フルタイム勤務の、毎日の家事はどうこなしていますか?

ぱぴこさんのご相談

こんにちは、
先日、『正社員になりたい。40代の就職活動、アドバイスください!』をご相談させていただきましたぱぴこです。

お陰さまで無事、正社員での仕事が決まりました。 思った以上のお給料もいただけそうで、その節は本当に本当に、ありがとうございました。

さて、今回またご相談にのってほしいのは、フルタイムで働いている方の家事のやり方についてです。
今までは週3しか働いてこなかったので、掃除や洗濯を休みの日にこなしていたのですが、平日毎日6時まで働くとなると、そうはいきませんよね。

シングルマザーになる可能性が高いので、主人や両実家(遠方です)の協力も得られません。
6時から学童に子供を迎えに行って7時、そこから晩御飯を作ると思うと本当に毎日出来るのか不安です。

ネットスーパーの登録や、クックパッドのプレミアム入会はしました。
何か手早く晩御飯を作ったり家事をする為に、やれることがあれば何かアドバイスを教えてください。

40代で体力的にも少し自信がありません。(今は少し走ったりしていますが…)

シンママさんのお友達、またフルタイムで働くお友達がいないので、こちらでご相談させていただきました。
いい歳して情けない相談ですが、本当に細かいことで構いませんので少しでも私を助けてください。
どうかよろしくお願い致します。


悩めるぱぴこさんに
みなさまアドバイスお願いします!


カテゴリー: その他, 仕事, 子育て
スポンサーリンク

フルタイム勤務の、毎日の家事はどうこなしていますか? への11件のコメント

  1. 通りすがり より:

    ぱぴこさん就職おめでとうございます。
    そんなに気負わなくて大丈夫ですよーどうにかなります!
    そして色々聞いても自分の生活に合うかどうかわからないですから、
    実際に始めていけば自分流がみつかります。
    私自身、正社員ではないですが、平日9時~17時のフルタイムです。
    18時に学童へ迎えに行って、帰ってすぐお風呂。
    帰ってすぐお風呂は面倒ですが、子供の就寝時間にもいいし、すぐ洗濯ができるのでオススメ。
    19時前くらいから夕飯の支度なので、ぱぴこさんよりは早めですね。
    フルタイム友人は、週末に炒め物を5日分作って冷凍し、帰ったらチンして夕飯という生活をしていますが、これは私には合わなかったです。
    週末にハンバーグ・からあげ・とんかつなどメインになる物を仕込んで冷凍し、帰ったら揚げるだけ・焼くだけにしてサラダと味噌汁を作ると言う感じ。
    メイン系は多めにすると次の日のお弁当にも入れられるのでいいですよ。
    今日はラーメンでいっか!なんてのもOK!
    掃除なんて週に一回で十分。
    今週は疲れたなーと思えば翌週でOK!
    学校の長期休みなんかでリズムが必ず狂うので、無理は禁物です。

  2. ところてん より:

    ぱぴこさん、私の昔のようで思い出します。
    毎日走るように帰り、晩御飯を作っていました。
    帰ってから一から作ることは難しいので、毎日食事を終えると次の日の下ごしらえをしていました。子供たちのお弁当のおかず、夕食、朝ごはんと毎日毎日、食事の支度におわれていました。今となっては懐かしいです。
    生協の宅配を利用していましたので、チンするだけの食材も助かりました。
    無理せず時々はお惣菜とか利用してお体きをつけて頑張ってくださいね。

  3. はなこ より:

    私がフルタイムの時に買ったものは「乾燥機付き洗濯機」。これが便利でした。服の伸び縮みはありますが、便利さには代えられません。
    シーツはまとめて、コインランドリーに乾燥機までかけてしまうこともあります。
    あとは「食洗機」。最初はとまどいますが、食洗器に入らない食器を断捨離し、いつのまにか入りやすい食器や対応食器ばかりとなりました。
    子供がすぐおもちゃをちらかすので、ルンバはまだ買っていません。

    クックパッドプレミアムはどうかな?と思います。
    フルタイムで働くお母さんはレンチンやコンビニ弁当で良いですよ。
    手作りの料理だけはしたい!とつい思ってしまいますが、私がフルタイムで働いていた時の失敗はそこにありました。夕食を真面目に作らなくても子供とごろごろする時間にすればよかったと思います。

    上記の方のアドバイスもありますが、生協の冷凍食品は種類が豊富で良いですよ。夕飯の準備や後片付けを短縮して、お子様の宿題を見る時間など、お子様の時間に当てたほうが自分も後悔しないと思います。

  4. せぶん より:

    帰ってから家事するのはあきらめましょう。だって疲れてるもん。しんどいもん。私が帰宅後一番にするのは冷蔵庫開けて自分の氷結の缶出して飲むことです(笑)
    同時に朝作っておいたおかずを出してレンジでチン。
    味噌汁は朝、朝夜分まとめて作る。
    副菜はコープや、お惣菜等やら、2~3日分まとめて作るって感じです。
    ちなみに今日は朝からわかめと豆腐とマイタケの味噌汁とエビチリ作りました。えびは前日の夜、洗物しながら翌日の晩御飯考えて解凍するものは冷蔵庫へうつしておきます。
    副菜のかぼちゃのソテーは昨日いっぱい作ったから今日も同じもの。
    帰宅が6時半から7時ごろですが、帰宅後10分後には食べ始めてます。

    洗濯は子どもがクラブしてるので毎日ですね~。お風呂入る前に回して、あがって、髪乾かしてる間に終わるので干して、台所片づけて終わり。
    掃除はうちはルンバ任せです。

    朝、5時に起きて7時半に家出る毎日ですが、あまり負担に思わず小1と中2の子ども連れて母子家庭やってます。

  5. 匿名 より:

    私もフルタイムで働いています。基本平日の家事は夕食の準備だけです。
    ずぼらですみません。その食事も、白ご飯とおかず、適当に焼いたり炒めたりした簡単なものです。朝食はパンをトーストしたり、前日の残り。昼食は子供は給食があるので弁当いらないので、自分は適当にコンビニおにぎりとか、安い定食。
    食事後はお茶碗とかもシンクにたまったまま。。。申し訳ない。。。溜まったら食洗機様にぶちこんで「ピッ」とやってます。

    掃除・洗濯・買い物は土日でまとめて一気にやります。目標は日曜の昼までに一週間分の積もった家事を済ませ次の週にもちこまないこと。持ち込むと大変。日曜の午後はできるだけ子供と出かけたり、ゆっくりリラックスして過ごす。

    大事なのは完璧を求めないことだと思います。私も週の後半になるとご飯作るのも面倒で土曜に買った食材もなくなってたりすると、会社帰りにスーパーで惣菜買ってます。

  6. より:

    お母さん一人で頑張らず、小学生ならお子さんにお風呂掃除や洗濯を任せたら良いと思います。
    時には、料理も買い物も食器洗いも時間がかかっても一緒にやったり。
    ご飯を炊く、卵焼きを焼く、サラダを作るくらいなら、小学生のお子さんが出来てもおかしくないです。

    子供にだけは楽させてあげようとかは考えない方が、お母さんも大変にならない気がします。
    お子さんを一人の家族として、多いに頼りにしたら良いと思います。
    その方が、お子さんもお母さんと関わる時間が増えて、安心しやすいのでは。
    お母さんだけが忙しそうにしていると、子供は負担をかけまいと自分の事を話してくれなくなったりしますよ。
    お母さんは出来るだけ笑顔で余裕でいてくれた方が良いと思います。

    何でも自分でやってみる、出来る家事を増やすは事お子さんにとってもぱぴこさんにとってもプラスになると思います。

  7. あっこ より:

    シングルでフルタイムでした。
    子どもを早寝習慣に育てたことを自画自賛してました。
    6年生でも自発的に9時には寝てました。
    そのかわり、子どもといる時間は話をしたり宿題を見たり「母親」に徹して、子どもが寝てから残った家事を手抜き&フルスピードで片付け、ゆっくりお風呂に入って、少しでも自分の時間を持つようにしてました。

    夕食はちゃんと作ろうと頑張らないこと。手をかけるのは週に1回で十分です。
    炒めたり茹でたり煮たり…平日の夕食は20分以内で済むものしか作らなかったです。
    「お総菜はパックでテーブルに出せばお総菜だけど、お皿に盛って何か付け合わせれば(たとえ生野菜でも)家庭料理」というありがたいお言葉にも励まされました。
    でも具だくさんのみそ汁。これだけはこだわった。
    圧力鍋様(我が家はありがたい道具は“様”付けです)も大活躍でした。
    帰宅するなり圧力様を仕掛けてみそ汁作って・・20分で角煮定食です。

    そして必ず夕食を少し小分けしておいて朝食のおかずにしました。
    夕食が和食系だったらご飯、洋食系だったらパン。

    掃除は週に1回、目に付いた時はハンディ掃除機かクイッ○ル様。
    洗濯は乾燥機様が大活躍。
    日々のお風呂と玄関掃除は子供の仕事でした。
    これは小1の担任の先生に感謝。「家の手伝いで自分の仕事を作りましょう」という「宿題」を出してくれたんです。

    ポイントは「完璧」を目指さないことだと思います。
    ホコリじゃ死なないってよく言いますが、本当にそう思います。
    でも笑顔がないとダメです。
    私の経験では、離婚が成立するとすごく気持ちがラクになって、家事の大変さも手抜きの罪悪感も感じなくなります!
    頑張らないで楽しく暮らしましょう!

  8. もぐぱん より:

    私もお子さんが助っ人になってくれる気がします。
    中学生になると部活で遅くなるかもしれませんが、小学生なら4年生くらいから結構何でも出来ると思います。
    火の取り扱いは注意が必要ですが、お米を研いでセットしたり、野菜のカットくらいは出来そうです。
    お休みの日は二人でお料理したり英才教育してみたらどうでしょう?
    洗濯機まわして、干すのもお手伝いできますよね。

    私もフルタイムなので、生協の冷凍食品なども利用しつつ夕飯用意してます。
    皆さん言うように無理しないことですね。
    私もズボラなので掃除は休みの日しかしません。

  9. のいち より:

    我が家は子供も大きく、車通勤なので買い物などの家事面ではちょっと恵まれているかもしれませんが。
    基本的に家事は先取りでこなしています。
    家族全員のお弁当を準備する朝に、大まかな調理を済ませています。
    ほうれん草は茹でておけば、家に帰って胡麻和えにするだけ。
    出汁を取って置けば、家に帰ればお味噌と具を入れたらお味噌汁になる。
    魚を他の具材とフォイルで包んでおけば、グリルで焼けばフォイル焼きが完成する。
    そんな感じで、家に帰って仕上げ調理の10分で食卓に並べられるようにしてから出かけています。
    買い物は週に二回のペースですが、三日分のメニューを組み立てながら買い物をして、
    家に帰れば冷蔵庫に入れる前に下処理もしてしまいます。
    野菜は洗って使うサイズに切ってビニール袋に小分けしてから冷蔵庫へ入れるとか。
    肉や魚も料理に応じて切ったり漬けたり。
    お弁当のおかずもカップに入れて小分けにして冷凍したり。
    パスタソースやホワイトソースやドライカレーなど、時間に余裕がある時に冷凍しておくと、何もする気が起きない疲れた時のお助けメニューに使えます。
    家に帰って夕食の準備が簡単にできると分かっていると気が楽ですし、後の家事もはかどるんですよね。
    結果、先取りでゴミの整理をしたり家の片付けをしたり出来るので、こなしている家事量は同じでも時間に追われる感じがしなくて済みます。
    我が家は室内犬がいるので毎日の掃除が欠かせないのですが、夜寝る前のモップ掛けを日課にしています。
    モップで集めた埃を専用の掃除機で吸うレンタル商品ですが、田舎の戸建てでも夜間に家じゅうに掃除機はかけ辛いので便利に使っています。
    モップをかけるために家族で整理をして10分くらいで家じゅうのホコリを取るのは大した負担ではありませんが、
    これを日課にしてから家の中が常に整頓されているようになりました。
    朝起きてスッキリとした室内で一日を始められるのは気分が良いものですし、
    寝る前の掃除、良いですよ。お勧めです。

  10. ぱぴこ より:

    相談者のぱぴこです。
    返信遅くなってしまってごめんなさい。

    皆さま、色々なお知恵をありがとうございました。
    生協は全く考えていなかったので、検討したいと思います!

    あと、完璧を目指さないことを目指して頑張りますw

    埃じゃ死なない、本当ですよね。
    なるべく物を減らして部屋をスッキリさせて、
    楽に家事ができるようにしたいと思います。

    まだ始まっていないので不安でいっぱいですが、
    皆さんの意見を参考にして乗り切りたいと思います!

    本当にありがとうございました。

  11. ぱぴこ より:

    あと、もう一言だけ…

    そんなにお忙しい毎日を送られている皆さまなのに、
    返信いただきまして、皆様は神さまです!!

    本当に本当に感謝いたします。

〜 コメントを送信する前に 〜

井戸端会議に遊びに来て頂きありがとうございます。
コメントを頂くことで成り立っているこのコーナー。
コメンテーターの方には大変感謝いたしております。

ネットの向こう側には、悩んでいる方、苦しんでいる方がおられます。
コメントをされる方は、その気持を汲んでいただき、配慮ある言葉選びをお願いいたします。
『それは違うよ!』と思われ、相談者さまとは別角度からのアドバイスを書き込まれる場合、あまりに強く否定的な文脈ですと、文章の主旨が届く前に心を閉ざされる場合がございます。
相談者さまにとっての良い〝気づき〟となるような、心に届くような気持ちでお書きくださいますようお願いいたします。
井戸端会議が多くのお嫁さんにとって有意義な相談場所となるよう、ご協力よろしくお願いいたします。

おすすめ記事
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


− 4 = 0