過去記事アーカイブ

心と体

甥っ子のバイト

 
  

 

実家の姉から電話をもらった。

あっちゃん(息子・大学2年生)が

バイトで塾の先生をやっていたが、人気が出て

家庭訪問指導もやり始めて、それも好評で、

最近は不登校で部屋から一歩も出なかった男の子を

ドアの外から説得し、学習指導を始めたという。

 
 
 
 

その話を聞いて私は

あっちゃんの小学校の卒業式の日のエピソードを

思い出した。

 
 
 
 

9101

*「ココア」はあっちゃんの名字です。

 

 

 

姉は小学校の卒業式の日に

全然面識のなかったお母さんに声をかけられた。

で、その帰り道に

 

 

 

9102

 

 

と、あっちゃんはさらりと言った。

 

 

あっちゃんはこのまま20歳になり

今のバイトにたどりついたのではないかと思った。

心を開いて、仲良くするのがきっとうまいのだ。

 

 

 

↓いつも叔母がお世話になってます♪

910bana

スポンサーリンク

水いぼの治療

  
  
  

昨日に引き続き、水いぼの思い出話です。

 
 

511

  
  
 

本当にこの頃はかわいかった。

簡単にだます導くことができた。

 
  
  
 

まずは、水いぼをとるのに痛み軽減させる(らしい)

ぬり薬を塗ってもらう。

  
 
  

512_2

 
 

その後30分ほど待つ。

私はこの時点で、もうドキドキで心臓が出そうだった。

 

 

いぼの数が多いケンから診察室に入った。

 

 

もちろん

 

 

513

 

 

一人でがんばるケンもかわいそうなんだが

その声を聞いて、次は自分の番だと恐怖に襲われる

リュウの付き添いも相当大変。

 

 

 

看護師さんにも手伝ってもらいながら

水いぼ治療の修羅場をくぐりぬける。

何度もくじけそうになったが(私が)

心を鬼にして、最後までがんばる。

 

 

515

 

 

そして、心も身体もボロボロになって帰る。

双子育児の大変さはやはりこんな時、痛感する。

しかし、当の本人たちは

 

 

516

 

 

ご褒美のポケ○ンカードを見せ合いながら

すっかり立ち直っている。

こんな時は、2人一緒でよかったなって思う。

 

 

 

しかし、あの原始的な水いぼ治療は

今思い出しても、うらめしく思う時があります。

だからこそ昨日いただいたみなさんからのコメントと

もっと早く出会いたかった〜(泣)

これからのお母さん、ぜひ参考にしてください!

 

 

 

↓あの泣き声も、今は懐かしい。

スポンサーリンク