子供のために帰るべきか、自分のために離婚するか…

sunnyさんのご相談

私の結婚生活は、初めから平坦なものではありませんでした。
遠距離恋愛だったので地方から移り住みました。
結婚当初から、些細なことでケンカをしました。ある時、キレたら手を上げられるようになりました。 主人は決まって次の日にはもうしないから悪かったと謝ってきました。そんなことを繰り返しながら、私は許し我慢し耐えてきました。自分の両親を悲しませたくなかったので、実家には帰れませんでした。
そんなケンカを度々しながら過ごした結婚3年目、ついに警察沙汰にまで発展してしまいました。
主人が投げたものが顔にあたり全治半年のケガを負いました。
その時の私はバカだったので、なんとか実家の両親には隠そうと思い傷害罪には問いませんでした。その傷は今もしっかり残ったままです。
私が、こんなことを繰り返すならもう一緒には住めない離婚してくださいと言うと悪かった、仕事を辞めて地元に帰るから時間をくれと言われました。
地元に帰る…その言葉がどれだけ救われたか、、、その時はその言葉を信じていました。
あれから2年度々はぐらかされ約束は守られていません。
あれから私は妊娠し今年出産しました。
堪忍袋の尾が切れたので主人に地元に帰るって約束は?と聞いたところ…そんなこと言ってないと言われ全てが真っ白になりました。
顔を見ると今でも許せません、一生許すことはないでしょう。
約束をなかったことにされたことで全てがどうでもよくなり先日実家に帰りました。
これまでの経緯を、両親に話すと早く離婚しなさいと言われ今は実家で子育てをしています。
主人は毎日連絡をしてきて、帰ってきてほしいと言います。週末には子供に会いにきました。子供を父親から離すのは悪いことだとは思いますが…
子供はかわいいが、仕事を辞めてまで地元に帰る価値はないと言われました。
今は子供のために帰るべきか、自分のために主人を許さず離婚するべきか、悩んでいます。
どんなアドバイスでも構いません。お言葉を頂けると嬉しいです。


悩めるsunnyさんに
みなさまアドバイスお願いします!


カテゴリー: 夫婦
スポンサーリンク

子供のために帰るべきか、自分のために離婚するか… への12件のコメント

  1. バツイチマザー より:

    子どもに必要なのは「健全な家庭」です。
    1人親か、両親揃ってるかでなく、「健全」かどうかです。
    離婚は夫婦としてやってけるかという、夫婦2人の問題です。
    子どものためにという、子どもに責任を負わせる逃げの考え方をしないでください。

    母親を傷つける父親と、子どものためと我慢する母親。
    それが子どもにとってどれほど辛いか気づいてください。

    母は強し!
    大丈夫ですよ!お子さんと幸せになりましょう!

  2. ぷち より:

    ご出産お疲れさまでした。体は休めてますか?
    0歳児のなら、お父さんの記憶は一切ないと思います。
    最初からいないお父さんのほうが、途中でいなくなるよりはいいと思います。

    他の方も仰っている様に「健全な家庭」が一番大事ですよ。
    暴力振るう人は治りません。
    母は「父」の代わりもできます!

  3. やー より:

    子供にとって「いい父親」ならば、離婚してたまに会いに来てもらえばいいんじゃないですか?
    「いい父親」が「いい夫」なわけではないし、一緒に暮らすことだけが最善とは思いません。

    お子さんの正確な年齢は分かりませんが、まだまともにおしゃべり出来ないくらい小さいですよね?
    成長とともに父親にとってかわいいだけの存在でなくなった時、子供にも暴力を振るう可能性もありますよ。
    離婚するなら今がチャンスじゃないでしょうか。
    応援してます。お子さんと自分を大切にしてください。

  4. しゅぶた より:

    子供さんの事を第一に考えるなら、
    子供さんの為に別れてあげて下さい。

  5. より:

    sunnyさん、悩む必要などありませんよ!
    いずれその夫にあたる人は、お子さんにも手をあげるようになります!必ず!
    暴力は「癖(へき)」です!「性分」です!治りません!
    お子さんを守ることこそが母の務め。
    サッサと縁を切りましょう!

  6. うみ より:

    お子さんの前で父親と母親が喧嘩をしていて警察が来るほどの傷を母親が負う。しかもそれが日常。という事自体が、子供の幸せと思うなら戻って良いと思います。
    私なら「子供の為に」離婚します。

  7. みにみにぃ より:

    私はもし自分の旦那が一回でも私に手をあげたら、その時点で終わりです。
    圧倒的な力の差があるのを知りながら、暴力で物事を解決しようとするのは男として人として最悪で最低です。
    そして私なら、そんな父親いりません。
    最低限のモラルもわからないような人なら、例え血が繋がっていようと、一緒にいて悪影響しかないと思うからです。
    私も世間的には褒められたものじゃない父親と暮らしましたが、その父親でも手をあげることはありませんでした。そこが私としては最後の軽蔑しないでいられる砦です。
    暴力とはそういうものです。
    謝って許してしまえば、相手は反省するどころか謝れば済むと思います。
    冷静になって考えてください。
    今あなたが一番幸せにしたい人は誰ですか?
    そして、あなたはこの先そのご主人との未来に何か希望がありますか?

  8. 秋色 より:

    初めての子育てに一生懸命のことでしょう。
    おつかれさまでございます。
    ご主人様のサンドバッグとして一生過ごすのがあなたの本望でしょうか。
    何よりも、お子様が不憫です。
    母親に暴力を振るう父親。残念ながら、十中八九これはやみません。
    そんなご家庭で育つお子様は、ご両親のサンドバッグにされるのです。
    お子様を、ご自分たちの修羅場の道連れにしてしまい、
    後々どれほど後悔なさることになっても、決して時は戻せません。
    あなたが新たな人生に踏み出す準備は、ととのっているように思います。
    ご実家のご両親様にお手伝いをお願いしながら、
    あなたとお子様の、ホッと安心できるご家庭を築かれてください。
    ご主人様がお子様に会いたいのは、本能として当たり前のこと。
    しかしながらだからといって、父親としてふさわしいかどうかは、
    今は誰が考えても明白です。
    一緒に暮らすだけが親のつとめではありません。
    暴力は一生心身に傷を残します。
    許せたと思っても、フラッシャバックがあり、苦しみます。
    あなたには、支配から解放された人生を歩んでいただきたい。
    一意見として、参考にしてくだされば幸いです

  9. じゅん猫 より:

    初めまして。
    ここのお悩みサイトの初期から見ている者です。
    過去にDVの相談は数多くありましたが、
    「子供の為に離婚するな」
    「我慢するべき」
    このような回答は見たことがありません。

    《主人は毎日連絡をしてきて、帰ってきてほしいと言います。週末には子供に
    会 いにきました。子供を父親から離すのは悪いことだとは思いますが…》

    こんな父親だからこそ、子供から離すべきなのでは・・・

    自分も子供も大事にして下さい。
    一日も早く離婚して、幸せな生活に戻ることを願います。

  10. 世話焼きおばちゃん より:

    >子供はかわいいが、仕事を辞めてまで地元に帰る価値はない

    この一言が全てを物語っています。
    ご主人にとって一番は自分の生活であって、子供やsunnyさんではないのでしょう。これから先も自分の都合や気分を優先させる気がします。帰ってきてほしいとの言葉も、家族としてより所有物への愛着なのでは?
    仮に反省や約束を口にしたとしても、前回同様口先だけになりますよ。幸いご両親のご理解もあるようですし、このままご実家で過ごして実際に行動で示してもらうまで許さないでいいと思います。

  11. みんみん より:

    皆さんと同感です。
    妻とのケンカで手をあげる男は、母をかばおうとする幼子にも、自我が芽生えてイヤイヤをする子供にも、成長して正論をぶつけるようになった子供にも同じ事をするかもしれません。
    父親と会う会わないは お子さんが大きくなったら自分で決めればいいこと。
    どうするかは相談者さん次第ですが、自分の存在が母親を苦しめてきたなんて、お子さんが自分を否定することのないよう、たっぷり愛情を注いで育ててあげてほしいです。

  12. sunny より:

    アドバイスやお言葉を下さった皆様

    お忙しい中、アドバイスやお言葉をたくさん下さり、ありがとうございました。先日、弁護士に相談に行き離婚することを決めました。娘のために娘のこれからの幸せのために離婚を決めました。離婚届は書いて送っても破いて捨てられるので、これから裁判になると思います。今年、出産したばかりなので無理のない程度で進めていこうとおもいます。皆さまのお言葉アドバイス励みになりました。

〜 コメントを送信する前に 〜

井戸端会議に遊びに来て頂きありがとうございます。
コメントを頂くことで成り立っているこのコーナー。
コメンテーターの方には大変感謝いたしております。

ネットの向こう側には、悩んでいる方、苦しんでいる方がおられます。
コメントをされる方は、その気持を汲んでいただき、配慮ある言葉選びをお願いいたします。
『それは違うよ!』と思われ、相談者さまとは別角度からのアドバイスを書き込まれる場合、あまりに強く否定的な文脈ですと、文章の主旨が届く前に心を閉ざされる場合がございます。
相談者さまにとっての良い〝気づき〟となるような、心に届くような気持ちでお書きくださいますようお願いいたします。
井戸端会議が多くのお嫁さんにとって有意義な相談場所となるよう、ご協力よろしくお願いいたします。

おすすめ記事
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


5 − 5 =