実生活が一番怖い

この夏、本当に起きた怖い話:嫁の実体験編14

“怖い話:嫁の実体験編14”発表会 次回の発表はこちら

  1. (naomiさん談)
    約15年前、結婚したての頃義母から言われた言葉です。
    普段から、何か意見がかみ合わないとは思っていたのですが、彼女の中では時代が止まっていたのですね。着物はだんなが返品してくれました。

  2. (ゆずみんさん談)
    姑のお友達家族の話で、同居していた長男家族が長男嫁の実家の敷地内に家を建ててもらって出て行ったそうです。
    それを聞いてきて私にこう言いました。
    それは実家の母のほうがいいですがそうとは言えず「田舎だからちょっとね…」と言っておきました。
    それを聞いた姑は喜んでいるようです。

  3. (ぐびさん談)
    帰省中、子供にも食べやすく、火も通りやすいので、料理の得意な主人と薄肉を作ってとんかつを作りました。
    裕福なおうちで育った義母は、本当に珍しそうにそのとんかつを眺めていらっしゃいました…。

  4. (ミチカさん談)
    暮れに実家に帰省した時のことです。
    そんなはっきり言わなくても…と、私よりも横で聞いていた夫がびっくりしていました。
    こんな姑ですが、悪気はないんですよほんとに。
    ただ頭で思ったことがそのまま口から出ちゃうだけで(もっと始末に悪いわ!)。

    (YOMEHIBI)
    まるで昼メロドラマの陰湿なイジメみたいなセリフに聞こえちゃいますが…悪気がないようなので安心(?)、いえいえ、やっぱり女性にはそこんとこ気を使ってもらいたい!
    傷ついたミチカ様に今回の嫁日々賞をさしあげます!

川柳を送信

皆さんのお話を2コマ漫画して、お届けします。あの恐ろしかった体験を払拭させるには、笑い飛ばすしかないわね!家族の中で起こった嫁の恐怖体験をお送りください。ご応募いただいたお話の中から、スタッフ勝手審査員(ゴメンナサイ)の判断で選んだお話を漫画(画:まさかのバニラファッジ)に載せて発表します。
発表させていただいたお話の中から、優秀作品には嫁日々賞としてYOMEMO★TOMEMOをお送りします。ふるってご応募ください。
※吹き出しの大きさや流れを考えて、内容はそのままで言い回しのみ嫁日々がライティングし直しますので、頂いた投稿文から言葉から変わるところもあります。嫁日々とコラボということで、ご了承下さいませ。
※下記の応募の仕方を是非確認してからご応募ください。

応募の仕方

上記 episode01・02・03を参考に、吹き出しなどA・B・Cの言葉と、その説明を簡単にお知らせください。

A)○○○
B)○○○○○○○○○○○○
C)○○○○○○○○○○○○
説明)
○○○○○○○○○○○○○○○○○
○○○○○○○○○○○○○○○○○
と、お書きください
川柳を送信
「恐怖体験を送る」ボタンを押すとご意見・ご感想フォームに切り替わりますので、
メールカテゴリーで“怖い話”を選択して送信してください。