感情的に子どもを叩き自己嫌悪。自分で自分が許せません。

みんみんさんからのご相談

こんにちは。 昨日、息子を力いっぱい三回も平手打ちしてしまいました。
自己嫌悪です。母親失格です。

息子は小学校二年生なのですが、毎日友達が我が家に遊びにきます。
私はフルタイムで勤めておりますので、 近所に住んでいる実母が子供たちの面倒を見てくれています。

毎日遊びに来る友達は、もう我が家を勝手知ったる…というように思うようになってきているようで、 入っちゃいけないよ、と言っていた寝室にまで入り込んでいる始末。(もちろん息子も同席しているようですが)

そこで、寝室でしまってあるものなどを引っ張り出す。
昨日はとうとう、大事なものがなくなりました。

そこで、感情的になった私は、息子を平手で三発。
おびえて謝っている息子に三回も、です。

結果的に、別の場所でそれは見つかったのですが、 寝室から持ち出したのは、間違いなくお友達のようです。

もう二階にお友達は行かせない、と息子と約束をして息子とは仲直り、今に至っているのですが、自分で自分が許せません。

どうしてこうかーっとなると息子に当たってしまうのか。
こんな時、主人がいれば(4年前に死別しています)、 自分をセーブできるのではないか。
私のいけないところをたしなめてくれるのではないか。

仕事がきついこともあります。
仕事内容が近々変わる予定なので、それで不安定というのもあるでしょう。
また、実母ともともと合わないこともあります。

でも仕事をやめるわけにもいかないし、 実母に子供の世話をお願いしないわけにもいかない。 (学童は入所基準が厳しいので今からでは入れません)

いつもは常に上機嫌を心がけているのですが、 最近どうしてもうまく自分をコントロールできません。

消えてしまいたいです。


どんな環境・状況の人でも、
感情的に子どもを叱っちゃう時って、あると思う。

親の目の届かない状況で、
子どもと友達が家のあちこち引っ掻きまわしちゃうなんて、
ドカンと叱る場面だと思います。
心配なのはみんみんさんの心。
環境に心がついていってない苦しさが伝わります。
先輩お嫁さん方、エールとアドバイスお願いします!


カテゴリー: 仕事, 子育て


感情的に子どもを叩き自己嫌悪。自分で自分が許せません。 への21件のコメント

  1. たまごやき より:

    ファッジさんのおっしゃるとおりです。どんな親でも感情的になることはあります。

    まず、「いつも上機嫌をこころがける」のはやめにしませんか?それが、妙なひずみを産むのです。

    お母様がお友達をコントロールできないのであれば、そのお友達は出禁(出入り禁止)にしてもいいと思います。

    実は、私は専業主婦ですが、常々突発的に遊びに来てはずるがしこく振舞う息子の上級生をかなり我慢していました。が、それが原因で先日、ちょっとしたいざこざが起こってしまい、なんと気に入らないことに、その子に頭を下げることになってしまいました(しかも快く許してもらったりして。くくく屈辱)。「やっぱり我慢は良くないわい」と痛感しているところです。

    「子供は外で遊びな!」と、追い出してしまえばいいのです。息子さんには「ルールを守らないから、家に友達を呼べなくなった」とそのまま言わせましょう。

    それ以外には、「上機嫌を心がけなくてもいい。機嫌が悪い時にはその原因を分析して、『仕事大変なのよ~』と一言だけ愚痴を言って、『足もんで』と息子にスキンシップをたのむ。してくれなかったすねて抱きつく」という方法が、あと数年、思春期前までは使えないでしょうかね。。

    本当に大変だと思います。あまり、追い詰められないように、気楽にいきましょう!

  2. メルシ より:

    子無しなので、いいことは言えないですが
    本当にファッジさんやたまごやきさんの仰るとおりだと思います。
    私も家族に【笑顔・上機嫌】を心掛けていたら
    夫から、【家では、笑顔を作らなくてもいいんだよ。】と言われてはっとしました。

    顔がぶすっとしてしまうのが気になるときは、
    変な動きをして【むおーーー!】とか言ってます。
    または、夫や猫に大好きだと言うことをよく伝えるようにしてます。

    ダメって言ったら、ダメですものね!(猫にだって、そう教えます。空気読んで逃げるのが上手くなりました・・・)
    平手打ちの代わりに
    近所の子も含めて頭をげんこでグリグリーーー
    『こらーーーー。女性の部屋に入るなんてだめよ!』とか。
    男の子の自尊心をくすぐる手はどうでしょう。

    いいアドバイスでなくてすみません・・。

  3. manamin より:

    落ち込みきったらその顔をあげて、さあ、いますぐ対策を立てましょう
    家にお友達がきてしまうのは防げないのであれば
    入って欲しくない部屋には即刻カギをかけるべきです

    いくらお子さんを叩こうが怒鳴ろうが約束させようが
    大人でも約束が守れない人は山ほどいるんですから
    年端もいかない子供にいくら
    「はいっちゃだめ」「あけちゃだめ」なんて口をすっぱくして言ったって無駄です

    大人のいない他人の家なんてそりゃあ子供達にとっては無法地帯
    自分は叱られないし叱られるのは家の子だし、関係ないのでやりたい放題なのは当然です

    だから物理的に入れないようにしてしまうのが得策だと思います
    家にこさせないのがベストですが、それができないのであれば
    とにかく子供が入れないように、あけられないようにしてしまうことです

    「でも穴が空くから」とか「壁が…」なんて言い訳ナシですよ
    叱りたくないならカギをつけてください。「あけさせないで」「はいらせないで」なんて自分の子供に責任を負わせないでください。

    それと
    カッとしたら大声で怒鳴ってください
    だけど手はかたくかたくかたく腕組みして絶対ふりあげないでください

    今、感情的に叩いたぶんだけ
    自分が将来お子さんから殴り返される負の貯金をこれ以上貯めないでください
    暴力は将来暴力でその責任をとるハメになります

    はい、今からホームセンターにいって早速カギ屋敷にしましょう!!!!!!!!!!

  4. ずまママ より:

    始めてコメントします。
    自分と同じような境遇の方のお悩みだったので、黙っていられなかったです。
    ひと言いわせていただきますね。(私は離婚の後、母子家庭でフルタイム勤務、実家の母と同居、そして現在中学生の息子が1人います。)
    まず、おびえて謝る小2の息子さんを3回も叩いてしまったことを息子さんにきちんと謝りましょう。私は、育児の上で体罰が必要な時はあると思っていますが、この状況は違うと思います。でも、でもですよ、母親だって人間で感情がコントロールできずに子どもにあたってしまうことある。それはどんなに恵まれた環境の人でも必ずあります。みんみんさんがそれだけ後悔しているなら、その気持ちをきちんと息子さんに伝えましょう。
    お友達に関しては、大人が不在のときはおうちで遊ばない、というルールをこの際決めたほうがいいと思います。私はこういう問題が起こったとき、お友達も自分の子も疑いたくないから、そうしてましたよ。
    私も、息子が小学校低学年の頃、離婚、就職と状況の変化に不安な気持ちで押し潰されて息子にあたってしまったこと、度々ありました。自己嫌悪に陥って…みんみんさんと同じでした。
    でもね、今の自分があるのは、子どものおかげなんです。子どもがいるから頑張れるんですよね。改めてそれに気づいて、息子と話し合いました。お母さんも、お母さんになってまだ7年しか経っていないこと、わからないことも、迷うこともたくさんあって、間違うこともある。間違ったらお母さんも謝るから、君がお母さんの間違いに気づいたらちゃんと言ってほしい。君と一緒にお母さんも成長したいんだ、って。あの時は「母」と「子」ではなく、「人」同士で話をしたように思います。その後は、家に友達を呼ばないことも理解して外で遊ぶようになりましたし、自分の考えを私に話してくれるようにもなりました。お母さん1人で頑張ってくれていること、息子さんは十分にわかってくれてます。
    数少ない家族なんですから、なんでも話し合えることが大事だと思いますよ。
    「いつも上機嫌」なんて無理しないで、思いつめずに、「いい加減」=「良い加減」でお互い生きていきましょう!

  5. とり より:

    3、4年生くらいまでの男の子はそれはそれはやりたい放題ですから、そばに居るおばあちゃんがガミガミ言わないと無理でしょうね。休日にそのお友達に出会ったら怒っておいてもいいんじゃないでしょうか。うちは「壊したらあんたのお父さんお母さんに弁償してもらうからな!」って言ってあります。
    もちろん息子さんにも頑張ってもらいたい。
    拒否するとお友達が遊んでくれなくなるのが恐くて、つい許してしまうかもしれませんね。「ダメ、といって言うこと聞いてくれないのは本当のお友達じゃない」と心して欲しいです。そうでないと、大きくなってもたまり場になりかねません。
    うちの子のお友達もベットを壊したのに黙って帰ってしまい、やってないとはいえ、息子を叱りました。報告をしなかったことをです。連絡帳にその旨書いてたら、担任の先生がその場にいた子供達を集めて話してくれました。壊した子もあやまりに来ました。
    お一人でなんでも解決しようとしないで、実のお母さん以外の手を借りるのもいいでしょう。

    常に上機嫌は無理ですよ。
    それに、人間とは感情に左右されるものだと息子さんが勉強するチャンスが著しく減ってしまいます。
    感情的にどなってしまっても、そのあと両手を握りながら話したり、抱きしめながらさとしたりすれば叩かずにすみますし、最後抱きしめてあげれば仲直りしやすいです。「行為を怒った」のであって、「あなたが嫌いになった」わけじゃないということが伝われば大丈夫と思います。

    残るは息子さんとは直接関係ないイライラや不安でしょうか。息子さんとは切り離して考えられるようになるといいですね。紙に書いて感情をそちらに移すと冷静になれていいですよ。頭の整理になるし、最後は捨てたらいいですから。ブログやツィッターもいいと思いますが、残りますしね・・

    私も決してえらそうなことは言えません。姑とやり合った後、裏庭で姑にもらったマグカップ叩きわりました。
    あとお風呂で大声出したり(近所迷惑?)、最後水に全て(愚痴も)流してしまいます。
    誰もがそうしてそれぞれの方法でいろんなことを解消・解決しながら(時には先延ばししながら)なんとかかんとかやってるだけだと思います。なにもかも完璧にこなそうとする緊張からまずは自分を解き放ってあげてください。

  6. ゆず より:

    具体的な対策はmanaminさんのコメントに同感です。

    みんみんさんの心のケアも、
    プロのカウンセリングにお願いすることを
    検討してみませんか?
    自治体にも相談サービスがあるところもあります。

    感情的になってしまうことがあるのは仕方ないことですが、
    「おびえてる子供に思い切り手をあげる」のは、
    みんみんさんの心のバランスが崩れてしまっているからだと思います。

    文章から、真面目なお人柄が伝わってきます。
    「私が頑張れば」だけでは、むしろ余計に心に負担がかかり、
    結果的に子供にあたって傷つけてしまうことがあります。
    ご自分を責めるだけでは、つらくなるばかりです。
    プロの力を借りて、状況を改善してください。
    これ以上みんみんさんとお子さんが傷つかないようになることを祈ってます。

  7. pinkpyon より:

    数年前の私がそうでした。やっぱりいろいろ背景がありまして・・・

    結局、ネットで探した心療内科に飛び込んで医師に状況をお話ししました。
    抵抗がありましたが、軽い精神薬を出していただき、
    そして原因の方も整理して
    (私の場合は保育園へお世話になりましたが、
    みんみんさんの場合は学校の先生がいいかな。
    お友達の家で好き勝手してはいけないことを教室で話していただけるだけでもおとなしくなるかも)
    今は、子どもが成長したこともあり落ち着いています。
    通院3回、お薬を飲んだのは数回で残りはお守りで持っていました。

    自己嫌悪も度が過ぎるとまた子どもへもっと悪い影響が出るかもです。
    まずは自分が元気になれるよう、少し自分を甘やかしてみませんか?
    精神科系の病院、抵抗がありましたし、親類にもすごくおおげさに心配されましたし、こんなカンシャク程度で医者に診てもらっていいのかとかためらいましたが、
    行って良かったですよ。

  8. りんご より:

    大学生と高校生の母親です。
    その自己嫌悪に陥ってしまう気持ち、もちろんよくわかるつもりです。
    でもみなさんも書いておられるように、どうかご自身をそんなに責めないで下さいね。

    善悪の判断のつかない子どもが目に付くのは、叱らない大人が増えたからではないかと感じることがあります。
    幼い子どもは「やっていいこと」と「よくないこと」の区別がつきません。
    「うちの子、言うことを聞かないのよ〜」と、躾けるのをあきらめている親も少なくありませんが「ダメなことはダメ!」と、たとえ時には多少感情的になってでも、根気強く教え続けるのが大人の役割ではないでしょうか。

    私は、みんみんさんのようなお母さんに育てられているお子さんは本当に幸せだと思うし、この時代にみんみんさんのようなお母さんがいてくれて嬉しいです。

  9. ぷーぷー より:

    manaminさんのおっしゃるとおり、すぐに鍵をつける。
    ずまママさんのおっしゃるとおり、息子さんにきちんと謝る。
    あと、朝出かける前と、夕方帰って来た時、夜寝る前、ぎゅうぎゅう抱きしめる、というのがいいと思います。
    女の子の場合、パパがいなくてもなんとかなるけど、男の子の場合、パパがいないのは辛いですね。でも、私の学生時代の同級生とか、父親が早く亡くなって、女手一つで育った男子が何人かいましたが、みんな、かなり、優しく、強く、いい青年でしたよ。母親が一生懸命働いてるのを知ってるし、愛されていることもわかっていたからだと思います。
    みんみんさんの息子さんも、みんみんさんが一生懸命働いていること、息子さんを叩いてしまったことを、消えてしまいたいほど悔やんでいること、きっとわかってくれると思います。大丈夫。失敗したら、「ごめんなさい」って謝って、ぎゅうぎゅう抱きしめてください。きっと、大丈夫。

  10. まゆまま より:

    毎日お疲れ様です!
    体が疲れていると、負の感情が抑えきれなくなること、分かります。
    手を上げる、上げないはお子さんのタイプや状態によりけりかと思います。
    体育会系のおうちでガンガンやられて伸びていくお子さんもいるかと思います。
    どうぞご自分ばかりを責めないでください。
    いろいろ良き提案が他の皆様からはありますので、私からは学童について。

    一人親でフルタイム勤務、二年生・・・かなり優先順位の高い状況と思いますが
    入所できないということは、申請が遅かったのでしょうか?
    祖母が保育できる、ということで順位が下がっているのでしょうか。
    現状では、夏休みが心配ではないですか?
    学校の先生のお子さんなど、夏休み丸々お休みする子が居る場合、満員の学童でもお休みの期間だけ、入所することができる可能性があります。
    祖母は近くに居ても高齢により保育ができない方はたくさん居ます。
    学童の入所基準の詳細と、待機児の順位を確認し、ぜひ順位アップを目指してください。
    入所要件は変更できると思います。まだ申請していなかったら、ぜひ出してください!
    一般に、夏休みが終わると退所するお子さんが出る傾向があるようです。

    安心してお仕事をできるようになりますように。お子さんも楽しく過ごせますように。
    子育ては一人で抱え込むのは、苦しいばかりです。プロの手をできるだけ借りましょう。
    学童について、もう充分お調べになっていたら、すみません。
    お互い頑張りましょうね。

  11. かりん より:

    相談者さんも、子供の頃しつけで叩かれましたか?
    叩かれて育つと自分もそうなると聞いた事があります。
    私もビシバシ叩かれて、時にはほうきやハンガーで叩かれてミミズバレを作った事も。
    でも、虐待だとは思いませんでしたし今でも母が大好きです。
    背景に愛情がちゃんとあれば感情的に叩いてしまっても、将来子供はわかってくれます。
    感情なんてコントロールできる人そうそういませんよ。
    ただ、トラブルを未然に防ぐ策は考えた方がいいですね。鍵をつけるのもしかり。
    家での遊びは禁止にするのもしかり。

  12. めり より:

    みなさんが言っておられるように、カウンセリングを受けるっていうのは、安心な手段かなーと思います。でも、お金もかかるし、時間もそのために空けなきゃいけないし、躊躇するのも事実です。
    二の足を踏んでしまう場合は、手っ取り早く、一度、自分の気持ちを、文章で書きなぐってみるのも、心の整理になって良いですよ。自分のストレスや心身の状況なんかが、客観的に見えてきて、モヤモヤと苦しい気持ちを一つずつ言葉にしていくと、それだけで、案外、気が楽になったりします。
    人って、はっきりしないままいろんなことがとにかく一杯一杯で苦しいっていう状況が、一番、ストレス大きいんですよね。
    人によって向き不向きはありますが、みんみんさんのように、こうして、言葉で不安を簡潔に訴えることが出来る人なら、効果があるんじゃないかな。

    「書くって、どうやって?」と思う場合は、誰か宛の手紙というつもりで、今の自分のわかってほしい気持ちを書いてみるといいと思います。体裁とか気にせずに、何度でも書いてみたら、誰かに聞いてもらうのと同じぐらいスッキリするし、自分の本当の気持ちとかも見えてきますよ。

    吐き出せずに少しずつたまってきたストレスが爆発しちゃったせいで、心を許せる相手である息子さんに、感情が抑えられなかったんじゃないかなって気がするのです。

    それから、私の母親が、我慢してストレスを溜めて溜めて、突然、大爆発して止まらないっていうタイプだったのですが、感情の起伏のコントロールが不安定なのは、甲状腺のホルモン分泌異常(更年期障害とかじゃなく)の体質的関係もあったりします。その場合は病院で処方される薬で緩和されるはずです。
    ご参考までに。

  13. キャシーちゃん より:

    キャシーちゃんは若いころ同居でフルタイムの勤務をしてました。夫は午前様のモーレツ社員でした。義母が近所の子が入り込んで2階に上がって困ると何時もこぼしていました。畳の上で粘土をこねて、シミができたこともあります。子供を叱ったら義母に「感情に任せて怒ったらあきませんで!」と言われました。
    いろんな経験をしました。みなさんがおっしゃっているように子供だけで家にいる状況は好ましくないしです。よその家でいたずらするのは悪いことだとわかっているのに
    縛りがないから好きなことをします。坊やは気が弱くてはっきり断れないのでしょうし
    断っても悪いことをする子はするのです。鍵をかける、学童保育にいかせるなど防衛手段を取るべきです。子供を叱るのはかわいそう。しっかり抱きしめてあげて!

  14. アイボン より:

    小学校教員です。
    基本的に、『親の留守宅へはあがりこんで遊んではいけない』
    と学校で指導されていませんか?
    お母様がいらっしゃっても、子どもたちの管理ができないのであれば
    おうちに上がらせてはいけないと思います。
    学校でも、親御さんのいない時に遊んでものがなくなって
    というトラブルはたくさんあります。
    公園など遊ぶ場所はありませんか?
    子どもの放課後遊びはおうちじゃなくったってできるはずです。
    家に友達を上がらせてはいけないことを息子さんと
    お約束するべきではないでしょうか。

  15. ユキナガレ より:

    >息子と話し合いました。
    ずまママさん、素晴らしいです!!
    うちは20数年たってようやく「あの時は沢山八つ当たりして、悪いことしたね」と言われました。でも、肝心の『ごめんなさい』がありませんでした 👿
    八つ当たりで何もガードができないお腹を蹴り上げられて、数メートル吹っ飛んだんですけどね:twisted:
    また、他のことでも私のことを思って長年悔やみ自分自身を責め続けていることが母にはあります。でも、いいかげん私的にはそれが「うんざり」「不愉快」になり始めました。

    みんみんさんがそれほど悔やんでいるのでしたら、ずまママさんのように「人」同士で「もう1度ちゃんと話し合おう」とお話してみてください。
    「あの時のママ怖かった?」 「うん」 みたいになったら、まず傷つけたことを謝ってあげてください。「そっか、怖かったんだね、ごめんね」 それから 「でも、~」と続けてください。
    まずは、お子さんの心を肯定して受け留めてください。それから、どうしてあんなことになったのか、これからどうしたいのか、私はこう考えてる、貴方はどう思う?等、お2人でお話してください。

    ちなみに、いま実母とどんな関係かというと、大地震の数日後にとあることがあり、恐怖を、こうしたいと、散々訴えたのにも関わらず実母には、「何が何でも私の望みを叶えろ」的なことを言われ続け、終いには「そんなに怖いなら勝手にしたら?」と言われ、私の心は一刀両断ボロボロになり、今後の帰省が年1回でも嫌なくらいですw 実家なのにw

    修復するのなら今ですよ! 傷つけたと悔やんでいるのでしたら、ご自分を責め続けているのでしたら、やりすぎたことを、傷つけたことをしっかり心から謝りましょう。子供は本気かどうか、絶対に分かります。親の威厳とか見栄なんかより、お子さんとの信頼関係が大事です。
    大人になったら分かってくれて許してくれるなんて思ったら甘いですよ~(^^)

    そして、全部背負い込まなくてもOKOK。もう少しお子さんが育てばお手伝いもできるようになりますしね。
    笑顔もあれば、怒った顔もある。楽しいこともあれば、哀しいこともある。お母さんだって人間なんだと教えてあげてください。

  16. M より:

    誰にも頼れないのは苦しいでしょうね…
    子供は巣立つし、人生の良い伴侶が見つけるのも良いと思うのですが…

    さて本題ですが、ルールを作ったなら(たとえば寝室に入らない)、その時に罰も決めてはどうでしょうか?(たとえば寝室に入ったら1か月おこづかいなしとか)

    私の家では、罰はマッサージ1時間するとか、お皿洗い1週間担当とかをよく利用します。
    私も感情のコントロールが下手だったのですが、罰を決めることにより、感情の整理が楽にできるようになりました。

    ルールを作っても守らないのでは意味がありません。
    子供がルールを守る大切さを知るためにも、罰も作ることは大事だと思います

  17. あきちえ より:

    子育てについては、自分も新米ですので、何も言えません。

    でも、いつも上機嫌である必要はないと思いました。だって人間だし。
    子供だって、親の顔色は見ることをしてもいいと思います。

    私が小さい頃だって「やば!今お母さん超機嫌悪い!!」と感じると、
    いい子にしてみたり、お手伝いしてみたりしましたよ。笑

    でもそれって悪いことではないです。
    乱暴な言い方をすれば、子供を(経済的に)育てているのは親です。
    愛され、世話され、育ててもらうのだけではなく、
    子供も親を見ながら、手伝ったり、考えるべきじゃないかなぁ。

    人間同士が暮らすのだから、気分の上下は必ずあるし、
    周りの空気を読むこと、察知することは、これからの人生必ず必要ですし。

    親の機嫌に振り回されることもありましたが、
    今も昔も、私はお母さん、大好きです。

  18. モコ より:

    5年生の息子と1年生の娘がいます。
    ダンナもいますが、感情的に叱ることも、息子への八つ当たりもあります。。。
    いつも笑顔でなんて暮らせません。
    子供が悪いことをしたら、恐いくらい叱られていいと思います。
    ただし、、、
    ママ当人が自己嫌悪に陥るということは、「叱りすぎた」という気持ちがあるからですよね?
    私も以前はよく息子に手を上げていたのですが、「叩く場所はお尻だけ!」と決めてからは、ほとんど叩くことがなくなりました。
    感情に任せて手が出る時って、頭とか顔になりませんか?
    「お尻ペンペン」ってのは、一拍おく分、親が冷静になりますよ。
    「本当に本気で叩いて分からせなければいけない」というほど危険なこと・悪いことって少ないかもしれません。
    息子さんのお友達が言うことをきかないなら、家に入れなければいいのです。
    親の留守に子供が集まって、「いたずらするな」と言うほうが無理です。
    私は息子の友人が遊びに来たら「我が家ルール」に従ってもらいます。
    そのせいで息子の友人が減ったこともありません。
    問題は、仕事をしながら、息子のことも考え、実母にも気を遣い、悲鳴をあげているみんみんさんの心だと思います。
    人間、グチを言ったり、八つ当たりする場所の1つくらい必要ですよね。
    今、とても苦しいなら、心療内科などに通うのも1つの方法ですよ(私も通院中です)
    そうするうちに、息子くんがどんどんママの気持ちを分かって、助けてくれるようになるんです!すぐですよ。
    5年生の息子は、ダンナよりよほど私の気持ちを組んで、優しくしてくれます。
    少し可哀想になることもあるけど、無神経な人間に育つよりはマシ!と勝手に思ってます。
    つい叱りすぎたら「ママは今お仕事が忙しくてイライラしてたの、ごめんね」とでも説明してあげてください。
    1人で耐えて落ち込む必要はありません。
    自分をせめることもありません。
    息子くん、ちゃんと分かってくれますよ。

  19. たかこ より:

    子供に必要以上に(ここんとこ大事かも)体罰を加えそうになったら、自分がその場を逃げ出すか、子供を外に出すかしたほうがいいかも。

    怒りだすと自分でセーブできなくこともありますから。怒ることに酔ってしまう感じ。

  20. ゆきゆき より:

    大事なものをって息子さんもわかったんぢゃないですか?
    感情的な怒りなんて誰にもありますよ。
    ただ。やりかたもあると思うんですよね。後々のフォローもね。

    うちは虐待されて育ったので あなたの行動がうちの母親のようにバランスを崩し
    歯止めがきかなくなるのが怖いです。
    やられたほうはめっちゃしんどいですし やったほうも自己嫌悪でしんどいでしょ?

    うち自身も育児ノイローゼで病院に入院したことありますし 親子両方取り返しがつかなくなるまえにいつも上機嫌やめませんか?

    いつも上機嫌 いい母親なんてドラマの中だけって思うんです。
    ブログにでてくる人たちだって 悪いことは書いてないはず。
    書いててもありのままかな?

    少しがんばるのやめましょ?
    不謹慎と思うかもですが恋愛もしてホルモンも活性化させましょ?
    結構だいじですよ。女でいてることも。
    薬飲んでお金と時間つかって 不安定を治療するよりもきれいなおかあさん目指して
    恋愛もしてホルモンガンガンだしたほうがよっぽどハッピーだと思うのです。

    自分はそれで乗り切って今しあわせです。
    こんなことしか言えませんがとりあえずは2度と力いっぱい叩かない。
    そしてそれについてもぉあやまらない(悪いのはむすこさん+お友達です)

    これでいきませんか?

  21. みんみん(相談者) より:

    みなさん、暖かいご意見、的確なご指摘をありがとうございました。
    読んでいて、涙が出てきました。
    本当に親身なアドバイスをありがとうございます。

    本来はお一人お一人に返信させていただきたいところなのですが、
    とてつもなく長く長く、また重複してしまうことも多くなってしまいそうなので
    このようにまとめてのお返事となってしまうことをお許しください。

    みなさんが、アドバイスしてくださったように、
    早速家のドアに鍵を取り付けました。
    触られては困るものは、その部屋にまとめました。

    また、子供たちが我が家にいる時には、必ず私の母も一緒におりますので
    (留守の時には家に上げないという約束を、息子とも実母ともしております)
    実母にも、家の中でのかくれんぼの際には、二階には上げないように、
    とお願いしておきました。

    息子ともたたいてしまった件について、よく話し合って分かってもらいました。
    息子自身も、まだ父親が急死してしまったことで
    不安定だったこともあり、お母さんもそうかもね、と二人で話し合いました。
    彼なりに理解はしてくれたようです。
    ただ、だからといって八つ当たりはよくないよね、というような話もしました。
    これからもいっぱい話して分かり合っていけたら、と思います。

    私自身、実はカウンセラーで、数年前まで現役でスクールカウンセラーを
    していました。
    なので、いろんな親子を見てきました。
    それらの経験を生かせていきたいと、改めて思いました。
    (なかなか自分のこととなると、そうも行かないんですが)

    カウンセリングに関しても、自分がそのようなスキルがあるから、
    なんとかなるかな、と思っている部分もありましたが、
    状況を見て、心療内科など、お医者様に診ていただくことも
    考えていきたいと思います。

    実母に関してですが、
    肉体的にも精神的にも愛情を感じたことがありません。
    今でも募るものは憎しみばかりです。
    でも、実生活では頼らざるを得ないので、その辺はうまくバランスを
    とっていけたら、と思っています。
    私には鬼のような母でしたが、高齢になったから、息子には
    優しく接してくれているので、面倒見てくれていること、
    それには感謝しています。
    ただ、相変わらず支配欲が強い実母で、自分の思い通りにならないと
    すぐにおへそを曲げてしまいますので、
    その辺のフォローはしていこうと思っています。
    (でも私の時は、思い通りにならないと気が狂ったように暴れていましたので、
    本当に母も落ち着いたんだな、と思っています)

    学童には何度も交渉したのですが、
    市内の学童はどこもいっぱいで、一切の例外は認められないとの返事でした。
    ですので、これからも母にお願いし、
    また、子供たちにも直接接したりして、なんとかうまくやっていこうと思います。

    幸い、私は
    「あそこんちのかーちゃんは、面白いけど怒るとおっかねー」
    という認識を子供たちにされていますので、そのまま突き進んで
    必要に応じて、
    よその子にも、もちろんわが子にも、ガツンと雷を落としたいと思います。

    でも、体罰だけは絶対にやめたい。
    大きな声で。でも腕は腕組み。
    これを徹底したいと思います。
    腕組み効果に期待しつつ、自制心でがんばります。

    本当にみなさんのおかげで前を向くことができました。
    笑って息子といちゃいちゃできるようになりました。
    本当に本当にありがとうございました。

    また、何かありましたら、どうぞよろしくお願いいたします。
    本当にどうもありがとうございました!

〜 コメントを送信する前に 〜

井戸端会議に遊びに来て頂きありがとうございます。
コメントを頂くことで成り立っているこのコーナー。
コメンテーターの方には大変感謝いたしております。

ネットの向こう側には、悩んでいる方、苦しんでいる方がおられます。
コメントをされる方は、その気持を汲んでいただき、配慮ある言葉選びをお願いいたします。
『それは違うよ!』と思われ、相談者さまとは別角度からのアドバイスを書き込まれる場合、あまりに強く否定的な文脈ですと、文章の主旨が届く前に心を閉ざされる場合がございます。
相談者さまにとっての良い〝気づき〟となるような、心に届くような気持ちでお書きくださいますようお願いいたします。
井戸端会議が多くのお嫁さんにとって有意義な相談場所となるよう、ご協力よろしくお願いいたします。

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


5 + = 9