきれないエネルギーがどんどん湧いてしまって、娘自身もさぞ居心地が悪かっただろうと、「今となっては」冷静に考えられます。やーさんには下のお子さんもいらして、自由に動けない部分もあるかと察します。意地を張ってでも自分時間を死守して、少しでもご自身の気分転換や、ご家庭に合ったお子さんの発散方法が見つかりますように。

    あまりご自身を追い込まないでくださいね。
    やーさんは十分頑張ってらっしゃいます!

  4. はなこ より:

    息子が年少の頃、すごい力をもっていて乱暴だった頃があります。
    私が羽交い絞めで体重で抑え込んでも、抜け出て蹴る殴る。
    弟は1歳半でした。
    赤ちゃんの弟を殴る蹴るので、止めるのに必死です。

    私は育児に疲れて、フルタイムで働きに出ることにしました。
    息子たちは小規模保育園へ転園。
    暴力は無くなりました。
    やっぱり幼稚園のストレスがあったと思います。

    転園するのは大変ですが、幼稚園を休み続けても良いかも。
    優等生を休ませてあげてみてはいかがでしょうか?

    ママの愛情不足ではないので、自分を責めないでくださいね。

  5. もぐぱん より:

    癇癪ではないのですが、小学校にあがったばかりの息子が学校で友達に乱暴なことをして毎週先生から電話がかかってきました。
    家ではそんな乱暴な行動はしなかったのですが、成長するにつれて怒った時には家でも暴れるようになってきました。

    なんとなく、遊び足りない?体を動かし足りない?と感じたのでスポーツクラブに入れてみたら、かなり良い状況になりました。
    自信もつくのか、学校でも得意なことはリーダーシップをとってクラスメイトに教えてあげるとか、授業中の態度も良くなったみたいです。
    他の人(保護者やコーチ、後輩)と関わることで、上下関係も学べたり、そして体を動かし発散することで家で暴れることもありません。
    親は大変になることもありますが(クラブの応援やお世話)結構お勧めです。

  6. やー(相談主) より:

    みなさま、ありがとうございます。
    相談主のやーです。まとめてのお礼ですみません。
    大きな癇癪のあとだったので相談文がかなり必死になってしまいました。
    事後ですが、乱文失礼いたしました。

    正直厳しい意見が多いだろうと思っていたので、みなさんの優しいアドバイスに涙が出そうです。
    癇癪を起こすようになった頃、実母(同居は姑)に「愛情不足だからそうなるのよ。かわいそう」と言われたことが心の底に残っていて、娘が暴れるたびに「私が何とかしてあげなきゃ」と思っていました。
    この質問を送った少し前に、娘は癇癪中にハサミを振り回し、カレンダーや幼稚園の手紙などを切り刻みました。
    いつもは癇癪後に抱きしめて「大丈夫大丈夫」と背中を擦るだけなのですが、さすがにハサミはダメなので少し話しました。

    ママはお話聞いてあげたいと思ってること。
    アナタが暴れて手や足が痛い思いするのはママも悲しいこと。
    ハサミを振り回してアナタがケガしちゃったらママは涙が止まらなくなっちゃう。
    嫌なことがあったらお話聞くから危ないことはしないで欲しい。

    こんな感じで抱きしめながらゆっくり話してみました。
    いつもは癇癪中のことを覚えていない様子で何も返事してくれないのですが、さすがにハサミはまずかったと思ったようで「ごめんなさい。眠かったの」と言ってくれました。

    幼稚園は大好きで、休んで遊びに行く提案をしても、幼稚園に行きたいと言います。
    なので幼稚園帰宅後に弟を姑に預けて公園に行ったり、共通の趣味があるので休日に二人で出かけたり母娘で女子旅したり、1対1で向き合う時間を出来るだけ作っています。
    こういう工夫で癇癪の頻度は減りましたが、規模が大きくなり困って相談した次第です。

    今すぐに収まることは無理でも、時間が経てば落ち着くと安心しました。
    高校生ぐらいになって包丁持って暴れたら警察呼ぶしかないよって夫と話してたぐらいですので…
    習い事も嫌がってたのですが、ちょうど最近「スイミング行ってみたい」と言い出したので、さっそく体験申し込みをしてきました。

    次に大きな癇癪を起こして私が我慢できなくなったら、みなさんのアドバイスを読んで落ち着こうと思います。
    しばらくは私のお守り代わりになりそうです。
    ありがとうございました。

  7. アンドレ より:

    息子もそうでした

    結果から書くと、疲れと過敏症(うちは光)でした
    遊びに出かけた翌日や、園の発表会や運動会の練習時期が強かったです

    6歳と言うともう幼稚園から保育園に移れないと思いますが、昼寝させるのをお勧めしたいです
    園バスの降りるときに不機嫌だったり、眠かったと言うということは疲れやストレスがムズムズしたり憂鬱になり爆発し、甘える矛先がママに向いたのだと思います

    過敏についてですが、音や光に敏感だとかは無いですか?何か苦手な対象はありませんか?
    人が多くいる場所(園)が疲れるとか、匂いに敏感とか、天気や気圧で気分が悪くなったり、振動で体調不良になるとか、怒鳴り声がキンキンするとか、機械のブーンと言う音で頭が痛いとか、乾燥で肌がゾワゾワしているとか
    言葉で表現しずらいけれど何かいや~な感じを受け止めてしまうような繊細な性格だったりしませんか
    気が利いたり気が付きやすい性格の場合も、ちょっとの変化で疲れます
    そしてそれを自分でも自覚していないので人に上手く伝えられません
    一般的に雨の日にドンヨリした気分になるような感じです

    小学校に上がってもお昼寝をさせてあげてください
    なので、出来れば学童はないほうが好ましいです

    疲れは良くないのですが、スイミングは筋肉をほぐすので(特に腰を振って柔らかくするのはとても良いですよ)お子さんが興味を示すなら是非
    温水プールや温泉に家族で行くのも良いです

    あとは寝るときにでも横向きに(仰向けでもうつ伏せでも良いが6歳だと重たいので横がやりやすい)寝かせて腰を好む方向に揺らしてあげてください
    子どもは自分で出来ない運動を好み、腰の緊張をほぐすのは重要なことです

  8. manaminion より:

    参考までに。

    同様のお子さんが、ダンス教室に通うようになって発散できるようになったケースがあります。
    バレエ等でなく、自由なダンスです。ヒップホップ等、今は様々な教室があります。
    音楽にのって体を動かすことで、発散できる子がいます。
    また、大声で歌うことで発散できる子もいます。

    昔は原っぱを駆け回ったり、木に登ったり、大騒ぎをしたりということが、子供たちだけで自由にできる空間や時間がありましたが、近年はそれも自由に体験できない時代です。今の親世代すら、そのような経験がなく、どうストレスを発散したらいいのかわからないで、成長期のエネルギーを持て余した子供時代を送ってきたかもしれません。

    スポーツやダンスや歌や楽器等、なにかお子さんがただただ楽しみ、エネルギーを発散できる習い事、クラブなどを探してあげてください。

    できれば週一ではなく、週に何度か通えるようであればなお良いでしょう。

〜 コメントを送信する前に 〜

井戸端会議に遊びに来て頂きありがとうございます。
コメントを頂くことで成り立っているこのコーナー。
コメンテーターの方には大変感謝いたしております。

ネットの向こう側には、悩んでいる方、苦しんでいる方がおられます。
コメントをされる方は、その気持を汲んでいただき、配慮ある言葉選びをお願いいたします。
『それは違うよ!』と思われ、相談者さまとは別角度からのアドバイスを書き込まれる場合、あまりに強く否定的な文脈ですと、文章の主旨が届く前に心を閉ざされる場合がございます。
相談者さまにとっての良い〝気づき〟となるような、心に届くような気持ちでお書きくださいますようお願いいたします。
井戸端会議が多くのお嫁さんにとって有意義な相談場所となるよう、ご協力よろしくお願いいたします。

おすすめ記事
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


6 − 5 =