第1回 前編: ココア・ミルクさん

バニラ:
みなさんこんにちは。
「突撃!となりのお嫁さん。」の時間がまいりました。
記念すべき第1回目のゲストは、じゃじゃ〜ん、この方です。
ココア:
初めまして。バニラファッジの姉のココアミルクです。
いつも妹がお世話になってます。
バニラ:
「嫁日々」企画で、いろんなお嫁さんを取材することになったんだけど、
まず最初は取材しやすい身内から…
ココア:
はい。なんでも聞いて。
バニラ:
実は今回、「お嫁さん」と言うより「跡取り娘」にスポットを当てたいと思ってます。ではまず馴れ初めを教えて…と言っても私知ってるよ。お義兄さんは中学校の時両思いだった人だよね。
ココア:
うん?(笑)もともと同級生で仲はよかったけど、
連絡とるほどではなかったかな。当時は携帯もなかったしね。
彼は仕事柄転勤族だったけど、
たまたま勤務先が地元になって実家から通勤していた時に、
仕事帰りのOLな私と10年ぶりの再会をした。
それからは、まぁトントンと…。
 
バニラ:
で、交際も順調に進み、
自分がココア家の跡取りを意識しはじめたのはいつ頃?
ココア:
それは、彼と付き合うよりもずっと前から。
親戚中から
「大丈夫大丈夫。ミルクがちゃんといい婿をとるから、ね。」
と言われ続けていた。
高校の進路相談の時に、
「英文科に進みたい。海外に強い憧れを持っている。」と話すと、
担任までが
「何でもいいけど〔←この無責任な言葉は今も忘れられない〕、
お前は跡取りだから、いづれ家を継ぐことを
第1に考えないとあかんぞ。」
と言い、夢をこわされた。
 
バニラ:
えーーっマジ!?何もかも初耳なんだけど。
ココア:
そうよ。私だってそう言われるたびに、
「絶対跡継ぎにはならない!」と
意思を固めていたんだから。
だから私は「嫁ぐ」のが憧れになり、
「絶対、嫁に行くから覚悟しておけ!」
と折に触れて両親には話していた。
バニラ:
そして、いよいよお義兄さんとの結婚も秒読みになって…
ココア:
両家が顔をそろえた時、やっぱり跡取りの話題になったのよ。
次男と長女の結婚だったから、
お父さんとしては絶対にお婿さんに来てもらいたかった思う。
家業も三代続いていたしね。
でもその時、お父さんが「2人姉妹なので、
もともと2人とも嫁にだすつもりだった。」と、
見栄をはったのよ(笑)
バニラ:
わー!本当にお父さんって、ええ格好したがるよね(笑)
ココア:
で、その言葉を受けて彼のお父さんの言った言葉が
今でも忘れられないんだけど…
バニラ:
うんうん。
ココア:
「家というのは継ぐべき人が継いでこそ、代々守られる。
我が家には長男がいて、
ココア家には長女のミルクさんがいる。
長男・長女はそういう立場を担って生まれてきています。
継ぐべきひとが守らずに、次男や次女が継いでは、
その「家」はかならずダメになっていく。
うちは長男が継ぎます。
どうか息子は婿にして「ココア」の家を守ってほしい。」
と言われた。
今は亡き彼のお父さんだけど、
本当に優しい人で威張るでもなく奢るでもなく、
ひょうひょうと私と私の両親にそう伝えた。
バニラ:
お義兄さんのお父さんは、
いつも静かにニコニコしている人だったよね。
でもそのエピソードは昭和の頑固親父そのものだね(笑)
ココア:
家を守るのは、次男でも次女でもいいと思う。
特に今の時代、なんで代々家を守らなきゃいけないのか!
っていう考えは当たり前にあると思う。
長男・長女が継がないとうまくいかないなんて、
何の根拠があるのかよっ!って思う人も多いはず。
バニラ:
でも、私も実家の跡継ぎは考えたこともなかったなぁ。
ココア:
本当に全くなんの根拠もないけど、
この時のお義父さんの言葉は
不思議なことにすっと納得できた。
かつて親戚のおばさんや担任から「跡継ぎ」を言われる度に
反発するばかりだった私なのに、
この時は「私が後を継がねば!」って素直に思えた。
バニラ:
私の知らないところで、そんな「ココア家」存続の
大きなうねりがあったとは…(汗)
ココア:
お義父さんのこの言葉は「おかしい!」と
いう人が多いと思うけど、
今、親族やファッジがここは自分が生まれ育った所として
いつでも帰ってこられる家になってる事に誇りを持っている。
由緒正しい家柄ではないけど、
先祖が納得してくれる家をキープできてる事に満足している。
古臭いかも知れないけど、
これからも家を守る立場でいこうと思ってる。
バニラ:
本当に我が家はたくさんの人が集まるよね。
親戚に限らず居心地がいい(笑)。で、この先は…
ココア:
うちの子ども達は、息子より娘の方がしっかりしているけど、
やっぱり長男に「ココア」をついでもらう!
「あんたは長男だからね!」的な話は、
折に触れ話すようにしている。
バニラ:
あっちゃんの反応は?
ココア:
最初に話した時に
「え〜跡継ぎはミサだと思ってた(←妹に両親が
期待していると思ったというようなニュアンス)」
と言った。でも、なんか嬉しそうだったよ。
 
バニラ:
そしていよいよ結婚が決まったけど、同居はいつからだったっけ?
ココア:
結婚当初は、彼も私も会社員だったから、
2人の通勤に便利な所でアパート暮らし。
でもある日、180度違う家業の
酒屋継ぐことになって、同居がスタート。
バニラ:
その時、私はまだ独身でぬくぬくと自宅通勤してたよね。
お義兄さんは気さくで
一緒に生活してて気をつかうこともなかったけど、
そろそろ私は…と感じていた。
結局、嫁ぐより先に一人暮らしを始めて
家を出たのはその1年後くらいだったかな?
さて、世間では嫁vs姑があるけど、婿vs舅問題はある?
ココア:
あ〜それはないね。
家事の共有がもめる原因じゃないかと思う。
むしろ私がいつまでも娘なので、
つまらない事で叱られてばかり。
子供のしつけがなってない!とか、
玄関の靴がそろってない!とか、部屋が汚い!とか
バニラ:
あ、それは嫁いだ身でも一緒一緒。
娘じゃなくても叱られる(笑)
ココア:
でもま、娘だからね。適当に聞き流してます。
バニラ:
こっちは娘じゃないから、聞き流せない(汗)
じゃ、最後に跡取り娘がうまくやっていくコツを。
ココア:
うちは自然体だからね。
もめる時は、だいたい頑固じじいと私の親子げんか(笑)。
彼は亡くなったお義父さんのようにひょうひょうとしてて、
ずっと私より世渡り上手。
地元の商店街も消防団も学校のPTAも
積極的に参加してくれて、感謝している。
いいお父さん。
跡取り娘にコツなんかない。
バニラ:
一人娘が増えた昨今、
養子婿さんの需要は増えると思うけど
何かアドバイスがあったら。
ココア:
娘が両親を大事にするように、息子だって両親は大事。
たとえば息子が母親を大切にすると
「マザコン」呼ばわりをされるのは気の毒だと思う。
一人息子も増えるわけだから、
それぞれの家を守れるスタンスがあるといい。
家族が繋がっているって大きな力になるから。
 
バニラ:
ありがとうございました。おっと、まだ帰らないで。
後半は「突撃!となりの得意料理」のコーナーに急遽決定。
なにかオリジナルレシピを紹介してほしいんだけど。
ココア:
う~ん、じゃ、得意の中華料理で。
バニラ:
おお!素敵。お願いしま~す。

Popularity: 33% [?]


コメント :14

タキママ 2010/08/30 7:33 PM

ココア・ミルクさんのファンなので(みなさんのファンでもありますが)楽しみにきました。

>長男・長女はそういう立場を担って生まれてきています。
こういった話は私も聞いたことあります。
長男(長女)をないがしろにしないで、頼りにするみたいな(跡継ぎ問題にかかわらず)。
今は時代も変わりましたが、なんかのときは まず、上の子にふって、ダメなら下の子へいく、いきなり話が下の子に行くんじゃ上はおもしろくないかも。

私も婿養子にきてもらったクチです。
家業も金もないうちなので、名前だけ継いでもらうみたいなムシのいい話でしたが(同居もなし)
一人っ子の私に、彼(ダンナ)は男ばかり5人兄弟の次男。
うちの親も「ダメもとで 名前だけ継いでもらえないか、言うだけ言ってみよう」
いやがる彼に、やはり彼のお父さんが「うちは男5人もいるんだから、お前婿に行ってやれ」
今となっては、お墓も守れるし お義父さんには本当に感謝です。

よっしー 2010/08/30 8:53 PM

お姉さん、エラい。
素直にそう思いました。私は三姉妹の次女で、姉妹は全員嫁に行ってしまいました。商売をしていたわけではないので、当然のようにそうしていましたが、実母が病気になりいつもいつも姉が病院に付き添ったり、大変な思いをしています。でも姉は長女だから当然、と笑います。
姉にも同居の姑さんがいるのに。
私はいつも自分の無力さを感じるばかり・・いえ、まだまだ妹として甘えるばかりです。
家を継ぐことはその家のお墓を守ることだと私は思っています。何も考えずに嫁に出てしまった自分が少し後悔・・・

キラピか 2010/08/30 9:31 PM

私は家を継いであげられなかった。
姉たちは自分たちが先に好きな人生を歩みながら、
「この家はお前が守りなさい」といい続けていたので、
反発していました。

でも父は「できればでいい。そんな相手ができたらでいい。相手がお嫁に来て欲しいならお嫁に行かなくちゃダメだ。」
と言ってくれていたので、心のどこかでそんな人ばかりを探していました。

留学も、海外赴任も、いろんなものをあきらめて家族の側にいたけれど、継いであげられなかった。

お父さん、ごめんね。お父さん、ありがとう。
何も言えないまま、父には感謝をし続けています。
父のお陰で今の家族がいる。
大事な大事な家族です。

父への親孝行は間に合わなかったけれど、子供たちにたくさん愛情と感謝を注ぎます。

ぽんきち 2010/08/30 9:51 PM

すごい楽しい企画ですね!!
お姉さんのフアンは読者さんも多いから身近に感じられて
お話もストンと響くと思います。
もっと長くひっぱってほしいくらいです(笑)

ゆらゆら 2010/08/31 7:13 AM

一人娘な私ですが、まさに今嫁になるのか婿を取るのかもめています。
相手が長男(妹あり)なので。。
うちは家業もないですし、由緒正しい家でもないですが私自身が昔からお墓と苗字だけは守りたいと思っていました。
うちも相手の両親も嫁婿どっちでもいいとは言ってるんですが、本心は違うんだと思います。
もうどうしたらいいのかさっぱり・・・
面倒くさがらずにたくさん悩んで考えて悔いのない選択をしたいです。
しかし、、嫁姑問題はよく聞きますが、婿舅問題もたぶん色んなところで勃発してるはずですよね?
聞いてみたいですね。

shiho 2010/08/31 10:40 AM

うちは二人姉妹。
誰が親の老後を見るかという問題はありましたが、
跡取り問題はなかったです。
それは母がバツイチ出戻り娘だったから〜継ぐ物がなかったという!
私の嫁ぎ先は農家の長男。
誰が継いでも誰も継がなくても仕方ない…
とは、夢をあきらめて跡を継いだ夫の談です。
自分のような思いはさせたくないから、ですって。

ファッジさんって素敵だなぁと思っていましたが、
お姉さん夫婦も素敵ですね。良いなぁ♪

長男の嫁 2010/08/31 12:08 PM

男二人兄弟に嫁いだ3姉妹の末っ子です。
うちには二人の娘がいます。
長女が産まれた直後から義母から「長女ちゃんは跡取りだからね~。いいお婿さん見つけないとね~」と言われてきました。次女が産まれたときには「やっぱり長女ちゃんが跡取りね~」と言われました。義母のことは、嫌いではないけれど、このことを言う義母は好きになれません。
とは言ってもちゃんとに跡取りになったお姉さんは本当にすばらしいと思います。
でも私は娘達が将来お嫁に行きたいといったら、そうさせてあげたいと思っています。お家断絶になったとしても、嫁に行けないから結婚が破談になったなんて悲しい思いをさせたくないと思っています。
うまく伝わらないと思いますが・・・。
何より私が長男の嫁として、旦那の実家に入りたくないのかもしれません。同居を迫られていますが、なんとか切り抜けている感じです。それも「長男が家を継ぐ」という昔ながらのしきたりが理解できないからだと思います。
お姉さんみたく思えたらな~って思います。

第1回、とても心にしみました。
次回も楽しみにしています!!

ぷりんまま 2010/08/31 12:38 PM

私は二人姉妹の次女(末っ子)です。
実は私のほうが姉より先に結婚しました。
私の主人は次男で、家には長男がお嫁さんをもらって住んでいました。
姉は他県で就職をし、一人暮らしをしていたのですが、跡取りなどと言う話は全く考えていませんでした。
私の結婚から7年たった時に、姉が結婚することになりました。
姉のお相手の方も次男で、長男は親と一緒に商売をされている方です。
その時にも、跡取りなどと言う話は出ませんでした。
ですが、その後姉とお互いの旦那様を含めて話し合い、私たち夫婦が親と同居することになりました。
姉のご主人は転勤族で、どこへ行かなくちゃいけないか分からないためです。
親の意向もあったのかもしれませんが、子供たちが相談して決めた事に両親は喜んでくれました。
我が家は両親も自身で所帯を持った人なのでこだわらなかったのかもしれませんね。
今は、ココアミルクさんと同じ気持ちで、姉と姉一家がいつでも帰ってこれる家を守っている事に誇りを感じています。
同じ(?)ような境遇のココアミルクさんのお話、読めて本当に良かったです。ありがとうございました。

ジンベイザメさん 2010/08/31 4:50 PM

一人娘なのに嫁に行ってしまいました。
「○○家がなくなるから、お婿さん貰わなきゃね」
なんて小さい頃は言われていましたが…(;´∀`)
旦那は次男坊なので、もし、うちの両親が強く望めば…とも思ったのですが、家業があるわけでもなく、ロクに資産もないわが実家。
しかも父も、転勤族のため弟に地元のすべてを任せて来たため、余計に言えなかったのでしょう。
婿取りなど一切口にせず、黙ってお嫁に出してくれました。
(とはいえ、私しか居ないので旦那方の実家がなんと言おうと、自分の実家の面倒を見ることにはなりますが…)

ほかの方も書かれているように、自分は長女でありながら家のことを考えずに、好き勝手やってしまった訳ですが、旦那方のほうを考えれば、長男がいてよかった…なんて。
虫のいい話です。
核家族育ちをいいことに、「家」のことも「お墓」のことも正直古臭くて面倒だと思っていました。
「家」なんかに縛られて、好きなこと出来ないなんていやだなぁ、とかマイナスなイメージしかなくて。

ファッジさんの7人家族での生活ですとか、お姉さんであるミルクさんのお話を読ませていただくと、ほんとう、いろいろと勉強(?)になります。

いろんな立場の方のお話を、今後もどんどん聞いてみたいと思います☆

ちぃ 2010/08/31 10:07 PM

何だか心が温まるお話ですね・・・
彼のお父様の話。。。本当にいい話ですね。

結婚って好きなもの同志だけでは成り立たないものですよね。
私も長女ですが弟が2人いて嫁に出ました。
でもその時、父が『嫁に行くと言う事はあちらの家の人になるってことだから家族として迎えてもらうことに感謝しなさい』と。

・・・あの言葉があるから在宅介護になっても仕方ない事と思えるんだろうな。。。

バニラ家の皆さんの話が私のはげみになってます^^
ココア姉さんの話は、私に忘れてた事を思い出させてくれました。
ありがとう!

美優 2010/09/01 4:09 PM

ファッジさんの家族の中でもココアミルクさんはあまり登場しないからすごく新鮮でした!
私は長男と結婚しましたが子供が娘二人なので、自営業ではないけれど家族を繋いで行くことに漠然とした不安を持っています。ミルクさんのお義父様の話は気持ちよく胸に沁みました。
家を継ぐというのは強制ではないけれど、結婚と言うのは個人の好き嫌いだけではなく、家族が増え、家族を繋いで行くという責任や意識も必要だろうと心に留めておくだけで(それを娘達にも伝えておくだけで)将来の選択が確かなものになる気がします。
たとえ娘二人がお嫁に行っても。

☆わか☆ 2010/09/02 9:15 AM

迷子になって帰ってしまったので(笑)、ご案内いただけて良かったです。
お兄さんのお父様の話、良いですね。
少子化の折、次男の需要は高まるばかりですよね。
おっと、バニラ家にも次男さんがいらっしゃいますね。(^^;

Leaf 2010/09/04 12:37 PM

兄もいるのに「継げ」と言われ続けたしっかり者の妹です(笑)
もちろん反発し一人息子に嫁いだので思いっきり実家方は放置です。

ただ帰る「家」というか、帰る「ふるさと」みたいなものが亡くなってしまうのだなということにそろそろ気付き始めて、家を継ぐ人の存在のありがたさを実感しています…

中古妻 2011/04/14 12:04 PM

今頃こちらへコメントしてしまい申し訳ありません・・・!
このコーナーへお邪魔したのは最近でして。
インタビュー形式がとても新鮮です。増えてほしいです。

家とお墓と息子さんを持つココアさんに質問させていただきたいのですが、もし跡取りと言ってある息子さんが一人娘(か姉妹長女)さんと結ばれて結婚したいと言い出したら、自分の家を優先させますか?それとも相手の家に息子さんをあげますか?
私の実家が兄が一人娘さんと結婚し、また私には娘しかいませんもので。
兄は姓は自分のほうですが墓と仏壇は両家見るつもりみたいです。介護はまだわかりません。
私としては自分も育てられたのは同じですから兄一人に押し付けたくはありません。
奥さんの実家のご両親は姓も継いでほしかったみたいですが、嫁側の親であることから遠慮し諦めました。
私の親も主人の家には遠慮ばかりします。全ては主人の家優先。
本当なら姓は夫婦二人が結婚時に選んでいいはずです。
やはり世間では男の子を産んだ側が強い立場にあるのでしょうか。
だとすれば娘しかいない家は婿に来てくれる次男以下の人以外とは恋愛も禁止するか、娘をどうぞと差し出して無縁仏になるしかないのか。
私自身は自分が無縁仏になろうと一向に構わないのですが、夫の実家側はお家断絶などとたいそう大騒ぎです(笑)
男の子の親の、息子の結婚に対する本心をお聞かせください。





Information
スポンサーリンク

ページの上部に戻る