旦那が双極性鬱で、別居・離婚を言い出されてます…

ユメユメさんのご相談

初めてご相談します。経験がある方のご意見を伺いたいです。
旦那が双極性鬱で、別居 離婚を言い出されてます。
別居は確定で家も探してきたようです。
私も日々の暴言と冷たい態度に疲れ別居は承諾しました。
私の事は大切だから、これ以上傷つけたくないと言うかと思うと、結婚しなければ良かった。
そもそも結婚が間違いだった。もう好きじゃない。
別居したら、早めに離婚してくれ。
君の事は好きだけど、友達として好きだ勘違いしないでくれ、その明るさが気持ち悪い…などなど。
それでも日々しっかりと夕飯は作り、何とか生活は送ってます。
夫も家にはきちんと帰って来て食事もとってくれます。
夫は仕事はきちんと行きます。
病院は過去行っていましたが、今は病院は必要ないと、行ってくれません。
今は自分でちゃんとわかってるから大丈夫なんだと。
躁のときは、俺は凄いんだ!みたいな感じで、鬱に入ると 死にたい。とか、私への暴言が続きます。
それでも、そっと側に寄り添う。明るく聞き流すを繰り返しましたが、私の心が壊れそうです。
別居したら、しばらく連絡はしないつもりでいますが、もう彼の事を思うと離婚してあげた方がいいのかも…と思います。
結婚1年で、私はまだ彼の事が好きなので別れたくないし、鬱について勉強不足だったと反省し色んな文献を読んでますが 鬱の時は大きな決断はしない方がいいとも書いてありました。
昔の笑顔溢れる彼にもどってほしい。
それが離婚なら、離婚しても…とも思うようになりました。
周りに相談できないので苦しいため、こちらのサイトに辿り着きご相談させてもらいました。


悩めるユメユメさんに
みなさまアドバイスお願いします!


カテゴリー: 子育て
スポンサーリンク

旦那が双極性鬱で、別居・離婚を言い出されてます… への22件のコメント

  1. みんみん より:

    こんにちは。お辛い毎日をお過ごしですね。
    経験者のご意見をご希望とのこと。経験者だからこそ軽はずみなことは言えないとコメントを控えておりましたが、なかなかコメントがつかないので、書き込んでいます。
    うちの夫は同じ病で闘病し、躁と鬱を繰り返し、それはそれはとても辛そうで、長らく寄り添っていたものの、もう無理だ、離婚したいといわれ、やむなく承諾した晩に行方をくらまし、自死しました。
    自死はかなり計画的で、そのしばらく前からとても安定していたので私も気が緩んでいました。今にして思えば、いつでも死ねるという担保があったからこそ安定していたのですが。
    恥ずかしながら私は心理士でカウンセラーです。でもやはり、とても大変でした。
    このように、生き死にに関わる大変な病気です。本来はご主人に通院してもらいたいですが、それが無理なら、ユメユメさんが通院し、アドバイスをもらったり、ご自身の辛さを吐き出したりするのが第一歩かもしれません。継続して診療を続ければ、必ず効果は見られます。家族が変わることで好転することも多いので、まずは行動していただきたいなと思います。

    • ユメユメ より:

      みんみんさん。お辛い経験を話して頂きありがとうございます。こんなに大変な病気だと思いませんでした。主人の別居先はきちんと把握しているので、今のところ自死はないかと思ってましたが、主人から別れてほしいと言われた時に自分が何をするかわからない。その時に迷惑かけたくない。だから離婚してほしいと言われているので、不安はよぎってます。また、本人は言ったことを覚えていない事も不安です。まだ、この先何があるかわからないし…。急すぎて私も混乱が続いています。
      今は私自身が自分を取り戻す事が最優先かと。そうしないと、彼の事も支えられないとは思ってますが…。言葉で表すのは難しいですね…。別居してしまうので本当は心配ですが…。

      • みんみん より:

        お辛い中、お返事をありがとうございます。
        自死をするのは躁状態(表面上は落ち着いている)ことが多いですので、気を付けて見ていてくださいね。
        まずはユメユメさんが信頼できる医療機関で相談して、心の荷物を少し下すことができるようにお祈りしています。
        しんどいとは思いますが、ぜひ行動してみてください。

        あと、これは余計なお世話かもしれませんが…
        まだお子さんがいないとのことですが、子供はまず、間違いなくご主人の気質をもって生まれてきます。(もちろんパパだけじゃなくママの気質も、ですが^^)
        うちの亡夫の場合は、アスペグレイゾーンからの二次障害の可能性が高い発症でした。そして息子も思い切りグレイゾーンです。私は主人のそういう気質を好ましく思っていたので、息子の気質もかわいいな、と思っていますが、受験が迫った今、将来を考えるとなかなか難しいなと思う点もあります。

        これから夫婦生活を続けるということは、そういうことにつながることにもなります。
        できれば、そういうこともひっくるめてご主人を支えてあげていただきたいですが、ユメユメさんの人生もよく考えてみてくださいね。
        余計なお世話だったらごめんなさい。

  2. まさ より:

    父が双極性障害です。

    父の場合ですが1年の間に躁の時期と鬱の時期があります。そして何年かに一度大きな波があり入院するほどになります。薬は毎日服用しています。それでも乗り越えられない波が来ます。

    旦那さんは病院にかかられていないそうですが、とても危ういと思います。まずは診察を受けることをおすすめします。

    父が初めての入院をしてから35年経ちます。離婚しなかったことが良かったのか悪かったのかは私には分かりません。母にも判断がつかないようです。

    母が父の主治医に聞いたところによると、躁の時も鬱の時も本人には自覚がありその波に抗うことがとても大変なんだそうです。

    母は、その波に抗っている姿があれば一緒に頑張ろうと思えるが、波に抗わず本能(?)のままに動く姿を見るともう耐えられないと思うそうです。

    そんな訳で離婚するのが良いのか悪いのかは分かりません。すみません。少しでも参考になればと思ってコメントさせていただきました。

    • ユメユメ より:

      まさ さん、貴重なコメントありがとうございます。おっしゃる通り、本能のままに接されると本当に耐えれないと思う事わかります。みなさん、戦ってるんですね。本人が1番辛いのはわかるんです、わかるんですけど …。頂いたコメント励みになります。ありがとうございます

  3. 匿名希望 より:

    鬱のときは大きな決断はしない方が良い。
    主治医にも当時の上司にも言われました。

    以前の質問のコメントにも書いたことがあることなのですが。。。
    私が双極性障害でした。
    以前は
    ・自分は凄い!
    ・死にたい!
    ・一人になりたい。自分は家族を持って良い存在じゃない。
    ・離婚したい!
    と思っていました。
    今はコントロール出来ていて、「離婚したい」なんてまったく思いません。
    不思議なものですね。

    改善した方法を思い出したので。。。
    私は会社を辞め、しっかりと休みました。
    子供を保育園に預け、その間は「一人の時間」をたっぷりとりました。
    一番効果があったのは「映画をみること」です。ドキドキするのは苦手なのでストーリーを知っている「美女と野獣」を見ました。生まれたばかりの主人公ベルが母親と生き別れるシーンで号泣。「ただ生きているだけで良いんだよ、何をしなくても居るだけでいんだよ」と気づかされました。そこからは少しでも興味のある映画を映画館で見続けました。家でレンタルだと気がそれてしまうので・・・。映画って主人公の両親が死んじゃうパターンが多いんです。それを見ると「死んじゃいけない」って何度も気づかれされて、症状が落ち着きました。
    ヨガや水泳もやりましたが、、、私には「映画館で映画をみる」が一番だったなかなと思います。

    ご主人はまだまだ通院をしなければならない病気の状態だと思います。
    何とか通院してもらいましょう!
    ユメユメさんも信頼できる心療内科の先生をみつけて相談しましょう。
    離婚はそれからでも良いと思います。

    • ユメユメ より:

      貴重なコメント本当にありがとうございます。主人は今はとにかく1人になりたい。と言い 離婚という単語は口から出てきませんが、籍が入ってる事が負担だとかはいってきます。
      本人は言った事はほとんど記憶が無いようです。別居が決まっても落ち着く事なかったのですが、昨日今日は昔の彼に戻ってきた様に普通に近い…。けど、別居は変わらないのです。あんなに私の事が大好きだったのに、今では遠い彼に戸惑う日々です。私も心療内科を探してみます。離婚は本当はしたくない…。本人が1番辛いと思いますが、頭の中を覗いて上がらない分わかってもあげれない。別居して自分の好きな事だけしてくれたらまた少しは変わるかな…とも思います。。。
      今は夕ご飯を帰ってきてちゃんと食べてくれて、ありがとうと言ってくれる事で救われてます。

    • とくめいきぼう より:

      横からすみません。私自身が 双極性障がいです。
      鬱病とパニック障害と診断されていますが、自身が躁うつ病と
      自覚しています。
      完治された方のコメントが 心強かったので思わずコメントして
      しまいました。すみません。

      ユメユメさんへ
      私も鬱病ですが、夫も鬱を患っています。
      私の夫も躁うつ病ではないか?と思っています。
      私の夫は 精神科の専門病院ではなく個人の病院に通院しています。
      本来ならば 精神科の専門医に通院すべきと思いますが 今の医師と
      相性が良いらしいので 黙って見ています。
      私は 専門の病院に通院しています。

      まず気になったのが ご主人が通院していないという事実です。
      ちゃんとした治療を 受けるべきと思います。
      患者本人以外でも 家族が精神科を受診することが可能です。
      保健は使えず自己負担となってしまいますが{私は1万円くらい
      でしたが。}精神科の先生が親身に 相談にのってくれます。
      評判の良い病院に まずは受診の予約をされたらどうでしょうか?

      私たち夫婦は 離婚をすることになりました。
      夫が私の病状に疲れはてたことと お互いの存在がストレスに
      なっていることから 離婚を選びました。
      私も夫の暴言や態度に傷つき適応障がいにもなっているので
      病気に理解の無い夫と離婚する事に 納得しています。

      ご主人さんの想いを聞いてあげたら良いと思います。
      躁鬱病のパートナーとの生活は しんどいです。
      ユメユメさんも心を病む恐れもあります。
      ユメユメさんご主人に情があるのはわかりますが、私が
      ユメユメさんの親なら 離婚を進めると思います。
      ご主人さんに 離婚の条件として病気の治療に専念すると
      約束してもらったらどうかと思います。

      ご主人を好きな気持ちはわかりますが、ユメユメさんには
      平穏で幸せな日常を 過ごして欲しいです。
      とにかくユメユメさんが まずは専門家にご相談ください。
      保健所などでも 相談にのってくれるはずです。
      ご主人さんには 受診をしてもらいましょう。
      離婚の話し合いは それからでいいと思います。
      慎重に行動なさって下さいね。
      ご主人の気持ちが私には わかります。
      私自身も もう夫に迷惑をかけたくないので離婚するので。
      長々すみません。

      • ユメユメ より:

        本当に貴重なコメントありがとうございます。別居して私も自分をしっかり取り戻したいと思います。昨日実は私が壊れて泣きじゃくりました。主人には本当にストレスだと思いますが、大切な人をこんなにしてしまった…けど、自分には今心が無いから何とも思わないと…。悲しかったです。昔の夫を返して!と思いました。主人の言ってる事は何が本当で何が違うのかわからず、行動も私をゴメンねと抱きしめたりしてくれるかと思うと、夜になると私の事は好きでも何でもないから別れてと言ったり…。ジェットコースターの様な気持ちのフレに何をみてあげたらいいのか。。。
        病院には落ち着いたら行くと言ってくれました。別居するので本当に行くか不安ですが、私も病院に行ってみようと思います。大変な中コメントいただき本当にありがとうございます。

  4. 匿名ですみません。 より:

    ユメユメさん、お辛いですね。
    ユメユメさん、自分を責めないでください。
    アナタは悪くないです。
    私の旦那が鬱です。
    我が家も旦那が鬱になり22年ぐらいです。
    本人が医者に行き発覚しました。
    旦那に関しては、鬱もありますが、本人の性格も手伝ってるな~~!と感じるところもあります。
    鬱は本人が大変だ!つらいんだ!と周りが言います。
    しかし、支えてる方も、かなり大変できついです。
    本人の波もありますが、なんでも
    「俺は鬱だから!」を免罪符にされました。
    私自身、知識があまりなく、仕事は行けてるし、とか割と軽くかんがえてました
    子育ては、まったく当てになりません。
    子供の運動会や文化祭(幼稚園・小学校)などの行事も下の子が二年生の時が最後になりました。
    その後も、子供が思春期の時期に詐欺に引っかかりました。
    子供もショックでしたが、私も衝撃でした。
    詐欺に引っかかれる前に借金のこともありました。(結婚する前です。)
    結婚前の借金も真実を交えて報告は受けてました。
    2年ぐらいで返せると‥‥実際、出来てませんでした。
    上にも書かれてますが、別れないのが正解だったのか?現在も思ってます。
    現在、離婚できない理由があります。(遺産とかローンとかです。)

    実際、旦那が詐欺に引っかかった時には、病みました。
    医者にはいかなかったけど、よく持ち直したな~と思ってます。
    それ以来、今まで旦那が嫌がったのでかかわってなかった医者に報告しました。
    二人で診察を嫌がったので一人で行きました。
    結果、薬が変わりました。
    しかし、旦那が医者に満足してても、私はその先生に不信感を持ったので現在は、かかわっていません。
    けれど、それ以来、定期的に薬の見直しや検査などしてるので、少しでもかかわったのは良かったです。

    詐欺に引っかかってからは、私も辛らつな物言いになりました。
    鬱だからって、しかたないよね!って許されない事でした。
    中古の分譲マンションですが、死守しました。

    以上のことを書きましたが、生きていくうえで、旦那が当てになりません。
    子供ができても、まるで他人の子?みたいな扱いです。

    離婚を進めるわけではありませんが、きついですよ!
    好きだけでは、きついですよ。
    私に娘はいませんが、いたなら、離婚を進めます。
    お子さんがいないなら、離婚も選択肢の一つです。
    どちらが悪いわけではないんです。
    ゆっくり考えてください。
    そして、自分を責めないでくださいね。

    • ユメユメ より:

      匿名ですみません さん 。コメントありがとうございます!また、暖かい言葉ありがとうございます。辛い経験されましたね…。こんな時、どおしても自分を責めてしまいます。なぜもう少し早く気づいてあげれなかったのか、早い段階でもうすこしきちんと対処してれば…と。タラレバのはなしじゃ遅いのはわかってますが、そうやって自分を責めますね。
      自分で決める事ですが、離婚した後 また 彼が辛くなった時
      今は妻という名前で関われるけど、それがなくなると全くの他人になってしまいますから離婚は…。と思う気持ちもあります。何をどおしていいか本当にわかりませんね。。皆さんのコメントをよくよく読んで少しずつ前に進みたいと思います。

  5. らっど より:

    ユメユメ様

    こんばんは。
    私は夫の立場ですが、ユメユメ様の状況とあまりにもよく似ていると感じたため、コメントさせて頂きました。

    私は結婚して1年半ですが、私の妻も双極性障害を患っています。2週間程前より躁状態になったようで、離婚、別居をしたいと言われました。
    日頃から躁状態の時はささいな事で怒りだし、暴言を繰り返してはいました。
    ただ今回は、人としては好きだけど、もう恋愛感情は全くない。今までは無理して好きなふりをしていた。
    と言われ、今までの気持ち全てを否定されたようで、今は心が折れかけています。

    躁状態の時に重大な決断をしてはいけないとのアドバイスを頼りに、2週間耐えて来たのですが、口約束ですが昨日ついに離婚を承諾してしまいました。
    結婚後、一緒に精神科に行き始めたのも2日前が初めてで、もっと早く双極性障害と向き合って治療を始めて入ればととても後悔しています。

    もちろん妻の事はまだ大好きですし、昔の幸せだった二人に戻りたいと思っています。
    ただ、『早く離婚して。私の気持ちが変わる事は絶対に無い。』と言われると、双極性障害のせいで言っているのか、本心なのかもう分からなくなってしまっています。

    すみません。私もまだ経験者ではなく今悩んでいる最中ですので、参考になるアドバイスはできませんが、どこかで見た『双極性障害者の離婚の決定権はこちら側にある』という言葉には支えられました。
    相手が離婚を言ってきた時ではなく、こちらが限界だと感じた時が離婚のタイミングです。相手の意見に振り回されるのではなく、こちらの考えやタイミングで別れるか決定できると思えば、少し楽になった気がしました。

    • ユメユメ より:

      らっど さん。コメントありがとうございます。ビックリしました。本当に同じ言葉を私も言われて…。私も2週間耐えました。離婚が希望だけど、とにかく1人になりたいとの主人の希望から別居を承諾しました。離婚は私のタイミングでするから時間をくださいと言ってあります。今の彼は本当に別人。けど、好きじゃなかったとか言われると心が張り裂けそうになりますよね。らっどさんも 同じだと思いますが、思い返してみても夫は結婚する時は本当に私の事は好きだったと思うのです。
      病気が言わせてるから…と書いてある記事をみても、本当に病気なのか本心なのかわからなくなりますよね。あの時の奥さんを返してと思いますよね。けど、あまりに似てる状況の方からのコメントで双極性の病気の特徴はやっぱりあるんだな。と思いました。夫は心が壊れてるから、感情がないとも言います。私が何を言っても何も思えないと。傷つくんですよね…こんな風に言われると。何しても無駄なのかなぁ、と。
      私は別居しますが、このまま少し様子をみて彼が感情が取り戻せたら一度キチンと話をしようと思ってます。
      また、ここで皆さんにコメントいただき戦ってるのは私だけじゃないんだと救われました。実際に経験された方の話なので本当に有難いです。主人を嫌いになれたらどんなに楽か…と今は思ってます。

    • ユメユメ より:

      らっどさんも、本当にお辛いと思います。らっどさんが壊れてしまわない様にして下さいね。奥様は病院に行かれたらとの事なので早く落ち着かれる事を祈ってます。

  6. けるぽん より:

    ユメユメさんへ

    私が以前躁鬱でした。今は症状はでていません。
    現在42歳で、14歳から鬱を繰り返し躁は18歳で発症、一旦寛解して二人目の子供を産んだ25歳の時に酷い産後鬱になってしまいそのあとまた躁に転じました。27歳の時から治療をはじめ、30歳でほぼ治りました。

    病気の間、3つ病院を変わりましたが、3つめの病院が自分にとても合っていて
    薬とカウンセリングで2年ほどでだいぶ回復しました。
    薬は種類をたくさん飲み過ぎるとよくなかったと私は実感していますが、症状が出ているのに何もしないのも少し心配ですね。

    まずは、何故こうなってしまったかの振り返りが大事だと思います。
    おそらく病院でもされているとは思いますが、両親との関係、子供のころからのことなど、ゆっくり話を聞いてあげてみてください。

    私は鬱を繰り返しすぎて、急に躁に転じてしまいました。自分で自覚があったので、ネットで症状を照らしあわせて、躁鬱と知りました。ショックだったのと同時に安心した記憶があります。

    躁鬱など精神的に病んでしまう人は、とにかくエネルギーがたくさん有り余っているのでしょう。それをぶつける場所がなく、むやみに人を攻撃してみたり散財してみたり暴言を吐いたりとめちゃくちゃです。が、自覚してコントロールできるようになると、うまく付き合えると思います。それまでの道のりが大変なのですが…

    やはりそれには奥様のサポートが必要だと感じます。とにかく聞くことに徹して受け入れてあげてみてください。おそらく誰も自分のことをわかってくれないと思い込んでいるので…

    ただ、私は病気側の人間でしたので家族側の気持ちは100%はわかりません。間違いなく大変だったのはいうまでもありませんが…
    自分は、おかしな人間だと思われたくないと思い込んでいましたが、当時を振り返ると周りの人には迷惑をかけっぱなしで本当に申し訳なかっと反省しています。
    家族側のサポートも大切だと感じますし、精神科となるとハードルが高いというか行きにくいですよね。日本はまだまだ遅れていて病院によっては、話もあまり聞かずに薬だけ大量に出すところも多いですしね。何軒か通ってみて、納得できるところに最低1年は通うといいのではないでしょうか。
    最終的には薬で治すというより、ご主人が客観的に自分のことを冷静にみることができるようになるといいですね。

    ユメユメさんがしんどくなってしまってはよくないので、無理はせずにご自分のことも大事にしてくださいね。
    よい方向にすすむことを祈っています。

    • ユメユメ より:

      けるぽんさん 貴重なコメントありがとうございます。
      本当は一緒に住んでサポートしたいですが、部屋も決まり
      引っ越しも決まりましたので側にはいてあげれないのが
      心配です。ただ、彼が生活が落ち着いたら病院行くと言う様になったのは一歩だけ進んだのかもしれません。
      私も病院へいってお医者さんの話も聞いてみます。
      けるぽんさんの言うように自分の事は誰もわかってくれないと
      思ってるので幼い頃からの事や色々と話を聞いてあげようと思います。引っ越すまでまだ数日ありますから。
      昔、薬で副作用が酷くそれがトラウマで病院へは行きたくない様です。けるぽんさんも本当に病気と戦ってこられたんですね。今は落ち着かれてるとの事、そんな中コメントいただき本当に感謝致します。

  7. 山田花子 より:

    私は結婚後、第2子出産後調子を悪くし第1子が小学校に上がる6日前に転勤で引越、不眠になって病院にかかったら鬱と診断され、いつの間にか双極性障害の病名に変わりました。2人の子どもは成人し社会人で頑張ってくれています。

    双極性は治らず、かんかいはしますが。離婚は結婚よりパワーが要るとききますし、離婚後の貴方の長い人生の生活設定が出来ているので有ればですが。

    私の場合、初診の診断ミス、鬱症状を鬱病とされてしまったと考えています。本当の双極性はお仕事は続けられないと思いますよ。休職、復帰を繰り返すはずです。精神科医療も昔とは変わってきているので、良い先生を見つけることが先決だと思います。

    自死は薬の影響もあると考えます。精神科の薬は副作が多く統合失調症を発症する場合もあります。

    内は去年3月に引越、6月に実父を亡くしました。引越時に主人から酷いDVを受け、実父葬儀関係でももめて、実父の納骨前日に、勝手に主人が家をで、私は納骨に行けませんでした。2カ月で戻ってきましたが、二重生活は足が出ます。主婦歴が長いので計算しなくても直ぐにわかります。

    余分な話が入りましたが、まだお若そうなので、人生の主着迄には莫大なお金が必要ですので、年配の方に相談されるのが良いかとおもいます。

    去年の引越は結婚後六回目で、全て私は手続き、作業し、主人の協力が全くなかったので、1度仕事帰りの夜の主人が手が空いた時間に相談事をしたら他人さんが聞いたらビックリするDVを受けたんです。

    本当の双極性障害者はそうの時は記憶にない高額な買い物をするんですよ。マンションを2つ買ったり、消費者金融でローンを組んだり等。

    まとまりが悪くなりましたが、ご参考になれば嬉しいです。

    • ユメユメ より:

      山田花子さん お辛い経験の中コメントありがとうございます。
      確かに、主人も辛い時の記憶がないといいます。
      花子さんも本当に、本当にお辛かったですね。
      好きな人を救ってあげたいと私は思います。
      だから、彼のワガママも受け入れます。次の人生は今まったく考えられません。今はそっと見守るのも私の役目かと。

  8. いろいろ より:

    お優しい方ですね。
    病院にいって、病気が治癒するわけではなく
    薬での対処方法です。
    元々、病気の気質をおもちなんでしょう。
    病気のご主人で、とてもみていられないのかもしれませんが
    ご主人は、一人の人間です。
    自由に人生を歩んでもらったらどうでしょうか。
    ご主人は、自分の病気に向き合い、一生懸命生きてあるんだと
    思います。
    他の人からみたら危なっかしいのだと思いますが。
    いろんな気質の人間がいるのですから、認めてあげてください。
    多分ですが、ご主人はあなたのことが好きで結婚したのだけど
    結婚生活をしてみて、負担になっているんだと思います。
    仕方がありません。してみないとわからないから。
    ご主人の病気は、あなたからみたらとても大変でしょうが
    ご主人なりに病気と共存しながら生きていることを認めて
    あげることが愛だと思います。
    あまり、薬を服用すると副作用が悪作用に働いていくことを
    知ってください。
    自死したことを書いている方がいますが、自死も仕方がありません。
    私の母も双極性障害で、自死しました。
    だけど、時がたち、母の決断であり、そういう人生だったと
    今は考えています。
    病気でそういう行動をしたとしても、そういう人生のどこも
    誰も助けてあげることはできません。
    薬で沈静化させ、病院に閉じ込めるだけが方法ではありませんよ。

    • ユメユメ より:

      いろいろさん。コメントありがとうございます。
      彼を受け止めてあげる。本当にそうだと思います。
      私が受け止めてあげれてたらこんな事にはなってなかったんです。これからでも受け止めてあげれる様に私自身がなっていかないといけないと思います。
      受け止める。簡単ではないですが、それが愛するという事ですよね。

  9. ペルペル より:

     ユメユメさん

    今頃…な感じですみません。
    少しは落ち着かれましたでしょうか?

    家の夫(49才)も双極性障害です。(私46才)
    もう20年、薬を飲んで闘っています。
    病識もあり、色々と努力も欠かさない人ですが、
    未だ病気には克てず…大変な毎日です。苦笑

    「別れる別れる!事件」は、家では慣例行事です。一週間前には、穏やかに老後の話をしていたのに、ヤツは足早にやって来て、優しい夫を豹変させ、また鬱に突き落とし去って行く。

    そう、ヤツとは躁状態のことです。

    まだ、一緒になったばかりの頃は、年に数回も「別れる別れる!事件」がありました。私もショックで鬱になりました。結婚などの大きな変化が、病気にも影響するのだそうです。

    今ではそれも、年1回くらいになりましたが。

    そして、今家もまさにその時なんです。笑

    今年は鬱が酷く、昨年末から8ヶ月続きました。途中、入院もしました。8月中頃から、えらく怒り出したなーと思っていたら、23日にはもう、家を出て行きました。こういう時のために、事務所で生活できるようにしてあるんです。この9ヶ月間、仕事はしてませんけどね。

    そりゃあ暴言吐きまくりですよ。すべてが私のせいです。家は暴力もあるので、毎回こちらも命がけです。笑

    家では「夫が怒り出したり暴れ出したりしたら、逆らわず逃げる」「怒っている時の話は、話半分に聞く」というルールがあります。夫が決めたものです。私を傷つけたくないからと。傷つけたくないのに、怒りの波が来ると、どうしても我慢ができなくなるのだそうです。普段は我慢できていること(でも、少しは嫌だと思ってること)が、普通の100倍位の怒りとなって襲ってくるものだから、暴言の中身もあながち嘘ではない。そうすると、言われた側は「そうだったんだ…」と落ち込む。おそらく、皆さんそんな図式になっているのではないかと思います。

    「別れてくれ」に対する私の返事は「腹が立つのも今だけよ」「怒ってる時に決断はしません」くらいなのですが、「解ったようなこと言いやがって!おまえに俺の20年の何が解る!」と怒り狂ってますー。苦笑

    「そもそも一緒になったのが間違いだ」
    よくあるセリフですね。すべて病気が言わせていることだと、私は思っています。

    傷つきますよ。何度言われても慣れません。
    が、一緒に病気と闘い添い遂げようと思ったら、我慢するしかありませんから。

    「このままじゃ、俺がつぶれる!」
    もよく言いますね。結局はそういうことなのでしょうね。自分を守ることで精一杯。

    家の場合、大体1~2ヶ月ほどで帰ってきます。
    話があると呼び出され、「悪かった…」と。

    上がっていくのが自分で判る時には、前もって「大目に見てくれ」と言われたりもします。

    長くなりましたが、決めるのはあなたです。
    双極性障害は今のところ治らない病気です。
    薬も服用されてないのであれば、安定させるのは尚難しいでしょう。何度も来る「別れる別れる!事件」の暴言に耐え続け一緒に病気と闘うのか、今のうちに別れるのか。

    私は夫のことが大好きで、すごくすごく愛しています。それでも、「いつ殺されるか、殺してしまうか」という危機感は、常に持ち続けています。

    私はおばさんです。子連れで一緒になってます。
    今では孫もたくさんおります。

    もし娘が、双極性障害を持つ男性と結婚したいと相談をしてきたとしたら、私は反対はしません。ただ、子どもとか旅行とか、望めないことが多いかもしれないけどいいのかとは確認します。

    どんな形にせよ、あなたの幸せを願っています。

  10. ペルペル より:

    ごめんなさい、一つ書き忘れました。
    自死についてです。

    夫の身近なところで、お二人亡くなられています。私のおじも亡くなりました。

    だから、私たちの合言葉は、絶対死なないこと。

    年老いたら、私を看取ってから死ぬ約束をしています。

    それでも、心配で仕方ありません。

    以前は、別居中は食事を届けていました。
    子どもを寝かしつけ、夜中に事務所へ行き(往復1時間以上の距離)、ごはんを食べさせ、掃除をし、時には風呂に入れ、帰ってきて少し眠って仕事へ… 案の定倒れました。笑

    という訳で、無理をするのはやめました。

    今の頼みの綱は、ラインです。ラインの既読で生存確認をしています。

    3日間既読がつかないと、かなり不安になりますが、ケータイも見れないほどの鬱なら、死ぬ元気もないはずですから…

    動ける時は、返事をくれたりもします。毒を吐いた内容でも、生きてると分かるから嬉しかったりして。

    電話は嫌がることが多いので、かけません。

    人は、発作的に死んでしまうんだろうね…
    私たち夫婦で話し合った結論です。

    夫を信じる…離れている時、唯一私にできることなのかもしれません。

    不安を煽るようなことを書いてごめんなさいね。

    最後に…
    ご主人は、今「感情」が喪失しているから、愛しているのか感じられないだけで、お二人の間には、ちゃんと愛はあると思いますよ。

〜 コメントを送信する前に 〜

井戸端会議に遊びに来て頂きありがとうございます。
コメントを頂くことで成り立っているこのコーナー。
コメンテーターの方には大変感謝いたしております。

ネットの向こう側には、悩んでいる方、苦しんでいる方がおられます。
コメントをされる方は、その気持を汲んでいただき、配慮ある言葉選びをお願いいたします。
『それは違うよ!』と思われ、相談者さまとは別角度からのアドバイスを書き込まれる場合、あまりに強く否定的な文脈ですと、文章の主旨が届く前に心を閉ざされる場合がございます。
相談者さまにとっての良い〝気づき〟となるような、心に届くような気持ちでお書きくださいますようお願いいたします。
井戸端会議が多くのお嫁さんにとって有意義な相談場所となるよう、ご協力よろしくお願いいたします。

おすすめ記事
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


− 7 = 0