実母の遺品。親族親戚でない方への形見分けについて…

garyさんのご相談

以前、
セルフネグレクトな母が白内障手術を受けたいと… で、相談した者です。
あの時は色んなアドバイスを頂きありがとうございました。

その後、私の仕事がやっと落ち着いたので今年6月に片目を手術したのですが、もう片方の目の手術をする前日に、母が突然亡くなってしまいました。
直後に西日本豪雨災害があり、西日本在住なのですが交通網も通行止めや運休のなか、まだ色んな手続きも気持ちの整理もついてない状況です。

前置きが長くなりましたが、相談したいのは母の形見分けについてです。
母の洋服は3L~4Lと大きく、着ることのできる親族親戚がおりません。そこで、お世話になったデイサービスに洋服をお譲りしたいと考えたのですが、失礼に当たらないでしょうか?

母は紙パンツを着用していましたが、失敗してズボンを汚す事がよくあり、デイサービスではズボンの替えを借りる事が多くありました。そういう事があったので、同じように替えが必要な時に使ってもらえたら、と考えたのです。
ただ、気になる事があります。母がデイサービスでどなたかのお下がりの洋服を頂いてきた事があり、その洋服を着てデイサービスに行くとして、誰かから「あれは私がもらって着てた服よ。それをあの人にあげた。」と大きな声で言われたそうです。
そんな話を聞いていたので、母が着ていたとわかる洋服はやめた方が良いかも、とも思っています。

更に、義母から母のズボンを近所の人にあげたいと主人に連絡がありました。見ず知らずの人にあげるのもなぁ、とも思いましたが、そのズボンは義母が母にプレゼントしてくれたもので、ブランド物ではないけど、生地のしっかりした実用的な良いものを頂きました。それを知っているので、近所の方にあげたいのだろうと思います。

こういった親族親戚でない方への形見分けについて、どう思われますか?ご意見をお聞かせください。


悩めるgaryさんに
みなさまアドバイスお願いします!


カテゴリー: 実父母


実母の遺品。親族親戚でない方への形見分けについて… への9件のコメント

  1. みーこ より:

     お母様がお亡くなりになったとのこと、お悔やみ申し上げます。
    姑が亡くなった時に、お世話になった特養に服ばかりでなく、履いていた靴(介護用)まで、もらって頂きました.一応、服など使いますか?とお聞きしたところ、着替えはいくらでも欲しいので喜んで頂きますとのお返事でした。
    知人と話していた時に、布ならなんでも(汚れふきなどにいくらでも必要)欲しいという介護施設も多いと聞きました。
     電話で伺ってから寄付なさったらいかがでしょうか?
    形見分けにこだわらなくても良いとわたしは思いますが。(姑さん指定のズボンは姑さんに渡して、生かして頂くのも良いと)今は、どこのお宅でも服など余っている時代なので。

  2. 匿名 より:

    お悔やみ申し上げます。

    ご親族の方から反対がないのなら、
    お洋服を他の方にあげるのは、
    全く問題ないと思いました。

    デイサービスの方には、
    寄付のご意向を伝えて、その返答次第でいいのでは。
    汚れたものを洗って何度も使うより、
    予備の着替えを充実させておきたいと思われるのでは、
    と思います。
    このご時世、買う方が多いので、
    喜んで引き受けて下さる所の方が貴重だと思うし、
    そういうところでいかしてもらえる方が、
    私なら嬉しいです。

    お母さまのお気に入りだった洋服とかは
    手元に取っておいていいと思います。
    きっと、思い出もありますものね。

    そう考えると、
    失礼な言い方ですが、
    子供のお下がりと気持ちは似てるのかも。

    「あれはうちの子のお古なのよー!」なんていう
    デリカシーの足りない方、きっといますよね。
    一方で、「もらってくれてありがとー」と
    喜んでくれる人もいるわけで。

    お母様を亡くして、お疲れと思います。
    どうか、心穏やかに過ごせますように。
    暑い中お体お大事になさって下さいね。

  3. みか より:

    お母様のご逝去と西日本豪雨、悲しむ間もないほど大変な日々をお過ごしかと思います。
    酷暑の折、どうかご自身のお体だけはご自愛くださいね。

    洋服のお譲りについてです。
    介護施設で働いている義母の知人が「着なくなった洋服があったらもらえない?」と
    たずねてきたことがあります。
    聞けば、施設入所者の着替えが不足しているとのこと。
    替えはいくらあっても困ることはないと言っていました。

    入所者を施設にあずけたきり、まったく顔を出さない身内が割と多く、
    着替えを持ってきてほしくても難しいケースもあるのだそうです。

    というわけで、デイサービス業者に問い合わせだけでもされてみてはどうでしょうか。
    母が着ていた服と分かっては・・・という心配は、相談者様がする必要はないし、
    義母様からのご所望にも快く応じればいいと個人的には思います。
    特に洋服はとっておいても虫がついたりして結局処分する羽目になります。
    他の方に使って頂いたほうが洋服も喜びますよ^^

  4. ハロー より:

    亡くなっ遺族の衣服は全て処分するのが良いと思いま。本人の意向に関わらず、思いが残ると聞いた事が有ります。喪の休みの間に葬儀、諸手続き、部屋の片付けを全部した人も知っています。

    洋服は好みがあるので、高齢の方でも着たくない洋服は、本心は着たくないだと思います。私の母がそうなんですよ。

    • ドングリ より:

      私もすべて処分でいいと思います。
      来ていたご本人が誰かに着てもらいたいとお考えでしたらさしあげてもいいかもしれませんが・・。

      ただ、『本人の意向に関わらず、思いが残ると聞いた事が有ります』というのはどうかしら・・??
      そんなことを言っていたら、古着屋さんというお仕事は成立しないのでは・・・。

  5. かおりん より:

    洋服をお世話になった施設へ寄付をする件、とても良いと思います。汚れた時に替えは何枚あっても足りないし、施設にある服も古くなって交換したい物もあるでしょうし。
    一度、施設側へ聞いてみたらいかがでしょう?

    それと義母がくれた物は、義母に渡した方がいいと思います。もう友人に話してしまってる可能性高いし、私があげた物を勝手に処分したとか言われても嫌な気になりますし。

  6. バイエル より:

    >親族親戚でない方への形見分けについて、どう思われますか?
    私は、引き取っていただけるのなら是非に、とお渡ししたいです。自分に必要な母の形見と母から指示があった物以外は、廃棄か寄付か販売です。魂が宿る云々なども全く気にならなりません。それをしたからといって、母を無下に扱っているわけではありませんし、思い出は胸にありますから。

    他人へ渡すのが嫌であれば廃棄でも、でも捨てられないのなら寄付も、やっぱり決められないとお考えなら今はそのまま放置でもいいのかと。再度片付けが必要になった時には、容赦なく廃棄できるような気がします。

    義母さんの件は・・・・普通は差し上げたものに対しそんな風に言いだすことはないと思います。それをやってのけてしまう義母さんですので、話をこれ以上ややこしくさせない目的を立て、言われた通りにお返ししてはいかがでしょうか?

    突然の死や、災害や、他にも心が落ち着かない日々だと想像しています。手を離して楽になれるような事は、あまり深く考えずどんどんと手から離して心の平和を少しでも保てる方向で進めるのもいいかと思います。どうかご無理なさらずに。

  7. いないな より:

    お悔やみ申し上げます。

    デイサービス勤務経験があります。
    大きな体格の方の着替えがあるのは大変ありがたいですが
    譲る最低条件に「すべてクリーニング済みであること」があります。
    自宅の洗濯機で洗ったものではなく、クリーニングに出した方が確実ですので
    ビニールがかかった状態で譲渡をお願いします。
    (クリーニングのビニールがかかってなければ、施設側で廃棄してました)

    クリーニング代がもったいないと感じるなら、思いきって廃棄が一番です。
    古着の寄付ってそういうもんですしね。

  8. gary より:

    まとめてのお礼になりすみません。皆さまご意見ありがとうございました。

    受け取る方によっては、それを好まない事もやはりあるのですね。
    でも、介護施設ではニーズがある所もあるとわかって良かったです。また、デイサービス勤務経験者の方からの貴重なご意見は大変参考になります。受け取って頂けるようであれば、ケチらずにクリーニングに出した後にお渡ししようと思います。

    まずは、デイサービスから借りたままのズボンがあるので、返却する際に聞いてみようと思います。
    義母の件は、近所の方にどう説明して渡すんだろう…と考えると気になるところではありますが、ま、義母がどう思われるかの問題なので気にせずに渡そうと思います。

    ありがとうございました。

〜 コメントを送信する前に 〜

井戸端会議に遊びに来て頂きありがとうございます。
コメントを頂くことで成り立っているこのコーナー。
コメンテーターの方には大変感謝いたしております。

ネットの向こう側には、悩んでいる方、苦しんでいる方がおられます。
コメントをされる方は、その気持を汲んでいただき、配慮ある言葉選びをお願いいたします。
『それは違うよ!』と思われ、相談者さまとは別角度からのアドバイスを書き込まれる場合、あまりに強く否定的な文脈ですと、文章の主旨が届く前に心を閉ざされる場合がございます。
相談者さまにとっての良い〝気づき〟となるような、心に届くような気持ちでお書きくださいますようお願いいたします。
井戸端会議が多くのお嫁さんにとって有意義な相談場所となるよう、ご協力よろしくお願いいたします。

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


4 + 2 =