息子と一丸となって、受験に向き合わなければならないが…

二浪母さんのご相談

こちらの掲示板不慣れな者なのですが、よろしくお願いします。
我が家には現在大学受験生の息子と高校受験生の娘がいます。
大学受験生の息子は二浪中で、医学部を目指しています。
医学部受験は二浪くらいよくあることだとは言いますが、私にとって息子を育てる限界が去年に来ていて、 去年、「もうすぐこの苦痛から逃れられる」と頑張っていました。
そしてまさかの不合格。
他学部の私立は合格していたので通常は医学部を諦めて進学すると思いますが、二浪させて下さいと頭を下げられ、主人と共に最後のチャンスだと念押しして現在に至ります。
二浪することに関して何点かの約束事があり、
1、高い費用を払って予備校に行かしてあげるんだから医学部受験のプロである予備校に従う。
2、妹も受験生だから、夏休みも予備校自習室を活用して自宅には居ないで欲しい。
妹の受験を優先。お母さんは妹の事を一生懸命やる一年にさせてほしい。

ということです。
まだ他にもあるのですが、上の2点は絶対に譲れない事で何度も念押ししました。

なのにです。
まだ妹の夏休みにもなって無いのに予備校前期が終わり、勝負の夏休みに「自宅で勉強させてくれ」と言い出しました。

これを、約束が違う、予備校に行けと毎日追い出しており、息子も2浪させてもらっているから言うことは聞くのですが、私の罪悪感と怒りが凄すぎておかしくなりそうです。

予備校があるのに自宅で勉強したいと漏らした事。
約束なのに私の一番恐れていた事を夏休み前に言って来た。
それを私はねじ伏せた罪悪感。自宅に居たいと言うのに追い出す必要は無いだろうと思うけど自分が限界なんです。

私は昔から息子が家に居るのがとっても嫌なんです。
だけどすごく耐えて来た思いがすごくあります。
勉強は良く出来ましたがそれに付随して私や妹を振り回す。
風呂時間、食事メニュー、、全て今まできちんと合わせてやって来た限界が去年だったみたいで、実は先程息子にそれをぶちまけてしまいました。
医学部の勉強なんてとてつもなく大変なのに、朝5時から起きて自分のリズムで勉強してる息子を私は支えてあげられるレベルの母では無いということです。
予備校でも、親が一体にならなければ合格は無理だと言われ、周りの親は一緒になってやる気を出しているのに私は自分の事ばかり。

しんどくてしんどくて堪りません。
どなたか叱咤激励して下さいませんか?
勝負はあと半年です。
娘の受験もあるし、頑張らなければ。


悩める二浪母さんに
みなさまアドバイスお願いします!


カテゴリー: 子育て
スポンサーリンク

息子と一丸となって、受験に向き合わなければならないが… への32件のコメント

  1. はなにゃんこ より:

    お子さんがお二人とも受験生とは、金銭的にも精神的にも大変な一年ですね。

    受験生の親として、受験する子どもの衣食住のサポートをする、学校や予備校など金銭面の負担を担う、精神的に追い込まない言動を心がけることは大切かと思いますが、一番はお母さん自身も好きなことに打ち込んで笑顔で過ごすことだと思います。
    矛盾しているようですが、やはり落ち着いて勉強するには家庭環境の良さは重要で、家庭環境にはお母さんの精神状態が大きく関係していると思うからです。
    二浪母さんは息子さんの衣食住のサポートも細かくして、高い予備校代を捻出して、言動にも注意されてきたのではないですか?
    きっと心が疲れてしまったんです。
    自分のほっとする時間や夢中になれる時間が、なさすぎたのではないですか?
    まずはお友達とのランチからでも。
    一番お金がかかる時期なので旅行は難しいかもしれませんが、ちょっと町まで足を伸ばしてみたり、市内のイベントに行ってみたり、喫茶店でのんびりしたりしてみませんか?

    夏休み、おうちで勉強をがんばる娘さんにはお昼ご飯を用意してあげるだけでいいです。お母さんは出掛けてください。
    そしたらたまには自習室に行かずにお兄さんが家で勉強しても気にならないのではないでしょうか。

    どうか二浪母さん自身が楽しいと思えることを優先して、サポートをがんばりすぎてしまったご自分にご褒美をあげてください。

  2. まるしぇ より:

    「予備校でも、親が一体にならなければ合格は無理だと言われ…」
    に惑わされていませんか?
    こんなの不合格した場合の彼らの逃げ道でしかないですよ。
    親が放っておいても、やる子はやります。
    勉強するな!と親に言われたってしたい子はとことんします。

    二浪ということは19~20歳前後の息子さん?
    もう親が育てるという段階ではありません。
    信頼して任せる。そういう年齢です。
    家にいたいなら追い出さなくとも、いさせておいたらいいと思いますよ。
    べつに大音響で音楽を聴いて、妹さんの邪魔をしているわけではないのでしょう?
    息子さんが嫌だったら、既出で書かれていらっしゃいますが、
    あなたが外出すればよいのです。
    始終スタンバイしてケアしてあげなければ飢えたり、
    困ったり、病気になる時代ではないです。

    ちょっと前、兄弟全員を超難関大学に合格させた有名なお母さまが
    よくテレビに出ていらっしゃいましたが、
    あの方がやっていらしたのは、母親業とはまた違う仕事です。

    親が子供にしてあげられる最大のことって、
    彼らが1人で生きていく力をつけるサポートをしてあげることではないでしょうか?
    早い子はもう社会人としてやっている年です。
    あなたが罪悪感を感じる必要は無いと思います。
    落ちたら約束通り、諦めて違う道を進んでもらう。それでいいのでは?
    100%の受験サポートより、100%の信頼をお勧めします。

    • じゅん猫 より:

      私も同感です。
      子供の大学受験の経験がないので、えらそうな事も言えないのですが…
      今ってそういうのが普通なのですか?
      おにぎりでも何でも作って置いて、自分の都合で勝手に食べれば良いんじゃない!と、思ってしまいました。
      子供よりも親の方が心配です。
      大丈夫ですか?
      ストレスを溜めすぎないように、発散して下さいね!

  3. 匿名 より:

    私はまるしぇさんとは逆の考えで、容赦なく予備校で勉強するように追い出したらよいと思います。罪悪感とか感じる必要ないですよ。最初からそういう約束で通わせているんですから。

    朝ご飯を食べさせたらそのまま予備校に行く。高校までの勉強と同じリズムでやらせてよいと思います。高校生だったら学校があるのに自宅で勉強したいなんていうのは認めないですよね?それと同じでいいと思います。
    時間を決めて、朝から夕食前までは予備校で勉強。夕食後は家で勉強。それでいいのでは?

    もし経済的に余裕があって、息子さんが家にいるのが精神的負担になるなら、半年部屋でも借りて通い妻ならぬ通い母という手もありますが。。。

    自宅の方がはかどるとかそういう理由なのかもしれませんが、もう20歳になる大人なんですから自分の都合ばかり通ると思うのは間違いですし、どうしても予備校での自習が嫌というなら私なら予備校ももう行かせません。お金も出しません。

    受験生だろうがなんだろうが、親の家に住んでいる以上、親の都合に合わせる必要があるのならばそうすべき。
    妹さんの受験とか、相談者さんの息子さんへの気持ちとかは別の場所に置いといて、約束は約束。ここで甘やかして家での学習を認めるのではなく、追い出して叱咤激励すればいいと思います。

    • その田その子 より:

      私も同じ考えです。
      ランチの予定がある日ならともかく、お子さんのためにお母さんが毎回わざわざ外出する必要はないと思います。
      小さい子や反抗期ならいざ知らず、それなりの年齢で約束事したなら守るべきことは守らせるのが親の教えや愛情でもあると思います。
      医学部受験が親と一体にならなければいけない、とする場合もあるでしょうしそうでないご家庭もあるでしょう。
      すでにお母様は息子さんの高校受験、大学一回目受験とサポートしてきたのですから、今回はお嬢さんに徹してもいいのでは。
      予備校の自習が嫌なら行かせないという強気で行かないと(きっと本気ではないと察します)、息子さんのやる気もお母さんの健康状況もどちらにも悪い影響があります。
      もう十分サポートはしたと思うので、今は息子さんに対して必要なことだけをしてあげて、ご自分を責めるのはやめたほうがいいと思います。
      今厳しい対応をしても心底に愛情があればきっと分かり合えます。
      分かり合えないならそこまでの縁だったと。笑
      頑張ってくださいね。

  4. 辛口です より:

    社会人の娘がおります。
    娘は高校・大学受験をしましたので、私もかつて「受験生の母」でした。
    私自身も高校・大学受験しております。

    つねづね疑問なのですが「受験生の母」って何を頑張るんですか?
    受験するのは本人です。親は受験しません。
    半年後は本人の勝負の時で、親は何も勝負しないです。
    子どもの受験で自分のことのように夢中になる親に疑問を持つと同時に、子どもがかわいそう、と思ってしまいます。

    息子さんが家にいるのが以前から苦痛。
    それは家族を振り回すから。
    とのことですが、何から何まで手をかけてきたから(過保護だった)ではないでしょうか。
    親子の距離感が近すぎるんです。
    そうなったのは親の責任です。
    昨年子育ての限界を感じ・・とのことですが、限界を感じなければいつまで子育てするつもりだったのでしょう。

    親にできるのは、学費を用意して衣食住を整え、遠くから応援する。
    そしてお互いに信頼し合う。
    それだけだとおもいます。
    自宅で勉強するも、予備校で勉強するも、決めるのは息子さんです。
    親が勉強するわけではないのですから。

    まずは子どもばかり見てないで、自分の時間は自分のために使ってください。
    罪悪感と怒りでいっぱいのご様子ですが、子どもを凝視してるからそうなるんです。
     子どもは見てると怒りたくなることばかりするから、
     片目で、それも薄目で見るくらいでちょうどいい。
    むかし誰かに聞いた言葉です。

    • とまと より:

      私も同じ意見です。
      受験生の母って、何もすることはないと思いますよ。
      小学校や中学校の受験であれば、
      親の受験と言われるのもわかりますが、
      高校以上は、本人に任せるしかないのでは?
      自分自身も、親は何もしていません。
      家で割り当てられていた手伝いも、
      受験生だからと免除もされませんでしたし。

      我が家は、子供2人の受験が重なった年もありました。
      また、上の子は一浪しましたので、予備校にも通いました。
      予備校に行くという時に、お弁当を作ってくれと言われれば
      作りましたけれど、ない日もありました。

      夏期講習はとられていますか?
      そうしたら、嫌でも予備校に行きますよね。
      自習室の席を確保するのも大変らしいので、家で勉強するのもよし、
      部屋だと誘惑が多いらしいので、予備校に行くもよし。
      そこに親や兄弟は関係ないと思います。
      母親の日常の行動には何も変わりはないですよね。

      こども2人、塾や予備校に幾つか行きましたけれど、
      親に関わりが大切なんていわれたことはありませんでした。
      そもそも予備校に親の面談?ありましたっけ?
      そんなこと、どんな状況で言われたのか気になりました。
      首都圏の大手予備校に通わせましたが、周りでも聞いたことありません。
      医学部コースが特別じゃないと思いますよ。

      もう、こどもじゃないんだから、そんなに世話やかなくてもいいでしょう。
      ただ、受験生がいると、いつも気がかりではありますよね。
      その気持ちはよくわかります。

    • ふー より:

      来年、上の子が高3・下の子が中3になるというだけで今から勝手に憂鬱になっている私です。
      みなさんのご意見にハッとさせられました。上の子の高校受験の時、私は何をしたのだろうと思い返すと…ひとりで気を揉んでいただけです笑
      ひとりであたふたと先回りして心配して。集中できていない子どもにハッパかけて。ほんと余計なお世話しかしていませんでした。
      来年は同じ轍を踏まぬよう心掛けたいと思います。

      相談者様もうまく心にの力を抜いてお子さん方を見守れますように。

  5. ここ より:

    頑張り過ぎて疲れちゃったんじゃないですか?
    息抜きして、息子さんと距離をとった方がいいと思います。
    他の方もおっしゃっていますが、大学受験で親ができることは金銭的な準備と、本人に自分の人生を任せることだと思います。
    今、息子さんに過保護にすると、本人も親子関係もダメになりそうです。

    それにしても、予備校の言うことにはビックリですw
    会社を辞めるのに親が連絡してくる新入社員は、こういう環境で育ったんだろうなって思ってしまいました。

  6. 匿名希望で。 より:

    高3の夏まで部活していた子が一浪して合格した大学なら本人のレベルに合っていると思いますが、一年間 上げ膳据え膳で親にフォローしてもらって不合格の子が二浪して合格しても 入学した後 勉強についていく のが難しいと思います。掃除・洗濯・食事の支度 全部 自分でしながら大学に行っている子もいます。お母さんが上げ膳据え膳 する年齢ではありません。夏休み予備校の自習室に行かせる事にお母さんが罪悪感を感じる必要はありません。今年度は妹さんのフォローをしてあげましょう。そして 妹さんの受験が終わったら ずっと母親業を頑張って来た ご自身を充分 労わって下さい。
    甘やかすばかりが愛情ではありません。厳しくするのも愛情です。お子さんの自立の為に。

  7. 東雲 より:

    息子さんと一丸になる必要はないと思いますよ。受験はあくまで息子さんの問題なので、基本的には普通に暮らされていいと思います。我が家も含めて、周囲に医学部に進んだ人間が何人もいますし、難関という大学受験をした人間も何人もいますが、基本的には親は関係なかったです。(心配したり、合格後の学費は出してくれましたが)。

    息子さんが予備校で勉強したくないという理由はなんでしょうか?(前期は終わったということなので、授業無しの自習室利用ということですよね?まさか授業自体に出たくないというわけではないですよね?)二浪しているので後輩に会うのが嫌だとか、人間関係に問題があって勉強に集中できないとか?そうなら図書館に行って環境を変えるという方法もあるはずですよね。

    ただ、一番まずいのは、自宅からは出たものの予備校にも図書館にも行かず(つまり勉強せず)無為に夏がすぎてしまうことだと思います。受験の失敗が原因でそのまま引きこもりになった例が知人でありましたので。それは二浪母さんも望んでいらっしゃらないと思いますので、今一度ご主人も含めて話し合いをされてはいかがでしょうか。

  8. ざうるす より:

    一生懸命にお子さんのどんなことを見逃さず、いつも自分のことは置いておいて、走ってこられたんだと思います。
    皆さん、いろんな意見がおありですが、ご主人はなんとおっしゃっているのでしょうか。
    私方にも医歯薬系に進んだ息子がおります。
    息子が高校に入学した時、担任の先生がこんな話をされました。
    義務教育が終わったらもう全て自分で決めてやらせる、なぜなら、本人の人生だから。
    これは、ほとんどのご家庭が思うことですが、まだ未熟であること、世間を知らないこと、何も知らないのだ、ということを忘れないでください。
    それには、常に子供の様子をさりげなくみていること、さらに、進路については何度も話し合うことを忘れないでください。◯◯になりたい、だから、◯◯大学に行きたい、だけではなく、本当に努力(勉強)できるのか、そして得意不得意も含めて、本当に自分にあってやっていけるのか、そこまで考えてください、と。
    厳しく、現実的なアドバイスと受け止めました。
    息子さんは医学部に進むことを決めていらっしゃいますが、どこの医学部でも良いではなく、◯◯大学でなければならいと、ともいう考えなのでしょうか。
    そうであれば、それは良い意味ではプライドや自信ですが、現在の自分の本当の学力がわかっていないということにもなりませんか。
    世の中には、出身大学に誇りを持っていらっしゃる方もいますが、医師を目指しておられるなら、どこの医学部のある大学に進学しても、国家試験に受からなければ、医師にはなれません。
    超超超難関大学の医学部でも、そうでなくても、国家試験に合格すれば、医師です。
    また、今現在、二浪母さんさんは、心身共にかなりお疲れと思います。
    娘さんの受験と重なり、行き詰まっていませんか。
    ご主人を交えて、ご家族でもう一度話し合いをされてはいかがでしょうか。
    家族は共同生活でもあると考え、全てが自分のためには回らないことも話し合ってはどうでしょうか。
    もし、自宅で勉強したいなら、受験生である前に、他の家族もいることを考える、ことではないでしょうか。
    皆さん、過保護、甘やかしなど、意見はあると思いますが、二浪母さんさんは、一生懸命にやってきたからこそ、と思います。
    たまには、ランチ、ショッピングなどの気分転換、わかっていてもできない性格ではありませんか。
    食事も気を配って作っていませんか。
    お掃除、洗濯、家事も一生懸命やっていませんか。
    大事なことですけど、出前、買ってきたお弁当、お惣菜でも、いいんです、食べればいいんです、あるだけいいんです、親がいて買ってきてくれるだけいいんです。
    掃除も毎日でなくてもいいんです。
    思いつめて考えて、それでも息子さんのことが心配なの、わかります。
    でも、、必ず、息子さんも娘さんも、ご主人も二浪母さんさんも、この経験が良いことにつながると思います。
    みんなで向き合うことで、来春、息子さん、娘さんがどんな風に進学しても、それがいちばん良い結果と思えると思うからです。
    ご主人もお忙しいところ思いますが、話し合ってみてください。

  9. うみ より:

    家族一体になるという解釈の方向が、小学受験か中学受験かのような感じなのかなという印象です。
    高校受験や大学受験で親がやる事等、ご飯を用意をして、勉強できる環境を用意して、受かるかどうだかハラハラしているだけだと思うのですが・・・。
    『息子さんが』『自分の意志で』行きたい学校に受験したいのですから、もうちょっと勉強の内容も息子さんのやりたいようにやらせてあげても良いと思います。遊んでようが誘惑に負けようが受験は今年で最後だと言っているのですから、落ちても何でもいいんじゃないですか?
    自己責任ですよ。ましてやもう20歳ですよね?
    家で真面目に勉強しているのであれば娘さんの刺激にもなるでしょう。
    このまま行ったら「憎い」となりそうな気もしないでもないです。
    もっと肩の力を抜いていきましょう。

  10. 二浪母 より:

    皆様、親身なアドバイス有難うございます。

    私も、私自身のやりようのないストレスは一体何なのかよく分かっていません。
    去年もよく一人で外出しておりましたし、去年の時点で息子はある程度臨機応変に自分の事はする様にしつけて来ました。
    なのに、私は息子の大学合格をずっとゴール地点だと思って耐え忍んでいる様な気持ちになっています。まだか・・・まだか・・・と。
    去年はかなりの確率で合格すると思っていた医学部を落ち、父親から「医学部受からなければ合格した他学部の私立に行く事」と強く言われていたのに、「あと一年頑張らせてほしい」と泣きながら言われました。
    その私立は医学部では無いですが、知名度もありますし医用工学部と言って、一応医療に携われるのでまさか行かないと言い出すとは思わず、私は「あと又一年も耐えなきゃいけないの?!」と狂いそうになりました。
    この時点で私は医学部に我が子を合格させるような母親では無いんです。
    一体何が親の私がしんどいのか?しんどくてたまりません。

    なので息子はずっと父親から監視された状態で2浪中勉強を頑張っており、毎朝きちんと自分で朝5時に目覚め、スケジュールに沿った勉強をこなし、予備校前期の期間は毎日朝妹より早くに家を出ていたんです。

    なのに、夏期講習期間になると、入っている授業が一日たっぷりでは無いので、わざわざ予備校に早くに行かなくても、その時間まで家で勉強したい・・と言うのが理由みたいです。

    だけど、私の恐怖はここなんです。なぜそれがこんなに嫌なのかよくわかりません。
    妹はまだ夏休みになってないから朝8時前には学校に行くので、一緒に家を出て欲しいと息子に言いましたが、正直夏休みずっと予備校に行って欲しい。
    息子が家に居るとしんどいんです。
    娘と居るのとは格段に違います。
    父親から強く念押しされていて、「2浪までさせてもらうんだから、お母さんに一切負担をかけない。自分の事は自分でする。お母さんが遊びに行く時くらい自分で飯つくれ」と言われてるので、息子は完璧にする。
    それどころか、私のご飯まで作ってくれる事もあるし、たまにマッサージもしてくれて、妹に勉強まで教えてくれて、自分の勉強も過酷。
    この息子が夢である医学部に向かって頑張っているのに、2浪くらい、あと少しなんだから堪えてあげるのが母親ではないか??と思う気持ちがあって、私はその自分の雁字搦めで弱っている様です。
    昔から息子を育てるのがしんどかったと書きましたが、決して素行が悪い訳では無く、神経張りつめるんです。
    何事も頑張り過ぎる子で、尊敬に値する生き方をしている我が子がとってもしんどい。私はそんなに完璧人間では無いので、私が育てた子では無い様な気持ちです。
    だから、娘となら家でお菓子食べながら寝転んでテレビを見れますが、息子が帰宅した途端私は座り直すくらいです。それで息子から文句なんて言われないのに、私が勝手に息子に気を使って、息子の母である限り私も素晴らしくなくてはならない!と思っている様です。何度も何度もこんな馬鹿らしい事考えなうて良いんじゃないか、私がどれだけダメ母になっても息子は大丈夫だよと思ってても外出した際帰宅が遅くなりそうな時は震える様な感覚になります。

    だから、ずっと言い続けて来た事が「あなたが高校卒業して、大学生になったらお母さんは、お母さん止める!それまではきちんとする!」と宣言しているのですが、それがまだ来ない。
    本当は今その状態になってる筈なのに、もう燃料切れです。

    予備校にわざわざ行かせるのはなぜか考え出したらおかしなことを言ってるのは私の様な気がしていましたが、お返事で高校生活と同じ様に強制的に予備校に行かせれば良いと言われ、私が問題なのだと再認識しました。
    これを甘い親だと言われればそうかもしれませんが、私は息子と2浪前にした約束も破らせてOKにしてしまう親になる所だったんですね。そこはきっちり守らせて良いのだと分かりました。
    強制する理由は「妹の受験があるから」「あなたが家に居ると妹の自由が無くなるから」と言っていましたが、それも嘘なんです。息子が居てもそんなに関係無い。ただ、私が気を使うだけです。
    2浪前に隠さずそれははっきりと言って「夏休み期間も予備校に行く事!」と約束したのに、私はまたグダグダと言い訳してました。
    約束だから!で良いんですよね。

    私はきっちりやって来た母親だと書いて下さった方がいますが、私は気持ちだけ大変だった母親です。
    家事や育児をルンルン気分でやった事もないし、頑張った事もないです。常にストレスだと感じていて、ずっと限界でした。
    正直、息子さえ巣立ってくれたら娘とダラダラ過ごしたい。主人は出張だらけだし、早くダメ人間に戻りたいです。

    長文になり読みにくくしてしまって申し訳ありません。
    書いているうちに、吐き出してるみたいになってしまいました。申し訳ないですが、とってもすっきりした気分です。
    こちらの方が優しくアドバイスして下さったからだと思います。身近にこんな人達がいたらな・・・・
    皆様ありがとうございます。

  11. 茶々 より:

    ずいぶん前に「受験生の母」やりました。
    全くストレスなかったです。
    だって受験は本人の問題ですから。
    私の問題は費用の準備。母子家庭だからこれは頑張った。

    ほかの方のご意見と返信を拝見して、ごめんなさい、やっぱり過保護だなと思ってしまいました。
    >去年の時点で自分の事はする様にしつけてきた・・
    これって小学生の時に終わらせることです。
    >大学生になったらお母さんをやめる・・・
    遅くとも高校卒業で終わらせるべきてす。

    受験するのは息子さんで息子さんの人生です。
    放っときましょう。
    彼は彼、自分は自分です。

    そもそも家でなく塾で勉強とする約束は、ご自身の感情をぶつけて息子さんに「約束させた」ものだと思います。
    息子さんの受験をサポートする(これもどうかと思うのですが)と言いながら、自分のための決めごとです。

    息子さんを見てると苦しいのも、娘さんとダラダラしたいのも、どちらも子どもへ依存心です。
    自立しなくてはならないのは、まずご自身だと思います。
    ご自身を子供から突き放してください。
    今が子離れの最後のチャンスです。

  12. min より:

    私も二浪母さんと似た経験をしました。
    約束をしても、いろいろな理由を並べて守れないのも一緒です。親は強い息子のこだわり(受験校や生活リズムなど)に巻き込まれ、子離れをしようとしたら「あの時、お母さんがもう少し支えてくれたら合格できた」「あの時、ぼくはすごく頑張っていたのに家族に見放された」と、逆恨みに発展しました。その後、受験の失敗を全て親のせいにして生きていきました。それを燃料に親への依存が増加し、親も繰り返し息子から恨みを言われて「自分のせい」だと思い込むようになりました。
    それがどんなに理不尽なことでも、息子が本気でそう思っているので解決するのは難しかったです。恋人や夫婦なら逃げればいいけれど、親子だと本当に難しいです。成人しているから突き放してもいい、と言われても難しかったのを覚えています。
    私も何度か親子依存で精神科や相談所に向かいましたが、息子にその自覚がないので解決しませんでした。そういうタイプの子は突き放すと、ますます依存してきます。特に母親は自分の身体の一部のように依存します。概ね発達障害が疑われます。
    我が家はあれから20年経ちます。受験を失敗した息子は、現在は強迫性障害で通院しています。これは発達障害からの二次障害です。
    息子さんの執着や強いこだわりは、発達障害に起因しているかもしれません。感情的になるとますますこじれます。冷静に時には聞き流す、時には姿を消すことも大事だと思います。あまり助言にならず、見当はずれだったらすみません。

  13. 鯖缶 より:

    二浪母さん、こんにちは。
    私が二浪母さんの相談の文章を読んで一番気になったのは「私は昔から息子が家に居るのがとっても嫌なんです」です。相談に関しては、息子さんや娘さんの受験についてなんて「おまけ」みたいなものだと感じます。受験勉強は子供がするしかないし、受験も子供が受けるしかないので、親の役割は見守る事しかないと思います。
    二浪母さんの息子さんに対する感情を「整頓」していくのが先決なんじゃないのかと思います。

  14. PPP より:

    こんにちは。
    相談文とコメント欄を読んでて何となく腑に落ちない点があるんですが、相談者さんはもしかして受験とか関係なしに息子さんが生理的に大嫌いなんじゃないでしょうか?
    ネットの向こうから見てるだけの者が言うのもなんですが、何となく常軌を逸してる感もありますし「なぜ自分はこんなにも息子が嫌いなのか」を、専門家のカウンセリングを受けるなりして一度自分の中で総括してみる必要があるかもしれません。
    受験終わって家を出て行った後も、生物的に母親である以上、息子もまた生物的にあなたの息子であることに変わりないのですから。

    • PPP より:

      別に息子の事が嫌いなのが悪だと言うつもりはなく、ストレスで倒れないためにも自分の中で俯瞰・客観視する必要があるんじゃないかと思ったまでですので、念のため。

  15. 匿名希望で。 より:

    私も、私自身のやりようのないストレスは一体何なのかよく分かっていません。
    息子が家に居るとしんどいんです。
    娘と居るのとは格段に違います。
    息子の母である限り私も素晴らしくなくてはならない!と思っている様です。

    最初は 子育てという努力をしたのに
    合格(自立)という結果の見込みが つかない事が
    ストレスなのかな と思いましたが、

    どうやら それだけではない様ですね、

    娘さんと居る時は仲の良い友達といる様なのに、
    息子さんと居ると 生活習慣の違う
    口うるさい姑と同居している様な気持ちになるのでは ありませんか?
    息子さんが、ストイックに真面目に努力している生き方が、
    もう少し 緩やかにのんびりとした生き方をしたいお母さんと違う事が
    ストレスなのでは ないでしょうか?
    なるべく早く別居 出来る様になると良いですね。 そして それまでは 朝食夕食付の下宿人くらいの感覚で自立させる事です。
    ☆親子でも 気が合わない 、相性が悪い事はあります。その事を気にする必要はありません。☆
    いずれにしても、息子さんへのサポートは
    もう 充分過ぎるほど しています。
    合格するまで 平日 午前8時から午後6時まで
    予備校 図書館 ファミレスで 勉強してもらいましょう。混雑時以外の時刻ファミレスで勉強している学生さん 良く見かけますよ。

    繰り返しになりますが、
    お母さんが上げ膳据え膳 する年齢ではありません。夏休み予備校の自習室に行かせる事にお母さんが罪悪感を感じる必要はありません。今年度は妹さんのフォローをしてあげましょう。そして 妹さんの受験が終わったら ずっと母親業を頑張って来た ご自身を充分 労わって下さい。
    甘やかすばかりが愛情ではありません。厳しくするのも愛情です。お子さんの自立の為に。

  16. 二浪母 より:

    皆様再度ありがとうございます。
    文章でも出てしまうものなんですね・・・
    私は息子が憎いです。そして大好きです。自分じゃどんなに努力しても見られなかった世界を経験させてくれた自慢の息子であり、この子のせいで私は沢山の物を失いました。
    今でこそ息子は穏やかになりましたが、それはそれは壮絶な思春期を経験しております。
    ご指摘にありましたが、私も息子の発達障害を疑って検査を受けた事がありますが、よく言われる発達に片寄りなんて無いし、何もかも出来すぎるほど出来る子なので「頭が良すぎる子だね」と青年精神科の医師が苦笑していました。
    友達も沢山いるので、その後穏やかになってからは何の問題も無く過ごして参りましたが、私の腫物に触れる様な生活はずっとトラウマのまま続いています。
    でも思春期に荒れる前からずっと謎のしんどさがある子でした。
    こんな事言っても理解してもらえないと思いますが、とにかく人懐っこい子で可愛いんです。どこに行っても可愛がられる子なんですが、これを「人との距離感がわからない子」と言うのではないでしょうか。
    小さな頃から私はこの子の可愛さに答える様にずっと相手していたし、笑顔が見たいと思っていたし、傷つけてはダメだと思っていました。
    この子が壊れそうになった時期は、絶対にダメにしないと誓いました。
    私の全てをかけてもこの子をこのまま廃人にしないと思ったのですが、許容範囲を超えていて、何度も限界を迎えています。

    だって、私は母からここまでの愛情をもらった事が無いし、私は母にこんなに苦労させていませんから、もう無理だと思いました。

    そこからはい上がってここまで来た息子です。息子も大変だっただろうし、私も大変でした。
    だからあともう少しなんです。
    なのに、今がとっても辛い。去年で終わっていたはずなのにと思うともうペチャンコです。
    息子が大学に行ってくれて、勉強頑張りつつ夢を叶えて、娘が高校に合格して友達と楽しく毎日過ごせて夢のトリマーになれたら私はもう死にたい。
    もう生きるのがしんどいです。

  17. K H より:

    子どもの大学受験、そりゃあ ストレスです。子どもの問題 とは、当時は、思えませんでした。
    お母さんは、好きな事しましょう なんて、気分には なれません。友人と喋ってても、ランチしても、 気は晴れません。子どもの受験時なんて、とにかく 何をしても、いつでも どこでも 気になります。
    とにかく、大学受験が、終わり、進学しないと、気持ちは、落ち着きません。
    相談主さんは、息子さんが、二浪、娘さんも、高3のダブル受験。本当に お辛いですね
    医学部受験は、大変です。今や 医学部は、人気で、超難関になりました。 息子さんの ストレスや不安も いっぱいでしょうね。
    お母さんもイライラしたり、不安だったり、大変でしょうが… みんな言わないだけで、そりゃあ かなりなストレスを受けてます。
    かくいう私も、安定剤を飲んだり、占いに行ったり、毎日毎日 不安や心配でしたが、どうにか やり過ごしました。
    どうか、相談主様も、なんとか 受験まで、のりきってください。
    我が家の長男は、医学部一浪しましたが、ダメで、その後も色々ありましたが、今は ちゃんと働いています。
    次男は、医学部行きましたが、勉強大変そうです。

    受験時は、親も子も、色々あります。
    それも 家族だからこそ 甘えたり 叱ったり、泣いたり、笑ったり… 成長の時だと思います。

    私は安定剤を飲んで、ずいぶん 楽になりました。
    カウンセリングや薬に頼るのも、時には ありです。

  18. より:

    二浪母さま
    日々本当にお疲れ様です。

    二浪母さんのご相談やコメントを拝読して、二つのことを思いました。

    一つ目は、これまで息子さんのためにものすごく頑張っていらして、それで心身の疲労がピークに来ているのではないですか?私も息子のことで心配事があり、かつ息子をサポートしていかねばと自分で追い込んでいる部分もあり、この春自分の心の許容量を超えたようで、疲れ切ってしまいました。(今少しずつ回復しています。)
    ですので、無理せず、上の方々がおっしゃっているように、好きな時間を持たれたり、カウンセリングに行かれたり、時には薬に頼っても良いかと思います(私もピーク時は薬を検討しました)。
    頑張り過ぎたんですよ。どうかご自身を一番大切にゆっくりなさってください。

    そして2つ目です。
    また私事で申し訳ないですが、私は結婚してから主張の強い夫に合わせようとかなり努力して来ました。でも最近やっと気付いたんです。「私は自分のペースで生きたいんだ。私は、夫のようにせかせか生きるのは合っていないんだ」と。それに気付いてから、夫のペースや主張に振り回されないよう意識し、自分が心地よいペースを保つようにしています。夫にもそう宣言して。
    すると、気持ちが楽になってきました。なんだかこの数ヶ月、本来の自分に還る旅をしているような感覚です。
    ですので、もしかしたら二浪母さんも、息子さんの真面目で頑張り屋なペースにご自身を巻き込んでいるのではないでしょうか?
    でも、気(?)真面目で頑張る息子さんは息子さんの生き方をしているだけです。そして、もっとのんびりしたいのは二浪母さんの生き方です。それらは脳の性質だったり、これまで培って来た価値観だったり、習慣から来る、その人の生き方なのだと思います。
    ですので、お二人ともそれぞれに合った生き方・暮らし方をすれば良いのではないでしょうか?息子さんは息子さんらしく生きているだけ。二浪母さんもご自身が心地よく過ごせる暮らし方をされて良いんですよ。息子さんが勉強していたって、TVを見てのんびりされて良いんですよ。現役のドキドキピリピリした受験でもないですし。(もし息子さんが生真面目で頑張りすぎる方なら、二浪母さんがのんびり楽しまれることで、彼の気持ちも楽になるのではないかと想像します。)

    二浪母さんの今の課題は、息子さんでも、性格の合わなさでもなく、ご自身の生き方と息子さんの生き方を分けて考えられることかな、と思いました。そして、ご自身のあり方に目を向けることかと。
    常にご自身の内側に「今どうしたいの?どんな風にありたいの?」と聴く習慣を付けられると良いかと思います。

  19. 匿名 より:

    医学部の受験生云々よりも、息子さんとの親子関係に問題がありそうな・・・
    そして、同じ子供さんでも、娘さんとは距離感が随分違うようですが・・・
    受験生の親はしんどいです。特に国立医学部は最難関なので大変です。うちも医学部受験だったのでわかります。
    いろいろあったようですが、子どもさんたちは今夢を持って頑張っておられるようですし、お辛いと思いますが、過去のことは思春期だったんだからと思って、自分の気持ちに折り合いをつけてできる限り息子さんも娘さんも同じように応援するしかない気がします。受験が終わってみたら、それぞれ一回り大きくなっていると思いますよ。そして、親子関係も違った形でよくなっている気がします。
    重ねてになりますが、ここは踏ん張りどころです。受験にはいつか終りが来ます。みんなが幸せになるためと思って、ここは自分自身をあの手この手で励ましながら頑張ってください。結果はともかく、自分が後々後悔しないためにも頑張ってください。陰ながら応援しています。

  20. ソワレ より:

    大学生二人の母です。
    それなりに受験を経験してきました。
    勉強は子供のする事ですが、親もノータッチのつもりでもやはり影響は受けますね。
    何より子供のメンタルに振り回される。
    子供は親にそうやって甘えているし、親はやはり子供がかわいいのでメンタルが荒れていたら注視してしまう。
    苦しいもんですし、終わると親子ともホッとします。
    確かに、同じ我が子でも育てやすい事てのかかる子はいますね。
    壮絶な思春期と言うのも、想像がつきます。
    親の出来る事には限りがあるので、ある程度の所で線を引くのも良いのではないでしょうか。
    私も、出産から後は仕事も辞めて子供の習い事から受験など、子育てに集中してきましたが、もっと頑張って来られたのだと思います。
    今、上のお子さんを理詰めて従わせることが出来たのなら、それもお子さんの成長なのではないですか?
    そして予備校で勉強するは効率として悪い訳もないでしょうから、お子さんに不利益を押し付けている訳でもないですよね。
    今までのご自身の努力を評価して、理論的に間違ったことをお子さんに要求していないと思えるのなら悩む必要はないんだと思います。
    きっと、罪悪感があるのは、ご自身も仰っている通り、上のお子さんへの負の感情のせいなのでしょうね。お辛いでしょうが、ご自身で折り合いを付けられるしかないと思います。
    私なら、息子さんに「キツイことを言ってゴメンね。でも、あなたの勉強にとって一番の事を考えている」と愛情を言葉で伝えると思います。
    いくつになっても、子供は親からの愛情は心の底では嫌がらないと思います。
    特に、二浪母さんのように愛情をかけて子育てなさったご家庭ならなおさらだと思います。良い春をお迎えになれると良いですね。応援しています。

  21. n0-ko より:

    息子さんが苦手などいろいろアドバイスがあるようですが
    医学部を目指しているということは将来お医者様を目指しているんですよね。
    医学ぶって6年間ですし、このあと「国家試験」という大学入試よりも
    大変な大きな大きな試験がまだ残ってますよ。
    めでたく入学された後でも一般的な大学生よりももっともっと研修やら
    なんやらと正直大変です。
    それこそ家族の協力がまだまだ必要です。
    そこまで想像されているでしょうか?
    入試が終わったからはい終了!とはならない気が……

  22. わかります より:

    二浪母さん

    はじめまして。
    そして本当にびっくりしました。
    優秀な息子さんへの二浪母さんの気持ち・・・自分も同じでした。

    >私は息子が憎いです。そして大好きです。自分じゃどんなに努力しても見られなかった世界を経験させてくれた自慢の息子であり、この子のせいで私は沢山の物を失いました。
    >今でこそ息子は穏やかになりましたが、それはそれは壮絶な思春期を経験しております。
    >ご指摘にありましたが、私も息子の発達障害を疑って検査を受けた事があります。
    >友達も沢山いるので、その後穏やかになってからは何の問題も無く過ごして参りましたが、私の腫物に触れる様な生活はずっとトラウマのまま続いています。
    >でも思春期に荒れる前からずっと謎のしんどさがある子でした。

    全て同じです。自分が書いたのかと思うくらいでした。
    異なる部分は息子ではなく娘で、優秀さを発揮したのは勉学以上にある分野でした。今はその才能を生かした仕事に就き家を出ています。大学は家から通いました。
    私も彼女が進路を決めて大学に進学するまでは本当につらかったです。
    周りからは優秀なお嬢さん、と言われ私の気持ちをわかってくれるのは主人と下の娘だけでした。(一度私が精神的に壊れたので主人が理解者になりました。妹は姉ふるまいを見て母の苦しみを理解してくれました)
    今は家を出てたまに帰ってくるだけですので普段は心穏やかです。3日間くらいなら彼女の好きなものを作ったり、仕事の話を聞いたりと いいお母さんできます。
    しかし仕事の都合などで(拠点のひとつが近くにあります)1週間とかずっといられると昔の感覚がよみがえってきてイライラします。
    一生そうなんだろうなぁと思います。
    幸い下の娘が私の気持ちを理解してくれて愚痴のようなものを受け止めてくれるので友人にも話さなくなりました。

    あまりにも自分に似た心境の方の投稿をお見受けしてしゃしゃり出てきてしまいました。
    こんな親子もいるんです。
    お辛い気持ちわかります。
    たぶん今が一番おつらい時だと思います。
    進学して息子さんが自分の世界を確立していくと少しづつですが楽になっていくと思います。
    自分のつらい気持ちに蓋をしすぎずに、乗り切ってください。
    ご無理なさいませんように。

    子どもも自分も立場や考え方が少しずつですが変わります。
    きっときっと楽になる日が来ます。

  23. ふー より:

    相談者様のお返事、読みました。なるほど、受験以前の問題で苦しんでらっしゃるのですね。
    診断こそつかなくても、通常の感覚だと理解するのが難しいほんの少しだけ特性を持ったお子さんていますよね。でも誰もが羨む優秀でかわいいお子さん。育てにくさを感じながらも「母親の自分が理解してやらなくでどうする、この子を守り立派な大人にするのは自分の責任」と常に緊張を強いられてこられたのではないでしょうか。心が疲弊しきっている、ゴムが伸びきった状態のようにお見受けします。
    それでもどうぞ「死にたい」なんておっしゃらないでください。医療、専門家の力を借りて心の回復に努めてください。
    お子さんたちの将来の幸せにあなた様の存在は不可欠です。

  24. 中受の母 より:

    二浪母さんこんにちは、子が中学受験生の母です。
    私の子も、受験以前に成長の問題があり随分悩んでいました。受験自体は本人の希望で、塾通いで子供と離れられることに正直安心した部分もありつつ、今まで以上に子供中心の生活に振り回されている自分がいて・・・私も疲れています。本人の意思と比例しない結果、普段の態度、費用、親の我慢、送迎、お弁当、スケジュール管理、学校とのバランス、テレビの音を気遣い、睡眠時間にも気をかけ、通院も各種あり・・・きりがないんですよね。できるお子さんは一人でこなせるそうですけど、我が家はそのタイプではありません。そして親の私も、受験生の母には向いていないと感じています。

    >娘とダラダラ過ごしたい。主人は出張だらけだし、早くダメ人間に戻りたいです。

    よくぞ言ってくださった!私もずーっとそう思っています。こう言い切ってしまうことが人としてだらしないと自覚もしていますが、こんな気持ちを共用できる方がいて本当に嬉しいです。

    ご相談内容の最後、「頑張らなければ」って結んでありますよね。私も同じです。あと半年、あと半年、夏休みが終わったら終わりはもうすぐそこ、と唱えています。親が頑張っても頑張らなくても、受験日はきちゃいますもんね。受験最終日は思いっきり、ダラダラしましょう!!!

  25. 母が苦手 より:

    息子さんと合わない理由を探す必要はないと思います。
    「苦手(では言いきれないとは思いますが)」なことに、良い悪いも理由もありません。

    理由を探そうとするから、どちらかに原因を求めることになってしまい、ご自身の罪悪感にも繋がって、一向に辛さが解消されないのでは、と思いました。
    「ヤダから」だけでいいんですよ。

    他の方も仰っていますが、ホントは、ご自身の「〜したい」が見つかるといいのですが。
    お出かけも、その他のことも、イヤなことの回避のためにしか過ぎない印象を受けました。

    後、どうしても断絶できないのですから、
    時間・距離・遮蔽を心がけましょう。
    接する時は短時間、なるべく距離を保って、間に第三者を入れるなどして直接向き合わない。

    私にとっては、実母がそういう対象でした。世間的にも良い母であり、本当に愛情を持って育ててくれているのもわかっているのにダメでした。弟妹も、母が苦手という私の思いを我儘でしかないといい、私にできる唯一の方途が家を出ることでした。私が20代後半の時、母は亡くなりましたが、その後10年以上経って、相性が悪かっただけで他の何も悪くないと思い至り、やっとわだかまりが消えました。

    家に居ないでくれ、と思うことも、息子さんに主張することも、投稿主さんにとっては必要なことで、その先、どうするかは息子さんが考えて行動することです。
    ご主人含め他の人が理解してくれなくても、共感してくれなくても、貴女に非はありません。
    悪いのは、巡り合わせと相性だけです。
    そこをご自身が受け止めることができたら、少し何かが変わると思います。

    息子さんが嫌いでいいんですよ。

  26. ホワイト より:

    二浪母さま

    こんにちは。
    おつらい気持ちをお察しします。私も息子が医学部を受験し、同じような気持ちになりました。現在、息子は医学部生ですが、浪人時代は息子が家にいるだけで気が重かったです。
    「自宅で勉強がしたい」という息子さんを予備校に送り出すことに、罪悪感を感じる必要はまったくないと思います。二浪すると決めたとき、約束したのだから。
    ただ、気になることがありまして。

    息子さんが自宅で勉強したいと言い出したのは、今まで勉強を頑張りすぎて、息子さんも少し疲れが出てきたからではないでしょうか。
    朝から晩まで、予備校で勉強。医学部の勉強は、本当に大変です。二浪という重圧もあるかと思います。少し気分転 換したくなったのかな、という気がします。しかし、だからと言って、自宅で勉強、というのは違いますよね。
    お母さんへの甘えもある気がします。

    ご主人から、約束厳守ということをもう一度ビシっと息子さんに言ってもらい、息子さんが自分で約束違反にならない方法を考えるべきだと思います。
    また、予備校の先生に相談してみるのもいいと思います。私は、息子に腹がたったときは、夫、それでもダメなときは予備校の先生にも相談しました。自分ひとりだと、おかしくなりそうだったので。

    それと、浪人時代をすごす上で、最も大切なこととして、高校の先生、塾の先生、いろんな方から「規則正しい生活をすること」「自宅勉強はさけること」(予備校、図書館など外で勉強す る)というアドバイスを受けました。ですので、朝、決まった時間に予備校に送り出すことは、息子さんのためにもなります。

    医学部には、二浪、三浪・・・、五浪、再受験生(大学卒業後に受験)、いろんな方がいらっしゃいます。みなさん、親子共々、苦しい状況を乗り越えてこられたのではないかと思います。
    入学後、医学部の勉強は大変ですが、受験のストレスに比べればたいしたことはありません。医師になるという強い気持ちをお持ちの息子さんであれば、受験さえ乗り切れば大丈夫です。

    長い人生でみれば、受験も就職活動ができるのも、ほんのごく一時期。
    医学部受験は、受験と就職活動が同時期にくる感じですので苦労も倍ですが、
    必ず時間は過ぎて終わりま す。

    息子さんは来年、必ず幸せになると信じて、あと半年乗り切ってください。
    辛くなったら、すぐにご主人や予備校の先生にも相談して、どうぞおひとりで抱え込まないようにしてくださいね。みんなの力をかりてください。
    きっと、二浪母さんと息子さんを支えてくれます。

    二浪母さんのご健康と息子さん、娘さんの合格をお祈りしています。

  27. みち より:

    息子さんが嫌いだと思うあなたの気持ち、どうか労ってあげてほしいと思います。

    人の心には色々なものが入っていて、色々な反応が起こります。
    美しくない感情も、矛盾もある。
    それが当たり前なのだと思います。

    気持ちを殺そうとすると、自分と闘うようで、ますます辛くなってしまいますよね。

    まずはあなたが、あなたの味方でいてほしい。
    どんな感情も、自分だけは「そう感じてもいいんだよ」と言ってあげたいと思います。

    何より、今、こんなに思い悩んでいること自体が、息子さんにとってよりよい母でありたいという、あなたの愛なのではないでしょうか?

    さらなる理想があるのは素晴らしいけれど、
    今現在、ご自身にできる最大限のことをなさっているのではないですか?

    どうか、ご自身を褒めてあげて頂けたらと願う者です。

〜 コメントを送信する前に 〜

井戸端会議に遊びに来て頂きありがとうございます。
コメントを頂くことで成り立っているこのコーナー。
コメンテーターの方には大変感謝いたしております。

ネットの向こう側には、悩んでいる方、苦しんでいる方がおられます。
コメントをされる方は、その気持を汲んでいただき、配慮ある言葉選びをお願いいたします。
『それは違うよ!』と思われ、相談者さまとは別角度からのアドバイスを書き込まれる場合、あまりに強く否定的な文脈ですと、文章の主旨が届く前に心を閉ざされる場合がございます。
相談者さまにとっての良い〝気づき〟となるような、心に届くような気持ちでお書きくださいますようお願いいたします。
井戸端会議が多くのお嫁さんにとって有意義な相談場所となるよう、ご協力よろしくお願いいたします。

おすすめ記事
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


9 − = 5