学習障害 軽度ディスレクシアの小5息子。進学について…

シトラスさんのご相談

学習障害 軽度ディスレクシア の五年生男子の母です。

中学校は私立を考えていますが、グレーゾーンのお子さんが多い私学か、偏差値47-40で、表向きは受け入れを特にしていない。 補修などの面倒見の良い学校か、悩んでいます。

グレーゾーンの多い私学は、多分私が少し安心出来るのだと思います。持ち物から宿題など気にかけなくて良さそう。

偏差値47-40の学校は、特に配慮もなさそう。面倒見は良いかも。見ていただける様に親が働きかけないといけないかも。

両方とも最終的に大学が、ついています。

夫は、偏差値47-40を強く望み。
私はグレーゾーンの学校の方が、先々彼の心が折れないかな。と思っています。

小5の国語に、苦労している現在です。これから、彼が辛くなるのは目に見えています。

塾へは個別へ通っていましたが
学習障害児用の塾へしようか、悩ましいです。距離もあるし、見て頂く時間が短いのです。
学校は、普通級で、なんとかついて行っています。


悩めるシトラスさんに
みなさまアドバイスお願いします!


カテゴリー: 子育て
スポンサーリンク

学習障害 軽度ディスレクシアの小5息子。進学について… への8件のコメント

  1. 匿名希望で。 より:

    軽度と言っても ディスレクシアには 様々なタイプがある様ですし、他にも軽度の発達障害などが 無いか きちんと診断した上で 正しい療育をより専門的な指導者に受けるのが、一番良いと思います。療育を受ける年齢が 早ければ早いほど、一般的なレベルに 追い付ける確率が高くなります。

    グレーゾーンの学校にしろ、偏差値40〜47の学校にしろ、
    ディスレクシアのお子さんを通わせるなら、
    保護者が学校と 積極的に 連絡を取り合う必要があります。
    障害に対する学校側の理解が どの程度ある学校なのかが、
    ポイントだと思います。
    学校に ディスレクシアの療育そのものを任せる事は
    出来ないと 思います。

    私としては グレーゾーンの お子さんを 受け入れている学校が
    良いのかなと 思います。
    一般的な生徒に 丁寧に 教える方法と
    軽度発達障害の生徒に教える方法は
    全く 違うから です。

    お父さんのお気持ちも 解らなくはありませんが、
    お子さんの将来を長期的に 考えて 頂きたいです。

    お母さんの負担が 一般的なお子さんより 多くて、
    大変だとは 思いますが、
    今が 頑張り時です。
    これから 思春期に 入ると
    男の子は 不安定に なりやすいです。

    子育て 頑張って 下さい。
    もちろん 様々な サポートを 上手く利用して下さいね!

  2. まりる より:

    おそらく、どちらの学校にも軽度障害、発達障害のお子さんが何人も通われている事と思います。公立中学に不安を持ち、面倒見の良い私学を目指す方は多いです。

    オープンスクールなどあると思いますので、そこで個別相談コーナー等で、率直に相談して見られてはいかがでしょうか。学校側が一番困るのは、何の事前情報もなしに配慮の必要なお子さんが入学されることと聞いています。例えば違うタイプの配慮の必要なお子さんが同じクラスに複数いて、担任も学校も何の情報もなかったら、どんなベテラン担任でも難しいでしょう。周りも思春期の入り口の不安定な13歳で、新しい環境の緊張や不本意入学の挫折を抱えていたり、健常児さんでも配慮は必要なところです。クラスが荒れたりすれば、多少の面倒見があっても落ち着いて勉強はできません。

    ご両親が子供の為真摯に学校に向かい合っている姿勢、協力を惜しまない姿勢を見て、学校側も安心して受け入れ、親身になって育てようという思いになってくると思います。相談をしても冷淡な対応であれば、候補から外したらよいのですから、相談してみて損はないと思います。

    しかし、どちらも中学受験ありきなのですよね。そのための勉強、また塾通いは大丈夫なのでしょうか。受験のハードさで早々に心が折れてしまわないよう、どうぞお子さんにとって最善の選択をしてあげてくださいね。

  3. ぐれこ より:

     塾やプロ家庭教師として、緘黙症や発達障害・学習障害の生徒さんの指導をしていた元講師です。私の経験からすると、お子さんの特性を理解し、適切に対応してくれる学校をお勧めします。
     私が受け持った生徒たちの場合、当初親御さんから特別な説明は何もなく、手探りで指導して行くなかで私が気づき、改めて親御さんに確認して確定する、という流れでした。
     特に偏差値の低い生徒を得意分野としていたので依頼があったわけですが、学習障害や発達障害の生徒と、ただの勉強が苦手な生徒では、何気ない会話一つでも対応が全く異なります。最初に親御さんから説明を受けていれば、適切な対応ができたし、こんなに試行錯誤の必要はなかったのにと思うことばかりでした。親御さんとしては現実を認めたくなくて、「ただの勉強が苦手な子」として対応してもらいたかった、ということでしょう。それは相談者さんの夫が望むパターンですね。しかし専門家でないと、教師の何気ない一言で本人のやる気がくじかれたり、全く無駄な時間を過ごすことになり、双方にとってメリットはありません。
     親の「見栄」や「希望」をもとに偏差値で学校を選ぶのではなく、きちんとお子さんの状況を理解し適切に対応してくれる学校をお選びください。そのためには実際に学校へ足を運んで、親御さんご自身が判断されることが重要だと思います。

  4. 匿名希望。 より:

    偏差値40~47と書かれていますが何偏差値なのでしょうか?
    首都圏模試と、日能研、四谷大塚、サピックスなど色々とあります。
    首都圏模試70>日能研、四谷大塚60>サピックス50となるので偏差値の差が大きいから、真ん中の四谷大塚返信で40~47と考えると、40はまぁ簡単でしょうが、47になるとちょっと難しいかもしれないですね。
    私の考えでは、グレーの中学に行き、伸びてきたら高校受験の方が負担がないかな?
    と思いました。
    うちにはサピックスに通っている小6の子供がいます。毎日毎日ほぼ遊ばずに勉強しています。
    夏休みも1日も遊びに行くなと言われています。
    中学受験は過酷です。
    それだけの事に息子さんが耐えられるのであればいいかもしれませんが、勉強が好きではないのなら難しいと思います。

    • シトラス より:

      匿名希望さん
      メッセージありがとうございます。

      我が子は学びは好きです。
      LDの特性でしょうか、私が勇気付けられる程に前向きです。遊ぶ暇もない程勉強していますよ。

      本人は、私立ならではの部活動を楽しみに頑張っています。

      • 匿名希望。 より:

        勉強が好きなのなら良かったです。
        今、五年生なら、通える範囲の学校の説明会に行き、気に入った所に息子さんを連れて見学に行った方がいいですよ。
        6年になると子供は忙しくなり、行く暇も無くなります。
        偏差値表を見て、通えそうな距離の学校を全部見る事をお勧めします。

  5. しま より:

    子どもがこの春小学校に上がったものです。
    受験は関係なく両方とも公立ですが、学校に迷ったので、ご参考までに。

    うちは結局両方とも家族で見に行って、子どもが結論を出しました。

    迷っていたのは地元の人数が多くでものんびりした学校か、遠方だけど少人数で学年一クラスの手厚い学校が迷いました(越境で入れる「小規模特認校」です)。

    子どもが早生まれでどちらかといえば大人しいので私は後者がいいかなと思っていたのですが、家族でいいところと悪いところを表にしたりしながらも、結局子どもの「お友だちがいっぱいほしい」で地元の学校になりました。

    地元の学校は入学前の見学をする人は今までいないようでしたが、教頭先生の計らいで午後の授業を見せて頂きました。こういう対応でまた学校の雰囲気が伝わってきました。

    親の心配していること、お子さんの特性もお子さん本人に伝えて、ご自分で決めさせてもいいかもしれません。うちはまだ一年生なので先はわからないですが、自分で決めたことだと自覚しているので、頑張って通っています。

    余談ですが、西日本在住で、今回の豪雨が登校後にあったら地元なら歩いてでも迎えにいけますが、特認校なら(道路通行止めが多発し)無理だったので、そのあたりもいろいろ考えてしまいました。

    息子さんの良き中学校生活をお祈りしています。

    • シトラス より:

      しまさま

      お子さまに合った学校を選ばれて、何よりですね。
      確かに、災害などあると色々な考えが頭をよぎりますね、、

      気になる学校、全て家族で訪問しています。
      全てを前向きに捉える子どもなので、この学校なら、この部活。本人は、良いところ見つけをしています。

〜 コメントを送信する前に 〜

井戸端会議に遊びに来て頂きありがとうございます。
コメントを頂くことで成り立っているこのコーナー。
コメンテーターの方には大変感謝いたしております。

ネットの向こう側には、悩んでいる方、苦しんでいる方がおられます。
コメントをされる方は、その気持を汲んでいただき、配慮ある言葉選びをお願いいたします。
『それは違うよ!』と思われ、相談者さまとは別角度からのアドバイスを書き込まれる場合、あまりに強く否定的な文脈ですと、文章の主旨が届く前に心を閉ざされる場合がございます。
相談者さまにとっての良い〝気づき〟となるような、心に届くような気持ちでお書きくださいますようお願いいたします。
井戸端会議が多くのお嫁さんにとって有意義な相談場所となるよう、ご協力よろしくお願いいたします。

おすすめ記事
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


4 + = 11