将来絶対父とは間逆な男性と結婚するんだ!と思っていたのに…

栗きんとんさんのご相談

相談というよりは愚痴、もしくは、お宅のご主人はどうです?といった話で恐縮ですが、
もやもやする気持ちが少しでも軽くなるのでは?と救いを求めて投稿します。

私は、亭主関白な父の顔色を伺うように母私妹と暮らしてきました。
父が家族を大切に思っているのはわかりましたので尊敬もしていますが、将来絶対父とは間逆な男性と結婚するんだ!と 思い続けていました。 その父と間逆な男性だと、じっくり5年付き合って結婚した今の旦那。
その決断に間違いはない!と思っていたのに…
あんなに熟慮して決めたのに、結婚して10年、どんどん父のような振る舞いが見えて来たんです。

●男尊女卑っぽい発言
「男女平等っていうけど、能力の違いはあってなんでも平等ってわけにはいかないでしょ(男性が能力上という前提で話す)」
「(育休明け女性社員が)子どもを理由に会社の飲み会を断るなら、復帰するなよなって思う」

●同じ給与額なのに、家事分担がだんだん私多めに。それを当たり前だと思っている。
必ず20時に消灯する会社なのに、なぜか帰宅が遅い。手にはTSUTAYAやコンビニの袋。
フルタイムの私はほぼ平日家事育児ワンオペ。
旦那唯一の家事“週末の掃除”も、イライラと舌打ちをしながらイヤイヤやっている。

●子どもに対し、子にあったアドバイスではなくテンプレ言葉しか言わない
例)今工作ブームで寝るのが遅くなった子に、「どうせゲームばかりやってるんだろ!」と叱る。実際はゲームやってない。今工作ブームだってことも気づかない。

●若いときに聴いていた曲しか聴かない。

などなど

現在夫婦とも40歳。
昔は同級生特有の平等感があり、無口で感情は出さないけど穏やか、意見も聞いてくれる、流行に敏感で、趣味のバンドもおしゃれだった。新しいものも好きだった。互いに夢を応援し合う爽やかさがあった。

愚痴のような文章を書いている私が言うのもなんですが、今の彼はグチっぽく、しかも身勝手な一昔前の昭和男性感満載の愚痴。ゆとりがどうだとか、IT社長がどうだとか、表面的な、病院のロビーで若者を愚痴ってる爺さん婆さんとさほど変わりません。

老け込んでいくのも自然なことですが、考え方が頑なになって亭主関白化する旦那に正直幻滅です。

「それは違うんじゃないか」と言い返していましたが、だから帰宅時間が遅くなったのかなと、彼も疲れているんだと優しく接するようにしたところ、どんどん男性身勝手発言が増え、まるでかつての母のような自分がいて…。

夫婦として長年やっていくなかで、こんなことで幻滅してたらあとが辛いですよね。

今、変革のときなのか。こういう時期は受け入れるべきなのか。今の彼も愛するくらいの度量が必要なのか。 夫婦円満にこの先も長くやっていくには、私はどうすればいいでしょうか? 皆さんのご主人は、このようなときはありましたか?


悩める栗きんとんさんに
みなさまアドバイスお願いします!


カテゴリー: 夫婦
スポンサーリンク

将来絶対父とは間逆な男性と結婚するんだ!と思っていたのに… への5件のコメント

  1. うみ より:

    最近だまって聞いていたのであれば、何かのきっかけの時に
    「あなたもだんだん私の嫌いな残念なタイプのおじさんになって来たよね。年取るとやっぱそうなるのかな」
    とぽろっと一言こぼしてみたらどうでしょうか。
    言い返されて帰りが遅くなるなんて、自分に自信が無いのかなぁ。

    うちの旦那を思い出してみると、丁度会社で上からも下からも挟まれていた時期だったかもしれません。
    そして、厄年辺りを境に体調が変わってくる時期で、今まで出来た事が出来ない(体力・肉体的に)出来たはずなのに、出来ると思ったのに体がついて行かないという摩擦とで葛藤していたような年代です。
    旦那も結構イラついていたりすることは多かったですが、仕事を家庭に持ち込むな!と言っていました。
    話はいくらでも聞く、愚痴はいくらでも聞く。家族として、妻として、ね。でも、イライラをぶつける相手は私や家族じゃないでしょう?という事を耳にタコが出来る位言いました。
    そして今、自分の意志でどうにもこうにも出来ない時期を自覚して抜けて来て、本当に穏やかになりました。色々な事も客観的に見る事が出来るようになり、文句ではない話もゆったり出来るようになり、落ち着いて趣味に没頭する時間も増えたように思います。

    言っている事を議論するより、根本的なものを議論した方が良いと思います。

  2. くみ より:

    父親と真逆の夫が良かったのに、結局父親のような夫・・・あるあるですよね。
    昔友人が同じように悩み、「何故そうなるんだ!」と皆で話したことがあります。
    その時の結論で、2タイプだよね、となりました。
    イヤだイヤだと言いながら、実は隠れファザコンタイプ。
    夫でなく自分が「そういう男に仕える妻」になってしまうタイプ。
    問題はこの後者のタイプ。

    両親の姿は幼少期から刷り込まれた夫婦の姿。
    亭主関白の俺様な父親をイヤがっても、母親のことは同情しても否定的に見ないこともあると思う。
    そうすると、亭主関白の男にとって心地よい暮らしを提供する妻が、良い妻のあるべき姿として刷り込まれてるんだと思います。
    その結果無意識に「母のような良い妻」をモデルにしてしまい、イヤだイヤだと言いながら、男を亭主関白に育ててしまうんです。

    ならばどうしたよいか。
    自分が「亭主関白度ゼロの夫を持ったのびのびした妻」に変わるしかない。
    たとえば「男尊女卑」発言。
    のびのび妻はそのような発言されても「はぁ〜???何言ってんの???」という反応になると思う。
    亭主関白に仕える妻は、グッと黙ってしまうことでその発言を認めてしまう。
    そういう積み重ねで男は変わります。
    周囲の反応で変わってしまう例は、男女問わずたくさんあると思う。
    たとえばわがままを周りがすべて聞いてくれていれば、どんどん自己中女になり要求もエスカレートしていく、とか。

    父親と逆の夫が良いならば、ご自分も母親と逆の妻を目指しましょう。
    時間はかかりましたが、私の友人はこれで抜け出せて、今は仲良しアラカン夫婦です。

    ちなみに「若いときに聴いていた曲しか聴かない」は、男性の習性らしい。
    友人たちが見事に全員そうです。
    なぜ?と聞いたら、好きな曲だから当然、だそうです。
    女は音楽でも料理でも、好きなものとは別に「新しいもの」に興味が湧くけど、どうも男はそうでないらしいです。

  3. いないな より:

    結論はくみさんと同じ意見です。

    私の予想ですが、質問者さんは無意識で、ご自分のお母様と同じような「昭和の良妻賢母」な態度で接してませんでしたか。ご主人の態度、ご主人の味覚や好みを日頃から尊重してませんでしたか?
    それだと夫側も「俺様殿様」態度に変貌していき、無能なおっさん化します。行きつく先は「無能なおっさん」であり自分自身は「ダメ人間製造機」です。

    そんなこと、誰だって嫌ですよね。
    気づいた今がチャンスです!
    1年くらいかけるつもりで、ご主人の顔色をうかがわない日々にしましょう。男尊女卑な思考になってほしくないなら、その場できちんと意見しましょう。育休女性社員の立場で「ふざけんな!!」とがっつり意見していいんです。
    家事や育児分担にはこだわらないほうが吉だと思ってます。(小学校の当番制とか私は重荷と思うタイプ。当番じゃなくても頼まれたらやる性格です)
    こだわらず、その場で「私がこっちやるから、夫はあれやって」と頼みまくりましょう。文句言おうが舌打ちされようがスルーしつつ「家族は助け合うもんだよ」とはっきり釘を刺しましょう。
    ご主人が子供に向かって叱る発言がテンプレでムカつくなら、横からツッコミ入れましょう。「なんでそう思うの?」ってどんどん聞いて、ご主人から言葉を引き出しましょう。そのうち変化していきます。

    日本はどうしても男尊女卑の習慣が多いです。これが嫌なら現状に流されず、俺の奥さん怖えーって言わせるくらい、ガンガン言っていきましょ。
    実は私も質問者さんみたいな夫婦でした。私の実家がそうだったので、私も自然と旦那や家族の顔色を伺う癖がついてたんです。それに気づいて、自分から変わりました。今は家族助け合いでやってます。自分が変われば、家族は変わりますよ。保証します。頑張ってみてください!

  4. まお より:

    結婚8年目の専業主婦です。子供が1人(4歳)います。

    うちのダンナは母親も専業主婦で昭和の良き母で家事も育児もよくする方でした。
    主人も私をそんな嫁に育てようと当初思っていたようです。
    町内会や近所付き合い、家の支払い等お金の管理。自分が居なくても近所のこと家のこと。全て把握して自立しろと。
    引越し後すぐに銀行引き落としにならない電気やガスの支払いに、いつ引き落としに変わるのか電話して聞け!等と私を出来の悪い部下に接するようによく口を出していました。

    だがしかし。私は良き古き妻でもなければ当時はフルタイムで働いていたこともあり「はぁ?( º言º)気になる人が聞けば?」となる可愛げのない新妻でした(笑)
    それは最初はダンナもそんな私に舌打ちしてみせました。

    しかし家事も食事も下手な人付き合いも苦手は私は、社宅の月イチの掃除もヤダヤダとどーしようもない嫁として過ごしていた結果。
    人付き合いも仕事も完璧を目指すダンナが掃除に出向き、家のことも子供のことも逐一報告してくる嫁の良き理解者として教育されてしまいました┐(´·∀·`)┌
    今では外出もどこでもイヤな顔もせずついてきてくれます。
    テニスが大好きでしょっちゅう出かけますが極力私を巻き込んでくるので夫ほどてはないですが私も多少嗜むように。それ以上は、亭主元気で留守がいい。好きに行っておいでーと出かけさせています。
    おかげで共通の友人も出来て仲のいい夫婦だと思っています。

    私の周りで夫婦仲が悪くなる人は家のこと、子供のことも全て1人でこなしてしまう頑張る人がなっているように思います。
    私の夫はたまたま人付き合いが好きで趣味も巻き込んでくるタイプなので私に結果合わせることで落ち着いた所もあるので、これという対処があるわけではなく人それぞれなのですが。

    ↑のくみさんの仰ったように、自身が主人を変えてしまった可能性は高いように思います。

    私の友人も1人でワンオペ育児をしていた結果、主人とはどんどん仲悪くなってしまった人がいます。友人はダンナさんが何もしてくれない!と言うけれど、私もどんなに参加させた方がいいと言ってもさせてはいませんでした。文句言われるから自分でやった方が早いと言って。
    今どうされるべきか。まずは自身がご主人にどう接していたか。相手を王様にしていなかったか。
    もう今更、と思われるかもしれませんがご主人も家のこと子供のことも巻き込みましょう!

  5. 栗きんとん(相談者) より:

    お返事ができずごめんなさい!内容が旦那の愚痴だったため、連休中旦那との時間が多くて、こちらに来ることができませんでした。

    みなさまコメントありがとうございました。
    そして…まさか私が彼をそうさせていたなんて!!!
    でも「違う!絶対私のせいじゃない!」なんて気持ちにはならず、
    私が気づかなかっただけで、完全にその見解で、バッチリ合っていると思いました。
    家族の食事に旦那だけ好きなものが1品多いとか、旦那が箸を付けないと始まらない食事とか、お風呂の順番だとか、率先してそれが良いと思って、私がそのルールを家庭で作っていました。旦那が望んだわけではなかった。私が勝手に、父の威厳って大事だと思ってやっていました。

    そうだ、私だ、母のように動いていたし、文句を言われるなら私がやったほうが的な考え方。
    そしてのびのびと自由な妻ってのが、なんだか申し訳ないという気がする自分もいて……
    でも文句言うくらいなら、私は変わらなきゃですね!
    ご主人を変えた方のアドバイスもあり、私もその一歩を踏み出す勇気が出てきました!
    まずは相手の文句より、自分がどうなりたいか、母と同じでいいのか、じっくり考えてみます。
    相談してよかったです。コメントくださった方、どうもありがとうございました。

〜 コメントを送信する前に 〜

井戸端会議に遊びに来て頂きありがとうございます。
コメントを頂くことで成り立っているこのコーナー。
コメンテーターの方には大変感謝いたしております。

ネットの向こう側には、悩んでいる方、苦しんでいる方がおられます。
コメントをされる方は、その気持を汲んでいただき、配慮ある言葉選びをお願いいたします。
『それは違うよ!』と思われ、相談者さまとは別角度からのアドバイスを書き込まれる場合、あまりに強く否定的な文脈ですと、文章の主旨が届く前に心を閉ざされる場合がございます。
相談者さまにとっての良い〝気づき〟となるような、心に届くような気持ちでお書きくださいますようお願いいたします。
井戸端会議が多くのお嫁さんにとって有意義な相談場所となるよう、ご協力よろしくお願いいたします。

おすすめ記事
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


6 − 2 =